時は黄金暦223年 3月

          人災、竜災の果て、次に人々を襲ったものは……

          正真正銘の自然災害だった

          西方北方を震源地とした大地震

          海は荒狂い、山は崩れ、地は裂ける

          何者も、母なる大地の怒りと無縁ではいられない

 



          時は黄金暦223年 4月

          正義とは何か

          人道か? 正道か? 騎士道か? 

          何れも否

          正義とは、勝者である

          正義の名の元、勝者は救済という名の略奪に舵を切る

 



          時は黄金暦223年 5月

          世界にあるモノは限られている

          限られたそれらを得るためには奪う他ない

          弱肉強食の理は人の世でも同じこと

          生きる為に、喰らう為に……奪う為に

          東の獣が牙を剥く

 



          時は黄金暦223年 夏

          かたや、必勝疑わぬ古豪率いる3万の兵。

          かたや、敗北知らぬ豪傑率いる1万5千の兵。

          既に忘れ去られた古代文明の地、ゾルドヴァにて相対す。

          戦が始まる。

          出来試合という名の憐れな戦が。

 


Last-modified: 2012-07-24 Tue 16:41:35 JST (2809d)