シン家出身 侵蝕存在インフィニティー 312113 Edit

ID:426696
名前:侵蝕存在インフィニティー
出身家:シン
年齢:無意味
性別:少女
前職:魔王
記録:ステータス/戦歴
再侵攻ステータス/戦歴

設定的な何か Edit

読んでも読まなくてもいい設定 Edit


第一章『浸蝕』

「黒き少女」
いつの頃か空き家だった屋敷に住み着いていた「ごくありふれた魔王」の一人
(魔王とは呼ばれているが誰かが勝手にそう呼び始めただけで当人が名乗った訳ではない)
魔王と言うよりはむしろ「現象」や「事象」に近い存在であり
次元を行き来する者や管理する者達の間では災害の一種として認識されている

その真の姿は、時と言う概念が無意味になるほどの時間存在し
数えるのも無意味になる数の次元世界を飲み込んできた「侵蝕存在」

「黒き少女」自体は「侵蝕存在」の一部であり滲み出した一部分にすぎない
(探査体あるいは触手の様な存在、そして本体であり分体)
幼い少女の姿しているが、出現した世界によっては「赤子」や「老婆」の姿を成した事もある
出現した世界によっては「女神」「聖母」「魔女」等様々な呼称で呼ばていた事も
(動物や無機物の姿をとった事もあるが、どんな姿をとっても必ず性別は女性であるらしい)

第二章『敗北』

「黒き少女」は行動に出た 世界を飲み込もうと浸蝕を開始した
しかしヤツらはもてる力全てをもって少女に戦いを挑んできた

千の船 万の船を用いようと「黒き少女」にとってはそよ風に等しい
だが今回は違った
「黒き少女」の前に一人の「黒き少女」が立ちはだかった
「黒き翼をもつ少女」は万の力を一点に束ね 貫く光を「黒き少女」へと撃ち放った

それが浸蝕の魔王にとって初めての完全敗北であった

第三章『再侵攻』

時々追加される、或いは改変される設定 Edit


・口癖は「つまらないわ」「かえりなさい」
・死なない殺せない破壊できない。彼女に死と言う概念が無意味。
(一時的に退散させる事は可能)

・屋敷から半径数百mは既に彼女に侵蝕されているらしい

屋敷に踏み込む Edit

インフィニティー>名簿/312113 &color(#6600ff){ };

思いつきで増える能力 Edit


・波動:見えない力で相手を攻撃する
 相手は激しい衝撃と精神に大きなダメージを受ける(肉体的圧迫感や動けなく程の倦怠感等)

・影法師:少女の影が伸び触手となって相手に襲いかかる

・反射反撃:敵意ある攻撃を反射しそのまま反撃とする

・虚無:あらゆる力を無効化し消去する

・空間移動:空間を浸蝕し別の場所に移動する

・侵食汚染:無数の触手を伸ばし彼女の内に飲み込む

・終わりなき災厄:様々な災害を望むままの規模で発生させる

・逃れえぬ契約:???

・終焉:???

侵蝕される Edit


Last-modified: 2011-10-21 Fri 23:44:39 JST (2968d)