ヒョウドウ家出身 マイ 120205 Edit

ID:120205
名前:マイ
出身家:ヒョウドウ
年齢:30
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
ラズックマ:http://1st.momo.net/uploader/img/adv010373.gif<飾らないとぶつよ
マイックマ:http://1st.momo.net/uploader/img/adv010871.png<出オチなんて初めてだ
うた:四季ノ唄
「武の者とは如何に死ぬかであるが、生憎とやくざ者なのでね」


http://1st.momo.net/uploader/img/adv010390.jpg

「達人なら一思いに斬ってやれるだろうが、私は腕も刀もなまくらでね、楽には逝けんと思え。」


のらりくらりと Edit

フラれ男は旅に出た、着の身着のまま一人旅。風の向くまま気の向くまま。
二束三文を頼りに海を渡り、辿り着いた東方の地は、摩訶不思議の宝庫だった。
自分とは異なる衣服を纏い、特に頭のてっぺんに一本に束ねた髪を乗せているのが可笑しく。そして変わった曲剣を腰から下げていた。
しかし旅すれば腹は減る、明日の飯も食い上げるようではと賊を叩きのめしては食い繋ぎでいたらば
不意に「惚れた」と男に声を掛けられた。男の名は甚八と言い、自分と同じく獣の耳を生やすも片方しかない優男であった。
この男、男色かと思いきや腕前に惚れこんだらしく、賭場の用心棒をやってくれと頼まれた。
「郷に入らば郷に従え」と押し付けられた着流しなる衣服とカタナという剣を頂き、賭場で暴れる愚か者を叩き伏せては碌を食み。
もちろん剣など教えてもらえるはずもなく、見よう見まねの我流なれども様にはなってきた頃。
「お前に教えることはもう何もないから、この国の凄さをお前の国で示してこい。」などと甚八。
そもそも教えて欲しかった剣などは教わった覚えはないのだが、手土産に数着の着流しと、箔がつくからと高楊枝とカタナの鍔の眼帯を受け取り岐路についた。


今こんな感じ Edit

  • 貰った藍染の着流しは、動きやすくとても気に入ったので愛用している。
  • 貰った刀は、安物のなまくらだがこれも気に入ったので愛用している。
  • 帰りに土産として買った草履はなかなか馴染まずまだ上手く走れない。
  • 見よう見まねで覚えた我流の抜刀術で戦う、まだ鞘に納める時にちょっと手を切ったりする。
  • 苗字を貰う、姓は兵頭 名は舞



お名前:
  • (調味料と一緒にどうぞというメモと一緒にいかにも妖しげな薬が置いてある(発情薬)) -- 2008-05-26 (月) 22:42:51
  • http://1st.momo.net/uploader/img/adv012319.png 毎年恒例あけおめ餅配給わさ 真空パック詰めで長持ち仕様にしといたわさ -- ポヘミアン 2008-05-22 (木) 21:33:28
    • (忙しそうなので掃除して帰る) -- ポヘミアン 2008-06-03 (火) 21:31:41
    • (掃除と餅置いて帰る) -- ポヘミアン 2008-06-15 (日) 20:14:09
    • (100年記念に掃除して帰る) -- ポヘ? 2008-06-27 (金) 23:21:30
  • あうあうー師匠ーおはようございますなのー!また忙しいのかなー協会の人に実体化頼みにいくー?ふにゃん… -- ラズ 2008-05-21 (水) 05:48:13
  • むぅ、まさか出オチてるとは…わさ
    とりあえず饅頭おいとくわさ …しかしなんというかにんともかんとも わさ -- ポヘミアン 2008-05-17 (土) 20:00:31
  • …あ、あれ…?おにいちゃんのお師匠様…?どうしたんだろ…?いないのかな…? -- ルージィ 2008-05-16 (金) 21:07:51

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2008-05-15 Thu 15:44:18 JST (4273d)