別天津神(コトアマツカミ)家出身 天之御中主(アメノミナカヌシ) 187772 Edit

ID:187772
名前:天之御中主(アメノミナカヌシ)
出身家:別天津神(コトアマツカミ)
年齢:136億と30歳
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
いめえじそんぐ:とおりゃんせ
腐り姫の伝説 〜睡郷鈴慕〜

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst007378.jpg ※画像はイメージです

一度高天原へと帰還した別天津神
しかし、が高天原に帰ってきたので、もう一度ゴルロア世界に降臨した。

  • 第二の肖像 描いてくれた「」ありがとー!
  • 肖像
    エクセル・イモゲッター?に描いてもらった妾じゃ! ありがとうなんじゃ!

    以下の設定を要約すると
  • ゴルロア世界に来た日本とかがある宇宙の両性具有の創造神。魔術とかに強い。
  • 天之御中主神。

  • ゴルロア宇宙とは別の宇宙を創世した創世神。高天原の中央に座する主宰神。
    NIPPONという宇宙を創世した別天津神の一柱。
    宇宙を創世した後に力を使い果たし、高次元の世界を当てもなくぶらぶらしていると
    ゴールデンロアの混沌宇宙へと誤召喚された。
  • ゴルロア世界に召喚されたとき、高次元の濁流により神の力の殆どを封印されてしまった。
    そのため、今のところゴルロアの世界から抜け出すことはできない。
  • 宇宙の窮極神にして、絶対真理、時空を司る存在だったが、ゴルロア世界に来たときに
    その力を失ってしまった。宇宙の化身であり、真の姿は宇宙そのもの。
  • 神の力を封印されているため、人間の姿を取っている。巫女服、または青い着物を
    着た、長い黒髪の8歳くらいの女の子の姿をしているが、胸はそれなりに大きい。
  • ゴルロア世界を自分の作った宇宙と勘違いしており、冒険者たちや、一般人が
    自分を畏れ敬わないので不満に思っている。古風な喋り方をする。
  • ゴルロア世界で当てもなくぶらぶらしていると、魔物の侵略で困っている人々を見かけ
    神として、彼らを救うことを決意し、ゴルロア世界に存在する邪悪なるものどもを打ち倒す
    ために冒険者となる。
  • 両性具有で、性欲は旺盛。ロリとかショタとかは好きなほう。
  • 呪文などで戦う。
  • 戦闘時は慄然たる妖気を放ち、狂気に満ちた笑いを浮かべるが、決して邪悪なわけではない。
  • テーマソングは通りゃんせ
  • ビックバイパーのことが好きでした

    【呪文】
  • 黄泉への誘い…封印されていない神の力を最大まで使い、自分の後ろに巨大な鳥居を
    出現させ、敵を鳥居の向こう側の黄泉の国へと連れて行く呪文。
    「神にまつろわぬ愚かなものどもよ……
     今こそ冥府の扉を開きて、遍く死者の国へと参ろうぞ……
     扉は開いた。世界は今、我が手中にありて、汝も我が手中に……
     通りゃんせ……通りゃんせ……
     行きはよいよい還りは怖い……さぁ、黄泉へと……」
  • 高天原の扉…高天原への扉を開き、あらぶる神を召喚し、敵を叩きのめす。
    「我が世界に在する神々よ、八百万の神々よ。今こそ、窮極神の名により
     その姿を現せよ。愚者に神罰を、愚者に天罰を、我らが神の力、思い知らせてやれ!」
  • 草薙の剣…高天原への扉を開いた後に、高天原から草薙の剣を召還し、それで
    敵を攻撃する。ガード不可。
    「神剣よ、宝剣よ、来たれ。来たれ。全てを薙ぎ払う剣よ。来たれ……
     一刀両断、防御不可の草薙よ……我に来たれ……」
  • 蕃神降臨術―外ナル神ノ狂気ト破滅―……七丈七尺ほどの大きさの鳥居を空間に顕現させ
    外なる世界から神々を召喚させ、相手を狂気に追いやる窮極の呪文。
    「出でよ……現れ出でよ……異界の扉は今こそ開けり。蕃神よ、外の世界のものよ。
     今こそ現れ出でよ……狂気の神々、破滅の神々、我の嘆願を聞きいれよ。
     常世の国の果てから、星辰は今正しく、汝らは今此処に現るなり。
     ふんぐるい……むぐるうなふ……いあ……いあ……
     亜座当主よ、夜久外主よ……鳴羅神よ……九頭龍よ……
     異界の門は今開いたり! 現れ出でよ! 蕃神どもよ!」

    「妾はこの宇宙を創造した天之御中主神ぞ? 何故、御主らは妾を知らぬ?」
    「フフ、さぁ、黄泉の国へと誘おうぞ……」
    「踊れ踊れ。常世の音色で傀儡になり、永遠に踊るが良い……」
    「いいのかえ? あまり調子に乗っておると、神罰を下すぞ」
    「天を仰げ、我を崇めよ。大いなる神の力の前に、平伏するがよい」



SSとかに自由に出してくれていいです。陵辱してくれ!

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst008668.jpg


お名前:
  • ……おい。別れの言葉なんぞ言わないからね。言霊ってのの強力さは、身をもって知っているからね。
    それに……いつでも………(プイと顔を背けて)側に居るんだろう…? -- シュミテル? 2008-08-14 (木) 23:35:25
    • ああ、側に居るのじゃぞ……妾は世界、妾は宇宙……常に、人の、お主の側に居る……
      お主がこの世を去るときは妾が迎えてやろう……それまで達者に生きるのじゃぞ……。
      そろそろ、時間じゃな……妾は還らねばならん……シュミテル、ありがとう。楽しかったぞ……これからも、ずっと、見ているからな……(そうすると、アメノミナカヌシの身体を光が包み、空へと向かって光の階が伸び始めた。それを少女は駆け上った。高天原への階を登る。目には涙が光っていたが、笑顔で後ろを振り向き、シュミテルに手を振ると、消えた。 -- アメノミナカヌシ 2008-08-14 (木) 23:40:55
      • ………〜〜〜〜〜〜ぁぁアメノミナカヌシッ!ああっ、その言葉、信じさせてもらうからね!
        (消えたのを見届けると、息をついてぺたんと腰を下ろした)…あああ゛ッ、こんな辛気臭くなっていて『師匠』に顔向けできるかっっ!
        修行だ、修行!!(誰に言うでもなく叫ぶと、貰った書を脇に駆けていった――) -- シュミテル? 2008-08-14 (木) 23:51:52
  • やあ、アメノミナカヌシ。ハロウィンだそうだね、世間は。かぼちゃのプリンを買ってきたよ。
    ところで、ようやく今月、雷魔術中級の称号をもらってきたよ。前よりも雷の扱いは巧くなったと思う。
    何か草薙の剣とで、面白い事はできないものかな -- シュミテル? 2008-08-11 (月) 22:16:16
    • 返事が遅れてすまぬのう、シュミテル……お詫びに妾を自由にしてよいぞ……
      はろうぃん……確か子供がお菓子を貰う日だと聞いたのじゃ! ホホホ、ありがとうなのじゃシュミテル!(かぼちゃのプリンを受け取って抱きつく。
      ほう、雷魔術中級車となったのじゃな。そうじゃのう……雷でも飛ばしてみるかのう。 -- アメノミナカヌシ 2008-08-12 (火) 16:18:09
      • いや…僕の方こそ遅れてすまなかったね…。自由にか、またそれは今度、お前だけに落ち度があったときにさせてもらうよ。
        っと…(抱きとめて)、おい、買ってきた物を落とすんじゃないよ?雷を飛ばす…か。雷は狙いが難しいんだよね、磁場があるだけですぐに曲がるしさ。
        ………剣を相手に刺して避雷針代わりにする、のはいいかも知れないな…… -- シュミテル? 2008-08-13 (水) 21:42:56
  • あきらめた げっげっげ -- ミヤコ 2008-08-10 (日) 00:47:46
    • 感謝することをあきらめた げっげっげ
      ホホホ、ありがとうなのじゃ! やはりあきらめ巫女に見えるのじゃな…… -- アメノミナカヌシ 2008-08-11 (月) 16:23:37
  • やあ、アメノミナカヌシ。ラゼンシアは当分忙しいそうだ。ほら、シュークリーム。
    さて…今日はどんな修行を課してくれるんだい? -- シュミテル? 2008-08-05 (火) 21:25:42
    • ホホホ、そうか、残念じゃのう……。ふふ、シュミテルはちゃんと約束どおり来てくれたのじゃな、嬉しいぞ……?(妖しげな笑みをシュミテルに向ける。
      ほう! しゅうくりいむとな! ホホホ! 偉いのじゃシュミテル!(シュークリームを受け取って食べ始める。)
      んむ、んむ……甘いのじゃ……そうじゃな、今月は何をしようかのう……んむ、んむ…… -- アメノミナカヌシ 2008-08-05 (火) 21:35:05
      • 約束っ、たって、僕は修行を…ッ……(笑みを向けられ、言葉に詰まった)
        あ、ああ………そうだね、その…草薙の剣なんだけどさ、恐らくもっと強いはずなんだ。僕が召喚するものよりかね。
        どうしたらもっと強くできるだろう。言霊を強くする方法なんていうのは、あるのかい? -- シュミテル? 2008-08-05 (火) 21:41:48
      • ホホホ、それはそうじゃ。何せ草薙の剣は神剣、三種の神器の一つにして全てをなぎ払う剣なのじゃ。そうそう真の力が発揮できるものではないのじゃ。
        言霊とは言葉に宿る霊力のことなのじゃ。じゃから、良い言葉には良い力が宿るのじゃ。常に汚らしい、不吉な言葉は言わぬようにするのじゃ。悪しき言霊は凶事を招くからのう。つまり、美しい言葉を、美しく唱えることにより、お主の言霊は強まるはずじゃ -- アメノミナカヌシ 2008-08-05 (火) 21:51:32
      • え゛ぇッ………う、美しい言葉だとォ…っ?フンッ、僕の口が悪いのは元々だよ、そう簡単に直りゃあしないさっ
        ……でもまぁ、何だろう、いわゆる忌み言葉という奴かい?それぐらいなら気をつけなくもないかな。
        どういったものがあるのか、教えてもらえるかい? -- シュミテル? 2008-08-05 (火) 22:01:51
      • ホホホ、直さぬといかんぞシュミテル。それでは女は寄ってこぬぞ?
        そうじゃのう、日本では穢れを嫌うのじゃ、かなりの多くの忌み言葉があるのじゃ。
        血や死に関する言葉はだめじゃのう。直接的な死や性に関するものはだめじゃな、そういう場合は別の言葉で言い換えたりするのう。
        人の結婚式で、別れるとか終わるとかも忌み言葉になるのじゃ -- アメノミナカヌシ 2008-08-05 (火) 22:07:43
      • 女にかまける時間があったら術の修行に割きたいね。
        ……ていうか、面倒くさっ……客として呼ばれた結婚式でも気を遣うのかい?
        はぁ……あと、『美しく唱える』っていうのはどうしたものかな -- シュミテル? 2008-08-05 (火) 22:11:41
      • ホホホ、真面目じゃのう。じゃが休息も必要なのじゃぞ?
        面倒臭がっては強くなれぬぞ? 言霊は言葉に宿る霊力じゃ、汚い言葉では力も弱まるというもの。日本では道徳の心が大切にされておるのじゃ。
        美しく唱えるのはのう、兎に角間違えずに、心を、力を込めて唱えればよいのじゃ。さすれば上手くいくはずなのじゃ。(にこりと笑う -- アメノミナカヌシ 2008-08-05 (火) 22:16:59
      • う。……ああぁ分かったよ!言葉に気を遣うなんざした事もないけど、やってみるさ!
        …………帰る。言葉の練習なんぞ見られたくない -- シュミテル? 2008-08-05 (火) 22:19:49
      • うー、もう帰ってしまうのか? 妾は寂しいのじゃ……(シュミテルに抱きつきながら。
        必ず、また来るのじゃぞ……約束じゃぞ……?(そう言って、シュミテルを見つめた。 -- アメノミナカヌシ 2008-08-05 (火) 22:25:17
      • お、おいッ………
        (困ったように息をつくと、神の頭をなでた)…来るさ、来ないでどうするんだ。僕はお前の弟子だよ?
        また、お前の好きそうな物でも見繕ってくるよ。…それとも、僕がそんなに出来の悪い弟子だとでも? -- シュミテル? 2008-08-05 (火) 22:38:37
      • (ふるふると顔を横に振る。まるで子供のようだ。)うん、お前は良い弟子なのじゃ……きっと来てくれるのじゃ……
        ふふ、そう……逃がさないのじゃ……(妖しげな笑みを浮かべて、聞こえるか聞こえないかの声で言った。 -- アメノミナカヌシ 2008-08-05 (火) 23:15:09
      • (何故だか、表情も、なでていた手も凍った。シュミテルは、聞こえたとは感じていない)
        …あ、ああ。また来る。それじゃあ…ね -- シュミテル? 2008-08-05 (火) 23:22:39
  • あなたはだぁれ?私は丸い子 見ればわかえるよね -- Q? 2008-08-04 (月) 22:10:39
    • 確かに丸いのう、宇宙から来たのかえ? 妾はアメノミナカヌシ、宇宙の化身にして高天原に座する大神なのじゃ -- アメノミナカヌシ 2008-08-04 (月) 22:14:34
      • あら、あなたが宇宙で、私が宇宙から来たなら 私はあなたから来たことになる
        それなのに私をしらないの? -- Q? 2008-08-04 (月) 22:22:59
      • 確かに妾は知っているはずじゃ。しかし、妾は宇宙の記憶と今の姿の記憶とはわけているのじゃ。最初からすべて知っている、全能など面白くはあるまい? 妾が再び宇宙と合一すればお主のことも知っているはずなのじゃ。 -- アメノミナカヌシ 2008-08-04 (月) 22:33:29
      • あら、そうなの? でも今の宇宙とあなたの宇宙が同じものでは無いかもしれない
        過去と未来は対称では無いもの それに私はこの宇宙にはホントは居ないのかも -- Q? 2008-08-04 (月) 22:39:02
      • かもしれぬのう。この世界と妾の宇宙は別のものやもしれん。一つの過去が必ず一つの未来に続くわけではなく、ありとあらゆる可能性の未来に分かれるということじゃな。
        この世界も妾の世界もきっとそうなのじゃ -- アメノミナカヌシ 2008-08-04 (月) 22:46:43
      • それならあなたもわたしも はじめまして、あなたはお名前誰にもらった?
        私は丸いこ 私は自分で つけました -- Q? 2008-08-04 (月) 22:55:50
      • 妾も初めましてなのじゃ。妾の名は人間が与えたものじゃ。妾は宇宙、妾は全て、妾は無限の宇宙の一つの化身。
        その一つの化身の名がアメノミナカヌシ、妾なのじゃ -- アメノミナカヌシ 2008-08-04 (月) 22:59:46
      • 宇宙なのに人から名前をもらうんだ 寂しがりやさんなんだね -- Q? 2008-08-04 (月) 23:04:06
      • 全能などというものは面白みがないのじゃ。全て知っている、全てを行使できる、そんなものに楽しみなどないのじゃ、怠惰のみが存在するのじゃ。
        妾は信仰という形で生まれ出でた神……宇宙の化身じゃ。そうじゃな、寂しがりやなのかもしれないのう -- アメノミナカヌシ 2008-08-04 (月) 23:06:41
      • そうなんだ 私は何もできないけど 楽しいのかな?(言いながらどこかへふわふわ消えていってしあmった) -- Q? 2008-08-04 (月) 23:13:31

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照


何じゃ、こっそり話したいことがあるのかえ? Edit


Last-modified: 2008-08-15 Fri 18:51:49 JST (4580d)