ワッフェン家出身 エーディト 222554 Edit

ID:222554
名前:エーディト
出身家:ワッフェン
年齢:33
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
旅籠「とまりぎ」

Edith Waffen Edit

エーディト・ワッフェン
クレーフェンという街の戦士ギルドで御役御免になった戦士。
とある魔導兵器の導入によって戦士ギルドの構成員の大半が力のある魔術師となった。
その為、純粋な戦士や魔力量が少ない者の集うエーディトの部隊は解散される。

そして今、この街へ自分の力を必要とする者を求めてきた

  • 身長183cm 体重85kg プレートアーマーを足すと100kg越す重量
  • 人前では常に鎧を身に纏っている。兜もずっとつけている
  • 武器は両手持ちの剣、ツヴァイヘンダー
  • プレートアーマーは随分使っているようで、所々に傷跡がある
    • 左右の肩鎧はそれぞれ違う形。左が防御の型、右が攻撃の型
  • ツヴァイヘンダーもかなり使い古している
  • 幼い頃から戦士として育ってきた。剣士団、傭兵部隊等を渡り歩いた経歴がある
  • 少しだけ魔法を使える

会話する Edit

COLOR(#708090){}                                       

言い直す

お名前:
  • PTほぼ壊滅…それほどの腕になっていながら。惜しい。 -- オルツ 2009-01-15 (木) 22:23:34
  • 発動薬が届けられた(飲むと何かが発動します) -- 2008-12-08 (月) 22:47:54
    • 発動薬とはなんでしょうか…、とりあえず置いておきましょう -- 2008-12-12 (金) 19:37:18
  • 罠だ!突如発情剤が噴霧された!君は発情してもいいし、しなくてもいい -- 2008-12-02 (火) 16:56:18
    • ……何か、体が暑くて眠れませんね。外で体でも動かしてきましょう…(甲冑を着て外へと走り込みに行った) -- 2008-12-03 (水) 17:49:07
  • おっおー、久しぶりに外の人と組むかと思ったら……甲冑に身を包んだ良い感じの人じゃないか。
    はじめまして、僕はホワイト・トラッシュ。意味はクズ白人とかその辺。次回一緒だからさ、よろしくね。
    -- ホワイト 2008-12-02 (火) 16:46:17
    • どうもはじめまして、私はエーディトと申します。次回の依頼ではよろしくお願いしますね。 -- 2008-12-03 (水) 17:48:25
  • なあ、素朴な疑問なんだけどさ。いつもそのカッコだとこれからの季節ムレないかい? -- シルヴィ 2008-11-24 (月) 02:16:32
    • 大丈夫です。 -- 2008-11-24 (月) 02:19:06
  • …いいデザインだ 鎧にしておくのはいささか勿体無いな -- 獣人ボルトヘッド? 2008-11-19 (水) 17:43:39
    • ええと…鎧について誉められているのはわかりましたが、鎧にしておくのは勿体無いとは? -- 2008-11-19 (水) 17:47:17
      • 俺は偏屈者でね 生身の女よりそれを模したヒトガタの方にドキドキ来るのさ
        まぁ何が出来る訳でもない 偏屈者のたわごとだ 聞き流してくれ・・・ -- 獣人ボルトヘッド? 2008-11-19 (水) 17:59:00
      • は、はぁ……わかりました、私は頭が悪くてよくわからないので聞き流しますね、ごめんなさい。 -- 2008-11-19 (水) 18:01:50
  • ババァーックス! -- 2008-11-19 (水) 16:47:03
    • …私ももう歳ですけれど、女性に対してそれはどうかと思います。 -- 2008-11-19 (水) 17:15:04
  • (荷物の整理をしている) -- 2008-11-19 (水) 17:12:56

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

その他 Edit

クレーフェン Edit

軍事産業が盛んな街。
ゴーレムや魔導鎧アインヘーア等といった兵器が中心。
また、魔術の施された道具の生産も多い。
エーディトの兜は被っても視界を覆わない魔術が施されている。

魔導鎧アインヘーア Edit

「一軍団」を意味する巨大な魔導器。その名の通り、巨大な鎧を纏った人のような姿である。
大体3〜6mが一般的な大きさ。これを見た者は口々に「巨人」と言うらしい。
アインヘーアを扱うには優れた魔力が必要で、エーディトはそれを扱うに不十分な魔力だったので乗り回せなかった。

エーディトの居た戦士ギルド Edit

この街の酒場と同じような所。討伐依頼等、戦いに比重を置いた依頼を斡旋する。
また、人間同士の争いや、汚い仕事も多々ある。エーディトは汚い仕事はあまり受けなかった。

酒場と違うような点は、
予めチームを作り、困難な依頼や人員がいる依頼の場合、チームごと動くといったもの。
各個人一つの依頼を受ける事もある。また依頼主から指名される事もある。
人数は大体3〜10人。エーディトの居る部隊はアインヘーアの扱えない者が寄り揃う所だったので15名以上は居た。
勿論、それでも人数が足りない時は他のチームと一緒に行動する事もある。
ちなみにエーディトは副隊長を務めていた。

現状の戦士ギルドは構成員のほとんどが魔術師であり、アインヘーア使いである。
5〜10年前辺りはアインヘーアの出回りが全然無かった。もう一つの兵器としてゴーレムがあるが、
費用も維持も面倒があるものをギルドは善しとしなかった為、純粋な戦士の需要もまだその頃にはあった。


Last-modified: 2009-02-08 Sun 08:18:20 JST (4848d)