ゲイズ家出身 ハイパー 255615 Edit

ID:255615
名前:ハイパー
出身家:ゲイズ
年齢:15
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst022845.jpg

設定 Edit

大昔このへんにいたゲイズの妹
姉譲りの魅了の魔眼を持っており、うっかり目を合わせたりすると大事なものを投げたり壺に入れたり食べたりしてしまう
普段は道行く人をうっかり魅了してしまわないように魔眼遮断スーツを着込んでいる。
でも眼のところには空気穴とかのぞき穴とかの穴があるので、凝視しすぎると漏れ出た魅了毒にアタる
中身は普通の人間らしいが誰にも見せたことがないので不明
職業こそ占い師だが当たった試しがない

スーツについて Edit

テーブルマウンテン周辺に生息するゲイズ類の外骨格をふんだんに使用した逸品
中には触手がみっちりと詰まっていて、わずかな魔法力で自在に動かせる
この触手を使ってご飯作ったり食べたり杖振ったり日常の細々した雑事を行う
触手と言うからにはぬるぬるしてるのかと思いきや、触った人曰く「つるつるぷにぷにしていて気持ちいい」らしい
スーツの外周部分も「つやつやすべすべしていて触ってて気持ちいい」とのこと
ちなみにスーツ内部は通気性もよく冷暖房完備でかなり快適

単眼日誌 Edit

黄金暦113年 8月 Edit

なんか今月は罠まみれだったわよう
針とか石とかがあたしをピンポイントで狙って来るんだもの。死ぬかと思ったわよう
あとなんか変な指輪拾ったわよう。魔導器の類であることは間違いないみたいだし、試しに使ってみようかしら?

黄金暦113年 7月 Edit

確か姉さんはこっちにいた頃焼きそばの屋台をやってたのよねぇ
あたしも何かやろうかしら?姉さんほどじゃないけどあたしの料理も捨てたもんじゃないと思うのよねぇ
まあ何にせよ冒険者の仕事が軌道に乗ってからの話よう。開店即閉店じゃ笑い話にもなんないわよう

黄金暦113年 6月 Edit

はぁテレビもねぇ ラジオもねぇ 馬車を走るスペースもねぇ
鍛冶屋もねぇ 食堂もねぇ 雑貨屋には泥棒しか来ねぇ
もうこんな村やーよう 地下水脈の村は飽きたわよう
ていうかあたしがこんなトコいたら誰もクリアできなくなっちゃうわよう
都会よう 都会さ行って一旗あげてギロッポンにビル建てるのよう ザギンでシースーよう



  • 冒険者の住まいに高級そうなチラシが投げ込まれた! -- 2008-12-06 (土) 00:34:26
    • うーん…ちょっと興味はあるんだけど、どう考えてもあたしなんかが行ったって場違いよねぇ……
  • こんにちはーっ アタシ、マリーっていって、冒険者IDが近いからあいさつに来たの よろしくねっ!
    ・・・ね、スゴい服着てるね その服って、ムレたりしない? -- マリー? 2008-12-05 (金) 18:24:42
    • あらあら、かわいらしいお嬢さんだこと……って同い年じゃないのよう!?
      こんなの着てるあたしが言うのもなんだけど、人って見かけによらないわよねぇ…
      このスーツは冷暖房完備のスグレモノだから、ちょっと暑かったり寒かったりするくらい平気よう?
      ずっと着てないといけないからねぇ、ずっと着てても平気なようにいろいろと工夫してあるのよう

Last-modified: 2009-03-12 Thu 19:33:53 JST (4953d)