キルショナー家出身 エクシス 379833 Edit

ID:379833
名前:エクシス
出身家:キルショナー
年齢:24
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
活動時間大体19時帰還。以降不定期。0時頃に離脱
土曜夜は制限無し
テーマソング的な自薦
状態
edit/refer




盗賊の不意打ちを身に受け、地に伏してからどれだけの時が流れたろうか?
体はあちこち痛むが、どうやら命を落とした訳では無いらしい
はて、これはどうした事か? 盗賊の短刀が胸を突き抜いた感覚まで覚えていると言うのに
痛む体を庇いつつ、エクシスはゆっくりと半身を起こし、ぐるり、辺りを見回す

漂う死臭。いたる所に散らばる盗賊や冒険者、果ては護衛対象だった者達の遺体…

この場で生き残っているのは自分一人である事を確認し、取り合えずは周囲に敵が居ないと知って安堵する
安堵の次に去来したのは、一つの疑問だ

自分を含め、盗賊に太刀打ち叶わなかった同行者達が、その場で土に帰ろうとしているのはまぁ当然だろう
護衛者を失って、生き残りの盗賊共に好き放題にされた哀れな交易商人達も、土へ帰る順番待ちに加わっているのも納得できる
だが、一つ、解せない点があった

明らかに、あの時斬り倒した盗賊共より、倒れている盗賊の数が多いのだ
それも皆、刀傷と言うよりは、まるで獰猛な獣にでも食い千切られたかの様な有様だ

獣…?
街道とはいえ、獣が通らない訳では無いから、たまたま通りがかった猛獣が、これ幸いとばかりに
あちこちに散らばる人骸に喰らいついた…と言うのも、納得いかぬ話では無いが
それよりももっと確かな答えに、エクシスの思考は辿り付いた

この場に居て、生き残っている、一匹の獣…

覚束無い足で、ふらりと立ち上がり、ふと己の手に視線を落とした時、思いは確信へと変わった
思わず、笑いが零れた。狂気を孕んだ引き攣った笑い

けらけらと笑い続けるエクシスの手は、乾いた血と肉片、内臓の欠片がこびり付いて真っ赤に染まっていた
胸元から足先まで同じ様な有様で、己が何をしたのかを思い知るには十分だった

どうやら
この場に居た全ての生き残りを喰い殺したのは
自分自身であるらしい



もはや、人では居られなくなったのだ



幾多の戦地で、互いにその背を支えあった友の手によって
エクシスはようやく、その身に宿した魔獣の呪縛から解き放たれた
全ての罪は赦されて
友との再会を約束し、その魂は一なる所へ……

主戻らぬ空部屋 Edit

&color(#990000){   };  
ルビふり: &ruby(此処にルビ){此処に文};
強調  : ''''
小文字 : SIZE(文字サイズを数字で){此処に文}

治すならまだ間に合う

お名前:
  • -- 2010-02-19 (金) 19:43:56
    • …約束は、果たさなーとな(不意に、獣の後方からかかる声。むせ返るような血の匂いに紛れていた、生存者)
      ああ、だいじょーぶ。 見てのとーり、エクシスが噛み殺したのは盗賊どもだけだーね。俺が、証言すんよ(白の軽装鎧を血に染めた赤毛の男…十年来の友達のように、屈託ない笑顔を見せる)
      …だからアレだ。安心して、逝くといーさ(深手を負っているようだが、構う気配も見せず剣を構える)
      俺のほうがちっと、先に逝きそーに見えるかもだけど。俺のしぶとさはエクシスもよく知ってらーね(言葉がまだ届いているという確信もなしに、しかし飾りのない普段着の口調でそう言うと、構えた剣の奥で不敵な笑顔)
      …「断罪の剣(パニッシャー)」が一振り『フランベルジュ』 参る -- フランシス? 2010-02-19 (金) 22:02:43
      • (背後からかかった声に、獣…身の内に潜む獣に、精神と肉体を支配されかけたエクシスは振り返る)
        (見れば、何事か呟きながら、剣を構え直す、白い鎧の男…嘗て、幾度と無く背を任せた男…)
        (もはや言葉の殆どは聞き取れはしなかったが、それでも分かる事が一つだけあった。彼は、約束を果たしに来てくれたのだと)
        ……(フランシスをじっと見据えれば、前屈み気味になっていた背筋を伸ばし、すっくと立ち上がる。やがて…血塗れの顔で、一瞬、微笑んだ)
        (まるで婚姻を控えた娘の様な。慈愛に満ちた、幸福な笑顔を)
        ……断罪……を(掠れた声で、フランシスへ一声発すれば、身を屈め、真っ直ぐ駆け出して行く。まるで獣その物の様な動作で。両手を広げ、その先に鋭利な爪を光らせながら)
        -- エクシス 2010-02-19 (金) 22:25:08
      • 王族の決めた罪でもない、教会の謳う罪でもない… 君が罪と言うのは、悔恨の念だ(剣を片手で下段に、何人もの盗賊を眼前で切り伏せた爪の一閃を避ける)私に聞かせてくれた… 滅んだ村。その村人たちへの
        私は出来損ないの騎士でしかないが…エクシスの覚悟を知っている。(また一閃、かろうじて剣の腹で弾く)罪無き人間を牙にかけまいと、力尽きるその時まで危険な任務に身を置いていたことを…(続く一撃、身を引き気味に爪の軌跡を読み)
        (低く響く音と共に愛用の剣で受ける)…だから、司祭じゃないが断言できる。君は赦されて、彼らのところへ帰るんだ(利き手とは逆側…外套の影から滑るように装飾された短刀が奔る) -- フランシス? 2010-02-20 (土) 00:01:26
      • (一閃、一閃。一撃、一撃ごとに、彼の語る言葉が、獣の本能で薄れ掛けた自我に、深く、深く浸透する)
        (ヒトの言葉など、もはや伝わらぬ筈なのに。それなのに、言葉の意味は理解できた。彼は、私を赦そうとしているのか……)
        (血潮で赤く染まった頬の上、一筋の涙が零れ、頬の血を洗い落として行く。その罪が拭われるかの様に)
        (続けざまに繰り出した一撃が、彼の剣で受け止められる。視界の外れ、受けた剣とは別の手に握られた、短刀の煌きが映る)
        (獣の本能は、それを避けるべく、後ろへと跳んで逃れ様とした。 …刹那)
        ……ぐ……っ(ずぐりと、短刀の一撃は、盗賊の不意打ちにて穿たれた胸の傷を、再び抉っていた。避けようとした意志を、もう一つの…エクシスの意志が遮ったのだ)
        ……世話を……かけたわね(胸に短刀を埋めながら、そのままフランシスに凭れれば、途切れがちに呟く)   
        -- エクシス 2010-02-20 (土) 00:25:58
      • …約束は、果たさねばな(凭れかかるエクシスを支える。最初にかけた言葉と同じ…しかし、仮面を被ったかのように「本音」を包み隠す声)
        私も、いつか同じ場所に帰るんだ。そのときは、また酒でも呑もう(手応えで解る…友はもう、長く苦しむことはないと)君と呑む酒は、美味かったからな
        (ぎゅ とエクシスを抱きしめる。目から溢れた「本音」を見せまいと)
        …じゃーな、相棒。また会おーぜ (震える涙声、それでもせいいっぱい明るく囁く) -- フランシス? 2010-02-20 (土) 00:44:33
      • ふふ……意外と……義理堅い、わよね、貴方……って(凭れたまま、そっとフランシスの腰へ腕を回す。その腕は、酷く弱弱しい力で、それでも懸命に、幾多の戦地で背中を任せた友を求めた)
        そう、ね……また……二人、で……(抱き止められ、フランシスの胸に顔を埋めながら、頷く。やがて、ゆっくりと顔を上げ)
        ね……フラ、ン?(同じ組織に配属されて以来、初めて愛称で友を呼べば、懸命に体を起こし、その顔を近付けた)
        ……(瞳は真っ直ぐにフランシスを見詰め……やがて、浅く、しかしその絆の如く深い口付けを)
        ……また、会えたら……続き、しましょ……?(重ねた唇を離せば、力無く微笑み)
        ええ……また、ね……フラン……
        (僅かに篭っていた力は、その言葉と共に抜け落ちた。がくりと、その身をフランシスの腕に任す……)
        (長きに渡る苦難は、今此処で……最愛の友の腕の中で終焉を迎えた。悔いは無い、とばかりに、穏やかな笑顔を浮かべて……)
        //お付き合いありがとー!   
        -- エクシス 2010-02-20 (土) 01:03:19
      • …なんで、いー女はみんな俺の手の届かなー場所に行っちゃうのかね(最期を見届け、誰に聞かせるでもなく自嘲する様に…涙声で)

        (その後…エクシスの遺体は「断罪の剣」の殉職者として丁重に葬られ、遺髪の一部は密かに…廃墟となった村落の、彼女の生家に届けられたという)
        //こちらこそー! 反応悪いうえに先走り多くてごめーん! -- フランシス? 2010-02-20 (土) 01:34:24
  • -- 2010-02-19 (金) 19:43:48
  • -- 2010-02-19 (金) 19:43:40

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照


詳しく Edit


昔……西方のとある国に、天災の如く、全くの突然に、それは現れた。
三頭三尾、山程の背丈を持つ、巨大な獣。
三つある首からそれぞれ、炎、冷気、そして毒を放つその怪物は、名をダーコーヴァと言った。
ダーコーヴァは街を襲い、獣を止めようと押し寄せた軍隊を蹴散らした。
大地は獣の瘴気に犯され腐敗し、更に獣に打ち殺された多くの人々の血を吸った。
獣も人々の血肉を喰らい、その甘美なる美酒に舌鼓を打つ。止める者は誰もいなかった。

ある時、獣の前に一人の娘が立ち塞がる。この国で唯一、最高位の魔術を極めた娘だった。
娘は若年ながら、自らが極めた多くの魔術で獣と対峙したが、それでも獣を撃ち滅ぼすには足りず、自らも傷を負う。
やがて娘は、最後の手段とばかりに、とある術を括った。
魔を己が身に封じる禁忌の呪法。程無く、獣は呪いの雄叫びを上げた後、娘の術に捕らわれた。
すなわち、娘の体に宿ったのだ。

やがて月日は流れ、娘は子を成したが、ダーコーヴァとの戦いで疲弊し、未だ癒えぬその身では、子を産む事だけが精一杯。
娘は早世し、残された子供は他所へ預けられ、親無きながらもすくすくと育った。
やがて世代を経て、何世代目かの娘の子孫が、とある村落で産声を上げた。

だがそれは、人の腹から出でし者なれど、人の形をしていなかった。
人と獣を掛け合わせた姿……。数世代を経た事で、先祖の娘の術が薄れ、獣の力が戻り始めたのだ。
村民は不吉の前兆と恐れたが、子を成した母親にはやはり我が子。捨てる事など出来なかった。

月日は更に流れ、人から産まれた獣の子も年頃を迎える。
だが折悪しく、その年、村は近代稀に見る大飢饉に襲われていた。
人も家畜も食う物が無く、次々と餓えて死ぬ。獣の娘もその運命から逃れられぬ筈だった。
飢餓感に襲われるまま、朦朧とした意識の中、娘が徐に尋ねた家は、良くしてくれた隣家だ。
隣家も無論、その日の食う物が無く、皆、息も絶え絶え。餓えて痩せこけた者達に、娘の牙から逃れるだけの力は無かった。

骨と皮ばかりとは言え、その血の、その肉の何と甘美たる事か。
恍惚と垂涎垂らし、欲の赴くままに貪る。やがて満足が行った所で、娘ははたと気が付いた。
己の所業、そして己の身に宿る何かに。

以来、娘は全滅した村を離れ、あちこちを転々と暮らしていたが、あの日以来、一向に薄れえぬ飢餓感があった。
何処に居ても、何をしていても。血と肉を欲する欲求は拭い去れない。
それは、幾ら食事を取ったとて、同じであった。
唯一つ。生きた者の血肉を喰らった時のみ、一時、それは癒える様であった。

娘は獣の姿の自分を育ててくれた人間には感謝していたし、愛しても居た。故に、その血肉を喰らうのは酷く苦痛を伴う。
しかして、求めずにはいられないのだ。

故に彼女は、要らぬ者の血肉を喰らう事とした。罪人と呼ばれる、流して惜しまれぬ血を。

人を愛し、人を喰らう。罪を裁き、罪を喰らう。
こうして罪喰らいの獣は生まれた。己の身に巣食う凶悪なる獣を、そうとは知らず育てながら。

彼女は何時も、口癖の様に呟く。裁かれるべきは、断罪されるべきは己なのだと。

身体的特徴など Edit

とある組織に属している
・獣人の如き形をしているが、種族らしい種族は無い。当人は人間だと言い張る
・無論、罪人を喰らっている事は隠している
・得物は処刑用の剣であるエクスキューショナーズソード。故に刺突には向かないし、行わない
・組織内でのコードネームもその得物に因み、エクスキューショナーである
・また、彼女の名乗っている名前自体もそれに因んでいるが、偽名
・後は追々追加

内なる獣と対峙する Edit


Last-modified: 2012-03-24 Sat 09:43:48 JST (3142d)