トムラ=ヘルベチカ家出身 紅絹 451473 Edit

exp014126.png
ID:451473
名前:紅絹
出身家:トムラ=ヘルベチカ
年齢:16
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
ぼうけん:ステータス/戦歴/名簿?Edit
ごるもん:ステータス/戦歴/名簿?Edit
あおいちゃん:ステータス/戦歴/冒険中?Edit
モミエラ:ステータス戦歴Edit
校章ステ1/ステ2/ステ3
/水着2/ふたごサンタ/水着1/18歳/バニー/悪魔/葵紅/あくおち/胸up/ドレス/メイド/黒板/18さい1/黒ボン
■もらったもの外界デビュー?/峨創膏/AV/饅頭/荷2//荷1/発情/殴劵肇/欧曚佑辰/淫夢/憶∋瓦丙邏/スク水/馴染む/キング視界真実/ワッペン
■もみえら写真集

とりせつ Edit

 Character:

  • サヨリ・トムラとアキ・ヘルベチカの間に生まれた末の双子の一人。
  • ツンツンしているけど性格が悪いわけじゃないよ。 ごめんね素直じゃなくって
  • 珍しいものはとりあえず口に入れる癖があるけど最近は少しそうでもなくなりました
  • 好物は骨、パンの耳、お茶漬け。 骨ばっかり食べる でもカルシウムの足りない子
  • 怪獣大好き
  • モミエラと言う幼少のモミそっくりのミカエラがいる

 Looks:

  • 紅髪のアシンメトリーツインテール。テールの長さが左右で違う。首がこるらしい
  • ほどくとこうなる
  • 母親譲りの褐色肌、金色の瞳、厚めの二重でちょっとタレ目気味
  • 15歳以降は胸のサイズ以外殆ど変わらない。身長140cm〜1万m(巨大化時)
  • お胸のサイズは父譲りのぼーんぼーん よかったね。

スペック Edit

+  見る
+  変身能力
+  わざマシン

けいれき Edit

  • 誕生。
  • 冒険者養成校に8歳で入学し、満卒業
  • イルゼ・ロータトイフェルに弟子入り
  • 魔物化
  • 巨大化
  • 魔物の集う巣に混ざってたりした
  • 冒険者養成校に2期生教師として在籍
  • バンパイアに敗北。吸血鬼感染?
  • 英雄を授与
  • ワイバーンに敗北。ふてくされて冒険者休業
  • 家の手伝い、魔法アイテム・素材を売るなどして小遣いを稼ぐ
    • ロイヤリティでごろごろしていたら怒られたので冒険者再開

3rd Season Edit

差分:コメント/名簿/138855 編集:コメント/名簿/138855     出会い頭だったり、実家だったり、悪魔だったり、山だったり

お名前:
  • というわけでおチョコレートのお配給ですわ〜〜!(あまり高級ではないけど…と駄菓子系のおチョコレートを配給しにくる…はっ!?ハルちゃんは…!?と警戒。) -- げま 2023-02-14 (火) 20:11:49
    • げまこさん、勘が鈍ったんじゃあ…?(1時間くらい前には長女が何か食べてたので、お礼するのに待ってた様子。) -- サヨリ?
      • いいの…渡せないよりは…(涙が流れる)
        でもそこで抜かるアタイではない!本命はこっちよ!(本命でチョコってそういう?というのはさておき、最近話題のナワトルとかメキシコ系の料理チョコソースの鶏肉煮込みであるモーレ・ポブラーノをお鍋に用意していたのだ!バレンタインとはいったい…) -- げま 2023-02-14 (火) 23:28:20
      • な、泣くほどの…!? モレ…ボブ…用語がよくわからないけどなんだかおしゃれそう! 
      • チョコ多めのカレーみたいな…?(作っといて疑問符がつくが、ハーブとかナッツとか唐辛子とかニンニクとか、とろみづけにクッキーとかトルティーヤなんかも入れる…お菓子の判定にならないチョコレートってかんじの…?とりあえずカレー皿によそっていったり…) -- げま 2023-02-16 (木) 00:08:50
      • (海原雄山みたいな表情で口に運んでいる)
      • げえっ!だっしゅ先生!(雄山登場のときのズァーンとかいう効果音とか、シティーハンターの緊迫のときの効果音とかどっかで聞いた効果音がいっぱい!とシンエイ動画っぽいタッチの先生をみる)
        ど…どうでしょう…(辛いような甘いような…チョコレートのようでチョコレートでない肉料理…というなじみのないものは果たしてどうなる…? -- げま 2023-02-16 (木) 23:28:50
      • これくらいは出来てくれなくては困りま… んっ…!。(何か引っかかったような「?」効果音の思わせぶりなカット)
        あ、昼前に干した昆布さっき取り込んだよ?
        あぁありがとう。すっかり忘れておりました。。(とくに関係なかった)
      • ひいっ!(紙に吐き出してこのだっしゅ一生の不覚…などと言い出して勝負が仕切り直しになる奴?!とびびっていたのでなにもなくて安心…)
        ねえ!ここいつから高級割烹とか美食倶楽部ってかんじになったの…?(どちらかというと町の食堂的な親しみやすいお店な感じだったはずじゃ…とおろおろ。) -- げま 2023-02-17 (金) 01:02:08
  • ごめんください。(辺りを見回して、ご挨拶に伺った様子の双子の眉間にシワ入ってるほう。) -- セイ
    • お兄ちゃん、すごく不機嫌そうな顔した女の人が来てるよー? -- 双子? 2023-01-26 (木) 17:33:32
      • その情報だけでまず俺に当たりつけてくるのなんなの!? -- テトラ?
      • 「無自覚は大罪ってちい姉ちゃんは言ってた。 あの子、タケル君のもう片方でしょ? 双子。」 -- 双子?
      • …僕の顔は生まれつきこうです。(教諭の名誉のためにそれはことわっておく。)
        それに…教諭に限ってそんなことはないと信じていますから。(にっこり笑顔。いつかのように演技か?はたまた?)
        …どちらかといえば、「タケルと二人で一つ」のように言われる方が、気に入りません。(不機嫌の原因はソレなのか。笑顔は崩さず、笑っていない眼。)
        …なので、これもあくまで個人レッスン。そのお願いに来ました。(タケルは関係なく、独りでマンツーマン、胸を借りたいなどと言い出す。) -- セイ 2023-01-26 (木) 20:21:31
      • 「(などと一人勇みを聞くと)わ、言ってた通りで来た。」-- 双子?
      • まったく…(やれやれと息を吐いて)
        そう言うと思ったから"教材"は先に仕入れ済みだ。早速後手だぞ。
      • はいいっちょお待ち。(首根っこ掴んでボーンと持って来たのは、その気に入らない片割れ君。うまい魚があるから食わせてやると呼んでおいたのだ。) -- 双子? 2023-01-26 (木) 23:11:26
      • 主役がいねーと始まらねーってワケナリな!(主役の登場だぜ!とポン投げされるチンはすでにアーモンド小魚をおやつに貰ってる様子、餌付け済み。) -- タケル 2023-01-26 (木) 23:20:05
      • …ふう…(主役がどうのという妄言はこの際聞かないフリをして。溜息。)
        それが課題だというなら。(「声かけづらいだろうから先に呼んでおいてやったぞ。」というのはむしろ気遣いにも思えたのか、気を取り直して。)
        …改めて、お願いします。(頭を下げ…アーモンド小魚の箱を抱えて食ってるタケルの頭も下げる。) -- セイ 2023-01-26 (木) 23:23:55
      • よろしい。 これは戦闘訓練だ。 こっちは俺と… うん、たのめるかい、紅絹先生? -- テトラ? 2023-01-27 (金) 00:04:31
      • あーモミいいなぁツーマンセル〜
        「(こくこく)ピース。」
        -- 2023-01-27 (金) 00:04:52
      • おまえたちのミッションは単純だ、こちらにいる紅絹先生を仕留め(チェックメイト)る事。ダウン取るなり、ぶっ倒すなり、どっちでも達成だ。
        おぅ、不思議な表情をしたな? まあ聞け、俺は紅絹を防衛する。
        お前たちにとっては討伐依頼。こっちはそんなお前たちを撃退する、護衛依頼だ。
        わけで、これは俺にとっても訓練なわけだ。強敵二人やりがいあるね。 -- テトラ? 2023-01-27 (金) 00:05:39
      • ……ヨシ!こっちは任せとくナリな!(どっち狙う?女!という短絡思考で自分の行きたいほうに行くと一方的に宣言、ダウンさせたり寝技かけたりどっちでもいいって?!という桃色妄想中。)
        それにオメーだってあっち狙いだろ?(さすがに双子、抜け駆けしてマンツーマン指導をお願いしにいこうとした様子からすれば利害は一致してるだろうが?という悪魔のささやきを…) -- タケル 2023-01-27 (金) 00:13:20
      • 指示を無視するなら今すぐお前を黙らせて僕一人で挑戦してもいいんだぞ?(売り言葉に買い言葉、いい子のセイは指示通り、王手をかけるのに飛車、角、金銀といった妨害を潜り抜けるために二人で教諭にあたるべきだと言う。)
        それに、お前をあらかじめ呼んでおいたことも考えれば、「僕とお前ふたりでちょうどよい」難易度設定にしてあるはずだ。(教諭にとってもこれは訓練、しかし一方的にハンデを負う以上の仕掛けや策はあって当然と見るセイである、これにはタケルも黙って…セイとふたり。教諭に相対する構えである。)
        いい子だ。それでは…(はじめの合図でヨーイドンか、それともすでに始まっているか…緊張の一瞬。) -- セイ 2023-01-27 (金) 00:19:02
      • まあ…役割分担って事にしといてやるか。
        紅絹は、一切攻撃行動をとらないでいいぞ。かわりに俺にヒールとリジェネを絶やさずに頼む。
        俺にバフはいらないから、自分にガッツリかけておきな。 -- テトラ? 2023-01-27 (金) 00:40:59
      • 「(おっけ。と承りつつ) わたしもバフはいらない。」
        だって攻撃なんてこないじゃん?
        -- 双子? 2023-01-27 (金) 00:41:09
      • …。ああ来ないな。任せとけよ。(ヒーラーがノーガード宣言をしても止めもせず、自信げににこりと返す兄と、妹二人。)
        ってわけだ、こいつをハンデと取るかどうかは好きにしろ。
        さて、整ったな? 安心しろ手加減はさせんさ。 -- 2023-01-27 (金) 00:44:25
      • はじめー!(ピピーーーーッ) -- アオイ? 2023-01-27 (金) 00:45:30
      • ふーん…?ワガハイもそういうの…嫌いじゃねーナリなあ!(足止めて仁王立ち、ムサシボーの不動のデュエルはいまアツいスタイルだとか、どのみちこのタケル、ショーメン突破以外に考えることはなし。はじめの合図でもう止まらねえ。)
        (言い終わる前にしょっぱなから掌打ぎみの右ストレート、抉り込むような動きで炎を纏ってテトラ兄ちゃんの心臓に一直線。「瞬きの間に距離を詰める」という絕招歩法、「二撃不要」の本気というペースもクソもない初撃ぶっぱをやるのも当然…) -- タケル 2023-01-27 (金) 01:06:12
      • 織り込み済みと見れば…(双子でなくてもどんな動きをするかなど読めているのならば、通らばリーチ。いかに通すか、のフォローを…「限られたコマをどう動かすか」が今回の課題と見たセイはそのタケルをフォローすべくセンセから学んだ神器のひとつ「鏡」で集めた気をタケルに注ぎその破壊力にバスターバフをかける)
        (さらに当たらなければ無意味なら、教諭の退路を塞ぐべく起爆性の護符を飛び退けそうな動線に配置するという消極的な手も用意。バフがないとはいえ、ヒールとリジェネが常時かかっている相手に消極的にすぎるそれは相手の行動を阻害できればそれでいいという単なる足止め…タケルの攻撃さえ通ればそれでいいという自分の攻撃を捨てたバフ…?)
        使えるモノはなんでも…!(タケルを囮にして神器のうちのひとつ、「珠」を叩き込むべく…以前手ほどきを受けた自律兵器のコントロールを参考に周囲に展開、目視できるだけでも数十個の球から放たれるビームをタケルごと巻き込んで発射!まあ…タケルなら死なないだろう。という判断。) -- セイ 2023-01-27 (金) 01:06:36
  • (タケルの行動は正しい。ヒーラーを仕留めればゲームセットだが、それには結局ディフェンダーが邪魔に入る。
    どちらも狙うよりはディフェンダーから崩す方が当然早くて、なによりも”単に力比べならテトラはこの中で一番弱い”のだ)
    お、以外にお利巧なフォーメーションで来るじゃないか、結構。楽でいいね!
    (当たればただでは済まない打撃が炎を纏って迫る、迫る! そして一呼吸もない間にインパクト―――の一瞬手前で一歩前に踏み込んで)
    オーケィそんまま…っ!
    (必殺狙いの右ストレートが脇腹を掠めて衣服ごと皮膚をこそぎ取る。
      そして踏み込んだ側の腕をそのまますいと伸ばすと、正面衝突寸前のタケルの喉元に、開いた手のひらがが収まって) -- テトラ?
  • おおーーっ。
    「(いたって落ち着いた何事もない表情で、目の前で起こるファーストインパクトを見守る)」
    -- 双子?
  • なるほど…(「こちらが想定した最悪よりちょっと悪い事が起こる。」ことを念頭においておけばさほどショックは受けないが、「その場にある一番硬いモノを盾にすれば動く必要すらなくタンクを続行できる。」のを見れば絶望するのを通り越して今度マネをしよう。とすら思うセイ。)
    (煙が晴れるまでに何が起こったかを確認するまでもなく、上半身半裸でセクシーになったこと以外「ノーダメージの教諭」と「喉元掴まれて盾にされた」タケルと、「マヌケにもそこにビームを全弾叩き込んだ自分」とがそこにいる。と言う構図なわけだが…) -- セイ 2023-01-28 (土) 00:24:06
  • 『気に入らねえ…!』(頭の上で何もかもお見通しみたいな腹の探り合いをやられてることもだが、以前セイのやったように真正面から受けるのではなく「逸らされる」のはコケにされているようで頭に血が上る)
    『でも一番気に入らねえのは…オメーだっ!』(最初から『鬼』としての姿を使わないことを、こうなるだろう。と解っていてやったんだろうとセイへ向けて咆哮したその姿はすっかり『鬼』になりきっている。ダメージがあるようには見えない。)
    (その変身条件にはムラがある、度を越した怒りでこのように一発で変身することもあれば、何時間かけても変身できないこともある、「教諭相手にそんな悠長なことをしているヒマはないので、すぐこうなる手を取った。」)
    (セイのそういう考えがムカつくと言いつつもチャンスを逃さぬよう首元に伸びているテトラ兄ちゃんの手を引きはがしにいくのか?と思いきや…)
    『グォォォアアアアアアアッ!!』(そして駆け出す、掴まれたまま力任せに振り回して振り落とす?それも違う…こっちが盾にされたならテトラ兄ちゃんを武器にしてセイの脳天をカチ割るべくカブキの連獅子もビックリな首の動きで金色の鬣ごと叩きつける。) -- タケル 2023-01-28 (土) 00:24:24
  • 主役は遅れて来るんだったか?それなりに働いてくれないと、訓練にもならない。(当然タケルはそう来るだろうし、教諭がおとなしくいつまでもそうしているわけもない、この場合セイの取る行動は…怒り狂うタケルを捌きつつ教諭の出方を伺う…セイは「ソロ攻略におまけの妨害キャラがついた」と嘯くことだろう。) -- セイ 2023-01-28 (土) 00:25:01
  • (逸れたと言っても威力の余波で浅くえぐられた脇腹の裂傷が、振りまわされることで広がってなにげに痛い)
    うぉっ!?いってえ…!!! つうかマジでお前がメインになってんじゃねーかよ!
    (こいつの勢いに乗っかって、そのままサボり気味の不良娘にゲンコツでもくれに行ってやっても良かったが
    セイと視線でミアミスだけすると、靴からワイヤーを射出して、一度元の位置に引き戻る。なにせ護衛がこっちの主目的である。
    タケルがもしも狡猾な敵であれば、今すぐ踵を返して守りを引きはがされたターゲットを獲りに行くだろう。)
    向こうでは兄妹の小競り合いがまさにこれから始まろうかという所か。)
    無茶苦茶しやがんな…まったく。なにより馬鹿さ加減が”アイツ”と変わんねー にしても
    (しびれる腕と手をぐいぐいと回してほぐしながら)
    こりゃヒールの10や100もないと攻撃だけで身体がそっこうでイカレるな。。
    一発交換するたんびに身体が砕ける思いを味わうってか。気が滅入るね -- テトラ?
  • うえーいきなしめっちゃ怪我してるじゃーん!
    「もうやめる? 」
  • いーや上等、もっとやる気出た。
    (リジェネ効果でがふさがる傷。「応援サンキュー」と妹と笑いあうと、その身を黒いなにかが膜となって覆っていく。一種のナノスキンだ。
    ほどなく全身に吸着すると戦闘用のプロテクタースーツを形成した。タケルほど見た目物々しくもないが、いわゆる強化外骨格だ。)
    さ、やるかね。 -- テトラ?
  • 『チマチマやってねえでオメーもっ…』(一方こちらは小競り合い中の鬼と狐のふたご。ちょこまかと逃げるセイの左脚をとうとうその右手で捉え…)
    『当たって砕けろォォォッ!!』(カンカンに血の上った頭でも当初の目的を忘れていなかったのか、それともセイの思惑を知ってか知らずか、距離を取って鎧を纏ったテトラの兄ちゃん目掛けて「力任せにぶん投げる」)
    (「自分がその場を動かなくても誰かを利用すればいい。」をタケルの脳で変換して応用するとこういうことになるらしく。まるでさっきのお返しとばかりに炎のような視覚効果を持ったエネルギー弾をセイごと、巻き込むように両掌から連射していく。) -- タケル 2023-01-28 (土) 20:36:50
  • 出し惜しみをするようなヤツに言われたくない。(卑怯。おそらくタケルは鬼の力をそう捉えている。だから最初から使わないし、使ったが最後「勝って当たり前、傷つけて当たり前。」だからこそふだんの小競り合いでは絶対に使おうとしない。)
    (それがセイには我慢できない、見下されている、取るに足らない、壊れ物を大切に扱うかのように手加減されている。だからこそ…「タケルの足手まとい」になりたくない。セイの劣等感の正体がつまるところそれ。それがタケルへの対抗心、否定、反発になる…)
    でも…今の僕は違う…!(タケルに投げ飛ばされ、テトラ教諭へ加速する最中にセイの姿も変じていく。タケルのモノとは違う、センセから借り受けた衣装を纏っただけだが…セイではない自分、『イザヨイ』になるための心理的トリガーの役割が大きい。)
    これならっ!!(姿を変じると同時にキックの体勢、タケルの馬鹿力ぶん加速して普段よりも勢いの増したそれに横方向の回転を加えてドリルのような電光エフェクトが入るものの…これで終わりではない。)
    (「身分身」。実体を持った残像をさらに8体。加えて周囲に9つのポータルの穴が発生、たとえこれを躱したとしても、『ポータルを通ったイザヨイキックがポータルを介してランダムに飛び交い続ける』という疑似オールレンジ攻撃。そこにタケルの援護…援護?射撃が加えられ続ける。) -- セイ 2023-01-28 (土) 20:37:11
  •  つ づ く -- 2023-01-29 (日) 13:44:15
  • 8… 9…72…。 もうちょいの間は被弾は避けたいよな。かわい過ぎる妹に手間かけさせたくもないんで。
    (多重分身、周囲を取り巻くどう見ても何か出て来そうなポータル、なんとなく察しがついて、さらその向こうからは光弾も迫るようで)
    オーケイわかった。…紅絹、少しだけ動くぞ、常に背中だけ見てくっついてればいい。
    (そういってむしろポータルの密集する中央へ向かって歩きだすと、すぐ後をそそそとついてくる妹。) -- テトラ?
  • お〜〜〜…!!(わくわくしてる)
    「(わくわくしてる)」
    -- 双子?
  • ………ふ〜〜…っ!!
    (大きく深呼吸をして集中。 その次の瞬間からそしてセイの猛攻が始まると1つ2つ3つ4つと、かわしながら進む。
    円を描くような小さなフットワーク。そしてセイからは必ずモミが背後に来るように。)
    (踊るような動きでかわしながらときに払いながら向かっていくのは当然タケルの光弾の方だ)
    ボール来るぞ!5の次に少し腰を低くするんだ、いいね。 1!…2!3…4!!5っ! そらよっっ!!!!!
    (雨あられと飛んでくる光弾を数発避けるごとに弾いて蹴り飛ばし、ポータルに向けてそれを放っていく!) -- テトラ?
  • うわーーーお兄ちゃんの全然当たんない奴!外から見るとこんななんだ〜!
    「もー中すっごいたいへん!4,5…わっ。(しゃがむ)」

    (どうやら、二人を相手に手合わせする時などもこうして躱して見せていたのだろう
    進みながらも、当たらない。そのまま10秒20秒と続いていくと光弾を放り込まれるポータルはさてどうなっていくか?
    それでいてもちろんただ避けているだけなはずはないと。聡いセイなら緊張感を覚えるだろう。) -- 双子?
  • 『ヤローッ…!当たって砕けろっつったのにまたチョコチョコ…!』(セイの性格、「ゴール前でパス回しを始める島国サッカー」のようなまどろっこしさであんな目くらましをするものだから、テトラの兄ちゃんに返されるだろうことを獣の直感でタケルは察したらしく。)
    『まだ…あんだろうが!とっときがっ!!』(『鏡』と『珠』とくればあとひとつ…セイのとっておきに察しがついたかのような声をかけて天に右手を翳すと…どこかから飛来する鉄の塊を掴み取る。ヒーローといえばどこからともなく現れる剣である。)
    『出さねーんならワガハイが…とったぁぁぁっ!!』(ひときわ赤く燃える紅き鬼の身体。手にした修刀その名もゼンキの切っ先にまで炎が滾ったその瞬間、横一閃に薙ぎ払う。)
    (そのさまは神話の時代に語られる一面の焼野原の炎を薙ぎ払ったというソレをイメージした…かどうかは不明だが。いわゆる地を這うようなブレード光波の形で炎がセイごとテトラ兄ちゃんたちに迫る!)
    (範囲のほどは「貴様がよけても護衛対象はコナゴナだーッ!!」という某王子のソレであり、もはやセイを焚き付ける以上に一発ブチかまそうとしているのがバレバレである。) -- タケル 2023-01-31 (火) 20:15:43
  • (教諭は一貫して「こちらの戦法を逆手に取る」「単純な力に勝る相手との立ち回り」をこちらに教えているように思う。こうして手に入れた力にまかせて教諭の体力を削るような動きをしているならなおさらだ。)
    (カムイの力を手に入れたとしてもしょせん常人である。という自己評価のセイにとってその戦い方はあり得たもう一つの自分の姿であるという憧れや、自ら捨ててしまった可能性であるようにも見えた。)
    (そんな迷いに畳みかけるように徐々に完璧に捌かれるキック、ポータルに返される光弾、ジャックポット!バラまかれた分身はその速度のまま光弾と正面衝突し、分身とポータルとがひとつ、ふたつ、みっつ…と消えていく。)
    だからといってっ…(ただでは消えない、実態を持った分身は神気を用いたリアクティブアーマーでもある。消滅と同時に周囲を巻き込む爆発!閃光を伴ったそれは目くらまし…)
    (そうして時間稼ぎを行った末に飛んでくるのはタケルのとっておき、『剣』を連想させる横一閃の炎薙ぎ。このままではセイも巻き込まれ…いや、セイの姿はそのX軸上にもZ軸上にもない。)
    出してやるさ…僕のとっておきを…!(Y軸。上空に太陽を背にして。今度こそ、こちらの番だと言いたげに空中から自由落下の勢いをプラスし加速ッ!空中歩行『天駆』の要素に神気を通す『帝』の境地…すなわち己を神気の塊とし全てを貫き加速させるという発想、らしくない力押しの、荒削りの。)
    必殺ッ!!(発声と共にその右足からは神器の一つであるところの『叢雲剣』を応用した神気の奔流!『カカト落とし』の形で繰り出されるそれは…)

     草 薙 剣 っ…!

    (センセより授けられた最高の奥義のひとつ、神器を応用した自分の成果をぶつける構え…はたして…) -- セイ 2023-01-31 (火) 20:16:00
  • こんだけ動いても親父からは一本だってとれやしねーんだもんな…どうしろってんだ。
    (上空におそらくセイの本体。セイは考える分タケルよりわずかあとに対処ができる
    問題は勢いが全く止まらないもう一人だ。再びすさまじい威力がそこに密集しているのを見て取れば、心拍数も上がるというもの)
    くそっ…”能力持ち”はこれだからな!どいつも凡人を舐めるんじゃないぞ!!梱包解除!
    (その掛け声とともに現われたのは槍。そして構え。)
    一文字、『駄津』…!
    (考える時間はほぼないからこっちも力技だ。膝を踏ん張り上半身をねじる様に、定めるのは当然タケル。
    母から教わった猟(漁)術で、シンプルに一直線に対象を刺し貫く技だが
    母もまた姉が使っていたのを幼少に何度か見ただけなので見真似だったのだという。
    母のお姉さんも誰かから、その人もまた誰かから教わったのだと思うが、思うにこれは、本来そういう術技ではなくて。
    あまりにも数の多い敵軍を蹴散らして空けた敵陣の穴に進撃するためか、それともなにか…途方もなく”巨大な何か?”を一撃のもとに貫いて砕く”戦技”であったのでは?
    …なーんて思いながら、自分なりにひたすら研いでみた。というわけ。
    ぅぅううううううおっ!!!!
    (轟音。覇気を纏った鋭い刺突が空気を巻き込んで一直線、地面を軽く抉りながらタケルの剣閃) -- テトラ? 2023-01-31 (火) 23:58:18
  • 怖ーーーわっっっっ11!!ナニあれ肌ビリビリするんだけど!?
    「ママがやる奴? でも全然…あっ?」
    (繰り出すやいなやの即座、今度はそのまま地面を蹴って上空へ飛ぶ兄を妹が見上げる。飛び上がってすぐ眼前には、その神如き威力で叩き潰さんと猛襲するセイの脚。)
    「どうしてわざと貰いに行くの!?」
    (違う。どうせ避けられないのなら、相手の想定するタイミングを外して防御効率を上げる。さっきタケルにもやったことだ
    そして強烈な破壊音とともにインパクト。そして地面を砕く音。)
    (下で受けると傍にモミが居るからだ…) -- 双子? 2023-01-31 (火) 23:59:02
  • 『出したな…とっとき!』(とっときを切ったのならこれ以上はない。というのは頭で考えてない全員でボールに群がる小学生サッカーのごとき戦法しか取らないタケルにとって逆に直感しやすい事実だったようで。)
    『負けるかぁぁぁぁぁっ!!!』(それはセイだけではなくテトラの兄ちゃんも何かを温存しているというヤマ勘を当てた喜びよりも、「全力で押し合いが出来る」喜びの方が勝ったかのような雄叫びだった。)
    (こちらに一直線に鋭く突撃してくる小細工ナシ、でけえ獲物を最短に最速に一直線に…それでいて岩をも穿つ雨垂れの如く何代にも渡って受け継がれた技は、目に映るモノを丸ごと薙ぎ払う…技とも言えない獣の力、原始の炎と真正面からぶつかりスパークする!)
    『ウォォォッ!…はぁっ…はぁっ…まだだあっ!…ってどこ行ったっ?!』(技と力とのぶつかり合い、相反するふたつの接触は物質反物質を混ぜ合わせたかのように炸裂!爆発!という結果を生むものの…タケルはまだ立っている!息切れこそすれまだまだやれるぜ!というファイティングポーズをとるも…なにっテトラ兄ちゃんがいない!上だ!とちょうど真上に昇りつつある太陽を見上げる。) -- タケル 2023-02-01 (水) 00:55:13
  • ありがとう、ございます。(ダメージコントロール、教諭が近代の戦闘においては常識のそれを行ってくることくらいは…むしろ…「生物相手に試し斬りなどやれるわけがない技」を試すというのは教諭を信頼しているからこそでもある。)
    (遠慮することなどない、貰いに来た教諭の袈裟懸けに、そのまま切り裂いて真っ二つに、勁を通すなどと表現される『帝』の技術を用いたそれはセイの身体にも負担をかけるもの。通される気はセイ自身の身体も破壊する威力。)
    砕けて見せるさ…当たってな!(ただ自爆しただけなら目も当てられないが、脚の一本程度くれてやると自分の成長を見せたいのか、意中の相手と心中したいのか、ヤケクソになっているのか、おそらく全部の感情をごちゃまぜにして二人の身体は堕ちていく…)
    (破壊音、インパクト、手ごたえがあったということは…当たることは…できた…?朦朧とする意識、全身の衣装がひび割れ、吐血。立ち上がることもできないほどに消耗した様子のセイ。いったいどうなったのか…?) -- セイ 2023-02-01 (水) 00:55:26
  • ねえその子絶対お兄ちゃんにわざと被さって倒れてない?
    「そうね、しれっと腕まわしてるね。引き剝がして海に捨てたいわ。」
    (悪態をつきながら兄にヒール。)
    -- 双子?
  • ぐ…は…重て…ゲホッ
    (喉に絡む血に咳き込んで。なお、事実常人とは異なる質量の身体なのだからいまのは悪口じゃない)
    ゲホッ ハァ… おいおまえ、ヒーローとはどういうもんか知らないんだな。もし俺らが悪党だったら、
    (ガシャリ!!とセイの首裏を地面に押さえつけながら起き上がると、お傷がすでに塞がっていた。)
    今この瞬間にこいつは死んだぞ?
    (序中盤でのキメ技ぶっぱは通じない法則。さらに回復して起き上がれるような瞬間など与えてはいけなかった。)

    技のお披露目会やってんじゃあないんだ! 
    とっておきとやらを遠慮なくぶっ放して仕損じてたらどうすんだ? 起きろ!!
    (それはセイに言ったのかもしれないし何かの起動命令かもしれない。わかるのは…
    あたり一帯を無数の球状の物体が取り囲んでいることだけ。 30…40…明らかに50以上。) -- テトラ?
  • さっきのがとっておきだとは一言も言ってないのよー
    「このまま寝てるならあなたの点数は30点。あの子より下よ?」
    (それを聞いたセイのダメージが少し軽くなる。サービスヒール。)
    -- 双子?
  • 『ソイツムッツリスケベナリからな!!』(それがやりたかったんだろ!は否定せず腕くんでそっぽ向いてたがヒーローの話になれば…)
    『はん!ワガハイに言わせりゃあキメきれねーヤツが悪い!だいたい獲物の前で舌なめずりってなあ大逆転フラグナリ!』
    (減らず口、必殺技で決めきれないほうがヒーローじゃないし、これみよがしに殺してやる〜!なんて悪党の悪あがきなのだ。というふうに強がってみるが…)
    『まーだ隠し玉か…こうなったら搾りかすも出ねーくらいやったるナリなっ!!』(囲まれてるならどうする?突っ込む!硬い早い強いがモットーだと自ら傷つき盾になりにいくような動き。)
    (以前、似たような状況で、ユエセンセから失望され、死ぬ寸前まで叩きのめされたセイをタケルが割って入って助けたことがある。)
    (情けなさ、みっともなさ…何より、一番助けられたくない相手に命を助けられたことはセイの劣等感をより強めたことだろう。)
    (だから…自分が出て行っておしまい。ではいつまでたってもセイは強くなれないし、セイもそれを望んでいない…という双子どうしの狎れあいを指摘されればタケルは面白くないのだろう。だからこそまたそう動く。)
    (そんなことは…) -- タケル 2023-02-02 (木) 19:33:31
  • そんなことは解ってる…!(その、タケルからの哀れみがセイを立たせる、みっともなく地べたに這わされたところから、じわりと立ち上がり…)
    …そんなあなただから…(双子の劣ったほう。という同情を誘われるような身にも厳しく、突き放すように、いまさっきの泣き落としのような自爆特攻すら、『甘えるな』と…だから、応えたい。)
    なるほど、加点方式ならまだ、挽回の目はありますね。(こちらも減らず口、起動した物体に取り囲まれるなか背筋を伸ばし、トン・トン・トン。と軽やかにステップすら踏み…くい・くい。と手指を動かし挑発ポーズをとったと思われた瞬間。)
    (ひとつ、ふたつ、またひとつ…球状の物体の数が減っていく、セイの手にはいつの間に取り出したのか二丁拳銃型の武器が握られている。取り囲んでいるのならちょうどいい、「跳弾」で一石二鳥、三鳥?それ以上?あっ近づいてきたタケルの頭にも流れ弾、悶絶。わざとか。) -- セイ 2023-02-02 (木) 19:36:45
  • (セイを狙う球体は突撃してくるモノ、射撃をするモノとさまざま。次第に速度を増して幾重もの網のような軌跡を残す。)
    あわわ、うちらもじっとしてなきゃ当たっちゃう奴だこれ?

    「(さっさと球体の相手をしにいったセイにためいき。)
    回復したならすぐわたしを狙わないのも減点なんだけど。。」
    (傷は回復させられても受ける痛覚やそれに伴う心身の消耗はバフもなしに回避はできない。
    明らかな無茶も始めたがそれでも心配の表情は一つもない、双子はだまって見守るのみ。信じているからだ。)」
    -- 双子? 2023-02-05 (日) 06:02:05
  • 向かってきてくれるのか、ありがたいな…!
    (こちらはその場からのタックルで真っ向から迎え撃つ!全身にかかる衝撃で骨が軋むし、内臓も押しつぶされて意識が飛びそうだ。)
    ぐっ…!!!っぅ痛ってえ…!!
    (そのまま組んで押し合い。馬力の差は歴然だから、膂力じゃまともな勝負にならない。むしろ衝突とともにぶっ飛ばされなかっただけすごい事なのである)
    ぬ……!!ググググ…あっちもこっちも…相手してると、走ればすっころびそうなんでね…!!! -- 2023-02-05 (日) 06:02:56
  • 『いてえ〜〜!!のはっ…生きとる証拠ナリ…っ!!』(もちろん流れ弾もこっちを狙った弾も喰らいつつ、兄ちゃんを放さない。さっき感じたセイの重さの比ではない、骨格に加えていまは外骨格までほとんど金属なんてフザけた勇気生命体タケルは中身までぎっしりどっさり。タックルで受けられ組み合えば…2メートルほどの体格とパワーとウエイトで力押し!おまけに全身から湧きたつ炎)
    『大変なコトを素通りしてゲットするって…なんか違うナリからな!いい女なら猶更!!』(おいこの場面で口説いてんのか?と思われるかもしれないが、いいものは苦労してゲットしたい。というお気持ち表明かもしれない。)
    (まるっきり不合理な意地の張り合い、だんだんと「男の子の世界」が出来始めたからには勝つにせよ負けるにせよ前のめりだ!という前しか見えないぶつかり合いである。) -- タケル 2023-02-05 (日) 09:10:55
  • そうですか、こういう状況を想定した…訓練かとっ!(極論想像を絶する…たとえば星を滅ぼすような相手と戦って『倒した瞬間リスポン』という状況であっても心を折れずに戦うのもまたヒーローの心得であると軽口をたたく。)
    (迫る球体の群れを相手にペアを組むかのごとく、地面をスケートのように滑りトリプルアクセル、バック転、シュナイド式インチキ無敵ステップ。からのステップカウンターで反撃、避けに徹する動きならばそう簡単に捉えられるものでもない。必殺が軽い分は手数で稼ぐというここでもタケルと真逆の戦い方である。)
    これだけじゃないっ…!(だが、おなじことの繰り返しで突破できるほど教諭も甘くない、まだ試していない、それでいていま試せること、を試さんと…集中!すると…残った球体のいくつかが先ほどまでの一糸乱れぬ連携を崩し動きを乱し始める。)
    コントロール…ジャック!(習った事の応用だとばかりに、右手を開き掌握する動きと同時に3つほどの球体のコントロールを奪うと自爆特攻、破壊されるそばからコントロールを奪う…という死なばもろともを仕掛けるものの、目と鼻から出血、普通にコントロールするだけでも負荷のかかるものを、相手から奪うという行為は…いや、泣き言は言わない。もう二度と倒れることも…しない!) -- セイ 2023-02-05 (日) 09:11:07
  • (単なる馬力勝負はいかにも分が悪すぎて、こちらは数秒もせずに腕ごとへし折られてしまうだろう
    …ヒーローってのは、願われるやつの事だ、
    願いの分だけ立ち上がった戦士を、誰かがヒーローだと呼んだ
    ああそうだ、そうあれかしと誰かに定められて
    そうして自らもそうと定めた不自由な奴が!俺から言わせるヒーローだ!!
    (額を血が伝う。セイにけしかける球体がやられ始めた。あの数を動かすのはさすがに頭痛もひどい。)

    だったら!願う者を失った奴はどうなる??
    受け取る願いを失って絶望したらそいつは何者だ!
    (何の、誰の話をしてるのか?ヒーローの有り様なんて様々だしむしろ知った事じゃない。
    彼らからすれば「?」な問答かもしれないし、真面目に聞いてもいいしどちらでもよかった。じゃあ何なのかといえば。)

    ただの八つ当たりだよ!!!!
    (渾身の頭突きを顔面にお見舞いする。 機械か鉱物に打ち付けるような鈍くて甲高い音。そしてこちらは大流血だ。
    良くも悪くもああ言えばこう言うお喋りな兄妹だから、こいつらは戯言だってきっとスルーだけはしないだろうという確信。その隙がありがたい。)
    はぁ…はぁ…ふふ、やるじゃんセイ…ついでにそいつら全部落とさずに持てたらくれてやる -- テトラ? 2023-02-05 (日) 15:57:07
  • 「ん、これはおめでとう、ワンチャン点数あるかも?」
    (その瞬間に、超高速で無軌道に飛びまわる球体、いわば数十人分の視界と行動の情報がセイの精神と思考回路に一気に侵食する。)

    うええ…あんなのさぁ、何の補助もなしで
    マニュアルで動かすのありえないよ、絶対あれ”異能”の類だよ〜…
    (見てるだけで貰い酔いして悪魔の所業と震えるアオイも、球体を試したことのある経験者。気軽にお手玉パスなんてする代物じゃない。 統制が狂って落下を始める球体。明後日の方向へ飛んでいく球体。無差別にショットを放つ球体。
    一度渡したことのある”登録者”だし、ジャックすることが出来るなら所有者から一方的に押し付けることだってできる。あと、また作ればいいし。
    つまり、これはセイにだけたまたま入る遠回しなデバフだ。頭の中は今宇宙か虚数空間だろう。可哀想に)
    -- 双子? 2023-02-05 (日) 15:57:24
  • 『…!そうこなくっちゃあ!!』(組んでみるといろいろわかる。腹芸が苦手なことが普通のタケルたち一族においてはそれがモットーでありそれしかやり方をしらない。頭突きを真正面から受けて雄叫びをあげる相手の鮮血でより紅く染まる紅き鬼。)
    (正直に、真正面からぶつかられると嬉しくなってくる…と同時に、ヒーローについて抱えた感情をまっすぐに吐き出すテトラ兄ちゃん、斜に構えるよりはそっちのほうが好みだ!と…おかしなものだが、表情などあるはずのない仮面の奥から笑顔…とびっきりのそれを向けるタケル。)
    『そうならねえために戦う!そうしねえための力!…お題目は、そんなとこナリな…』(教科書通りの言葉、誰の願いも取りこぼさない。選択肢があったら全部に手を伸ばしまるごと抱きしめる。を並べ立てたところでスン…とトーンダウンし…)
    『それだけじゃねえっ!!』(続く言葉でさらに力が増す、ここからがタケルの答え。本音、こちらからも頭を叩きつけるように、じりじりと前に進む!外骨格どうしのぶつかり合いで火花も煙も上がり放題。)
    『今までブッ倒したヤツ!これからブッ飛ばすヤツ!ぶん殴って叩き潰したそいつらの恨みも呪いも全部ッ!!』(まつろわぬモノ、悪とされるモノ、それ以外のモノ。の分まで…というキレイ事を言わないくらいにはリアルが見えているのか。良い面だけを集めた絶対の正義でも善なる神でもない、生身のヒーロー、『英雄』とは。それが…)
    『全部ワガハイが受け止めるッ!!』(その言葉に嘘偽りなく全身を燃え上がらせて、八つ当たりを真っ向から力比べ、逃げも隠れもしない。それが…) -- タケル 2023-02-05 (日) 17:35:32
  • お褒めにあずかりっ…がっ!?(軽口も続かない、直接脳をシェイクされたうえ逆落としにされたような衝撃、右手を前に突き出しコントロールをするための集中を乱し、倒れかける。)
    (千里眼と順風耳、第七感、阿頼耶識…本来そんなものが存在しないはずのものに植え付けられた拡張感覚、ARことAugmented Realityの一種、過ぎた薬が毒になるように、過ぎた権能、スキルは己を蝕むデバフにしかならない。)
    そう、こなくては…!(そう、それが普通。それが限界、だからこそ…奇しくも、タケルと似たような言葉を吐く。根っこはやはり同類の馬鹿で双子なのか。己の世界を無理やりにでも拡げれば視える境地もある…カムイに目覚めたいまならそれが、解る。)
    本当にそうだろうか…本当に、誰からも、何からも、願われず、願わない…そんなものが…いるだろうか?(眼球を血に染めて。すべてを見通し、すべてを聴き取り、すべてを感じる…異能の域に達するだろうそれでもって…)
    きっと、いる。いたのを、忘れてしまっている、あるいは気づかない…ならば…(そのまま歩く、にじり寄る、教諭の悲しみ、憤りはその願いがあったことの証明。無かったことになどできない綻び。今もなおそこに在る…)
    僕は凡てに願い続ける…!(何が視えたのかはセイにしかわからない。願いという言葉は愛と同様陳腐ではあるが、それゆえに皆がそれぞれに抱いているもの、必ずもっているもの、それを表現するのに最も相応しいものは願いなのだ。)
    (右手を天に掲げ、残った球体を狭い領域にぎゅうぎゅうに詰め込み、バリアという袋に包んだハイテクな「ブラックジャック」…なんともローテク極まる鈍器をテトラ教諭の頭上目掛けて振り下ろす!もちろん凡て受け止めるつもりのタケルもろともだ。) -- セイ 2023-02-05 (日) 17:35:47
  • (おかげでヒールも間に合った。素直でいい子らだと思うと笑みをこぼして。)
    はっ。ご清聴どう…もっ!!!!
    (タケルの額に掌を当てて寸勁、少し揺れればそれでいい。浮いた顎にショートアッパー、そして鳩尾に力任せの前蹴りで押し飛ばす。
    こめられるだけ気を込めての連撃。 そして今度は片腕をセイの方向に掲げて。)

    動きが鈍ったなセイ。さすがに手に追えないだろ? 出て来い!!!
    (宣言とともに、左腕に鈍く黒光する金属?かどうか不明な材質のガントレットが表出。
    未来的な強化服とは明らかに異質な形状の大型の籠手は、父親の持ち物を拝借したもので、
    本来の用途はよくしらないが「黒」とかいう父の無茶苦茶な力に関連しているならかなりの厄アイテムなのだろう。)
    …さすがに父さんにどやされるから最低限にしとくか。レベル宗
    (重力。 瞬時に服越しから全身血飛沫があがる) -- テトラ?
  • えーっモミあれ本当に最低限かな!? 「しらない。。ヒール切ったら死んじゃうのは分かるけど。」
    (籠手を中心に尋常じゃない力場が発生する。空気が軋んで耳鳴りがとまらない。さすがに自分とアオイには結界を張った。
    兄は…強化もなしならもう根性を信じるしかない。持続ヒールだけでもなかなか大変になってきた。常に全回復を連打してるような感じだ。
    おかげで傷こそすぐにふさがるが、繰り返し血管が切れては血が爆ぜて強化服は血まみれだ。本人の激痛などはもう想像もしたくない。)
    -- 双子?
  • おまえも一旦防いでろ!
    (蹴り飛ばしたタケルに怒鳴ると、その力場をもってセイの大一撃を迎え撃った。) -- テトラ?
  • 『だーーーっ!!ワガハイのイケメンフェイスがーっ!!』(もともと中身がないと言われがちの頭だがそりゃあ急所、揺らされれば痛いし苦しい、ヒビも入れば血も…それでも無理やりまっすぐ見ようとするものだからダメージが増す。タケルの悪癖。)
    『クソっ!逃がすk…ゲぇ――ッ!』(押し飛ばされたのを踏ん張り、なおも食いつこうとしたところに予想外の一言、防いでろ?首をかしげて上を見上げれば何やらデカい物体がこっちを押しつぶさんとメテオ状態!確かに受け止めるっつったがここまでやるか!?と)
    『…そうか!』(さっきまで防ぐそぶりもなかったアオイおねーさんとモミ…おねーさんも結界を張る、この場合自分のできることは…ちょっとでも足しになればいい、弾避けくらいにはなるだろうと美人双子の前に立ちはだかって盾になりにいく。) -- タケル 2023-02-05 (日) 22:00:44
  • 手に、負えないからといって…投げ出すようでは、無責任すぎますから…!(意地の張り合い、とことん可愛くない減らず口を叩いて。握り締められた右の拳は今にもめちゃくちゃにはじけ飛びそうな手ごたえ。)
    …どうして…(五感も、いま得ている球体からの感触も、そしてテトラ教諭の発する気迫も…すべてが危険を、死そのものが形を成したかのようなそれからいますぐ逃げろと告げていると頭では解っているのに。)
    きれいだ…(血まみれのその姿からは危険や恐れ、死の予感よりも強く、セイには気高く美しいもののように見えている…それと相対する自分が誇らしくなるような。感覚を広げすぎておかしくなったのか?などと…)
    本当に、鈍っているな…(さっき仕損じたときのように意識を手放す前兆だ。と心地よい疲労感に背を向けて全身を襲う激痛とこちらの意思に関係なく流れ込むものごと、球体に込めて叩き付け続ける。)
    いけえええええっ!!(地面はえぐれて千切れ飛び、周囲をクレーターにするかのようなインパクトはより強くなっていく。) -- セイ 2023-02-05 (日) 22:00:56
  • これうちらより周囲に結界張らないと後で怒られる〜〜〜!!!
    「まったく!あの子冷静なふりして一番おバカなんじゃないの!」
    (地面と建物を強化してその上に結界、ダメ押しに時間停止魔法。ちょうどよく飛んできたタケルも地形判定という事にして強化を及ばした。存分に盾となれ)
    -- 双子?
  • (先の話、何がとっておきかというとまあこれがそうだろう。 ブラックボックスであるという十分な危険性を除けば。)
    ぐぅううううう!!!!!!
    (威力と力場の拮抗に身体中が軋む。セイの攻撃もだが何といってもガントレットの出力が手に余り過ぎる。平衡感覚が狂って全身引きちぎられそうだ。
    強化服はボロボロに傷まみれ、外骨格となるプロテクターはひび割れて引き剥がれていく。)
    …こりゃいけないな。。
    全員その位置でしっかり踏ん張って。セイもだぞ、いいな?
    (多重高速詠唱中の紅絹と、魔力接続で補助をする碧、そしてなんかタンクに回ったタケルを見ると、一言零してから指示を送る。)
    さて……ッッ…!!…こうか…っっ!!!?
    (視界に映るエネルギーのくすぶる空間を、震える籠手の掌に、照準を合わせるように慎重に納めて

       (握って。 潰す。

    (ぶつかり合う力を中心に一瞬強力なGが発生すると、音もなくそれは収まった。) -- テトラ?
  • 『そーだそーだ!一番バーカ!!』(セイいちばんバカ説。にのっかってブーイングをとばせるくらいにはまだ余裕があるらしく、鉄の塊のカタナを前にかざして防御ポーズ中。魔術の素養らしきものがほぼない科学の鬼っ子だが、全身から発する炎はアーマーとしては十分以上。攻性の自動攻撃はバリアにだってなるはず。)
    『テメ―らがいちばんドハデにやってんじゃねーか!!』(余波でこれなら、爆心地にいる二人のダメージはどれくらいだろうか?なんて考えるくらいは周囲の事を考える頭はあったらしいタケルはもはやどんな現象が起こってるのかも判然としない爆心地に目を凝らす…)
    『…きたっ!歯ぁ食いしばれっ!!』(一瞬、しかしその場のすべてを消し去るのに十分なそれに牙を食いしばるようにして衝撃を防御。重力というのは不可視だが確実にこっちに影響を与えてくるやっかいなもの…それを察知して発生した瞬間に合わせろとは本日の授業はいっとーハードだぜ!などと踏ん張り続ける。) -- タケル 2023-02-06 (月) 20:30:44
  • バカで結構…!ぼくはいま…とても…!(全力のタケルと初めて戦ったあのとき、テトラ教諭も見ただろうあのとき以上の高揚を楽しむかのように、顔を染めた鮮血を左手で真横にぬぐうようにして。「戦化粧」としゃれこむ。)
    いま、この瞬間だけ…は…(僕だけを見てくれている。と言いたいところだが…周囲のみんな、超えたい背中、それらにも気を配る教諭の姿を見ればそんなことはない。という残酷な、当然の、冷静な判断に現実に引き戻されていく。)
    教諭こそ、しくじってしまわないように気を付けてください。(高揚から冷静に、いつも通りの不機嫌そうで反抗的な語り口に戻っていくセイ。教諭が試そうとしていることも自分が先にダウンしてしまっては手元が狂って大惨事になりかねない。)
    ふふっ…(…「共同作業」のようで…不謹慎ながら少し微笑む。そして掌握され、消滅する力場。ひときわ強い衝撃にセイの身にまとったアーマーもほとんどが吹っ飛び、収まったそれの中、まだセイは立っている。倒れることはしない。) -- セイ 2023-02-06 (月) 20:30:55
  • (静かな風と波の音。場を支配していた張り詰めたエネルギーは何事もなかったように霧散していて
    視線の先には満身創痍のセイだけ。最後なんか手伝ってただろうか? いっときの間じっと見ていると
    なんか色々言いたげな風でもあるけど、「ボクはまだいけますが?」とでも言いたげな佇まいなもので、こちらもニコリと返してやると)

    ふう……。ぉし、参った。ここまでだ。
    (一息つくと、ガントレットを解除して宣言。) -- テトラ? 2023-02-06 (月) 23:42:36
  • 「わたしたちの降参です。模擬戦闘おしまい。」
    ピッ ピーーッ ピピーーーーッ!!(両手をあげて前に倒して終了のホイッスル。…の直後、すぐさま兄の支えに走る)

    (理由は簡単。先の状況の中、モミとアオイの守りに回ったタケルの、実質チェックメイトである。)
    -- 双子? 2023-02-06 (月) 23:42:45
  • …ありがとう、ござい…ました。(にっこり。笑って見せて教諭のほうへ歩いていくセイ、申し訳程度に残った着衣のまま、教諭に抱き着きにいく。卑しいと言われるかもしれないが。ご褒美としては妥当なはず、ええそうでしょうとも。)
    胸を借ります、ね?(さっきのように意識をトバすでもなく、やりきった達成感に満ちた顔でもって、ぎゅっと…ぎゅっと?痛くない?多分大丈夫でしょう。)
    ……はっ!?(僕は何をしている?という顔で我に戻ったかのような反応ののち、どけっ!といわんばかりに支えにはいる双子姉妹の様子でやっと正気に戻ったか。恥ずかしさがこみ上げてきて顔が真っ赤。真っ赤なのはタケルの担当のはずだ!ばっと飛びのいて顔を覆い隠す) -- セイ 2023-02-07 (火) 00:17:00
  • 『ん?』(降参?)
    『んん…?』(終了?)
    『…はぁ!?』(いやに自分の欲求に素直に抱き着きにいくセイを見て)
    『……おーい!こっちにも傷だらけのナイスガイがいるナリぞ〜!?』(ハイ撤収〜!といった感じに双子姉妹はこっちをスルーしてテトラ兄ちゃんのほうに行く…取り残されてひとり。つむじ風。という昭和の演出。)
    くそっ!これじゃあどっちが勝ったかわかんねーナリな!!(降参しても勝ちまくりモテまくり!といった具合のテトラ兄ちゃんを指さして悔しくなんかないんだからね!とみっともなくひがむその姿はいつもの少年に戻っている。)
    …ったく、これじゃあ先が思いやられるナリな…(そこまでいったら抱け!抱け!!といった歯がゆさをまだ顔を隠して首を振ってるセイを見て、ため息…) -- タケル 2023-02-07 (火) 00:17:12
  • なぜ今の流れで俺は急に抱き着かれた…?(俺何かやりました?な表情)
    ああいや、負けちまってすまんなモミ、ふがいない。 -- テトラ? 2023-02-07 (火) 01:15:43
  • 「いいよ、かっこよかったからサイコー(痛覚遮断ほかバフを重ね掛け)」
    (なんかなんとなくセイにディフェンスをかける) -- 双子? 2023-02-07 (火) 01:17:59
  • いえっ違うんですそんなつもりじゃ…その…(ディフェンスをかけられてああでもないこうでもないと言い訳をするも、よく考えたら半裸なのでいそいそと着替えだしたり行動がバグる) -- セイ 2023-02-07 (火) 01:35:49
  • そこで諦めてんじゃねえっ!オトコ…じゃねえけど女も度胸ナリ!(たまらず近寄ってってダメ出しするタケルにも言い返さないセイ。重症…)
    あのー…ワガハイもカッコよかったと思うナリがあ…(自分も褒めてもらおうと図々しく声かけたりするタケル、これくらい図太くなれればセイも生きるのが楽かもしれない。) -- タケル 2023-02-07 (火) 01:35:59
  • すまんが嫁に出すまではこいつらにとって一番かっこいいのは俺であるための努力は欠いたことがなくってな?
    それはそうとじゃあまずは採点と行くか。まずはタケルから行くか、ふむ… -- テトラ? 2023-02-08 (水) 22:38:16
  • 兄ちゃんはうちらのヒーローだからねー
    「1000年早い(こくこく)」

    (先日のサービスぶりに反してこの塩対応。) -- 双子? 2023-02-08 (水) 22:40:17
  • ぐぬぬ…(モテる男は水面下でもがく水鳥のように優雅に見えて努力を欠かさない!さらに1000年早いが刺さる。女心まっこと難しい…)
    えっ!じゃあワガハイお婿試験パスってことナリか?!(転んでもただでは起きない嫁だの婿だの飛躍した発想にいきがちなタケル、夢見がちなお年頃)
    いやー参っちゃうな〜こりゃあ余裕の満点ナリかあ?(驚きの採点結果はCMのあと…にいくかどうかも危ういじゃかじゃん!タイム、はたしてどうなる?) -- タケル 2023-02-08 (水) 23:52:52
  • 僕にとっても、教諭は…(ぶつぶつと小声でカッコイイ話題にのろうとするも、聞き取りづらいのできっと聞こえない。)
    …(自分から死にに行くようなタケルをソーセージになる前のブタを見るかのような目でチラ見したあと、学生らしいセーラー服に着替えを終えていつもの仏頂面。)
    (採点。そうこれは訓練であって、うわついたデ…デートでも、個人指導でもなく…と目を閉じて咳払い。緊張中。) -- セイ 2023-02-08 (水) 23:53:18
  • んん…直感任せすぎ、血が昇るの早すぎ、結局おまえ自身はほぼほぼ一人で戦ってたな?
    ぶっ放すだけで勝てる相手なんぞ、その実そう多くはないぞ?強いがあぶねー。
    その底抜けの自信がお前を成長させた部分もあるだろうが、危険性も半年にいっぺんぐらい風呂に入ってるときにでも考えろ。
    とはいえ、なんだかんだ言いながら弟の事はよく見てたようだし、連携になっていた気がするって事にできなかないし
    なんつっても結果的に俺から”詰み”を取ったのはお前だ。 つうことで… -- テトラ? 2023-02-09 (木) 00:45:37
  • ででーん!
    「25点です。(赤点スコア)」
    -- 双子? 2023-02-09 (木) 00:46:11
  • 風呂に入ってる時…ぐへへ…(よからぬ妄想が常に湧いてきてだらしない顔になってくあたりこれは先天的な油断ぐせなのでしょう。)
    えっ!?そ、そうそう、ワガハイ意外性の男!読み合い刺し合い得意中の得意…(詰み?いったい何のことだろう…?とタケル、事ここに至ってまだ気づいてない様子。だがここは褒められてるっぽいし、それに乗る!)
    じゃかじゃん!…赤点〜〜〜!!(フリップに書かれた25点。を天にかざしたままのけぞる、これは恥ずかしい!) -- タケル 2023-02-09 (木) 01:09:48
  • もしタケルが僕と連携しているように見えたのなら、僕がそうしやすいように誘導しただけです。(ぼそり、タケルに助けられたのではなく計算のうちだとぼやく。)
    ……(今回は妨害を突破して対象に王手をかける…実際に目標を達成しなくても、「達成できる状態」になった時点で王手とみなされる、ラッキーパンチが当たっただけに過ぎない。という事実はむしろ、セイにとって厳しい現実を突きつけられたのと同じで…)
    これは、補習決定かな…(タケルで25点。ということは…本来の目的そっちのけで教諭との時間を共有することを優先した自分はそれ以下であることは疑いようがない、そう合点してセイは溜息をつく…) -- セイ 2023-02-09 (木) 01:10:07
  • セイは…正直くそみたいに意地の悪い戦法ばっか取って見せても、お前は膝をつかなかったし
    自分の立ち位置を理解して戦略的に立ち回ることに努めた、柔軟な機転となにより学習力、応用力は大したもんだ。
    …追っても追っても追いつかんしんどさはよく解る。よく耐えてるな。
    ああ、おまえはよく頑張ってる。えらいぞ、すごくな。
    (頭をポンと撫でて、痛かったよな、と謝って) -- テトラ? 2023-02-09 (木) 01:24:55
  • (うんうん、と、これには兄の頭撫でを譲ってやって優しく見守る)
     
    「0点です。」
    お覚悟完了されてたかとぞんじます。(南無南無)
    -- 双子(?)? 2023-02-09 (木) 01:25:15
  • ずるいです…(またぼそりと一言、さっきまであんなに厳しく指導を受けていたのに、優しい言葉をかけられると、俯いたまま…)
    僕、頑張ります…これからも…ずっと、ずっと…(撫でられて、謝られて、見守られて… 0点 でもその顔は…) -- セイ 2023-02-09 (木) 19:39:45
  • コイツ…!(俯いて撫でられて表情が見えないセイの顔は…泣き顔?いや違う、笑顔…それも家族にも見せたことがないような…こういうところは双子だから分かってしまうんですね。)
    それよりもコイツよりはいい点とったナリし、ワガハイもなんかご褒美ほしいナリな!(面の皮が超合金Zかなにかでできてるらしく、赤点を頂戴したのにご褒美がほしいなどと言い出す。)
    (セイがおそらくこれ以上ないご褒美をもらっているのだから…という保健衛生大臣ばりの死亡フラグをたてるちんたけ、はたしてどうなる?) -- タケル 2023-02-09 (木) 19:39:56
  • 「落第点でどうしてそんなやり遂げた顔できるの?心臓までくそバカで出来てるの?(元落ちこぼれ生徒の教師は口が悪いぞ)」
    ちょ、モミチャック!口が悪いよぅ!
    -- 双子? 2023-02-09 (木) 21:39:46
  • いやまあそろって課題ガン無視だしな…授業成立してねーもんな、そういう意味でも俺ら教師の敗北っつーかおまえらもうほんとクソ馬鹿やろうだな(こっちもうっかり口が悪い)
    まあいい。言った負けは取り消さねえ、お前らのいうことなんか聞いてやる。欲しいもんでも頼みでも。 なお許容値はあるから越したらパンチしか飛ばねーがな? -- セイ? 2023-02-09 (木) 21:42:10
  • なぜってそりゃあワガハイがヒーローナリから…かな!(ドヤアッ!と調子に乗りに乗ったキメ顔で罵倒を受け止めるタケル、全身クソバカ兵器かもしれない。)
    ほしいもんっつったらそりゃあ…ああいや!みなまで言うな!(どうせエロい要求するんだろ?という視線を受けるとさすがにそれは…エロ猿扱いは恥ずかしいし…という最低限の恥じらいでもあったか。)
    じゃあワガハイナンパに最適な空飛ぶ単車とかそういうのがいいナリな!(ピーターパンさ → 誰も見ちゃいないさ 月以外はね! のコンボをキメたいなどとアレなことを言い出す。) -- タケル 2023-02-09 (木) 23:15:42
  • おまえ、自分のマシンはいろいろ持ってるだろ…(ナンパ男はどうしてマシンを複数買いしたがるのか?という疑問をタケルにぶつけつつ、「お前ら」の中には自分も含まれている…?)
    …(教諭たちの言う通り、タケルとセットでバカという評価をせざるを得ない行動を取ったのにご褒美を受け取るというのは気が引けたが…)
    さっきの球体や、あの黒い篭手のような、珍しい道具を用いた訓練をまたいつか…(今度はきちんと課題をこなしたい。という殊勝とも、反省の色がないとも言えるお願いを申し出る、欲を言えばこんどこそ二人きりで…という本音は…バレてるかも。) -- セイ 2023-02-09 (木) 23:15:53
  • うちの裏の菜園の前に何台か停まってるから行ってみて来い。
    セイはお前もみょーに構いたがるな…(訓練がついでなのは何となく見え見えで) まあわかった、良 -- テトラ? 2023-02-10 (金) 00:02:03
  • え、駄目です。(さえぎってくる)
    「お兄ちゃんは、数年先まで(自分たちと遊ぶ)予約でいっぱいだけど?」
    -- 双子(?)? 2023-02-10 (金) 00:04:51
  • ヤッホー!(ぬすんだ…ぬすんでないけど、バイクで走りだすヤツ!と飛びつくチン。ロック的なものはそこはメカパワー人間、手を翳しただけでブオオオッとフォース的な力がはたらいて解除できちまうんだ!)
    さっそくひとっ走りいってくるナリけどーっ!?(いつも身に着けてるゴーグルはこういう時役に立つ!コブラは相方と連絡がつかずいまから追加で4P!ああ4Pってそういう…といった様子で双子美人姉妹にナンパ開始!) -- タケル 2023-02-10 (金) 00:23:31
  • あいつ…!(さっそく試乗ついでにナンパかよ…!眉間にシワが寄るセイ。)
    …僕は、テトラ教諭と話しているんですが?(こっちはこっちで、いまは双子姉妹と関係ない会話のはずですが?とツンケンした様子に…)
    遊ぶ相手ならアレとか、どうですか?(そして、代わりの遊び相手として調子にノリにのってるタケルを押し付けようとするセイ。普段はタケルを止めるくせに利用しようとする。) -- セイ 2023-02-10 (金) 00:23:43
  • フッ、いつまでたってもガキなもんだ…
    (キーを受け取って彼が行ったそこにあったのは、稲妻の様なラインですらりと伸びたリアに組み込まれた三段シート。謎にたくさんついた用途不明のラッパ。無駄に強力なルーメン値のライト。
    極限までチューンされたギア、そしてペダル! ご機嫌なスーパー改造が施されたそれはまごうなきスーパーケッタマシーン!
    最高の運動効率を追求して生み出されたそれは確実に乗り手のポテンシャルに最大限に答えてくれる。
    その気になればこういう事も出来るだろう) -- テトラ? 2023-02-10 (金) 00:44:06
  • それはご馳走フルコースが並んでるのに、乾いた木片とどっちたべたいですか?みたいなお話?
    「10000世代前までさかのぼって因果律の演算からやり直して出直してきてほしい。」
    -- 双子? 2023-02-10 (金) 00:50:28
  • なんか思ってたのと違う〜〜〜!(しかし悲しいかな、こげるペダルがあるとつい全力でこいでしまう思春期の少年ならではの行動でオービスにひっかかる両津勘吉巡査に匹敵するスピードをたたき出してしまうタケル。スピードの出し過ぎは道交法違反だとザンボット市民ばりに糾弾されるかもしれない…)
    まあこれはこれで!(ペダル式なのはともかく、デザインは気に入った!というチバラギヤンキーセンスの持ち主のタケルはご満悦中。いつまでたってもガキな少年ハートの持ち主。 あっ 空飛んでる。) -- タケル
  • …この争いは無意味ですね、やめておきましょう。(一方のセイ、タケルの様子を見てクールダウンした。とでも言いたげに言い争いを中断。)
    (『よそう、ウルトラマン。我々で争い合っても意味はない。』というノっておいてはしごを外すようなノリの悪さで小競り合いを辞退。この自分は良い子ですアピールこそタケルのイラつきの原因である。)
    それでは、僕はこれで…(タケルはどうか知らないが、いつまでも長井しては迷惑だろう。と気を利かせたふうにぺこりと一礼して帰っていく問題生徒その1。) -- セイ
  • わ、すご。空飛んでるよ
    「あれって非常電源用のでしょ?」
    -- 双子? 2023-02-11 (土) 02:14:19
  • まったく…可愛げがあるんだかねーんだかな。 おい、セイ。(呼び止めて何かを放る)
    今度なんかおごってやる。食べたいもん考えとけ(手に取ったそれは球体。ひとつ、ふたつ、みっつ。) -- テトラ? 2023-02-11 (土) 02:22:33
  • …!(呼び止められるのを期待していたかのような反応の良さで振り返って何かを受け取る、ナイスキャッチ。)
    ……楽しみですね、お腹を空かせておかなくては?(球体を見つめてぎゅっと握ると、ふわりと試運転をしてみたり。)
    …失礼しました。(さっそく訓練をしながらそのときを楽しみにしているそぶり、単純すぎたかな?とまた咳払いして、再度礼をして…どこ行った?と空を見上げてタケルの姿を探しに行く。) -- セイ 2023-02-11 (土) 02:41:23
    • exp037137.jpg
      • ナイススマイル!(目線貰って激写ボーイするカメラマンきどり) -- タケル 2023-01-04 (水) 18:29:30
      • (フラッシュとストロボの音にまんざらでもなし) -- 双子?
      • これで世の中のサビシイボーイのさびしん棒も大歓喜まちがいなしナリなぁ!(そういう撮影かなあ?!と言う発言しつつお互いのキスマークにやるねェ…するエロ戦車) -- タケル 2023-01-04 (水) 19:16:00
      • プロなんでしょ?しっかり撮って (そしてほっぺ合わせでキスマーク同士をくっつけたりしてキャッキャする仲良し双子。) -- 双子? 2023-01-04 (水) 19:29:08
      • よしきたナリな!(目線もいいけど見つめ合う二人の世界ってのもオツなもんだなあ!と寝転がったりぐるりと直角にまがってみたりとアングルごとに動く体)
        これでバニーガールの天下はとったも同然ナリ!(なんかそういう大会があるのかしらんが勝ったも同然などという) -- タケル 2023-01-04 (水) 19:33:54
      • マジ?優勝だってさモミ!しらんけど。いえー! \イエー。/(うさ耳ハイタッチ)
        それで、お代金おいくら―? (タケ少年を【事件】が襲う。 撮影の報酬を”支払う”と言っているのだ。 働きへの対価。”当然”の社会の仕組み。 
        いつもむしりに来るはずのマネージャーの姉がそこにはいなかった(エステで寝てるから))
        -- 双子? 2023-01-04 (水) 19:46:45
      • なんか12年に一回のファンキーなまつりらしいナリからなあ!(ビッグなウェーブがきているのだという。もうひとつは例の秘密結社女子。)
        そうナリなあ、いつも紗々とか朽縄にあげるおこづかいは…(。´・ω・)ん?(IQがそのへんのサル以下のチンにもさすがにおかしいとわかった、支払うのはいつもこっちなのに…支払ってくれるって?)
        この際お代はけっこーナリからふたりの間にはさまったりなんてできるナリかなあ!(あつかましさバクハツ!だれもがうらやむ美人姉妹の間にはさまりてえ〜!という暴挙を提案!撮れ高爆上がり) -- タケル 2023-01-04 (水) 19:54:12
      • ん?? 「ん??」 いや君お代は取らなきゃダメなんじゃないの?? 「食べていけてる?タダ働きはダメよ。」 (優しい世界)
        じゃあこっちからお年玉をあげような。 「な。」 (ポチ袋を渡しつつ、スススと両サイドにくっつき。)
        -- 双子? 2023-01-04 (水) 20:04:31
      • そこはほら…とったもんを売るので十二分に…げふげふん。(カメラマンを兼ねたAV社長業は助手のげまなどをつかって人件費を安くあげる涙ぐましい努力の結晶!なのかもしれない。)
        いざとなりゃあ出稼ぎだってなんだってするナリなあ!(ボーケン者はいろんな世界にいって外貨獲得!という…趣味のカメラマンをやってドスケベピクチャーとるために出稼ぎという本末転倒なことまでするしまつ。)
        やったーー!!あいだにはさまっちまったあああ〜〜!(おんなのこってやわらかいだけじゃないんだ、あったかくって、いいにおいが、それも左右からするこの幸福感!思わず勝ちまくりモテまくりのガッツポーズである。) -- タケル 2023-01-04 (水) 20:12:48
      • えっこれ売れるんだと。 「雑誌デビュー?」 \\うえーい!//  (特に疑いもしないではしゃぐ)
        おっと、これだけじゃすまさんぞぅ。 「はい、手握ってね」 (両サイドからほっぺにサンキューキッス)
        -- 双子? 2023-01-04 (水) 20:27:44
      • なんかモミえもんもあおいおねーさんも読モだった気がするナリな?(いにしえのエロ・雑誌月刊ゴルロア…などと…そっくりさんかもしれない。)
        ウヒョ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(出る雄たけびも時代を感じさせるものなら、目が♡になっちゃうのも時代を感じさせるリアクション、なにこれ!夢か?!夢たしかめ機…はないので自分でつねってみたりする)
        ま…まったく…ふたりともこんなサービス過多では心配ナリな!ほかのひとにはしてはいけないナリぞっ!(風俗で説教するおじさん。みたいに心配してるんだから!といった体で話すもそのサービスをうけてでろでろでは説得力がないマン! -- タケル 2023-01-04 (水) 20:38:27
      • 「だからどーしてわたしだけえもん呼ばわりなわけ!」 
        こんなのまだ全然サービスに入らんしなー。 あ、ニンジン食べる?(食いかけのやつ)
        -- 双子? 2023-01-04 (水) 20:49:06
      • ワガハイのおねーさん審美眼は厳しいナリ!きびしくいくぞよナリな!(10人兄弟の9番目、上八人全員姉+弟もTSという上も下も女だらけとなれば自然と目が磨かれるのだ!とぞよ子状態。)
        食べる食べる!なんならお代わりだっていけるナリ!(あーんしてたべさせてもらっちゃったり、後が怖いぞこのサービス!とガリガリ人参をたべるチン。) -- タケル 2023-01-04 (水) 21:12:02
      • よっしゃ、おとすなよ〜?(手は繋いだまま、ニンジンを3人でカジカジする遊び。 当たっているし顔も近い。
        なお、この一部始終について永劫に何も追及されることはないが、いつ来るかわからない何かに生涯怯え続けることになる。)
        -- 双子? 2023-01-04 (水) 21:44:29
  • (しんねんあけましてのお年玉をおめでとうございますしておくあたい。) -- げま 2023-01-01 (日) 00:08:16
    • (トムヘル一家によるお年玉受取り待機列ができた)
      • 大当たりを引いたら一等前後賞で豪華景品があるタイプのおとしだまよ!(お年玉のポチ袋には宝くじ!どっかで聞いた姑息な手である) -- げま 2023-01-01 (日) 13:36:05
      • 当然アタリは入っていますよね?(圧のある表情) -- サヨリ’?
      • だいじょうぶよラッキーセンターで買ったから!きっと!(そして数時間後…どうなったのだろう) -- げま 2023-01-01 (日) 14:01:05
      • (ここは閉ざされた地下室———)
        おばさん、どうしてここにいるかわかる?
        わかりますかー? -- 双子?
      • いやああっかえしてえ〜おうちかえしてえ〜!(これあげるから!とコインをあげるあたい) -- げま 2023-01-01 (日) 14:38:54
      • あ、ゴミだ
        けつ拭く紙にもなりゃしねーぜー(鞭をビーンと引っ張る)
      • わわわ…わかったわ!じゃあこの真の仲間の証をあげるから…(オシャレなアイテムを手渡す) -- げま 2023-01-01 (日) 15:29:27
      • (ヒソヒソ)
        (ヒソヒソ)(な、ナニコレ…って表情で、ゴルカリとか尼zonとかで検索しまくってる) -- 双子?
      • これ…ほんとはあんまり言っちゃいけないことなんだけど…今年は秘密結社女子が流行の最先端なんですっティ〜〜〜!(乗り遅れるなこのビッグウェーブに!という雰囲気を出す。) -- げま 2023-01-01 (日) 16:14:36
      • (そもそも秘密結社的な怪しい会社の社員やってる気がする)
        メイソン?瓶の名前?(へーとか言いながらあんまりピンと来てない様子。) -- 双子(おしおき道具の準備)? 2023-01-01 (日) 16:54:39
      • ひみつの組織よくない?!お…おのれふぇんくんさま…これが次のブームだから!流行る!って言ってたのに〜〜!(このままむざむざとお仕置きされてたまるかとドロンするかまえ。) -- げま
      • 【しかし、不思議な力でかき消された】
        あっにげる。(やきごて)
        逃げんなコラー(ろうそく) -- 双子? 2023-01-01 (日) 17:16:46
      • いやーっ!さいたまはいやあああ!(やきごて=さいたま そしてはじまるそうぞうをぜっするはずかしめ) -- げま
      • (このあと地下からは絶え間なく悲鳴が続いたという) -- 2023-01-01 (日) 17:32:28
      • (「大当たり」の紙が出た) -- モミエラ? 2023-01-01 (日) 17:48:43

最新の4件を表示しています。 コメントページを参照

卒業アルバムの Edit

+  最後のページ

もらった判定 Edit

+  見る

Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp024040.png

ふりむけば Edit

  • セックス! -- 2011-06-19 (日) 13:29:42

Last-modified: 2014-05-28 Wed 23:56:04 JST (3411d)