qst075410.pngジンクフィンガー・モチーフ 466447 Edit

ID:466447
名前:ジンクフィンガー
出身家:ヒノ
年齢:17
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
1out:ステータス/戦歴/名簿Edit
2out:ステータス/戦歴/名簿Edit
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit

三行で説明 Edit

東洋西洋ごちゃ混ぜの
武士もどきの少年が
蒸気世界でえんやこら

三行で見た目 Edit

両手に分厚い皮手袋をはめた、東洋人種の少年。
和装で、伸ばしたままの黒髪を後ろで一つに縛っている。
頭悪そう。愛称はジン。

具体的に Edit

◆本名:日野豊田八王子高尾
(家名:ひの 通称:とよだ 氏:はちおうじ 諱:たかお)


◆武装:欧州秋保・木戸保(おうしゅうあきほ・きどたもつ)
平時は長大な布の中に包まれた、倭刀類似機動武装刀。
ジンはこれを背負って冒険に出る。
刃渡り150cmに及ぶ非常に太い長刀で、主に3つのパーツから成る。

1)外燃機関
刀において柄に当たる部分 + 刀身の背側
に外燃機関が封されている。
柄の最下部柄頭に空いた穴から筒状燃料棒を叩き込み、燃焼させる事によって駆動力を得る。
その為使用中には柄が非常に高温となり、もしも素手で握ると手が酷く焼け爛れる。
刀身に存在する蒸気パイプから蒸気を噴出するため、刀の軌道は数秒の間白く残る。

2)駆動部位
一般的な刀においては刃に当たる部分に、回転式のブレードチェーンが二本付帯している。
柄部分に存在するスイッチによって、それぞれのチェーンは独立して二方向に回転駆動する。

3)解析機関
刃を駆動させるための外燃機関の余剰放熱を利用して稼働する、機械式汎用コンピュータ。
平時木戸保を包み込んでいる長大な布こそが、この解析機関の肝である。
布の端から伸びた糸の群れは、刀の鍔に当たる部分で刀身内部へと引き込まれている。
この糸を引くことで、パンチカードの代わりに布地における糸の重なりと空白を利用し、演算する。
刃の包みを解いた後、この布はジンの右腕に巻きつけられる。

巻きつけた布地をαヘリックスに。二本のチェーンを逆平行βシートに例え、
日野豊田八王子高尾は、その名をジンクフィンガーモチーフと呼ばれる。


お名前:
  • ジンさん心配しましたよー!帰って来てくれてよかったです!・・・ほんとによかった! -- メイジー 2011-11-25 (金) 16:29:25
    • おや、メイジー殿。ありがとうでござる(まだ首に包帯巻いてる)
      吹っ飛ばされて川流されて気がつけば海沿いでござった… -- ジン 2011-11-25 (金) 16:53:30
  • チラシが届けられた!内容はどうもイベントのお知らせらしい。
    メイドの祭典、メイドフェステバル!参加者募集中!
    受付日時は11/20〜より!参加希望や質問などはこちらまでどうぞ! -- 2011-11-20 (日) 05:33:44
    • oi
      misu
      おい 拙者の性別見ろ 性別を -- ジン 2011-11-20 (日) 17:20:07
  • 学園/施設/TOP 若年冒険者向けのチラシが届いた -- 2011-11-19 (土) 23:41:46
    • 拙者も…拙者もまだ若いと認められた…!(恐れおののく) -- ジン 2011-11-20 (日) 17:19:43
  • あぁえーと なんだっけメカニカル…?先月ハドーモ ジン=サン 今度冒険するときもよろしく ユウジョウ! -- スパイク 2011-11-16 (水) 22:53:17
    • 完全に気づくのに遅れた拙者を指差して笑ってほしいでござる… お疲れ様でござった。次回はもっと役に立てるようがんばる所存でござる! -- ジン 2011-11-17 (木) 23:40:03
  • 良かったね、成功して -- リンダ 2011-11-11 (金) 21:47:12
    • 久しぶりの肉が マジで うまかったでござる マジで(超満面の笑み)
      しかしメイジー殿も成功したようでござるしなんでござろ 今月は幸運の月でござるな! 来月がマジで怖い… -- ジン 2011-11-11 (金) 23:31:19
      • 別にご飯くらい私がいつでも作ってあげるわよ 別に変な遠慮とかしなくていいのに -- リンダ 2011-11-12 (土) 00:01:08
      • いや、ありがたいでござるが、拙者優しい人にはずるずる甘えてしまいそうになるので… しっかり独り立ちせねば。しかしお優しいでござるな、リンダ殿。 -- ジン 2011-11-12 (土) 02:14:47

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照











お名前:
  • 駆ける。駆ける足音。石畳の上をがつんがつんと。靴の底が叩く。
    • ぜいぜいと口から漏れる呼吸音。吸い込めど吸い込めど身体は冷える様子を見せない。
      • 湿度高い空気。額に滲んだ汗が目へと流れ落ちそうになって、慌てて服の袖で拭う。
      • 何故駆けるのか。単純な理由。追われているから。何に追われているのか。単純な理由。わからない。何故だ。何故。
      • 足がもつれた。その場へと投げ出されるように転ぶ。身体を庇うように、右の肩から落ちた。鈍痛。
      • は、は、は、と。まるで笑うように吐息は小刻みに。足の筋肉が疲れに痙攣を始めている。立ち上がらねば。立ち上がらねばならぬ。
      • 地へと手を付き、身を持ち上げようとした所で。音が耳に届いた。
      • ぺたん、ぺたん。硬い靴底ではない。何者かが歩く音。それは、前方から訪れて。己の正面。5mほどの距離をおいて止まった。
      • 「何処へ行こうというのでござるか?」 聞こえたのは、未だ年若い少年の声。声変わりは終わっているだろう。疑問を載せて問いかける。
      • 地面に臥せったこちらからでは、逆光になって見えない。烟る街を照らす街灯の灯りが、目前の影の顔を隠している。
      • 「今更でござる。何もかも」が、と。言葉続くのを待たず。吠えた。喉から迸る力ある声。
      • それが大気に溶けるのと同時。己の影から湧きいづる黒。夜を裂いた。殺意を載せて襲いかかる。
      • 口が笑みに歪む。何者かなど、知った事ではない。そうだ。逃げる必要などなかったのだ。己の前のこの無作法者など、最初から、こうして―――
      • 街灯が割れる音。周囲が闇に落ちる。霧深いこの街に、天の光は届かない。漆黒。身体に纏わり付く湿度が心に白を感じさせるだけ。
      • そして、己の迸らせた黒い殺意に、手応えはなかった。確かに捉えたと思った瞬間に闇が落ちて。それにかき消されるように、殺害の確信も塗り潰されて。
      •  
      • ばるん。 それは、機関の始動音。
      • 「街道神コラト。旅半ば、眠る旅人を守護した夜の神」
      • ばるばるばる。 それは、機関の駆動音。
      • 「機関の灯りを手に入れ、鋼鉄の馬車を得た人の中。お前は居場所を失った」
      • 漆黒の闇が、仄赤の。赤熱する鉄の色に照らされる。
      • 「消えるのを恐れたか。旅人から啜っていた夜の恐怖が、欲しくなったか」
      • そこにあるのは、腕へと大きな布地を巻きつけた、少年の姿。
      • 「堕ちた神コラト。裁定を下す。何にも依らない、俺の裁きだ」
      • 光の源は、その両の手が握った長物。刀の柄。 音の源は、その両の手が握った長物。その刃。
      • 「夜へ、還れ」
      •  
      • 死なぬはずの神を殺す。それは神殺しの刃。自動の回転鋸にも似た。
      • 振り上げられ、振り下ろされたそれは神を断ち切り、悲鳴をその駆動音の中に飲み込んで。
      • 神は死んだ。真っ二つに断ち切られて。死骸は夜へと、溶け消えて。
      •  
      • ここは霧の街。機関を手に入れた人の街。そして、排斥された、神の街。
      • 人はここを、倫敦と呼ぶ。

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2011-12-13 Tue 08:22:02 JST (3638d)