フィヂラーツィヤ家出身 ラシースカヤ・フィヂラーツィヤ 475279 Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp016255.jpgID:475279
名前:ラシースカヤ・フィヂラーツィヤ
出身家:フィヂラーツィヤ
年齢:16
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/冒険中?Edit
企画/冒険者養成校2期
CV:南央美
茅原実里
ささきのぞみ

「私って本より重いもの、持ったこと無いんですよね」(20kg近い魔術書片手に) Edit

古い魔術書の解析をライフワークに若いながら色々旅をしてきた。
たまたまこの街に来た時に養成校開校の報を聞き、魔術書解析にプラスになるのでは?
そんな淡い期待と共に、養成校の門をくぐるのであった。

 

街かもしれないし、学園かもしれない、何処か Edit

お名前:
  • (古びた遺跡。その奥に凄惨な光景が広がる)
    (通路上に四散する物言わぬ5つの遺体、その一つの傍ら、ラシーヤと同じ柄の北方系の衣服に身を包んだ長身の女性が佇む)
    『…グール如きに何やってんのよ。え〜と、これで2…3度目?さすがに今回はヤバイかしら。
    息は…無い。心臓は…案の定止まってる。参ったわね、蘇生系なんて使えないわよ?私。
    (遺体の隅々を確認するように見つめ)損傷部位も多いし、さて、どうしたものかしら…
    (その時ふと、血に染まった魔術書と剣に目をやり)
    ん〜…致し方なし、か。(腕を組み少々悩むような仕草をし、そして何かを決心し)
    …最上位クラスの宝具を持っていた事、感謝なさい?ラシースカヤ・フィヂラーツィヤ。』
    -- PAK FA 2012-03-17 (土) 18:38:06
    • // -- 2012-04-21 (土) 00:24:18

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

 

設定 Edit

  • ラシースカヤ・フィヂラーツィヤ 愛称はラシーヤ。
  • 北方出身。ずっと旅をしてきたためある意味住所不定。
  • 身長156cm程度で小柄な外見。胸は並以下。白い肌にグレーの髪、赤い瞳が特徴
  • いつも大きな古魔術書(A3サイズ、18kg)と長剣(重量15kg)を持ち歩いている。
    その為か華奢な外見からは想像もつかないほどのパワーとスタミナを持っている。
    が、本人はあくまで文系であると言い張ってるとかいないとか。
  • ライフワークは古魔術書の解読解析。それ以外は適当。
  • 基本的に事勿れ主義であるが、振りかかる火の粉は全力で徹底的に振り払う。
  • クールな印象ではあるが、あくまでヤル気とかそういったモノが無いだけである。
  • 口調はです・ます、時々毒を吐く程度の性能。抑揚のない喋りが特徴。
  • どんな時でもポーカーフェイス。

術・装備 Edit

  • 古魔術書
    • とにかく重くて大きいのが特徴。全編において今は失われた古代文字で書かれているため
      一般人には読めない。ずっと調べてきた彼女でさえようやく1/3解読できたかどうかである。
      内容は古代の失われた術式が記載されてるらしいが、本当のところ魔術書なのかすらも怪しい。
      一部解読した術式のお陰で本来魔術師ではない彼女でも高度な魔術が使えるが~基本MPが足りないので普通であれば使えない。
      見た目こそボロボロで年季の入ったシロモノではあるが、以前の持ち主によるものなのか
      強力な保護魔術がかけられており、燃えない、斬れない、破れない、濡れないなど完全防御されている。
  • 古い長剣
    • 見た目は古臭く重い長剣だが、実は聖剣や宝具クラスの激レアアイテムである。
      刃には古代文字が書かれている。内容は解読できてないが、基本持ち主に魔術書
      解読しか興味がないため、解読する予定は今のところない。
      無尽蔵とも言える魔力を秘めており、持ち主に絶えず莫大な魔力を供給する。
      これこそが彼女が魔術書とセットでこの剣を持ち歩く理由であり、このお陰で
      通常では魔力不足で使えない術も使えるのである。
      ちなみに剣として使ったことは今まで一度もないらしい。
  • 使い魔?
    • 周囲に浮かぶ20cm程度の存在
      気がついたら居た。
      名前はT-50らしい。呼びづらいバカ!なのでパクファと名付ける。
      どうやら魔術書と剣の影響により生み出されたらしい。
      いつも不機嫌そうな表情で上から目線。そして赤い思想。
      ウォッカがあれば世は全て事もなし。
      高度な術式と無尽蔵の魔力があったとしてもまともに其れ等を使いこなせる訳もなく
      この使い魔により各種制御し初めて術を行使できるのである。何気に面倒くさい。
      人前にはほとんど姿を見せない。
       

全身 Edit

exp016254.jpg
 

//特記仕様 Edit


Last-modified: 2012-04-21 Sat 00:23:53 JST (3684d)