FA/0096

  • あの災害が起きて以来初めてシェルターを抜け出し、曇天の薄明りの中で辺りを見渡した
    かつての馴染みある世界は失われ、その代わりに歪んだまがい物たちが蔓延っている

    全てを捨て置き、必死でここに辿り着いた。手元には武器も、食糧も、水も無い
    この状況を生き抜くために必要なのは、自らの機転と強い意志に他ならない

    昨晩は悪夢を見た。生者を羨み命を奪い取ろうと立ち上がる死者の群れ
    今は夢よりも更に酷い現実に直面している。見通しは非常に厳しい

    眼前に伸びた道を見据え、遠くの民家へ向かって歩き出した
    これから先、この絶望的な道を歩み続ける事になるだろう

    暗黒の未来に向かって。(DARK DAYS AHEAD) 


    • 幕間〜 -- 2017-10-21 (土) 00:52:07

      • 37年目の冬、肌を刺すような冷気を防ぐ毛皮の外套が風に棚引く。
        外套の上からでもわかる異常に発達し、隆起した筋肉は熊を思わせる。
        直立2足歩行で人のシルエットをしているが、その身体は人のそれにしては大きく
        灰色熊…グリズリーと並び立って謙遜ない3m近い体格をしている。

        彼を一言で現すならば、機械と変異の化物。そう言い現すしかないだろう。

        あの災害が起きてから今日まで生き抜く上で、手に入れたモノと、捨ててしまったモノ
        それらを天秤にかけ比べることの無意味さはわかっていても、ふと時々思い返してしまう

        そんな人間らしい感情と感覚もまだ残っているならば、この姿であっても大丈夫だろうと
        彼は一人、大型のサバイバーマスクの下で歪な牙の生えた口角をあげて笑う

        物資を求め、ウェストサイドを走る。彼の巨体では車にのるのも難しく短距離の移動には
        装甲車のホイールと頑強なフレームを組み上げた自作のバイクを使用する

        長い月日でボロボロになった主無き建物、火事でもあったのか燃え尽きた喫茶店
        かつての人の営みの残骸がところどころに残る街でバイクを止める。

        男の視界の先にはかつては住人であり、人の形をしていたであろう死者の群れ。
        そのなれ果てが数体徘徊している。

        長い月日は弱い個体を駆逐し、変異が進んだものだけがこうして街に残っている

        一番近い徘徊する死者の距離は…52m。Compact Bionics Module…略称CBMで機械化された小型望遠眼球が
        正確な距離を視界の隅に測り出す。

        身体から緑色の酸性の液体を垂れ流し、虚ろな目でふらふらと遅い足取りの徘徊者を狙いを定めれば
        背中から蒸気を吹き出し、駆動音が肩から腕部にかけて鳴り響く
        その音に気づいて振り向いた強酸垂れ流すゾンビの頭が一瞬で弾け飛んだ。

        男は己に埋め込んだ油圧式の筋肉を駆動させ、足元の道路。砕けたアスファルトの塊を勢い良く投擲したのであった
        地面に緑の液体をぶちまけ、膝から崩れ落ちた1体に反応し、生者を怨むかのような声にならない声をあげ
        周りのゾンビも男のほうへむかって、歩き走り、襲いかかり始める

        元は子供だったのだろうか、丈のあってない衣服に水死体のように膨れ上がった身体から
        紫色の発光する液体垂れ流すブーマーが男に向かって吐瀉物のように大量の液体を吐きかける

        汚れるのは勘弁だとばかりに、肉食動物ばりに大きく跳躍し、液体を避ければ
        ケブラー板で補強された右手のXLサイズのグローブを脱ぎ、コルクのような肌に爪の生えた右手を翳す
        掌中央の金属球、高電圧放電装置・チェインライトニングが輝けば青白い光の帯が一直線にブーマーへと走る
        熱せられたコーンのような小気味良いポンっと言う音とともにブーマーが液体を撒き散らし焼け焦げると
        そのままに雷の帯はあたりを照らしながら、複数のゾンビに連鎖し、焼き払っていく。

        呻き声も一瞬で収まり、肉の焼け焦げたような匂いがあたりを満たすだけだ。


        焼け焦げたゾンビの1体、元は軍人だったのだろう、使える素材がいくらかあるので、ケブラー繊維が使われた
        コンバットブーツなどを拝借し、その場で解体する…

        彼の37年。毎日がこのような日々である。死者を殺し、潰し、物資を得る。
        その街から死者の一人も居なくなれば、また次の街を目指す…生者に最後にあったのは何年前だったろうか
        彼の姿を見るなり、大慌てで逃げ出した姿を少し思い出すが、生存者にとって危険予測能力は一番大事であり
        逃げ出した彼が今も生き残っていることをただ祈る。



        焼け焦げたゾンビ達が、二度と立ち上がらぬよう、死体を全て集めると、バイクのガソリンをかけて
        ポケットからライターをとりだすと火にかける
        燃え上がる死者に、どうか安らかな眠りを…と一声かけ、聖書に手をあて祈る。

        こんな世界になる前、彼はとても敬虔なる信徒であり。それは今も変わらない。
        壊れてしまった世界で彼を支える数少ない物の一つであった。


        あたりに徘徊する死者の姿が無いのを確認すると、FOOD と大きく看板にかかれた店の残骸へと足を踏み入れる

        男が、数年ぶりの生者。はじめは猫やネズミかと思うほど小さく温かい生き物…
        自分の身体の大きさのせいでそう見えたと、ふと笑ってしまったが
        白い肌、金色の髪、白いワンピース…赤いスニーカー。
        それが眠っている人間の少女だと気づくのにそう時間はかからなかったのであった。
        -- 2017-10-21 (土) 01:00:03
    • 生存者 彼の地にて、斯く戦えり〜 -- 2017-11-14 (火) 13:31:25

      • 仮にこれを「」と呼ぼう。

        初めてこれを見たのは4年目の夏だったか。
        放射線測量機がガリガリと嫌な音を立て始め、そこに近づくのをやめ
        双眼鏡で街だったと思われる跡地を覗き込んだ。

        倒壊したビルの破片、銀行らしき建物は半壊し
        あたり一面輝かんばかりのガラスを撒き散らしている。
        太陽の反射で少し目を細め、さらに奥の覗き込めば大きな窪地。
        それはとても…とてもとてもとても大きな窪地だった。
        街の中心にできたそれは、爆撃の跡地

        大都市部では州軍か、それとも他国の攻撃か…今となってはどちらだったのかわからないが
        ゾンビどもをふっ飛ばすためか…それとも別の目的か…なにはともあれこうやって
        クレーターが出来ている場所がある。ここはその中でもとびっきりのデカさだ
        放射線量からして戦略核が使われたと思われるその巨大なクレーターにはある物が溜まっていた。

        黒く黒い黒光りする粘液達だ。

        クレーターの中空に、何か歪んだ…空間の裂け目のような場所から
        時折、溢れ出るように黒い粘液が流れ落ちる…それがクレーターに貯まる。
        クレーターの中で粘液達は蠢いて、坂を登ってはずり落ちるような動作をひたすら繰り返している
        そして力尽きたものが他の粘液の餌になり、少し減っては増えて。少し減っては増えて… そんな光景がただ繰り返されていた。

        きっとクレーターができてからの何年もそれを繰り返し、溜まっていったのがこれなのだろうと
        目の前に広がる異様な光景をしばし見つめたあと、その街を迂回して近づくことはなかった。

        あとあと解ったことだが、あの粘液…ブロブ達がこのクソッタレな災害の原因の一つで
        あのクレーターがあった場所には、研究所があった。という事だけは解っている。
        だからと言って1個人があれをどうにかできるものではもはや無いことは明らかだった。

        17年目の春。ありったけのプラズマ燃料と、核融合セルを使ってクレーターのブロブ共に向かって

        …盛大なパーティを行なった。

        右手に構えたフュージョンブラスターガンの高熱がブロブを焼き払い炸裂し
        プラズマガンは3連射バーストでブロブを蒸発させていった。

        一般流通のしていない、研究所の奥底に保管されていた、当時最新鋭の兵器の数々
        使われることがなかったそれらの銃口が熱で溶解して使い物にならなくなるまで撃ちきった。

        これが無為な行為であることは当時の私も理解っていた。
        だけど様々な事実を知ってしまった激情が、手を止めることを許さなかった。

        からは今もブロブが時折溢れ出している、クレーターには今もまだ、ブロブは溜まり続けている。




        2つ目の門は、何年目だったか……少しの思考のあと脳に組み込まれて小型量子記録ドライブが
        9年目の冬だったと思い出させる。脳裏に思い浮かぶ鮮明な映像。

        体長は目測で凡そ5フィート(1.5m)
        薄紅色の甲殻類のようにも見える姿で鉤爪のついた多数の足で歩行したかと思えば、
        一対の足だけで直立に立っていたり、背中にはコウモリの羽のようなものも生えていた。

        「右へ曲がり、直進して」

        「早く!!早く!!早く!!」

        「あれはなんだ?」

        「愛してるよカタリナ、きっと来世でも…」

        「殺されるまえにヤルしかねぇ!!銃をよこせ!!」

        繋がりの無い、様々な年齢、性別の声色でそれは喋りかけてきた。それが喋りかけてきたのかどうか
        何が目的だったのかはわからないが…敵意ある存在であることは、回りに散らばるゾンビの死体の数々
        それと…銃器を握ったまま腰から拉げて死んでいる、人間だったものを見れば一瞬でわかった。

        こちらを目視すると凄まじい速度で近づいてくるそれに躊躇することなく車載タレットのスイッチを入れる。
        軍用車両から拝借したMk19 自動擲弾銃の40mmグレネードが炸裂した。


        流石の異界の化物もMk19の40mmグレネードを何十発も叩き込まれればあっという間に跡形もなく消し飛んだようだった。
        ブロブの門と違いそこから何かがまた出て来る様子はなかった…大きさもそれこそ3mあるかどうか
        クレーター上空に浮かんでいた十メートルほどの門とは規模が違うようであり…繋がっている場所も違うのだろう。


        3つ目の門。それは比較的新しい記憶、人に話せば嘘だと笑われてしまうような出来事。
        ふと学生時代の友人の顔が思い浮かんだ、あいつはいつも嘘のような話ばかり俺に聞かせてくれた。
        もし生きていて再開できたら、この話をあいつにしてやろうと、ノスタルジアと共に笑みが浮かんだ。
        32年目の夏。とても暑い日だった。

        森は燃えていた。

        あまりの巨大さ、強大さ、子供の頃、男なら一度は本物に会いたいと夢見た存在と今、対峙している
        油圧式筋肉をはじめ、全ての戦闘用CBMをフル稼働させ己の爪と牙をその巨体へと喰い込ませた……
        お互いがこの荒れ果てた大地の、絶対王者、捕食者の頂点であること疑わぬ生物が2匹出逢えば
        どちらかが死ぬまで、捕食されるまで、戦いは終わらぬものだ。


        数時間に及ぶ死闘。人よりも長い期間、この星に君臨し続けた強大な王は大地に伏した
        強靭な尾は木々をなぎ倒し、男の身体を数十メートル吹き飛ばし叩きつけた
        鋭い牙は地面ごと男を飲み込まん勢いで何度も襲い掛かってきた。
        その咆哮は空を揺らし、生きるもの全てに捕食される者と捕食する者の絶対的な差を知らしめた。


        だが機械と変異の化物の、科学の牙と爪は強大な王の命に届く長さと鋭さであった。

        地に伏したその巨体に手をあてながら、千切れた己の左腕を再生させ、骨折した部位
        破損した人工内臓を修復ナノマシンが総動員で修復している。

        きっとこの話をしたらあいつは笑うだろう。

        「俺は、ティラノサウルスと戦って、勝ったんだ」

        あいつはきっと、笑うだろう。






        この門は今までで最大規模…縦に40m 横には20mはあるだろうか
        大地から垂直にまるで姿見の鏡のようにまっすぐに開いた空間の歪は、反対側の世界が水面に揺らめくように覗き込めた。
        異界なのか…それとも過去の地球とでも言うのだろうか、広大な自然そして…大地を、空を駆け巡る恐竜達
        そんな光景が広がっていて…目の前の伏した王者は、1人この門を通ってこちらにやってきたのだろう。

        数瞬の思考と迷いの後…己の身体をその門へと進みこませる。
        思ったほどの抵抗も何もなく…身体は通り抜け…妙に濃い酸素を吸い込み原始の香り色濃い世界へと足を踏み入れた。

        大きく周りを見渡し…門をくぐれることがわかれば、すぐに元の世界へと戻る。
        ゾンビと争う毎日と、恐竜と争う毎日。どちらがマシかと言えば、言うまでもなかった。


        その後、2年ほどはティラノサウルスの干し肉の味を堪能しながら、旅を続けることができた。





        そして4つ目は今、目の前に開いている。
        少女…トゥリパと名乗る少女が通ってきた門だ。


        機械と変異の化物は、躊躇することなく、その門へと、一歩、また一歩と足を踏み入れたのだった。

        -- 2017-11-14 (火) 13:31:49

Last-modified: 2017-11-14 Tue 13:33:24 JST (759d)