お名前:
  • 人間が人間の股から出てきて殺し合いという概念が出来上がってから数年 -- 2015-05-24 (日) 01:50:55
    • 出来上がったものが人の手で与えられてから数十年 -- 2015-05-24 (日) 01:51:46
      • もっと言えば自分が産まれるずっと前から繰り返されてきた事が幾世紀か -- 2015-05-24 (日) 01:52:29
      • 自分達にはそういう生き方しか無いと刷り込まれた人間の群れが行軍し続ける流れはいつしか細く
        気づけば終るとも知れない流れの先が見えていた -- 2015-05-24 (日) 01:54:20
      • いつからだろうか、人の死が価値を失ったのは -- 2015-05-24 (日) 01:55:11
      • それがいつかといえば、戦争を続けてきた少数の人間が飽き始めた頃だろう
        補充される人間は減り続け、やがて戦闘の意味も成さなくなっていた
        無意味に広がる殺し殺されを見てその場から離れる者も出始めたが
        その時にはもうそれを止める存在は無くなっていた -- 2015-05-24 (日) 01:56:41
      • 例に漏れず自分の周囲も自然と分解されていく
        そんな時どこかの国の、何人目かの誰かが言う -- 2015-05-24 (日) 02:00:31
      • 私は人はどう生きるかよりどう死ぬかだと思っている
        どう生きたかは結局理想の死に方の過程でしかない
        だからこんな一山いくらの死が蔓延した場所には居られない
        道中殺されてしまったっていい、ここで死ぬことを避けられるのなら -- 2015-05-24 (日) 02:01:56
      • 結局自身にはこの戦争の意味も、言われた言葉も分からなかった
        最後に残された複数人分の遺書を燃やすと
        やがて呆けている内に戦争は終った
        戦争をしていた人間が完全に飽きてしまったのだろう、お役ごめんの嵐が吹き荒れ
        結局最後まで残っていた少数の人間はしばらく立ち尽くし、やがて散り散りになっていった -- 2015-05-24 (日) 02:04:04
      • 窓辺に肘を置き教も呆けて外を見た風景は静かなものだった
        まるで自分達がやっていたことなんて隔離された場所でしか意味を成さなかったのかとさえ思えた
        幸か不幸か自分はまだこうして生きていた、終戦は自分のなかで終わりではなく
        過程になってしまったのだ -- 2015-05-24 (日) 02:06:20
      • そうなると先のことを考えなければならない
        とりあえず今はまだ若い、だから歳を取り死を身近に感じられるようになったとき
        本能に従いなにか過程を形になるものに残すのも良いだろう -- 2015-05-24 (日) 02:07:40
      • オワリ -- 2015-05-24 (日) 02:08:00

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照


ギルド:うわぁ
人の断末魔を下に作られたギルド
総計で最後にうわぁが多かった事からその名前がつけられた
スカル:死亡~
イロリ:死亡
アモトスフィア:死亡


ギルド:イエローチキン
鶏によって構成される空間構築ギルド
うわぁとは敵対している
鶏死亡
鶏死亡
鶏死亡
鶏死亡
鶏死亡



アスモ:死亡
クライ:死亡
スイーリカ:死亡
シリンダー:死亡
ダライ:死亡


Last-modified: 2015-02-17 Tue 00:52:08 JST (1831d)