• before
    • ファンタジースラム
      • 自分手動で自警団的な組織を作る
      • プレイヤーはそれに必ずしも所属する必要はない
  • after
    • ファンタジー
      • 自警団的な組織が巨大なヤクザ的組織に発展している
      • 町全体が彼らに従うある種の企業城下町
      • その活動の結果として虐げられてしまう人々もいる

  1. ドッペル大地とミラー大地が出てくる
  2. 戦う
  3. 戦いの中で自分のスタイルを見出す
  4. 倒す
  • 蒔絵大地
    &COLOR(#991167){};
  • ドッペル大地
    &COLOR(#004d00){};
  • ミラー大地
  • ネイジュカシージ
  • 解説!
    • ネイジュカシージ
      • サンカヨウって花がある事を知ったのがきっかけ
        水に濡れると透明になる白い花
        それにインスパイアされて水に濡れると消えてしまう真っ白な女性キャラを考えた・・・
        儚くも美しいというテーマのこれがネイジュカシージの源流・・・どうしてこうなった?
      • その後同じような発想で別のアプローチを試みようとして光を受けると燃えるでも灰になるでもなくただ消える吸血鬼に行きつく
        共感呪術にハマってたのもあって呪術的な解釈を可能な限り盛り込んだりもした、関係性を通じた吸血鬼化や弱点を突く際に信仰心が重要になるのもこの時
        この時点だと今ほど強力って感じでもなかった、残酷ではあっても儚さをちゃんと残してた
        名前は食虫植物からとってディオネア・・・サンカヨウどこ行った
        吸血鬼でディオだから別のを連想されそうだなと思って変えようとは思ってた
        中立か悪かは迷い中
      • そして水白の企画が着て仮称ディオネアちゃんを稼働させるかといったらそうでもなかった
        とある動画を通して少年キャラというものをしっかりやってみたくなってしまっていたのだ

        後半へ続く
    • 蒔絵大地
      • まずはこの動画をみてくれ・・・そういう事。これをきっかけに少年キャラをやりたくなった
        課題は世の中の無情さに触れて青年へと変わる部分、何かしらの挫折や失敗、危機に瀕しつつそれを乗り越えなきゃならない
        成哉の例に則り、折よく用意してた白い吸血鬼を分かりやすい悪として裏で手を引かせる形式を採用した・・・今思えば少し安直にも思えるがしょうがない
    • ネイジュカシージ
      • そんなこんなで悪役としてデビューする事になった白い吸血鬼ちゃん

伊上の怪異設定は元々考えてた魔法設定の一部と親和性が高かったので、「人が何かに向かって意思を向ける」事でそこに霊的な繋がりが生じるって事にして設定の融和を行った
これによって白い吸血鬼は人々から向けられる思念を認知できるようになり、例えば噂で自分の存在を変えようと働きかけても、逆に噂している人物に直接会いに行けるようになった

これだけだと物量に対応できない為神出鬼没設定をフルに生かして遍在出来る様にした(今思えば認知した人間に距離を無視して直接会いに行く系の怪物は貞子を初め色々とあるので、それに近いと言えば近い)
伊上における怪異対策術のカウンターもとい怪異側の対策と言った形
上記+ディオネアの頃からある程度決まっていた不死身っぷりを加えてようやくらしい形になった

しかしそこは伊上系企画、半端な強さだとあっという間にデマ情報をばらまかれた挙句に怒涛の超パワーラッシュで一瞬のうちに沈む事は目に見えていた・・・ビビりな中野人は白い吸血鬼の強化を図る

元々の魔法設定的に白い吸血鬼ちゃんは伊上系怪異設定との親和性が高かったので「人の思念」を「共感性による縁」の一部として加えた
共感性の糸その物を操作する事はこれまでの呪術系キャラでした事はなかったけど

しかしそこは伊上系企画、半端な強さだとあっという間にデマ情報をばらまかれた挙句に怒涛の超パワーラッシュで一瞬のうちに沈む事は目に見えていた・・・ビビりな中野人は白い吸血鬼の強化を図るった
元々共感呪術の考えを元に魔法設定を組んでいた為、

どんな試練を与えて、どんな形に成長させるかを考えていくと何かしらのストーリー性が求められるわけで

思い出されるのはソティスポトロ、周りの人との交流を通して上手く形を作れた

ネイと二人体制

月の石

ショタ時代の無垢さを残しつつも、世の中の無情さに触れ、青年へと変わっていくその奇跡の一瞬って奴を表現したくなった
思い出されるのは伊上で

  • VSライケン
  • 奈多区の猫
  • 人工怪異化

Last-modified: 2021-11-25 Thu 22:45:23 JST (61d)