特設会場01−A Edit

3回戦特別ルール・『フィールドコイントス』
3回戦目はステージセレクトの初期設定が成されていません、最初の1レス目秒数下1桁が大きい方がステージの決定権を得ます
決定したらココに貼りつけてね!
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst032435.png崩落したアーケード街
ステージセレクトコンソール


qst061500.jpg
名前:B.B.MAX(ビービーマックス)VS
qst061906.jpg
名前:カティサーク
TYPE:MIXTYPE:DVL:STRARF
テストベッド用ミキシングビルド。
一部非正規パーツを使用。
マスターは古川ヒルデブランド。
Edit
蒼田響角(ソウダ・ヒビキカド)をマスターとする悪魔型神姫、
気弱なボクッ子でありその破壊力は
ほぼ毎日マスターを萌え死寸前に追い込む(響角さん談
Edit


+  闘技場より拝借
出場者用入場口(控室が表示されます) 修正
お名前:
  • バトルステージ
    • 武装して、待機している)
      (背部にはジルダリアのパーツを使ったイオノクラフト、右モモにランチャー&短刀、、左モモに銃口を備えたソード、両手首に小型の盾) -- B.B.MAX 2010-05-03 (月) 21:03:04
      • (待機している) -- B.B.MAX 2010-05-04 (火) 20:36:33
      • ご、ごめんなさい…お待たせしちゃいまし…た、か… わー…(珍しそうに巨大な胸部に目をやる)
        (既に武装してやってきたようだ 何時も通り改造サバーカを足に、手にはブレード、背にはチーグル…チーグルの右手にはランチャー、左手にはハンドガン) -- カティ 2010-05-04 (火) 23:54:10
      • ううん、大丈夫よ! すごい武装だね。やる気マンマンってところかな?
        じゃあ、始めよっか。レディー……(イオノクラフトが起動し、BBの足が軽く宙に浮いたようになる。どの方向にも奪取できる構えだ)
        -- B.B.MAX 2010-05-04 (火) 23:58:21
      • す、凄いのは武装だけ、みたいな感じなので…(やる気がない訳でもないが…そう思いながら苦笑いで返す)
        はい、よろしくお願いします!(大きく一礼 そして、何時でもスタートダッシュ出来るような体制に)
        (彼女は何処へ跳ぶつもりだろうか…自分の速さなら、少々出遅れても回りこめるだろうか そう考えながら)
        -- カティ 2010-05-05 (水) 00:10:53
      • ゴーッ!(叫ぶとともに、カティの方を向いたまま右手側に滑るように移動する)
        いけぇ──────!(そのままカティめがけてランチャーを発射! 1、2……3発!) 
        -- B.B.MAX 2010-05-05 (水) 00:15:45
      • (こちらもしっかりと見据えたまま、左…今のカティからはもう後ろになるだろうか…へと跳ぶように後退)
        打ち消せっ!(B.B.MAX狙いではなくこちらに向かう弾へと、チーグル右手のランチャーを乱射!)
        -- カティ 2010-05-05 (水) 00:24:21
      •  バシュュウ! バシュウ、バシュウウウ!(カティの放った弾幕により、ランチャー弾は相殺される)
        (あまつさえ、こぼれた弾がBBの方へと飛んでくる) おわっと、危ない!(避けながら右移動を続けるBB。直接狙われていないためか、回避も容易だった)
        突っ込んでくるかと思ったけど、意外と慎重ね。それなら!(牽制のため、左モモの剣から軽威力の光弾を発射しながら、ジグザグにカティめがけて突進していく!)
          -- B.B.MAX 2010-05-05 (水) 00:33:16
      • <<了解しました、お姉さま! 相殺と牽制もかねて乱射で行きます!>>
        突っ込んで行くのがお望みなら…行かせてもらいましょう!(逆手でブレードを構え、ランチャーを乱射しながら超スピードで突撃…まだ十分に目で追える速度だ)
        -- カティ 2010-05-05 (水) 00:41:34
      • 反動のきついランチャーを撃ちながら前進!? どんだけ推力デカいのよ!(牽制射撃をやめ、剣を外し左手に構える)
        (相手のランチャーを慎重に大回りで避けながら、カティに近づいていくが、イオノクラフトの速度が遅いため……)
        (突進していくと言うよりは、突進してくるカティを迎え撃つ形になってしまう!)
        こんにゃろ────っ!(接触するタイミングを狙って、左手の剣を振るう。狙いは……カティの足だ!)
        (すれ違う形になるか、それとも受け止められてしまうか?)
        -- B.B.MAX 2010-05-05 (水) 00:53:34
      • お姉さまの装備ですからっ!(自信満々に言い放ちながらも突進…距離が縮まったのを確認すると乱射を止め、すれ違い様に切りつけようと構える…が)
        ひゃっ!(自分の攻撃を防がれる予想を裏切られ、攻撃は空振り…そして、ノーガードの脚部は攻撃をまともに食らい)
        きゃぁあああっ!(激しく吹き飛び、壁に叩き付けられた)
        -- カティ 2010-05-05 (水) 01:03:03
      • よし!(自分の攻撃がヒットしたのを手応えで感じると、後方に吹っ飛んでいったカティの方を振り向く)
        (そして剣を左手に、短刀を右手に抜き、カティめがけて突進していく!)
        チーグルはリーチが長い……でも、懐に入ってしまえば!(カティが体勢を立て直す前に、組み討ちに持ち込むつもりだ!)
        -- B.B.MAX 2010-05-05 (水) 01:17:54
      • <<大丈夫です、お姉さま…まだいけます、から>>
        ふっ…ぐ、ぅ…(ここで何時までも寝転がってはいられない 無理矢理にも体を起こそうとするが中々起きれない)
        来…るっ!(ブレードを拾い、なんとか座った状態にまでなったがB.B.MAXが突進してくるのが見える… 脚部は結構なダメージを負っている、完全に立つには間に合わないだろう 時間稼ぎのためチーグルの持つ銃器を乱射!)
        -- カティ 2010-05-05 (水) 01:26:28
      • てぇぇぇぇ────っ!(左手に持った剣の広い面を正面に向け、盾として使いつつ吶喊してくる!)
        (途中、何度か銃弾が体に当たりそうになるが、そのたびに胸がブルン! と揺れると、BBの体の軌道が不自然に変化し、弾を避けてしまう)
        (胸部パーツ「B.B.MAX」の「挙動強制変動機構」だ! そしてあと数歩でカティに接触する、というタイミングで、ボロボロになった剣をカティに向かって投げつける!)
        (剣をチーグルではじき返すのか、受け止めるのか? それとも立ち上がり、かわすことができるのか? その間にもBBはカティに向かって突進してくる!)
        -- B.B.MAX 2010-05-05 (水) 01:39:52
      • …動き、が……どういう…!(なおも立ち上がりながら、思わず口に出す だがチーグルでの乱射は止めない…少しでも足止めになれば、と言う微かな可能性にかけて)
        …くぅっ!(中腰の状態まで起き上がる チーグルの手はふさがった状態のため、持っているブレードでそれを弾いた …その反動で再び後ろへと倒れる)
        (「今体制を戻していたら逆に無防備…跳んで…!」 …だが、超スピードは起こらない…思った以上にダメージを受けていたようだった)
        (「諦めない…諦めない!このまま受ける…!」 壁にもたれ掛かり、上体を起こした体制でブレードを構える!)
        -- カティ 2010-05-05 (水) 01:52:28
      • ギャリィィィィッ!(BBの短刀・無銘がカティのブレードと咬み合い、火花を散らす!)
        腕4本って、ホント便利ね! やっかいだったらありゃしない!
        (短刀に左手を添え、グイグイと押していく。だが素体自体の力の差はそれほどないのか、カティのブレードも持ちこたえてほぼ動きがない)
        (BBの両手も、カティの両手もふさがっている。チーグルの銃器は、カティに密着したBBを狙えないだろう。──銃器は!)
        (BBの顔に焦りが浮かんでいるのを、カティは気が付くだろうか?) 
        -- B.B.MAX 2010-05-05 (水) 02:06:10
      • ボクの腕より、頼りになる…腕ですからっ!(パワーは…互角。…厄介なのは、あの胸部だけ…?)
        く…!(体制のお陰もあり、何とか食い止めるが…ダメージを受けている分、何時までもこうしていられないだろう)
        (…ふと、B.B.MAXの顔を見る。…戦っている最中とは言え、今有利な彼女に何故焦りが?考える…こうしているのも時間の問題だが、この間は考えられる 早く、早く!)
        …!(ピンと来て、チーグルの銃器を捨てた 最後の悪足掻きとチーグルの腕を振り上げる!…だが、長考していた所為だろう…カティの腕は限界に近い)
        -- カティ 2010-05-05 (水) 02:19:13
      • ブウゥン!(振り上げられたチーグルの腕が、BBの背中に振り下ろされる!)
        ガスッ! がはあっ! (激しい衝撃を受けて、BBの体勢が大きく崩れ、カティのブレードによって押し返される!)
        ドサッ! うううううう (カティの目の前に横倒しに転倒するBB。今の一撃のダメージが大きかったようだ。短刀も取り落としてしまった!)
        (BBはなんとかカティの方に体を向けようとしている……)
        -- B.B.MAX 2010-05-05 (水) 02:30:33
      • …間に合った…!(競り負けるかもしれないと、心のどこかで思っていた…安心するが、また勝ててない)
        (相手が無防備に倒れている…今なら立ち上がれる、今なら勝てる!その気持ちを力に立ち上がろうとするが)
        …!?足、が…(立ち上がらない 先程まで何とか動いていた足が、今は全くの使い物にならず)
        どうして…動いて…!くぅ!(「足が動かないなら、銃で…!」 腕は限界だ、チーグルの力でにじり寄って捨てた銃を拾おうとする…)
        -- カティ 2010-05-05 (水) 02:41:55
      • そこで……武器を拾いにいこうと……するから!(ゴロリと、どうにか体をカティの方に向ける)
        (格闘武器は、姿勢を整えてからでなければ有効な攻撃は行えない。だが銃器は、照準を合わせる判断力と引き金を引く力さえ残っていれば、姿勢は関係ない)
        (横倒しになったまま、BBは右モモに付いていたランチャーでカティを狙った!)
        当たれ────っ! ビシュウウン!(乾坤一擲の光弾がカティめがけて飛んでいく!)
        -- B.B.MAX 2010-05-05 (水) 02:51:50
      • はぁっ!(チーグルも少々ダメージを受けているが、無理矢理にでも動かす…そして、チーグル右腕がハンドガンを掴んだ!)
        いけ、ぇ…!(此方に攻撃が来ているのも構わず、チーグルで構え…撃つ!)
        (カチッ カチッ… 弾は吐き出されず、音だけが響く …弾切れだ)…なんで!…なん、で…!(一言目は叫ぶように、二言目は頭を落とし、涙を流し、呟いて…)
        (そのまま静かに涙を流し動かなくなったカティの腹部にB.B.MAXの放った光弾が当たり…再び壁に叩き付けられた)
        (カティは立ち上がらない、動かない)
        -- カティ 2010-05-05 (水) 03:05:35
      • はぁ、はぁ、はぁ……勝っ……た。(どうにか膝立ちになる。完全に立ち上がることはできない)
        もし、あのまま……武器を拾いに行かず、締め落としやマウントパンチに来られていたら……負けていたわ……。(そして、深く深く、ため息をついた)

         
        カティーサーク戦闘不能により、勝者B.B.MAX -- B.B.MAX 2010-05-05 (水) 03:11:51
      • カティちゃんのマスター! 早く、彼女をサルベージしてあげて!(自分も立ち上がれないため、カティを運んでいくことができない) -- B.B.MAX 2010-05-05 (水) 03:20:40
      • うわーん!ごめんなさいカティ!私のせいで!あとでオシオキして!ダメなHENTAIマスターな私を叱ってぇ!あ、ごめんそれ御褒美だった!
        そんなことより大丈夫カティ!?(ニッカとカルーアにカティとMAXの回収をまかせながら、闘技場の外で泣いたり叫んだり大忙しだ) -- 響角 2010-05-05 (水) 03:25:14
      • …ごめんなさい、お姉さま…ごめんなさい、ニッカさん、カルーアさん…
        ごめんなさい…(意識は何とかあったが素体も武装もボロボロで…それだけしか口にしなかった) -- カティ 2010-05-05 (水) 03:30:46
      • マスターさん、彼女は立派に戦いました、ちゃんと治してあげてください。
        うう……ふ、ぅ……(やっと立ち上がった)。 -- B.B.MAX 2010-05-05 (水) 03:31:13
      • (戻ってきたカティをそっと手に包み、ごめんなさいとだけ言うカティを抱き寄せるようにして)
        いいの・・・いいんだよカティ、最強じゃなくてもあなたは最高よ! -- 響角 2010-05-05 (水) 03:35:30
      • (響角の手に収まるカティを見届けると、よろめきながらステージを後にした) -- B.B.MAX 2010-05-05 (水) 03:36:56
      • (そして優しく笑いかけながらよく頑張ったねともう一度ぎゅっと抱き寄せた) -- 響角 2010-05-05 (水) 03:38:20
      • (MAXの言葉に半泣き状態で小さくうなずく、そして退場していくその背にありがとうと呟く) -- 響角 2010-05-05 (水) 03:40:57
  • バトルステージ(マスター席、マスターはここから神姫の戦いを見守ったり指示を出したりしてください
    • よし、がんばれ! -- 古川 2010-05-03 (月) 21:06:40
      • ぐふふ1・2回戦のデータ解析は完璧・・・負っけないわよー!(ノートPC持ち込んで色々データ分析等しつつ気合いが入る)
        //今のところ神姫待ちの状態ですけん、あとコチラが相談所になります -- 響角 2010-05-03 (月) 21:21:47
      • // -- 2010-05-03 (月) 23:44:07
      • 相手はかなり近接格闘での動作が速いのは前回までの戦闘データで解析済!ここで射撃戦に持ち込むことで
        機動力を最大限に生かしつつリスクを回避できるということよ(むふぅーと得意気な響角さんと応援垂れ幕を広げるにっかとかるーあ)
        -- 響角 2010-05-05 (水) 00:10:38
      • よし、まずは定石通りだ。だが、カティサークも装備が多いように見えて、装甲系がほどんどない……ドッグファイとになるかな、これは。 -- 古川 2010-05-05 (水) 00:19:21
      • とまっちゃだめよー!ガンガン移動して撃ちまくるのよー!だんまくよー! -- 響角 2010-05-05 (水) 00:19:28
      • 爆発でふっ飛ばしちゃえば相殺できるって寸法よ!
        <<銃撃は当てられなくても射撃をし続けて居れば銃撃してる方向からは相手は来られないわ!うまく牽制につかってね>>
        -- 響角 2010-05-05 (水) 00:36:20
      • ふはははは見たか!改造サバーカ脅威の推進力!そしてそれを難なくつかいこなせるカティの可愛さ!ぐっふっふ・・・この勝負もいただきよー!(若干悪役っぽい)
        あ・・・(MAXの攻撃が足狙いな軌道なのをみて大丈夫かなと思ったが正面からなら大丈夫だろうと見守る)
        -- 響角 2010-05-05 (水) 00:57:34
      • ふむ、カティサークはかなりの推力だな。武装パーツはかなり改造されていると見える。
        だが、本体はム・カ・イ・ゾ・ウか……基本に忠実だな。(BBの意図も全く無視したような、他人事のような感想)
        (手元の端末で、データは収集し続けている)
        -- 古川 2010-05-05 (水) 01:02:47
      • ひょあ!?カティ!(カティがバランスを崩して吹っ飛んだのみて思わずガタッと立ち上がる響角さん)
        <<だ、大丈夫!?カティ!>>(冷静な古川と違って激しい響角さんだ)
        -- 響角 2010-05-05 (水) 01:10:47
      • よし、インファイトに持ち込むんだ。でないと有益なデータが取れん。 -- 古川 2010-05-05 (水) 01:25:08
      • <<無理はしちゃだめよカティ!なんとか体制を立て直して距離を取るのよ!>>(ハラハラしながら見守りつつ)
        あの武装は見た目よりずっとデリケートだから・・・ううむ大丈夫かなぁ -- 響角 &new{2010-05-05 (水) 01:43:16
      • あの胸にあんな使い方が!?くっただの飾りってわけじゃないってことね・・・! -- 響角 2010-05-05 (水) 01:47:18
      • あ、あれ・・・!?ぎょえー!!(持ち込んだノートPCをあわてて確認する、さっき攻撃を喰らった方のサバーカがエラーを吐いていた)
        (近接での斬り合いではアドバイスのしようがない、じっと戦いを見守る)
        壁を背にしたのは・・・相手の攻撃を捌き切ればきっとプラスになるはず・・・!(退路を断たれる、だがすばやい相手の攻撃方向を限定できる可能性もある)
        -- 響角 2010-05-05 (水) 02:00:24
      • よし・・・!鍔競り合いに持ち込んだ!
        <<いいわカティその調子よ!動きを止められればこっちの方が手が多い分有利よ!>>
        -- 響角 2010-05-05 (水) 02:10:43
      • ぐぬぬ・・・!(カティのステータスを示す数値が限界に近い、だがまだカティは諦めて居ない、彼女が諦めて居ない以上マスターである自分もあきらめない)
        よし・・・!行ける!(反撃にでたカティを見てぐっと拳に力が入る、その戦いを見守る2人の神姫もぐっと見入る)
        -- 響角 2010-05-05 (水) 02:23:14
      • ……ふむ。(ステージの様子と端末の数値を見比べる) -- 古川 2010-05-05 (水) 02:32:10
      • いよしっ!(ガッツポーズを取る1人と2体)
        やっちゃえ!(ひやひやしたがこれは大きなチャンスだ!)
        -- 響角 2010-05-05 (水) 02:33:10
      • よっしゃそこじゃー!ゴリッととどめ・・・ほらごりっと!!あれ?(動きが鈍い、どころじゃなく遅い、まるで枷でもされたかのように)
        どうして・・・ああ!?(カティの脚部武装の状態を示すコンソールが完全に停止をしめしていた、もしかすれば再起動がかけられるかもしれないという期待はあったがダメだった)
        (カティとMAXが競り合って居た間にも機能は何百回となく再起動のシークエンスを試行していたが、致命的なダメージを負った武装はついに機能を停止させていた)
        しまった!(己の調整の甘さを呪うが今となっては仕方がない、もはやただの枷となってしまった武装を引きずり)
        (止めをさすカティの手が先か、それとも反撃が来るか、見守ることしかできない)
        -- 響角 2010-05-05 (水) 02:48:00
      • (もしもサバーカ改の出力を犠牲にしてもうすこしだけ安定性を増していたら、もし武器をリボルバーではなく、もっと弾数の多いものにしていたら、一瞬のうちに色々な仮定が思考をめぐる、だがそのいずれも今は意味を持たない)
        カティ!(壁に撃ちつけられ動きを止めたカティにむかって泣き出しそうになりながら叫ぶ)
        -- 響角 2010-05-05 (水) 03:12:33
      • はふーん(口からぽわわわわと半透明な何かはみ出させながら燃え尽きたようにドサリと座り込む響角さん)
        (激しく放心を表すBLADE顔で真っ白になる響角さんをまえにおたおたするニッカとカルーア)
        -- 響角 2010-05-05 (水) 03:16:37
      • よし、勝ったな。B.B.MAXの使いこなし方も申し分ないぞ。 -- 古川 2010-05-05 (水) 03:18:19
      • (ゆさゆさと揺られてハッと正気に戻る響角さん)キィー!よくもやってくれたわねこのオッパイマニアめー!
        この決着はリアルでつけたらぁぁああ!(古川氏を激しく掴みあげる響角さん、怒りのBLADE顔で)
        ・・・ハッ!?こんなことしてる場合じゃないわ!カティー!カティ!無事なのぉー!?(古川氏をほっぽりだしてカティの元に走る響角さん) -- 響角 2010-05-05 (水) 03:22:45
      • ハッ?(つかみ上げられる) おお、揺れる揺れる……(響角の胸だけを見ている)。
        ドサッ!(ほっぽられる) おお、揺れる揺れる……(走っていく響角の胸を見ている)。
        (至福のGARREN顔で) -- 古川 2010-05-05 (水) 03:28:27

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照



特設会場01−B Edit

3回戦特別ルール・『フィールドコイントス』
3回戦目はステージセレクトの初期設定が成されていません、最初の1レス目秒数下1桁が大きい方がステージの決定権を得ます
決定したらココに貼りつけてね!
ステージセレクトコンソール


http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst061404.jpg名前:テッカ?VS
qst061525.jpg
名前:ティルナ
TYPE:ETU:IZENTYPE:
早雲をマスターとするアイゼン型まめしき。神姫ジャナイEditEdit


+  闘技場より拝借
出場者用入場口(控室が表示されます) 修正
お名前:
  • バトルステージ
  • バトルステージ(マスター席、マスターはここから神姫の戦いを見守ったり指示を出したりしてください

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照



特設会場01−C Edit


http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst061350.jpg名前:アステラシアVS
qst061491.png
名前:まおちゃおBlack?
TYPE:SAM:BENIOTYPE:MAO-CHAO
ウィリアムをマスターとする侍タイプの神姫Editケイのまおちゃお
黒いのだ!
Edit


+  闘技場より拝借
出場者用入場口(控室が表示されます) 修正
お名前:
  • バトルステージ
  • バトルステージ(マスター席、マスターはここから神姫の戦いを見守ったり指示を出したりしてください

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照




Last-modified: 2010-05-05 Wed 00:10:16 JST (4236d)