名簿/413188

  •   -- 2011-10-07 (金) 02:22:56
  •   -- 2011-10-07 (金) 02:22:52
  •   -- 2011-10-07 (金) 02:22:47
  • ……やっと、あるていど術式が形になってきた……これなら、きっとネクロも……
    (ふらふらと数ヶ月ぶりに知人の家を訪ねるが、以前よりも気配の希薄なその家屋に違和感を覚える)
    ……ね、くろ? ……おーい、いるか? -- レイド 2010-08-17 (火) 12:40:01
    • …あ…レイドさん…ね…
      ふふ、どうしたのかしら…ちゃんといるわよ…?(よろよろと出てきて微笑むが大分弱っている様で)
      (結界内も感知出来ないなんて…やっぱり、動力、不足かしら…) -- ネクロ 2010-08-17 (火) 22:47:15
      • ……ネクロ……相当からだが弱っているではないか、お前ほどの術者がらしくもない……!(駆け寄って身体を支え、椅子に座らせる)
        ネクロ、実はな、えーと、とある俺様の実験の副産物で、アンデッド体の維持を助ける術を編み出せそうなのだ、それができたらお前に施そうと思ってだな……つ、ついでだぞついで!(といいながらも、心配そうに身体の様子を見る) -- レイド 2010-08-18 (水) 20:08:06
      • ぁ…(支えられれば小さく笑い)
        そうね…本当に私らしくもない…あの子が、頭に浮かんで…私は、どうしたら…良いのかと…(魔術師らしくもない一面を覗かせながらも疲れた風に)
        …ふふ、でもそれは…良いのかしら…?それはレイドさんの構想…私なんかに施して、、レイドさんには、得がないのでは、ないかしら…?(椅子に座らせて貰いながら、何時ものようにくすくすと笑う)
        (体を見れば所々にひびが入り、今にも崩れ落ちそうで) -- ネクロ 2010-08-19 (木) 04:54:55
      • (風化が始まっている……最早、時間はない……!)
        ……良いんだ。得なら山ほどある(ぎゅっと手を握りしめ、顔を伏せたまま呟く)
        ネクロが永らえれば、まだネクロと俺様は喋れる。まだ時間を共有できる……まだ、俺様はお前の術をみたいんだ。もっと、その先を見たいんだ
        ……奴も……テトも……きっと、ネクロが朽ちることを望んではいない……!
        (手に触れながら、ネクロの魔力の流れを把握しようとする。もう一刻の猶予もない)
        (もてる知識の全てを用いて、ネクロというアンデッドそのものを知ろうとする) -- レイド 2010-08-19 (木) 07:36:34
      • …そうだと、良いわね…ふふ…あ、、(ぎゅうと手を握り締められれば意外な顔をして)
        ふふ、馬鹿な…子ね…私に未来は、ないというのに…それでも…(少し考えるように)
        本当に馬鹿な…(体の中に呪いとも取れる魔力の流れが見える事だろう。自らの刺青から鎖を通り、棺に繋がっている様で) -- ネクロ 2010-08-19 (木) 10:43:33
      • 知っている、そんなこと……知っている。ネクロは逢った時からもう既に死んでいた。お前は最初か既に過去の中にいた
        ……だが、それがなんだというのだ。お前にとっては今生きているこの時ですら『過去』であっても……俺様にとってはお前と過ごす今は『今』なのだ
        (見えた……棺へのレイライン。そして、この刺青全てが魔力の循環路か……! それなら、これを……!)
        ネクロ……はじめるぞ。新術式ゆえ、前例はない。どんな副作用が出るかもわからん……そんな術をこれから施す俺様を恨んでくれても憎んでくれてもかまわない……
        それでも……俺様は……!(複雑な呪文を唱え、魔力を集中させていく) -- レイド 2010-08-20 (金) 21:28:32
      • 今、、……(考えるように、そう呟いて身を任せ)
        ふふ、良いわ…それに、この様な状態でも…新しい術というのは、気になるし…ふふ(レイドに微笑みかけ) -- ネクロ 2010-08-21 (土) 13:35:08
      • そうだ、今だ……ネクロ、俺は外道の魔術師だ。お前と同じな
        だから俺様は俺様の為に術を行使する! これは……お前の為ではない。お前と今をまだ見ていたい俺様のた為にすることだッ!
        (複雑な呪文を長々と詠唱し、ネクロの体に直接呪章を刻み込んでいく)
        (それは、超級錬金術師、モーディより智を得た風水術と、死『体』を繰る異境のネクロマンサー、ザンネなどから得た構想より生み出したネクロマンシー)
        (木行の力により大地から吸い上げた生命力を呪章を通じて魔力へと変換し、与える魔術!) -- レイド 2010-08-24 (火) 16:20:22
      • (術を施されれば、驚いて)
        これは…風水……でも、純粋な魔力に変換するのは難しい…筈…(その間も大人しくし術をかけられ、貪欲とも言える位に魔力を身に受け、溜めて)
        …流石は、レイドさん、ね…並みの術者じゃ、こんなことは、、できないわ…(見る見るうちに体のひびが消え、刺青が怪しく光る) -- ネクロ 2010-08-26 (木) 03:42:16
      • こ、これで……終わり、だ……(一通り術をかけ終えれば、レイドの身体から力が抜けていく。異様な集中のせいでもうこっちも力が残っていなかったのだろう。膝からそのまま崩れ落ちる)
        ……ふ、ふふ、当然、だ、ろう? ……俺様は、天才、だ、ぞ……?
        この、程度……造作も、ない……わ…… -- レイド 2010-08-27 (金) 09:57:41
      • …本当に、もう…この子ったら、無理をして…(レイドを抱きとめ)
        …ありがとう……(そっと耳元で、感謝の言葉を囁き、微笑んで) -- ネクロ 2010-08-29 (日) 05:10:55
      • 何、これもまた……俺様が勝手にしたことだ、お陰で……俺様もこれで……
        (がくりと体から力が抜けていく。そのまま倒れこみ、身を任せて眠る)
        (……文字通り、死んだように……)
        (結局、そのまままともに戦う力を失ったレイドは、冒険者から身を引く事になるのだが……まぁ、それはまた暫く後の話だ) -- レイド 2010-08-31 (火) 05:03:53
  • …テトが、帰ってこないわ……
    まだ、まだまだ…覚えないといけない事が…沢山あるんでしょう…?テト…
    馬鹿な子…ね…(椅子に深く腰掛けたまま、深いため息をついた) -- ネクロ 2010-08-09 (月) 16:58:18
    • (そして手元に帰ってきた自分の本を片手に開き)
      (唯一残っていた召喚術式を頼りに、4本の斧を呼び寄せて)
      …本当に馬鹿な、子ね…名前をつけてあげなきゃ…(そう言って一人寂しそうに斧を撫でていた) -- ネクロ 2010-08-09 (月) 21:09:37
      • おや…きょうは随分と寂しいそうだね。ネクロ(棺おけの上に座り、見下ろして -- リッチ 2010-08-09 (月) 21:13:38
      • あ、あら…あなた…そう、見えるかしら…?(いつの間にか起きていた夫に少し驚いて)
        私は……此処で花を見ていただけ…(手元には籠に入った枯れた花を) -- ネクロ 2010-08-09 (月) 21:54:27
      • んふふ…隠したって無駄だよ、僕はいつも君の傍に居るんだ。君から魔力を貰って、君の考える事は全部お見通しさ(棺おけから降り、顔を覗き込むように
        弟子が死んでしまったんだろう? ふふ…君らしくないね。人が死ぬのは沢山見てきたじゃないか(顎に指を沿え -- リッチ 2010-08-09 (月) 22:06:34
      • …なんでも、お見通しね…アナタは…
        えぇ…本当に私らしく、ないわね…こんなの…
        可愛い子で、とてもまぶしい子だったわ…天辺を取るって…言っていたのに…
        少しの間だけど、生きていた気がするわ…アナタ…私は贅沢になったのかしら…ね(夫の頬に手を這わせ、微笑んで) -- ネクロ 2010-08-09 (月) 22:34:30
      • 何もおかしくはない、所詮傍に居る僕は死人。何も出来ず、滅多に出てくることも無い(後ろに回り、ネクロに腕を絡め
        君は僕と違って生きてるんだ、だからこそその証拠に他の生き物を殺す。他の生き物を殺す事が生きている証拠なんだよ(クスクスと笑い、耳元でそう囁き
        だから贅沢ではないさ、だって僕が死んだとき君は悲しんでくれた。今回もそうなっただけさ
        生きているものは生きている限り何かを生み出せる…僕達死人と違ってね(意味ありげに笑い、胸を撫で -- リッチ 2010-08-09 (月) 22:43:54
      • ん…もう…相変わらず、意地悪な人…(夫に体を撫でられて、くすっと笑い)
        ふふ、ありがとうアナタ…珍しく慰めてくれるのね…(夫に体重を任せるように寄りかかり、ゆっくりと) -- ネクロ 2010-08-09 (月) 23:04:57
      • あぁ…僕は僕に都合のいい骨だからね?(頭を撫で
        怒っても構わないのだよ? 僕を縛るつもりが逆に縛られてる君は、さぞ苦しい事だろう(クスクス -- リッチ 2010-08-09 (月) 23:08:53
      • 怒らないわ…これは私の罪…アナタと離れたくなかった、私の罪よ…(夫に甘えるように)
        こうして、アナタが傍に居て…私を愛してくれる…それだけで私は十分…アナタ、愛しているわ…(生命力にあふれる弟子に希望をみていたのかもしれない、それでも、最愛の人に抱かれ)
        (絶望と苦痛に抱かれて、安らぐ) -- ネクロ 2010-08-09 (月) 23:28:25
      • 僕も愛しているさ、でも幸せな君も見てみたかったよ。僕みたいなボンクラ相手じゃなくてね?(からかうように笑い、抱いて
        ふふ…今夜は添い寝でもしてあげようか(クスクス -- リッチ 2010-08-09 (月) 23:34:57
      • もう、馬鹿……(拗ねる様に)
        大体、リッチがバナナの皮で滑って転んで、、墓守のお仕事はしないし…畑仕事ばかりして遊んでいるから、こうなったんじゃないの…(こつんと夫の頭を叩いて見れば何も入ってない様な音が返ってきて)
        ふふ…うん…今日は、棺で寝るわ…(ぎゅうと夫を抱き返し) -- ネクロ 2010-08-09 (月) 23:49:09
      • それを言われると少し困ってしまうね、僕はほら。気分屋だから(叩かれれば頭をさすり
        んふふ、君がいつも寝ているところには寝かせてくれないのかい?
        それとも僕が生きていたころを思い出して恥ずかしいのかな?(意地悪に笑い -- リッチ 2010-08-09 (月) 23:51:50
  • ネクロ……様子みにきたぞ、身体の具合はどうだ?(まじめそーなかお) -- レイド 2010-08-08 (日) 14:32:34
    • レイドさん…ふふ、いらっしゃいまし…
      ええ、大分良いのだけれど…ここ最近まともに食事もしていなくて…どうも、体も調子が良くないわ…
      レイドさんの方こそ、どうかしら…?ふふ、調子は良い…? -- ネクロ 2010-08-08 (日) 23:29:35
      • 俺様はいつでも大丈夫だ、こう見えて頑丈だからな?(本当は貧弱ぼーやだけど強がる)
        ……食事、か……テトの奴が何かしら講じるとはいっていたが、アテにならんな……やはり、俺様がどうにか! -- レイド 2010-08-09 (月) 01:02:55
      • そうね…レイドさんは若いものね…ふふ…
        あら…レイドさんが何か効率の良い、方法を考えてくれるの、かしら…?(ゆっくりと足を組み微笑んで) -- ネクロ 2010-08-09 (月) 17:04:57
      • ふ、ふん! 研究の片手間にそれらしい方法がありそうだから提供してやろうと思っているだけだ!
        (などと照れ隠しに言ってはいるが、本気でネクロの心配はしているようだ) -- レイド 2010-08-09 (月) 18:13:21
      • もう…ふふ、素直じゃないけど…可愛い子…(くすくすと笑い)
        それでは、お願いしようかしら…最近、、人を食べるのを、、控えているから…(帰ってこない弟子が脳裏に浮かぶ。良い子だったあの子は人らしい最後だったのだろうと) -- ネクロ 2010-08-09 (月) 20:37:10
      • ……任せろネクロ
        ……お前まで俺様は失う気はない……!(キッと虚空を睨み、マントを翻して踵を返す) -- レイド 2010-08-10 (火) 14:50:42
  • あれから体の具合はどうっすか? 師匠がしっかりしてくれないと困るっすよ
    あぁ、そうだ 俺学園寮から近所の男子寮に移ったんすよ バカな連中ですけど結構楽しくて(久しぶりに色惚けしてない顔を向ける) -- テト? 2010-08-05 (木) 00:15:54
    • あら…ずいぶんと長く…寝ていた様…(椅子に座ったまま、うつらうつらと)
      …男子寮…ふふふ、楽しそうね(微笑ましく思いつつ、少し寂しそうに) -- ネクロ 2010-08-07 (土) 06:40:32
      • まだ寝てていいっすよ 俺のほうなら自主練だけでなんとかなってますから それと、これを差し入れ(籠に入った花束を渡して)
        一応クリスマスプレゼントってことで 寮の近くに花屋さんができてたんで覗いてみて きれいだったんで…… つ、ついでっすよ?(ネクロのそばではすぐに萎れることをしらないで) -- テト? 2010-08-07 (土) 07:57:51
      • …ごめんなさいね…ふふ、駄目な師匠で…(くすくすと笑い)&br:プレゼント…花?(籠を受け取るも、知識として美しいと解る物の見た目の美しさが解らず)
        テト、ありがとう…ふふ、この花は、綺麗かしら…?(ネクロが籠を握れば花は直ぐに枯れ)
        (それでもニコニコと上機嫌に弟子に聞く) -- ネクロ 2010-08-07 (土) 18:27:13
      • お店の人にオススメをセットにしてもらったのできれい……(萎れていくのを唖然としてみながら)香りはー……とてもいいですよ ドライフラワーになっちゃいましたけど
        目だけじゃなくて師匠は鼻も利かないんすか?(せっかくのプレゼントが無意味としると少し肩を落とした) -- テト? 2010-08-07 (土) 18:58:04
  • (珍しくスケルトンをつれず、大量の魔道具と書物を持って男は現れる)
    (少しばかり汚れたメガネをあげなおし、若干疲れた声で)
    ……ネクロ、久しいな -- レイド 2010-08-03 (火) 11:17:14
    • あらあら、レイドさん、ふふ…お久し振りね?…どうしたのかしら?ずいぶん、、疲れてそうだけれど…?(その様子を観察しながら、にこりと微笑んで) -- ネクロ 2010-08-03 (火) 14:45:43
      • 思うところあってしばらく大陸に渡っていただけだ。術の研究資料などをだいぶ仕入れてきた……(ごとっと、それらの物品を並べる)
        (こちらの地方ではみられない、あらゆる資料や魔道具が無数にある)
        ……お前も何か使うかと思ってな -- レイド 2010-08-03 (火) 14:53:59
      • なるほど…ふふ、何か良い成果や収穫があったのかしら?(とレイドに聞きつつ並べられた物品を興味深そうに) -- ネクロ 2010-08-03 (火) 15:01:32
      • それなりにはな……いろいろと得るものはあったが、死体の保存や補修に関する技術については俺様よりもネクロのほうが欲しいだろうと思って持ってきたのだ
        適当に見繕ってくれ……俺様は少し休む(そういって、勝手に隅に座り込む)
        ……そういえば、弟子のほうはどうだ? よくやっているか? -- レイド 2010-08-03 (火) 15:06:31
      • ふふ、ありがたいわ…でも、私は保存しておくタイプでは、ないのよねぇ…一応此処は結界がはってあって、傷まないようにはなっているのだけれど…(座り込むレイドを見れは優しく微笑んで)
        テトは…そうねぇ…覚えが早く、中々楽しいわよ?ふふ…魔力の使い方もわかってきたみたいで、召喚術も使えるのよ?(くすくすと)
        最近は、吸収術ばかり練習しているよう、だけれど… -- ネクロ 2010-08-03 (火) 15:16:56
      • そうか……まぁ、それなら、あとで持ち帰るよ……(微笑むネクロを見て笑い返していたが、ネクロがテトを褒める様を見て少し顔を曇らせて)
        ……召喚術か、ふん、なるほど……まぁ、ネクロに教わっているなら当たり前だろう
        ……できないほうがおかしい(と、不機嫌そうに) -- レイド 2010-08-03 (火) 16:36:58
      • (その様子を見て、少し困ったようにクスクスと笑ってみせて)
        ふふ、、それでも使ったら、直ぐに倒れてしまうのだけど…(椅子に座っていた物の、重そうな腰を上げてゆっくりとレイドに近づき)
        …(何も言わず目の前でしゃがんで、優しく微笑みゆっくりとレイドを撫でて) -- ネクロ 2010-08-03 (火) 16:53:39
      • はっはっは! いい気味だ! そりゃあいきなり術の行使などド素人がすればそうなってとうぜ……(不意に頭をなでられて、顔が紅潮する)
        な、なんだ、ネクロ……いきなり何を……!?(少し驚いた様子でそうおどおどと) -- レイド 2010-08-03 (火) 18:38:16
      • ふふ、機嫌、良くなるかなって…思って(耳元で小さく囁き、くすくすと笑ってゆっくりと撫でる)
        (少し子供っぽくも見える笑顔で、優しく) -- ネクロ 2010-08-03 (火) 18:49:05
      • べ、別に機嫌が悪かったわけじゃ……!(すぐにバレる嘘をつきつつも、大人しくそのまま撫でられる)
        (ひんやりと冷たくて、か細いネクロの手が……心地良い)
        ……(黙って、そのまま頭を撫でられ続ける)
        (酷く、落ち着く) -- レイド 2010-08-03 (火) 19:03:00
  • コンニチハー。同僚のサイドカーだよー(トロトロ運転でやってくるサイドカー…側車のみ)
    今日は、家庭訪問に来たんだけどー(なにやら勘違いしているらしい)…サンドマン先生と同じ月にパーティ半壊かー
    ダイジョウブー? -- サイドカー? 2010-08-02 (月) 21:29:01
    • あら、あら…?ええと…確か学校の…(結界内の気配、直ぐに生物ではないと悟り)
      (ゴーレムの一種かしら?自立稼動している様だけれど…中々珍しいわね…)
      ふふ…他の人はどうかワから無いけれど…私はとりあえず、大丈夫…ですわ…(同僚に微笑みかけて) -- ネクロ 2010-08-02 (月) 22:47:27
      • そっかー。うん、生徒に健康のタイセツさを説く保険医さんだもんねー(前輪のサスを浮き沈みさせて、うんうんと頷く)
        じゃ、家庭訪問はじめまーす。おウチのコトで困ってることなーい?
        それと、夏休みの抱負はあるかなー? -- サイドカー? 2010-08-02 (月) 22:54:42
      • ふふ、そうねぇ…(健康の大切さをと言われればなんとも言えない顔で頷き)
        家庭訪問…?ふふ、ええと、、サイドカーさん、は…中々律儀なのね…(くすっと笑い)
        家の事では、そんなに困っては居ないわ…夏休みの抱負は…ふふ、「食べ過ぎない」事かしら…?(くすくす) -- ネクロ 2010-08-02 (月) 23:04:28
      • 「食べ過ぎない」かー。うーん、「夏バテをしない」のさらに上を行く目標水準…ネクロ先生の健康管理にかける情熱には恐れ入ったよー(あらゆる車輪のサスを沈めて平伏する)
        こんなに健康的なヒトが保険医なら僕らの学校は安泰だねー(とても満足げだ)
        …それじゃ、他の先生のトコにも行ってくるねー。お邪魔しましたー(キュ、と踵?をかえして去っていく) -- サイドカー? 2010-08-02 (月) 23:11:13
      • ふふ、はい…(満足げなサイドカーを見てやんわりと微笑んで)
        えぇ、気おつけて…(その様子を見送り)
        …「喰い」過ぎない、様に、しなくちゃ、ね…貴方…♥(棺に手を添えて、目を瞑って) -- ネクロ 2010-08-02 (月) 23:36:07
  • し、師匠……大丈夫っすか? また首切られたりとかしてないっすよね?(師匠のマゾっぷりにちょっとだけ慣れてきたが心配なものは心配なのだ) -- テト? 2010-07-31 (土) 18:52:56
    • ふふ、ただいまテト…少し、興奮しすぎた…わ…(ボロボロのまま帰ってきて) -- ネクロ 2010-07-31 (土) 22:35:39
      • ハッスル……ってやつすか(イス用意したり着替え用意したりして)
        大きな欠損はないすか? 補充とか補給とか……準備しますから -- テト? 2010-07-31 (土) 22:44:44
      • ええ、まさかグールに、、良い様にされるとは、思わなかったわ…(テトの用意した椅子に深く腰掛け、ぼんやりと)
        (よく見ると内臓が食い荒らされているようで) -- ネクロ 2010-07-31 (土) 22:55:32
      • ちゃんと食事をとらないからっすよ 前回も応急手当しかできてませんでしたし……(ちらりする内臓にクラクラしながら)
        師匠ってば最近ずっと病んでるというか……痛んでるっすから 十分休養とって欲しいっすよ -- テト? 2010-07-31 (土) 23:25:58
      • ふふ…そうね…でも、生きている人間は…中々、食べられないから…(くすくすと笑い)
        でも、流石にこれじゃあ…人前に出られないわね…どうした物かしら…?(椅子に座りながら食い破られた腹をどうしたものかと) -- ネクロ 2010-08-01 (日) 00:06:54
      • どうしたものって言われても 俺はかどわかしも死体運びもしないっすよ?(命令されたらしてしまいそうな自分を牽制するように)
        とりあえず縫う……とかですか? 前みたいに軽い食事なら俺から吸ってくれてもいいすけど -- テト? 2010-08-01 (日) 10:15:52
      • 流石にテトにはそんな事させられないわ…それに、また食べ過ぎてしまうかもしれないし…(恥ずかしそうに笑って)
        仕方ないから、綿でも詰めておくわ…まあ、あんまり、、変わらないわよね… -- ネクロ 2010-08-01 (日) 13:51:06
      • 枕の中身じゃないんすから綿って選択肢はあまりにもあまりっすよ…… 見た目同じサイズになっても重さも感触も随分違いますって…… -- テト? 2010-08-01 (日) 14:14:02
      • 同じよ…私にとってはね…ふふ♥(とりあえず綿を詰めて、何とか見れる様にして)
        あとは、、そのうち直るわ…少し遅くても………ん(疲れていたのだろう。乱れた服のまま、すうすうと寝息をたて) -- ネクロ 2010-08-02 (月) 01:32:18
      • 無頓着は衰えをうむっす! もう少しみなりに気をつけて欲しいっすよ(俺の憧れの師匠なんすから……)
        そんな格好で寝ると風邪ひくっすよ? ……ひくわけないか でも、ダメっすよ ……んもう、聞いてないし(衣服をなおそうと手を伸ばし)
        師匠もお疲れなんすね 俺が師匠のポーション代わりになれたいいのに(そんな気持ちもあって吸収術ばかり勉強しているようだ) -- テト? 2010-08-02 (月) 05:47:21
  • 師匠ー? あれ、いないすか?(適当に座る場所を確保するとマナコントロールしつつ魔法書を読み耽って)
    せっかく進級した報告をしにきたのになぁ -- テト? 2010-07-29 (木) 00:55:45
    • (ゆっくりとした動作で帰ってきて)
      ふう…あら、テト…ただいまかしら…(結界内に居たテトに気づき、ただいま と言って) -- ネクロ 2010-07-29 (木) 01:12:38
      • おかえりなさいっすーー!! 進級して3年生になったんすよー!(結構待って寂しかったのか飛びつこうとして足がもつれる 痺れていたようだ) -- テト? 2010-07-29 (木) 01:18:10
      • あらあら…ふふ、そう…(足がもつれた弟子を受け止めて、胸に抱きとめ)
        おめでたいわね…?ふふ、おめでとう、テト(優しく微笑み、テトを撫でて)
        (良く見れば肌はひび割れ、首には切り傷が見えるかも知れない) -- ネクロ 2010-07-29 (木) 01:21:45
      • 卒業まではあと1年あるっす、けど……??(体の異変に敏感に気づいて) どうしたんすか? これ?
        なんかいつもと違うと思って 別に毎度覗いてるわけじゃないっすよ? 師匠がチラチラさせるから……
        首とかひどい傷っす また冒険でやられたんすか?ちゃんと手当てしないと……(もちろん普通の手当てでないことは覚えている) -- テト? 2010-07-29 (木) 01:29:39
      • ふふ、どうって事はないわ。この程度なら、浮遊霊や大気のマナで時期に直る…(テトを撫でながら微笑みかけて)
        1年…なんてあっという間よ?ふふ、頑張りなさい?(抱き寄せているので胸がテトの顔にあたり、際どい) -- ネクロ 2010-07-29 (木) 01:38:36
      • よく見たらその傷、首一周してるじゃないすか! どうって事ありますって! 見てるこっちが辛いッすよ
        (も、もう自分で立てるっすから!と痺れた足で踏ん張って)本当に治さなくていいんすか? 肌もガサガサっていうかベリベリ割れてて……(もっとむっちりしてたほうが好きとはさすがに言えない) -- テト? 2010-07-29 (木) 01:56:56
      • ちょっと、首を切ってしまって…(平然とそう言って、くすっと笑い)
        …ふふ、テトは優しいわね?…でも、流石に貴方を食べるわけにはいかないし…(心配する弟子を横目に、椅子を召喚し、何時もの様に腰掛けて) -- ネクロ 2010-07-29 (木) 02:10:06
      • 切って……?? 師匠、言ってる意味がわかんないんすけど……?(ネクロが慌てたり驚いたりするところが想像できなくて、妙に神格化されていく)
        師匠になら食われてもいいっすよ? 痛んでるのみるの辛いッすから、少しくらい……(献血気分で腕を差し出して) -- テト? 2010-07-29 (木) 02:14:20
      • そのままの意味、だけれども…?(ニコニコとしながら、手で首を切るジェスチャーをしてみせる)
        む、、そう言われると…はぁ…♥我慢が、出来なくなりそうよ?(口を吊り上げ、舌なめずりをして弟子を見て) -- ネクロ 2010-07-29 (木) 02:29:16
      • いやあの、そうじゃなくて それもわけわかんなかったすけど(首を切られたのを無理矢理納得して、それはどうしてそうなったんです?と問い詰めながら)
        霧にならない程度っすよ!?? 調整は……できるっすよね?(腕を引っ込めそうになるが、男に二言はないと踏みとどまって) -- テト? 2010-07-29 (木) 02:32:04
      • (問い詰められれば)そうねぇ…魔術的な視点から見聞を広めようと思って、少しね?(弟子の腕を掴み)
        大丈夫、加減するわ…ふ、ふふ…テト、ごめんなさいね…?(そう言って謝りつつも体中の刺青が赤く光り、握る手に力を込めて)
        (見る見るうちにひび割れや傷が直り、まるで何事もなかったかの様に。しかし掴まれた腕からは熱が失われ、疲労感や脱力感に見舞われるであろう) -- ネクロ 2010-07-29 (木) 13:29:26
      • (二度と傷つくような真似しないでください……などと言えるはずもなく)ほどほどにしてくださいっすよ?(それは食事にもかかっている言葉)
        ほど……どに(えもいわれぬ虚脱感に襲われ視界がブラックアウトする)し、しょう……
        吐く、より いいすけど…… すごく 眠い す……(冷え切った腕を抱きしめて崩れるように転がった) -- テト? 2010-07-29 (木) 15:47:03
      • んぅ…わ、わかっているわ、テト、程ほど、程々よ…(そう言いつつ握る手には更に力を込めて)
        はぁ…美味しいわ…テト、ふ、ふふ、おいし…(と言っている間にテトの様子に気づく)
        あら…あら…?あ、あぁ…テト、大丈夫…?(自分でやっておいて何だが、吸いすぎたと思い)
        ど、どうしましょう…すこし、食べ過ぎたようね…(床に転がるテトを抱きかかえ、ベッドに寝かせて) -- ネクロ 2010-07-29 (木) 20:21:29
  • お困りかー?お困りかー?あの、骨とか動かす…えーと…レ、レンブラント?に聞いてきたんー 何かあの、首斬りに来たよ 即解決する(超物騒なことを口走りながら涼しい部屋をノックノック) -- ザンネ 2010-07-27 (火) 20:53:51
    • あらあら…この前の、、(召喚したスケルトンに扉を開けさせて)
      ふふ、来て早々…物騒ね…?(くすっと笑い、来訪者を見て) -- ネクロ 2010-07-27 (火) 21:07:04
      • すずしい…(すずしい顔)(あとスケルトンにビクッとする 理由はレイドの奴と違ってあんまり親しみやすい造形ではなかったから)
        身体動かすのにな?自分の術を使ってて大変、とか何とか聞いたん(身振り手振り、要するに「自分の身体のアンデッド化、及びネクロマンシー」の燃費に付いての話を聞いた、ということらしい)
        そこで一発、すぱーんと首を切ってな?頭だけ頑張って動かして、身体は紐で引っ張る 便利 -- ザンネ 2010-07-27 (火) 21:12:24
      • (用を済ませたスケルトンはそのままガシャリと崩れ、跡形も無くなり)
        ふ、ふふ…レイドさんかしら…あまり、誇れた事ではないから…隠しているのだけど(くすっと笑って)
        なるほど…確かに便利そうね…?しかし、統率から離れた物は長くは持たないわ…切り離された体自体の維持、が、、難しくなると、思うわ(口ぶりは穏やかだが、注意は怠らず来訪者の観察をして)
        (ふむ…となれば…この子は傀儡使い…か…さしずめ死体を操るマリオネストという所かしら…) -- ネクロ 2010-07-27 (火) 22:33:26
      • (崩れたスケルトンにまたビクッ)それだ、レイド?そいつ 死ねばいいと思う、今回の件とは関係なく?
        あいつは平気みたいだけどな、吾の方法だと涼しくしないと駄目 だからこうな、本体は保存しといてな?(ごそごそ氷を取り出す 結構溶けてる)
        普段は別の身体を使う、便利?(落っこちた骨に「これはだめだなー?肉も神経もないから」と注釈を加えつつ) -- ザンネ 2010-07-27 (火) 22:40:48
      • なるほどね…確かにそれならば…スペアが利くのは便利…とも言えるわね…中々面白いわ…(真面目に来訪者の話を聞きながら、応用を踏まえた魔術が作れないかと思考しつつ)
        その術の最大の難点は、首だけで活動でき、尚且つ術を行使できるモノが居るかどうか…という事ね…
        因みに、私は、、そんな器用なことが、出来ないわ…ふふ(済まなそうに来訪者に笑いかけて) -- ネクロ 2010-07-28 (水) 00:24:14
      • できないのか?!いいこと聞いた…(魔術っぽい奴でも首を切れば殺れる、とメモるザンネさん)
        (これはダメそうだ、と悟ったか すこしの間を置いて、今日尋ねた理由を語り始める)
        うむむ…あのな?吾な?死んだ献体ばっかり操るからな?動かした感想とか、操ったことによる影響とかもうちょっと詰めたくても微妙にわからない?
        (もじりもじりと恥ずかしそうに)だからな、たまに首付けて、どんな具合か直接聞いて検証したかったんだ…?(ちょっと残念そうに) -- ザンネ 2010-07-28 (水) 00:33:01
      • なるほど、ね…でも、恥ずかしながら…人間として機能している部分の方が、すくないし…良い反応が得られるとは、あまり…(くすくすと笑って見せて)
        それは、腕とか、足だけとかでは、駄目なのかしら?その程度の部分ならば、協力出来そうよ?(来訪者に微笑みかけて) -- ネクロ 2010-07-28 (水) 07:17:56
      • あんまり変なところで切ると、間の別人の部分の抵抗が大きい?(ぺたぺた肌を触りつつ)
        吾のは基本的に身体は1セット、切ったり貼ったりすればその分効率は落ちるんだ?自然のままが一番ってことね
        (確かに冷たい…切り売りは負担にもなるだろう 魔術的なことはさっぱりだが、外科手術の繰り返しが身体に与える負担ならばよく知っている) -- ザンネ 2010-07-28 (水) 19:23:43
      • なるほど、ね…確かに部分を細かく動かすなら、大きな固体から動かす方が効率的ね…ふむ…
        では、やはり体を使ってみます…か?私も魔術的な視点での研究として、実に興味深いものがあるし…
        ただ、あまり長く離していると体の崩壊を招くかもしれないから…その点を踏まえて、私の目の前での躁術ならば、少し位はお貸ししても宜しいわよ…?(クスクスと笑って) -- ネクロ 2010-07-28 (水) 19:48:39
      • いいの?!首とか斬っていいの?(輝く眼)
        あ、でもなーそれならもっと準備とか、記録とか取らなくちゃ…よし、よしよし(頭の中で検証の算段を立て始めたようだ)
        うん、じゃあ準備できたら吾のうちにくるといい!失敗しても修復が簡単?(こくこくと頷いて) -- ザンネ 2010-07-28 (水) 19:59:29
      • では、鉄は熱い内にとも言いますし…今から出向きましょうか。(重たそうな腰を上げて、棺に手を這わせて)
        ふふ、どうかしら?それを調べる為にも、ね?(笑いかけて)
        あ、それと、、貴女の名前、聞かせてもらっても…宜しいかしら? -- ネクロ 2010-07-28 (水) 20:06:22
      • (先頭を行き、楽しげにスキップで進む道化のような少女 少女?疑問には短く答える)吾はザンネ ザンネ・フランケンシュタイン?
        (恐怖の人体実験がピクニックのような陽気さで始まろうとしていた…) -- ザンネ 2010-07-28 (水) 20:13:19
  • (地面に魚影のようなものが映っている -- アトリア 2010-07-27 (火) 04:18:59
    • あらあら?何かしら…?(と言いながら別に動じもせず、魔術書を片手に) -- ネクロ 2010-07-27 (火) 04:21:03
      • (すいーっと地面から顔を覗かせるは童顔有角の少女)なによんでるの? -- アトリア 2010-07-27 (火) 04:22:08
      • …む(人間の魔力の質では無いわね…これは…ふふ)
        …いらっしゃい、、これは…そうねぇ…魔法の本、かしら…?おばさんはね?こうして本と睨めっこして、魔術の研究をするのが好きなの…ふふ
        アナタは…魔法に、興味があるのかしら…?(くすくすと笑って) -- ネクロ 2010-07-27 (火) 04:26:28
      • はー……つまるところまほーつかいなわけですかー……たいへんそうですねえ。(ぽけーっとその有様と、部屋の様子を見つつ)
        (手を地面について、ゆっくりとその体を引き上げる。顔を見たとおりの背格好だ)
        いんや?だって、にちじょうてきにつかうものにきょうみはもたないでしょう?ハブラシやスプーンにきょうみをもつひとはそんなにいないよ。 -- アトリア 2010-07-27 (火) 04:29:38
      • ふふ、それも、そうね…?(結界内の来訪者から読み取れる情報はどう見てもただの子供の容姿。ふむ…日常的に魔術を使う…こんな子供が…?これは、私の手には負えない、モノ…か…)
        ふふ…アナタは、凄いのね…私なんて、そのハブラシやスプーンの一つさえ…まだまだわからないのに…(くすっと笑い、来訪者に微笑みかけ)
        えぇ、、私は、まだまだ、未熟な魔法使いよ…アナタは?(相変わらずにこにことしたまま、子供に話しかけるように) -- ネクロ 2010-07-27 (火) 04:42:33
      • いやーそれほどでも……2000ねんもいきれば、いやでもおぼえるよ、つかいかた。
        アトはドラゴン、まほうつかいどころか、にんげんでもないよ。よろしくねおねーさん。(にぱっと微笑みかけて、握手の手を差し出す)
        そーいえば、おねーさんはどんなまほうをけんきゅーしてるの?それはきょうみあるなっ! -- アトリア 2010-07-27 (火) 04:45:26
      • 2000…私より5倍は…生きているのね…ふふ(くすりと笑って)
        ドラゴン…なるほど、道理で…でも、アト?は、ドラゴンの中でも、凄いドラゴンね…?私の見た事のある中でも、一番かもしれないわ(アト、と名乗った少女の微笑みに返すように優しく微笑み返し、握手をしようと手を差し出して)
        (差し出された手はひんやりと冷たく、とても人間とは思えないだろう)
        …私の?うぅん、魔術師は本当はあんまり、こう言うのを教えちゃいけ無いんだけど…アトが可愛いから特別に教えてあげるわ。(持っていた魔術書を閉じて)
        おばさんはね、知識の魔術を研究しているのよ、ふふ…魔法、というものを、記号化させて、理解する…という、研究…(自分が死霊術師とは一言も言わず、普通の魔術師としてアトに説明をする) -- ネクロ 2010-07-27 (火) 04:56:14
      • おねーさんは400さいなのかー、けっこういきてるね!(けらけらと)
        そっかなー、うえにはうえがいるよ?そのひとはねんれい9ケタいじょうだったけど……ん、つめたい。
        (握った手は冷たいが、先に400年生きているという情報を得ているので、その弊害だろう程度に考えた。)そういえば、おねーさんなまえは?アトはアトリア。
        ちしきのまじゅつ……?まほうをきごうに。……?(良く分かってない)アト、そういうろんりてきなことにがてだからなー…… -- アトリア 2010-07-27 (火) 05:01:53
      • 500、位かしら…あ、でも、400って言った方が、若いわよね…?(極めてどうでも良い事なのだが、鯖を読もうとしてみて。しかし先に年齢を言ってしまったので既に失敗している。)
        ええ、本当かしら…ふふ、それほどまでに…一度、お話を聞いてみたい、わね…(目の前の龍ですら人の身には余る知識と知りながら、ソレの語る凄いヒトとやらにも驚きを隠せないようで。術者として話を聞いてみたい、と言う顔をして)
        そういえば、まだ名のってなかったわね…私はネクロ、ネクロ・スカルマリア、、と申します…ふふ、よろしくね…アトリア…(にこりと優しく微笑みかけて)
        (内心、この力はどの様な原理で動いているのか。何故子供の姿をしているのか。と、色々な知識欲が沸いてくる)
        あらあら…ふふ、わかり難かったかしら…?(アトリアを見て、くすっと笑って)
        つまり、ね。魔術エネルギーを記号に変換して、それを本に書き写しているの…ふふ。例えば、アトリアを「1」と仮定するわ…
        それを本に書き込むの…1、と表記された物はアトリア…こういった理論から、すべての術やエネルギーを、独自の記号や数学的な数値で変換し、読み解き、使用する…魔術の研究…という事、よ。ふふ、わかった?…アトリア(本人はわかりやすく説明したつもりらしく、満足げに) -- ネクロ 2010-07-27 (火) 05:19:21
      • あはは、400も500もかわりませんよう、すがたもかわらないんでしょう?(とても面白いコントを見たかのように笑って)アトも2000からさきはかぞえてないや。
        でもさいきんどっかいっちゃったからなあ、ちょーろー。あたらしいせかいでもつくりにいってるのかもね。あってもセクハラされるだけだよー、エロジジイだから。
        ネクロおねーさんですね、よろしくー!おもしろいなまえだね?がいこつのめがみかあ。
        (どんな疑問も尋ねれば答えるだろう。少女にとって知識は大事ではない。彼女が大事にするのは感覚だからだ)
        あー!つまり、まじゅつテクストをマクロかするんですね!1!っていえばファイヤボールがでるかんじで!べ、べんりかも……!(この程度の理解だ) -- アトリア 2010-07-27 (火) 05:25:51
      • (100を変わらないと言われ)む…むぅ…で、でも、気になる物は、気になります…わ、私だって…それは、もうおばさんかもしれないけれど…若く、見られたいもの…(微妙な乙女心を覗かせる)
        そんな、凄い人が…性的な要因に走る、とは…中々に生物としても、興味深い…ふふ、駄目ね…どうしても、人間の秤で見てしまうわ…はかり切れる物でも、無さそうなのに…
        (聞きなれない単語に首をかしげ)マクロ化…?なにかしら、それは…長い…?
        もしかして、これが高位の龍種の使う、魔術構想の一つなのかしら…興味深い…わ、、(考え込むように) -- ネクロ 2010-07-27 (火) 05:41:45
      • んひひ、でもネクロおねーちゃんはすっごくいろっぽいよね!こんなふうにアトもなりたいなあ……(おっぱいガン見しつつ)てゆーか、500でそれならかなりわかづくりだとおもうけど。
        アトもよくおしりとかさわられたよー、あのエロジジイめー! んー、でもこのへんにすんでるドラゴンはみんなしょたいじみてるからそれでもいいとおもうよ?
        いやいや、ちがうちがう。かんたんにいえばかんりゃくかですよ。ファイアボールってえいしょうすんのがダルいから,辰討いΕ好撻襪縫侫.ぅ▲棔璽襪鬚箸Δ蹐しといて、 ってさけべばファイアボールがでるかんじ。ってこれじゃないの……?(益々頭を捻る)
        //自分から誘っといて申し訳ない!もう寝ます……文通で!) -- アトリア 2010-07-27 (火) 05:47:00
      • そ、そうかしら…?もう、何年も自分の姿を、視覚的に見た事が無いから、わからないわ…(全ては知識としての情報を元に物事を把握しているに過ぎない彼女)
        簡略…なる、ほど…マクロ化、とは簡略という、意味なのね…ふふ。
        (アトリアの術の構想を聞きながら頷き)なるほど…魔法陣を使った、無詠唱魔術、及び召喚術の様なモノね…それは。
        違うわ、アトリア…ふふ、知識として覚えた魔術でも、ちゃんと手順を踏んで行使することになるわ…
        私が行っているのはあくまで、「知る事」だから…
        アトリアは…この世の中の全てを、知りたいとは、思った事はないかしら?そう、神への挑戦…死をも、覆す…永遠よ…(クスクスと笑い、直ぐ隣に置いてある棺を愛しそうに撫でて) -- ネクロ 2010-07-27 (火) 06:00:16
      • うーん、めかくししてるからだよー……そうだ、アトのしかくじょうほうをでんぱにのせてネクロおねーちゃんにおくればいいんじゃないかな!
        ちがうのかー……しることねえ……なんかむずかしいことしてるなあ(うーと唸って)
        このよのすべてを?うーん、ムリなことはしないしゅぎかなあ……しをもくつがえす、えいえん……ふうむ。
        とうようにはおもしろいがいねんがあります。「転生」……あるいはリイン・カーネーション。そのてんせいをかぎりなくはやくおこなえたら、えいえんだとはおもいませんか?
        (妖しげな棺を撫でる様子と、先程の発言から、この人物が屍霊術師であることがなんとなく分かってきた) -- アトリア 2010-07-27 (火) 13:41:44
      • でん、ぱ…?ふふ、アトリアは難しい言葉、沢山知っているのね…?(流石は龍、と言った顔でアトリアを見て)
        転生…ソレは聞いたことがあるわ…一度死んでも、廻って新しい生を受ける、という事、よね?
        でも…そんなのは、人の身には過ぎたる力なのよ…ふふ、アトリアはその永遠を、手に入れたの…?(少し羨ましそうに聞いてみて)
        人間はアトリア見たいに、、すごい事が出来ないから…ね(優しく微笑んで) -- ネクロ 2010-07-27 (火) 17:55:02
      • ふふ、ダテに2000いきてませんよ。うーん、まあようはアトがみているものをネクロおねーちゃんののうみそにつたえるってことです。
        そゆこと。カンタンにいえばたましいのいれかえなわけ。アトはね、しんだからだにいろんなものをすわせてあたらしくして、そこにたましいをもどすの。きゅうしゅうてんせいとかいわれてる。
        てにいれたっていうか、そういうしゅぞくなの。でもこれ、ニンゲンにもできなくはないよ?てんせいじたいはだれもができるんだから。
        ネクロさんは、どんなほうほうでえいえんをてにいれようとしているの? -- アトリア 2010-07-27 (火) 17:59:30
      • なるほど…固体のイメージの共有か…ソレを可能にする魔術構想の事を、電波…と言うのね…(手元の本の白紙のページになにやらメモをして)
        転生……構想的には、外的要因によるエネルギーの補給、それに伴って一度離れた魂の定着…魂と言う概念が難しいわね…しかしながら出来るという以上は出来るのね…中々、興味深いわ…(アトリアの話を聞き、神妙に頷いて)
        そうゆう種族…なるほど…それならば、単一にして永遠のサイクルを可能にした「個」と言う事…ね。…ふふ、確かに、神にも勝る…まさに完璧な生物としての存在という事、かしら…
        でも、そうなると起源が気になるわね…どうゆう過程を踏み、その転生のサイクルを可能にしたのか…繁殖により進化した物ではない筈だから…長く生き、力を蓄えた龍種が、自らの魔術構想を元に生み出した…と考えるのが正しい、のかしら…(ぶつぶつと一人で思考し)
        …む…、私?ふふ…私はアトリアの足元にも及ばない、稚拙な構想よ…?(くすっと笑い)
        私はね…人その物を情報として解読し、エネルギー体に書き写し、それを停滞、維持させる事によってその物を留める…という構想、よ。
        人の記憶、心、人格までも知識の一つとして捕らえる事が出来れば…その人を生き返らせられる事が出来ると思ったの…ふふ… -- ネクロ 2010-07-27 (火) 18:44:55
      • う、うーん、なんかまちがったことおしえてそうでこわい……!も、もしきょうみあったらちゃんとしらべてみてね!ウノミにしちゃだめだよ!(メモしてる様子を見て慌てる)
        たましいをていちゃくさせるステップは、たましいのじょうたいでじぶんをじぶんだとにんしきしていなければなりません。つまり、しごもいしきをもっていないともどれない……とおもう。
        かみにはまさらないよ、かみさまがつくったこたいなんだから。こりゅうしゅなんてのは、しんかとかをすっとばしていきなりつくられたしゅぞくがおおいんだよ。
        しぜんてきなものでなく、かんぜんにぞうけいぶつとしてつくられている、っていうのがいちぞくかんではゆうりょくなせつだったかなあ。まあもうそのいちぞくもみんないないけど。
        ふうむ、なるほど……ひとじたいをテキストとしてほぞんして、にくをもたせればひとになる、か……りにかなってますねえ。
        でも、それってすごいぼうだいなりょうの「知識」になっちゃうんじゃない?どれだけのうみそのようりょうがあればりかいできるのかわからないよ。 -- アトリア 2010-07-27 (火) 18:52:19
      • //びっくりするぐらい読みづらい……!か、漢字入れたほうが良いかなっ!? -- アトリア 2010-07-27 (火) 18:53:01
      • でも、とても理にかなった術式だと思うわよ…?でんぱ…これがあれば魔術が使えない人間への統率や、遠隔による偵察…確立させられれば…宮廷魔術師あたりが大喜びしそうな物よ…(心から関心した様に)
        死後の意識…ふむ…それはやはり、自らをエネルギー体に変換させ…、肉体は無くとも自我を持った状態で存在する…と言う事が大事なのね…いやしかし、魂と言う概念がある以上一概にはこう、言えないわね…何かもっと別の構想があるのかもれないわ…(頷いて、アトリアをじっと見て)
        神が創った造形物…素晴らしい…わね…アトリアは、本当に…(目の前の龍に対して、魔術師としての興味が尽きぬと言った顔で)
        一族、が居たのね…なるほど、それは不思議ね…?転生を可能にする一族が、どうして滅んでしまったのかしら…?(永遠の終末、それを聞かんとばかりにアトリアに聞く)
        (膨大な量の知識、と言われ)ふふ…それが「私」の魔法よ…(くすりと笑って、閉じていた魔術書をまた開き) -- ネクロ 2010-07-27 (火) 19:21:42
      • //読み辛いので漢字を使います
        但し、スペルが簡略化されてるだけだから、魔力がないと使えないし、その魔法の構造を知ってるほうが良いのは決まってるよね。まあでも統率には便利かも。アトも試した事ないからどうなるか分からないけど。
        なんて言えば良いのかなあ、魂というより霊体、と言ったほうが良いかもね。自我さえあれば、三途の向こうに行く前に戻れるでしょう?あんまり深い内容ではないよ。
        あら、アト、人間はそれに順ずる存在だと思うよ?猿に知恵を与えたのは多分神様だしね。どう考えても規格が違うし。
        滅んだんじゃなくて、多分……どこかに封印されちゃったんじゃないかなあ、全員。記憶が曖昧だからなんともいえないけど、アトがどこかへいってる間に皆消えちゃってたから。
        ふうむ……人間が持てる知識量を拡張する魔法? -- アトリア 2010-07-27 (火) 19:38:49
      • その部分は…魔道器で補えると、思うの…私も似たような構想の結界魔術を使っているから…その点から見ても…応用…出来る筈、だわ…
        死後の世界…という物があれば…との仮定の話、ね?なるほど…原理は計り知れないけれど…魔術とは違う、概念なのね…
        ふふ、アトリアは、面白い事を言うのね…?でも、人間は弱く、儚い物…神様は本当に、意地悪なのよ…ふふ…(神に対しての言葉、棘がある様に聞こえるかもしれない)
        全ては神様の意には、逆らえないのね…アトリア程の存在が…それが終焉、なの…(少し考えるようにそう言って)
        …正確には…知識を知識として存在させる…魔法よ…こうやって、ね。(指をパチンと慣らしてみれば、魔法陣が床に現れて悪趣味な本棚が召喚される)
        ふふ、どうかしら…?(普段は見せる事の無い魔術師の手の内の一つをアトリアの前に披露して、微笑んで。これは彼女なりの、目の前の偉大な「造形物」に対しての敬意なのかもしれない) -- ネクロ 2010-07-27 (火) 20:15:17
      • あっ、成る程……となると、これはもしかすると完成させない方が良い魔術かもね。戦争を奨励しちゃう!
        死後の世界はあるよ。死後の世界がないなら、ドラゴンも存在しないはず。幻想世界は幻想で満ちるものです。魔術と言うか、根性?
        そうですねえ……でも、困った事にアトたち幻想世界の住人を倒せるのは、人間だけなんですよ?そういう「物語」だからね。アトは、人間に殺される為にいるの。
        真相は分からないんだけど、それ以来一族の人たちを見なくなったのは事実だし……或いは、本当に神様の仕業なのかもね。(少し憂いを帯びた笑みを零して)
        おっ……!?(悪趣味を体現したかのような本棚の召喚に、一瞬言葉が詰まる)ぁ、えーっと……そういうことか。うん、これなら確かにパンクしないね。人間って何冊分の知識なの?(本棚の一部に手を触れつつ) -- アトリア 2010-07-27 (火) 23:23:21
      • 争いは何時の時代も起きているわ…それが歴史だもの。だからこそそうゆう魔術に需要が生まれるのではないかしら?…(クスリと笑う)
        (アトリアの話を聞きながら、考えるようにして)…物語、か…ふふ、アトリアはやっぱり、難しい事を言うのね…その理は…「私達」の知れる所では、ないわ…ふふ…それこそ、「神様」じゃ、ないと…ね(椅子に腰掛けたまま、ゆっくりとした動作でそう言い)
        ふふ…何冊分…と表現するのは難しいわね…ただ、人を構成するモノは大抵、変わらないわ。あとはその、知識や思考次第、と言った所…
        この本棚1つではかれる人も居れば、10積んでもはかれない人も居る、わ…(次に足を踏み鳴らせば、周りに無数の本棚が召喚され。その様子はまるで、本という形に姿を変えた墓標の様に見える事だろう。) -- ネクロ 2010-07-28 (水) 07:06:06
      • そりゃそうだけど……例え完成させても見返りは少なそうだし?
        そ。龍ってのは、強い人間の英雄譚に乗るのが夢なの。だから、強いんだよ。半端なのに負けたくないからね。まあ無理に理解しても面白くないことだしそれで良いんじゃないかな?
        ふむふむ、人間の質によって変動するのか……うわっ(大量に出てきた本棚に思わず飛び退く)
        歩く図書館を地で行ってますねえ……何人分あるのこれ…… -- アトリア 2010-07-28 (水) 16:08:35
      • (何人分と聞かれれば少し考え)…アトリアは、今まで「食べた」物の個数を覚えているかしら?(と、微笑みながら言って)
        つまりはそういう話、なのよ(術を解けば本棚は端から、塵のように消えて)
        楽しい場所ね、この地は…不思議な所…「物語」の生まれる場所、と言った所、か…(目の前の龍の話や、此処に流れ着くモノ達の様々な要因に思いを馳せて) -- ネクロ 2010-07-28 (水) 19:40:11
      • ……なるほど、ね。ワザワザころしてからほぞんするのはダメだよー?
        ここじゃなくても、ものがたりはどこにでもながれています。ここは、いろんなじだいのものがたりがひとつになっているばしょ、ということです。あきらかにこのじだいのものじゃないものとか、みたことありませんか?
        ココのぶんかレベルはバラバラです。きかいがまったくないじだいのものがたりもあれば、バーチャルなそんざいだっている……ゆえに、ここはふあんていなんです。
        さて、じゃあアトはそろそろかえろうかな、おはなしにじかんをわすれちゃって、ついながいしちゃった。またね、ネクロおねーちゃん。そのカンオケにいるオジサンにもヨロシク!(そう言ってにひ、と笑うと、体を霧状に変え四散し消えた) -- アトリア 2010-07-28 (水) 23:18:29
  • へへっ、師匠〜俺修行頑張ってるっすよ(げっそりしながら) この召喚術使うとすごい酔うんすけど(嘔吐感に襲われながら)
    やっぱり生身の人間には回復系も必要っすね…… きっついっす(ぐったりして寝転がりながら) -- テト? 2010-07-25 (日) 11:04:15
    • ふふ、あんまり無理しないのよ?テト…(その様子を見てクスクスと笑う)
      でも、出せるようにはなったのね…まぁ、うちに弟子入りしてからもう8ヶ月も…経つものね…(テトにマジックポーションを出しながら) -- ネクロ 2010-07-25 (日) 12:20:50
      • 無理はしてないっすよ 余裕余裕(一気飲みして顔がもこみちになるほどリフレッシュして)
        なんかあっという間すぎて、もうそんなに経ってたんすねぇ 案外やってけてるほうっすよね -- テト? 2010-07-25 (日) 12:45:24
      • そうねぇ…まぁ、1年足らずで召喚術が使えるようになったとすれば、充分よ♥(椅子に座りなおして、片手で本を開き)
        ふふ、打倒レイドさん、かしら(くすくすと笑い、楽しそうに) -- ネクロ 2010-07-25 (日) 12:54:23
      • 別にあいつは関係ないっすよ……(とは言いつつ嫉妬のような感情がみえるかもしれない)あいつ、師匠のなんなんすか 妙につっかかってきて(ブツブツ)
        俺だって一人前になりたいんすから 師匠のくれた本難しすぎてわけわかんないっすよ -- テト? 2010-07-25 (日) 13:20:36
      • 私も良くわからないのだけれども…彼を見ていると、不思議な気分になるのよ…ふふ、テトは可愛いわね?(弟子の嫉妬心を見透かすように笑いながら)
        一人前、ね?(わざと見せ付ける様に目の前で足を組みなおし、からかうように)
        先ずは基本を確り、覚えないと…(くすっと笑って、人差し指から火を出してみて) -- ネクロ 2010-07-25 (日) 13:34:03
      • 不思議って意味がわかんないっすよ(むすー) 別にどうでもいいんすけどね
        し、師匠… 俺は弟子である前に男なんすからね? そういう無防備っていうか挑発っていうか…… 気が散るんすよー! 基本どころじゃッ! -- テト? 2010-07-25 (日) 13:43:12
      • ふふ、可愛い子はからかいたく、なるわね…(悪びれる様子も無く笑いながら)
        テトは雑念が多すぎるのよ、もっと賢者にならないと(クスクスと笑って呪文を唱えれば、テトの頭上から本が落ちてきてカドが頭に直撃する確定ロール) -- ネクロ 2010-07-25 (日) 14:14:13
      • 子供じゃないんすから 可愛いとか言われてもちっとも嬉しくないっすよ……
        強いとかかっこいいとか思われたい年頃なn…がふっ!??(頭の周りに星を撒き散らしながら)雑念じゃなくて変なの浮いてるんすけど
        ちょっと、師匠! 自分で挑発して自分で仕置きするって どんだけ傍若無人すか! 魔法書の中身はドマゾなのに! -- テト? 2010-07-25 (日) 14:34:31
      • やだ…私の恥ずかしい知識の本ばっかり見てるんだわこの子…(わざとらしく恥じらい、更に本を落とす)
        ちゃんと勉強すれば覚えられます…まったく…テトったら…(くすくす) -- ネクロ 2010-07-25 (日) 18:49:40
      • はじめに貸してくれた魔法書からすでにドマゾのオンパレードでしたよ! 俺をそんな覗き魔みたいな変態にしないで欲しいすわ
        (落とした本を拾い上げ……足がチラリと視界に入る 巧妙な罠だと思った)まったく……(勝てないなと思いながら)
        召喚で磨り減った力をなんとか外から吸収したいっすね ポーションは高いんすよねぇ やっぱり永久機関って憧れるじゃないっすか -- テト? 2010-07-26 (月) 11:01:10
      • 一応、出来なくは無いのよ?(弟子の様子を見てクスクスと笑いながら)
        魔力の質には色んなものがあるわ…生命エネルギーに自然エネルギー。矛盾の力、思念、思考、死霊や浮遊霊…そういうのもエネルギーの一つよ。
        ただ、安易に反発するエネルギーを取り込んでも危険という事は覚えておかないといけないわ。
        取り入れた場合による吸収率、自らのエネルギーに変換、それに伴う体への負担。「人」の身でやるならば良く考えて使わなければ身を滅ぼしかねないわよ?(弟子に微笑みかけ)
        ふふ、テトは何か良い構想を持っているのかしら?考えがあるのならば言って見なさい?(魔術書を片手に) -- ネクロ 2010-07-26 (月) 14:22:45
      • 肉体的にはまだやれそうなのに精神が追いつかないときってあるじゃないっすか? それをポーションだけじゃなくて……
        たとえばいい空気吸ってリフレッシュ!みたいに いい気を吸収できないもんかなって
        おいしいものを食べたら心身共に回復する、それをどうにか魔術で補っていきたいんすよね
        お腹一杯で食べられなかったり何も食べ物が見当たらないときに大地や動植物から直接吸収できないもんかって考えますもん -- テト? 2010-07-26 (月) 14:52:07
      • なるほどね…確かにそれは出来なくは無いわ…人間は生き物だから、生きる為に必要なエネルギーを吸収し、それを生命エネルギーに変換…このサイクル自体が既に魔術的な構想とも言えなくは無い…
        ただ、生き物であるが故に、多種多様な物からエネルギーを吸収しようとすれば肉体に負担がかかるわ。だからこそのエネルギーを種類に分けて、自分の使う魔術に合わせた物にしなくてはならない。
        ふふ、テトの場合、まだ生命エネルギーをそのままに使っている様だ…から…
        今の構想を元に、食べ物からの直接採取を…魔術的に行ってはどうかしら?熱エネルギーの吸収とも言うのかしら。
        質を持たない力ではあるけれど、、エネルギーとして使うならば充分じゃない?まぁ…使いすぎれば普通に物が食べれなくなったり…しそうなものだけれど… -- ネクロ 2010-07-26 (月) 15:34:07
      • うまく選ぶことのできない素人が手を出すくらいなら、大人しくポーション飲んでろって話になっちゃうんですよねぇ
        トレーニングに組み込んでいい媒体を探さないとっす 身体に優しく魔力を吸収 もちろんポーションよりコストパフォーマスにも優れて!
        一朝一夕にはいかないっすか…… ほどほどに頑張るっすよ おいしいもの食べられなくなるのはいやっすからね〜(師匠が口から食べてるところを見たことがないなぁと思いながら) -- テト? 2010-07-26 (月) 15:59:05
  • ……此処は辛気臭いところが多いな(適当にそこらにこしかけ -- クマフミ? 2010-07-23 (金) 23:25:06
    • あらあら…お客さん…かしら…?(読んでいた本を一旦置いて)
      ええと、、いらっしゃい…? -- ネクロ 2010-07-23 (金) 23:26:51
      • ん……この辛気臭い感じは、どッかのネクロマンサーと一緒だな(本を取り出し、読み始めて -- クマフミ? 2010-07-23 (金) 23:38:44
      • ふふ…それは、褒め言葉かしら…(クスクスと笑い、足を組み)
        貴女は一体、何方かしら?(そう勝手に結界の中に入ってきた来訪者に尋ねて) -- ネクロ 2010-07-24 (土) 01:09:00
      • 褒め言葉……それならそうなんだろうな、あぁ褒め言葉だ
        私はただの文士だよ、君たち魔術師なんかの足元にも及ばない弱い存在さ(湿気た本をめくりにくそうに -- クマフミ? 2010-07-24 (土) 15:34:23
      • …(その言い分に少し怪訝な顔をして)
        ふふ…私、何か恨みを買うような事を、しましたでしょうか(くすっと笑い)
        …あの時か…それとも、あの人か…何方かの…親戚の方、、?それとも、恋人…ふふ…数え切れないわ。(クスクスと笑っていた物の、急に冷たくそう言い放ち)
        ただの文士…?ふふ、アナタ…クマフミさんでしょう?知っているわ…本、沢山読ませてもらったから…(にっこりと微笑みかけて) -- ネクロ 2010-07-24 (土) 15:47:20
      • さぁね……ネクロマンサーなんぞどうせ殺すのが仕事みたいなものだろう(懐から一つ、短くなったタバコを取り出し
        ……ネクロマンサーは嘘が得意だ。殆ど出回らなった私の本を読んだなんて、あまり信じられないね(タバコに火をつけ、壁に背をつけて -- クマフミ? 2010-07-24 (土) 16:04:13
      • 耳に痛いお言葉ね…ふふ…
        これは、本当よ…幻術アザラシについて、興味深く書かれていた…本の著者…でしょう?(何故それを知っているのか、どうしてクマフミだとわかったのかは言わず)
        アナタ、結構有名な人、よ…?(クスクス) -- ネクロ 2010-07-24 (土) 16:10:56
  • ただいまぁ〜っと…(服についた埃をはらいながら棺おけから -- リッチ
    • …あら、アナタ…起きたのね…ふふ♥(あえてただいまには突っ込まないが、棺から出てきたアンデットに抱きついて)
      アナタ…寝すぎよ?もぉ、私をこんなに寂しくさせて…馬鹿(夫に抱きついたまま甘えるように) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 11:47:59
      • 寝てたんじゃないよ、ちょっと出かけていたのさ(撫で撫でと頭を撫で
        しかし随分とにぎやかになったんじゃないかい? 人見知りの君が。随分と頑張ったね?(クスクス -- リッチ 2010-07-23 (金) 11:54:30
      • も、もぉ…アナタがあまり起きて来ないからじゃないのぉ…(撫でられて嬉しそうに、子供の様な笑みを浮かべて)
        えへへ…偉い、かしら…?ねぇ、リッチ♥(夫に褒められれば幸せそうに) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 12:10:03
      • あぁえらいえらい、とても偉いよ(軽く抱きしめ
        最近体調はどうだい?君は体も弱いからね -- リッチ 2010-07-23 (金) 12:18:52
      • ふふっ…♥最近、とても体調は良いのよ?此処は淀んでいるからかしら…?
        そういえばアナタ…私最近、弟子をとりましたのよ?ふふ、とっても可愛い子でね…?(夫に抱かれながら楽しそうに、最近あったいろいろな事を聞かせるように話して) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 12:43:31
      • ご機嫌なネクロを見るのも久しぶりだね
        んふふ、君もいよいよ弟子を取るほどになったのかい?そんな体になっても成長はするものだね(なでなで
        こんどまた、私も挨拶ぐらいはしておこうかな -- リッチ 2010-07-23 (金) 15:53:07
      • も、もぉ…リッチったら、私を何時までも子供扱いしてえ(今度はむーと膨れて服をぐいぐいと引っ張って)
        「わたし」だって、沢山奪ってぇ、沢山いろんな事覚えてるんだからぁ…(ぎゅうっと強く抱きついてすりすりと)
        ふふ、うん♥ほかにも、レイドさんっていう可愛い子もいるのよ?アナタと話が合うかも♥(上機嫌に) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 20:38:47
      • ふふ……仕方ないリッチだな(抱きしめて頭を撫で
        それは楽しみだ……おや、人の気配だ。私はそろそろ寝るかな? じゃあねネクロ、お休み -- リッチ 2010-07-23 (金) 23:25:55
  • し、師匠〜 なんとか超短期間でズビャッと習得できる裏技ないっすかねー?
    俺もできるんだぞってとこみせつけたいやつがいるんすよ 向かってきたところをテラァアアア!って押さえつけてソウルハンティングでぎゅるるるってしてやりたいんすよねぇ(アイアンクローで吸収する構えをみせながら) -- テト? 2010-07-23 (金) 08:57:21
    • も、もう…テトったら…(その様子にくすっと笑い)
      でも、私に弟子入りしてから大分、、たったわよね…まだ基本のマナコントロールも出来ないのかしら…
      あぁ、、一応、簡単な術としては…魔術媒介を使った召喚術…なんて物があるわ…
      まぁ、テト位だと、簡単なモノしか出来ないけれど…契約を結んだ物、刻印をした物…それらを魔術書に書かれた魔方陣を通して召喚する。どう?簡単でしょう?(ニコニコと笑い) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 09:59:27
      • あいつに対抗するためにネクロで操られてる死霊やスケルトンの生命力や魔力を吸い取って抑えられないかなぁって思うんすけどねぇ(引き続きアイアンクローで空想の敵を地面までねじ伏せて)
        召喚すか…… 簡単って、できる人はみんなそう言うんすよ……(ボブみたいな顔されて呻きながら)
        たとえば手斧みたいな投擲武器に刻印を刻んで、投げた後召還で手元に!なんてこともできちゃうんすか?(何度もシュバババと投げるアクションしながら) -- テト? 2010-07-23 (金) 10:51:16
      • ふふ、喧嘩してもしても良いけれど…程々にするのよ?テト…(それでも何故か楽しそう笑う張本人)
        でも、そうねぇ…お師匠として、弟子を応援しないとねぇ…ふふ、私達でレイドさんに勝てるかしら?(クスクス)
        テトの頑張り次第ではソウルハントも使えそうだけれども…直ぐにと言う訳には行かないでしょう?(そう言って簡単な魔法陣が書かれた魔術書をポンとテトに渡して)
        ええ、そうゆう使い方も、勿論可能よ?でも、、アナタのマナでは良い所3〜4本出したら疲れちゃうかもしれないわ(クスクスと笑ってテトを撫でる) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 11:27:00
      • 4本がいいとこすか…… いいですよ無限だってハッタリかませば! いや、待てよ……
        2本しかだせないって謙遜気味に宣言しつつ実はもう1本だせましたー!ヒャァ!…のほうが強い気がしてきた! どうすかね? -- テト? 2010-07-23 (金) 11:59:43
      • 普段は1本しか出さないで、奥義で4本出す、かな♥(あえて変な回答をして)
        ふふ、じゃあ、一応説明しておくわ、テト。(そう言って渡した魔術書をぺらぺらと捲らせて)
        ここに書かれている魔法陣と同じものを、召喚したい物に…アナタの血で書きなさい?準備はそれだけよ。ふふ、ね?簡単でしょう…(にっこりと微笑み) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 12:07:04
      • 素材は均一なものがいいんすかね? この手斧に刻印して召喚したら柄の部分だけ出てきたとかシャレになりませんから(ネクロさんや他の生き物に刻印したらどうなるんだろうと悶々しつつ)
        召喚は隠し玉くらいにしておきますよ 消耗激しいんじゃここぞ!で失敗したら最悪ですし…… -- テト? 2010-07-23 (金) 12:23:37
      • 基本的に何でも呼び出せる事は出来るけれど…自分の力量を上回ったり、あまりに巨大な物はマナを沢山使用するから…
        精霊や魔人クラスになれば、お城や神獣、災害、幻想空間…なんてものも、呼べると聞いた事があるわね…まぁ、クラスが上がれば上がるほどに、術式(魔法陣)は複雑になるから…
        結局、この本では片手で持てるサイズの物しか、無理だと思うわよ?ふふ…
        一応エネルギーを外部補給できるようなら…沢山出せるかもしれないけれど…そうね、霊薬や魔石と言った物ね。魔術師なら予備で幾つか持っている物よ? -- ネクロ 2010-07-23 (金) 12:36:57
      • 俺、思いっきり生身っすよ……(しょぼくれながらショートソードと手斧に魔方陣を印して)
        霊薬とか効くからに高級品なんすけど…… ネクロマンサーの道は険しいっすねぇ よし、できた! -- テト? 2010-07-23 (金) 12:51:25
      • それに、体にも結構負担がかかるし、ね?(ゆっくりとテトを撫でる)
        霊薬や魔石はね、術者が自分のマナを注いで作る物よ。毎日コツコツと作ると良いわ…ふふ
        因みに霊薬の方は…魔術用品を取り扱っている店に行けば、買えるかもしれないわよ?一般的にマジックポーションと呼ばれている液体だから…聞いたことはあるわよね? -- ネクロ 2010-07-23 (金) 12:56:58
      • くわっ、俺の苦手分野…… コツコツしっかり 溜め込むっていうことはマナコントロールの応用っすかねぇ……(叩き込まれてるのでやりだすと止まらないほうだが好きじゃない)
        家に仕送りしたりで経済的な余裕は薄いっすからもっと金持ちになってからっすね はふぅ、強くなるにもお金お金かぁ〜 -- テト? 2010-07-23 (金) 13:22:05
  • まだいるか?いるなら、少し相談に乗って欲しい
    死人を動かせるらしいな?なら……死んだも同然のこの体、少しでも動くようには出来ないか? -- 瑞姫 2010-07-22 (木) 03:19:35
    • あら、あら…?シノヤマさん…?ふふ、どう、、したのかしら…?(事態を話して見なさい、と) -- ネクロ 2010-07-22 (木) 13:02:35
      • 情けないことだが、この間殺されかけてな…いや、殺されたといっていい 首を半分刎ねられたのだから
        命は繋がったが、いかんせん体の左半分が…特に足が動かん こう言う事に詳しそうなのはこの学校ではお前だけだ、何とか出来ないだろうか? -- 瑞姫 2010-07-22 (木) 21:34:38
      • なるほど、ね…良く生きていたわね?(くすくす)
        ええ、出来なくは無いわ…でも、残念な事に、生きている人間には術は…かけられないわ。
        でも、シノヤマさんはまだ生きている様だから、きっと大丈夫よ?勿論…相応にリハビリしないといけないだろうけれど…
        きっと麻痺の類だろうから…一回魔力で、擬似神経…を作れば…大丈夫よ…フフ(斧を取り出して) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 00:06:03
      • 私自身が一番そう思っている、あきれ返るほどに生き汚いとな
        なるほど、死霊を操る術以外の術ならある、と…そのリハビリの効果が薄いから来たんだ、それに意味が出るならどんなリハビリでもやるさ
        ……で、魔力でどうのこうのは分かったがその斧はなんだ? -- 瑞姫 2010-07-23 (金) 00:09:10
      • 足が…動かないのでしょう…?なら、直すなら…いっかい、切  ら な い と ……♥
        ただ切るわけでは無いわよ…ふふ、内部に魔術的に代用できる回路を引くわ……ま、、簡単な刺青でも…良いのだけれどね…
        女の子なんだし…あんまり目立つのは、嫌かなって…(クスクスと笑って刃こぼれし、血錆がこびりつく斧を片手に) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 00:24:13
      • 手術の様なことをするだろう、と予想はしていたが…まさか斧を持ち出されるとは思っていなかったのでな
        それもそんなに切れそうに無い…それで切開するくらいなら、刺青の方がまだ痕が残らなくて済みそうな気がするぞ
        それと…どうせなら左腕にもやって欲しい 左半身の首から下全体に痺れが走っているんだ -- 瑞姫 2010-07-23 (金) 00:28:42
      • 切り落として、くっつければ…そっちの方が早いと思うのだけど…シノヤマさんの好きな方で良いわ…ふふ。
        あと、刺青の場合…彫るのは魔術回路よ…結構、目立つようになってしまうわよ…?(自らの魔術刻印を見せるように肩の刺青を見せて) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 00:42:55
      • 私は真っ当な学生ではない、寧ろそちらの方が箔が付く…かもな
        切り落とされるよりはそちらの方が安心にも思える…刺青で頼めるか? -- 瑞姫 2010-07-23 (金) 00:46:12
      • …フフ、良いわ…でも、当然…ただと言う訳には、行かないわよ…?(くすっと笑い)
        等価交換は、当然、でしょう?ふふ、ワタクシはシノヤマさんに魔術回路を彫ってあげるわ…
        ただ、動くようになったら…私に死体を…下さらないかしら?なるべく、新鮮な…女性のね…?どう、かしら?(骸の椅子に腰掛け、ゆっくりと微笑んで) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 00:57:22
      • もちろんだ、相手が教師でも施しを受けようとは思わん
        しかし、それも意外だったな……新鮮な女の死体、とは つまり誰かを殺して来いと?
        猶予がどのくらいあるかによっては他の選択肢もあるが…で、それは誰でも良いのか?その辺を歩いている、力ない市民でも? -- 瑞姫 2010-07-23 (金) 01:01:13
      • ええ、方法は問わないわ…時間も、、病気で死んだモノ、自殺したモノ…冒険先で倒れた仲間、襲ってきた相手…何でも良いわ…ふふ。勿論…アナタ本人でも、ね?(くすくすと笑い、微笑んで)
        ふふ、交渉成立かしら…?(呪術が編みこまれた細い拷問用の針を取り出して) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 01:08:53
      • 良いだろう、それなら機会を逃さねば大丈夫そうだ 次に死ぬ前にはここに帰ってくる、それで構わないのか?もちろん体は好きに使ってくれていい
        すぐに要るとなったら言ってくれれば、その時は適当に見繕うが……ああ、成立だ で、私はどうすればいい?ここに立っていれば良い、と言う事もあるまい? -- 瑞姫 2010-07-23 (金) 01:12:31
      • じゃあ、服を脱いでそこに寝てくださるかしら…?(足を慣らせば悪趣味な台座と様々な道具が魔法陣から召喚される)
        麻酔はしないから…生身だと、凄く痛いだろうけれど…ふふ、我慢、出来るわよね?(優しく微笑えんで) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 01:25:12
      • これはまた、雰囲気たっぷりな……(さっさと服を脱ぎ捨て横になる)
        我慢できそうにない、と言った所で痛くない様にするつもりも無いのだろう?いっその事、気の済むまで思い切り痛くしてくれて構わんさ(諦めた様に笑い飛ばして目を閉じる) -- 瑞姫 2010-07-23 (金) 01:28:31
      • えぇ、言われなくても、そうするわよ?(何時もと違う笑みでニィっと笑い、舌をみせるように出して)
        気持ち良いのが終わったら、完成しているわよ、ふ、ふふ、ふふふ…♥(笑っていたかと思えば唐突に針を力任せに瑞姫の左腕に突き刺す)
        (そのまま構わず、突き刺した針を乱暴に動かし、ザクザクと腕の周りを廻るように螺旋の傷をつけていく) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 01:36:24
      • うっ…(声の調子が変わったのが気になってその笑顔を見るとぞくりと来た)早くやってくれ
        (とは言ったものの、すぐに後悔した 予想以上どころではない、本当に針なのかと疑うほどの激痛が走る)ぐっ!?あっ……くぅっ!(空いている右手で台座を掴み、歯を食いしばって痛みに耐える 耐えるが、漏れる声は今にも叫びに変わりそうだ) -- 瑞姫 2010-07-23 (金) 01:42:29
      • ふふ、そんなに大きな声を出して…気持ち良いのかしら…♥(楽しそうに腕にを切刻み、腕が終われば肩から胸、脇腹を切り裂き、内股、左足にまで針を這わせ)&br:(左足も囲むように、螺旋状に切刻み、台と針を血塗れにしていく
        …ふ、ふふ、、ふぅ…綺麗に出来たわよ?後は、私の魔力、及び呪いをこの傷に馴染むように流し込んで…その回路をシノヤマさんが使う…そうゆう形になるわ…(説明しながら傷だらけの腕を強く握り)
        少し気持ち悪いかもしれないけど、我慢するのよ、ふふ…(ネクロの刺青が赤く光り、瑞姫の体に刻印をする様に魔力を流し込み) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 01:58:22
      • 気持ち良くなど、あるものか!うぐ、あぁ……!(悲鳴を上げるが体は動かさない 血と共に脂汗と涙が台座を濡らす)
        はぁ、はぁ……説明されても分からん、早くやれ…ぐぁっ!(不意を突くように腕を掴まれて再び悲鳴を上げた)
        今までのに耐えたんだ、少々気持ち悪いのくらいは……(とは言えどのくらい気持ち悪いのか、不安が声色に見え隠れする) -- 瑞姫 2010-07-23 (金) 02:05:11
      • (呪いが半身に廻れば、内側から侵食するような憎悪や不安感に見舞われるだろう)
        ふふ、ごめんなさいね?私の魔力はそんなに質が良くないから…まぁ、半身、、気が触れることも無いでしょう…(魔力を流し込みながら、舌を垂らして笑いかけ)
        ふふ、後は、呪いが馴染めば…完成と言った所ね…ふふ、、(真っ赤に染まった針をべろっと舐めて、瑞姫を見て) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 02:15:43
      • くっ…うるさい!うるさい!少し黙れ!(半身を蝕む衝動に任せて怒鳴りつける 台座に叩き付けた傷だらけの腕から血の粒が舞った)
        どのくらいすれば馴染むんだ…もう帰っても良いのか?私は、私は……今まで生きてきて、今が一番恐ろしい……!(今度は不安感に襲われているようだ) -- 瑞姫 2010-07-23 (金) 02:20:32
      • あらあら、そんなに怖がらないのよ、ふふ…ちゃんと傷を手当てして…(その様子を楽しそうに見て)
        先ずは落ち着きなさい?まあ、難しいかもしれないけれど…(そう言って蝋燭を取り出し、火をつけて目の前に置く)
        火でも見なさい…落ち着くわよ?(今度は優しく微笑み、なだめるように) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 02:33:03
      • こんな状況で落ち着けるものか!流石の私も混乱して……(言いながらも素直に火を見つめる)
        傷の手当て…任せて良いのだろうな?また痛めつけたり… -- 瑞姫 2010-07-23 (金) 02:36:30
      • 私だって回復術くらい、使えるのよ?(そう言って瑞姫の肌に触れ、呪文を唱えれば。見る見るうちに出血が止まり、傷がふさがる)
        まだ痛みは続くかもしれないけど、、ふふ、ね?(傷を治しながら微笑みかけて)
        これはね、ネクロヒール…アンデットにしか施せない回復術よ?ふふ、今シノヤマさんに流した私の刻印に反応して再生しているのだけど…
        詰まりは今刻んだモノにはそうゆう効果があるわ…アナタは生きているけれど…半分は魔力で動く死人の様なモノ、ということよ?
        後は、自らで制御できれば、、問題なく動かせるものだと思うけれど、、ふふ。どうかしら? -- ネクロ 2010-07-23 (金) 02:44:19
      • なるほど、動く死人か…まぁいいさ、痛みを感じるし…今までよりは動きそうだ(掌をゆっくり開閉しながら)
        それに、こちら側に怪我をしたらまたさっきの魔法で治せるのだろう?却って便利だと言えるかも知れん…
        リハビリは一般的な方法で良いのか?それとも何か魔法的な訓練が必要か?それだけ教えておいて欲しい -- 瑞姫 2010-07-23 (金) 02:50:04
      • えぇ、説明しておくわね。あくまでその半身は、私の魔術刻印…魔術回路によって、魔力により制御、操作できるようになっているわ。
        だから今まで通り動かすようになりたかったら、基本のマナコントロールさえ出来たら、簡単に出来ると思うわよ?人間で言う神経経路のようなモノだから…
        後は…シノヤマさんが何処かで倒れた時は、私の意思でも操れる様にはなっているわね…ふふ、普段はそんな事は、しないけれど(くすくす)
        基本的になれれば、今まで通りの生活が出来ると思うわよ?ただし…アナタが疲労し、マナが足りなくなっていたら動かせなくなる物と思いなさい?
        まあ、呪術の様な物だから…それを生かせば、多様な事が可能だけれども…先ずは馴染ませる事ね。その位よ?
        ふふ…後…似合っているわよ。その姿(クスクスと笑い、台座の召喚を解いて椅子に座り) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 03:00:43
      • つまり魔法を使う様なものだという事か…仕方ない、勉強しよう と言っても、体を使って覚えるしか無さそうだが
        そうか、それなら良かった この魔術の対価はその方法で回収して欲しい、ここまで帰って来れるか分からないからな
        そちらも了解だ、そもそも疲れたら普通の体も動かんからな…ま、たいしたハンディキャップとはなるまい 恐らくは
        ふむ、ではその使い方も学んでみるか…何が出来るかは知らないがな
        本当にそう思うか?…ふっ、きっと半死人には似合いの姿なのだろう 鏡を見たいところだが…まぁいい、とりあえず今日はありがとう ではまたな -- 瑞姫 2010-07-23 (金) 03:10:19
      • えぇ…まぁ、、使っていたら慣れるわ、きっと…ふふ(優しく微笑んで)
        わからない事があったらまた、聞きにきなさい…(足を組み、魔術書を片手に瑞姫を見送った) -- ネクロ 2010-07-23 (金) 10:03:42
  • さて、どう転ぶ…か…(ぼんやりと椅子に座って、目隠しを外して)
    私は、、間違っていますか、、?アナタ…(魔術を用いず夫の棺を触り、視えない目で見つめ)
    …………
    やっぱり…何も見えないわ…ね…(そう言って椅子に座りなおして、少し寂しそうに笑う) -- ネクロ 2010-07-21 (水) 07:47:58
    • ネクロ! ネクロいるか!(どかどかと騒々しく足音を鳴らしてやってくる) -- レイド 2010-07-21 (水) 08:36:09
      • あ…レイドさんかしら…(完全に魔術を解いていたので全然気づかず、よろよろと)
        え、えぇ…いますわ、どうしたのかしら?…(ごつんごつんと近くの壁やモノに当たりながらとりあえずレイドを探して) -- ネクロ 2010-07-21 (水) 11:37:49
      • お、おい、なんか足取りがおぼついていないようだが……まさか、魔道書のせいでか……!?(とりあえず駆け寄って助ける) -- レイド 2010-07-21 (水) 12:04:13
      • 魔術書…?何を言っているのかしら…(レイドに触れ、なんとかバランスを保ち)
        少し、術をきってみただけよ…ふふ、駄目ね…やっぱり何も見えないし、何も感じないわ…(よろよろしながらレイドに微笑みかける。どうやら目隠しを外している様だ) -- ネクロ 2010-07-21 (水) 12:32:55
      • この前、俺様のアジトにネクロの魔術の魔道書をもった小僧が来てな……そのせいかと、思ったのだが、違うのか?
        何にせよ、その様子では足元もおぼつかんようだな……ほら! つかまれ!(目隠しを外したネクロの肩を抱いてぐっと助ける。その際、ネクロの素顔が見える……かもしれない) -- レイド 2010-07-21 (水) 13:02:49
      • あぁ…ふふ、心配してくれたのかしら?(レイドに掴まりながら、クスクスと笑い)
        椅子の所まで、連れて行ってくださるかしら…?(と言いながらも楽しそうに)
        きっと、テトね、、難しい本だから、聞きに行ったんじゃないかしら…(クスクスと笑い声を漏らし、弟子の不始末を面白がるように) -- ネクロ 2010-07-21 (水) 13:30:31
      • そ、そりゃ心配くらいする。まだお前の術は全然盗んでいないからな……じゅ、術の心配をしただけだ(などと視線を泳がせつつ椅子にネクロを座らせ)
        ……! そうだ、たしかそんな名前の奴だった! ……って、知り合い、だったのか? -- レイド 2010-07-21 (水) 15:36:58
      • ふぅ…(腰掛、一息つけば、目隠しをつけて魔方陣を展開させ)
        ふふ、レイドさん、ごめんなさいね?心配させたわね…(術の心配と言いつつ目を泳がせるレイドにくすっと笑い)
        えぇ、、この間、面白い事を言っていた子が、私の所に弟子にしてくれと…きてね?
        普通考え付かないわ…魔術の経験も、「奪」う経験も無さそうな子が私によ?(クスクスと、それでも楽しそうに)
        だから、少し…教えてみることにしたの…ふふ。テトは私の弟子よ?(足を組み、レイドに微笑みかけて) -- ネクロ 2010-07-21 (水) 20:25:54
  • お師匠様今日も帰りが遅いなぁ……(掃除はしなくていいと言われたがついついやり始める) -- テト? 2010-07-20 (火) 17:18:32
    • はぁ…嫌だわ…あのスライムとか、プティングとか…もぉ…失礼しちゃう…(ブツブツと言いながら帰ってくる。体は見るからに破損して、布を巻きつけた目のやり場に困る格好で) -- ネクロ 2010-07-20 (火) 18:07:38
      • おかえりなさいませっす!! あっ…… お着替えを早く(普段なら喜ぶところだが師匠をそんな目で見てはいけないと必死に目を逸らしながら)
        体のほうは……あれですけど ご無事そうでなによりっすよ -- テト? 2010-07-20 (火) 18:14:50
      • あぁ…テト…ごめんなさい、ね…こんな格好で…
        ふふ、、私は、大丈夫よ……これくらい、何時もの事…だから…(棺を下ろし、際どい服装のまま椅子に座って一息) -- ネクロ 2010-07-20 (火) 18:20:25
      • 謝るより先に着替えッすよ! 何ゆったりしてんすか、もう!(おろおろしながら他に着るものがないか探して)
        よくその傷で ふふ、なんて言ってられるっすね 師匠にはいつものことでも弟子には気になるんすよ そんな格好で足組み替えないでくださいよ? -- テト? 2010-07-20 (火) 18:24:37
      • ひ、一息くらい、させて頂戴な…わたくしはテトみたいに、若くないの…よ…もうおばさんなんだから…(くすくすと笑いながら片手手間にスケルトンを召喚して)
        (そうしてスケルトンに、この間入手した女性の遺体を持って来させる)
        丁度良い物があって、良かったわ…あとでお礼を言わないといけないわね…(そう言いつつ、女性の遺体を目の前に置いて)
        ふふ、テト、丁度良いから、、見ておきなさい…?(きていたボロきれを脱いで、遺体の前に) -- ネクロ 2010-07-20 (火) 18:32:20
      • おばさんっていうのはもうちょっと体型の崩れた人を言うもので…… いや、師匠もかなり崩れてますけど、師匠のは確実に外傷じゃないすか
        え、あの……はい(自分でもなぜかわからないが正座して) げふっ!!?? その死体……えぇっ!?何を!?(いろんな要素が重なりすぎて目を逸らすこともできず戸惑いの表情で見つめ) -- テト? 2010-07-20 (火) 18:40:27
      • まあ、私、、中身が殆ど無いから…別に良いのだけどね…(遺体の前で両手を開けば刺青が赤く光る)
        ふふ、頂きますわ…(そう言って女性の遺体に触れれば、見る見るうちに外傷が消えていく)
        (遺体のほうは所々不自然に風化していき、砂の様に砕けていき)
        まぁ、、もう生きては居ないから…そんなに美味しくは無いけれど…体を維持するのに贅沢は言えないわね…(弟子の前で惜しげもなく術を披露して、終わる頃には骨も残らない塵と傷が完全になくなったネクロ)
        ふふ…どうかしら?テト…(裸のまま弟子を見て、感想を聞き) -- ネクロ 2010-07-20 (火) 18:59:32
      • (発光する模様に目を奪われしばし呆然と見つめ風化し塵になる様子に身震いする)んぐ…… 師匠、一体何を……
        な、何かするなら言ってくださいよ 心臓が……バクバクいって あぁもう!何がなんだか!!?
        どう?じゃないですよっ!(裸がですか!術がですか!わかりません!) -- テト? 2010-07-20 (火) 19:06:10
      • ふふ…良いじゃない…見て見るのは勉強になるわよ?(くすっと笑い)
        あら…?ふふ、そういえば…テト、服を取ってきて頂戴…(今更そんな事をいうババア) -- ネクロ 2010-07-20 (火) 19:12:25
      • 部屋がごちゃごちゃしててどこに何があるか……(それっぽい収納を漁りながら)
        師匠〜、UOみたいな死体ローブしかないんですか?(下着付けてくださいと内心思いつつ手渡して)でも、かっこよかったっすよ? ボゥッと光ってひゅるひゅるーって回復していって -- テト? 2010-07-20 (火) 19:19:43
      • (テトからローブを受け取り、ざっと上からは羽織り)良いのよ、ローブ…通気性も兼ねる良い服よ…?(裾をひらひら)
        ふふ…あれは私が考案した術なのだけど…あれが無いと私も夫も生きていけないわ…重要な術、よ
        覚えたら…テトにも出来るかも、しれないわよ…?(ニコリと微笑み) -- ネクロ 2010-07-20 (火) 19:32:12
      • マナコントロールの応用すかねー 他者のマナも吸い上げるようなイメージで……(マジックで模様描いて格好だけ真似しながら)
        これがないとっていうよりこれがあれば安泰じゃないっすか 傷だらけなのがあっという間に治って すごいすよ -- テト? 2010-07-20 (火) 19:38:29
      • ええ…そうなんだけれどね…ふふ…ただ…
        他の生物を食い物にする…そういう術よ…。褒められた物では、ないわ…(くすくすと笑って)
        テト、これを読んで置きなさい…?(ぽんと悪趣味な装飾の本を「召喚し」テトに手渡す)
        そこには死霊に関する知識、特性、使役方法…基く魔法陣…色々書かれているわ…ふふ、、私の秘術もね…(次に足で地面を叩き慣らせば、魔法陣とともに豪華な装飾の本棚が現れる)
        沢山あるわ…好きなだけ読みなさい?(そう言ってテトを見て、微笑んで)
        ただし…未熟なアナタでは…術に食べられる可能性もあるわ…充分に注意しなさい?…そう、死(リビングデット)にたくなければ…ね…(ゆっくりとそう言いながら、自分は読みかけていたピンク色の可愛らしいラベルの小説を読み始めて) -- ネクロ 2010-07-20 (火) 20:01:11
      • 食物連鎖と一緒っすよ 俺も毎日生魚食ってましたし(警告が耳に入らない楽観主義 無知がうむ温度差)
        術にって……あはは、脅したってダメっすよー? 俺も子供じゃないんすから(かっこよさそうな本を選んで適当にめくった)
        これ借りて行っていいっすか? ここで読むのだけっすよね さすがに…… なんとか覚えないとな -- テト? 2010-07-20 (火) 20:14:51
      • ええ…好きなだけ持って行きなさい…ふふ、この本は私の管理下にあるから…もし紛失しても、別に問題はないから…(本の表紙は、無念さと憎悪が渦巻くように蠢き、それがただの本で無いことがわかるだろう)
        ふふ…普通の人が死霊に食べられるなんて…良くある事よ?そうね…そとてゾンビや、グールと戦ったことがないかしら?
        あれはそういう人間の成れの果て…ふふ…失敗すれば…あなたもそう、なりかねないと言う事よ…?(くすっと笑って) -- ネクロ 2010-07-20 (火) 20:30:50
  • お師匠さま! 何からはじめたらいいですか 掃除ですか水汲みですか、食事の準備でしょうかーっ(下っ端は雑用するものだと勝手にイメージして) -- テト? 2010-07-18 (日) 18:16:36
    • おはようテト…(日がくれてから起き出して)
      あぁ、雑用は良いわ…ふふ、、そういうのは…私がしますので…(ゆっくりと微笑み)
      そうねぇ…テト、貴方…魔術は使った事がある…?(椅子に腰掛け、何時もの様に足を組み) -- ネクロ 2010-07-18 (日) 22:31:07
      • え、いきなり稽古つけてもらえるんすか!? 俺、魔術も剣術も全然やったことなくて(つい組み替える足に目が行く)
        でもなんとかなると思うっすよ!(無根拠な前向きさだった) -- テト? 2010-07-18 (日) 22:50:04
      • ふふ…そうねぇ…?とりあえず、テトは何か、得意な事…あるかしら…?体術、剣術、魔術、柔術…色々なタイプや構想があるから…(足を見られているのは気づいているのかいないのか、別に気にする事も無く。よく見れば下着を着けていない事がわかるだろう)
        何とかなる…良い言葉ね?(前向きな少年をみて優しく微笑み) -- ネクロ 2010-07-19 (月) 02:11:29
      • 得意なこと……すか 荷運びくらいすかねぇ あとは あぁ!体のバランスには多少自信があるっすよ
        揺れるところでも濡れてたり崩れたり足場の悪いところでも ロープにぶら下がっても荷物落としたりしあmせんから -- テト? 2010-07-19 (月) 02:22:23
      • バランスが良い…身体能力が高いのかしら…じゃあ、何かに作用する魔術より、自身を強化する魔術を覚えたほうが良いわね…(近くに山積にされている魔術書を一つとり、ぺらぺらと捲って)
        まぁ…先ずは、、基本の魔術、マナコントロールから始めましょうか…ふふ
        でも、今日は此処まで…慣れない内は疲れる事も多いから…今のうちにしっかり休んでおくのよ…?(そう言ってテトを優しく撫でる) -- ネクロ 2010-07-19 (月) 02:51:59
      • いい響きですねぇ強化! マナコントロールっていうと……魔力の流れを意識して瞑想でもすればいいんすかね
        は、はいっす 今日はこれで失礼するっすね(なでる腕にチラチラと見える刺青にドキリとしながら) -- テト? 2010-07-19 (月) 02:59:40
      • ええ…お休みなさい…(ニコニコとしながらテトを見送る)
        …(魔術書を片手に)
        でも、美味しそうな子、ね…ふ、ふふ…ねぇ、アナタ?(棺に向かって話しかけて) -- ネクロ 2010-07-19 (月) 03:15:13
  • たぶんここだよね……? アンデッドってどんな感じなんだろう(きょろきょろ) -- テト? 2010-07-17 (土) 11:17:48
    • あらあら…ふふ、いらっしゃいボーヤ…(胸元が大きく開いたローブを着た両肩に刺青のある女性が椅子に足を組んで座っている)
      どうしたのかしら…?なにか…興味を引く事でも…あったのかしら…?(くすっと笑って来訪者を見て) -- ネクロ 2010-07-17 (土) 11:54:55
      • うっわぁ……すごい(港に出入りしていた女の豪傑さんたちもここまで雰囲気ある人いなかったかも)
        興味っていうかビビっときたっていうかさ アンデッドってどんなもんなのか気になってしょうがなくてこんな……危なそうなところまで流れてきちまったんだ
        おばさ…お姉さんは強い? -- テト? 2010-07-17 (土) 12:04:24
      • そうねぇ…良い所だけ伝えれば…死ぬ事の無い…永遠の存在よ…ふふ。
        人の身の限界だって…超えられるわ……おばさんは、弱いけれどね…?(クスクスと笑いながら少年に微笑む) -- ネクロ 2010-07-17 (土) 12:11:24
      • 死にたくはないすけどー…… いくらアンデッドでも形あるものいつかは風化しちゃうもんっしょ? ドロドロになったり骨骨になったり -- テト? 2010-07-17 (土) 12:31:11
      • そうねぇ…そうなるまでの過程、経過…そうする為の術の種類や構想…さまざまな形でそうなる不死者が居るわ…(そっと隣に立てかけてある棺を撫でて)
        数ある方法の中の一つとして、肉体や記憶をそのままに死者になる事も…出来なくはないのよ(魔術書を片手にとり、ぱらぱらと捲って)
        まぁ…一つ間違えば…(片手を胸の前に置き、簡単な詠唱を済ませればスケルトンが一体召喚される)
        こんな…下級魔族になりかねない…けれど、ね…(クスクスと笑う) -- ネクロ 2010-07-17 (土) 12:45:27
      • それは困りものすね…… せっかく親に丈夫に産んでもらった体すから
        でも力ってのはどう得たかじゃなくてどう使うかが大事とも言うし 学んでいけば俺も使いこなせるようになるかな?
        強くなって天辺を見たいんだ 高いところからこの世界を見下ろしてみたい(できると思う?と目で話す) 気持ちいいだろうな〜 -- テト? 2010-07-17 (土) 12:59:58
      • ふふ、この魔術は特殊な物よ…それこそ身を滅ぼす様な、ね?それに、私達の様な者は、外道に身を落とした者達よ
        貴方の言う…天辺なんかではとても無いわ……寧ろ、地獄の底から空を見上げる事になるわ…堕ちたらもう、届かない空を…
        可愛い子ね…?まだ若いんだもの…簡単よ?きっと出来るわ…(スケルトンが地に崩れ、灰と化す。そして足を組みなおし、少年を見て優しく微笑んで) -- ネクロ 2010-07-17 (土) 13:26:46
      • 外道でもいいっすよ 道を外れるくらいじゃないと天辺はとれないっすからね(警告はこの人の優しさなのだろうと前向きにとらえる)
        諦めたらそこで試合終了ってやつっす 俺ならたとえ地の底からでも海の底からでも天辺目指しますから(まぶしい笑顔をむけて)
        おしかけ弟子なんていうのは迷惑っすよね? 独学でも……なんとかなるっすかね〜 -- テト? 2010-07-17 (土) 13:48:04
      • そう…ねぇ…(少し困った顔をしながらも)
        まぁ…良いわ…簡単な術位なら…教えてあげても…(なんとなく雰囲気に押され、クスクスと笑いながら)
        魔力の素質があるかは…別の問題だけれど、ね?(にこにことしてそう言い) -- ネクロ 2010-07-17 (土) 14:09:23
      • 素質がないからって簡単に諦められるもんじゃないっすよ 壁ってのは乗り越えられなきゃ回り道したり壊したりするもんだって(どこまでも前向きだ)
        俺はテト、学園のX科にいるから これからご指導ごべんー…ん、なんだっけ とにかくよろしく!(身元を明かし本格的に弟子入り志願して帰っていった) -- テト? 2010-07-17 (土) 14:19:34
  • (死霊の囁きに耳を済ませば)
    ギルデさん…そう…居なくなってしまったの、ね…(口元を緩めたままのんびり、何時もと変わらぬ様子で)
    もう少し…お話してみたかったのだけれど…残念だわ…ふふ… -- ネクロ 2010-07-17 (土) 05:43:31
  • (レイドから貰った死体を眺めつつ)
    どれ…味を見ておこうかしら…(と言いながら舐めたり齧ったりしてみている様だ) -- ネクロ 2010-07-15 (木) 12:57:52
    • (怖ろしいモノを見てしまったという顔) -- レイドんちのスケルトンズ 2010-07-15 (木) 13:11:33
      • (ギギギと首だけ回して、み た わ ね という顔) -- ネクロ 2010-07-15 (木) 13:21:14
      • ひぃいい! み、みてないっすみてないっす! 何にも僕等みてないっすー! -- レイドんちのスケルトンズ 2010-07-15 (木) 13:30:52
      • …冗談よ…ふふ、臆病な子達ね…(死体から口を離し、誰にも言っては駄目よと人差し指を唇に当てる)
        それにしても…味見くらい、しないのかしら…レイドさんは(等とスケルトン達に聞いてみる) -- ネクロ 2010-07-15 (木) 13:35:50
      • (ブンブンと首がとれるような勢いで首を縦に振ると、頭がとれたので急いでつけなおす)
        す、少なくとも僕らはマスターがそういうことしてるところは見たことないッス……! -- レイドんちのスケルトンズ 2010-07-15 (木) 13:45:45
      • あらあら…(スケルトン達の様子を見てくすくすと笑いながら)
        レイドさんはグルメなのねぇ…(べーっと舌を出し、舌なめずりをして)
        …貴方達は…美味しいのかしら…?(じぃっとスケルトン達を見つめてみる。熱っぽい表情で) -- ネクロ 2010-07-15 (木) 13:51:20
      • ぎゃー! やめてっすー! 僕らは食べても美味しくないっすー!(おろおろおろおろ) -- レイドんちのスケルトンズ 2010-07-15 (木) 13:58:02
      • ふふ、冗談よ…(からかって遊んでいた様だ)
        時に貴方達、貴方達は思考が並列化されている様だけれど…それはレイドさんの意識にひかれてそうなっているのかしら…?(椅子に座りなおして本を捲り)
        中々興味深い、現象よ…?ネクロマンサーは強制的に使役出来る物の、、大量に召喚してはばらつきが出てしまう物だから… -- ネクロ 2010-07-15 (木) 14:07:34
      • んー、それはよくわからないッス。でも、ウチのマスターはよく
        「……何度作っても必ずこうなってしまうのだよな……はてなぜだろうな……?」
        とか漏らしてたッスー
        僕らは元々、マスターの魔力とマスターの魂を媒体に作られた擬似生命ッスから本来ならマスターそっくりの性格になるはずなんスけどね -- レイドんちのスケルトンズ 2010-07-15 (木) 14:12:00
      • なるほど…魂という概念の中、擬似生命を入れ物に入れて使役する…という事ね…若いのに、中々良い構想だわ…(スケルトンを舐めるように見ながら)
        ふふ、それは…レイドさんが本当は貴方達みたいな可愛い子…と考えて、宜しいのかしら…(くすっと笑い、特殊なカップを用意して)
        貴方達、マナポーションでも…飲むかしら?(等と言いながらカップに霊薬を注いで見る) -- ネクロ 2010-07-15 (木) 14:24:02
      • それはわからないッスけど、もしかしたらそうなのかも知れないッス。マスターああみえて結構甘ちゃんッスから
        わぁい! ありがとッスー! いただくッスー!(キャッキャと喜ぶスケルトン達) -- レイド 2010-07-15 (木) 14:28:45
      • とりあえずお茶を入れる要領で魔力が溶かし込まれた液体を注いでスケルトン達に渡して)
        …あまちゃんの死霊使い、ねェ…(考える様にして足を組んで)
        そうなれていたら…私でも、お花屋さんに…なれたのかしら…ね(マナポーションを啜りながら) -- ネクロ 2010-07-15 (木) 14:42:56
      • (みんなで喜んで啜りながら喜ぶスケルトン達)
        ? ネクロさんはちょっと怖いッスけど、心根は優しい良い人だと僕等思ってるッスよ
        お花屋さんにもきっといつかなれるッス! -- レイドんちのスケルトンズ 2010-07-15 (木) 14:50:02
      • あらあら…スケルトン達の癖に…生意気な事を言うのね…(くすっと笑って微笑み)
        私はもう…そうなれないわ…だって、お花…枯れてしまうもの…(スケルトンを撫でながら) -- ネクロ 2010-07-15 (木) 15:00:12
      • 綺麗なドライフラワーッスから大丈夫だと思うッスけどね(表情のないはずのスケルトン。でも、それは確かに柔らかく笑ったようにみえたかもしれない)
        ただ咲き誇るだけが花じゃないってマスターも確かいってたっす! と、それじゃあそろそろ帰るッス。ネクロさんまたー! -- レイドんちのスケルトンズ 2010-07-15 (木) 15:36:59
      • レイドさんったら…難しい事をいっているのね…ふふ、また何時でも、いらっしゃいな。歓迎するわ…(スケルトン達を見送り)

        咲き誇るだけが花では、ない、ね…あの人が、綺麗といってくれた…私は、、ずっと綺麗で、居なくちゃ……(棺を抱き寄せ、甘えるように擦り付いて。)
        アナタ…私はまだ、美しいかしら…?(棺に話しかけ) -- ネクロ 2010-07-15 (木) 15:53:55
  • こんにちわ、ここは氷屋さんですかー?違ってもいい…今すぐわけてほしい(外より一段と冷える冷気に吸い寄せられてふらふら歩いてきたザンネさんだ)// -- ザンネ 2010-07-14 (水) 19:43:27
    • あら…あら?…面白い、、お客さんね…?(椅子だけを回して来訪者を見て)
      生憎、此処は氷屋では、無いわ…ただ、私の過ごしやすい気温にしているけれども…(ひんやりと冷える小屋の中、骸の椅子に座りながら本を片手に) -- ネクロ 2010-07-14 (水) 20:11:31
      • ぐぬぬ…吾が冷えるだけか…氷ないの?(蔵の死体を冷やさなくてはいけない しかし居心地がいいのでちょっと迷う)
        んー?(熱っぽい頭でも調度品には目が向く 検分、より詳細に言うならば骸の椅子に首があるかどうか?) -- ザンネ 2010-07-14 (水) 20:38:59
      • ええ、、わたくし、日が高いのは…苦手で…
        此処は私の結界の中…ですから、良い気温でしょう…ふふ。(見た所氷の様な物は見当たらないが、室温は低く常人ならば寒いくらいかもしれない)
        あら…私の椅子に…興味があるのかしら…?(来訪者の様子に気づき、一旦席を立って)
        (椅子は見るからに人骨で組まれている悪趣味な物で) -- ネクロ 2010-07-14 (水) 20:56:26
      • ん…やっぱりいいや、筋も腱も神経もないからただの骨だ(それが動き出すのならば話は別だが…彼女は魔術を用いないネクロマンサーなので、それ以上の詮索はしないし出来ない)
        お日様とか滅びればいいのに…(後ろ髪惹かれつつも、そう捨て台詞を残して結界からすごすごと出て行く 暖冬による腐敗との戦いはまだ続くのだろう…) -- ザンネ 2010-07-14 (水) 21:10:22
      • ふふ…ただの骨…だけれども、、私達には大事な僕…♥ふふ(椅子に座りなおし)
        (…この死臭…同業者の匂いがしたのだけど…勘違いかしら…?それとも骨には興味を示さない、特殊な術をつかうのか…)
        お日様が滅びたら、生き物が生きれないわ…私はそれだと、困るわねぇ…(くすくすと笑い)
        ふふ、また、いらっしゃいね…(にこにこと微笑んだまま小さく手を振り) -- ネクロ 2010-07-14 (水) 22:01:50
      • ほんとかー、ほんとに困るのかー?洗濯物が乾かなかったら困るかもしれない…うん
        (ちょっと遠くから同じく手を振ると、帰り道にそんな独り言を漏らしたとか) -- ザンネ 2010-07-14 (水) 22:30:15
  • おーっすネクロー。この前頼まれてた死体だぞ(スケルトンがごそごそと冷凍保存された死体を運び込む)
    冒険先の材料を拾っただけだから質は保証せんぞ! -- レイド 2010-07-14 (水) 10:49:33
    • 遅いわ…レイドさん…もう自分で済ませてしまったわ…(くすくす)
      でも…ありがたく頂くわ…ふふ(ニコリと微笑み) -- ネクロ 2010-07-14 (水) 11:07:20
      • 「マスターこれで結構真っ当な手段で死体仕入れてくるッスから仕事遅んスよー」
        ええい、余計なことはいわんでいいわこのアホンダラ!(スケルトンを殴る) -- レイド 2010-07-14 (水) 11:10:04
      • ふふ…レイドさん、、死霊使いの割には、、優しいのね…(微笑みながら死体を検品するように触って)
        そういえばレイドさん、新しい術を考えているんだけど…興味がないかしら…?ふふふ…(スケルトンとのやり取りをみて、微笑ましく思いながら聞いてみる) -- ネクロ 2010-07-14 (水) 11:25:39
      • あ、後で仕入先から文句を言われるのが面倒なだけだ! それに俺様は材料は吟味するようなのだよ(と、明らかに適当な言い訳をして照れ隠しする)
        新しい術? ほほう、それは興味深いな。どんな術なのだ? -- レイド 2010-07-14 (水) 11:35:46
      • レイドさんったら…まっとうな事を言うのだから…(その様子が何故かおかしいのか、にこにこと笑い)
        ええとね…魔力を凝縮させて撃ち出す術なんだけれども…周りの死霊を巻き込んで、大きくなる様な術なのだけれど…(魔術書を片手に) -- ネクロ 2010-07-14 (水) 11:41:10
      • ふむ、ポルターガイストの強化版といったところか
        周囲の死霊が多ければ多いほど強くなる……といった感じか? -- レイド 2010-07-14 (水) 11:45:43
      • ビーム状に放射される、、魔術を考えているんだけどね…おおがねその通りよ。
        どうかしら、興味あるかしら…?ふふ -- ネクロ 2010-07-14 (水) 11:56:13
      • 一、魔術師としてはそういう可能性には中々興味が湧くな!
        ……うむ! 俺様も出来ることがあれば手伝うぞ! -- レイド 2010-07-14 (水) 11:57:37
      • 実はもうある程度は完成しているのだけれど…出し方が決まらなくてね…(極めてくだらない理由で悩んでいたようだ)
        今のままだと、口から出そうとおもっているのだけど…。少し下品かしら…?(舌を出して見る) -- ネクロ 2010-07-14 (水) 12:04:45
      • またどうしようもない事で悩んでいたのだな!? ……いやまぁ、こだわりが強いのは魔術師らしいといえばらしいが……
        (下に描かれた魔法陣をしげしげと眺めながら)
        ふむ、いいのではないか? 両手がふさがっているときでも出せるし、何より口からいきなりでたら咄嗟に対応できない奴もいるだろうからな。攻撃魔術としては中々なのではないかと思うが(普通に考察する) -- レイド 2010-07-14 (水) 12:07:09
      • そう、良かったわ…ふふ、、私、こうゆうの結構…気にしちゃって…(クスクスと笑い)
        後は問題は…純粋な放出系の魔術だから…消耗が激しいという所かしら…
        死霊を巻き込んで大きくする構想をもうすこし、、ちゃんとして…節約できたら良いのだけど…渦状に魔術を停滞して、打ち出す法が良いのかしら…
        しかしそれだと見た目が…中々、、考える所が多くて…(魔術書を片手に足を組み、思案しながら) -- ネクロ 2010-07-14 (水) 12:14:49
      • ゾンビパウダーか何かを中間の魔力媒体として用いれば少しは消費は抑えられしれんが……うーむ、どうにも根本的な解決にはなりえないな
        (脚をチラ見しながらも) -- レイド 2010-07-14 (水) 12:20:41
      • (その様子にはまったく気づかない)
        なるほどねぇ…でも、消耗品を使うのはそれはそれで…燃費が悪いのよね…やっぱり外部エネルギーを効果的に利用する構想が必要なのかしら…(よく見ると下着はつけていない様だ) -- ネクロ 2010-07-14 (水) 12:27:14
      • そ、そうだな……じ、事前にくみ上げた魔法陣を多重構造にしてより魔力の伝達経路を簡略化できれば或いは……だが、それでも抑えられる消費は微々たるものだし、やはりさらに効率的な外部エネルギーの利用が……例えば血とかを使うとか(チラ見しまくるけど、ぐっと我慢する) -- レイド 2010-07-14 (水) 23:14:15
  • 皆にオッサンタが今年も愛を届けにやってきたぞ!有無をいわさず押し付けるので受け取ってくれ!
    今年のプレゼントはコレだっ!(スイーツを象ったストラップの詰め合わせが届けられた) -- ギルデ 2010-07-13 (火) 18:18:23
    • あらあら…ギルデさんからかしら…(届けられたストラップを手に取り眺めて)
      …ふふ、マメな人ね…♥(嬉しそうにソレを持って眺めていましたとさ) -- ネクロ 2010-07-13 (火) 23:27:45
  • はぁ…新しい、魔術の研究でも、しようかしら…(魔術書を片手に) -- ネクロ 2010-07-13 (火) 12:32:24
    • ビームを…出したいのよね…(ブツブツ) -- ネクロ 2010-07-13 (火) 14:24:46
      • ポーズが…大事よ…そう、ポーズ…(色々考えつつ手でハートマークを作ったりしながら)
        うぅん…駄目ね…やっぱりこう、普通に出そうかしら…あ、でも…口からとかでも…素敵かも… -- ネクロ 2010-07-13 (火) 15:06:25
      • (とりあえず口を開き、舌の魔法陣から魔力を放出しようと試みる)
        んぁー…(口の前に魔力を溜め、凝縮させ)
        っ!(留めた魔力を一気に放つ。魔力球は弾けて直線状に伸び、レーザーの様に)
        …ふぅ…うぅん…まだまだ、実用的ではないわね…(何事も無かったかの如く骨の椅子に座り、魔術書を片手に) -- ネクロ 2010-07-13 (火) 15:57:04
  • (肩から提げた袋の中のりんごをしゃくしゃくと食べつつ歩いていると、見かけた異様な姿。)
    ……あんたそれずっと背負ってあるいてんのか。根性あるのな。 -- エルゼ 2010-07-12 (月) 21:16:40
    • おや…ふふ、始めまして…かしら…?(巨大な棺を背中に背負い、ギィギィと音を鳴らしながら)
      この重さが私を安心させてくれる唯一の重さ…ですから…ふふふ…ね、アナタ…(棺に手を這わせ、独り言のように) -- ネクロ 2010-07-12 (月) 23:04:08
      • 俺の記憶が弄られてねぇのなら、二ヶ月ほど前に会った気もするがね。(芯だけになった林檎を手近なゴミ箱に放り投げて。)
        前に会ったときも持ってたから、ずっともってんのかと思ったんだが……顔似てるだけの別人だったか。悪いことをした。
        なんか償ってるみたいだな。それにしても棺おけたぁ……店の出入りも苦労しそうな。大事なんだな、それ。 -- エルゼ 2010-07-12 (月) 23:11:26
      • あらあら…本当だわ…寝起きは駄目ね…(ぼんやりしながら)
        確か樵の…エルゼさん、、ふふ、ごめんなさいね…?//(寝ぼけてたよ!ごめん!そしてまた寝てた…疲れてるのかな…(吐きながら)
        ええ…これにはね…夫が入っているの…最近は力が弱くて、、眠っているのだけれど…
        愛しい私の夫よ…ふふ…♥ -- ネクロ 2010-07-13 (火) 04:37:13
      • おう。思い出してくれたか。別人じゃなくて良かった。(男はにやっと笑って)
        //吐きそうなら無理に相手してくれなくてもいいのよー!ゴルロアは楽しく遊ぶものなのに無理に遊ぶのは、お互いに辛くなっちゃうからね……。
        //こっちも返信遅れてごめんなさい。ゆっくり休んでほしい。体の楽なときに一緒に遊んでね。絵、ありがとう。大事にします。
        ……中身入ってんのか。そいつぁ気合入ってんな、あんた。だがまぁ、重すぎるみたいだな。調子も悪そうだし、今日はここらで。
        (男はりんごを数個小袋に入れれば、女の棺おけの鎖に引っ掛けて、帰っていった。) -- エルゼ 2010-07-13 (火) 20:14:06
  • うちの教師達の中で学校で見ないと言えば、お前が二人目か…見た所あまり教師らしくないが だからこそここに送られてきた…のかな? -- 瑞姫 2010-07-11 (日) 18:21:21
    • あら、いらっしゃい…ええと、、シノヤマさん、だったかしら…
      ふふ、ごめんなさいね…おばさん、なかなか人の多い所、苦手で…(やんわりと微笑みながら)
      若い子達の怪我は勲章というし…あんまり私の出番も無いような…きがしてね…?ふふ、良い事よ… -- ネクロ 2010-07-12 (月) 00:17:33
      • いや、その気持ちは分かる 空気は冷たいに限るからな…名前も合っている
        保険の教師だったか、医者と言うよりは魔術師に見えるが…それは刺青か何かか? -- 瑞姫 2010-07-12 (月) 00:27:06
      • あら、シノヤマさんは魔術に、興味があったり知識があったり、するのかしら…?
        ふふ、そうよ、これは特殊な刺青…刻印と言った方が良いかしら…
        これが無いと、、先生は歩く事すらままなら無いわ…ふふふ… -- ネクロ 2010-07-12 (月) 00:33:46
      • 知識はないが興味はある、素手での戦闘にも応用できそうなのでな
        所謂マジカルタトゥーとかそう言う物か?歩く事すら…と言う事は体力の補助などを担っているのか 私がそれを彫ったらどうだろう、強くなれるだろうか? -- 瑞姫 2010-07-12 (月) 00:39:11
      • 素手で使うとすれば…身体強化系の魔術が良いのかしら…まぁ、純粋な魔力を飛ばす、インパクト系でも良いかもしれないわね…(クスクスと笑って)
        えぇ…これは魔術刻印、よ。…ふふ、どうかしら…体に刻むとすれば、詠唱省略や、魔法陣を描かなくても彫った刻印系統の魔術が使えるのだけれども…
        その反面、肉体にダイレクトに負担がかかるわ…使う術によっては自らを滅ぼす事になるかも…しれないわよ…? -- ネクロ 2010-07-12 (月) 00:49:59
      • どちらでも良いが、接触して魔力を打ち込む系統が良いかもしれない 固い相手にでも、体勢が崩れていても、ダメージを与えられる…だろう?
        ふっ、自滅か…そう言うギャンブルも嫌いではないな、見合う効果が得られるのなら リスク無しで強くなろうと思うほど甘くも無い
        …私にも使えるか?そして、刻んでくれと言えば刻んでもらえるのか? -- 瑞姫 2010-07-12 (月) 00:54:48
      • 攻撃的、なのねぇ…(微笑んだままシノヤマさんを見て)
        (見たところ、かなりのおてんばさんだわ…ふふ、でも、あの体ではまだ難しそうね…)
        そうねぇ…先ずは身に刻むより、其れに伴う物に…刻んで使った方が良いと思うわ…そう、たとえれば、手袋や、靴…とかね…?
        それに、私の魔方陣を刻んだ所で効果がある訳ではないから…ふふ、先ずは自分の身にあう、術式を覚える所から始めないと、ね?(くすくすと笑い、そう言って分厚い本を渡してみる。本の表紙には大きく「誰でもわかる!超簡単、魔術師の本・初級編。」とかかれている様だ)
        インパクト系の魔術なら、比較的簡単に使えると思うわ…先ずは、覚える所から、始めましょう…ふふ(やんわりとそう言って微笑んで) -- ネクロ 2010-07-12 (月) 01:17:25
      • むぅ…やはりそう上手い話は無いか…あまり勉強は得意ではないのだが(本を受け取って苦い顔をする)
        自分の身に合う、か…魔術の素養は無いゆえ、探せるかどうかは分からぬがやってみよう
        新しい靴も仕入れておくかな、ただの素足では駄目な相手が多くなってきた 覚えるしかないなら覚えて見せよう
        では今日の所は帰る、この本は借りていくぞ 相談に乗ってもらって感謝する、ではな -- 瑞姫 2010-07-12 (月) 01:27:42
      • ふふ…自分以上の力を使おうとすれば、必ず相応の代償を支払う事になるものよ…
        だから、身にあった力を使っているうちが…一番安定しているという証拠だわ……(苦笑いをする相手を相変わらずの優しい笑みで見て)
        其処にのっているのは基本中の基本、、だから、きっと簡単に覚えられると思うわ…ふふ、自分の身にあった術があれば、良いわね…?
        えぇ…また何時でもいらっしゃいな…気おつけて…(生徒を見送り、一息ついて)

        みずみずしくて…美味しそうな魂…だったわね?アナタ…♥(くすくすと笑いながら棺に手を這わせ、ニィッとさっきとは別の笑みを浮かべ) -- ネクロ 2010-07-12 (月) 01:51:23
  • よう、保健のセンセ! いきなり押しかけちまってすまねェが、ちぃっと診ちゃあくれねェかな? -- 果奈 2010-07-11 (日) 05:54:02
    • あらあら…いらっしゃい…ええとアナタは…(生徒名簿を片手に)コトトイ…さんかしら…?(にこっと微笑み)
      ふふ、良いわよ…何処か怪我でも、したのかしら…? -- ネクロ 2010-07-11 (日) 09:34:13
      • ん、あぁ…ここいらが(と制服をたくし上げ、真新しい脇腹の傷痕を指さして)今朝方からどうもチクチクと来やがってね
        あんまり痛むもんだから何も手に付きやしねェ、こいつがどうにかなりゃあ御の字なんだが…如何だェ? まだ治っちゃいねェのかな? -- 果奈 2010-07-11 (日) 09:58:56
      • あら、あら…駄目よぉ、、ちゃんと消毒して、安静にしてた…?(仕方ない子ね、と言った顔で)
        そうねぇ…(悪戯に笑って)
        具体的に言って……腐っているわ!(でーんという効果音と共に指をさしながら適当な事を言ってみる) -- ネクロ 2010-07-11 (日) 10:11:21
      • んなの当ったり前ェじゃねェか 医者のジジイにゃぐうの音も出ねェぐれェふんだくられちまったよ、あんにゃろう足許見やぁがって…!
        なっ!?(その時果奈に電流走る さすがに血の気が引いて)て、適当なこと抜かしてんじゃねェよべらんめェ! -- 果奈 2010-07-11 (日) 10:24:40
      • ふふ、、ばれてしまいましたわ。(微笑みながら悪びれなく)
        まぁ…これくらいなら大丈夫だと思うわよ?…アレなら…痛み止めでもつかってあげましょうか…? -- ネクロ 2010-07-11 (日) 10:31:34
      • 手前ェっ…! 元から碌でもねェガッコだがいくら何だってこいつぁいけねェや、ひでェなんてもんじゃねェ!
        するってェと何かェ、こんぐれェ我慢しなってェことかェ?(疲れたような顔でため息をついて)あぁわかったよ、上等だ
        薬はいらねェ、遠慮しとく(きっぱり)あぁちくしょう、調子が狂ってきやがらぁ…邪魔したね、藪のセンセ(ふらりと立ち去った) -- 果奈 2010-07-11 (日) 10:44:37
      • ごめんなさいね、アナタが可愛いから、悪戯心が働いてしまったわ…♥(くすくすと笑いながら)
        えぇ、まぁ…一応…(そう言って簡単な治癒魔法を傷口に施し)これ位なら、寧ろ、気持ち良い位だと、思うのだけど…(ナチュラルにマゾヒスト発言をして)
        あらあら…ふふ、はい。ちゃんと、安静にするのよ…?(そう言いながら微笑み、生徒を見送って) -- ネクロ 2010-07-11 (日) 10:50:39
  • ンムゥ・・・ 死者の魂、弄んでいるは 貴様か?(死臭を漂わせる牛の頭を持った獄卒鬼がやってきた)
    ひとつふたつは見逃ス だが、たくさんは駄目だ(ネクロマンサーに対する警告をしにきたようだ) -- ミノス? 2010-07-10 (土) 11:33:03
    • あらあら…これはまた…珍しい、お客さんですわね…。素敵な匂い…(クスクスと笑い)
      ふふ…彼の地の門番…と言った所でしょうか。
      でも、門番さん…それは聞けないわ…
      だって…自分が摂ったモノは…全部、ワタクシのモノ、だから…(ニコリと微笑んで) -- ネクロ 2010-07-10 (土) 19:14:53
      • 一度黄泉に落ちた魂、拾おうなどと思わヌことだ 代償は高くつく(ヌモモ!と威圧した -- ミノス? 2010-07-10 (土) 19:55:55
      • あらあらまぁまぁ…恐ろしいわ…(威圧されながらも笑みは崩さず)
        ふふ…代償を支払うのは私ではないわ…私は魂を縛る、だけですのよ…(棺をなで上げ) -- ネクロ 2010-07-10 (土) 20:13:59
      • ムフゥ・・・ 黄泉の秩序を乱さヌことだ 理が乱れればその代償も拡がる
        今宵は警告までだ・・・(スゥーっと闇に消えていった) -- ミノス? 2010-07-10 (土) 20:37:18
      • …ふふふ、黄泉ね…。
        私「達」はきっと、いけないわね…ね、リッチ…(門番の警告を気にする様子もなく、棺に手を這わせ、抱きついて) -- ネクロ 2010-07-10 (土) 20:45:06
  • して、俺様に頼みとはなんだネクロ?
    (のそのそ来訪) -- レイド 2010-07-08 (木) 03:49:27
    • えぇ…それが…比較的に新しい死体を…別けて貰いたく…
      出来れば女性が、良いのだけど…あまっては居ないかしら…?(とても申し訳無さそうに) -- ネクロ 2010-07-08 (木) 03:53:01
      • 女性の死体か……うーむ、俺様は冒険先で腐肉からスケルトンを作ったりすることが殆どだから死体のストックとかは殆どないのだよな
        残念ながら手持ちにはないが、ほかならぬ同業者の頼みだ。一応都合してはみるとしようではないか!
        ただし! 条件がある!(びしっと指をさして) -- レイド 2010-07-08 (木) 04:26:02
      • 助かります…実はこの間、大分体を痛めてしまって……本当に助かりますわ…(安心した様ににこっと微笑み)
        条件…ですか…私に出来る事であれば良いのですけど…。(なんでしょうと言った表情でレイドを見て) -- ネクロ 2010-07-08 (木) 04:34:59
      • 死体を持ってくるたびに貴様の持つネクロマンシーの知識を分け与えてもらおうか!
        違う術体系の技術には非常に興味がある! 俺様のネクロマンシーは既に完璧ではあるが、完璧を超越し、更なる進化をする為には他の技術を取り込む必要もあると考えている!
        行間でいいから教えてもらえるとうれしいぞ! -- レイド 2010-07-08 (木) 04:36:47
      • …む…。(知識を分けろ言われれば難しい顔をして)
        それは…難しいお願い、、ですわね…?
        元来私達の術は秘術…人に簡単に教えられる様な術は少ないのはお分かりかと思いますが…
        私の術は…恥ずかしい事ながら、他の術者から頂いた物も多いので…(この場合の「頂いた」という表現は適正ではなく、言葉の意味は少し考えれば直ぐにわかるだろう)
        …それでも、私も背に腹は変えられませんね…今のこの状態では新し探すのも難しそうですし…
        …わかりましたわ…少しならば…えぇ…(ゆっくりと微笑んで) -- ネクロ 2010-07-08 (木) 04:49:43
      • 重々承知の上だ。ネクロマンシーは世から見れば外道の術。口伝ですら伝わることは殆ど無い秘術の中の秘術だ
        取っ掛かり程度を教えてもらえればそれで結構! 魔術師は求道者であると共に研究者でもある、少し教えてもらえればあとは自分で真理にまでたどり着くわ! だーっはっはっは!
        ほほう……頂いた、か。随分と温和な表現をするではないか。それなら尚更見せてくれる程度でも構わんさ、パズルを解くのも俺様は好きだ!
        徒にもかくにも交渉成立、だな……! くくく、それではネクロのめがねにかないそうな死体が見つかればすぐに届けにこようぞ! 楽しみにしていろ! -- レイド 2010-07-08 (木) 04:56:28
      • ふふ…私も今のこの術を…夫を誰にも渡したくは無いので…頂かれない様にしますわ…
        といっても、私の体はもう…魂が離れれば崩れてしまうと思いますけど。(少し複雑な表現で)
        見せるくらいならば、喜んでお見せしますわ…ふふ
        はい、、お願いします…早く体の穴を塞ぎたいので…ふふ♥(少しだけ服をはだければ見るからに破損しているのがわかるだろう)
        …そういえば、私の術、、見たいのよね…?なんなら、今からでも見てみるかしら、、?(にぃっと笑って) -- ネクロ 2010-07-08 (木) 05:08:54
      • (……なるほど、高位の術者とは思っていたが、自らの身体がやはり……ネクロマンシーの行き着くところはやはりそこだというのか……いや、違う、少なくとも俺様は違う真理に……)
        何!? み、みせてくれるのか!? 頼む! ちょおみたい!(なんか小難しいことを考え始めていたが、術を見せてもらえると聞いてすぐに忘れる) -- レイド 2010-07-08 (木) 05:18:37
      • えぇ…丁度私も、お腹が空いて…(ニコニコと嬉しそうに笑い、ずいっと近寄り)
        ちゃんと見せてあげますわ…ふふ、少しだけだから良いわよね…?(近寄りながらレイドの体を触ろうと手を伸ばす。レイド程の術者にはネクロの両手の異質な魔力が見える事だろう)
        (見るからに邪な邪気が体に張り巡らされた刺青を通り、全身に通っている様だ) -- ネクロ 2010-07-08 (木) 05:28:44
      • ……? 何をするつも……!?(なんだあの魔力は……ネクロマンシーのものと同じだが……微妙に違う)
        (いや、違うと俺様が思うだけで同質、なのか……!?)
        (ついつい魅入って観察してしまう) -- レイド 2010-07-08 (木) 05:35:06
      • ふふ…ちゃんと加減するから…♥(そのままレイドに触れば、触れられた場所から熱を失い脱力する様な喪失感に見舞われるだろう)
        あぁ…素敵だわ…♥久し振りに美味しい…夫も喜ぶわ…♥(少しだけ触れていたが直ぐに手を離し)
        (先ほどよりネクロの魔力が増している様だ)
        レイドさん、どう…?少しは何か、見えたかしら…?(ゆっくりとした動作でレイドに微笑みかけ) -- ネクロ 2010-07-08 (木) 05:46:44
      • な、なんだこれは……ネクロ貴様、何を……うおおお……おお……?(まるで全力疾走で何百mも走った後のような急激な喪失感がレイドの身体を襲う)
        ……ど、精力吸引(ドレイン)か……! り、理屈は、アンデッド使役の為に魔力を与えるのと……逆と、見える……な -- レイド 2010-07-08 (木) 05:52:57
      • 少しだけよ…♥レイドさんの魔力、とても美味しいかったわ…若いって良いわね…?(くすくすと笑い、今度は普通にレイドを触って優しく撫でて)
        それにしても、流石ね…?見ただけでそこまで解るなんて…流石天才、ね?
        でも、これは少し特殊で…頂いた物を全て私の物に出来るのよ…ふふ…レイドさんのは少しだから、、まだ、駄目のようだけど… -- ネクロ 2010-07-08 (木) 06:06:19
      • なるほど、そうやって様々な術を同時に奪い取ってきたわけか……くくく、強かだな……(撫でられながらも不敵な笑みで立ち上がる)
        良い勉強になった……帰って早速研究するとしよう、くくく、礼を言うぞネクロ、次は報酬をもってきてやるとしよう。はーっはっはっは! -- レイド 2010-07-08 (木) 06:11:54
      • えぇ…助かりますわ…ふふ、夫と一緒に居るために…私はなんだってするわ…(背中の棺に手を這わせ、とても冷たい純粋な笑顔で)
        レイドさん…一つ忠告よ…私達の術は何処まで行っても外道の魔術…&br;先は…(レイドの魔力から何かを感じたのか、忠告しようとするも其処で言葉を止め)
        …良いわ…ふふ、研究、頑張るのよ…?天才さんだものね…(くすっと笑い、微笑んでレイドを見送り) -- ネクロ 2010-07-08 (木) 06:27:09
      • それにしても…レイドさん、、若いのに本当に凄いわね…少し頂いただけで…解るわ…(魔法陣を描き、読み解くように。どうやら熱心に研究を始めた様だ)
        (何か少しだけ読めたのか)…ハウリ、、?…これは私達の術に近いわね…
        ふふ、乱暴な術の使い方の様だけれども…これで制御出来ているのは…本当に才能って所、かしら…(楽しそうにクスクスと笑い)

        (暫くそうしていたモノの)…これ以上は無理ね…でも、ふふ……(そう言って印を解き、何時もより上機嫌に骸の椅子に座りなおして)
        本当に、楽しみね…私達に息子がいたら…って思ってしまう位に…(暗い部屋の中、棺と話すように クスクスと) -- ネクロ 2010-07-08 (木) 07:01:30
  •   -- 2010-07-08 (木) 01:49:31
  •   -- 2010-07-08 (木) 01:49:27
  •   -- 2010-07-08 (木) 01:49:23
  • あら…嫌だわ…私ったら…疲れているのかしら…こやすさん、ごめんなさいね…(ダウナーなテンションで謝っておく人妻) -- ネクロ 2010-07-07 (水) 23:20:38
    • …はぁ、、なんだか…体が疼くわ…こやすさんの所為ね…(頬を微かに赤らめ、困った風な笑みを浮かべ)
      はぁ…ぁ…ん、、アナタ…♥もぉ、、何時まで寝てるのよぉ…(椅子に座ったまま、ゆっくりとローブを捲り上げ)
      (ローブの下には下着などは付けておらず、そのまま陰毛の生え揃った恥部を晒し) -- ネクロ 2010-07-08 (木) 00:26:33
      • はぁ、はぁ…わ、私ってば…な、何をしているのかしら…いけないわ…こんな事…(そう言いながらも妖艶な仕草で、自らの恥部に指を這わせ)
        んっ、、ぁ…っ♥…ア、アナタ…聞こえているかしらぁ…ひぁっん…(隣に立てかけてある棺に額をつけながら、自らの成熟した恥部を指で刺激して)
        あっ…ぅ…わ、私ったらはしたないわ…もうこんなに濡れてる…ねぇアナタ、見てぇ…♥(棺の前で夫に見せ付ける様に、既にじっとりと濡れた牝穴を指で開き 淫核を爪で刺激して) -- ネクロ 2010-07-08 (木) 00:41:37
      • あっ、ああん…指じゃ足りないわ、アナタ…♥も、もっとぉ…もっと大きいの…(乱れた服装のままよろよろと近くに落ちていた骨を拾い)
        ふふ……んっ…ひあっっ、ああんっ…♥(ぐちゅっといやらしい音をたて、骨を自らの牝穴に突き刺していく)
        ふっ、、あ…や、あぁん…深い、わぁ…♥んっ、もっと、もっと奥にぃ…♥(自らの膣が傷つくのも構わず乱暴に骨を突き刺し、その度にビクビクと震え 淫猥な笑みを浮かべながら夫の棺に甘えるように抱きつき)
        ひっ、、あっ…ぁっぁあっん!アナタ、好きよぉ…♥もっと私を愛してっ…もっと、私を壊し、てぇ…♥ひ、ぅっ…♥(一際びくっと痙攣し、夫の棺に抱きついたままぶしゅっと牝穴から潮を噴き) -- ネクロ 2010-07-08 (木) 01:03:19
      • ふぁ、、ぁぅ…はぁ、、私ったら…いけないわ…あ、、ん…(ぐちゅっと水っぽい音を立ててながら愛液と血が混じった骨を抜き、べろりと舐めあげ)
        ふふ、ごめんなさい、アナタ…つい体が疼いてしまって…(頬を微かに赤らめながら、夫に甘えるようにそう言い)
        (一旦棺から離れ、乱れた服を着直し)
        はぁ…落ち着かなければ、、ね…♥(そう言ってスケルトンで作られた骸の山に座り、足を組み) -- ネクロ 2010-07-08 (木) 01:14:34
  • はぁ……駄目ね…思った以上に弱っているわ…(ボロボロの体で帰ってきて) -- ネクロ 2010-07-06 (火) 17:22:57
    • いやー、なんだかがたがた酷い揺れだ(棺おけから出てきて) -- リッチ 2010-07-06 (火) 18:44:56
      • あらアナタ…ごめんなさいね、、起こしてしまったかしら…
        なんでもないのよ…心配しないで頂戴ね…ふふ(夫に微笑んで) -- ネクロ 2010-07-06 (火) 19:04:42
      • そうか…それならいいのだけど……(妻の手をとり -- リッチ 2010-07-06 (火) 19:09:02
      • ふふ…アナタが居てくれたら大丈夫だわ…♥(手を取られ、嬉しそうに笑い) -- ネクロ 2010-07-06 (火) 19:19:37
      • 一応君に憑く存在だからね? んふふ(なでりなでり) -- リッチ 2010-07-06 (火) 19:24:54
  • 人妻だって!?旦那さん!奥さんにときめくオッサンを許してください! -- ギルデ 2010-07-06 (火) 03:51:44
    • あら…いらっしゃい…ふふ
      出会い頭にそんな事言うなんて…私照れてしまいますわ…(赤面しながら) -- ネクロ 2010-07-06 (火) 03:53:36
      • だって目の前にこんな素敵な女性が居るんだもの!そりゃときめくのが男ってもんでしょう!?
        あぁでもあなたはもう既に人のモノなのですね…せめて旦那さんと仲睦まじくあるよう祈らせていただきたい! -- ギルデ 2010-07-06 (火) 03:57:19
      • も、もう…おばさんをからかっても何もでないわ…(そう言いながらも満更でもないと微笑んで)
        ふふ、そうね…私には最愛の夫がおりますから…彼とは死ぬまで一緒と約束したのよ…♥…もう死んでいるけれど…(ジョークを言ったらしい) -- ネクロ 2010-07-06 (火) 04:02:29
      • ははは、祈るまでもなく仲睦まじいみたいですね奥さん!こりゃ妬けちゃうねぇ!
        あら、そうなのかい?……何か悪いこと聞いちゃったかな?(ジョークの意図を掴み損ねるオッサン) -- ギルデ 2010-07-06 (火) 04:04:10
      • うふふ…ごめんなさいね…?ええと…冒険者さん、?(ゆったりとした仕草で)
        良いのよ…彼は骸になっても私を抱きしめてくれるんですから…(クスクスと笑い、背中の大きな棺を撫でて)
        冒険者さんは口がお上手ね…?その様子だと…大変でしょう?(女性関係の事を言っているらしい) -- ネクロ 2010-07-06 (火) 04:12:06
      • …成程、そういうことね。大体分かりましたよ。ま、愛の形は人それぞれですからねぇ!(何となく状況を理解したらしい)
        はっはっは!そうでもないですよ。最近の若い子はこんなオッサンには興味がないみたいでね!
        …っと、そういや自己紹介もまだでしたね。オッサンはギルデ。奥さんは? -- ギルデ 2010-07-06 (火) 04:13:42
      • …わかります?ふふ、この街には同業者も多いですから…珍しい物でも無いのかもしれないわ…
        ふふ、若い子にはわからない物なのかもしれないわね…殿方は少しお歳を召されてからの方が、素敵ですのにね…?(くすっと、妖艶な笑みを)
        ギルデさん…ね…はい、私は、ネクロ・スカルマリアと申します。
        まだこの街に来て日が浅いので…右も左もわからない物だけれど…よろしくお願いするわね…?(握手を求める様に手を差し出す、触ればひんやりと冷たいかもしれない) -- ネクロ 2010-07-06 (火) 04:25:40
      • OK、ネクロさんですね。覚えておきましょう!あ、旦那さんにも後で宜しくお伝えくださいねー?
        おぉっと、さっすがはネクロさん!大人の女性には分かるのよねー、この渋い魅力が!
        あ、こちらこそどーぞ宜しく!(疑いもなく手を握り返し)……ずいぶんと冷たいですね?冷え性とか、ですか? -- ギルデ 2010-07-06 (火) 04:27:53
      • 彼はきっと聞いているわ…だから大丈夫よ…ふふ♥(ギルデの手を優しく握り返し)
        (握られれば熱を失い、力が抜けるような感覚に見舞われるだろう)
        えぇ…昔少し、体を壊してしまって…ね?(手を離し、ご馳走様といった顔) -- ネクロ 2010-07-06 (火) 04:40:52
      • あら、何か、力が…(不意にめまいに襲われ、フラつくオッサン)
        そ、そうですか…お大事にしてくださいね?とりあえず、今日はこれで…帰りますわー…
        …おっかしいな、何で急に…(ふらふらしながら帰っていった) -- ギルデ 2010-07-06 (火) 04:43:16
      • ギルデさんはお優しいのね…ふふ…はい、また…きてね?楽しみにまっているわ…(ニコニコとしたままギルデを見送り)
        加減…間違えたかしら…吸いすぎ注意ね…(ギルデの手の温もりを思い出し、少し自分に自己嫌悪して) -- ネクロ 2010-07-06 (火) 05:02:26
  • ふぅ…暫くはこの街で新しい術の研究ね… -- ネクロ 2010-07-05 (月) 19:19:02
    • んふふふ〜、おはよう我が妻よ -- リッチ 2010-07-05 (月) 19:44:11
      • あら、起きていたの貴方…
        もう夜よ〜?(くすくすと笑いながらリッチに抱きついて) -- ネクロ 2010-07-05 (月) 19:45:39
      • 何を言うんだいハニー。僕にとっては君が居ればこの世は常に昼
        明るく太陽が照りつけ、この世が祝福してくれるのさ(片手で抱き寄せ顎に手を添え -- リッチ 2010-07-05 (月) 19:48:21
      • もう…相変わらず馬鹿なんだから…ふふ、、愛しているわよ、貴方♥(ちゅっとリッチにキスをして)
        あぁ、、そうそう…暫くこの街に留まる事になったわ…私も少し、命が足りなくてね…… -- ネクロ 2010-07-05 (月) 19:55:13
      • 僕だって愛しているさ、君の傍に居るだけでこの隙間風が通る体はぬくもりで満たされるのだからbr;そうか、ちなみに僕の腕っ節には期待しないでくれよ?(小さく笑い -- リッチ 2010-07-05 (月) 20:03:10
      • そんな事言って…他の女を口説いてる癖に…(呆れ顔で)
        そうね、、?リッチ…腕細いものね…(くすくすと笑ってリッチの上腕骨を撫でて)
        ちゃんとカルシウムを取ろうね…ん、ふふ… -- ネクロ 2010-07-05 (月) 20:09:12
      • そんなことはないよ、僕が口説いてるんじゃない。他の女性が口説かれたがっているんだ!
        あまり栄養を取らずに死んでしまったしね、とりあえず明日から毎日牛乳でも飲もうか
        さて…僕はもうちょっと休むよ、それじゃあネクロ。おやすみ -- リッチ 2010-07-05 (月) 20:11:31
      • はいはい、それももう毎日聞いているわよ…?
        あんまり重くなられても背負うのが大変なんだけど…ふふ、はい…お休みなさい、貴方♥ -- ネクロ 2010-07-05 (月) 20:22:17

Last-modified: 2011-10-07 Fri 02:22:56 JST (4368d)