名簿/193737?

  • (夏の夜。 ある男が逝った夜。)
    (その小屋は何者かに火を放たれて燃え尽きた。)
    (セーターや毛皮、花々をすべて抱きしめて。)
    (まるで、逝く者の後についていくように、煙は長々と、立ち上っていた。) -- 2008-10-31 (金) 22:56:27
  • 今になってモュクのくれた温もりに助けられるとはな…歩こうとするとどうしても心が冷えていく。
    そんな時モュクがくれた温かさが私の足を進めてくれる、ありがとう、モュク…(部屋の掃除をした後サルビアの種を外に撒いた)
    芽吹くかね…届いて欲しいものだ、私からの贈物を。
    それではな、モュク…。 -- ザビーネ 2008-09-26 (金) 02:07:06
    • 一人では無かったか…モュクに何もしてやれなかったと、そう嘆いていたのだがな…。
      見守っていてくれモュク、何時かそちらに行く日までな。そちらに行ったら…そうだな、私の妻にモュクを紹介しよう。娘だと。
      (部屋を掃除した後手編みのセーターを部屋に置いた)それではなモュク、また来年…。 -- ザビーネ 2008-10-07 (火) 23:38:34
      • (朽ちた茅葺の家。 次、ザビーネが小屋に入ったその光景。)
        (綺麗に畳まれ、誰も袖を通さないそのセーターの周りを、まるで宝物を護るようにサルビアの花が囲い、咲き誇っていた。) -- 2008-10-13 (月) 12:52:26
      • モュクもまた見守ってくれていたか(サルビアの咲き誇る光景を見て)
        …まるで誰かに生きろと背を押されているようだ気分だ、死が確定したかのような依頼で尚生き残る、生きようとする。
        それはルナエスタやモュクが…かも知れんな、そちらで会うのは何時の日か、だが…何時か会おう。
        (家を掃除した後サルビアにかからないようワインを撒いて)生きていたら飲める歳だからな…お誕生日おめでとうモュク。
        (暫くの間壁に背を預けセーターとサルビアの花を眺め)…行こう、ではなモュク。 -- ザビーネ 2008-10-20 (月) 00:18:39
  • 誕生日か…ふっ、もう居ないのにな…(目を閉じると何かを耐えるように顔を歪め溜息を吐いた)
    すまん、まだここに長居は出来そうに無いな…。それではな、誰も居ないのに何を言っているのか私は。 -- ザビーネ 2008-09-14 (日) 23:56:48
  • 正直に言えば娘の様にな、思っていた。本当にな…会う度に笑顔になれて、楽しくて。
    短い間だったが心の底から楽しいと言えた、何度もありがとうと言っても足りん程にな。
    だが言おう、ありがとう…もう届かんがな…ああ、漸く分かった、モュクの死を知ったばかりの時どうして泣けなかったのかがな。
    認めたくなかったのだなぁ、モュクが居なくなった事を。誰も居ない此処に来てもう居ない事をひしひしと感じて、漸く気付けた。
    止まらんなあ…来る前にあれだけ泣いたのに止まらんよ、歯軋りをして、拳を握って、それでやっと話せる。
    …忘れない、絶対に。忘れるものか、笑顔だけがあったあの日々をけして忘れはせん。モュクという少女が在った事実を永遠に胸に刻みつける、それぐらいしか、私には出来んからな。 -- ザビーネ 2008-09-03 (水) 23:54:31
    • (一人、小屋の前で呟くザビーネ 男が帰ろうとした時) キィ… (小屋が独りでに開く)
      (鍵は下りていたはずなのに、まるで、中からいつものように少女が迎えるように 扉が開いた 中は、真っ暗だけれど)
      (まるでザビーネを招くように、キィ、と風もなく揺れる扉。) -- 2008-09-04 (木) 00:06:35
      • …モュク?(涙で濡れた顔を袖で拭うと急ぎ足で小屋の中に入る)…ふ、ふふ…そんな筈は無いか。
        (暗闇の中誰にも見えないと思い再び涙を流し始める)モュク…。 -- ザビーネ 2008-09-04 (木) 00:17:13
      • (誰も居ない小屋の中には、思い出と少女の生きていた印の欠片が散らばっていた しかし炉に火を入れるものは居ない しん、と静まり返っていた)
        (しかし、ザビーネの目に、部屋の隅にある見慣れぬ物が引っかかる それは、板の上に張った紙 それに描かれた絵)
        その絵は描きかけで、まだ色も塗られていなかったけれど、丁寧に、きっと思いを込めて描いたのだろう 優しい、優しいザビーネの表情と、幸せそうな少女の顔が描かれていた) -- 2008-09-04 (木) 00:29:32
      • 何を…モュク…わた、私は、こんな顔をしていたのか?穏やかな笑顔でモュクと接していたのか?
        モュク…モュク…!(両膝を着き絵を抱きしめる)
        私は、本当に幸せで…笑顔で、何の気兼ねも無く、ただただ満ち足りた時間を送れた、モュクのお陰で、モュクの笑顔で。
        ありがとう…忘れない、ずっと、何時までも…モュクの笑顔は私の胸の内に在るから、居た証は、此処に在るから(絵を大事そうに撫でる)
        どんなに時が経とうとも、例えこの絵が朽ち果てる程の時が流れても、けして、忘れない。モュクという優しい女の子が居た事を、絶対に。 -- ザビーネ 2008-09-04 (木) 00:53:12
      • (ザビーネの涙が絵に落ちた しかし、不思議とその線は滲まず、つい、と流れ落ちる)
        (その位置は丁度、少女の頬 ザビーネの言葉に、嬉し涙を流すかのようにその一筋が月明かりに輝いた)
        (そして、その涙が流れ辿った紙の下、板地には、この国の言葉ではない文字で、こう書かれていた。)
        (『ハチャ』、と。) -- 2008-09-04 (木) 00:59:25
      • (板に書かれた読めない文字、しかしそれの言わんとする意味を何故か理解し唇を強く噛む)少し…休んで行こう…あの日の様に泊まって行こう…。
        泣きすぎて疲れた…(絵を抱きしめたままふらりと立ち藁の上に毛皮を敷いた、モュクの自慢だった布団の上に座り込む)
        あの日、寝惚けて私をハチャと…お父さんと呼んだなぁ、今でも鮮明に思い出す、真っ直ぐに、嬉しそうに抱きついてきて、眠ったな…。
        …(布団の上に横になると目を瞑る)お休み、モュク…目が覚めたら…モュクが安心出来るようまた、笑って暮らすから…モュクも、お休み…。 -- ザビーネ 2008-09-04 (木) 01:16:14
      • (寝床にはまだ、少女の温かさが、匂いが残っているように感じられた)
        (目を閉じたザビーネは、眠りに落ちる瞬間、微かに、胸に抱いた絵から、ザビーネ、と呼ぶ声を聞いた気がした)
        (その声は嬉しそうで、幸せそうで …寝床は、暖かかった。) -- 2008-09-04 (木) 01:24:56
  • 思えば、何でここに来たのかすら聞いてなかったな・・・
    (主がいなくなった小屋に花束を置いていく) ・・・・モュク・・・仇は討つよ・・・。 -- トール 2008-09-03 (水) 21:28:19
  • そんな……。大丈夫って…言ったじゃ…ないですか……。そんな…モュクさん… -- カナメ 2008-09-03 (水) 21:12:58
  • まずはモュクの誕生日を祝う、うむ。お誕生日おめでとうモュク、今年で18歳になったのだな?
    善き哉、これからも無事に歳を重ねていって欲しい。因みに私が半透明なのは気にするな、良くある事だ。
    さてプレゼントを(黒のワンピースが入った箱とショートケーキ丸々1ホール、それと木綿の涼しげな蒼の着物を差し出した) -- ザビーネ 2008-09-01 (月) 22:07:27
    • ありがと、ざびねー (両頬を手で押さえ、にへえと嬉しそうな素直な笑顔)
      んー? (半透明なザビーネをきょとんとした目で眺め、ぐるりとその周りを一週回って首を傾げた)
      (しかし、ザビーネがよくあることだといえば、納得して頷く) ん? おおー (ケーキを見て嬉しそうな声)
      (そして、二着の服と着物を見れば、女の子らしい表情で目を輝かせた) -- モュク? 2008-09-02 (火) 06:54:02
      • うーむちと難しい言葉を多めに言い過ぎた気もするが、まあ良いか(モュクの頭にぽんと手を置き)
        昨日は渡して直ぐ眠ってしまってすまんな、少し疲れていてぐっすりだった。 -- ザビーネ 2008-09-02 (火) 09:08:17
      • んー、ざびね、誕生日祝う、してくれるた ん! (でしょ、と言う様にガッツポーズして見せる)
        (頭をなでられてにへーと頬を緩めて) んーん、モュク、寝ちゃうしただた ざびね、ぐっすり いいこと、ねー? -- モュク? 2008-09-02 (火) 23:01:05
  • (首をゴキゴキと鳴らしている)やはり枕は替えん方が良かったか…使い慣れた物が一番らしいな。
    モュク、今居るかね? -- ザビーネ 2008-08-30 (土) 23:18:59
    • んー… (暫く待たせてから、扉を開けた少女 くしくし目を擦ってから、ザビーネにぽすっと抱きついた) ざびねー…んー… -- モュク? 2008-08-31 (日) 03:44:29
      • ん?どうかしたかねモュク?(抱きつくモュクの背中に手を添えて)眠いのだな?ふむ…ではまたの機会に来た方が良い?ああとこれは難しいか…後で来た方がいい? -- ザビーネ 2008-08-31 (日) 03:47:21
      • んー… (額をザビーネに預けたままふるふると首を振った ギューッと抱きついて見上げ、にへー、と嬉しそうな顔) -- モュク? 2008-08-31 (日) 03:51:24
      • む…今起きたという事か?(モュクの抱きしめと笑顔を見て納得しながら)
        クッキー…菓子を焼いてきてな、持って来たのだがまずは顔を洗え、寝起きはそれが一番だ。 -- ザビーネ 2008-08-31 (日) 03:55:16
      • (こくんともう一度眠たげな目のまま頷いて小屋の外の井戸に向かった ばしゃばしゃと音があったあと戻ってくる)
        ざび、ねー、くっきー? ん、あまいもの! (匂いを敏感に嗅ぎ取って言った。) -- モュク? 2008-08-31 (日) 04:02:36
      • 綺麗になったな、よく出来ました(戻って来たモュクの頭を撫でると手を取り袋を乗せる)
        チョコレートクッキーとプレーンクッキーだ、食べたらちゃんと歯を磨いてな? -- ザビーネ 2008-08-31 (日) 04:06:59
      • んひー ざびね、きれーすき、ねー (前よりも続けて言葉を喋れるようになった少女 受け取る袋)
        ん、ありが、とー! だべる、いま、いい? (目を輝かせながら首を傾げる) -- モュク? 2008-08-31 (日) 04:15:30
      • そうだ、綺麗なのが好きでな?ふふふよく喋れるようになってきた(徐々に喋れるようになってきた少女を見て目を細め喜ぶ)
        勿論だとも、ただだべる、ではないな、食べる、だ。 -- ザビーネ 2008-08-31 (日) 04:22:44
      • ん、がんばる、たー! ざびね、おしえる、くれる、からー! (嬉しそうに笑って、頬を両手で押さえた)
        ん、たべ、るー たべる (袋を開けて取り出すプレーンクッキー、咥えて、もう一枚とってザビーネの口元に差し出した)
        ざびね、いっしょたべる ねー -- モュク? 2008-08-31 (日) 04:27:02
      • 私もかね?ふむ…まあ一緒に食べると普段より美味だしな、では頂こう(差し出されたクッキーを咥えた)
        ありふぁほうモュク(口にクッキーを咥えながら喋るとモュクを抱き抱え座ろうとする) -- ザビーネ 2008-08-31 (日) 04:31:38
      • ん! (ザビーネが口に入れるのを見てから自分も食べる 口の中に広がる甘さに目を閉じてぴょんぴょん跳ねた)
        ん、ありあと、ざびねー ん? (抱き寄せられたと思ったら膝の上 きょとんとしてから、照れた様に笑って両手を頬に当てた) -- モュク? 2008-08-31 (日) 04:38:23
      • ありがとう、だモュク、ありあとう、ではなくありがとう(膝の上のモュクの頬になんとなくモュクがする様に頬を擦り付ける)
        この方が一緒に食べやすかろう?一緒…分かるか?(自分と相手を指差す) -- ザビーネ 2008-08-31 (日) 04:42:40
      • ありが、とー んむ、 (頬ずりをされてきょとんとしてから、きゃあきゃあと嬉しそうに笑って頬を摺り寄せ返す)
        ざびね、あったかー ん、いっしょ、わかる モュクわかる! (もう一枚取り出してザビーネの口に) -- モュク? 2008-08-31 (日) 04:49:04
      • 分かるか!ふっふふモュクは賢いな(クッキーを食べるとモュクの頭をよしよしと撫で回す)
        そうだモュク、最近は体調を崩してたりはせんか?6月の季節の変わり目ともなれば…とこれは難しいか、では簡単に…元気かね? -- ザビーネ 2008-08-31 (日) 05:00:13
      • んひー (頭を撫でて褒められれば、照れと嬉しさが堪え切れなくて足をパタパタさせた 撫でる手をとって顔を押し当てる)
        (難しい言葉の列にきょとんとしていたが、言いなおされてにっこり笑う) ん! (ぐ、とガッツポーズ) -- モュク? 2008-08-31 (日) 05:05:56
      • ならば良し(ガッツポーズを見ると優しく微笑みぎゅっと抱きしめる)
        さて…それではそろそろお暇するとしよう、お暇…は分からんか。帰るとしよう(モュクを抱えたまま立ち上がりモュクを降ろそうとする) -- ザビーネ 2008-08-31 (日) 05:15:33
      • (頭をザビーネの首に預け、抱き締めてくれる腕に手を当てて身を任せて甘えた)
        (抱き上げられて立ち上がり、降ろされる前に背伸びしてザビーネの頬にもう一度頬ずりして) ん、ざびね、また、ねー
        (照れ笑いを浮かべて頷いた) -- モュク? 2008-08-31 (日) 05:18:04
      • ああ、それではなモュク。これからも無事に冒険をこなし元気で居ておくれ。
        (朗らかな笑顔を見せると軽く手を振りながら帰っていった) -- ザビーネ 2008-08-31 (日) 05:20:01
  • こんばんは、モュクさん。ふふ…冒険、頑張ってますね。熟練の称号、おめでとうございます。お祝いにケーキを持ってきましたよ -- カナメ 2008-08-29 (金) 18:23:58
    • ん! かな、めー おおー、けーき! (カナメの服を掴んでから、要の持つケーキに歓声を上げる。) -- モュク? 2008-08-29 (金) 22:36:31
      • はい。ケーキです。ふふ…モュクさんはケーキは好きですか?  -- カナメ 2008-08-29 (金) 22:51:08
      • んー…あまい、すきー (こくんと頷き、嬉しそうに緩んだ頬を両手で押さえて笑った) -- モュク? 2008-08-30 (土) 03:20:54
      • ふふ、良かった。お花のケーキですよ。ケーキの上に砂糖菓子のお花が乗ってます
        美味しいですよ -- カナメ 2008-08-30 (土) 16:29:30
  • (こっそりと窓際に「一から始めるゴルロア語 音声テープ付」という本とラジカセを置いて帰った) -- トール 2008-08-28 (木) 03:24:56
    • …? (ラジカセを両手で持って、逆さにしてみたり裏返して見たり)
      (ボタンが一杯あるので押してみたりしてたら、突然蓋が開いてビクッとする少女)
      (何だか判らないので、小屋の隅っこにおいて、ザビーネに使い方を教えてもらうことにしたのだった) -- モュク? 2008-08-28 (木) 03:59:45
  • モュクー、あけましておめでとう 今年もよろしくね(おせちと酒……ではなくジュースを置く)
    ごめんね、昨日あまり楽しめなかったでしょ? -- トール 2008-08-27 (水) 01:23:02
    • とーる、ことしもよろしく! ん! (ぐっと両手を伸ばして元気よく挨拶)
      (それからトールの言葉に不思議そうな顔をしてから、近づいて服の端を掴んで見上げ、にっこり笑ってから抱きついた) -- モュク? 2008-08-27 (水) 01:30:34
      • お、上手くなったねこっちの言葉 偉い偉い(なでなで)
        ・・・んー・・・ありがと(にこりと笑って抱き上げ、くるくると回って遊ぶ) -- トール 2008-08-27 (水) 01:38:02
      • んふー (褒められて撫でられれば、嬉しそうに笑ってその手に頭をぐりぐりと摺り寄せる)
        とーる、だいじょ、ぶ! (こくんと頷いた少女は抱き上げられる くるくる回されればキャアキャアと子供そのままに大喜びした) -- モュク? 2008-08-27 (水) 01:42:39
      • (ゆっくり地面に降ろし、もう一度優しく頭を撫でる)
        ? あ、あぁ・・・次の依頼の事かな ・・・ま、戻ってくるよ(多分勘違いしながら笑顔で応える) -- トール 2008-08-27 (水) 01:56:21
      • (撫でられて嬉しそうにニコニコしてたが、勘違いして応えるトールの首をかしげて、ぶんぶん首を振った)
        とーる、モュク、だいじょぶ …んー、んむー、んー… だいじょぶ (知ってる言葉が足りなくて、首をかしげて、傾げて、もどかしくなってまた抱きついた) -- モュク? 2008-08-27 (水) 01:58:34
      • ・・・・・・大丈夫だ、うん・・・ごめんね 心配させて(ぽんぽんと背中を叩き、離れる)
        戻ってきたら、こっちの言葉教えてあげるからね? ・・・それじゃ、また来るよ -- トール 2008-08-27 (水) 02:11:30
      • んーん、とーる、…ん (背を叩かれて少し眉を下げて見せるが、離れるトールにもう一度だけ抱きついて)
        ん、とーる! (離れてから、去るトールの名前を呼んだ 振り返る相手に、ぐっとどこかで覚えたガッツポーズをしてみせる 励ましているのだ) -- モュク? 2008-08-27 (水) 02:13:50
      • ・・・西部劇か、これは・・・(ボソッと呟いて振り返る)
        おー!倒してくるさ!!(ガッツポーズを返し、外套を翻して去っていった) -- トール 2008-08-27 (水) 02:21:48
      • ん! (その背にぶんぶんと手を振って見送った) -- モュク? 2008-08-27 (水) 02:27:46
  • こんばんは、モュクさん。明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします(礼しながら)
    おや、弓術中級者ですか。おめでとうございます、モュクさん -- カナメ 2008-08-26 (火) 21:03:20
    • かなめ、あめでと ことしもよろく! …んふー (覚えたばかりの挨拶でお辞儀をして見せて、満足げに笑った)
      (それから弓を持って見せ、胸を張る) ん! -- モュク? 2008-08-27 (水) 01:21:51
      • ふふ…目指すは必中の業師ですね。それまでちゃんと、無事で居てください。応援してますよ -- カナメ 2008-08-27 (水) 01:34:57
      • ん、がんば、るー! (励まされて笑顔になり、カナメにギューッと抱きついた) -- モュク? 2008-08-27 (水) 01:43:35
      • ふふ…モュクさんは可愛いですね。それと、随分言葉が分かりやすくなってます -- カナメ 2008-08-27 (水) 01:49:30
      • んひー (可愛いと言われて頬を染め、その頬を両手で隠して俯いた)
        ん、ざびね、ことば もゅく、べんきょ! (カナメの服を掴んだまま頑張って教えてもらった言葉を並べる 判るかな、と少し不安そうに首を傾げた) -- モュク? 2008-08-27 (水) 01:52:55
      • ふふ(モュクさんの様子を笑顔で見守り)
        ん? 勉強? お父さんと? お父さんに言葉教えてもらってるんですか? それは良いですね。お父さんなら安心です -- カナメ 2008-08-27 (水) 01:58:10
      • おとーさ…? ハチャ! ざびね、かなめのハチャ? (ぴょんと飛び跳ねてから見上げ、こくんと頷いた) だいじょぶ! -- モュク? 2008-08-27 (水) 02:15:10
      • ハチャ? よく分かりませんけど、ザビーネさんは…えっと…まぁ、複雑ですけど、僕の父です
        ふふ…はい。お父さんは、面倒見が良いですからね。ちゃんとお父さんの言うことを聞いて、言葉を覚えてください -- カナメ 2008-08-27 (水) 02:23:32
      • ん、モュク、がんば、る! (ガッツポーズして見せてから、ぴょンぴょんと飛び跳ねて意気を示した) -- モュク? 2008-08-27 (水) 02:28:34
      • はい。ふふ…応援してます
        あ、あまり長居するのも悪いので、そろそろ戻りますね。また来ますね。それでは -- カナメ 2008-08-27 (水) 02:37:01
      • ん、かなめ、じゃ、ねー! (ぶんぶん手を振って見送った) -- モュク? 2008-08-27 (水) 03:01:01
  • 意識が飛び始めた、せめてモュクにショートケーキを渡してから意識を飛ばそう。
    モュク、クリスマス…と言っても分からんか。ケーキを持って来たが如何かね?
    (およそ3人前程度のサイズのショートケーキが入った箱を差し出す) -- ザビーネ 2008-08-26 (火) 03:50:49
    • う? …んー… (いつの間にか部屋の中で寝ているザビーネを見つけて、眠い目を擦って暫し考える)
      (それから、毛皮を何枚も持ってきて敷き、ザビーネを転がしてそこに乗せる。 その上から更に毛皮を被って、ザビーネの腕で丸まって寝なおした)
      (ザビーネの持ってた箱は枕元に 起きたらきっと、二人で食べるケーキ) -- モュク? 2008-08-26 (火) 12:45:37
      • …ん?(意識を取り戻すと随分と温かいなと思いながら腕に違和感を感じ隣を見る)
        そういう事か(モュクの姿を確認し申し訳無さそうに髪を漉く)やれやれ眠っていた、という訳か私は。 -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 01:28:03
      • (くぅくぅと子供らしい柔らかな寝息を漏らす少女 髪を梳かれて、ちょっとだけ眉を寄せて身じろぎをした)
        …ん … (寝ぼけた目を微かに開けてぼんやりとザビーネを眺める ふぁ、と小さく欠伸を漏らす口) -- モュク? 2008-08-27 (水) 01:50:22
      • (額を人差し指の腹で撫でながら)起こしてしまったかね?気分はどうだモュク? -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 01:57:09
      • ん…ふふー… (額を撫でる指の感触に、くすぐったそうに笑ってもぞもぞと身じろぎをする)
        (それから、ザビーネの目をジーっと見て、寝起きで動かない頭を回転させる間 そのあと、ザビーネの腕枕に頬を摺り寄せて、額をその胸に押し当てて丸くなった) ハチャ ポッケ… (温かい、と) -- モュク? 2008-08-27 (水) 02:02:26
      • ふむ…眠たいという事かね?ポッケ…ポッケか(ポケットの中を探り眼帯とミルク味の飴玉を取り出す)これの事か?
        という訳でも無さそうだな(丸くなっているモュクの後頭部を紙に包まれた飴を握りながら撫でる) -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 02:12:17
      • んー…? ん、ざびね (取り出されたそれをしょぼしょぼした目で見つめてから、ザビーネの顔に手を伸ばす)
        (ザビーネの眼帯をそっと触ってから、コロンと寝返りを打って、ザビーネの手の中の眼帯を触る) シキヒ ヌイナ? (目を隠す物に興味をもったようだ) -- モュク? 2008-08-27 (水) 02:20:16
      • シキヒ、ヌイナ…目、隠す…目を隠している?と聞いたのかね(暫し考えている様子を見せる)
        ふむ、まあ…見せても良いか(自分が着けている眼帯を僅かにずらし怪我で閉じられた目を見せる)こういう物だ、見られたくない怪我を隠す為の物でな。 -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 02:32:41
      • (考えながらの言葉にこっくり頷く コロン、とまたザビーネのほうを向いた)
        (怪我で塞がった目を見れば、ちょっとだけ目を開いて でも、その傷をそっと撫で、心配そうに首をかしげる) アルカ? (痛い?と)
        (傷を怖がる様子も無く、逃げもせずに、その傷を負った過去を悲しむような、今のザビーネを心配する目) -- モュク? 2008-08-27 (水) 02:45:29
      • (心配そうなモュクの顔を見ると逆に明るい笑顔を見せる)ふっふっふ、特に痛くは無いな。
        昔々ある所に野望に燃える兵隊が居てな、いずれ己の信じる理想を全てに押し付けようと戦い続けて負った怪我なのだよ。
        痛くは無いし治す事もこの世界なら出来るだろう、だが戒めで残している(モュクをぎゅっと抱きしめて)ハハハとは言っても今言った事の殆どはモュクは分からんか。
        だからこれだけでも、大丈夫、痛くは無い。何でも無いぞ? -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 02:59:29
      • (長い説明を、目を真ん丸くして聞いていた少女 しかし、抱き締められれば目を瞬かせてキャアキャア笑って)
        (それから、起き上がってザビーネの頭にギューッと抱きつく) ザビーネ、だいじょぶ ん (安心、というようにギューッと抱き締めた)
        (それから優しく撫で、またザビーネの腕枕に頭を置いて向き合い、いひー、と歯を見せて照れ笑いした) -- モュク? 2008-08-27 (水) 03:08:00
      • やれやれ(困ったような笑顔を見せて溜息を吐いた)本当は大丈夫ではなかったのだがな、だが大丈夫になってしまった。
        ありがとう、いや、イヤイライケレモュク。モュクの笑顔で本当に大丈夫になった(自分の額をモュクの額に重ね礼を言った)
        貴族主義が何故間違っていたか漸く分かった気がする(そのままモュクを抱き起こすと箱を見る)ではケーキでも食べようか?小腹も空いたろう? -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 03:14:52
      • ん、ざびね、だいじょぶ? んー… (微笑を見てからお礼を言われ、嬉しそうに、恥ずかしそうに両手を頬に当てて笑う)
        (額を合わせる少女と男 くすくすと嬉しそうに笑う少女は、動物のように額を擦り合わせて目を細めた)
        ん、けーき? (抱き起こされ、ザビーネにちょっと寄りかかって甘えたまま首を傾げた 寝癖が付いていた) -- モュク? 2008-08-27 (水) 03:19:51
      • おやこれはまた(寝癖を発見すると手で直そうとモュクの頭を撫で始める)
        うむ、ケーキだ、昨晩持って来た…昨晩の意味が分からんかな(ケーキが入っている箱を指差す)ケーキ、お菓子だ、分かるかな?
        甘い、お菓子だ。 -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 03:24:16
      • (ザビーネの手が髪を撫でる度に、ぴょこ、ぴょこ、と腰の強い寝癖が起き上がる しなやかだがかたい髪質らしい くすぐったそうに笑う少女)
        さくばー…? (きょとんとしたまま繰り返して) おかし、あまい… ん! (パチン、と手を合わせて嬉しそうに笑った それから食べる仕草) けきー -- モュク? 2008-08-27 (水) 03:29:23
      • ふむ中々の難敵だと褒めておこう(硬くしなやかな髪を柔らかくしようと寝起きで温かな手を手癖の上にぽん、と置いた)
        そう、甘いお菓子のケーキだ(同じ様に笑いよく出来ましたとモュクの頭を寝癖を直す様に撫でる)
        どうやらモュクは甘いお菓子が好きなようだからな?(手を伸ばし箱を毛皮の傍に持ってくると中身を見せる) -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 03:37:22
      • んー… (頭が温かかくて、猫のような顔で目を細める 撫でられればちょっとだけ元に戻る寝癖)
        あまい、すきー (こくこく頷いてザビーネの膝の上に座りなおす 中身を見て、おおー、と嬉しそうに声を上げてぱちぱち手を叩いた)
        (そして躊躇わずそのケーキを手で抓んで口に運ぶ 美味しいのか、パタパタ足を動かしてご機嫌な様子) -- モュク? 2008-08-27 (水) 03:50:21
      • ふっふふ、気に入って頂けたかね?いやこの場合は…(何が分かりやすいかと少しだけ考え)美味しいかねモュク?
        (手で摘んだのを見ると胸ポケットからハンカチを取り出し内ポケットのウィスキーの瓶をハンカチに染みさせる)
        食べ終わったら手を綺麗に拭くからなモュク?(モュクが食べ終わるまで見ていようとする) -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 03:58:18
      • ん! (ザビーネを見上げてにっこり笑い、こっくり一度大きく頷く はくはくと機嫌良さそうにケーキを食べる手づかみ娘)
        (不意に手を止めて、慎重にケーキを抓む その上には綺麗なイチゴ それを持ったまま振り返って)
        ざびね、おいし たべる (にこー、とクリームを口の周りにつけたまま、満面の笑みでザビーネの口元にケーキを差し出した) -- モュク? 2008-08-27 (水) 04:03:19
      • (ケーキを美味しそうに食べる姿を幸せそうに見つめつつ)フォークを持って来れば良かったな…(クリームまみれの手を見て苦笑した)
        ふむ、では一つ頂くとしようか(口元に差し出されると口を開けた) -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 04:11:34
      • ふぉ、く? (きょとんとしてから、口を開けるザビーネにちょっとだけ可笑しそうに笑ってから)
        んー (嬉しそうにザビーネの口にケーキを入れ、離した 指や手に残ったクリームやスポンジをぺろぺろと舐めながらザビーネを見上げる) おいし? ざびね、おいし? -- モュク? 2008-08-27 (水) 04:16:59
      • んーむ(フォークをどう説明しようか悩みながらケーキを食べている)うむ、美味しいぞモュク、フォークは今度持って来て見せよう。
        さてでは(クリームが未だ付いているモュクの手を取ると先程ウィスキーを浸したハンカチで手を拭き始める)
        舐め取るよりこちらの方が綺麗になるからな…綺麗、分かるか?清潔…は分からんか、だが同じだ。 -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 04:23:49
      • ふぉく (手を拭かれ、名残惜しそうに口元のクリームを舐める 指の間まで拭かれて、くすぐったくてまた声を上げて笑う)
        きれー? (酒で拭かれて綺麗になった手を広げて前に伸ばす ザビーネの胸によっかかったまま、キレーキレーと何度か言って)
        (くふふ、と楽しそうな含み笑いをしてから、パタパタと足を揺らした) ざびね、ありが、とー -- モュク? 2008-08-27 (水) 04:26:31
      • (モュクの手を拭いた後は口を拭いべたべたとした部分を綺麗に拭いた)
        そう、綺麗…意味が分からずとも言葉だけでもな(手を取りすべすべしている事を確認し)これが綺麗、だモュク。
        (ありがとうと言われるとくすぐったそうに笑う)フッどう致しまして、だ。さて、ではケーキも食べ終わった事だし私は帰るとしようか。
        (モュクを下ろして立とうとする) -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 04:34:05
      • きれー… おおー…んむ (感心してる所を拭かれて言葉が止まった そのままくしゃくしゃと拭かれて、ぷは、と息継ぎ)
        (ウィスキーの苦味が唇にあって、ちょっとにがーい顔をして見せた しかし、立ち上がろうとしたザビーネに気付いてちゃんと降りる)
        (きゅーっとザビーネに抱きついてから離れて) ざびね、またね! ありが、とー! (前より少し上手くなった言葉で見送り、ぶんぶん元気に手を振った) -- モュク? 2008-08-27 (水) 04:39:35
      • 良い子だ(自分から降りてくれたモュクの頭を撫でると背伸びをする)さて、では帰るとしよう。
        それではなモュク、今月も元気に過ごすのだぞ(手を振り返すとそのまま去っていった) -- ザビーネ 2008-08-27 (水) 04:41:17
      • (きゅう、と目を閉じて嬉しそうに撫でられた) ん! (ザビーネの背中が見えなくなるまで手を振っていた) -- モュク? 2008-08-27 (水) 04:46:08
  • モュクー、来月に忘年会・・・ええっと、お祭しようと思ってるけど、来るかい?
    一応地図?、渡しておくからね -- トール 2008-08-24 (日) 23:45:53
    • ん? んー…カムイノミ! (判ったらしく、目を輝かせながら頷いた) ん! (地図を貰ってから、お礼のようにトールに抱きついた) -- モュク? 2008-08-25 (月) 00:05:31
      • おっとと・・・!(バランスを崩しかけるが、抱いたままくるりと一回転して、ゆっくり地面に降ろす)
        ん、それじゃ待ってるからね(頭を撫でて帰った) -- トール 2008-08-25 (月) 00:11:46
      • (降ろされて頭を撫でられれば嬉しそうに笑った 去ってゆくトールの背にぶんぶん手を振ってから、地図を広げて嬉しそうに眺めていた) -- モュク? 2008-08-25 (月) 00:28:29
  • こんばんは。モュクさんの次ぎの依頼の同行者に軽く吹いたけど、驚くようなことじゃないのでまぁ良いです…
    冒険は順調そうですね。良かった -- カナメ 2008-08-24 (日) 21:08:52
    • かな、めー (嬉しそうに手を振って近づき、依頼書を見せて胸を張る) ざびね!
      ん! (順調そうといわれて自慢するように胸を張った) -- モュク? 2008-08-24 (日) 22:39:44
      • はい。お父さん…と言っても分かりませんよね。ザビーネさんは、沢山居ますからね。でも、知ってる人が一緒だと、心強いですね
        …モュクさんは、ちゃんと帰ってきてくださいね。居なくなると、寂しいですから -- カナメ 2008-08-24 (日) 22:48:25
      • ん? んー…ハチャ! (判る、と言うように笑い、それから恥ずかしそうに頬を両手で隠して俯いた)
        かな、めー? (声のトーンを落としたカナメを不思議そうに眺めてから、両手で、しゃがんでと仕草) -- モュク? 2008-08-24 (日) 22:50:48
      • 特に、お父さんはとても心強いですね
        ?(モュクさんの仕草を理解し、屈む) -- カナメ 2008-08-24 (日) 22:58:48
      • ん… (恥ずかしそうに俯いたまま、ちょっとだけこくんと頷いて)
        (屈んだカナメを見てから、その頭を撫でる小さな手) ん! (それから、大丈夫と言うように、どこで覚えたのかガッツポーズ) -- モュク? 2008-08-24 (日) 23:05:47
      • あ…(屈んだ頭に、小さな手の感触。小さいけれど、暖かく安心できる感触)そうですね…(顔を上げ、ガッツポーズをするモュクさんを見て微笑む)ふふ、モュクさんなら、大丈夫ですね -- カナメ 2008-08-24 (日) 23:16:56
      • だいじょ、ぶー? (鸚鵡返しにして首を傾げた 手を下ろして不思議そうな顔 大丈夫と言う言葉の意味を知らなくて) -- モュク? 2008-08-24 (日) 23:44:39
      • そう、大丈夫(モュクさんに笑いかけ)安心できるってこと。ちゃんと帰ってくるって、信じてます -- カナメ 2008-08-24 (日) 23:50:43
      • あんしん…ん、だいじょぶ! (理解し、こっくり頷いた) だいじょぶ! かなめ! モュク、だいじょぶ! (ぴょんぴょん跳ねて嬉しそうに言った)
        かなめ、も、だいじょぶ! ん! (カナメの服を掴んでにっこり笑った) -- モュク? 2008-08-25 (月) 00:04:03
      • はい。大丈夫です。ふふ、モュクさんは元気ですね
        僕ですか? はい、僕も大丈夫です。ありがとうございます -- カナメ 2008-08-25 (月) 00:11:31
      • んふー (お礼を言われて恥ずかしそうに笑ってまた両手で顔を隠して俯いた) -- モュク? 2008-08-25 (月) 00:27:43
      • (にっこり笑って)モュクさんは…あ、いえ。何でもないです
        あ、えっと、あまり長居しすぎるのも悪いので、そろそろ帰りますね。また来ます、モュクさん。それでは -- カナメ 2008-08-25 (月) 00:34:35
      • ん? (言いかけた言葉に首を傾げるも、さよならを言われればぶんぶん手を振って見送った) -- モュク? 2008-08-25 (月) 01:03:14
  • イッソロレ〜(即赤い大地のポスターを手渡す) -- トール 2008-08-22 (金) 22:42:22
    • ん! (びっくりした顔をして、ポスターを貰ってから嬉しそうに笑った)
      イッソロレ! (そしてトールの手を両手で握ってはしゃいだ声を上げてぴょんぴょん跳ねて喜びをあらわす) ヒーヤ! -- モュク? 2008-08-22 (金) 23:12:20
      • おっおぉ・・・(がくがく) えーっと、喜びの表現・・・・あってるのか・・・・(空いてる片手でメモ帳を見ながら)
        っとと。僕はヴィクトール・・・えっと、トールね。  何だか、修行でいた土地に良く似ていたからね・・・この赤い大地はなんて言うんだ?(ポスターを指差し) -- トール 2008-08-22 (金) 23:29:42
      • びく、とー? とーる! (ぴょんともう一度跳ねてから手を離して首を傾げる 自分の住んでいた土地なのだが、判ってない様子 不思議そうに首を傾げている) -- モュク? 2008-08-22 (金) 23:37:59
      • む、むう? 分からないのかー・・・。
        ホラ、ポスターの隅にhokkaidoって・・・分かる?(多分読めないであろう文字をなぞりながら) -- トール 2008-08-22 (金) 23:44:51
      • ほかい、どー? (きょとんとした目でヴィクトールの言葉を繰り返し、判った、と言ったように手を打ち合わせる)
        モュク! (自分を指差して、それからトールを指差して) ほかどー! -- モュク? 2008-08-22 (金) 23:46:28
      • 違う、そうじゃないっ!(ガビーン) これがhokkaido!こっちはトール! ・・・わかった?(先に地図を指で示し、次に自分を示す) -- トール 2008-08-22 (金) 23:51:09
      • ? (まるで子供のようにきょとんとしながら慌てるトールを見上げる 何度か間違えたが、ちゃんと理解する)
        (自分をもう一度指差して) モュク! (そして、トールの服の裾を掴んでにへ、と嬉しそうに笑った) とーる! -- モュク? 2008-08-22 (金) 23:56:48
      • うん、そうそう・・・よろしくね?(疲れた様子で笑いながら) んじゃ、また来るよー -- トール 2008-08-23 (土) 00:06:17
      • ん、よろし、くー (こくんと頷いて服を離した 去るトールの背にぶんぶん手を振って見送った) -- モュク? 2008-08-23 (土) 00:09:58
  • こんばんは、モュク殿。今日も元気そうで何よりであります。
    八月は、大和ではお盆という、ご先祖様を迎える行事があるのであります。そこで、川にお供え物や灯篭を流したりするのでありますよ
    貴女もご一緒にどうでありますかな? -- 眞一郎 2008-08-21 (木) 23:06:35
    • ん、しん! (小屋に来た眞一郎の服を掴んでにっこりした少女)
      ? (よく判らないけど、川に行くらしいとはわかった ん、と頷いて付いていった) -- モュク? 2008-08-22 (金) 04:09:34
  • こんばんは。先日はお疲れ様です、えっと……。ごめんなさい、まだ名前聞いてませんでしたね
    僕はカナメです。貴女は? -- カナメ 2008-08-21 (木) 02:20:52
    • かな、めー? (首を傾げた 昨日の事を思い出して目を輝かせ) モュク! (ぴょん、と跳ねた) -- モュク? 2008-08-21 (木) 02:23:27
      • モュクさんですね。改めて、先日はお疲れ様です
        それと…酒場で聞いたんですけど、今月が誕生日だとか。おめでとうございます、モュクさん。今月ってことは…僕や黒猫さんと同じですね -- カナメ 2008-08-21 (木) 02:28:10
      • ん! (カナメの言う言葉は判るのか、元気に頷いた 近くにあった木の棒で、地面に17個丸を描いた) -- モュク? 2008-08-21 (木) 02:37:51
      • ?(一瞬モュクさんが何をしているのか分からなかったが、地面にかかれた17個の丸でピンときた)17歳、ですか? -- カナメ 2008-08-21 (木) 02:44:24
      • (両手を広げてこくんと頷いた んふー、と胸を張って鼻息を漏らす 満足そうだ) -- モュク? 2008-08-21 (木) 02:48:50
      • ふふ…おめでとうございます。そうだ…一応、プレゼント持ってきたんですけど…ごめんなさい。服装に合ってませんね… -- カナメ 2008-08-21 (木) 02:59:41
      • おー… (渡されたものを両手で受け取り、目をぱちぱちと瞬かせた)
        ん (苦笑するカナメににっこり笑い、きゅっと指輪を握りしめた)
        イヤイライケレ、かな、めー -- モュク? 2008-08-21 (木) 18:11:50
  • 初めましてであります! 本官は大日本帝国海軍所属、出楠眞一郎であります!(敬礼
    アイヌの方でありますか……あまり本官のような大和民族は好かぬかもしれませんな……ですが、本官は仲良くしたいと思うでありますよ。よろしくであります! -- 眞一郎 2008-08-21 (木) 01:30:16
    • ? (きょとんと大きな目でその軍人さんを見上げて首を傾げた 真似してやった敬礼はめちゃくちゃ)
      (しかし、可笑しそうにくすくす笑って敬礼の真似をする こく、と頷いて出楠の服の端を掴んで微笑んだ) モュク -- モュク? 2008-08-21 (木) 01:35:25
      • ハハハ、どうやら仲良くしてくれるようでありますな、安心したであります。
        モュク……それが貴女の名前でありますか? -- 眞一郎 2008-08-21 (木) 01:41:04
      • ん (笑う出楠に邪気の無い笑顔を返して頷く)
        モュク! (呼ばれて、嬉しそうにぴょんぴょん飛び跳ねる少女 見上げて、首をかしげる)
        なまえ? (出楠の先程の名乗りを名乗りだと気付いてないらしく、催促をするようにくいくいと出楠の裾を引っ張る) -- モュク? 2008-08-21 (木) 01:56:32
      • ハハ、可愛らしいでありますな。(そういうと飛び跳ねるモュクの頭を撫でる。
        (なまえ? と聞かれ、服の裾を引っ張られ、何となく意味を理解したのか。)本官の名前は眞一郎というのでありますよ、モュク殿。(しゃがみこんで、視線を同じにして言った。 -- 眞一郎 2008-08-21 (木) 02:01:15
      • んふー (撫でられて目を細めながら、恥ずかしそうに鼻息を漏らす 両手で顔を隠して、ちらっと出楠を見上げて、また顔を隠した)
        し、ん…い? (狸を思わすような大きな垂れ目を瞬かせる 何度か繰り返してから) しん! (ん、と頷いた) -- モュク? 2008-08-21 (木) 02:06:24
      • 顔を隠さなくても良いではありませんか。ハハハ
        (モュクの様子ににこりと微笑んで)ええ、「しん」で構いませんよ、モュク殿。本官は「しん」であります -- 眞一郎 2008-08-21 (木) 02:11:06
      • ん (ちょっと顔を赤くして頷いたけど、撫でる手に額をこすりつけて嬉しそうにした)
        しん (指差し) モュク (指差し) んふー (嬉しそうに笑った) -- モュク? 2008-08-21 (木) 02:15:32
      • 喜んでもらえたようで嬉しいでありますよ!
        ハハ、貴女はモュク、本官はしん。これからもよろしくですよ、モュク殿 -- 眞一郎 2008-08-21 (木) 02:20:52
      • ん、しん (ぴょんぴょんと跳ねて喜びを表現して こくんと頷いた) -- モュク? 2008-08-21 (木) 02:22:40
      • ハハハ。(にこやかに笑っている)それでは本官はそろそろ帰るといたしますであります。また遊びに来ると致しましょう……どうかお元気でいるようお願いするでありますよ。(モュクの頭を再び撫でると、立ち去っていった -- 眞一郎 2008-08-21 (木) 02:29:35
  • ちーっす!ゾロ目踏んだやつお届けにきましたー。丁度冒険1年目?はっぴばーすでーだねー -- 2008-08-21 (木) 01:25:33
    • (きょとんとした目でその絵を受け取って、自分が描いて貰えたと判ればその人の服の端を掴む)
      ん (嬉しそうに頬を紅潮させながら頷いて) イヤイライケレ -- モュク? 2008-08-21 (木) 01:33:25
      • ゴメン、ちょっとミスがあったから上げ直した。コメントのリンクのは直しておいたから、それに差し替えておいてー -- 2008-08-21 (木) 01:39:30
      • ん! (元気に拳を突き上げた) -- モュク? 2008-08-21 (木) 01:47:56
  • アイヌって鶏を1年かけて腐らしたのの肝が御馳走なんだろ、腹壊さないの? -- ローグ? 2008-08-21 (木) 00:33:47
    • ん (食べてみる、とローグの口に押し付ける親切心) -- モュク? 2008-08-21 (木) 01:31:23
      • いやホラ、僕メカだしあんまりそういうのは(普通に食べながら)
        何かネチョネチョするんだけど、何かこみ上げてきたんだけど、何k(リバースしながら) -- ローグ? 2008-08-21 (木) 01:37:12
      • ん (自分もむちゃむちゃと肝を食べながら)
        (リバースしてるローグの背中をぽんぽんしてあげた) -- モュク? 2008-08-21 (木) 01:48:55
  • (アホ毛をぷりぷり動かしながらぼんやりと散歩している) -- フレイア(5歳) 2008-08-20 (水) 21:53:13
    • (獣道のような不思議な林の道を行けば、暫くして、小さな小屋があるのが見えた)
      (屋根に開いた穴からは、ぷかぷかと煙が上がっている 人が住んでいるらしい) -- モュク? 2008-08-20 (水) 22:31:06
      • (小屋を見つけて何気なく近づいていく) -- フレイア(5歳) 2008-08-21 (木) 11:48:45
  • いつ死ぬか楽しみじゃのう(ほっほっほ期待の新人じゃのう) -- ジーコ 2008-08-20 (水) 06:21:05
    • ん! (とりあえず熊の牙のお守りで追い払った) -- モュク? 2008-08-20 (水) 07:10:11
  • (HOTLIMITの衣装に身を包んでやって来た)此処か、私のファンになりたいという者は。 -- ザビーネ 2008-08-20 (水) 02:41:37
    • ん (訪れたザビーネを迎えた、不思議な文様の服を着た少女)
      (何だかきらきらした服を着たザビーネをみて、おー、とか声を漏らしながらも部屋に招く) -- モュク? 2008-08-20 (水) 02:43:36
      • 中々面白い衣服だが小娘、まるでゴッドガンダム、ネオジャパン製だったか。
        (部屋に招かれるとサインの書かれた色紙と私の彼女は魔法使いというCDを差し出す)最初の購入者なのでタダで構わんよ。 -- ザビーネ 2008-08-20 (水) 02:47:35
      • ごっど、が? (首を傾げて繰り返そうとしたけど、判らなくなって反対側に首を傾げた)
        (でも褒められたのだと思って、自分の服を見せるようにくるっと回って微笑んだ)
        ? ただ。 …んーん (首を振る ザビーネの服を掴んで竹を編んだ座布団に座らせてから、小屋の隅のかごからお金を持ってきて差し出す) ん -- モュク? 2008-08-20 (水) 02:52:12
      • あれの親戚だ(窓に近寄ると外の自分のX2を指差す)
        エキゾチックと言うべきか、行動を見るに褒めたという事は伝わったようだな
        (モュクの手を押し戻そうとする)要らん要らん、御代は最初の客が現れたという喜びで貰っている。 -- ザビーネ 2008-08-20 (水) 02:56:05
      • (ザビーネの隣から顔を出して大きなモビルスーツを見る おおー、とか声を漏らしてぱちぱち手を叩いた)
        (それから、手を押し戻されて不思議そうにザビーネを、狸を思わせる垂れ目で見上げる)
        (んー、と声を漏らしながら首を傾げてからCDを受け取って、それから) ん (身振りで、しゃがんで欲しいと伝える) -- モュク? 2008-08-20 (水) 03:00:08
      • 何処かで出会った気がするな…むしろ毎日会っている気がする(見上げる顔を見て)
        ああそうだポン太だ、我が家の狸にそっくりだな、あー、名前が分からん。
        何?…下、腕立て…いや違うな、しゃがめ?(一応しゃがんでみる) -- ザビーネ 2008-08-20 (水) 03:03:20
      • (思考をめぐらすザビーネの真似をするように首を傾げる それから楽しそうにくすくす笑った)
        なまえ? …ん、モュク (両手を広げてそう言った どうやらザビーネの言ってることが少しはちゃんと判るようだ)
        (しゃがんだザビーネと視線の高さが同じくらいになる その頭に乗せたのは、自分が今被っていた帽子だ んふー、と満足げに鼻息) -- モュク? 2008-08-20 (水) 03:06:16
      • モュク…いかんな、どんなに頑張ってもモユクとしか発音出来ん。
        だが先程からある程度は私が言っている事が分かるらしいな?ふむ、ありがたい事だ。
        (被せられた帽子に手を添え)ふむ、余程礼がしたいらしい、ならば受け取ろう、感謝する(手を伸ばしモュクの頭を撫でようとする) -- ザビーネ 2008-08-20 (水) 03:09:52
      • モュク (もう一度名前を言ってから、発音が下手なザビーネにくすくす笑った 邪気の無い子供の笑い)
        ん モュク、なまえ …なまえ? (こく、と頷いてからザビーネを見上げてじーっと見た)
        (その頭に置かれた手 嬉し恥ずかしな笑顔を浮かべて両手で顔を隠した) (ちら、とザビーネの顔を見て、それからまた笑いながら顔を隠す) -- モュク? 2008-08-20 (水) 03:15:12
      • ふむ、中々に難しい発音だがモュク、まあ下手なりに何とか発音しておこう。
        私か?私はザビーネ・シャルだ、ザビーネで構わん。アイドルだ…と言っても意味は分からんか。
        (わしわしと頭を撫でた後不安そうな顔になる)いかんな…モュクには世間の汚れが無い、悪漢多いこの世界では危険過ぎる。
        悪漢が心配しても仕方無いか、すまんが寝床…眠る所は何処かね? -- ザビーネ 2008-08-20 (水) 03:19:50
      • ん モュクー (ザビーネの服の裾をつかんでにっこり笑った) ざびねー ざびね、あいどる?
        ん (もっと撫でられれば、嬉しそうにニコニコ笑いながら恥ずかしそうに首を縮める しかし、ザビーネの顔を見て首を傾げた)
        (寝ると聞いて、ん、とまた小さく頷いて、服の裾を持ったまま小屋の隅っこに連れて行く 藁の上に獣の皮を敷いた寝床)
        (んふー、とちょっと自慢げにザビーネを見上げる ちょっと自慢の寝床らしい ザビーネから見たら粗末に過ぎるかもしれないが) -- モュク? 2008-08-20 (水) 03:25:40
      • ザビーネだ、ザビネーではない。そうアイドルだ、分かるかね?
        いやさ大した事ではない、悪あらば善もあり、というだけでな(寝床まで連れて行かれて納得したように頷いている)藁の布団は幾度かあったが獣の皮は無かったな…良い寝床だ(ふははははと笑うとモュクの頭をぽんぽんと撫でる)良い寝床だ、伝わるかね?
        (獣の皮の上に座ると毛皮を撫でる)成程、藁がクッション代わりになってゆったり眠れるか。 -- ザビーネ 2008-08-20 (水) 03:31:52
      • ざび…ザビーネー (ちゃんと言えた 嬉しそうに小さく自分で手を叩く 確認するようにちら、とザビーネを見上げた)
        (そして、自分の頭を撫でて笑うザビーネを見れば、嬉しそうにきゅっと目を閉じて頷く それからまた両手で顔を隠した 照れているらしい)
        (ザビーネが寝床に座れば、枕元に畳んで置いた古い布を広げて、ザビーネの隣に座って一緒にかけた) ウトゥラポッケ! (何かを言い、ザビーネに身を寄せる) -- モュク? 2008-08-20 (水) 03:40:49
      • そう、ザビーネだ、よく言えたな?(モュクの頭を再び撫で回す)偉いぞ。
        …ふむ、朱に交われば何とやらだったがまずいな、毒気が抜かれる(眉間に皺を寄せ手を当てる)まあ良いか、眠る前ぐらい抜けても。
        ウトゥラポッケ…行動からして一緒に眠ろうという意味か?ふむそれは願ったり叶ったりだな。
        (お礼代わりに頭を撫でると目を瞑り集中し目を開く)そうか、ふむこういう時は…イヤイライケレ、だな。
        では眠るとしようか?(そのまま体を倒した) -- ザビーネ 2008-08-20 (水) 03:47:43
      • (褒められたと判れば、んふー、と満足げな笑顔を浮かべてその手に額を摺り寄せた)
        (顔を顰めるザビーネを見て、心配するように見上げ服の裾をつかむ しかし、大丈夫そうだとわかれば息を吐いて)
        ねる、いっしょ ザビーネ (こくこくと頷いた後、目を閉じるザビーネを眺めて) ! …イヤイライケレ、ありがと、ざびねー (嬉しそうに首を傾げて笑った)
        (寝転がったザビーネの隣にぴっとり寄り沿って、布を二人の上にかけた 猫や犬のようにぐりぐりとザビーネの身体に頬を摺り寄せてから、目を閉じる すぐに安らかな寝息) -- モュク? 2008-08-20 (水) 03:52:38
      • 私のNT能力もまんざらではないらしいな(頬を擦り付けるモュクを見ておかしそうに笑う)クック、面白い癖だな?
        ふっ久々に何の気を張らずに居れたわ、出来うる事ならば守ろうとすら思える。
        イヤイライケレモュク(眠るモュクの額を撫でると自分もそのまま寝入った) -- ザビーネ 2008-08-20 (水) 04:00:19
      • ハチャ… (額を撫でられ、寝ぼけたまま声を漏らす んふー、と安心したような鼻息を漏らし、後は二人の寝息ばかり) -- モュク? 2008-08-20 (水) 04:02:39
  • (二人はもう亡くなっていた 墓前に供えてきた花は、少女の家の前に咲いていた名も無い華だったけど)
    (少女は今日から、動き出す) -- モュク? 2008-08-20 (水) 02:13:08
  • 来月は後ろにいるからな! -- ドム? 2008-08-15 (金) 01:53:09
  • わふわふ♪(よく分からないが、酒場で見かけたので挨拶にやって来たらしい) -- シンシア? 2008-08-09 (土) 01:36:03

Last-modified: 2014-01-17 Fri 01:46:59 JST (3091d)