砕けない想いが内側で唄う

  • -- 2018-12-12 (水) 22:23:24
  • -- 2018-12-12 (水) 22:23:22
  • -- 2018-12-12 (水) 22:23:18
  • ハルオ話がある(と、彼の宿に尋ねる、自分を認めて何時もと違う表情をするハローを見て)
    …なんだ、その様子だと既に知ってるみたいだな(と、眉を寄せて苦笑する) -- 彼崎 2018-12-11 (火) 21:06:39
    • …知ってる。(こちらから尋ねようと思っていたくらいだ。先日より感づいており、さらに銀河の言葉で確証の持てたそれ)
      ……ファミリー辞めるんですって?コッローディと一緒に西のほう行ってそこでまた独自のを立ち上げるとか…。…止めは、しないですけどね(寂し気な苦笑を零す)
      …でも、まさか旦那の組員全部を持っていくってわけじゃあないんでしょう?……どうするつもりなんです。その辺は。
      -- 2018-12-11 (火) 21:22:21
      • 正確にはアイツの組織を作り替える。だな
        頭があんなんだったからあんな騒動が起こった訳だしな、あのまま放置するとますます地方で迷惑な事態が起きかねん
        …行くのは俺と先生だけだぞ?ラリィも行くみたいだがそれはアイツの自由意思だ、俺の事とは関係が無い
        自分の我儘だからな…あの人以外は全部置いていくさ。だからこちらにほとんど影響はないはずだが
        あと、辞めるんじゃない。いや、そういう風にとらえられるかもしれんが、俺の中では
        …新たな家族を作りに行く。いうなればこの組織の兄弟分的な物を…そういう感覚だ -- 彼崎 2018-12-11 (火) 22:41:45
      • …中から変えていく、ってやつですか。…ま、旦那ならできるでしょう、そこは信頼があります。…え、ラリィも?(マジで?っていう顔)
        …むしろそっちのほうが寝耳に水でしたよ。うわー、ファミリーの人材が痛い異動だなァ。…じゃあ何?部下は全員こっちに残る…?(んー、って顔)
        …や、男の選択には俺もやめろとは言いませんし。家族を増やそうって言うなら…今後交流がゼロになるわけじゃない。それなら俺も応援はしますが。…でもなぁ…(大きすぎる穴が開く。それは事実として認識している)
        …じゃあ旦那、仕事の引継ぎだけしっかりやってってくださいよねェ?あいまいだと多分、最終的に俺に投げられる気がするんでねェ…(はー、とため息)
        -- 2018-12-11 (火) 22:46:40
      • ラリィはアイツの意思で行くみたいだぞ、この話をコッローディに持って行ったときにそんな事を言ってた、流石に少し驚いたが…
        片道4時間ぐらいで行き来できるみたいだからな、割と来ようと思えば来れる…ただ聞く限りアットホームな感じではなさそうだが
        …そこは向こうに行ってから俺が何とかするさ、そういう意味では腕が鳴るな(余り表情を変えずに言って眼鏡の位置を直す) 引継ぎ…?しはするけど…一応言っとくと俺の後釜に据えるつもりなのは…銀河だぞ?
        結局お前さんが大変になるのは、ほぼほぼ確定だと思うがね(更に寝耳に水の事実を告げる) -- 彼崎 2018-12-11 (火) 22:55:18
      • ……おのれコッローディ!ファミリーのアイドルラリィちゃんをかどわかすなど!!(全力の冗談)…もー。いい女は男の趣味もいいよねェ。なんか感じるものがあったんでしょ。
        聞けば聞くほど大変になる未来が見える…後でフェルモに言って、直通便のパスだけもらっておきますかねェ。使うことはありそうだ(肩を竦めて)
        頑張ってくださいよ。しいて俺から言えることは…言葉少なにならないように。旦那と言いコッローディと言い、その癖があるかもね(たまにはこれくらい言ってもいいだろう…その後の言葉が衝撃的すぎるので)マジで銀河サンかよォ!?
        え、先日俺が一気に旦那の仕事を受け持つのは無理だから一つ一つとか相談してて!銀河サンのいつもの気持ち先行かと思ったら旦那が原因かよ!?…えー。いやー。銀河サンが悪いとかじゃなくて…エェー…(初めてヒザキの旦那を恨んだかもしれない)
        ……まぁ?俺銀河サンも大好きだから?そりゃ出来る限りの支援はしますけど?…旦那の仕事、どれだけ大変か旦那自身が自覚してないやつでは…?…銀河サンが思いつめすぎない様にケアはしますよ…(本日何度目かの大きなため息)
        -- 2018-12-11 (火) 23:02:10
      • そうだな…微妙に惚気てるよな、それ(眉を寄せ)
        …分かった、気をつけよう(年下からの忠告に苦笑して答え)
        というか、正直な話。銀河はその手の仕事を覚えなくていいと思ってるんだ
        上に立つ人間で理想の形のひとつでな…自分が仕事をしなくても下が率先して仕事をやってくれるってのがある
        なぜなら放っておけないから。俺は銀河にそういう奴になってもらいたいと思ってるんだ
        アイツは自分のやりたい事を提示するだけでいい、後は勝手に周りがその意に添うように動く。これが理想だ
        言うなれば組織のアイドルみたいなもんだな、ハハハ。…どうだ、俺やお前には絶対できない事だろう、これ
        (働きたがりの自分と何でもできてしまうハローを指差し笑う) -- 彼崎 2018-12-11 (火) 23:12:07
      • ん?鏡?鏡欲しいんですか旦那ァ?(意趣返し)…旦那の行間を読むのに俺がどれだけ苦労したことか…!タフな相手じゃないと通じませんからね、それ。
        ………あァー(話を聞いてうなづく)同じようなこと俺も行った。上に立つ人間ってのは全部自分が仕事やるもんじゃないって。
        下に手伝ってもらう様に、とは伝えましたが…旦那はそこまで見てましたか。…ふーむ(さて…銀河サンがアイドルであることを良しとするか。しないなァ。…まぁ、色々手鳥足取り教えりゃいいか。その素質があることは分かるし)
        …はァー。絶対、絶ぇっっっ対に俺らには無理ですねェ。現場に行くのが一番、っていう考えは今や古いのかもね。ファミリーも…少しずつ変わってく。人も変わる。…早いとこ慣れないとねェ
        -- 2018-12-11 (火) 23:18:04
      • …俺はそんな事言ってない(とは言え苦笑しつつ)
        気をつけよう…とはいえ、この年で今更気を付けられるか、難しい所だが(それでも折角の忠告、やらなけらばな。と心の中で思い)
        無理だな、今だって銀河をどうにかしようとしてるからな、お前さん(苦笑して)
        そうそう、常に変化してないとアッという間に置いていかれて窓際だぞ、ハルオ
        では…残る日時を俺はあくせくとアイツのために頑張るさ。ではな(挨拶をして帰っていく) -- 彼崎 2018-12-11 (火) 23:28:07
  • (夜中に急に彼の宿を訪ねて)ハロー君。(穏やかな表情で)ちょっと外に来て。話したいことがあるの。
    (鞄を持ったまま、いつものスタイル。さっき仕事帰りに別れたままの姿) -- カランドリエ 2018-12-10 (月) 21:45:03
    • …(目が覚める。眠りは深いほうだが周囲の気配に敏感で、それがカランドリエの声であれば。一瞬で布団から起きて)…(夜、こんな時間にこんな話。少なくとも明日の記念日の話ではなさそうだ)…ああ、わかった。
      (手早く服だけ整え、カランドリエを追って外へ)…いったん家に帰った、って風でもないよね。……どうした?(目つきが心配半分、真剣半分。何か火急の用であろうとは察して)
      -- 2018-12-10 (月) 21:48:01
      • 大事な話があってね……(夜空を見上げて、少しだけ表情を歪めた)
        私、過去を思い出したの。全部、全部。(振り返って、寂しそうに笑う)
        私の名前はマノン。マノン・バシュラール。隣の国で、麻薬の密売から誘拐、殺しに奴隷商売まで。
        生きるリスクを人の命で購ってる最低の悪党、オーレリアン・バシュラールの一人娘だよ。
        (星を暗雲が覆い隠していく)…ちょっと、長くなるけど。ハル君に聞いてほしいな… -- カランドリエ 2018-12-10 (月) 22:02:24
      • (大事な話…急な話。おおよそこの先の話は察した。二人の間でそういう話は)………思いだしたんだ。…(よかった、とは続けられなかった。その表情が雄弁に語っていた)
        …マノン。それが本当の名……っ(息をのんだ。麻薬の密売、という単語。どうしてもそこに、ハローは反応してしまう これは楔なのだ)
        …悪党の、一人娘…?(暗闇が生まれる。お互いの瞳の輝きだけが、闇に浮かんで)…………聞かせてほしい。まず、全部…(…知らなければ。選択もできない。先を促す)
        -- 2018-12-10 (月) 22:11:01
      • (彼の瞳は、いつだって綺麗だった)……私の父親は、何らかの圧力をかけて山村で暮らす私の母親、ナタリーを娶った。
        誰から見ても明らかな、あらゆる技能を扱える異能、灰色狼の形象を血筋に加えるための結婚だった。
        でも、生まれた私は灰色狼の形象を中途半端にしか使えなかった。何をやらせても普通の私に父は苛立ち、何度も辛く当たった。
        母はある日、死んだと告げられた。父は病死だと言ったけれど、その最期はまだ子供だった私にも想像がついた。
        今にして、思えば……私はあんな最低の父親にも父性を求めていたんだね………だから、サボテンに父親のような年齢の俳優の名前をつけたり。馬鹿みたい。 -- カランドリエ 2018-12-10 (月) 22:18:07
      • …父親が、その異能だけを求めて……ね(ふと。サイカのことを連想した…あれもまた、異能という才能を買われて…辛い立場に立ったから)
        …(虐待、話の筋で言えばあり得る話だ……父性を求めるという言葉に悲しみすら感じた。)……それで、君が今ここにいるってことは…
        (前に聞いたことがある…彼女の過去の断片。誰かの手を引いて走っているという一幕から、話の先を推測しながら。…男の表情は闇に隠れて見えない)
        -- 2018-12-10 (月) 22:23:38
      • うん……まだ話には続きがあるの。(空を覆う雲を一条の雷が走る)
        私にはリゼットという親友がいた。召使の娘だったけど、なんだって話せた。
        同い年で、笑顔が素敵で………ある日、私は顔も知らない男性との結婚が告げられた。
        ……政略結婚、だった。それが嫌だと泣いていた私を、リゼットはこんな場所から逃げ出そうと言ってくれて。
        今、考えれば……おままごとみたいだね。二人で手を繋いで、大人から逃げて、逃げて、逃げて。
        逃げ切れなくて、運悪く父が従えてる柄の悪い男たちに捕まった。
        ……私は大事な道具だから、何もされなかったけど……リゼットは、私の目の前で男たちに激しい暴行を受けてショック死した。
        それを見て、私は……発狂してしまったんだと思う。そして、何ひとつ持たされず隣国で…この街で捨てられた。
        狂女が一人、死ぬのを待つだけ……それでも、ボスは私に居場所を作ってくれた………
        狂ったまま言われたことをやっていたら、カレンダー係ということになった。カランドリエって名前もその頃について。

        ハル君。(涙を堪えながら、笑顔を作って)ここでお別れ。私は父を殺しに行く。
        将来を期待される幹部と、父親殺しの女じゃ釣り合わないよ。だから……(大粒の雨が、頬にぽたりと落ちて) -- カランドリエ 2018-12-10 (月) 22:34:37
      • (話を傾聴する。傾聴して…何度、怒りで叫びそうになっただろうか。目元だけで分かるだろう、ハローの怒り。それはマノンの父親のすること、すべてに対して)
        (発狂するほどの衝撃を、恐怖を、絶望を。実の子に与えて………冷静に、冷静に思考を回して。その父親、という存在、この世界から抹消することを心に決めた)

        ……マノン(名前を呼び返す その後に続く…独白、と露そう。俺の返事を聞こうとしてない様子に)…マノン君、かな。一つだけ聞かせてもらっていいかな?
        (今、感情的に言葉を重ねても逆効果だろう…シンプルがいい。ハローの思考はいつもそうで)…(ふ、と優しく寂しそうな笑顔を作って)…マノン君にとって。俺と、父親だったら。どっちを取る?(それはきっと、意味のない問いだ)
        -- 2018-12-10 (月) 22:39:51
      • なぁに、ハル君。(最期に彼に覚えていてもらうのが、泣き顔なんて嫌だから)
        マノン君かぁ……もっとそう呼んでもらいたかったな…(努めて笑顔を保った)
        …え? そんなの……ハル君がいいに決まってる。でも、大好きだから、さよならしなくちゃ、いけないんだよ……? -- カランドリエ 2018-12-10 (月) 22:45:25
      • …そか。そこだけ、一応確認を取っときたかったからね…(そこでやっと…見せる表情は。怒りだ)……ふざけんな。(震える言葉をかける)…そんなことで!君を失えるわけがないだろう!!俺がっ!!(夜、雨音にかき消されないほどの大きな声で)
        俺には君が必要だ!俺のすべてを知って受け入れてくれた君が…カランドリエが、マノンがいないと…俺はもう、駄目だ…!君を失いたくないんだっ…!!(本心を、次々とこぼす 怒りは…二つ。マノンのその一方的な思考と、その父親)
        …相談もなしにさよならなんて認めるわけないだろう!報連相がまるでなってない…!…それに、だ。(そこで一度、落ち着いて)…父親よりも俺のほうが大切なら。大好きだって言ってくれるなら…俺が父親を殺すのに手を貸しても、俺のことは嫌いにならないだろ?
        …今の話を聞いてさ。君のよく知るハロー君は…ハルオは、許すと思う?赦すわけないよねェ?…麻薬の密売をやってるだけで粛清対象。そのほかの仕事もしてて…隣の国でのさばってるって言うのなら…
        ……ハロー組で潰すよ。マノン君、君一人でやる必要はない。……君の過去も、犯す罪も。二人で分けようよ。(一歩近づく)…俺の過去も、異能も、抱えてくれたんだから…(さらに近づく。手を伸ばせば届く距離…そっと、手を差し伸べて)
        …今度は俺が背負う番だ。(にへっ、と。努めて普段通りの笑顔を作った)
        -- 2018-12-10 (月) 22:54:21
      • …あ、ああ……(雨が降りしきる中、自分が手を離そうとした存在の大きさを改めて知って)
        …初めてかな、私を叱ってくれたの……(続く言葉に、躊躇いながらも)…私の父を殺すために?
        ハル君………(差し伸べられた手を、掴んで)ありがとう。私…ハル君の隣にいてもいいのかな…?
        (雨が降る中、彼に抱きついた。そして、母と親友のために涙を流した)
        (過去の自分が思い出せと言ったのは、怒りだった。でも、今の私にあるのは、怒りだけじゃない)
        (そんなことを、いまさらになって知った夜だった) -- カランドリエ 2018-12-10 (月) 23:03:10
      • …叱るに決まってるだろ。急にそんなこと言われて、俺がおとなしくできるわけ…(マノンの腕を引き。胸の中で強く抱きしめる)…ないだろ…!
        今の話を聞いて、何もしない俺はハロー=ワールドじゃない。ハルオでも無くなっちまう…だから怒ったし、君を失いたくないって思ったんだ。…マノン。(耳元で、囁くように)…俺の隣は、君じゃなきゃ嫌だ。
        (胸の中で涙を流す彼女に。過去を思い出し、零れる感情を全て受け止めようと…ぽんぽんと、落ち着かせるように背中を優しくたたいて)……大丈夫。俺はここだよ。(お互いの体温を感じながら。彼女の過去も、背負うと改めて誓う)
        (…しばらくしてマノンが落ち着けば。濡れた体を冷やしてはいけないと、二人でハローの自室に戻る。……その後のことは、改めて語るまでもないだろう)
        -- 2018-12-10 (月) 23:10:29
  • 『事態は、急を要していた!』(アポなしで訪れるのはいつものことだが、いつにもまして急いでいる様子でハローを訪ねる…その焦りの理由はハローならば察しがついているだろうか…) -- 銀河 2018-12-10 (月) 21:21:26
    • …そろそろ来ると思ってたよ。ハロー、どうも。この間は大活躍だったねェ銀河サン。討伐隊、無事帰れて何よりだった。
      (にへっと笑う男…おおよそ察しがついてるようで)…で、俺もヒザキの旦那も、今回の件を正確にファミリーに報告してる。大活躍した銀河サンの功績もね。…もうすぐ幹部になれるだろうね。
      で、それ関係での相談と見た。……当たってるかな?
      -- 2018-12-10 (月) 21:24:04
      • 『無事に帰るまでがカチコミ、夜討ち朝駆けが基本であった!』(そしてハローの言葉通り、一人も零さなかった。それこそが勝利だと頷く…)
        『それまでにできることをする、そのためにハローを訪ねたのだ!』(幹部は諸々の雑事にも精通しなければならない、その相談相手として最適なのはハローであると…)
        『銀河には、時間がなかった!』(『年内に幹部になる』などと大見得を切ってそれを叶えた女がいまさら何を焦るのか、と思うかもしれないが…そうするだけの理由があるようで) -- 銀河 2018-12-10 (月) 21:29:30
      • (うんうん。わかるよと大きくうなづいた)……まぁ。実際に同じような立場から幹部になった俺から教えられることなら、「なんでも」(清濁併せて、という意味で)
        …時間?焦ることはないと思うけどねェー、部下もまだ配属が決まってない、幹部になるにしたって色々と時間も準備もある…お金もね。……どしたの?いつも以上に焦ってるように見えるけど…。
        -- 2018-12-10 (月) 21:32:10
      • ……(『なんでも』それは…彼も、サイカも、そして目の前のハローも担ってきたファミリーの闇の部分を背負う覚悟を問われているものと理解し、頷く…自分とてファミリーのためにその力を振るうのにためらいはない。)
        『…ハローはすでに知っているものと思うが、彼が、ファミリーを抜けることを、銀河は聞かされていた!』
        (あろうことか、彼が抜けるぶん自分が頑張らねば。などと愚直に考えているらしく…長年ファミリーの中核を成してきた彼の働きに追いつくなどとこれまた分不相応な考えでいるようだ) -- 銀河 2018-12-10 (月) 21:40:18
      • ……だねェ。ヒザキの旦那の情報の集め方と動きが妙で躊躇いがない。そうかな、って思ってたよ…本人から直接聞いたわけじゃないけど(少しの寂しさ。ヒザキの旦那は…コッローディに思うところができたのだろう)
        (それはそれでいい。男の選択は尊重されるべきだから)……それで?ヒザキの旦那が抜けるから…銀河サンが幹部になって、頑張るつもりかなァ。(にこ。…言ってやるか。全く、ヒザキの旦那はこういう仕事ばかり俺に振る)
        …それじゃあまず他の幹部の名前、人員数、シマの広さの把握。やってる業務の把握。町の施設のファミリーの使用状況。流通状況。それぞれの組の特色。
        まだまだあるねェ、各人の給与計算、部下の指導、支援、書類作成、みかじめの回収、貿易経路、倉庫の在庫具合、治安の状況、警察や政府各所への連携………(つらつら。3分ほど、仕事の概要を表しただろうか?ふと言葉を切って)
        ………俺たちが。積み上げてきたものを、急いで今から頑張れば追いつく。…なんてのは、思い上がりだよ銀河サン。(それはひどく冷静な口調。彼が幹部であることを強く実感させる言葉だった)
        -- 2018-12-10 (月) 21:45:44
      • 『その通り!銀河は…』(ハローは話が早い!と話が通じるツーカーな気でいるがその実まだその能天気さに気付いていない、先が思いやられると思われるだろう)
        …!…!?(自分の力でできることをかたっぱしから…そう、『今まで通りの体当たり』で行くつもりであった銀河は絶句した、その意気は見る見るうちに委縮していくのは誰が見ても解っただろう)
        『しかし、それでも…始めなければ始まらない、銀河はそう考えた!』(やる前から臆してどうする!と威勢を張ってみるものの…やはり不安は隠せない、見透かすようなハローの視線も銀河に突き刺さる)
        『いつまでも甘えてはいられない、自分が誰かのために動く事を…銀河は知った!』(自分を送り出すために心を鬼にしたマート、期待してくれた彼、自分一人の問題ではないのだと) -- 銀河 2018-12-10 (月) 21:59:23
      • ………銀河サン。やらなければ、って思うことと、やれることはイコールじゃない。やろうと思えばやれるんなら、今頃は皆幹部さ。…前向きなのはいいことだけどね(そんな様子に苦笑を零す)
        (その姿には覚えがある…幹部という目標は無くても、何かをせずにはいられなかった時期が自分にもあった だからこそ。厳しい言葉はこれでおしまい)…不安でしょ?今。俺が言ったことは幹部であれば基本的にある程度把握できてるレベルの物で…覚えるには時間が必要なんだ。
        俺だって、サイカだってヒザキの旦那だって、みんな同じように一つずつ覚えていってる。…銀河サンがどんなに焦って覚えようとしても、急に全部覚えられるものじゃない。空回り、ってやつになって、それは銀河サンの不安になるだろうね。「ちゃんとできてるのか」って。
        ……だからさ。銀河サン(ふっと笑って)…一人で、何でもやろうとする必要はないんだよ。それで死に掛けた人間を俺は知ってる…(にへっと笑って)ハロー=ワールドっていう下っ端さ。忙しすぎて仕事ミスして入院するような奴。
        …いいかい銀河サン。上に立つ人間ってのは、何かするときにまず誰かに頼るんだ。…俺やヒザキの旦那が仕事をするとき、1から10まで一人で全部やってたかな?違うっしょ?…まず銀河サンは、自分から誰かに頼ることを覚えるべきだよ。幹部になるための最低条件さ。
        -- 2018-12-10 (月) 22:08:52
      • …ふひゅう……(苦笑をするハローに、張り詰めた心が解けるように脱力、溜息…また自分は突っ走ってしまっていた…と反省中)
        『ハローの言葉は、経験に基づくものであり説得力があった!』(銀河は「既に仕事が出来ている幹部たち」の姿ばかりを見ていたせいか、みな順に覚えていったと聞かされれば、頷く…)
        『それは…』…ふふふ…(いつか負傷し入院していたハロー、病院だというのにお見舞いが次々とやってきてちょっとしたお祭りの様相だったのを思い出し、微笑みがこぼれる)
        『ハムレット、そしてピーナッツバター、彼女らの力を借りる…銀河は手本になることばかりを考えていた!』(自分が誰かにとっての目標となるような存在でありさえすればいい…というのは傲慢というものだったのだと、一つずつ説明されれば少しは理解できたようだ) -- 銀河 2018-12-10 (月) 22:31:22
      • …あの入院ねェ。実はドーニャと一緒にやってた仕事で…彼女の命まで危なかったんだよ。あれ以来、俺はあの子に頭が上がらない。…自分一人で突っ走ると、一番大変なのは回りなのさ。俺はそれを覚えた(懐かしむように目を閉じて)
        そう、部下がいるなら手を借りる。そのうえで自分の力、出来ることも考えて。一緒に仕事をしていけばいい。…前に言ったのはそういうところさ。上が一人で走ってちゃ、部下は不安になるからねェ。
        …落ち着いた?それじゃあ、改めて考えてみよう。ヒザキの旦那がいなくなる前に出来ること…彼に、自分とファミリーは大丈夫だ、って言えるように…銀河サンは、何ができる?(応えは示さない。それは銀河が考えるべきことだから)
        -- 2018-12-10 (月) 22:34:47
      • ………ン…(他人事ではない、ハローの言う零さぬように。というのは死にたがりが周りを巻き込むということ…自分への戒めであり同じ過ちを行おうとする者への警告なのだと)
        『ピーナッツバターは自ら就学の意思を示し…ハムレットも自らの意思で銀河を労ってくれた、銀河はそれを嬉しく思う!』(これからの事を考え自ら動き力となってくれる…支えてくれている実感は自分が気づけば確かにそこにあった)
        『銀河のやれること、皆の力を頼ること、現状の全力でできることを一つずつこなしていくことである!』(焦って潰れることでも、幹部になったことに満足して慢心することでもない、上手く行かず遅れることがあっても、決して立ち止まらず進み続ける姿を示すことが銀河にできることだろうと) -- 銀河 2018-12-10 (月) 22:51:01
      • よくできました。(満点の回答ににこっと笑顔を見せて)前に進む意志だけは無くしちゃダメ。その上で、一歩一歩、ね。
        そうしてみんなで歩いて行った先…それこそ何年かかる分からないけど。そこに、ヒザキの旦那がいるからね。俺も一緒に頑張るからさ。…銀河サンも頑張って。(最後。弟からの姉へのエールは、笑顔で頭を撫でる形で送られた)
        -- 2018-12-10 (月) 22:58:55
      • 『共に歩く者、傍にあるもの、すなわちそれがファミリー…ということである、銀河はそう理解した!』(ただの有象無象の集まりではない、寄り添って生きていく集まりこそが『ファミリー』の本当の意味かも…と)
        ……ひゃあああ…(若干子ども扱いされているような、先輩であるしそれは正しいという気持ちと、やっぱり照れる!という気持ちを2対2対6くらいの割合で攪拌し…顔から火が出るような照れが出た)
        『銀河は、ハムレットやピーナッツバターらと会議を行い、これからの指針を立てることとした!』(なにはともあれまずは相談だ!と頬を張って気を取り直し…ハローへそう宣言するとその場を後にした…) -- 銀河 2018-12-10 (月) 23:10:09
      • どんな仕事でも報連相だけはしっかりね。それだけ忘れなけりゃ、大抵うまくいくもんさ。…また困ったことがあったら相談しなよォ(またね、と見送る…恐らく銀河が幹部になっても、こんな風にブレーキかけるのは俺だな、と。肩を竦めた) -- 2018-12-10 (月) 23:21:39
  •   -- 2018-12-10 (月) 19:30:59
  •   -- 2018-12-10 (月) 19:30:54
  •   -- 2018-12-10 (月) 19:30:51
  • (暫く振りに帰ってきた男はボスへの報告を済ませ数日の休暇を取り…ハローの前へと現れた)
    (以前とまるで変わらない薄い笑みを湛えながら、何時もと違うのはその手に車のキーを幾つもその手に持っている事だろうか)
    (スポーツカーに詳しいハローならばそれらが全てどの車の鍵か分かるだろう…どれも高級車がメインのメーカーの物ばかりだからだ)
    ああこれはこれは…傷の具合は如何です?ナッツ類をお摂りになりましたかね、脳に良いそうですから -- コッローディ 2018-12-09 (日) 23:15:53
    • …チンピラがやるやつ。(数多くの鍵を見て)指の間に挟んで殴るんだろ?高級車の鍵でやるやつは初めて見たけどねェー。(相変わらずの軽口から)
      傷はあの場で回復してるよ。遠回しにバカにしてんのかアンタ(はっと鼻を鳴らして)…全部終わったかい?川跡の調子はどうだった?(にへっと笑って)
      -- 2018-12-09 (日) 23:18:24
      • お生憎様ですが折角の価値を落とすような真似は致しませんよ、特に必要な場でもありませんしね
        いえいえ…あの場でどうやら負荷のある物をお使いなさっていたようですので私なりの心配をば
        (魔眼を過度に使っていた事を語っているようだ、普通は認識の難しい物だが少なくとも男の感覚は普通ではない…表情に特に心配は見られないが)
        (そしてそこを突かれれば男は露骨に嫌そうな表情を作る)ガス管ではああはなりませんよねぇ…活断層やら堤防の耐久年数やらと複雑な絡み合いが無くては
        (既に用意してあった筈のカバーストーリーが全ておじゃんになった事を匂わせる、長らく帰ってこなかった原因に間違いなくそれが含まれていた) -- コッローディ 2018-12-09 (日) 23:29:40
      • …負荷があったのは最初だけ。途中からはファミリーのみんなに支えられてね…最後も問題はない。少し泣き虫になった程度で済んでるよ(隠し事は通じないことは分かってる。目元を抑えて)
        (嫌そうな表情に満面の笑顔になりながら)ならないねェー。その場に川が出現したようなもんだからねェ。ひどくいい案だろ?吸血鬼特攻だ。あれで外の吸血鬼一層できたんだから。
        この街で一時期とはいえ麻薬を流した報いだと思えよ。「それで許してやる」からさァ。(肩を竦めた)
        -- 2018-12-09 (日) 23:37:48
      • ええ、ええ…本当にいい案でしたよ、彼崎さんにも黙っていましたが私は殿として確実に残るつもりでしたからねぇ
        (皮肉げな笑みでそう言うが結局の所この男を失う失わない以前にファミリー全体を救った以上ハローが嫌がる要素は無いだろう)
        (何よりこの男が殿に残った所でそのまま殺されるタマではない事はあの戦いで示してはいる)
        ふむ?仕方ありません…それだけの対価が示されたのなら納得するしかないでしょう、あの日々で笑えたのは連中と組んでいた市長の泣き顔だけでしたが
        ところで一つ質問が、例えば防弾防爆が施された高級車の良い使い方を知る者に心当たりは? -- コッローディ 2018-12-09 (日) 23:46:02
      • 絶対そんなところだろうとは思ってたんだよ。ヒザキの旦那も一緒にとか言いかねなかった。その辺も意識して屋敷の外は一掃しておきたかったのさ。
        (無論、今回の討伐隊の結果には満足している。ファミリーとしての清算も、コッローディの清算も果たせたのなら。いうことはない)
        ああ、そういう泣き顔はどんどん作ってやりたいねェ。いっそのこと今回の件であの町の膿を出し切ればいい。フェルモの家族に口利きして流通通すつもりだし。
        …ん(その話を聞けば)…アルバさんだな。俺も好きだがあの人はそういう悪戯が大好きなところがある。…その鍵がそうか?何するつもりだ?
        -- 2018-12-09 (日) 23:51:49
      • そういうとこがこのファミリーの困った所ですよ、どうにも三十路は考えが似通う
        何より若手がそういう所を読んでくる(僅か一年ではあるがそれを重々身に沁みたのか少しだけニッとした苦笑を向けた)
        流通に関してなら彼崎さんにも話を通すと良いかと…例の幹部ですが港の権利と幾つかのでかい利権をポンと渡したそうですよ
        (アルバの名前が出ればそれが前提であった様子で軽い頷き)プレゼントです
        あの一件で処理するつもりだった車が6台ありまして…で、運び切るには貴方の手も必要でしょう
        (そう言うと男は鍵を渡そうとする、順繰りに鍵を見せていき最後の一つの前に手を止めて)
        ああそれと伝言も一つ…必ずトランクの確認を頼めます? -- コッローディ 2018-12-10 (月) 00:08:54
      • 老いてるんだよォー。ヒザキの旦那にしたって、いい人見つけたばかりで死んでもいいか、なんて考えるんだから。いつまでも若い思考でいないとねェー。(はぁ、と。タバコの火をつける)
        勿論だよ…やることはちゃんと伝える。けど俺も幹部だからねェ、美味しいところはもらってかないとねェ(流通関係、ヒザキよりも詳しい部分もある…近いうちに交友が始まるだろう)
        …あァー?(ハローの手も、の時点で察した)…だから。いつも俺が言ってんじゃん(いやいや顔で鍵を受け取りながら…トランクの中身と言われても)…本心を隠す癖、辞めろって。
        「お世話になりました、お礼が入ってます」……って、素直に言えないのかねェ?それとも西の人間はみんなこうか?(やれやれ…と苦笑を作り、肩を竦めた)貰っとくよ。車は俺も趣味なんだ。
        -- 2018-12-10 (月) 00:12:36
      • その過程であちらの事を調べる内に笑うような事態が無い事を願っておきます
        (西方を調べればオルネットの家に辿り着く事もあるだろう、そしてこの男に結び付く事も)
        言えませんよぉ、そういった素直さを忘れるのが捻くれた大人のなり方なんです
        (そう言うと最後にチェンテナリオ…渡す車の中で最も高級な物をハローに渡す)
        (そして残りの鍵をハローに渡した)不要であれば売ってくれとも、全て経歴はクリーンですから
        車は港の倉庫に私名義で、それでは(そう言うと男は去っていく…トランクには金塊銀塊の入ったアタッシュケースの他にアルバ名義の相応の額の通帳が入っていたという) -- コッローディ 2018-12-10 (月) 00:30:21
      • どーかな。既にある程度調べたりはしてるんだぜ?(いずれはたどり着くこともあるだろう。ハローとはそういう男だ)
        (はっは、と笑いを零して)…だからアンタは嫌いだよォ。これからでも素直になったって遅くはないのにねェ(にへっと笑って)
        (流石のハローもこの鍵を受け取りぎょっとした。2億超えの車だ…余っていた、などという話が嘘に聞こえる)…確かに。
        ひねくれた大人からのプレゼント、ありがたくいただいとくぜ。またな、コッローディ(見送って…鍵の山を手の中でカチャカチャ鳴らし。早速アルバに連絡を取るのだった)
        -- 2018-12-10 (月) 00:52:42
  • (念入りに銃の整備……自分の異能が人にばれて使えなくなった時。最後に頼れるのはこの銃だ かつての相棒の銃)………5年、か(長くて短かったように感じる5年。幹部になり、慕う人も増えて)
    ………俺はどこまで行けるのかねェ(セーフハウスで独り零す)
    -- 2018-12-07 (金) 23:24:28
    • (相棒の銃とともに帰ってきた。セーフハウスのソファーに身を預ける)……お前が今日のMVPだったぜ、カズヤ。 -- 2018-12-09 (日) 09:47:56
  •   -- 2018-12-07 (金) 23:23:05
  •   -- 2018-12-07 (金) 23:23:02
  • (二人で街中を歩く。今までより、二人でいる時間が長くなった)
    (街の見回りとか、住民の悩みを聞いたりとか。そういう大事なお仕事の一環でもあるけど)
    あ、あの二人。サイクリングに行った時に付き合ってた二人だー。相変わらず仲が良さそうー… -- カランドリエ 2018-12-06 (木) 21:47:22
    • (この時間を尊く感じるようになった。…相変わらず俺の仕事は減らないし、それの助手をしてもらってる時間だが。カランドリエと二人でいられる時間を設定してるのは秘密だ)
      …お。懐かしいな、半年以上前だっけ。仲睦まじそうで何より。…あの頃には俺らもこういう関係になってるとは思ってなかったねェ。
      (見回りの仕事の中で、時折生まれる雑談の時間。)…ねぇカラン君。今度休み取れたら一緒に釣りでもしない?…やったことある?釣り。(趣味に誘ってみる)
      -- 2018-12-06 (木) 21:54:57
      • そうだね……あの時に一緒にサイクリングした相手と想いを重ねるとはー。人生わからないもので。
        (釣り、と聞くと竿を引くジェスチャー)この前の海でやったのが最初で、絵画を引き上げたのが初めてのヒットだったんだよ?
        あれが釣りの記憶ではあまりにも悲しい。(苦笑して、歩幅を合わせてもらっている状況に甘えたりして) -- カランドリエ 2018-12-06 (木) 21:59:36
      • そだねェー。…でもあん時から意識してなかったって言ったら嘘かなぁ。…本気になったのは、バレンタインの時に疲れてカラン君処で休ませてもらった夜、かな。
        (あの時…疲労に加え、異能を使っていたことによる罪悪感も。カランドリエといることで、楽になった)…ああ、あの時…いや、あれは釣りとは言わないよ。あれはなんか違う別の競技だよ…(うん。頷いて)
        本当の釣りってのは…ぼーっと待つ時間を楽しむのが楽しい、かな。釣れるともっと楽しいんだけどね。…ま、俺の趣味も理解してもらいたいって所強いけど(にへっと笑って)
        (歩幅を合わせて、自然と道路側を歩くあたり。女性へのマナーは完成されている)……ただ、こう暑いときに釣りをすると熱中症が怖いところあってね。前に一回倒れたことあるんだよねェ俺。
        何事も夢中になると周りが見えなくなるところが俺の悪いところかも。……カラン君は何か趣味とかある?…あ、記念日以外で。それは知ってるからねェ。
        -- 2018-12-06 (木) 22:30:34
      • ……あの時かー………あの時にはもう、相棒って感じで。二人で組んで色々な仕事をしてたよね。
        エクストリームフィッシングみたいなそんな競技でしたね……(苦笑いしながら、軽い足取りで歩く。彼といる時間はこんなにも輝いていて)
        待つ時間を楽しむ、か。なかなか面白い概念だー。(熱中症で倒れた話を聞くと)…大丈夫だったの、それ。
        釣り仲間がいるならともかく、ソロだと大惨事になるよー。(趣味を聞かれると、顎に指を当てて)普通。映画を見たり、本を読んだり。
        本は変わったものを読むかな。この前読んだ、例え話の技術の本とか面白かったよ。
        「メロスは激怒した」を修飾するための技術とか。「メロスはデッドボールを受けた助っ人外国人のように激怒した」ってなるの。面白いよ? -- カランドリエ 2018-12-06 (木) 22:41:36
      • …だね。その前に俺のほうからコンビ申請させてもらって…うん…(目を閉じると思いだすのは……仕事の日々…今更だけど俺ちょっと酷使しすぎかなカラン君の事…)
        ああいうフィッシングは一回限りで十分かなって。魚を相手にするのが釣りだからねェ(カランドリエの楽しそうな様子。くるくる変わる表情に。暖かい気持ちが胸に広がる)
        癖になるところあるよ。そのうちそれが溜らなくなる…(若干無我の境地に片足を突っ込んでる)…いや、スノーの姐さんがいなかったらちょっとヤバかったかもしれない。水飲んで回復したんでセーフ。
        釣り仲間はとりあえず姐さんかなァー、あの人に釣りを教わったから。でも最近は仲間を増やすことを画策中で、カラン君も巻き込もうって言うそれだねェ。ハマって。(時折我儘も零すようになった)…映画とか、本とか。
        今の説明だけでかなりその本読みたくなったところあるよね(何それって顔)…本と言えば、カラン君と同居してる先生に貰った小説…いや戯曲か。あれは面白かったなァー。
        フランケンシュタインと地図製作者の愛を探す物語。実話をもとに構成されてて…ネタバレはできないけど、愛の物語。心に響いた。今度読んでみる?
        -- 2018-12-06 (木) 22:48:44
      • 色々あったねー……あれから悩んでるんだけど………(赤くなったのを誤魔化すように顔を背けて)私キス下手じゃなかった?
        よし、決まり。吸血鬼とか、全部。全部片付いたら、釣りにいこう。そこで私は釣りをハロー君に教えてもらうの。素敵。
        あー……スノーさんかー。釣りといえばスノーさんだもんね。(思えば、自分もハイジアに影響を受けている部分は大きくて。年上の女性から受ける影響について考えていると)
        今度貸してあげよっか。(戯曲について話を聞くと)それ、私も読んだよ。ハイジアが放り出してた本で、ハマって全部読んじゃった。
        あれ、元は演劇なんだってね。どんなのだったんだろう……すっごく気になるー。 -- カランドリエ 2018-12-06 (木) 22:59:46
      • …へぇ?(気の抜けた声を漏らして)…ああ、いや。誤解を恐れずに言うと、上手さを求めるキスじゃなかったから…そういうのは、これから教えるからね。(あんまり女慣れしてるところを見せるのも妙な罪悪感があるが。嘘はつけない)
        そだねェー。そうなるときっちりみんなで帰ってきて後ぐされなく、って感じでねェ。勿論、そういう準備はきっちり進めているんだけど。…楽しみが一つ増えたね(楽しいだろうな、と。良い所見せたくなるような子供らしい気持ちを努めて抑えて)
        あの人はプロだからねェ、ガキの頃色々仕込まれて…今や俺も立派な釣りキチに。…でも今思うと、やさぐれてた頃の俺を慰めてくれてたのかなァって。大人だよねェ。俺もいつかそうなれるかな…?
        頼む。(頷く)…あ、読んだ。流石だな先生。布教は上々って所か…俺も実際めっちゃハマった。演劇がもとで、でもそのモチーフの実話があって…ネタバレ解禁しよう。
        実はあれ、実際のところだとフランケンシュタインが女、地図製作者が男だったらしい。…そうなると色々深読みできちゃうよねェ。愛を知らぬ孤独ってのはどんなものなのか…愛を知る衝撃とは。うーん、深いテーマだねェー…(愛か…少なくとも今俺が感じてるものは愛だろうか)
        …(確かめよ)……カラン君。(丁度周囲に人目無し)…キスしていい?(またしても唐突に)
        -- 2018-12-06 (木) 23:06:12
      • 教えるって……(教わる側という考えが抜け落ちていたことに気付き、これから教わることに気恥ずかしさと嬉しさを感じている自分がいて)
        休みを調整しよう。二人の記念日になるよー。(にっこり笑って)楽しみだね、ハロー君。
        スノーさんは、そういうところあるからね。ハロー君の心の傷を見つけた上で、自分の中の喜びを大切にすることを教えてくれたのかも。
        え、実話があるの? それすごいなぁ……へー、正真正銘のラブストーリーだ。
        うん、なぁにハロー君。(振り返ると、続く言葉に真っ赤になって)え……こ、ここで? あうう……い、いいけど… -- カランドリエ 2018-12-06 (木) 23:31:25
      • そだねェー。…吸血鬼討伐が終われば、そこに裂いてたリソース分仕事の空きができるから…週に1日は安定して休み取れそう(カランドリエの笑顔に、こちらも微笑み返す)そうだね、カラン君。
        …人を見る目が養われてるよねェー。ああいう、自然な気遣いのできる大人って目標の一つだね。今度姐さんにそういうコツでも聞きに行ってみようかなァ(ついでに釣りしよう…趣味の時間は大切だ)
        あるの。先生は実際、現地に行って色々調べたことがあるみたい。…当時にいたのか、までは聞かなかったけどねェ(長生きだからな…あり得るよなァ)…後で聞いてみて?
        (さて、顔を赤くしてOKを出すカランドリエの姿を見れば。にこ、という擬音が似合いそうな微笑みを見せて)……誰も見てない。(そっとカランドリエの頬に手を添えて。わずかに上を向かせれば)
        ……………(前の時よりも長く、しっとりとしたキス。味わう様にカランドリエの唇を軽く食む…数秒の逢瀬を終えて)……うん。これは愛だねェ(胸に広がる熱、やはりこれを例えるなら愛なのだろう)
        -- 2018-12-07 (金) 19:24:34
      • (一瞬のようで、永遠のようで。名残惜しそうにハローから離れると、彼を見上げて)
        ……今から言う言葉に、イエスかノーで答えてください。ではスタート。
        また、海に行こうね。(嬉しそうに大切な言葉を重ねていく)山にも行こうね。
        釣りにも行こうね。お祭りにも行こうね。(少しだけ甘えた言葉、幾分か穏やかな表情)
        いつまでも……ずっと、一緒にいようね。(イタズラっぽく笑って)ちょっと引っ掛け問題っぽい? -- カランドリエ 2018-12-07 (金) 21:50:16
      • (至近距離で見つめ合いながら…微笑んで、ハローの応える言葉は一つ)…イエス。勿論イエス。
        (海にも、山にも)…イエス(釣りだって)イエス。(お祭りにも。彼女が隣にいないことは考えられないから──)
        …イエスだよ。(ふっ、と微笑み)いんや。どちらかっていうとキリスト教徒の気分かなァ。ノーって応える内容、一つもなかったからね。
        …一緒にいたいよ、俺も。(改めて、こちらからも言葉にして返した。気持ちを理解し合うことに満足感と安心感を感じる…)
        -- 2018-12-07 (金) 21:54:39
      • …うん、よしよし。いい返事だハロー君。(そう言った後にじわじわと赤くなってきて)
        言っておいてなんだけど恥ずかしくなってきた……(蹲って顔を両手で押さえる)
        (その後も二人で話しながら歩いて)それじゃ、私こっちだから。また明日ね、ハロー君。(明日も、その次の日も)
        (彼と一緒にいるために。次の戦いで彼を守るんだ、そう誓った) -- カランドリエ 2018-12-07 (金) 22:03:54
      • …カラン君が恥ずかしがってる顔が一番かわいいって思える俺はずるいかもねェ?もっと恥ずかしがらせたくなる…けど、我慢しとこう。往来だからねェ(行こ、と歩みを再開して)
        ああ、また明日。(その次も…これからも。共にいるためにも、今度の抗争で失うわけには行かない…)
        (…誰も零さない。改めてその誓いを強く持ち、今日もまた仕事に戻っていった)
        -- 2018-12-07 (金) 22:09:52
  • 準備は万端整ったって感じか(いよう、と手を挙げてやって来るドクター)
    一応色々と耳に入って来るんでな、でお前さんはじめ何人くらいのもの好きが集まったんだ? -- スドウ 2018-12-06 (木) 21:31:17
    • まァね。その辺は俺ですので抜かりなく。色々支援もしてもらってますから(ハロー、どうも。と挨拶)
      すみませんね、忙しくてなかなかナツちゃんとオリエさんデートに誘えなくて。…集まった数で言えば2~30人。力自慢の黒服も足しての数だけどねェ。
      メインのメンバーは…10人弱って所かな。腕自慢だけ集めてるところはありますねェー。
      -- 2018-12-06 (木) 21:34:04
      • はっはっは、そういう事は本人に言うべきだぞハロー、と言ってもお師さんは今デイライトの研究で留守にしているからな……
        来週には戻ってくるって話だが、もしかしたら吸血鬼の盗伐とは入れ違いになるかもしれん
        少数精鋭で一気に首領を狙って訳か、下手に人数増やしても敵の利になるだけからな……で、当然勝算は高いんだろう? -- スドウ 2018-12-06 (木) 21:41:26
      • 今取り組んでるのが終わったらすぐ誘いに行きますよ。…ああ、ラリィと一緒に?へぇ……そりゃ楽しみだ(麻薬成分が抜ければ。ハローも何も言うことはない)
        入れ違いになってくれたほうが安心しますよ。俺たちがやるのは暴力だからねェ。巻き込んだりしないか不安になっちまいますからね。
        そう言う感じ。全部が全部すっきり潰せるってわけじゃないけど、今できる最善の手段です。……俺にそれを聞きます?(にへっと笑って)俺はその確率を100%にするのが仕事です。漏れはないように努めてますよ。
        -- 2018-12-06 (木) 21:44:03
      • いや、ラリィとは入れ違いだったはずだ、どうもお師さんには別の目的があるらしくちょい時間がかかってるって話だが、何をやってるのやら
        まぁそこは問題ないだろう、お前さんと同じく隙なくソツなく完璧を目指す男が指揮を執ってる施設だしな(当然それはコッローディの事、同じと言われれば思う所はあるかもしれない)
        (肩を竦め)愚問だった、根回しと準備に関してはお前さん以上にこなせるヤツなんぞいない、どんな手を用意しているのやら吸血鬼に同情しそうだよ(HAHAHA)
        -- スドウ 2018-12-06 (木) 21:54:17
      • …へぇ?確かにラリィは戻ってきてたけど…ふむ。オリエさんって結構研究者気質なところありますよね。喋ってて思った。(何かしらしてるのだろうが…まぁ悪だくみではないだろう。信じた)
        …は。(鼻で笑って)でもその男は、俺と違って胡散臭い事しか言いませんからねェ。……似てるって所は否定しませんが(起点は一緒。ただその後の善悪が境界線上になっただけ…今度の討伐で、それが交わることになる)
        そういうことです。ヒザキの旦那に鍛えられましたからねェー。…とりあえず、全力でコケにする準備はばっちりですよ。ファミリーを舐めた報いを受けてもらわないとねェ。
        …ま、現地に入って指示出しの後は各個人の判断になりますから。俺も一匹の猟犬に戻るつもりです。…あァ、二匹か?相棒がいるし。
        -- 2018-12-06 (木) 21:59:09
      • ほう、ハローもそう思うか?ま知識に関してはピカ一だと思うぞ、俺は死霊魔術しか習っちゃいないが、他にも色々使えるらしいしな
        (無論悪い事ではない、悪用は出来るがそれはしないだろう、そしてそれは目の前の大男の為なのだが気づくはずもないドクターである)
        そうか?割と俺に対してはストレートな物言いだった覚えがあるが……あれか相性ってヤツだな(確かにハローとは水と油だろうと頷くドク)
        ……ん?まて、今さらっと大事な事言ったな?相棒?いよいよ心に決めた相手作ったのか?(にやにやするめっちゃ珍しい顔) -- スドウ 2018-12-06 (木) 22:07:45
      • 長生きして研究者気質じゃあ、そりゃそうだろうねェ。…後でどんなこと知ってるか聞きに行ってみるかなァー(興味ありそうな様子。知識人と話すのは楽しいものだ)
        …嘘だァ(えぇーって顔)俺と話すときは大抵人を食ったように本心隠すような…いや、やめよ。俺の口から悪口が零れるのは嫌な気分になる(はぁ、とため息。)
        …えェー?別にいいでしょ、ドクターそんな人の恋路を気にするタイプー?(もーって顔で)…いいじゃん。相棒ができたんですよ。仕事の相棒から人生の相棒になりそうな人が。
        -- 2018-12-06 (木) 22:39:36
      • ああ聞きに言ってやってくれ、長生きだからか、お師さんは自分に興味持ってくれる相手大好きだからな……大好きすぎてお節介も過ぎるんだが
        はっはっは先入観ってのは目を曇らせるもんだ、まあ嘘は言わないが全ては話さないってタイプじゃ胡散臭く思われても仕方がないが……(そこは経験だろう、と)
        なーに言ってんだハロー、この年になるとな若いヤツの恋模様は応援したくなるものんだよ!(ぺしぺし陽気に背中叩く、そして声のトーンを落とし)
        大事にしてやれよ?そして可能ならどんな時でも傍にいてやれ、俺から言えるのはそれだけだ……じゃあなハロー、その相棒が誰かは次会うときの楽しみにとっとくよ(と軽口を叩き去るのでした) -- スドウ 2018-12-06 (木) 22:50:30
      • いいことじゃないですか。少なくとも他の種族支配するなんて息巻いてる吸血鬼なんぞより100倍マシさ。今度話振ってみようかなァー。
        俺、コッローディと話してると自分のせっかちさを感じますよ。着飾りすぎる言葉は真意を隠すからねェー。…うわ。めっちゃ痛い!(めっちゃべしべし)
        …そりゃもう。仕事が忙しい俺なんで、逆に常にそばにいてほしいっていうか。そういう関係でありたいですねェ。…どもっす、ドクター。またねェ(笑顔で見送った)
        -- 2018-12-06 (木) 22:53:33
  • なあ、ハロー。一寸聞いておきたい事がある -- 彼崎 2018-12-06 (木) 19:44:00
    • なんでしょ。俺に応えられることならなんでも。 -- 2018-12-06 (木) 19:44:40
      • お前さんカランドリエに本名は言ってやったのか? -- 彼崎 2018-12-06 (木) 19:48:35
      • …………………言い忘れてた。
        異能も過去も出生も言ったけどまだ言ってねェ!あっしまったー…まだ隠し事あるじゃん俺…いや、旦那。ナイスフォロー。…で、急に何で?
        -- 2018-12-06 (木) 19:50:43
      • …どうやら自分の本当の名前を忘れかけてるみたいだな、危険な兆候だ…
        俺も先ほどそちらの名前で呼んだがな、お前さんの名前はハルオだろ。名前ってのは大事なものなんだよ、とてもな
        俺も自分の名前…呼ばれるのは苦手だが、変えたいと思ったことは一度もない
        それで、カランドリエの話に戻るが…好いた相手の本名を知らんって凄く悲しい事だと思ったから聞いた
        お前さんが言う必要のない相手と認識しているのなら、別にそれはそれで構わんが…(と反応を窺う) -- 彼崎 2018-12-06 (木) 19:56:16
      • うぅん…戸籍まで取ってますからねェ。割と響きがいいのもあって、違和感はとっくの昔に消えてるようですが…
        …あ。(気づかなかった…二人だけの時は呼んでくれるのに)…そう、すね。ちょっと危険だと俺も思い始めました。…忘れちゃいけないはずだったのに。
        (そうだ…ハルオがいなくなったら、カズヤとスミレまで風化してしまう)…いえ、すんません。完全に俺が失念してただけで。
        カラン君には…これは俺のめんどくさい部分ですが。俺のこと全部打ち明けたいって思ってる。知っててほしいって俺が望んでるから…言ったつもりになってましたけど。まだありましたね。
        (首を横に振る。反応をうかがうような物言いだと理解してのそれ)…そんなわけないでしょう。本気ですからね。…機会を見て、近いうちに。伝えますよ……ただ、機は考えます。
        (なぜか。それは自明の理)…彼女、カランドリエって名前も本名じゃない。知ってるとは思いますが……だから、俺だけ明かして楽になるってのもなんか違うな、とは思ってます。
        -- 2018-12-06 (木) 20:00:51
      • …なるほど、それはそうかもしれんな…となると取り戻せるよう手伝ってやるか、それともそれまで待つか
        そこはお前さん達の問題だから俺が口出す事ではないが…(言って眼鏡を正し)
        それとは別に。今後彼女の聞こえる範囲で、彼女の仕事ぶりの良し悪しを言うのは、なるたけ避けろ
        自分がお前にとって『使える』人間だから側に置いてもらっている。そういう風に考えるタイプだ彼女は
        …ま、それに関しては邪推かもしれんが…できればそういうの抜きで側に置いて置いてほしいって思うもんだと思うんだよな、普通 -- 彼崎 2018-12-06 (木) 20:10:11
      • …手伝えることがあれば何でも手伝いますし、待つのも苦じゃないですからね。一先ずは俺のできること全部捧げたいとは考えてます。
        …別に?(ん、と傾聴して……あァ、と。反省)…確かに、言われりゃそうですね。カラン君に真剣に助けてもらってるのは確かですが…
        …周りから見たら、能力だけで俺が判断してるように見られる、か。…心に留めときます。案外俺女性の扱い下手だなァー(肩を竦めて)
        …はっきり伝えたほうがいいんでしょうね。仕事とかそういうの抜きにしても隣にいてほしいって。…んー………照れるなァ…(手で口元を隠して)
        ……ってか。(素に戻る)旦那とこういう会話するとは思ってませんでした。旦那、あれですね?自分が成功したからって余裕出来てますね?倖せもの。…満足しきってないでしょうね?これからですよ?
        -- 2018-12-06 (木) 20:14:57
      • …近頃彼女と話す機会が結構増えてな、周りから、というか彼女がそう思っている節がある
        そう感じ取れたから、一応言っておこうかと思ってな…余計なお世話甚だしい気がするがね(眉を寄せ)
        …違う、そうじゃない。言っておくが…いや、やはりいい…今何言ってもいい訳にしかならん(眼鏡覆い隠すようにして手を振る)
        目標は高く持ってはいるよ…(ため息交じりにそれだけ言う) -- 彼崎 2018-12-06 (木) 20:29:47
      • …まぁ俺らの相手、同居してますもんねェ。自然とそうなりがちか(カラン君も結構義理通すタイプだしなァと)
        いやいや、実際有難いです。俺やっぱりあんまり周りが見えてないことありますからねェ。こうして指摘いただけるのはありがたいこと。
        ……言い訳にしないでください。俺が言ってるのは……粗末にするなって話ですよ、命を(雑な口調で。零す)…先生からも言われたんじゃないですか?
        言っておきますが(前置きをして)…現地で旦那が死に掛けたら、「何をしても」生き延びさせますからね。俺は先生に合わせる顔が無くなるのだけは嫌だ。…頼んますよ。命は有限だ。
        -- 2018-12-06 (木) 20:32:59
      • 奇妙な縁もあったもんだな、本当に…(苦笑いしつつ髪をかきあげ)
        あのな…粗末にするつもりなんかない。俺がやろうとしてるのはこれから先を見据えて必要だと思うからやるんだよ
        それは他人から見たら荒事まともにできない奴が、なぜ来るんだ。って、思うかもしれんだろうし、実際馬鹿な事だとは思うがね…
        …ハルオ、吸血鬼は物凄く恐ろしい…以前にピーターって奴に会った時はそりゃあ肝を冷やしたもんだ…けどな
        俺達マフィアは舐められっぱなしじゃダメなんだよ。…マイケル・ダキーラには必ずケジメをつけさせる、どんな事をしても必ずだ
        俺はそれを奴とその下僕共に嫌というほど分からせてやる為に行く。悪いが来るなと言っても行くからな(指差し)
        …というか、お前達が俺を守ってくれるんだろ?当然。…そのつもりでいるからな(ニヤリと笑い) -- 彼崎 2018-12-06 (木) 20:49:54
      • 正直な話をすると思ってますよ。(もうお互い、歯に衣着せる関係ではない)…自分だけじゃない、周りにまで危険なことだってあるんだ。それは誰だって同じですが…
        ……わかってますよ(実際に2度も相対し、討伐した身としては)……それだって、わかってます。だから俺だって無理矢理止めることはできない…
        …じゃあ、だったら。(む、と見返して)…全力で頼ってくださいよ。下手に俺も、なんて考えないでください。旦那は俺らの後ろで、ふんぞり返って歩いてるだけでいい。
        …道は俺らが切り開くし、吸血鬼は俺らが寄せ付けない。…だから。お互いに信じろ、って話ですねェ。…結論でたな…。
        -- 2018-12-06 (木) 20:52:37
      • 何だ、分かってるじゃないか。初めからそのつもりなんだよ
        道を開くお前さん達を横眼に俺はただ歩くだけだ。そんでくたばる寸前のアイツの目の前に立ってこう言ってやるんだよ
        『吸血鬼ごときが俺達ファミリーを舐めるんじゃねえ』って。どうだ?最高の意趣返しだろ
        …だから、頼んだぞ(言って眼鏡の位置を直す) -- 彼崎 2018-12-06 (木) 21:00:57
      • (そこまで聞ければ、にぃ、と笑顔を見せる)……いいですねェ。アルバさんも俺も、そういうの大好きなんですよ。どっかの誰かに育てられたからかな?
        ファミリーをコケにしようとする奴らには全力をもって示しをつけてやらないとねェ。…よし、俺もそのつもりで動きます。…任されましたよ、旦那の命(誰かのために仕事をするならば……ハローという男。万全のスペックを発揮するだろう)
        -- 2018-12-06 (木) 21:04:30
      • ああ、任せた(育てたであろう張本人は笑ってその場を後にする) -- 彼崎 2018-12-06 (木) 21:07:04
      • ………任されると。やりたくなるのが俺なんだよねェ(肩を竦めて見送った) -- 2018-12-06 (木) 21:14:11
  •   -- 2018-12-06 (木) 19:23:24
  •   -- 2018-12-06 (木) 19:23:20
  •   -- 2018-12-06 (木) 19:23:18
  • はろはろー、相変わらず忙しそうだねぇハローくん
    海水浴でもちゃんと羽伸ばせたかい―? -- ハムレット 2018-12-04 (火) 21:21:08
    • ハロー、どうも。ハムねぇもいつも通りで安心します。(にへっと笑って)ええ、それはもう十分に。色々ありましたからねェー -- 2018-12-04 (火) 21:26:06
      • いつもどおりが一番さ〜。罰ゲームの語尾も抜けたし水着も終わったしー…アカンちゅー1回とバニーが残ってた…
        海水浴にキャンプファイヤーに、そりゃもうみんな弾けてたみたいだしねー♪
        ボクその場に居なかったからまた聞きだけど特にキャンプファイヤーはなんかカオスなことになってたとか…(何か遠い目)イロイロあってしかるべき、と言ったところでしょうねぇ… -- ハムレット 2018-12-04 (火) 21:34:43
      • ああ、そうだ。ハムねぇの水着、大変刺激的でした。よかった(悪気のない笑顔)バニー見たいです。(頭おハローな会話)
        皆が楽しんでくれたのがやっぱり一番嬉しいよね、俺としては。…ああ、キャンプファイヤーは…新しい命が創造されたりして…
        でも個人的にはその前の日の宴会もすさまじい様相をしてましたねェー。酔いつぶれた女子があそこ迄いると美味しさよりも恐怖を感じるってことを知りました。…なんか勘ぐってない?
        -- 2018-12-04 (火) 21:38:04
      • うん素直でよろしい、男の子はそういう方が安心するわぁ。…まさかアマレットが命令権でバニーリクエストするなんて思わないじゃん?完全に予想外だった…(妙な脱線)
        ワイワイやってるの見てるだけでも楽しいよねぇ♪でもキカラちゃんの血から人体錬成ってどういうことなの…ボクは理解できなかった
        ハローくん…一歩また学んで成長しましたね。お酒の場は超キケン(目元を拭う仕草)…いえー?ラブロマンスがあったかなーなんて勘ぐってませんよ―?(わざとらしい目の逸し方) -- ハムレット 2018-12-04 (火) 21:50:01
      • アマレット、実はかなり乙女思考を所持してますからねェー。でも偉いぞアマレット。後で雑な仕事10個こなしてやろう。楽しみにしています(お辞儀)
        特に幹事だからね、やっぱり参加してくれた人の笑顔が最高の報酬ですねェー(しみじみ)…いや。現場にいた俺も理解できない。だいたいフッさんが悪いかなって…
        改めて学んだって所ですかねェ。俺酒弱いんで…(今後も苦労することだろう)…そう?それならいいんですけど(あっさり。乗るなハロー!)
        -- 2018-12-04 (火) 21:52:55
      • 幹事だし審査員とかもやってたし休めてないんじゃないかって若干気にしてたんだけどさぁ?取り越し苦労でしたわ(手をふりふり)…改めてありがとう、と言わせて貰うよ。そしてお疲れ様(目を細めにこりと)
        例の件はだいたいフッサールくんが悪かったことにしよう、そうしよう。…幹部でお酒ダメとかイロイロと苦労しそうだなハローくん…主に年寄りの相手をするときなんて
        そーそー勘ぐってませんよ―。カランもそりゃもう気になる子がいるからダイエットに全力を出すって奮起してシェイプアップしてさー、ありゃーびっくりした。ちゃーんと当日仕上げてきたのもびっくりした!
        …キミのほうがよく知ってると思うけどさ、ホント素敵な子だよあの子は…(実感のこもった語調で。もう誘導尋問どころか隠すこと放棄しているけど) -- ハムレット 2018-12-04 (火) 22:07:25
      • 俺にとっちゃ休むことが休むことに直結しないんですよねェ。やりがいのある仕事をこなすのも休みって言うか。精神的には落ち着くんです(ワーカーホリックではあるが。かなり前向きのそれ)…ありがとうございます。その一言が、本当に嬉しい(目を閉じて)
        フッさんだからなァ…(遠い目)…ああ、それはホント思いますねェ。むしろそのために幹事をやって酒飲まなくてもいいようにしてるのかも。年寄り相手はマジで己との戦いになりますねェ(肩を竦めて)
        (カランドリエの名前が出て動揺がわずかに洩れる)…ああ、カラン君の水着、よかったですよ…ほんとに。普段あまり肌晒さないから新鮮で…ダイエットしてたのは聞いてませんでしたが…(初耳だ…)
        ……(いいか。隠す相手でもない)…ええ、カラン君は素敵な女性です。夏にちょっとありましたが…正直、夢中になりそうなところはありますよ。(観念して吐露した)
        -- 2018-12-04 (火) 22:11:54
      • 頑張れハローくん頑張れ…飲みの次の日はバイトで売ってるしじみエキス持ってってあげるから…
        そうは言うけど…これからまた例の奴らを相手に立ち回るんでしょう?キミから聞いた以上の情報は知らないけどさ…
        大一番を前にいいタイミングでレクリエーションだったんじゃない、皆も英気がみなぎってるのではないでしょうか、ってね?
        うん、二人で水着の話になったときにボクがキワドい水着着るなら私も攻めるわーってカランが乗ってくれてさー。その弾みで気になる子にいいとこ見せるやらシェイプアップするやらって話になってね…あっ、これもここだけの話だからね?(ひそひそ)
        探るようなことしてごめんねハローくん、正味の所ちょーっとアタリはつけてたんだ。なんつーか…あの子が惚れた相手だったら頑張ってたってことだけ伝えたかったんだよ。夢中になるもならないもキミたち次第だからねぇ -- ハムレット 2018-12-04 (火) 22:34:02
      • ラリィからも専売で特製ウコンドリンクの契約したりしてるところある。暖かみ感じますねェ。助かりますよ。
        …まァね。(にへっと笑って)大丈夫、100%に満ちるほど頼れる部隊を作ってあるから。…アマレットにも罰ゲームで言われたしねェ、「一人も零さずに全員で帰ってくること」って。破るわけには行かないなァ(肩を竦めて)
        そういう意図も多少はありましたねェ、楽しめるときに楽しまないと。英気養って、ファミリー楽しい、頑張ろうって気持ちでみんなで行ければいいと思ってますよ。
        ……マジ?(ハムねぇのお陰だったのか…)…あっはい。ここだけの話。……ありがとうございました……!(熱のこもったお辞儀)
        …ま、相棒ですからねェ。バレますよねェ。…(あっやめろ。照れる)…く。可愛いかよ…(心停止しそうになって胸を押さえて)
        …どうしよ。色々年頃の男子それなりに遊んでたけど真剣に一人に夢中になるって初めての経験で。若干自分の動揺に戸惑ってるところあるんですよ。……なんか恥ずかし。(手で口元を覆ってううむ、と)
        -- 2018-12-04 (火) 22:39:31
      • ふふふー…やるねぇ、実に幹部らしい顔してるよ。キミの言う100%、期待できそうだねェ。ボクが行けないのが残念で仕方ないさ〜(わざとらしく肩を竦めた)
        そしてアマレットがキミに何をリクエストしたのか気になってたけど…あの子もしっかりしてる、いい子だ…
        ちょっ、ハローくんいやそんななんでお礼を!?背中すら押して無いと言うか後ろから団扇であった程度だよ!というかいくらゆるいからって準構成員にモロに頭下げちゃダメよ!(あわわわわわ)
        カワイイだよめっちゃかわいい。恥ずかしがる必要ないし、それに誰か一人にムチュウになれるってのは素晴らしいことに違いないって、人間のそーいうとこボクは羨ましく思うよ
        …それに外野から見てる分は本当に楽しい(サムズアップ) -- ハムレット 2018-12-04 (火) 22:52:28
      • …一応、こっちにも映像送る予定なんで。声も届けられるように電波調整しますから、よければ。…血を見ることにはなりますが。
        アマレットは…本当にいい子です。守りたくなるよねぇ…ま、二人も心強いナイトがいるから俺の出番はなさそうだけど。それでもね。(にへっと笑って)
        見たかった。(雑に真意を伝える)…見たかったんですよ!カラン君の水着を!でも俺から口火を切るのが恥ずかしかった…!(熱弁して…ふぅ。)…ああいや普通に俺、自分の部下にすら頭下げますけどね。お礼なら。
        …そうですかねぇ(人間のそういうところ。…少し心に引っかかった。これだけ人間味あふれるハムレットだが…)…(やめとこ。今は振れる話題じゃない)
        ……そういうところ。なんかサイカに似てるよねハムねぇは…。まぁいいんですけど。その程度でぶれる絆でもないもんねェ。
        -- 2018-12-04 (火) 22:56:26
      • 上等、人一倍血は見てるつもりでね。ぶっちゃけファミリーの血でなけりゃー良いんだよー…って医療用が言う台詞じゃないなコレ
        そのナイト二人も相当の腕前と来たもので。いやあの子だからこそ…守りたくなる子だからこそ、二人が頼もしいねぇ…
        キミの熱意が十分に伝わったッ!なにはともあれイロイロな因果が巡ってカランの水着が見れた、それで万々歳だナ!(ぐっ)
        いやー…行動は似てるけどサイカちゃんとは中身は別物じゃないかな…あっちは好奇心で覗き込むうら若き乙女でしょ?こっちはデバガメする50近くのオバチャンなんだぞ!一緒にしちゃダメだー!
        …というところで話したいことも話せたしボクは持ち場に戻ります。…頑張ってねハローくん、あっちもこっちも(目配せ) -- ハムレット 2018-12-04 (火) 23:11:56
      • …まぁその辺は俺も同意なところはある。血を見せに行く側ですしねェ。他の生物に敬意を払えない生き物を駆逐してくるだけですよ。
        (同意するようにうなづいて)…過去に色々あるからこそ。あの3人の絆は固いもんだって俺も思いますよ。……ああ、うん。はい。(にへっ)やっぱ好きな子の水着は見たいですから。
        将来的にはサイカはそうなりそうなところあるなって…その前に誰か貰って……貰い手…(あれ。誰も思い当たらない)……(…白羽の矢が刺さる恐怖におびえる)
        はい、ハムねぇもお疲れ様。…ええ、まぁ色々と。頑張るのは得意ですからねェー(笑顔で見送った)
        -- 2018-12-05 (水) 20:11:49
  •   -- 2018-12-04 (火) 19:34:59
  •   -- 2018-12-04 (火) 19:34:57
  •   -- 2018-12-04 (火) 19:34:54
  • (道端で猫に猫じゃらしふりふり) -- 2018-12-03 (月) 20:01:38
    • にゃーん、にゃんにゃーん(狼が寄ってきた!ぬこをモフりに) -- レアンドロ 2018-12-03 (月) 20:57:35
      • モフる側なのか…(レアンドロにも猫じゃらしふりふり)ハロー、どうも。…あんまり海水浴場じゃ見かけなかったな。時間合わなかったか?
        水着は見たけど…ええと…なんだ。いいのかあれで(何と言うべきか悩んでの言葉)
        -- 2018-12-03 (月) 21:01:01
      • (そっとぬこをモフったあと、猫じゃらしをてしてし)はろーっ、ハローにーちゃん!うん、人が多くてなんか酔っちゃった
        フェルにーちゃんがやらないなら、ボクがやるしかないんだよ…(使命感に満ちた目で)…でも男磨きはするつもりだし! -- レアンドロ 2018-12-03 (月) 21:04:48
      • あー、悪いな。その辺まで頭回らなくて。ワイワイ楽しめる場は作ったんだけど…次からちょっと考慮に入れるわ。VIP席作るか…(レースの時はそれでうまくいったので)
        フェルモはああいうナリだけど普通に雄だからなァ。でもメイド服は正直似合ってた(頷く)…お、磨いてる?いいことだねェ。
        将来は間違いなく美形になるだろうから、目指せ100人切りって所だねェ。でも切るのはいいけど不義理だけはしない様に気を付けるんだぞ。女は怖いぞ(過去を懐かしむような眼で)
        -- 2018-12-03 (月) 21:08:46
      • んぇ?そこまで気にしないでいいよーっ、みんなが楽しめてれば別に問題なーし!水着見るだけでも楽しかったし
        何だかんだでスカートの下に武器仕込んだり、適応してたねー(思い出しながら)フェルにーちゃんに教えてもらう予定で、まだ進んではいないけどねっ
        えぇー、大事な人が一人いれば、それで十分だと思うっ!不義理ー…?義理じゃない、本命…!?(なんか違う思考) -- レアンドロ 2018-12-03 (月) 21:16:15
      • そか。悪ィな(にへっと笑って)実際有用性を見出すあたりにフェルモらしさを見たよ俺も。変装して潜入するって言ってたけど…割と自分の武器自覚してるよな…。
        フェルモはそういうところしっかり教えてくれるだろうさ(自分と同じナンパな部分は知っているので)…大事な人、一人か。確かにそれはそうなんだけどねェー…火遊びをしたくなる時もある。でも、誰かひとりと愛し合うのも大切かもね。その辺はレアンドロ次第だな。
        ちなみに不義理ってのは特に恋愛感情も好意的な者もなくヤッたら終わりでその後は知らないっていう肉体だけが目的の男のそれな(雑に説明)そういうのは駄目だぞ。一夜の関係でもちゃんと信頼関係を築いて…築いてないと後がひどいからねェ…
        -- 2018-12-03 (月) 21:20:01
      • まず、そんなに何人もとお付き合いー、なんてボク無理だし…お友達とは違うってことぐらいわかるから(それなりに責任重大な関係、とは認識してるようで)
        むむぅ、交尾だけが目的って、そりゃ恨まれるでしょー ああいうのは、する前とか最中よりもー、終わったあとが大事!(持論を語ったあとではっとして赤くなり)…って、ににににーちゃんが言ってた!(言ってない)
        そういえば、ハローにーちゃんは海でナンパするぞー!って意気込んでたけど、成果のほどはどーだったー? -- レアンドロ 2018-12-03 (月) 21:30:22
      • …そう、その辺若い頃の俺は認識が甘くてねェー…色々ね。色々あった。……(あっこいつヤってんなって顔)…むしろやった後のベッドの上が本戦だねェ。
        んー?そりゃー…(指折り数えて…往復しだした…あっ両手使い始めた)……それなりに女性とは楽しく話せたよ。仕事で忙しくて関係とかって話じゃないけど。飲み物飲んだり一緒に泳いだり…
        ……まぁ。それこそ夏の一時の思い出ってやつで。その後もずっと、みたいな想い出は…(空を仰ぎ見て)…1つか2つくらいだ。
        -- 2018-12-03 (月) 21:37:29
      • この前言ってた取り返しのつかないっていうやつ…かなー(それ以上深くは聞かずにおいた)眠くなるまでお話したりー、いちゃいちゃしたりー…そ、そーゆーのに憧れるってゆーか
        え、えぇっ…まだ増える!よくそんなに声かける勇気あるよねー…ファミリーの誰かとは遊んでないのー?
        おぉー、そんなにいい思い出できたんだっ?それにしては、ウキウキしてる感ないよー…やっぱりお疲れなのー?(自分だったら浮かれるだろうところなので、心配そうに) -- レアンドロ 2018-12-03 (月) 21:49:31
      • …いやごめんあれとは全然違う話!単純に女の人に不義理して殺されかけたって言う恥ずかしい過去で!取り返しはついたよ!つかないってのはもっと過去、ファミリーになる前の話。(流石に一緒にされちゃ溜らんと)
        そう、お話とか。二回戦とか。決して出したら疲れたから寝ちゃお―なんてしちゃだめだ。女性より後に寝るのは基本マナーと覚えておくとよいよいよい…(エコー)
        …いや、俺として普通に暑いから大丈夫?って感じだったんだけどね。実際忙しくて本腰入れてナンパしてなかったところはあるが…(その結果の↑のタラシスマイル)いや?もちろん遊んだよ?二人ほどお姫様抱っこしたりした。(酔いつぶれたのを女子部屋に送る際に)
        …んー?ウキウキっていうより、そうだな…落ち着くっていうか、頼れるって言うか。そんな気持ちは湧いてるよ。(ふっと笑って)いろんな形があるからね、男と女の関係ってのは。
        -- 2018-12-03 (月) 21:53:29
      • さらっと怖い話するのやめよう!(シャレにならない話だったので恐怖しつつ)あー、そっちは全然別物だったね…さすがにファミリー入りする前のことって、みんなあまり話さないよね、そういえば
        一緒にお風呂とかもいいよねっ うぅー…群れのメスを守るのもオスの務め、がんばって起きてられるよーに…(ぐぬぬ)
        お姫様抱っこは、ちょーっと憧れるとこあるけど 今のボクには無理かな…変身でもしないとっ(いいなー、って顔で)
        テンション上がりまくる!ってわけでもないけど、満足感はある…っていうような?やっぱり、オトナの世界はむずかしい……(わからん…って顔になった) -- レアンドロ 2018-12-03 (月) 22:01:55
      • 実際あれで女性の怖さを学んだところはあった(顔面蒼白)…まぁね。この街でファミリーになるってことは、何かしら過去に傷を持ってる人もいるし。自分がそうであれば相手にあまり聞かないのも道理かなって。(自分もそうであるから)
        ああ、風呂はいいね…とにかく事後は肌を擦り合わせられれば好印象。逆にそういうの嫌がられたら実はってパターン多いイメージ。一人前の雄になるため頑張るのだー(でも群れって…複数対象だよなァと。将来期待のタラシだなこいつって顔)
        ははは。身長を高めて鍛えたまえよレアンドロ。…まぁ、よかったかっていうと…(密着したアマレットとラリィの感触を思い出せど。酔っぱらいに絡まれた苦労のほうが大きい)…いろいろだな。(遠い目)
        …満足感ってんじゃ相手に失礼。安心感、っていうか…なんだろ。その人にだけ零せるものってあるよねェ(あえて難解な言い回しで。…なかなかわからんだろう、俺のこの気持ちは)…大人は色々あるよ。それが楽しくもあり、辛くもあり、だな。
        -- 2018-12-03 (月) 22:06:57
      • 同じ傷でも持ってない限りは、ってことかなー…(先日のハローとの出来事を思い出し)傷そのものを隠しちゃうから、それさえわかんないよね…実際ー。
        くっつくのは好きー、ぎゅーってしたり…すりすりしたり…(かわりに猫を抱っこしたら嫌がられてしょんぼりする)
        背が伸びるにはどーしたらいいのさっ、教えてっ!(ぴょこぴょこ)あ、あれー?なんか微妙な反応…
        秘密を打ち明けられる関係ー…?ちょっとピンとこないけど、ハローにーちゃんにとっていい思い出ができたのなら、それでおっけー!(うまく纏められたぞ!って顔をして)
        そのうちボクもそーゆー話に混ざって、思わせぶりなことを言えるよーになってやるんだー…にししし。それじゃ、ボクはそろそろお仕事いってくるね!
        最近フェルにーちゃんと交代で張り込みしてるから、一人の時は退屈でさ…ハローにーちゃんと話せてよかった!(猫をそっと離して駆け出していった) -- レアンドロ 2018-12-03 (月) 22:18:25
      • そういうことだ。…ま、それでも零したくなるような相手はいるけどな。信頼できる相方が欲しいなら、そういうのは全部話しとくといい。お互いにそれを知ってるっていう絆になる。
        わかる…(深く頷く)なんで女性はあんなに柔らかいのか…生命の神秘だな…(こちらはタバコ吸ってるくせになぜか猫にも懐かれるタイプ)にゃーん。
        んー。……牛乳を飲む?(首をかしげて)なんだろ、俺ほっといたら大きくなったからなァ…月日が解決してくれるだろ。多分。………お酒とはうまく付き合えよ…(切ない表情)
        ……上手くまとめたけど、まぁ概ねそんなところ。(レアンドロの能力は…貴重だ。出来る限り隠し通したい…胸に去来する罪悪感)そういうの、妙に言いたくなる時期があってな…レアンドロもそろそろか…(人それを中二病という!)
        おうよ、頑張ってくれ。フェルモにもよろしくな…一人が退屈だって思えるようになれば、それは成長さ。またねェ(にへっと笑って見送り。自分も自分の仕事のため、歩き出した)
        -- 2018-12-03 (月) 22:23:57
  •   -- 2018-12-03 (月) 20:01:22
  •   -- 2018-12-03 (月) 20:01:19
  • (キャンプファイアーの中心から離れたところにいるハローに、話しかける)
    どうしたの? ハロー君。(にっこり笑って)隣、座っていい? -- カランドリエ水着 2018-12-02 (日) 20:59:47
    • (タバコも吸わず、人の輪から離れた場所で座って眺めているところに)…ん。カラン君か。ハロー、どうも。(声をかけられた その方向に向くと、笑顔が見えた)…最近、よく笑顔が見れて嬉しいねェ。
      (こちらも笑顔を作って)どうぞ。んー…いや。とりあえずみんなが楽しめてるようでよかったなァって。幹事として嬉しい限り、って所かな。
      あとは……(ふぅ、と軽いため息)……まぁ、ちょっと疲れがたまってんのかな、って所。(彼にしては珍しい言葉が漏れた)
      -- ハロー水着 2018-12-02 (日) 21:09:14
      • はろーはろー。笑顔、練習したからね。(隣に座って)
        ……疲れが? 大丈夫? ちゃんと休んでる……?(顔を向けて)最近、動きっぱなしだし。
        それとも……何か疲れるような事情があったりするのかな。(遠くの喧騒を眺めながら) -- カランドリエ水着 2018-12-02 (日) 21:15:34
      • …肉体的な疲れ、って意味じゃないんだ。(零す。カランドリエを相棒として信頼しているからこそ…もう隠し事はしないと、前に誓った 誓ってくれたからこそ)
        なんていうかな…色々、隠し事を持ったままこうしてみんなのために、なんて言って仕事してるのに、罪悪感がね。…こんな思考になるあたり、疲れてるんだろうなって話さ。
        (遠目に見るファミリーたち。楽しそうな顔で…その一助に自分がなれていればそれでいい。それでいいのだが)…みんなの力を勝手に借りて。…皆のお陰で幹部になって。んで慕ってくれてる人も多い。…なんかね、罪悪感。…異能の反動ってわけでもないのにね。
        -- 2018-12-02 (日) 21:19:09
      • そっか……(夜空を見上げる)君は背負ってるんだね。色んなものを。
        そのせいで、肩が凝って。疲れて。弱って。でもそれを表に出さずにいる。
        たまにはいいんじゃないかな……弱音をこぼしたって。私にくらいは……私にだって、あるしね。色んな言いたいこと。 -- カランドリエ水着 2018-12-02 (日) 21:24:48
      • …表に出せないのが、当たり前だって思ってたからね。少なくとも幹部はそうなんだって…けど、まぁ。少し疲れた。だからカラン君に零してる(雑な男だよねェ、と。苦笑を零して)
        …いいかな。そうなると、俺も一つ零したいことがあってね。……お互いに言い合おうか。せっかくだ。夏の過ちで勢いで零しちゃおう。…どっちから先に言おうか?(なんだかおかしくなって、笑顔を見せて)
        -- 2018-12-02 (日) 21:27:31
      • 幹部だからとか、マフィアだからとか。四角四面に考えすぎるところがあるのかもね……私も人のこと言えないか。
        いいね、夏の過ち。(その言葉の意味をかみ締めるように言葉を紡ぐ)夏の勢い。
        それじゃ、ハロー君からどうぞ。先手はくれてやる、ってやつ。(可笑しそうに笑って) -- カランドリエ水着 2018-12-02 (日) 21:33:38
      • 肩肘を張りたくない、って普段から思ってるはずなんだけどね。でも気づいたら自分の地位を自覚してる…悪い事じゃないかもだけど、いいことでもないなァ。…もし俺がおかしかったら。指摘してね、カラン君。今日みたいに。俺も指摘するから(コンビだからね、と)
        いいよね。こういうノリが実は俺大好き。(お互いに微笑みあえば)…そう?それじゃあ先に行くか。先に言っておくけど…今までと、同じでいいからね(不思議な前置きをして、そして)
        実は俺、ボスの子なんだよね。(唐突にそんなことを)…直系でねェ。入団したときの血液検査で分かったけど…ボスと俺と、それを見たヒザキの旦那しか把握してない事実。
        ほら、俺の異能って人に知られたら基本的にまずいじゃん?だから隠してた…ま、俺もそれで色眼鏡を使ってもらうことを良しとしてなかったしね(遠い目…過去を思い返すような)
        …でも時々不意に、誰かに零したくなってね。…今がそれってわけだ。………びっくりした?(にへっと笑って)
        -- 2018-12-02 (日) 21:37:15
      • もちろん、コンビだからね。(人差し指を振って)お互いの欠点に気付かせてくれるのも、いい関係の一つさ。
        ……びっくりした。(相手の言葉に素直にそう言って)今までと同じでいいって前置きがなかったら。
        「今までの非礼をお詫びいたします、ハローお坊ちゃま」って冗談で言ってたかもねー。(芝居がかった口調で言って)
        ……私の弱音っていうか……弱みっていうか。(キャンプファイアーを目を細めてみながら)ちょっとだけ記憶を思い出したよ。
        大勢の男の人から私と知らない女の子が手をつないで逃げてて。そのあまりの嫌悪感に全身が凍りつくような……(ぶるっと身震いをして)
        ちょっと……寒いな…(膝を抱えて) -- カランドリエ水着 2018-12-02 (日) 21:47:52
      • 絶対にそう言われると思ったからねェ。…今まで通りでいいからね。ただ、知っててくれるってだけで…助かる(吐き出してから…自分でも。驚くほど気持ちが楽になった)
        (さて。今度はこちらの番か)…聞くよ。前にも、少し言ってたよね(過去の記憶…彼女のそれ。断片的なものを聞く)
        (逃げて…嫌悪感、知らない女の子…?…何かから逃げるような、その過去)…カラン君…(身震いをする様子を見て、自分の羽織るパーカーを…脱ぐのは、やめた)
        (その代りに、隣に座るカランドリエの肩に手を回し。ぐい、と引き寄せて体を密着させる)…怖かったんだね。自分の記憶。…でも、今は俺がいる…俺が聞けるし、何かあれば助けるよ。
        (耳元で囁くように、通る声で)……だから…怖かったら。俺にいつでも、零してくれていい。…俺も、カラン君に零すから。
        -- 2018-12-02 (日) 21:53:19
      • (抱き寄せられると、体重を彼に預けるようにもたれかかって)
        ありがとう、ハロー君……すっごく、あったかいよ…今まで、こんなに安心したことなんて、ないかも知れない。
        (このまま、美しいまま時間が止まって。全部何もかも良かった、で終わってもいいのに)
        (薄く目を開けると、幼い自分の幻影が泣きながら私を指差して睨んだ)
        (今だけは過去に追いつかれたくなくて、見なかったフリをして)
        ねえ、ハロー君。楽しかったよ、海。(花火が始まると、その音に紛れるように自分の幻影は消え去っていた) -- カランドリエ水着 2018-12-02 (日) 22:05:25
      • …(それは、悲しい言葉の様にハローには感じられた。今まで、それほどに安心を与えられたことが無いとすれば… …やっぱり、似た者同士なのかな)
        (しばらく静かな二人だけの時間が流れる。きっと、お互いに心の中の空虚があって、それをお互いで紛らわしているような…奇妙な関係だが。それでも、俺にこの人を失う選択肢はないな、と。改めて思った)
        (花火の音に、ふと思考の坩堝から現実に引き戻された)…ああ、俺も。楽しかったよ(横目に、カランに向けてふっと微笑んで)…ねぇカラン君。(最後に、ひとつ我儘)
        ……キスしていい?
        -- 2018-12-02 (日) 22:11:16
      • いいよ。だけど、唇以外はダメ。(顔を上げて、花火が消えるよりも遅く、波よりは早く目を閉じた) -- カランドリエ水着 2018-12-02 (日) 22:16:16
      • …言われるまでもなく。(そっと頬に手を添えて。花火に照らされるカランドリエの、瞳を閉じた様子の唇に。想いを込めて唇を重ねた)
        ……(重ね合わせるだけのそれだが、温かい想いが胸に広がる しばらくしてから離して。…優しい表情を作る。花火に照らされ、逆光になったそれは穏やかな微笑みを浮かべていた)…これからもよろしくねェ。カラン君。
        -- 2018-12-02 (日) 22:22:45
      • うん、よろしくねハロー君。(赤くなった頬を両手で押さえて)
        そ、それじゃ私、飲み物取ってくるから。(立ち上がって)ま、また次の記念日に…なんて?(明らかに照れながら小走りにその場を離れていった) -- カランドリエ水着 2018-12-02 (日) 22:29:48
      • ああ。また、次の記念日に。(照れる様子を眺めて…またねェ。とカランドリエを見送れば)
        ……(弱音をお互いに零した。受け入れてくれた。弱音を見せてくれた。…照れ姿)………夢中になりそう(ひとり呟いて。砂浜に横になり、夜空に浮かぶ花火を見上げた)
        -- 2018-12-02 (日) 22:33:44
  • 息抜きは大切だよねェ(水着準備してイベントに備える) -- ハロー水着 2018-12-01 (土) 20:51:07
  •   -- 2018-12-01 (土) 20:50:47
  •   -- 2018-12-01 (土) 20:50:45
  • どうせなら使ってみようとロケ表ころころ -- ケーネ 2018-11-29 (木) 21:57:39
    • (そんな時に限って自由と来たもんだ・・・町で見かけたハローに声を掛けるロン毛)こんちわっすハローさん
      いやはや外に出ると変な語尾が付かなくて安心できるっすよぉ・・・因みにハローさんの罰ゲームってなんだったんすか? -- ケーネ 2018-11-29 (木) 21:59:26
      • おー。ハロー、どうも。…可愛いねェ、その髪型(どうしたの?でも誰?でもなく自然と誉め言葉が零れる辺り筋金入りの頭おハロー!)
        んー?俺?マートの姐さんからは海水浴のイベントの企画運営を一手に任されて、バターちゃんは明日休んでってお願いで、アマレットからは…今度の討伐部隊、一人も欠かさずみんなで帰ってくるように。
        …いやァ暖かくて涙が出るね。もしかして俺ってみんなに結構心配されてるのかなァー。…ケーネはどう思う?
        -- 2018-11-29 (木) 22:01:39
      • か、可愛いとかやめて欲しいんすけど・・・(躊躇いがちに、でもどこか楽しそうにくるんっと回って見せる)アマレットの姉貴による罰ゲームっす、今日だけのレアもんっすよー
        海水浴はー・・はい、おつかれさまっす・・・でもあとの二人はなんか罰ゲームっていうより激励とかそんな感じっすねぇ
        (どう思うと聞かれれば)うーん・・・ピーナッツバターはああいう子っすからね、心配というよりは奉仕精神って奴でしょうっすねぇ・・ただそれを罰ゲームにするって思うと、割と遠慮してたりするんすかねアイツ・・・アマレットの姉貴の方はまず間違いなく心配されてる感じっすね
        実際、何かあればその裏にはハローありって感じになってやすし、働きっぷりを知ってれば誰だって心配すると思うっすよ(うんうん) -- ケーネ 2018-11-29 (木) 22:22:36
      • ほぅ。アマレット…やるねェ。普段の短いのも活発な感じがして好きだけど、長い髪も女性らしさが出ていいねェ。いいもん見れた。今日はラッキーな一日かな?(にへっと笑う)
        多分マートの姐さんも悪気一切ないお願い、みたいな感じだろうしねェ。どんな仕事でもOKするのがハロー君を幹部としてる所以だよ。…もう準備終わってるしね(しれっと)
        あァ確かに…バターちゃんは誰にでも、何かしてあげたいって思ってるのかもねェ。…明日休みとって!って言われた後、でも忙しいのもわかるけど大丈夫?って聞いてくれたから…大人だよね。あの子。
        アマレットは…あァー…うーん。個人的には信頼してくれてるからこその、って感じもあるかなァ(券を使ったときの様子を思いだして)…アマレット、時々考えすぎるきらいもあるから。心配はさせたくないところだけどね。
        最近マジで仕事しすぎかなァって思ってるところはあるんだよねェ。他の幹部や組員の仕事奪ってない?って。だから俺が管理してみんなに意識して振ってるところはある…(幹部の中でもさらに顔が売れてきている)
        -- 2018-11-29 (木) 22:27:03
      • (長い髪にさらりと触れて)まぁ・・長くする気持ちは今まで理解できなかったっすけど・・これはこれでいいモンっすね
        はっや・・・くもないか・・むしろもう終わってないと間に合わないっすもんね(そりゃそうかと)
        ・・・そこは寧ろそんな小さな子にも心配されてる現状について考えるべきっすよ(ジト目)
        そうなんすか?信頼してても心配はしそうなもんっすけど・・・(寧ろそれなら券を使う必要すらないのではと)
        心配なんてしてされて当たり前のもんっすよ、されない方がむしろ寂しくなるし、された分応えるだけだし、いくら忙しくても自分に置き換えたら心配しないなんて事ないっしょ?
        仕事奪って自分名義で割り振って名前を売るんすね、わかるっす・・・他の幹部から恨み買いまくって政争負けましたなんてやめてくださいっすよ? -- ケーネ 2018-11-29 (木) 22:58:28
      • 手入れは大変だとは思うけど、女性らしいところだよなその辺。…とはいってもウチのファミリーは髪が長い男性も多いけど。ウィッグかな?またたまにはつけてみたら?
        これまでに幹事やった経験からか人脈めっちゃ広がったところある。多分やろうとすれば個人的な旅行ならタダでやれる気がするよねェ。これが幹部になるって事か…
        …やっぱり?(にへっと笑って)心配はそりゃするだろうけどねェ。あの子なりの気の使い方だと思う。もっと面白いことに使ってもよかっただろうにねェー(肩を竦めて)
        ……してされて当たり前、か(いいことを言う。確かに自分も常に心配してる…いろんな人を。その分、罪悪感も生まれるところはあるが)…ま。その辺は俺だからね(苦笑でごまかした)
        いや?仕事お願いしたときのアガリや成果は全部その相手名義でやるだろ普通…むしろ俺の名前で完遂されてる仕事は最近ほとんどないんじゃねーかなァ(なので口コミのみで人気を獲得している幹部)いいのいいの。競争なんてするもんじゃないんだから。俺は俺だよ(屈託ない笑みを浮かべる)
        -- 2018-11-30 (金) 21:42:42
      • 一応アマレットの姉貴からの借りモンっすからね・・・自分で買うのは・・うぅん・・(まるで長い髪に憧れているみたいでそれは否定したい複雑な心境)
        にひひ・・タダの旅行は憧れる所っすけど・・・なんだか方々に悪いっすねぇ
        (まぁ結局あの券をどのように使うかは彼女たちの判断である・・・つまり)好意って事で素直に受け取っておく位でいいんでしょうねぇ
        だとしても、色々世話されたとは思うでしょうねぇ・・まともなプライドがあれば
        (肩をすくめて)もしいつか幹部から降ろされる事があったとしても、ハローさんはハローさんって分かるからオレもちょっと安心するっす
        まぁただの例えなんで、実際はそんな事ないでしょうっ不吉な事はここまでって事で、海、楽しみにしてるっすよー
        (で、帰ろうとしたが・・・不意に思い出したように)そだっ・・・吸血鬼退治の2件の方はどうっすか?そっちも順調っすか? -- ケーネ 2018-12-01 (土) 01:29:16
      • アマレットがなんで長髪の黒ウィッグを常備してたのかそっちが俺は気になる所かなァ。…変装でもするのだろうか…?
        悪いって言うよりは…何だろうね、広告打ったり口コミで広げたりっていうwinwin関係を築くことで安くする術を覚えた感じだよ。権力振りかざして安くしたりはしてないから安心してねェ。
        そういうこと。ありがたいと心から思ってるよ。ファミリーは温かいよねェ。俺この暖かさが大好き。(ふっと笑みを浮かべて)
        そゆこと。どの立場にいるか、じゃなくて何してるか、で見てもらえるように日々心掛けてるところはあるよねェー。椅子に胡坐書いて座ってられる性格でもないし。
        おー、俺も楽しみにしてるぞー…主に水着を(にへっと笑って…見送る前。最後の質問には)…ハロー君だよ?任せて。万全の準備は整えてる…し、この町に巣食ってるのはもう灰になったから。
        -- 2018-12-01 (土) 16:21:41
      • (ウィッグに触れる、確かに彼女の髪は金だ)それは確かに・・・返す時にでも聞いてみるっすよ
        (「主に水着を」にはちょっと恥ずかし気に、されど強気にへっと笑って)笑ったらただじゃおかねぇですよ?
        あらら、もう殺っちまってたっすか(そいつぁ知りませんでとちょっとバツが悪そうにしつつ)了解っすっそれでは(と改めて礼をして帰っていった) -- ケーネ 2018-12-01 (土) 20:23:59
      • 全裸でもない限り笑うことはあり得ないんで安心してねェ。(にへっと笑って)
        しょうがない、あれは作戦で秘密裏にやってたところはあるしねェ。後で報告書挙げるよ。またねェ(手をひらひらして見送った)
        -- 2018-12-01 (土) 20:25:26
  • おハロー!ティアナだよー♡という訳でごきげんようハローさん。
    お忙しい所すみません、お時間取らせないのでちょっと相談があるのですが。 -- ティアナ 2018-11-29 (木) 20:53:35
    • …ハロー、どうも。…えっ?(何その挨拶…って顔)ああ、いや。最近はすごし急がしくなくなったから大丈夫だよ。
      で、俺にする相談ってなると…なんだろ。聖水の準備の件とか、銀の祝福が出来るようになったとか?
      -- 2018-11-29 (木) 21:03:36
      • ちょっと見かけた挨拶を真似てみました、ちょっと意外性狙ってみたんですけれど。
        あ、聖水は湧いてる泉から好きなだけ持っていって下さい。祝福は………(顔を背けて)もう銀を粉にして聖水と土と一緒に混ぜて泥団子とかでいいんじゃないですかね…
        (気を取り直して)まあ、本題は水着の方なんですけど。…実は水着、どんな物が良いのかイマイチピンと来なくってですね。 -- ティアナ 2018-11-29 (木) 21:11:14
      • 見かけた…?おハローなんて頭おハローな挨拶を使ってる人見たことない。俺だって普段は「ハロー、どうも」なのに。…俺のファンかな?(首をかしげて)
        知ってる。でも枯らすわけには行かないし程々に貰ってくね。…ああ、実は祝福は別の当てができたんで大丈夫だったりするんだよねェ。ジェローム君とこのシスターが用意してくれたよ(悪気なくにへっと)
        え。(雑な声が漏れた)…(なんだ?俺にどんな水着がいいか聞くのがトレンドなのか?でもサイカと違って何がいいかで、どんな水着見たいかじゃないし…うん?モテ期?いや落ち着け)
        …えぇと。それは俺に選んでほしいとかそういう?それとも俺の好みの水着を参考までに聞いておきたいって感じなのかなァ?
        -- 2018-11-29 (木) 21:18:14
      • その辺りは…友情と、約束があるのでお話できませんね…。(ともかくそんな風な人物が居たという話だ)
        いっそ水道くらいの気軽さだったら持ってくのに気兼ねしないかなとも思ったんですけどね。あー…ジェロームさんの所の、やっぱり本職のシスターは違いますねぇ(うんうんと頷く一応シスター、特殊な力は持ってないという話だ)
        んー…後者のつもりで聞いたんですけど、別に前者なら前者でハローさんに選んで貰ったら嬉しいですね。…何せ下着なら自信あるんですけど、水着はちょっと専門外なもので。 -- ティアナ 2018-11-29 (木) 21:24:14
      • えっ?サイカ?(友情。そういうこと言う頭おハローな奴。で推理した結果の回答)
        いや、気兼ねなく200リットルくらいはもらってく予定はある。今度一気に使う予定があるからねェー。…まぁ、流石にあの人は元異端審問の人だから。凄い知識量だよ。
        うわ凄い悩ましい回答来たなァ。んー、そうだねェ…(まず脳内でティアナを裸にした。これに似合う色の水着か…んー。どこが特徴かって言ったらやっぱり下着なんだなァ。と全裸にして今更思う)
        (となるとビキニ系は見飽きてる感じがある…ああ。むしろ隠させるか…水着だし隠すの躊躇わないかも)…えーと。脚を隠すパレオタイプの水着とかどうだろ。色は黒系か水色系か…(修道服に合わせて)
        -- 2018-11-29 (木) 21:28:13
      • にゃん♡(否定とも肯定とも言わない返事でごまかす)
        ちなみに今風にウォーターサーバーみたいな感じにしようか、位まで考えてたんですけどね聖水。基本農業にしか使ってませんしそれくらいじゃ枯れませんから(どうぞどうぞと)…シアさんは何でも出来ますねぇ、師匠も大概だと思ってましたけれども。
        (全裸になると逆に違和感しか生じなくなる辺り本体はパンツなのかもしれない…パンツ=ティアナの図式が成り立つ場合、今はティアナを穿いている…そんな連想が…起こる訳無く)
        …脚を隠すパレオですか、黒か水色の…。(とりあえず頭で考えて見て、どんな姿になるか考えてみる)…参考にさせてもらいましょう!ちなみにハローさんはどんなのを予定してますか。やっぱり黒のブーメラン…? -- ティアナ 2018-11-29 (木) 21:37:41
      • 可愛い。(雑に感想を述べた)…いや。基本的に飲む用途で使わないところあるから大丈夫かなって…。農作物すごいねそれ吸血鬼に食べさせてみたいなァ(こわっ。食べるの躊躇うなァと内心)…修道女は基本的にどっかすごいのかもしれない。シスターもね。
        (やはり纏いを脱ぎ捨てて自らをさらけ出すことから水着は始まる。故にパンツという個性を捨てるところから始めるのは何となく納得のいく道理だった)
        いいの?楽しみィー(にへっと笑って)…え?いや俺は普通に赤いファイヤーパターンの水着に朱色のパーカー。トマトカラーで染めるのに最近凝っててねェ。
        -- 2018-11-29 (木) 21:41:09
      • (誤魔化せたと内心ガッツポ)ちゃんと後で食べてくれるならそれはそれでいいと思いますけども。…時期がもう少し先ならトマトもいい感じで熟すんですけどねぇ。いやあ、私なんてまだまだ。精々腕っぷしが良い程度でしかないですよ(それはそれでどうなんだシスター)
        (逆に言えばパンツを覗くと個性が無いのではないか、とも思えるが…何となくそれでも埋没しそうにない様に思えたりする。)
        何となくイメージは固まって来ましたし…とりあえずもう少し検討してから購入してこようかなって思います。……わざわざ吸血鬼対策してるのにトマトカラーにしなくても、それとも対策してたから刷り込まれてマイブーム可してません? -- ティアナ 2018-11-29 (木) 21:49:42
      • 食べるという結果の上死ぬのはすべての生物がそうだから問題ないと思う。トマトいいよねェ。夏はトマトの季節。マルゲリータ食べたいなァ(腕っぷしと聞けば)…いや。サイカより強いって聞くけど。充分すげーと思うよ…?
        イメージ固まってきた?まぁでも最終的には自分が気に入ったの選べばいいと思うよォ。男の趣味に合わせるのは好きな相手にやるもんだからねェ(…言ってからなんか恥ずかしくなってきた。煙草吸お…)
        (煙をシスターに向けない様に気を配りつつ)…いや。全然吸血鬼と関係ないですが!ミオスちゃんに前に冬服来てた時に緑と赤でトマトカラーねー、って言われてから気に入ったってだけ。緑と赤って素敵じゃん?
        -- 2018-11-29 (木) 21:52:35
      • トマト、冷やしたり凍らせたり火を通したり、色んな料理に使えたりするのが万能ですねぇ…とは言え生はちょっと苦手という方も少なからずいるという。…そうですか?何と言えば良いのでしょうか…真っ当な勝ち方あんまりしてないんですよね。埋めるとか
        そうは言いますけども、一度考えすぎて変な発想に行き着いたので。(これなんですが、とカタログで九尺褌を見せながら)…相手の趣味に、そういう意味でならハローさんなら構わないんですけどね?(にへ、と笑って見せながらサラリと口にして)
        なるほど、それでトマトカラーを基調にする感じで。そういえばサイカさんレースの時に赤と緑がベース…白も挟まってましたけども。色合い的に丁度良いのかもしれないですね
        さてと、そろそろ水着実際に見に行って見ようと思います。(では、ごきげんようと告げてその場を後にする) -- ティアナ 2018-11-29 (木) 22:09:18
      • トマトいいよね。野菜の中で一番好きかもしれない。生でもジュースでも焼いても俺は好きだなァー。……いやいや。生きてるから勝ってるんだよ。手段は過程で結果が大切だと思うよ?(にへっと笑って)
        …シスターそういうところあるよね。割と悩みすぎるタイプって言うか(見せられた褌にえぇ…って顔)…可愛いんだからさ。普通に着飾ればいいのに(と頭おハロー発言をするもその後のカウンターに)…本気にしちゃうよ?(ふっと微笑む)
        サイカのあのセンスは正直見習いたいところがあった。おんなじカラーリングだからかなァ。色の趣味は割と近いような気がする…(黒とか赤とか。そういう)
        はい、行ってらっしゃい。イベントは楽しんでってねェ(またねェ、と返事をして見送った)
        -- 2018-11-29 (木) 22:14:54
  •   -- 2018-11-28 (水) 07:25:56
  •   -- 2018-11-28 (水) 07:25:53
  •   -- 2018-11-28 (水) 07:25:50
  • (ロケーションを用意されたならどうにでもなーあれ☆せざるを得ない。そういうきつねです) -- ジェローム 2018-11-27 (火) 20:33:05
    • ……あっ、ハロさんだ。オープンテラスでランチとかシャレオツなことしてますね(かなりのずっしり感を感じさせる紙袋抱えて声かけてきた。誰が?おれだ!) -- ジェローム 2018-11-27 (火) 20:34:46
      • ん。ハロー、どうも。たまには優雅な時間を味わってないと疲れるからねぇ(生ハムとモッツァレラチーズのサンドを食べてコーヒーを飲んでいる。煙草も吸ってリラックスモード)
        …ジェロームはなんだか重そうだねェ。どしたの、何それ?
        -- 2018-11-27 (火) 20:36:11
      • ハロさんいつも忙しそうにしてますもんねー。なんか今度の海水浴にも一枚どころか深剃り三枚刃くらい噛んでるとか?
        いや偉い人って大変っすねにししし(下っ端は気楽なもんだよ!) あ、これっすか?ふつーの買い出しっす。うちのガキ共はフォードより燃費悪いんでストックが欠かせなくて(ほら、と袋の上から見せてみる。食料品ばっかり)
        てかロケーションもそうだし食べるもんまでシャレオツっすねえ。これが幹部の貫禄……!! -- ジェローム 2018-11-27 (火) 20:46:03
      • ってか俺が主催だからな。なんなら前のレース大会もその前の抗争も昨年の忘年会も俺が幹事だからねェ。ついでに町全体の治安維持の仕事をすればこうもなるよ(にへっと笑って)
        俺の休みがないのは街が平和な証だねェー。…ああ、買い出しか。確かにあの人数だから大変だねェ。(苦笑を零して)
        そりゃね。いつ女性に見られても恥ずかしくない姿目指してる…ってのは冗談で。幹部があんまり雑な食事取れないのよ。外見も大切になる所はあるよねェ(窮屈だよねェ、とため息ついて)
        …しかしそんなに量が多いと大変だろう。よし、俺も持ってやるよ。(煙草を消して、食事を済ませて)紙袋一つ貸して。ついでにシアさんにも挨拶してこよ。弾丸の祝福でお世話になってるしねェ。
        -- 2018-11-27 (火) 20:55:14
      • なそにん。この目に優しい髪色の人働きすぎでは……?大丈夫?ドリンクいります?(紙袋から栄養ドリンク出てくる。ファイトが一発するやつだ!)
        街が平和でもハロさんの体が休まらなさすぎる!うちでもかなりギリギリまで受け入れてるんすけど世に孤児は尽きまじー、って。もっと規模広げたい、なんてみんな言ってますね
        まあファミリーのお膝元で幹部ともあろーお方がコンビーフの缶詰かじってたら「この組織大丈夫か?」なんて見られますもんね…あっ(支払い受け取るレジの女の子、ちょっと顔赤かった) …いやあ、勉強になるなあ(効果出てるな!)
        いやいやハロさんにこんな雑用させるわけにはッ!だいじょーぶなんでほんと!(開いてる手を振って固辞しようとするも) あぁ……いや、すんません(負けた。上司には勝てなかったよ…)
        最近のシアさんめっちゃ張り切ってますよ、院の仕事の合間に大鍋いっぱいに聖水作ったりしながらめっちゃにこにこしてるんす。きっとハロさん来たら喜ぶっすよ(なんて言いつつ孤児院に向けて歩き出す) -- ジェローム 2018-11-27 (火) 21:09:14
      • もう一人の目に優しい髪の色を働かせたくないからねェ。その分頑張ってるところはあるよ(肩を竦めて)お、サンキュ。大丈夫、子供たちと遊んでりゃ回復するし。…子供が涙を流す町にしたくないんだよ、俺は。
        コンビーフの缶詰か……かじりたくなるのは分かるけどねェー!!出来るのは家の中だけだわ(ははっと笑って。レジの女子にはウインク一つで落としておいた)
        そう。さっきは外見も大切にしてるって言ったけど、同じくらい皆がやる仕事から離れたくないんだ。自分の脚を使って、体使って仕事しないで命令だけするのは嫌いなんでねェ(よっこらせ、と背負う。重いものだが割と力強く)
        そうかい?本当に助かってるよォ、今度吸血鬼討伐部隊組む予定だからね…そこで使える武器が多けりゃ多いほど助かる。孤児院への出資以外にもお礼がしたいからねェ(にへっと笑って)…体で(頭おハロージョーク!)
        (そして孤児院)…よーっすガキども―。悪ガキしてるゥー?…あっやめろ。荷物をゆするんじゃない腰が折れるゥー!(わーわー、と取り巻く子供たちに笑顔を向ける)
        -- 2018-11-27 (火) 21:13:23
      • もうひとりのみどり……あー。あのひとが動くと本人含めえらいことになるとか…見たことはないんすけど(やだイケメン…と思いつつドリンク渡す。シア用のやつだけど一本くらいいいだろ)
        コショーなんか振ってやるとかじるだけでもわりとうまいんすよ。あの形がいかにもかじれと言わんばかりなのがわるい…(あっオチた。恐ろしいお人だわ……)
        オイオイオイ現場モンの心を忘れたくないとか幹部の鑑かよ…やめてくださいよ、おれまでさっきの女の子みたいになっちまうっすよ(グッと来まくってる。おれ直属の子分じゃないのに仕えたくなっちゃう!)
        もうそんなとこまで話進んでたのかー、武器ならこないだあの人が昔いた修道院からしこたま届いて\ハロやーーーーん!!!!/(院に着くなりガキ共が群れをなして飛びかかってきた!!)
        \ヒャッハー!相変わらずいい動きをしているね!/\ハローハロー!ハロげんきー!!/うわぁ、なんだかすごいことになってるぞ(止めない。ハロさんは人気ねー)「やめなさい!あとあんたは止めなさい!」(あっシアも出てきた)
        「なんだか起こしいただくたびあの子達叱ってハロー様に謝っている気が……すいません、毎度よく言って聞かせてるのですが、あの子達も嬉しさが抑えられないみたいで……」(申し訳なさそうに謝る。ほんと毎回こうなんだもん) -- ジェローム 2018-11-27 (火) 21:33:01
      • ……(ふっと笑って)いや。アイツの葛藤する姿を見たくないっていう、ただの俺の我儘(雑な口調で零した)……んまぁー(一気。飲み慣れてる様子だ)
        わかる。孤児のころよくやってた(孤児上がりなので)ほぐしてフライパンで焼くだけでもめっちゃ旨くなるよなァ。あー今夜コンビーフにしよ。仕事早く上がろ。
        まぁ俺がそういうのやりたいだけだからねェ(にへっと笑って)あ、武器の仕入れまでやってくれてんの?ありがたいなァー、町を守る方向で使ってほしいな。
        (ハローハロー、と楽しそうに子供の相手をする)あー、いいんですよシアさん。俺も楽しいからねェ。(にへっと笑って)…子供は宝です。元気な子供を育ててる、俺にとっちゃ尊敬の対象ですよ。
        よっしお前らー!ちょっとシアさんと大人の話したら俺が鬼で何でも遊んでやっからなァ!何で遊ぶか考えとけよォー(と子供たちを上手くやり過ごして)……仕事の話。手早く済ませちまいましょう?(苦笑して。ジェロームに荷物を預けて)
        ……祝福、ありがとうございました。相当量の銃弾が強化できましたよ。…聖水のほうって量の用意できましたかね?出来れば500リットル以上あればと計算してるんですが。
        -- 2018-11-27 (火) 21:40:38
      • ……へえぇー、あのヒトのためにわがままハロさん。なーるーほーどーなー(とてもにやにやしつつ納得したようなそぶり。脳内で邪推が進む!)
        あ、ハロさんも孤児だったんすか(知らなかった) 熱通すとグッとうまくなりますよねー、ショーユちょこっと垂らすのもまた…(こいつのはただの貧乏メシだ!下っ端だからね!)
        こないだ見てもらった通り、シアさんテンション上がるとめっこうめちゃくちゃやるんすよ…まー今回の場合はやりすぎて損はない感じなんで任せてますが
        \おっけーおーらい!腰の心配しとけよハロやん!/\わたくしはベッドの中でのお遊びでも…♥/(わちゃわちゃ去っていくガキ共) …なんかひとりやべーやついたな…(大丈夫かあいつ)
        「そう言っていただけるのは嬉しいのですが、やはりケジメはつけませんと…あとであの子達には『ほどほどに』言って聞かせますわ(にっこり)」
        「とんでもない!こちらこそ久しく儀式を行っていませんでしたから新鮮な気持ちでやらせて頂いて……500!?(そんなに!?)」
        「今出来ているのが200リットルくらいで…はい、ですがもう少しお待ちいただければ用意はできます。出来ている分だけでもお持ちしますか?」 -- ジェローム 2018-11-27 (火) 21:55:52
      • …やかまし。直系に気を遣うのの何が悪ィ。(けっとそっぽ向いて)ああ、孤児院上がり。その孤児院も今はなくなっちまったが…いい所だったよ。
        いいことだ。仕事に熱心な人は信頼が持てる(そんなこんなで子供の世話を焼く)…子供はマセるもんだからねェ。まぁ3年早いな。
        …しつけも大変ですよねェ。俺そういうの苦手ですから(苦笑を零して)ええ、500。…最低限の数字だと思ってます。一人も零さないためには…
        遠征だし、どこでどんだけの量を使うかわからない。最終的には1トンあれば。出来れば再来月までにお願いしたいところですが…(仕事になると無茶振りを。しかし、その人のできるギリギリのラインを要望していく。人を見る目は幹部にとって絶対条件だ)
        -- 2018-11-27 (火) 22:09:41
      • でーすーねェー、サイさんボスの直系っすからねェー。そーゆーことにしときますねうひひひ(うひひひ) それでうちの奴らにもよくしてくれたんすねー…あいつらも喜びますんで、またヒマな時にでも相手してやってくださいね
        3年経ってもやくざの情婦ルートには進めさせたくないなー……手ぇつける時は責任とってくださいよ?(まぁないだろうけどという信頼含めての軽口)
        「何年経っても子育てと体重は思い通りにいってくれないもので…日々勉強ですわ(苦笑に苦笑で返しつつ) ……なるほど。それだけの聖水をどう使われるかはわかりませんがそういうことなら…承りました。1000リットル1トン。「聖マルタの慈愛と安らぎ修道院」のメンツにかけましても!必ず!ご用意致しますわ!(ぐっ。昔所属してた修道院の名を使う…つまり本気ってことだ!)」
        「完成の折にはジェロームに運ばせますので…あ、もちろん遠征の際にも遠慮なくお使い下さい。大きくなればトンくらい余裕で運べますのでこのコ」 すいません余裕ないんすけど(トンだよ?重いよ?) -- ジェローム 2018-11-27 (火) 22:24:37
      • そん時はきっちり俺の部下にして、週休2日祝日完備残業無のボーナス6か月でこき使ってやるので安心してねェ(手を付けないとは言っていない。15歳からストライクゾーン圏内の男)
        ははっ(楽しそうに笑って)…俺が孤児の時、孤児院を切り盛りしてた人も同じことを言ってました。どこも同じなんですねェ(どこか懐かしむような声で)
        あらゆる可能性を模索したいんです。そのために必要だ…助かりますよ。…え。ジェローム君そんなに運べる…ああ、大きくなるのか。
        (ふむ…と自身の戦略を再計算)…ジェローム、少し後になるけど吸血鬼討伐の遠征が予定されてる。俺がメンバー集めてるんだけど…来てくれるかい?吸血鬼退治。(新たに一人誘ってみる)
        -- 2018-11-27 (火) 22:28:45
      • やだ超ホワイト……どうしようシアさん、おれ孤児院やめてハロさんの直属に「いいわよ?」 えっ「いいわよ」 …すいませんうそです(負けた)
        「あらあら……ほんとどこでも悩みは同じなんですねぇ。きっとその方も毎日楽しかったでしょう、えぇ(くすくす)」
        「先日も言いましたが、ハロー様はじめファミリーの皆様にはお世話になっておりますので……今こそ御恩に報いる時!むしろもーっと頼ってくれてよろしいですわ!(あっテンション上がってきた)」
        え?アッハイ。むしろついてく気バリバリでしたよ?おれケンカしかできねーっすから、こんな時くらいしか役に立てねっすから「そうそう。あなたも皆様のお役に立つのよ?」うるさいなぁ…(ぶつぶつ) -- ジェローム 2018-11-27 (火) 22:40:40
      • ……来るなら拒まないけど。でも、この孤児院を守るのもとても大切な仕事だからね。任せるよォ(にへっと笑って)
        ……そうですねェ。そう「だった」と思います。……俺もそこにいて、楽しかったですからね。(頷いて、哀愁の漂う笑みを浮かべた)
        ……助かります(大きく頭を下げる こうして誰にでも敬意と感謝を示す。それがハローという男であった)ジェロームのことも。必ず無事に帰しますから。
        (それじゃあ話は決まったかな、とばかりに)…じゃあ。俺、この後子供たちと遊んでいきますねェ。(笑顔をシアに向けて、外へ)…よーしガキどもー!なにするか決めたかァー!?(満面の笑みを浮かべる様は、19歳という年齢以上の若さを感じさせるもので)
        (その後、子供たちとの貴重な時間を満喫していくハローであった)
        //なんか来てもらったのに〆ムーブになっちゃってすまない! -- 2018-11-27 (火) 22:47:32
      • あ、うす。すんません自分で言っといてなんですが、おれやっぱりココがいいっす「別にいいのに(にこにこ)」
        「……きっと、ハロー様がその気持ちを持ち続ける限り、その方の御心は安らかですわ。私が保証します(急上昇したテンションを落ち着けてゆったり答える。聖職者ですから!)」
        「ああいけません、頭をお上げ下さい!当然のことですのでそんなお礼言われるようなことでは……!(わたわたしつつ自分も頭下げたり) あ、ジェロームのことは存分に使い潰して下さいな。頑丈とムダ力だけがとりえですので」 ひどくない?
        「はい、あの子達も喜びますわ\いーやっほーぅ!!/\ジェンガ!ジェンガトーナメントやろうぜ!/\王位争奪編ごっこー!/ もう……(困ったような笑顔で飛び出してきたガキ共と戯れるハローを見つめる。仕方ないんだからもう)」
        //むしろうちに来てもらっちゃってどうシメようと悩んでたのでありがたくもあり!長々お付き合い頂きありがとやんしたー! -- ジェローム 2018-11-27 (火) 23:00:04
  • ハローパパ!早速だけどチケット(ドボンした人に命令券)を使いたいのだけど大丈夫かしらっ? -- ピーナッツバター 2018-11-26 (月) 21:08:14
    • 来たなバターちゃん!改めて優勝おめでとうねェー。出来ることならハロー君は何でも言うこと聞くよォ。何だい?(にへっと笑って聞いてみた) -- 2018-11-26 (月) 21:16:03
      • ふふっ、わたしのお願いはねー明日一日パパにおやすみをとってもらうことよっ!
        でもわたしのためっていうよりはパパのために、ねっ?(バターのお願いを普段聞いてくれているパパに恩返しする時間を空けてほしい、ということらしい)
        それでわたしはパパのことお世話してあげるのっシチュ的にはねー
        朝:モーニングティーを淹れて起こしてくれる
        昼:パパのお買い物に付き合う
        夜:お風呂または添い寝 その他:希望があれば
        って考えてるわっ好きな時刻を選んでねっ -- ピーナッツバター 2018-11-26 (月) 21:26:45
      • 明日一日………お休み……!!(高速思考。今溜まってる仕事を今日中に仕上げるとして0時から24時間休暇を取れるか?ギリギリ…周りに仕事を預ければギリギリ行けるか?よしいける)
        (にへー)了解。それじゃあ明日は休みを取ることにするよ。あったかいお願いで嬉しい(頭をなでなでなでなで)…で、お世話までしてくれるの?至れり尽くせりだねェ。
        …ううん、これは魅力的な提案だ…(さてどれにするかなァ。お風呂は色々危険そうだし添い寝はショートスリーパーだから時間ずれそう。朝起こしてもらうのは前にもやってもらったし)……買い物に行きたいかなァ。
        -- 2018-11-26 (月) 21:37:13
      • うふふっ、じゃあ決まりねっパパのお買い物にお付き合いするわっ!(翌日、普段と違い落ち着いた服装のバターがハローを迎えに来る)
        パパー準備できてるっ?お迎えに来たわよっ -- ピーナッツバター 2018-11-26 (月) 21:47:39
      • 楽しみだねェー(そしてその後凄まじい速度で仕事を片付けて休みを取りました。睡眠時間?必要ない 捨てろよ)……よし、と(こちらも私服を整えて)
        準備できてるよォ。(車も用意しており)どこでも行けるよ。…お、今日は可愛い服だね?いいねェ、凄い可愛い。撫でたくなるねェ(頭をなでなで)…さて、どこに行こうか?
        -- 2018-11-26 (月) 21:56:08
      • パパも素敵なお洋服ね、いつものスーツも締まってて素敵だけど今のパパは優しくて柔らかい感じねっ
        ええっ、今日はパパのお休みだもの撫でるのも…くふふっ好きなだけしていいからね?(嬉しそうに爪先立ちして、かかとをとんとん)
        パパの行きたいところ!ね、パパのお買い物ってどんなところへ行くの?お付き合いしてあげるっ(手を伸ばして繋ごうと) -- ピーナッツバター 2018-11-26 (月) 22:10:16
      • そぉ?あんがと。ごく時々にしか着ない私服だけどねェ。せっかくのデートだから(髪も普段のくせっけを下ろしてしなやかに。目元にも軽く化粧して大きく見せている力の入れ方)
        いいの?それじゃあ遠慮せずやらせてもらお。(心置きなくなでりこなでりこ)…ん、いいの?俺に付き合ってもらっちゃって?
        それじゃ……本気で行きたいところに行くけど覚悟してねェ?(はァい、と手を繋ぎ。車を出して……向かった店は。釣具店だった)
        ……俺。釣り好きなんだよねェ。そんなわけでこういう店に休みの日に来たりする。…全く色っぽくない店でごめんねェ。バターちゃん釣りってしたことある?
        -- 2018-11-26 (月) 22:33:32
      • あら、もったいないわっ わたしがデートに連れてってって誘ったらもっと着てくれるようになるかな?
        もちろんっ、パパの趣味全開でいいわよっ、カジノとかわたしが入れないところは無理だけどねっ
        わあーお魚の道具がいーっぱい!へえーパパも釣りをするんだっ!わたしね、スノーパパが釣りをするのを時々見に行ってるのっ!
        竿がしなって、ぐいーってなるのとか何が釣れるんだろうっていつもドキドキしながら眺めてるのよっ -- ピーナッツバター 2018-11-26 (月) 22:48:33
      • どうだろうねェ。実は自分の事には結構無頓着なんだよねェ、俺。女性とのデートにはいつもスーツだったし。私服を揃える暇もないしね。
        (良さげな竿や仕掛けを手に取って眺めたり)…あ、そうなんだ?スノーの姐さんとは釣り仲間さ。あそこの道具箱は姐さんと共有させてもらってるしねェ(まぁ大体俺が追加してるけどねェと)
        …それは眺めるだけにしてある?駄目だよ、「目」は使っちゃ。当たるかどうかも釣りのだいご味だからねェ(苦笑しつつ。子供向けの竿なんて見つければ)
        …今度休みが取れたら、バターちゃんも一緒に釣りしてみる?道具は俺のほうで整えておくから。きっと楽しいよ?
        -- 2018-11-26 (月) 22:51:10
      • パパって意外とそのへんてきとーだったのねー?スーツもピシっとしてていいけれど、今みたいに砕けた感じでもパパは大丈夫だと思うわっ
        この前は寒い時期に釣りを見に行ったのだけど、マフラーを貸してくれてとってもやさしかった!
        もちろんよパパっ!競馬もだけどちゃーんとその辺はパパ達に楽しみ方を教えてもらってるんだからっ
        いいのっ?やりたいやりたいっ!パパ達と肩を並べて釣り糸を垂らすのよねっ、きっとそれだけでも楽しいわっ -- ピーナッツバター 2018-11-27 (火) 21:23:23
      • 仕事で決めるときは決めるけど、そうじゃないときは19歳のガキだよ俺は。ありがと、バターちゃんは人を褒める天才かもねェ。
        はは。姐さん面倒見いいからなァ。俺も2〜3年前はよくお世話になったよ。教えてもらった釣りが楽しくってねェ。あと美人だから、最初のころはそれ目当てで行ってたかなァ(苦笑して)
        それならいいんだ。釣りは待ち時間を楽しむものだからねェ。…子供には結構飽きっぽいって思われるかもだけど。人数集めてやれば楽しいかもね。
        (子供用の竿を購入し、綺麗にラッピングして)…それじゃ、今度みんなで釣に行こうか。サイカやドーニャも最近始めたんだよ。他にも釣り好き集めて釣り大会でも開こうかなァ(そういうのもいいよね、と)
        -- 2018-11-27 (火) 21:31:37
      • やさしくって美人さんで、わたしも大人になるならスノーパパを目指そうかしら?あ、でもカランドリエパパみたいに素敵なことをいっぱい教えてくれる人も捨てがたい…
        わあ〜…これでパパ達とツリが一緒に出来るんだ!サイカドーニャパパも?!ますます楽しみになっちゃった!そういえばパパは何を買ったの?竿?仕掛け? -- ピーナッツバター 2018-11-27 (火) 21:46:59
      • どっちも捨てがたい魅力があるよねェ。カラン君には相棒としてホントお世話になってるし。……でもどっちを目指すにせよ。いっぱい食べて大きくならないとねェ(どこがとは言わずににへっと笑った)
        二人とも初心者だけど楽しんでもらえたからねェ。…んー?こえはバターちゃんへのプレゼント。釣り竿セットだよ、子供用のね。今日は一緒にデートしてくれたしね。
        デートの時は女性にプレゼントを贈るのは男の嗜みだからね。…これでいつか一緒に釣りに言って楽しもうねェ(はい、とバターにラッピングされた竿を渡した)
        -- 2018-11-27 (火) 21:50:32
      • やんっ、まだ子供だから待っててねパパっ(胸に手を当てて体を左右に揺すって)大きなお胸でぎゅーってしてもらうと、温かくて落ち着くもんねっ
        パパのお買い物に付き合うだけのつもりだったのに、デートまでしちゃってたっありがとうねパパっ!大切に使うのと、一緒に釣りにも行きましょうねっ!
        (プレゼントを手にして嬉しそうに笑うバター、きっとこの嬉しさのまま、ハローの休み寝るまでをあれこれとお世話したがることだろう) -- ピーナッツバター 2018-11-27 (火) 22:11:48
      • ………ほんとにね…(何度か実際に経験したことのある人間は強くうなづく)
        バターちゃんもレディだからね。自称紳士としちゃ外せないところだったのさ。ああ、いつでもいいからねェ。頑張って休みとるから(その笑顔につられて笑顔がこぼれて、頭を撫でる)
        (その後、ハローの日常としては珍しいくらい穏やかな時間に、ハローもすっかり疲れが取れたって話だ)
        -- 2018-11-27 (火) 22:17:20
  • お疲れ様だなハロー、幹部っていうか幹事だが(冷たい飲み物を投げて渡す、中身はお好みだ) -- スドウ 2018-11-26 (月) 20:44:39
    • (キャッチ。レッドブルでした)ゴチです。いやァもう慣れたというか。頼られることが楽しくなってきたところはありますよねェ。(苦笑して)
      こういうの企画する仕事で一番早く動けるのってやっぱウチの組なんですよねェ。なんだか俺の下にいるのがもったいないくらいいい部下に恵まれましたよ、俺は。
      -- 2018-11-26 (月) 20:49:20
      • ああ分かる、人に頼られるってのはいいもんだ、面倒だから全部やってーって頼られ方は問題あるが、お前さんのトコはそんな事なさそうだしな(ドクターは炭酸飲料である)俺はあまりこういった行事に顔を出したことはないが……海はいいな、なにせ存分に鍛えられるし、ナツも行きたがってたからな -- スドウ 2018-11-26 (月) 21:02:51
      • 俺の組で主導で動いて、旅館へ口利きが出来る他の組に依頼したりとか、仕事の割り振りもしっかりやるようにはしてますよ。他人に頼るのって大切ですからねェ(レッドブルごくー。ぷはー。飲み切った)効くゥー。
        ドクターもぜひ来てくださいよ。ナツちゃんとなんならオリエさんも連れて。…二人の水着は目の保養になりそうなので。片方は和むほうでですけどねェー。
        -- 2018-11-26 (月) 21:05:22
      • はっはっは、俺はおまけでナツが本命だろうに、んでそのナツだが水着どうしたもんか迷っててな、上は良いんだが……何せ下はにゅるにゅるだ
        着せても数秒で脱げちまってなぁ……お師さんは絶対えーめんどくさーいっていう、けどまあおだててやれば何とでもなるだろ…… -- スドウ 2018-11-26 (月) 21:10:41
      • あ、わかった?(にへっと笑って)んー…確かにいわゆるおパンツ的なものは厳しいかもですねェ。ズボン履かせるとか…紐で縛るとか…大きめのワンピースとか?
        ドクターのセンスが問われますねェ。楽しみにしていますよ。…オリエさん美人でしたねェ。かなり好印象を持ちましたよ。長生きなだけあって含蓄もある。いいお師匠さんじゃないですか。
        -- 2018-11-26 (月) 21:15:25
      • あの溺愛ぶりを見てればそりゃあな、お前さん将来子煩悩になる姿が見えそうだよ(HAHAHA!)むしろ何も着せずにナツのオートガードに任せるって手もあるかなと思ってたりする
        まぁ色々考えてみるさ、ってかそのお師さんをだな、初対面でいきなりデートに誘うとは思わなかったぞ?いいのか色々と?(奔放に女の子と遊んでるのを言ってるようである) -- スドウ 2018-11-26 (月) 21:31:48
      • もしかすっとそうなるかもしれませんねェ。まだ子供を作る予定はないけど、将来は可愛い子に囲まれて暮らしたいところあります。……そういうのでもいいかもですが。何があるかわからないですよ…女の子のプライバシーは守るべきかと!
        え、なんで?(えって顔)仕事とプライベートは分けてって言われましたし。美人をデートに誘うのに何の問題が…?受けてくれて光栄だと思うところありますよ?(イタリアの優男の思考であった)
        -- 2018-11-26 (月) 21:34:23
      • いい将来計画じゃないかはっはっは、そうそうハローに一つ確認しておきたかったんだが、一人を大事にするのか複数人を囲って平等に大事にするのかってな?
        いや、お前さんがそう思っても相手はどうかなって話でな……まぁ修羅場も経験か……取りあえず弟子として一つ忠告しておこう
        お師さん場面引っ掻き回すの大好きだからな?気に入られると結構、いや、かなり苦労するぞ?(先人の言葉であった) -- スドウ 2018-11-26 (月) 21:45:02
      • ……女性関係って話です?(耳が痛いなァー。と苦笑して)まぁ…なんでしょ。美人に対して紳士であるってのは俺の常でもありますし、同意の上で関係を持ったりはしますが。
        そういうところを含めて甲斐性なんかなァなんて思うところはありますよ。俺らしくあることだけは変えるつもりはないですねェ(にへっと笑う)
        …引っ掻き回されるのは慣れてますよ(実感の籠った言葉で)楽しみにしておきますねェ。……っていうか。ドクターそんな過去があったんですねェ。えっ興味あるなァー。聞いても?
        -- 2018-11-26 (月) 21:54:10
      • なんつーかな、不思議なことにボスを思い出すな……似てる似てないって話ではないんだが
        あれだけご落胤を作っておいて仲が悪いとは聞いた事ないしあたり、甲斐性も化け物級だと思ってなぁ
        いいが、つまらん話だぞ?心に決めた相手がいるってのにアレにつけコレにつけ師匠アピールしたり恋人ムーブしたりとまぁ騒がしい事この上ない、しかも分かってやってるからな……! -- スドウ 2018-11-26 (月) 22:04:36
      • …サイカにも、ハイジア先生にも同じようなこと言われましたねェ。そんなに似てるかな……俺(少し口調が雑になり。所在なさげに頭を掻いて)…まぁ、女性と仲悪くなる気はあんまりないですけどねェ。
        …可愛いじゃないですか?そういうのって(きょとんとした顔)むしろ女性らしくていいなァなんて思っちゃいましたよ。ハイジア先生もそうですけど、長生きしててそういうお茶目さを持ってる人って俺は好きだなァー。デート楽しみになってきた。
        -- 2018-11-26 (月) 22:30:51
      • (ふむ、と鼻を鳴らすドクター)……ま、ハローはハローだ、すまんな比べるような事を言って、似てるってのが誉め言葉になるとは限らないとこまで思い至らなかった
        ハイジアというと歯医者か、俺はあまり得意な相手じゃないが、もしかしたら無意識にお師さんと重ねてたのかもしれんなぁ……
        ナツも連れて行くんだろう?騒がしい食い倒れデートになりそうな予感しかしないがー……それでハローのストレス発散になればいいか、じゃお師さんとナツをよろしく頼むな?(缶をクシャポイしつつ帰るのでした) -- スドウ 2018-11-26 (月) 22:50:07
      • いや、俺の思考がめんどくさいだけですんで。気にせんでください。…ゲートを広める手段を選んだボスに、ちとしこりが残ってるだけです。ファミリーは大好きですよ(肩を竦めて)
        ああ、そうなのかもしれませんねェ。ハイジア先生の場合はそれにかけて独特な言い回しや哲学的な話も言いますから。そういう所が俺も気に入ってるんですけどねェ。
        勿論、そういう約束しましたからねェ。(にへっと笑って)最高の発散になりそうですよ。財布はいくらでも軽くする準備はあります。任せてください(こちらも缶を捨てて見送った)
        -- 2018-11-26 (月) 22:53:55
  •   -- 2018-11-26 (月) 20:01:43
  •   -- 2018-11-26 (月) 20:01:40
  •   -- 2018-11-26 (月) 20:01:35
  • (二人で仕事をしながら)ああ、ハロー君。(黙々と仕事をしている中、突然切り出して)
    私、吸血鬼の話を聞きにコッローディさんのところに行ったから。報告報告ー。(と、不意打ちに言って) -- カランドリエ 2018-11-25 (日) 20:59:50
    • はァい。(普段通り書類に目を通しながらカランドリエの言葉に返事、そして続く言葉に)……へ?(間の抜けた声が出た)
      …なんでコッローディの所が先?えっ。結構なショックなんだけど…確かに俺からは伝えてなかったけど…。…ええと、どこまで把握してる?(書類を置いて)
      -- 2018-11-25 (日) 21:01:43
      • コッローディさんが吸血鬼との戦いのために動いてるとか、その辺を。(大きく伸びをして)
        ヒザキさんとかハロー君とかももう知ってたんだね。寂しい。(そこまで言って頭を下げて)
        とはいっても、順番を間違えた感はある。ごめんなさい、どうしてもあなたの役に立ちたかった。 -- カランドリエ 2018-11-25 (日) 21:28:52
      • …うーん(所在なさげに頭を掻く)…伝えなかったこと、悪かった…コッローディのことは今でも嫌いだけど、あいつなりに理由があって、俺らは吸血鬼討伐の方向で動いてる…。
        (寂しい、という言葉に含まれた意味の重さを痛感する)…俺の、役に立つって話ならカラン君は誰よりも助けてもらってる。気を配り切れない細かい仕事が回ってるのはカラン君のお陰だ。
        ……けど、駄目だな。巻き込みたくないって気持ちは正直あった(はぁ、と片手を顔に覆って)…俺も襲われて死に掛けた。危険が伴う…対策では動いてたけど。その対策の仕事の分、それ以外の仕事を回す形になっちまってた。ごめん。
        -- 2018-11-25 (日) 21:39:37
      • …うん、みたいだね。あいつのこと探ろうとして何日か尾行したよ。でも、会って話すより情報は得られなかった。
        この話は、今の私たちにも適用されると思わない? 顔を突き合わせて話してないから、徒労感ばかり得てる。
        …お互い謝ったし、巻き込んでもらっちゃおうかな。ね。(笑って)…今の死に掛けたってのも初耳だしね。ダメだよ? -- カランドリエ 2018-11-25 (日) 21:51:38
      • …そうだなァ。それこそ、俺がやってることを説明すれば必要すらない尾行だった。徒労感ばっかりはダメだね。…コンビだからもっと相談すればよかった(改めて反省してる、と)
        …(この笑顔に甘えてたのか…いや、甘えたりなかったか。もっと信頼するべきだった。…今からでも遅くはないか。こちらもふっと微笑み返して)…わかった。全部話すよ。聞いてる話もあると思うけど。
        (そこからいったん仕事の手を止めて、話した。ゲートの事、コッローディの事、吸血鬼の事。襲われた事、現在はアルバと組んで町にいる吸血鬼退治の予定を立てており、その後吸血鬼討伐のためそのメンバーを集めてること、そして……)
        …実は俺、とある異能を持ってる。…今まで誰にも…それこそヒザキの旦那にも伝えてないけどね。(初めて、他人にそれを吐露した)
        -- 2018-11-25 (日) 21:56:47
      • 私も勇み足が過ぎた。どうしても、と思えば思うほど視野が狭くなる。はんせい。
        (話を聞いて)……私の力も、勝手に持っていけばよかったのに。
        (寂しそうに笑って)私の異能は『灰色狼の形象』。完全に発動すればおそらく、何でもできるようになる。
        ただ、私のは不完全みたいで、何でも普通程度にこなせる人間でしかない。こういう技能を持つヒトが、山の奥地に少数存在しているみたいだ。
        ……私のルーツがその人たちなのか、何故中途半端にしか異能が使えないかはわからない。
        ただ、少しずつ記憶が戻ってきてるようにも思う。…悪い夢ばっかり、見るからね。
        誰にも話せない。話すつもりはなかった……でも…(視線を下げて)どうしてかな。おかしいな。矛盾、してるかな… -- カランドリエ 2018-11-25 (日) 22:11:58
      • …面倒な条件があるんだよ、人の能力を使うのに。目の前で見て、その能力を口頭で説明を受けて、信頼してもらって…かつ、俺に能力があることを知ってちゃダメ、っていうね(肩を竦める もうカランドリエの能力は使えない)
        …記憶が無くなる前は、完璧に使えていたのか…それとも、元からそうだったのか。そして…やっぱり、前の記憶はあんまりいいもんじゃなかった、みたいだね(視線を下げる様子に、すれ違った想いを擦り合わせる様に…笑って)
        …カランドリエ(フルネームを読み上げる)…俺に、話していいよ。君を信頼して俺が俺の過去を…能力を伝えたように。一人で抱え込むのが辛いのなら、零せばいい。……受け止めるくらいの度量はあるつもりだからねェ(不安を散らすかのように、普段通りのにへっとした笑顔を作った)
        -- 2018-11-25 (日) 22:18:14
      • …そっか。そういう条件があるんだったら仕方ない。(目を伏せてペンを手の中で弄ぶ)
        あ……(そこまで聞いてから、言葉を選び、彼にとって大事な時期だと自分に言い聞かせ)
        その時は……相談に乗ってもらおうかな。人生相談。良い響きだね。(手の中のペンを正しい握り方をして)
        それじゃ、仕事の続きいこっか。お互いに、いそがしいそがし〜。(と、いつもの調子で話し、会話を切り上げたのだった) -- カランドリエ 2018-11-25 (日) 22:39:26
      • ………お互いに、お互いのことを考えすぎて遠慮しすぎるのが悪い癖かな。俺たちは(察しのいい男は、しかしそれ以上追求はしなかった。言いたくなったら聞けばいい。そう考えて)
        …いつでもいいからねェ。(最後、普段通りの口調に戻って)そだね。頑張りましょう。今日も徹夜回避のために頑張るぞい〜(普段の調子に戻して、仕事を再開した)
        -- 2018-11-25 (日) 22:41:54
  • (あくびを一つ)…さて。日常業務に戻るかァ。 -- 2018-11-25 (日) 08:33:08
    • ハロー、居る? -- サイカ 2018-11-25 (日) 20:57:32
      • いるよォ。なんぞ?(書類作業中)そういえばレースクイーンよかった。言いそびれてたからねェ。 -- 2018-11-25 (日) 21:00:14
      • えっ…そ、そう?…でもまあ、恥かしかったんだからね!?…や、なんと言うか…お疲れ様って言いに来た -- サイカ 2018-11-25 (日) 21:06:48
      • 恥ずかしがらせるのが目的だったところはある。…(きょとんとした顔)…まぁ、どうも。あんがと。無事に終わってよかったとは思うけど。
        …どした?急にサイカに労わられるとなんか裏がありそうでちょっと怖いんだけど。え、夏場のファミリーの海水浴と温泉旅館のイベントもしっかりやるよ…?(仕事任せてNOと言わない幹部としていろんな仕事が舞い込んでいる)
        -- 2018-11-25 (日) 21:09:28
      • …く、我慢だ、我慢だボク…!別に裏なんか無いよ、キミには感謝してるんだ、これでも(ぷいーっとしつつも夏場のイベント、なんて言葉がハローから出れば)
        ……ごほんっごほんっ、えー、えーっと…ハロー、別に他意は無いんだよ?別に、ただちょっと好奇心で聞くんだけど、いい? -- サイカ 2018-11-25 (日) 21:19:26
      • そぉ?そんならいいけど。俺もサイカが色々面白いから感謝してるところあるし(にへっと笑うこの男は相変わらず口が減らない)
        んー?別にいいよ、遠慮せず聞いてくれ。答えられる範囲なら全然答えるよ(書類から顔を挙げてサイカを見て)
        -- 2018-11-25 (日) 21:21:03
      • …その、ボクに着て欲しい水着とか…ある?(小声でごにょごにょと) -- サイカ 2018-11-25 (日) 21:22:55
      • …(その言葉の意味の咀嚼に1秒かかった。なぜ?なぜおれにサイカはそんなことを聞いてくる!?…え。良いのか俺が選んでも。それはいいのか)
        (しかしこうして聞かれているなら誠意のある対応をしなければならない。今にも口から零れそうな「スクール水着で」とか「ブラジル水着で」とかは止めろ。色々とまずい)
        (じゃあこいつに何を着せたいかだって?サイカの魅力はどこだ?個人的には腰回りだと思う。胸はサイズ的にはあれだから。あの安産型がいい。いやもちろんサイカの性格が一番気に入ってるんだが)
        (腰回りを強調させる水着…へそも見たいという個人的嗜好も加えて……色は……)……赤のビキニかなァ(たっぷり5秒ほど悩んで答えた)
        -- 2018-11-25 (日) 21:35:32
      • べっ、別にっ!!好奇心!そうっ、ちょっとした好奇心だから!ほ、ほら、キミ達…その、アルバとか、部下の黒服とかさ…?女の子相手に、いろいろいってるでしょ…?あの子にどんな水着着せたいか、会議とかしてるんでしょ…?(アルバ君すまない)
        赤のビキニ…?!…派手すぎないかな? -- サイカ 2018-11-25 (日) 21:41:19
      • …好奇心なら…(好きな水着ってどんなの、とかあるだろ。なんで来てほしい水着なんだ…とは口に出さず)……いや。まぁそりゃその辺の話は男子トークするけど。
        俺赤色って好きなんだよねェー。私服も車も赤だろ?緑髪でそれ乗ってるとトマト色ーってよく言われるけどそれも結構気に入ってる。ので、サイカにも薦めたところあるねェ。
        -- 2018-11-25 (日) 21:44:00
      • それ!それが気になっただけ!!…赤、か…わかった、ハロー。ありがとっ
        よし、ボクは帰るね!キミの邪魔をしたら悪いし…ボクも忙しいからねこう見えて。またねハロー(※夏に向けて忙しくなるのは女の子の常なのである!用は済んだと言わんばかりに、ハローの元を後にした) -- サイカ 2018-11-25 (日) 21:53:27
      • ………あ、はい。(その唐突な剣幕にぽかんとして。…え?結局俺に選んでほしかったって事?俺の勘違い?)
        …ああ、うん。仕事頑張ってねェ…?(そのまま慌てて帰る様子を見送って)…どっちだろ…いいのかその気になって…!(色々頭を抱えたハロー君であった)
        -- 2018-11-25 (日) 21:58:53
  •   -- 2018-11-25 (日) 08:32:41
  •   -- 2018-11-25 (日) 08:32:38
  • 選んだ色で塗った -- 2018-11-24 (土) 00:28:41
  • 世界に囲まれて -- 2018-11-24 (土) 00:28:20
  • 選べない傷の意味はどこだろう -- 2018-11-24 (土) 00:28:06
  • 場は整えた、あとはお前さん達の覚悟次第だな
    準備は…万端そうだな -- 彼崎 2018-11-23 (金) 22:41:56
    • お疲れ様です、旦那。…準備は常に、いつでもね。祝福済みの銀の銃弾、白木の杭と銀片の手榴弾、紫外線照射装置…数え上げればきりはないですが。臆病なんでいろいろ整えましたねェ。
      大体話は把握してます。(幹部になってからさらに情報収集には力を入れた)……どうでした。冷静なほうの吸血鬼、って奴は。実際には会ったことがないんですよねェ、そいつと。
      -- 2018-11-23 (金) 22:53:28
      • お疲れ…そうだな、大分疲れたよ。お前さん達よくもまぁあんなの相手に戦って生き残れたな、ほとほと感心する(流石はと言いたげに笑いつつ)
        相対してるだけで精神が削られる思いだった。あれよりは劣ってくれている事を願うばかりだな…
        勝つのは分かっている。だが、被害を出さない。理想は全員無傷だ。無茶な注文だが最善は尽くせ -- 彼崎 2018-11-23 (金) 23:01:10
      • 俺だってギリギリでしたからねェ、銀の銃弾無かったらやばかったし。…むしろヒザキの旦那、言っちゃなんですが荒事苦手なのによく会いに行けたなァって。その度胸のほうが俺はすごいと思いますよ?(にへっと笑い)
        上位種ってやつなんですかねェ。そのくせ弱点は多いですけど。…ま、結局ファミリーの害になるかどうかで、なるならきっちり潰してやりましょうや。
        …旦那(まったく、という風に被りを振って)…それは全部、俺が言おうとしたことですよ?いいとこ取らんでください(にぃ、と笑う。ファミリーであるならば。ヒザキの下で学んだならば、当然の思考であると)
        -- 2018-11-23 (金) 23:07:11
      • 度胸と考える事を抜いたら俺には何も残らんよ。何時だって命かけてやってるさ(それでも疲れた色は隠さず髪をあげ)
        それに近くにコッローディの奴が居たからな、何かあっても大丈夫だろうという目算はあったが…
        俺に言ってどうする?実働部隊の指揮はお前さんだろ。俺の仕事は実質、お前さん等が戦う前に終わってるんだ
        だから今回はもう俺の仕事は終わり。あとは後ろで控えて見させてもらうさ -- 彼崎 2018-11-23 (金) 23:18:13
      • その辺、しっかり学ばせていただいたところありますねェ。俺やアルバさんにとって、旦那はファミリーの体現者だ。…そう思ってますよ。(照れくさいのか、煙草に火をつけながらぼそっと)
        …ああ、コッローディが。なら安心だ、強いですからねェアイツは。(ふぅ、と煙を吐いて)…まぁ物言いと考え方は嫌いですが。戦力になるならせいぜいこき使ってやってください。
        いえ、俺の考えを伝えてヒザキの旦那もわかってるじゃないか、って評価をねェー?いいんですけど。実際、準備ってのはきっちり整えたし、指揮も無論。任せてもらいますよ。
        …旦那が育てた部下が、どんな仕事をするのか。安心して後ろで見ててください(虚栄でも若さゆえの向こう見ずでもない。根拠に基づいた静かな自信を見せて)
        -- 2018-11-23 (金) 23:27:37
      • (煙たそうな顔をするが、照れ隠しのようなので敢えて何も言わずに)
        ああ、なるほど。それは指揮した時にお前さんの下についた奴に言ってやりな。必要な事だ
        勿論だ。というより俺はさらに試練を課す。…叩いた後の話だ。行く奴を今から見繕っておけ -- 彼崎 2018-11-23 (金) 23:39:37
      • (あっ、と気づいて煙草の煙はヒザキのいないほうに吐き出す。そういや煙草嫌いだったなヒザキの旦那…しばらくぶり何で忘れてた)
        了解です。何よりもまずは生きること。無理はしてもいいけど死ぬのだけは駄目だ…ってのはきっちりと徹底させますよ。死んだら…終わり、ですからねェ。
        …へぇー?(その話に、ある程度察しはついていたのかさして驚かずに)…いいんですか、幹部になりたての俺がそこまでやらせてもらって。既にある程度草案はありましたけどねェ。
        -- 2018-11-23 (金) 23:51:23
      • そういう事だ…死んだら終わりだ(ファミリーの者達は喫煙者が多い。煙の臭いを感じ過去に吸っていた人間達を思い出す)
        (彼等は死んでいった。この匂いを嗅ぐたびに、それを思い出すのか彼崎は僅かに暗い顔をする)
        他に必要そうな人員がいるならこちらで追加するさ、そこは安心してくれていい
        …ハルオ、俺も行くが。俺に何かあった時はお前が皆を守るんだ。だから任せている(表情を変えず眼鏡の位置を正す) -- 彼崎 2018-11-23 (金) 23:59:07
      • (頷く。…それだけでお互いの気持ちの共有は完了。死に近い仕事だからこそ、死の重さを理解している。特に、過去に痛みを知る二人ならば)
        そうです?ならそっちは任せます。俺は俺なりに駆けずり回ってみますよ。何せ知人に恵まれてますからねェ、俺は。
        …(少しだけ。元上司のこの男に疑問が浮かぶ。俺への信頼の厚さ…暴に関しても。それは、俺の異能を知っているからこその言葉か…?)
        (…いや、関係ないのか。ヒザキの旦那から俺に言わないってことは、知ってても黙ってくれている。知らなくても俺を信頼してくれる。…俺はそれに応えるだけでいいんだな。何だ、簡単な話だ)
        …了解す。俺が俺であるためにも、必ず。守りますよ…みんなを、ファミリーを。そしてこの街をね。
        -- 2018-11-24 (土) 00:05:10
      • …任せた(様々な意味を含んだ一言を残し帰って行った) -- 彼崎 2018-11-24 (土) 00:14:35
      • …(きぃ、ばたん。扉が締められる)……旦那。守るって中には、旦那も含まれますからね。(雑な口調で。タバコの火を消した) -- 2018-11-24 (土) 00:15:33
  • (運命のダイスロール!!) -- ユリアン 2018-11-23 (金) 14:51:18
    • (ハローが滞在するという安宿を訪ね、ドアの前に立つ。ノックをしようすると軋むベッドの音と荒い吐息)
      ふむ…出直すかな…?(少し思案しドアの前にぼーっとしてる青年) -- ユリアン 2018-11-23 (金) 14:54:05
      • (ぎし、と音をたてながらベッドの上で腹筋に励むハロー。だがドアの前、ノックをする前に誰かが来たことを気配で察する。敵意がないことまで読み取れる)
        (その程度には感覚を磨いていなければ、幹部にはなれない…)…誰だ…?(筋トレをやめて、汗を拭きながら上半身裸のままでドアを開ける)…あれ。ユリアンの兄貴。
        -- 2018-11-23 (金) 16:56:02
      • あっ…(思案してると唐突に扉が開いて部屋の主登場)
        やぁハローくん、こんにちは。少し時間良いかな?(少しバツが悪そうに笑う、中に1人なのは知っていたが修練の邪魔をしてはと考えていたところだった) -- ユリアン 2018-11-23 (金) 21:39:03
      • (タオルを首にかけて)…気にせんでください、寝る前の日課みたいなもんで。遠慮せず入ってきてくれてもよかったのに。
        (どうぞ、と中に招いてコーヒーを二杯煎れる)で、どうされました?孤児院の経営の関係の話?それとも近日開催のレースの話ですかねェ?
        -- 2018-11-23 (金) 21:40:59
      • 大した用事でもなかったけど近くに来たものでね。次からはそうさせていただこうかな(では、と会釈して部屋に)
        まずは幹部昇進おめでとう。これからは少し畏まったほうが良いかな?
        あとこの前はおちびさんたちと遊んでくれてありがとうね。(よかったらどうぞ、クッキー詰め合わせを置いて) -- ユリアン 2018-11-23 (金) 22:10:08
      • あんがとさんです。でも俺は俺のままですからねェ(にへっと笑って)これまで通りでいいですよ。部下にも言ってるんです、無理して畏まるなって。
        純粋に敬意を抱いてれば自然と敬語って出ますし、そうじゃない敬語に意味はありませんからねェー(そうして町の人とも積極的に交流する、変な幹部であった)
        ああ、それこそとんでもない。俺だって楽しんでますからねェ。(これはどうもありがたく、と)…そういえば、もう一か所よく言ってる孤児院があるんですけどねェ。ファミリーのメンバーが務めてる。
        こんどそこと兄貴のところで、子供たちの交流会でも開きましょうか?たまには違うこと遊ぶってのも覚えて損はないと思うんですよねェ。
        -- 2018-11-23 (金) 22:21:13
      • ははは、やはり君は変わってるねぇ…。では僕もそのようにしよう。(腰掛けたイスがギシリ、ときしむ。リラックスした姿勢を取り)
        ああそれは面白いかもねえ、うちの子たちも喜ぶだろうし・・・しかし孤児院多いねこの街。なんでだろう? -- ユリアン 2018-11-23 (金) 22:29:21
      • それでいいんですよ。ほんとに相手を尊敬してりゃ、言葉じゃなくて態度や雰囲気に出るもんだと思いますし。上辺だけの言葉を貰ってもむしろ苦しいだけですからねェー。
        そりゃ警察と行政が仕事してなくて、んで俺らの仕事も行き渡ってないからでしょうねェ。本当はそういうの全部潰したいけど…スラムってのはなくならないもんで。性教育きっちり初めて市民の貞操観念上げるところからスタートしないと行けないかもですが。
        …俺も孤児院上がりですからね。その辺の管理運営で手伝えることがあればしっかりやりたいんですよ。あ、これ子供たちには秘密で願います。
        -- 2018-11-23 (金) 22:33:10
      • しかし時には権威を来なくてはならないときはある。まぁ君は大丈夫だろうね…(コーヒーを口に含みほう、と一息)
        悲しいことだが人の世とはままならないものだねぇ…わかったそれは秘密にしておこう。うちで今のところ困ってるのは女性職員がいないことかな…。
        ああそうだ、これもちょっと聞きたかったけど君は僕のことをどれだけ知ってるのかな?(一見よくわからないことを聞き始める) -- ユリアン 2018-11-23 (金) 22:41:21
      • …その辺の難しさは今体で味わってるところですよ。でもあれですよ兄貴。俺あんまり地位に興味もないんで、窮屈になったら幹部やめっちゃうかもですねェー(にへっと笑って)
        女性職員ですか?…ふむ、了解。ちと働き口から手配できないか探しておきます…あ、なんならウチの部下使ってもいいですよ。子供好き多いですから。
        ん?…そうですねェ(その問いに、コーヒーカップを置き。煙草に火をつける)…孤児院のお兄さん。子供たちに怖がられつつも慕われている優しい人だ。ファミリーの知り合いも多くて俺の兄貴分でもあり…
        (…ふぅ、と煙を吐き出し)…暗殺者という裏の顔を持つ男。魔導鎧、でしたっけ…?…幹部になる前は噂程度の把握でしたけどね、俺も。幹部になると色々知ることが増えるもんです。
        -- 2018-11-23 (金) 22:50:54
      • 男の子はともかく女の子はね、お年頃になると難しいからね…(はぁ…と大きなため息)
        ふむ、なるほど…意外と噂になるくらいは仕事してたのかな。気をつけてはいたんだけど(ケイカに怒られるからねと付け加えつつ)
        …そういうわけだから、血生臭い話はできればあそこではしたくない。彼らは何も知らないからね。 -- ユリアン 2018-11-23 (金) 22:57:41
      • それは分かりますがねェ。そういう子にしっかりと教えてあげるのも大人の務めで。まぁそれは同性のほうがいいってのもわかりますから…(後日、ハローの部下の女性がよく顔を見せるようになるだろう)
        いいえ、結構うまく隠せてたと思いますよ。幹部になる前には俺の情報網でもそうなのかな?ってくらいでしたし。…でも、前準備や後処理とか、色々広くやりますからね、殺すと言っても。そうなると人の噂に戸は立てられないもんです。
        …(きょとんとした顔)…何をいまさらって感じですが。もしかして兄貴は俺を過小評価していらっしゃる…?俺が子供の前で、そんな話をするわけないでしょうに(さも当然という風に)
        -- 2018-11-23 (金) 23:04:19
      • めんどくさいことはケイカに丸投げさ。彼はそのためにいるんだから。僕はただ殺すだけだよ。ただし見せしめも必要だから派手にやれって注文がつくときもあるからそこからかな…。
        今更ではあるけどこれはお互いしっかりと確認しておくべきと判断したからあえて、かな。僕が君を信じてないわけがないだろう?
        そういうわけだし、これからそっちの話もあるだろう。君は僕を使う立場になったのだから、そのときは遠慮なく道具として使ってくれ。僕はそのためにいるからね。 -- ユリアン 2018-11-23 (金) 23:12:21
      • 上司と部下の関係はそういうもんですよ。感情を持って殺してると…大変ですからねェ(実際、苦悩する少女を一人知っている)…無理だけはしない様に。俺が言えた義理じゃないですが…
        …そういう事でしたら改めて。確かに、相手がどこまで知ってるかってのは気になるもんですよね(わかります、と頷いて)…誓って、子供たちには温かい道だけを。裏を知る必要はまだないですから。
        …ええ。(頷く)事実、そういう仕事が俺に来たら仕事を振ることもあります。その時は…頼らせてもらうことでしょうねェ。遠慮はしませんので大丈夫(ただ、配慮はする。子供たちに決して悟られないよう…)
        …そういうのが一切なくなるくらい、治安がよくなるように努力するのが本当の仕事なんですけどねェ。ほんと、夢は大きく遠いですよ(はぁ、とため息をつき…煙草を灰皿で消した)
        -- 2018-11-23 (金) 23:23:19
      • 無理はしないさ。僕は割と怠け者なんだよ(はははと笑い、残ったコーヒーを呷る)
        どこまで知ってるかわからないからこそ腹を割るのは大事なことだよ。間違いというのはいつも致命的なタイミングでやってくるからね。
        そしてその間違いで命を落とす。それがこの世界だからね…君は強欲だね。だがそれくらいでないと平和というものは手に入らない、か。
        さて、用件はこれくらいかな。それじゃ僕はこれで。また今度ね(じゃあ、と手を上げ部屋を出ていく) -- ユリアン 2018-11-23 (金) 23:34:24
      • 怠け者なくらいが一番いいんですよ。働きすぎると、自分が働いてるって実感から薄れていきますからねェ。…それも悪くないもんですが(実体験を語る)
        …俺もそう思います(間違いとはどこで起きるかわからない…だからこそ、それがないように可能性を100%に近付ける努力をする それがハローという男だ)
        平和になって、無く子供が一人でも減れば。俺にとっちゃ至上なんですよ。ええ、またねェ兄貴。孤児院の子たちにもよろしく(見送りました)
        -- 2018-11-23 (金) 23:54:13
  • ハローも立派になったもんじゃのう…あのころはもっとこんなに小さかったのにのう…(人差し指と親指で作る隙間は3センチ程度)
    まあ…ハローと初めて会ったのはつい…何年前じゃっけ?(首をかしげる)そこまで小さいときのことなんぞ知らんがのー
    あっ、これいまさらの昇進祝いじゃよ(柏餅と粽のこどもの日詰め合わせである) -- マート 2018-11-23 (金) 20:34:42
    • …ちんちんの話です?(頭おハロー発言)流石にそのサイズだったころの記憶はないかなァー。
      4年前ですねェ、俺がファミリーに所属して最初のころ。俺がガキの頃はあんまりコンビニっていうお店を使うような暮らし方してませんでしたねェ。
      …あら、これは丁寧にどうもォ。おもちだ。餅いいですよねェー。東国の食いもののなかで一番好きかも。
      -- 2018-11-23 (金) 20:53:41
      • ぶっ!何を言うとるんじゃ!(ぴしゃーん!と耳の先を赤くしつつ太もものあたりをビンタ、顔には手は届かないしお腹は躊躇したので)
        (じゃがこんなサイズなんじゃのう…と自分の指の間隔を見てみたり)
        もうそんなもんじゃったかー、時間が流れるのが早いんだか遅いんだかじゃ、コンビニはいろいろあるんじゃが値引きとかの慈悲はないしその辺りのさじ加減はみんないろいろあるんじゃろのう〜
        これは甘いお餅じゃがしょっぱい味にも合うのがええの、こう…歯ごたえ?になるんじゃろか、噛みしめておるとじんわり甘くなったりもするしのう -- マート 2018-11-23 (金) 21:07:02
      • 痛ァい!(ビンタは誰だって痛いのだ!)冗談ですからねェ!少なくともその5倍はゆうにありますからねェ俺!
        立派になったとかいうからそういうネタなのかと…いやすみません(太ももなでなで)…4年、長いような短いような妙な感覚ですねェ。色々ありましたが(懐かしむように)値引き…ないんです?時間たったものは半額シール張ってるイメージある。
        お米の良さって奴ですかねェ。優れた主食はあらゆる味に合うって言いますが、パンもコメもその辺はすごいですよねェー。早速いただきます(柏餅もっちもっち)
        -- 2018-11-23 (金) 21:11:15
      • (鞭打は女子供の為の技法…!)冗談と言いながら追い打ちをかける出ないわー!ばか!えっち!(反対の太ももに鞭打再び)
        そう言うのは男友達でするもんじゃろうに(偏見)学生じゃと卒業したりと、そう考えると長い方なのかもしれんのう…
        時間がたったら半額ってそりゃスーパーじゃろ、時間がたったら破棄とかに回るんじゃよ…まあ、有効活用はしとるがの!ああでもおでんフェアとかじゃと全品いくらみたいな値引きはあるかの
        パン、お米、そして麺…どれも優秀じゃのう、ハローは普段どのあたりを食べておるのじゃ?忙しそうにしておるでパンを食べながら…ばかりな気がするんじゃが
        麺とかは割と腰を落ち着けんと食べられんじゃろうしのう -- マート 2018-11-23 (金) 21:22:39
      • 痛ァい!(ぺちーん!といい音が響く)ごめんなさい…姐さんをからかう楽しみに目覚めかけてるところあるかなァって…。男子トークだとそのまま流れで色……っと。無し無し。
        学生かァー。逆にあんまり学校ってピンとこないですねェー。サボりがちだったし、中学中退だし。ファミリーに入ったころと、入る少し前くらいから俺の人生の密度高くなったイメージ(少し憂鬱気な微笑み)
        …コンビニによるんですかねェ。近所じゃ21時過ぎ半額になったりしてますが(あれー?って顔)俺は基本パン食ですよ。やっぱり街で一番ポピュラーですからねェ。パスタもあるけど時間がかからないのがメイン。
        高級店でいろんなものを食べたりはしますが…ああ、でもオニギリでしたっけ、あれはいいですよねェ。サンドイッチと同じくらい頭いい。
        -- 2018-11-23 (金) 21:26:36
      • ぷぅー(頬を膨らしてむくれている)そんな楽しみには目覚めんでいいんじゃ!(ぷんぷんである)
        学校はぴんとこんかったか、学校はほれ…あれ…どんな所じゃったかのう…そうそう、屋上で告白したりするんじゃよ(学生生活をしたことがあるのかないのか、さっぱり記憶にない様子)
        密度が濃くなって…今を楽しめればまあええんでないかのう、忙しくて楽しめんっちゅうなら問題じゃが!わしの義弟のケイカなんぞは言い方は悪いが堅物気味じゃったが趣味やらがあるならまあ大丈夫かの?
        そう言うのは見たことないのう…時間帯的にその辺りの時間にも行ったことはあるんじゃが…?(全コンビニを網羅している訳ではないので…)パンは美味いからのう…よう食いついた
        わしは逆に高級店はさっぱりわからんのじゃのう、一食だけで一日の食費が飛ぶようなお店はのーさんきゅーじゃ…食事が携帯性や利便性の追求に特化しておるのじゃ! -- マート 2018-11-23 (金) 21:40:30
      • 次から気を付けますねェ。からかうのは銀河サンとサイカくらいでいいや(ボスの直系相手に、どうにもからかったり甘える癖があるハロー君であった)
        屋上なんてあったかなァ…(孤児院で通える程度の質素なところだったので)…ま、そっスねー。今は楽しいですよ、忙しいなりに。
        休日も最近は作って、釣りなんてよくしてますしねェ。忙しさにも慣れてきたころですね(1日3時間程度しか寝てないけど)…ああ、いや。地域柄なのかも(気にせずって顔)
        高級店行ったことないんです?レストランとか。一食で一日どころか一か月の平均賃金が飛ぶような店は知ってますが。ふむ…(顎に手を当て)…今度一緒に行きましょうか、そういうところ。
        -- 2018-11-23 (金) 21:50:03
      • 銀河やサイカがからかわれた時の反応はどんなもんなんじゃろのう…あっ、そう言われるとめっちゃ気になってくるんじゃ!これがからかう側の気持ちなんじゃな…(心は何となくつながった…?)
        わしもなんかうろ覚えでのう…4年と言う時間を表すのにちょうどええ感じのものが思いつかんかった…!桃栗3年とは言うがわし育てておらんしのう(朝顔も枯らす程度)
        釣りかー、ゆったりした時間が取れそうでええのう!この辺りじゃと海でスノーさんみたく釣っておったりするんじゃろうか?こう…ルアーとかあるんじゃろ!(ハンパな知識)
        一か月の平均賃金って…考えただけでも恐ろしいのう…(首を振って)そんなところに連れていかれたら値段やらを気にして美味しいもんも味わう余裕がきっと無いから遠慮しておくんじゃよ、わしは奮発する時でも…出前ピザとかで十分じゃしな! -- マート 2018-11-23 (金) 21:58:27
      • …そうだねェ。銀河サンは可愛くて、サイカは乙女だったかな…(満足そうに眼を閉じて)…姐さんも、コイバナとかでからかうといいですよ。女子に特攻だから。ただし反撃に注意して。
        いいんですよ。無我夢中で仕事して幹部になって。いくつも麻薬組織潰して、知り合いも増えて。俺にとっちゃ素晴らしい時間でしたからねェ。何かに表すまでもなく尊い時間でした(ふっと微笑む)
        ああ、スノーの姐さんとはマブってるところあって、港にある道具箱やクルーズの合鍵を預かってます(ちゃら、と鍵を見せる)よく一緒に釣りますしねェ。ルアーも浮き釣りもサビキも投げ釣りもやります。
        そういう体験をね。しておいたほうがいいかなと思いますよ…高級だからって美味しいもんでもなく、むしろ気兼ねして味を感じなくなるという。そんなときは無性にそう、ピザとかが美味しく感じるんですよねェ。
        …ま、こんど時間ができたときに誘いに行きますよ。ドレスコードある所で夕食食べましょうねェ。当然俺のおごりです(にへっと笑って)
        -- 2018-11-23 (金) 22:07:15
      • 可愛いと乙女の細かい差が想像つかんのう…これはやってみろっちゅう暗示じゃろか?じゃが…コイバナはサイカに振ったこともあるが…わしもドライダメージじゃしのう(彼氏いない歴=年齢)
        麻薬組織潰して!の辺りはすごいのう…まだ20とかそこらじゃろ?若いのに大したもんじゃのう…(ご長寿目線)
        クルーズ!そんなもんもまであったんか、海に出て大物狙いとかもするんじゃろうのう…いろいろな種類の釣り方があるようじゃけど何を狙うんじゃろか?
        ええーっ、嫌じゃ…体験しとうない…と言うか美味しいもんでもない所に行きとうないんじゃけど!
        わ、わしは逃げるんじゃ!そんなお高いところはご勘弁なのじゃー!(これ以上話を続けると約束が確定しそうだ!と、脱兎のごとく逃げ出すのであった) -- マート 2018-11-23 (金) 22:21:01
      • うーん……(どうだろ。恋心が混ざってるかどうかじゃないっすかね。とは口に出さなかった)…いや。無理にとは言いませんので(これ以上言及しない優しさがハロー君にもある)
        19ですねェ。でもファミリーに入った目的がそれでしたから。満足はしてますよォ(息を吸う様に麻薬撲滅させる別名ファミリーの猟犬)
        沖の釣りは楽しいもんですよ。色々こう、説明してもいいんですけど……死ぬほど長話になりそうで…(ガチ勢なので早口で止まらなくなるほう)
        いや、美味しいは美味しいんですよ。でもそれが美味しいかどうかは人によって、姐さんにも体験してほしいなァって。…あ、逃げた。お疲れ様ねェ(見送って)
        ……まぁ俺の中で決まったら絶対に誘うけどねェ(早速マートの体のサイズに合わせたドレスを発注するのだった)
        -- 2018-11-23 (金) 22:25:16
  • …(妙だ。コッローディの異能を使ったはずなのに罪悪感がない。…いや、あるのか?妙に弱い)……遠慮しなくていい相手には対価がないのか…? -- 2018-11-23 (金) 00:25:34
    • どうしたのパパ?変に考え込んじゃって!そんな顔をしてたら幸せが逃げてっちゃうわよ
      ほら、笑ってー!(にー、と綺麗に磨かれた白い歯を見せて笑う、ハイジアの歯磨き指導の賜物だ) -- ピーナッツバター 2018-11-23 (金) 10:43:03
      • (おおよそ子供にはよく見透かされる。疲れた顔という物が分かるのだろう…決まって言われる言葉がこれだ。『笑って』……楔にも似た言葉)
        ………あんがと(にこっとこちらも笑顔を見せる)…バターちゃんはいつも元気でいいねェ。ハロー君も色々準備に追われて忙しいけど楽しくやってるところだよ。
        -- 2018-11-23 (金) 10:49:07
      • どういたしましてっ!パパのこと少しでも元気に出来ればそれは、わたしにとって一番嬉しいことだからっ
        (そんなハローに安らいでもらおうとさらに抱きついてあげようと)うん、パパは次の催し物で忙しいからあまりおジャマしちゃいけないと
        思ってたんだけど、あんまりなお顔してたから出てきちゃった!そうだ!ラリィパパとフェルモパパにね
        かわいいぬいぐるみを贈って貰ったの!今度その子達も連れてお泊りに行ってもいーい? -- ピーナッツバター 2018-11-23 (金) 11:00:54
      • (天使かよ…)忙しいのは事実だけど、その分癒しが欲しいなって思ってたところもあるからねェ。よしよし(抱き着いてくるバターをなでなでよしよし)
        ラリィとフェルモに?へぇ、いいプレゼントだねぇ。お泊りかァー(…最近は、まずい。吸血鬼に狙われてるから夜に一緒にいるというのは危険も伴う)
        …ハロー君最近夜のお仕事が多くてねェ。もうちょっと経って夜にゆっくり休めるようになったら、その時は一緒にお泊り会しようねェ(にへっと笑って)
        -- 2018-11-23 (金) 11:04:39
      • えへへっ、パパの撫でかたわたし好きよ、ちょっとくすぐったくて、でも安心するの(なでるとほのかに香るいい匂い
        太陽の下で元気に活動していた証である)えー、だめ?…そっか、それじゃあ仕方ないかっ
        うん!約束よパパわたし楽しみにしてるんだからっ(ハローの笑みに返事をするように笑って)
        少し元気になったみたいで安心したっ!夜のお仕事頑張れるようにお夜食作っておいてあげるっ!何があるかは帰ってきてからのお楽しみよっ
        それじゃあねパパっ!(おそらくその日から度々、テーブルにサンドイッチなどの軽食が置かれることになるだろう) -- ピーナッツバター 2018-11-23 (金) 11:19:56
      • そォ?子供は撫で慣れてるところはあるからねェ(子供らしい甘い香り。健康的に日々を過ごせていることが分かり嬉しくなる)そのうちね。ごめんねェ忙しくて。
        ああ、約束だ。バターちゃんから元気をもらったからねェ、レース大会もしっかり出来るように頑張るよォ。お夜食は嬉しいねェ(にへっと笑う。高級レストランで食べるそれよりも尊いものだ)
        またねェー。あんまり夜に出歩いちゃダメだよォ(時折差し入れされるサンドイッチを、嬉しそうに食べるハローの姿がそれ以来見られるようになったとか)
        -- 2018-11-23 (金) 11:23:05
  •   -- 2018-11-23 (金) 00:24:53
  •   -- 2018-11-23 (金) 00:24:51
  • (早朝…ハローにとっては最悪の寝起きとなる事だろう)
    (何かが窓辺で立っている、姿はない、音も無い、だが確実に何かが壁に寄り掛かり立っているのだ)
    (それは本能的な嫌悪感からこそ分かるものだ…天敵とも言えるようなモノに対する感覚)
    (一声掛ければそれは正体を晒すだろう、…ハローとは水と油である男が) -- コッローディ 2018-11-21 (水) 23:15:10
    • (ハローは就寝時、常に護衛を付けるようにしていた…今日は直属の部下の日だったはずだ)
      (確かに、護衛には「吸血鬼が出たら起こせ」と指示していたが……気づかなかったか。それとも通したのか…?後で話を聞く必要があるだろう)
      ………(ぞわっとした嫌悪感で目が覚める ベッドの中に隠している銀の銃弾が込められた拳銃を握り…窓際か)……男の寝室に忍び込むのが趣味か?
      (布団の中で狙いを定めながら……ゆっくりと体を起こし、睨みつける)…26時間ぶりに眠ってるんだ。静かに眠らせてほしいねェ?
      -- 2018-11-21 (水) 23:20:46
      • いえいえ…私は紳士をモットーとしていますので今回は極めて稀な事態ですよ
        (笑っているようで、どこか寝かしつけるようでもある独特な口調で男は語る)
        (そしてハローの瞳から一枚偽のテクスチャを剥がしたかの如く男の姿が現れた、魔術的な…それでいて隠蔽のほぼ完璧な光学迷彩)
        今日はとても個人的な質問をさせて頂きたく最も素なハローさんに会いに来たのですが…相変わらずですねぇ、働き過ぎです -- コッローディ 2018-11-21 (水) 23:26:17
      • (朝一番に見る顔としては最低の部類だ。けっ、と捨てて吐くように)…その紳士が寝起きの俺に何の用だ?
        (使ってる技術は…わからん、光学迷彩か?聞いてみるか。『使えるかもしれない』。)…便利な魔術ですねェ。姿を隠す…アルバさんも似たようなの使えるけど、完璧に透明になるのは難しいって言ってたのに。
        (とりあえず相手に敵意はないか。ベッドから降りて)……言っとくが低血圧だから普段より雑だぞ。御託はいいから用件を言いな(雑な口調。本心が零れている状態なのだろう)
        -- 2018-11-21 (水) 23:29:40
      • それはどうも、ですが片手間の術ですよ…光と音に働き掛け幻術で更に覆うだけの魔術です
        あまり吸血鬼には役立ちませんから(更には隠蔽も重ねた四重の魔術、だがハローの能力ならば模倣も不可能ではないだろう)
        ああでは血圧を高める手助けを…単純な質問です
        貴方は貴方の復讐がいつか遂げられるとお思いですか?
        手の届く範囲などという寂しい代物ではない、憎しみそのものと折り合いの付く日が来るのだと
        (男は何もない手のひらで何かを転がすように指を動かす) -- コッローディ 2018-11-21 (水) 23:50:38
      • ……(説明は耳に入れておく。使えるかどうかは…実際に試してみて、初めて分かるだろう。使えなければ俺はこの男に嫌われていたという理解を得るだけだ)
        …質問?(コーヒーを一人分淹れながら聞く。当然自分のものだ)………………(無言で聞いて、コッローディに顔を向けずにカップにコーヒーを注いで、一拍)
        …悪い。言っている意味が分からん。(それは雑な口調であった)俺が麻薬に対して復讐心を抱いてるってのは分かるが、遂げるっていう意味が分からん。やりたいからやってるだけだ。
        …俺は麻薬に家族を殺された。麻薬は許さない。だから麻薬を蔓延させる奴は敵だし潰す…そんで、憎しみと折り合いをつける気も、無い。(はっきりと。コーヒーに口を付け、煙草に火をつける)
        …もし俺が努力して、最終的にこの世から人が悲しむような麻薬が消えることがあれば最高だが。そうはならんだろう、わかってる。だが、わかってるからって辞める理由にはならない…し。
        憎しみで麻薬組織を潰してるってのは事実だが。それで少しでも笑顔になる善人が増えるなら、俺は止める気はない。……なんだ?悩んでんのか、アンタ。
        -- 2018-11-21 (水) 23:58:41
      • (その答えに対し男は愉快そうに静かに笑い出す)クックック…はあそれはそれは…いや成る程
        いえお気を悪くしないで下さい、単に嬉しくなって笑いが漏れただけですから
        こちらに関しては確実に気を悪くするでしょうから敢えて言わせて貰いますがやはり貴方は好ましい
        ああそれにやっとファミリーというものが貴方をどう変えたか理解出来ました
        (そこまで言えば男は一旦言葉を切る、笑いを止めて静かな口調だ)
        ええ悩んでいますとも、私は分かろうとはしていない…だからこそ悩み続けなければなりません
        自分の憎しみが目的に対し効率性を落としてはいないかと…まあそれも憎しみを正当化しているに過ぎませんが
        その上で別の悩みがありましてそれを氷解させたく貴方に質問した次第です、お蔭で答えは出せました -- コッローディ 2018-11-22 (木) 01:15:55
      • …(男の静かな笑い、そしてその後の話も寝起きの不機嫌そうな態度で聞く そしてこちらもやっぱりな、という風に)…あんた。人に感情を零すのが苦手だろ。
        なんで嬉しくなったか、なんで好ましく思ったか…なんで理解できたか、その辺の説明をしないから疑われることに気づいてないだろ。勿体ぶる癖やめたほうがいいぜ(あくまで雑な口調。この男は今本音しか零れない)
        …いやだから分かんねぇって。何をわかろうとしてるのかも、何を憎んで別の悩みが何なのかも。説明不足って言われない?報連相しっかりしないと幹部になれないよ?
        ……勝手に答えを出すのはあんたの勝手だけどよ(そこで言葉を切って、ふぅ、と吸い終わった煙草の火を消せば)…ファミリーが気に入ったんなら。もうちっと自分の気持ちを零すことを覚えたほうがいいねェ(普段の口調に戻った)
        -- 2018-11-22 (木) 22:15:38
      • これは失礼、常日頃から疑われていた方が都合がいい人生を送っているとついこの様な態度になってしまい
        単純な話ですよ、私も世に遍く救われぬ方々が救われればそれで良いと思っています
        憎んでいるのは吸血鬼…そしてそれらを繋げるのがデイライトです
        ただその過程で不用意な私情はそれらの効率を落とすのではないかとここ暫くは考えさせられましてね
        ならばとその感情を長く味わい続けた貴方ならばどう返すかと質問をさせて頂きました
        (珍しく男は自らの本音を語る、相変わらずの笑みはその信憑性を酷く落としているが)
        (ファミリーを気に入っている…その言葉を私情と言い換えた辺り勿体ぶる癖を消せないのだろう)
        ああその上でもう一つ奇妙な質問をば、…貴方にとって大切な方々の夢を覚えていますか? -- コッローディ 2018-11-22 (木) 23:02:34
      • 不用意な私情ねェ。…(ぐんぐん頭を回し始める 回せば廻すほど間延びした口調が戻ってくる)…別に俺は、そんなに味わい続けたなんて思ってないけどねェ。
        (コーヒーを一口。ふぅ、と息を零して)…ファミリーが俺を救ってくれたのは確かだけど。人は何かに寄り添わないで独りで立ち続けられるほど強くないんだ。俺はそうだった。
        だから寄り添う物の尊さに敬意を払う…俺にとっては、それがファミリーだったってだけだ。アンタにもそういうのが…自覚出来れば多少は仲良くなれるかねェ(無理だな。と脳内では即答をして)
        …ん?夢?…俺はほとんど夢を見ない。ショートスリーパーだからねェ。…ただ、時々見る夢は大抵、過去に亡くしたヤツらのことだ。
        悪夢のような目覚めになるけど……それも俺は尊いものだと感じてる。それが俺の芯であって、過去は無くすことはできないからねェ。
        -- 2018-11-22 (木) 23:53:20
      • いやあどうでしょう、やはり…なんと言いますか私と貴方は致命的な所で水と油だと思いますので
        (その即答を更に裏付けるように男は続けた、ハローが男を嫌う要因はこの男がそうある限り変わらないのだろう)
        いえいえそちらの夢ではありませんよ、ただそうして振り返られるのならば忘れてはいないのでしょう
        ただあまり悪夢ばかり見ていると怒られてしまいますよ?時々は良い夢を見られますよう
        …残念ながら私も良い夢はついぞ見ていませんが(そう言うと男は寄りかかっていた壁から立ち上がる)
        では私はこれで…また一日お互いに仕事に勤しみましょうか(そう言うと男は去っていく)
        (そして扉を開けて出ていくのだが…護衛をしている者達は気付かない、光、音、幻術…そして隠蔽)
        (彼等の目と耳と肌は何も変わらぬ時を刻み続けているのだ) -- コッローディ 2018-11-23 (金) 00:14:28
      • …俺もそう思ってるよ。(この男とは水と油。ハローもそれは分かっている…始まりは同じ悲劇のはずなのに、なぜこうも正反対の思考になったか それはもはや性根の問題なのだろう)
        …だから言葉が足りねェって。そっちの夢なら当然覚えてるさ…(カズヤの夢はギャングスタ―。スミレの夢は幸せなお嫁さん。どっちも…叶う前に、いっちまった)
        …耳が痛いね。けど、いい夢は起きてるときに見てるからねェ。だから怒られることなんてないのさ(アイツらに胸を張って生きて行けるか?それは、ハローが常に意識していることだった)
        (だから自分の信じる道を行く。ハローの思考はいつだってシンプルだ…目の前の男とは違う。)
        …そうだな。アンタが出ていったらすぐにでも準備するさ。寝起きには二度と来るんじゃねぇぞ(念を押して、去っていく姿を見送った…)
        ……全部の要素を隠蔽させる方向に使ってんのか。器用だな(だが覚えた。後日使う機会があれば使ってみよう……と思い。恐らくハローもコッローディも全く想像だにしない使い方をするのであった)
        -- 2018-11-23 (金) 00:20:56
  • 改めてハローくん、幹部昇進おめっでとー!(来るが否やパパーン、とクラッカーを鳴らす)どうー?忙しすぎて「俺…こんなに幹部が大変なものだとは思ってなかった…!」なんてなってないかい? -- ハムレット 2018-11-21 (水) 22:13:40
    • あんがと、ハムねぇ(にっと笑ってクラッカーを浴びる)…まぁ忙しいことは忙しいですが。前から俺の仕事量こんなもんでしたからねェー。そこまで大変ではないかなァ。
      むしろやれることが増えたんで楽しんでやってる節はありますね(こいつワーカーホリックに…!)ハムねぇは調子はどうです?楽しくやってる?
      -- 2018-11-21 (水) 22:15:54
      • にひひ…忙しいのは前からだったもんね!んんーぶっちゃけ顔見たら分かった。むしろやりたいこと更にやれてるって感じすらするさぁ
        というか普通に黒服ズが顔パスで通してくれたどころか和やかに挨拶してくれたんだけど。キミの持ち回りは独特の雰囲気だねぇ
        ああうんもうばっちしさ。まさか抗争があったのに今の体のまま帰ってこれるとは思ってなかったしさぁ -- ハムレット 2018-11-21 (水) 22:23:13
      • 顔で分かるもんですかねェ。まぁやりがいには溢れてますしね、この仕事。町のためになる仕事をメインで出来るってのはありがたいことですよねェ。
        …ああ、それは。(肩を竦めて)俺のほうで徹底してるんですよ。町の人に怖がられてもだし、俺みたいな若造に敬語を使わせるのも変だしで。肩の力抜いてやるように部下にも言ってます。
        …そうですねェ、抗争ではいろいろひやひやしましたが。無事に終わってよかったですよ…ナイスでしたよ、最後のロケラン。死ぬかと思いましたけどねェー(いやぁビビった)
        …ハムねぇの能力、一度くらいは見てみたいとは思うんですが…あれって、自分の細胞を使って相手を癒すんでしたっけ?補填が効かないっていう…
        -- 2018-11-21 (水) 22:27:03
      • 尚疲れてます死にそうですとか言い出したらいろいろサービスしてあげるつもりでございました。命拾いしたねェ(にやーと笑い)
        ほー…珍しいね!フレンドリーさを演出するってトコ見るの結構珍しいよ。大抵は刷新と一緒に引き締めもするし、ボクのポジションだといきなり合うなんて出来ないや
        これも新世代、新しい風が吹いてるってことかなぁ(興味深げにハローの顔を見る)
        というかさー…幹部に上がったってことはファミリーのいろいろ引き継ぎと一緒にボクのデータも皆行ったって事だよねぇ。知った顔が幹部にあがるとこういうのが何かこう、ハズい(手で顔を覆う)
        あっそういや近々なんかレースが開催されるとかって話じゃん?ハローくんも噛んでるのかい? -- ハムレット 2018-11-21 (水) 22:35:04
      • まって。サービスを受ける側だったのに命拾いとは一体…?(えっ怖い…って顔で)んー…俺自身がかたっ苦しいの苦手ってのもあるけど。俺ら町の治安維持任務がメインですからねェ。
        町の人に怯えられちゃ困るし、カッコつけなくても信頼を得て敬意を持たれるようになれば自然と頼られるってもんだと思ってますよ。…ん。そんなに見つめられると照れます(にへっ)
        …まあ、俺にはそうですね。元々自前で情報を手に入れてたところはありますが、流石に事実と知って色々冷や汗が出たところはあります。
        ああ、レースです?あれは俺が主催ですねェ。(しれっと)サイカにやりたいって言われたもんだから断るわけにもいかず。まぁ慣れてますけどねェこういうの。
        -- 2018-11-21 (水) 22:40:35
      • サービス、それは……整体!(なんとなくかっこいいポーズ)
        ―(彼の優しすぎると言えるほどのスタイルに何かを言おうとしたが)…いんや、キミらしいね!上手くいくよう草葉の陰からこーっそりとお祈りしてますよ
        やっぱりぃ?普通SFじゃあるまいし…って反応するもんねぇ…(かくん、と頭を垂れる)そうそう、ボクの一部を提供してそれで傷口を塞いだりとかイロイロするんだよ。…いっちゃーわるいけど見てて気持ちの良いもんじゃないよ?こう、まず幹部に指先からぐりっと…
        キミか!キミが主催かー!んじゃーまさか…当日直々に出場したり…? -- ハムレット 2018-11-21 (水) 22:55:07
      • (あっ死ぬな…って顔)
        ……いいんですよ、難しいことは俺もわかってます。でも、諦めちゃいけないものってあると思うんですよね。だから…ま、そんなとこです(雑な口調で頭を撫でる)
        ええ、アンドロイド、っていうのも何人か知り合いはいますが…。…一部を提供して、傷口を塞ぐ…うーん…(理屈は分かっているが…見ないと、どうにも。しかしそれはハムねぇの前では絶対言えない)…まぁ、見る機会がないことを祈ります。
        左様。(こういう雑な仕事を任されてすべてに答えた結果の幹部である。忘年会しかり、抗争しかり…)…んー、人が足りなかったら、って感じですかねェ。一応愛車もありますし。
        -- 2018-11-21 (水) 22:58:59
      • …うん、正直言うと大分難しい道選んだと思うよ。先達がやらないってのは何かしら意味が有るもんだしさ
        でもでも、「諦めちゃいけないもの」の為にその選択をしたキミに敬意を表する!難しくてもやってできないことはないんだしねぇ
        (居るんだアンドロイドの知り合い。って顔)んー…まーそういう顔をするのもわかんなくもないよ。いつかの楽しみにしといて頂戴♪
        流石でござる。予備枠かー…若干カッチョイイマシンでかっ飛ばす姿を見たい気もあるけど。ほらこの前イカス車にのってたじゃん?(抗争の時を思い出し) -- ハムレット 2018-11-21 (水) 23:10:33
      • その意味を知ったうえで、幹部やっていく中で難しいってなったら……(ふっ、と笑みをこぼして)幹部辞めますよ。俺のやりたいことがやれないなら、立場は二の次ですしねェ。
        ありがとう、ハムねぇ。その一言で俺はもう少し頑張れますよ。…いつかはこの考えがみんなにも広まるといいなァ。どーだろね。(マフィアらしからぬ考えだが…真に町と繋がるなら、いつかは)
        (いる。ミーちゃん。という幹部特有のテレパシー)いやァ、俺が走るとレースクイーンの視線独り占めするところあるから他の人に悪いかなァって。いえもちろん冗談ですが(にへっと笑って)
        ああ、真紅のフェラーリ…今も使ってますよ、なかなかいいもんですねェああいう車も。でも、あくまで俺は裏方で、メインはみんなが楽しんでもらえることですからねェ。そのために俺は仕事も頑張ってるんです。
        -- 2018-11-21 (水) 23:16:56
      • …びっくりだ(その時は幹部をやめると聞き目を見開いていたが、すぐに目を細め笑みを浮かべる)……そっか、イイねェ。ボクキミのそういう誰もマネできなさそうなトコ、大好きだ♪
        (ピピッと通じた)ほんとかーほんとに冗談かー?ちなみにギンガにレースクイーンに誘われたんだよね…賑やかしになるかどうか怪しいけど。あと絶望的に身長が足りにゃい…
        ホントキミはなんというか…。お陰様で皆ワイワイ楽しめてるしそーいうとこ頭が下がる思いだよ。……ありがとう(肩を竦めつつも感謝の念を述べ、目配せをした)
        さて、それじゃあボクはここいらで退散しよっかな。イベントの成功も祈ってるよ。そして多忙な幹部くんに幸あれ!(と、言い残して去っていった) -- ハムレット 2018-11-21 (水) 23:34:01
      • …ま、俺はこんなやつですよ。頭おハローってよく言われる。そして大好きって言われるとかなり照れるのも俺かな。…ハムねぇそういうところはズルいよね(所在なさげに指先で頬を掻いて)
        ハムねぇは自分の魅力にお気づきでない…?全然いけると思いますよォ?ついでに医療班も募集してるからメディカルテントにいてもらっても嬉しいし。看護婦さんに混ざって違和感なく。
        俺にとっちゃ、むしろ楽しんでくれることに頭を下げたくなる想いですけどねェー。(にへっと笑って)…人の笑顔が好きなんですよ、俺は。
        あんがと、ハムねぇ。貧乏くじをよく引く俺ですが、その祝福で成功を確信できたかな。ハムねぇもぜひ楽しんでってほしいねェー(笑顔で見送った)
        -- 2018-11-21 (水) 23:38:24
  • ……ハロー兄ちゃん。(ネズミがいつもの間延びした調子ではなく、こうした呼び方をする場合、それは…) 思った以上に事態は進行してるかもしれない。
    ……吸血鬼。うちの倉庫にも仕掛けてきたよ。 ご丁寧にネズミの姿を使ってね。 -- フェルモ 2018-11-21 (水) 00:00:41
    • お。ハロー…(普段通りに挨拶を交わそうとしたが、口調だけで察して)…何かあったか?(こちらも仕事モードに。この辺りは長い付き合いなりの機微がある)
      っ。…やっぱり、か。すまん、しっかり警戒伝えておけばよかったな…ネズミなら、俺の前に来た奴と同じだろうね(雑な口調。真剣に考えこみながら)…まず、無事でよかったよ。
      しかし倉庫、地下でってことは……銀とか使ったけど、鼠に分散されて逃げてった、ってところか?(相手の能力、フェルモの実力、地理的条件諸々を総合して推理して)
      -- 2018-11-21 (水) 00:08:36
      • いや…聞いてたとしても、まさかいきなり「中」に入られるとは思わなかったからね、流石に。
        レア(レアンドロ)からも聞いたよ、アルバのにーちゃんを追ってる奴じゃないかって。 まぁ…品は無いけど頭の回る、厭な奴だった。(小さく鼻を鳴らして肩を竦め)
        ネズミの郡体で襲い掛かってきたから弾だけじゃ手が足りなくてね…閃光手榴弾を使ったけど全部は仕留めきれずに逃げられた。 こっちの備えを偵察する意図もあったんだと思う。次から何かの対抗手段を講じて来る可能性も…ある。 -- フェルモ 2018-11-21 (水) 00:25:10
      • あいつは…やりようによっちゃどこにも忍び込めるし眷属も増やせるかもしれない…危険だよな、マジに。
        (頷いて)同一人物で間違いない。俺もアルバさんどこだって聞かれたしな…あァーその表現適切だわ。愚かだけど馬鹿じゃないのが厄介なところ。…絶対いつか鼻を明かしてやるけどねェ。
        俺は群体は何とかなったけど1つになってからかなりてこずったな…強い。それだけは間違いないねェ。……しかし閃光手榴弾か…(光…普通の光じゃだめだが)…太陽光の閃光手榴弾とか作ってみるか。アテがあるから聞いてみよう。
        コッローディのやつは工夫する相手だって言ってたよ。銀の銃弾がヤバいなら防弾スーツを着るような知恵はあるだろうねェ。……思った以上に厄介だ。ヒザキの旦那にも報告しておく。何か他に言ってなかったか?ヤツは。
        -- 2018-11-21 (水) 17:57:41
      • 最近「下」界隈で噂になってる赤い目のネズミやコウモリ…その辺りは多分アイツなんだと思う。
        口の減らない奴だから…挑発には乗ってこないにしても、こっちの隠し玉を出す時におしゃべりで気を逸らすのは難しくないかもしれない。 そして自分のやり方に自信を持ってる…だからこそ、付け入る隙もある。(相手のやり口を冷静に分析する)
        倉庫の中じゃ焼夷弾を使うわけに行かなかったからね。紫外線投光器辺りは効くかもしれない。 催涙ガスにもニンニクやタマネギの辛味成分を使った物があるから…一考の価値はあるかも。 流水が効くとなればスプリンクラーだって使える。万全を期すならタンクに聖水でも詰めておけばいい。
        それと…こういうものも効くかもしれない。繊維製の防弾装備くらいなら貫通できるはず。(したためてきた設計図を見せる。弾頭の代わりに白木の杭を装填したグレネード弾だ) 悔しいけど基礎スペックじゃ向こうの方が上だ、こっちも利用できるものはなんだって利用して潰さないと。
        ……多分、僕を狙ったのは…これ、だろうね。(自分の赤い目を指差し) 上手く行けば、対策装備の集積所の管理者に違和感無く成り代われたわけだ。 -- フェルモ 2018-11-21 (水) 18:48:09
      • 相手を馬鹿にするような話になら乗ってきそうだよねェ。自信はあるけど確証を取らないタイプと俺は見てる。勢い重視というか…付け入るならそこだな。(ふむ、と分析を重ねて)
        紫外線照射装置は数少ないけど整えてる。その辺も銀スプレーとか開発してたりするけど…ニンニクの催涙ガスはちょっと女性の部下に止められて…(遠い目)…こうしてあげると結構弱点多いよなァ。
        それでも滅びてないあたり吸血鬼だけど…お(面白い。杭が飛び出る仕組みか…と設計図を見て)これならどてっぱらに穴開けられそうだねェ。いいね、出資するから作ってみてくれ。そういう発想は俺弱いからねェ。
        ……実際俺も襲われたとき、最初にフェルモ無事かって考えたところあるね。白い鼠の紅い目ときたら…地下に蔓延してないか、って。時間の問題かもしれないけど。……どうする?配属を一時的に変えるか?(おおよそ答えは分かってるが、気遣いの意味も込めて聞いた)
        -- 2018-11-21 (水) 19:53:32
      • 僕も実際に奴に銀の弾を食らわせてみるまで…実際それだけで大きく変わるのかって思ってたよ。
        ケーネ曰く、吸血鬼はルールによって守られている…らしいから、そのルールを崩されるのに弱いらしいよ。 それが吸血鬼の弱点だって。 裏を返せば奴らはそれを死守しようとするだろうから。
        何せ接近戦は不利だ、こっちは噛みつかれれば終わりだし…人間より力もある。そうなる前に対処しないといけない。 …色々考えてみるよ。(設計図を懐にしまって頷き)
        いや…大丈夫。少し巡回を増やしてもらうなりするくらいで平気だよ。 一人で居る事が多いから、何かあった時に早めに気付いてもらう事の方が大事だ。 それに…僕にとってもあの場所が一番住みやすい。
        わざわざ赤目を狙ってきたって事は…眷属が赤目になる事は避けられないって事みたいだ。 ファミリーの中でも赤い目をしてる人物への警戒と警備と…そうでなくても様子のおかしい人間が居たら、カラーコンタクトをして無いかのチェックを。
        …もし今後、僕の様子がおかしいなんてことがあれば…ペペロンチーノやプッタネスカでも無理やり食わせてくれればいいよ。(冗談めかして肩を竦めて見せる) -- フェルモ 2018-11-21 (水) 20:26:56
      • (大きくうなづく)実銃は跳ね返してくるくせに、銀の弾じゃ大砲みたいな威力になるからな…。ルールを崩すのに弱い、か。…なら俺は得意分野かもねェ(最高の反則を切り札として持っている。ただそれは自衛にしか使えない…)
        (町全体を守るためには備える必要があった)近距離であいつらの右に出られるのはファミリーでもごく一部だろうねェ。頼むよ、力で叶わなきゃ知恵で対抗するってもんだ。(信頼を持って依頼した)
        了解。対吸血鬼装備を充実させた部下を手配しておく(メモを取って)…赤い目なら、もし眷属になってもすぐには分からないしな。了解…様子がおかしくなったら、か(それをどこまで出してくるか…疑いが暴走するようにはなりたくないが)
        …あん?何言ってんだフェルモ(は?という風に…装って)その程度で済ませるわけないだろ?ひっとらえて監禁して、そんで鼠車でも廻してもらってて…(にへっと笑って)…本体を潰して、眷属化が抜けたら解放してやるよ。
        もちろんそうはならないのが一番だけどな。コッローディに聞いたんだ、眷属化は本体が死ねば無力化する。…だからこそ早めに退治が必要だけどな。(肩を竦めて)
        -- 2018-11-21 (水) 20:38:05
      • 装備以上に各自の創意工夫がものをいう部分もあるかもしれないけど…無いよりいいからね。
        判別法なんて…それこそ、パーティーと称して人を集めて、ブラックライトのついた部屋に案内してニンニク料理でも振る舞ってみるとかね。
        くく…ははは、是非ともそうしてよ。 あんな品の無いやつの眷属として悪さをするよりずっといい。(にっこりと破願して頷き)
        時間をかけるほどあいつらに有利になるだろうね… とはいえ、焦れば綻びが生じる。 素早く、なおかつ慎重に行こう。
        ……それじゃ、僕はこの辺で戻るとするよ。 あまり長時間倉庫を空けるのも心配だ。 ……頼りにしてるよ、にーちゃん。(最後はいつも通りの呼び方で。手を振りながら帰っていった) -- フェルモ 2018-11-21 (水) 20:57:15
      • ああ。それ採用しよう。幹部とかでの集まりの時はブラックライトを浴びせるようにするわ…早速手配しよう…(それもメモに書く 面白い試みだ…)
        任せろ。やると言ったらやる男だよ俺は(ふっと優しく微笑んで返して)ああ…時間は俺たちの味方にはならないねェ。手っ取り早く片付けたい…そのための策も走らせてるけど。
        お互いに何かあったら情報交換しておこうぜ。(頼りにしてる、と言われれば肩を竦めて)…こっちこそ、ってやつ。頼むぜ(手を振り返して見送った)
        -- 2018-11-21 (水) 21:18:59
  • ご昇進おめでとー!!えへへ、大出世じゃない??よっ!あんたがたいしょー!
    それで今度はレースの主催とかー、デキる男は大忙しだねー。あ、これアタシからのお祝い。ラリィちゃん特製肝臓にやさしい栄養ドリンク定期券! -- ラリィ 2018-11-20 (火) 22:32:03
    • あんがと。みんなのご助力あってのもんだからねェ。でもこの立ち位置になれた以上、今度は出来る限りみんなに還元していくつもり。難しい仕事はどんどん俺に振ってねェ。
      あー。そっちはサイカのレースクイーンが見たいという一心で企画してるところある。やるって言っちまったからなァ…(苦笑を零して)出来れば盛り上がるといいねェ…お?嬉しいねェー(にへっと笑って)
      …肝臓に優しいドリンク。つまりこれは、普段睡眠時間が3〜4時間の俺が愛飲しても肝臓にダメージが行かず、かつお酒飲むときにも使えるっていう…そういう?
      -- 2018-11-20 (火) 22:36:33
      • アタシはアタシで、地味ーに幹部に準じた待遇だったりして。でも正幹部さんと比べちゃったら動かせるパワー的にはやっぱりぜんぜん劣るし、必要な時は甘えさせてもらっちゃおーかな。
        ……それしか寝てない場合は肝臓よりお脳のダメージを心配したほうがいいと思うけどー、だいたいそんな感じ。
        体に蓄えたエネルギーを絞り出させるっていうのじゃなくて、速やかな回復を応援!って感じだから、まあ普通のドリンクよりは健康的だよ。
        ちょっぴり自転車操業めいちゃうけど、そうなるのは生活習慣っていうかオシゴト抱えすぎ問題が原因だから、アタシの力を越えちゃってるところある。
        たまにはちゃんと休まないとダメだよー。ひとまずはサイカchangのレースクイーンで回復できそーかな?? -- ラリィ 2018-11-20 (火) 22:59:17
      • ラリィはそんだけ重宝される知識があるってことなんだから、むしろ俺より誇っていいよ。俺はとにかく仕事やってただけだからなァー。…勿論、困ったら何でも言ってくれ。力になれるなら何でも。
        脳のダメージは俺も危惧したことがあって一度医者に診てもらったけど、なんかショートスリーパー?ってので大丈夫って言われたぞ。常に…レム睡眠?深く寝てるとか(まぁ眠い時はあるけど、と)
        速やかな回復か…それはありがたい…(いい薬です。今度早速使わせてもらおう)お仕事抱えすぎ問題とは言うが。あれぞ、一応一週間に半日くらいはゆっくりしてるぞ!
        サイカのレースクイーンで回復出来たら今俺はラリィを見るだけで完全回復するところあるよね(はっと肩を竦めて)サイカの腰回りがどんくらい細くなったかからかうのが楽しみなだけだったりする。今頃ダイエットでもしてるんだろうなァー(楽しそうだ)
        -- 2018-11-20 (火) 23:08:16
      • レム睡眠は浅いほう。ノンレム睡眠が深いほう。ってことはー、ハロー・ワールドは夢を見ない?(くすくすと笑って)漫画みたい。
        足りなくなったらその定期券を持ってアタシのとこに来てくれたらー、まいど格安でご提供ー。……それゆっくりって言う??
        またまたー。照れちゃうからあんまり褒めないの。サイカchangのダイエットかー、ちゃんとできてるかなー。
        それにしてもレース、楽しそーだね。アタシもでてみよっかなー!それとも医療班がいいかな?ナース服なんか着ちゃったりして。 -- ラリィ 2018-11-20 (火) 23:28:24
      • そーそれ。ノンレムのほう。…夢か。ほとんど見ないな…たまに見るときは大抵悪夢だよ(雑な口調で肩を竦めて)…仕事してる夢とかかなァ(にへっと笑って間延びした声を)
        是非行かせてもらおう…あ、俺の部下が定期券持ってっても対応してくれると嬉しい。(3回に1回くらいの割合でハロー本人が行きます)…?午後から休めるんだぞ…?(なぜ?という顔)
        …ダイエットだけど、もしラリィが見ることになったら薬でやるのだけは止めておいてね。俺はサイカの努力が見たいです。
        おーおー、是非出てみてくれ。参加者が集まるか不安なところもあったんだ。勿論賑やかしも大歓迎だぜ?……いや医療班にしよう。設営準備に含めておくわ…(真顔。ファミリー男子の期待にこたえなければ…!)
        -- 2018-11-20 (火) 23:34:16
      • (またごまかして、と内心むむむとしたが、冗談に応えてくすくす笑った)
        いーよー。かわいいスタンプも押したげる。(などと笑って)
        ふつうは一日休みでも足りなくて、連休とかでよろこぶの!感覚おかしくなってるんだからもー。
        (ノーやせ薬。と頷いて)いちおう単車とか自動車とか、動かせなくはないんだけどねー。……なにその『やらねば』顔は!(ちょっとやらしーぞ!、と、すこし膨れておどけたあと)
        医療班了解だよ。ちゃんと準備しとくね。……さて、アタシはそろそろ行こうかな。それじゃーまたね、根詰めすぎちゃだめだよー! -- ラリィ 2018-11-20 (火) 23:43:40
      • (なんだかラリィの前だと口が滑るんだよなァ。なんでだろ。心が頼ってんのかなァ。と内心冷や汗かきながら)スタンプ…そういうのもあるのか!集めたら1本サービスでお願い(ヘビーユーザーになった)
        連休…あ、でもこないだ一週間連休したよ!(病院のベッドの上でな!)たまにそういうのはあってもいいよねェ。1か月に1回くらいはそういうの作ることにしよ。(果たして…)
        俺は幹部だからね。部下の期待にこたえなければならないところあるよね…(後でいろんな手段で説得を試みました。ナースコスするかしないかはお任せで!)
        頼んだねェー。実際そういうところの人材がいてくれると助かるよ。あんがと、程々に頑張るー(またねェ、と見送った)
        -- 2018-11-21 (水) 00:01:52
  • さあ、行きましょうか! (バシッ!とフォーマルなドレスを着た女がやってきた) -- セミレチエ 2018-11-20 (火) 21:57:33
    • はい。予約は取っておきましたよォ。…高級レストランでよかったですかね?テーブルマナーガッチガチの所で。 -- 2018-11-20 (火) 22:05:58
      • やたら手回しがいいわね、さすが19にして幹部になった男と言ったところかしら
        もちろんそうよ、半端なところじゃ練習にならないしね……でも魚料理以外選べるところがいいかな -- セミレチエ 2018-11-20 (火) 22:13:43
      • そういうところに気が回らないとやっていけない仕事でもありますからねェ。推理大切。セミ姉さんがドレスで向かってきてるという部下の報告から即予約入れました
        セミ姉さんお魚苦手でしたっけ?でも大丈夫ですよォ、肉メインのコースにしますので。…選ぶなんて言う自由が利くレストランだとでも…?(コースです。と。スーツを整えて)
        …じゃあ行きますかねェ(と向かった先はガレージ。中には真紅のフェラーリがあった)…助手席どうぞ。運転しますよ。
        -- 2018-11-20 (火) 22:16:22
      • 怖い! わたしなんとなく今日かな、って決めて出てきただけなのにあなたファミリー全員監視でもしてるの!?
        えっ選べないの? なんかわたしの想定割と超えてるわ、うわっ緊張してきた……(腕のあたりをさすりながら)
        おおっと、とんだじゃじゃ馬だわ。なに、幹部になったから張り切っちゃったー? あなたこれ乗りこなせるんでしょうね (助手席に乗り込みながら) -- セミレチエ 2018-11-20 (火) 22:28:57
      • 街の8割くらいは俺の部下の目があるんじゃないかな。もちろんプライベートなことは連絡しませんが、女子の部下が気を利かせてくれてねェ。「あれ絶対デートですよ!?相手が気になりませんかハローさん!」って。相手は俺だよ(肩を竦める)
        メニューはありますが予約する以上もう出てくる料理の仕込みくらいしてる時間でしょうねェ。…まぁ、個室は取っておきましたが。普通にみんなの前でやるのがよかったです?(にへっと笑って)
        いんや、これはこないだの抗争でチョロまかした車です。俺だけじゃなくてアルバさんやフッサールさんも手に入れてましたよ。…ん?俺の腕前をご存じない?(ギアを入れる)
        (ぶぃー。普通に安全運転で向かいつつ)一応港に陣取ってた走り屋共にレースで勝利して手懐けた経験あります。今度レース大会も企画してますしねェー。幹部になるとやれること増えましたよ…(そんなことを言いつつ、15分ほどでレストランに到着)
        …はい。行きましょうか(出てきたボーイに車の鍵を渡して中へ。凄く慣れている風である)
        -- 2018-11-20 (火) 22:34:00
      • 頼むからその娘にこの事言わないでよ、あと個室なのはグッド。あなたがドSじゃなくて安心したわ
        あらそんな美味しいモノがあったの。男は車が好きねー、わたしならさっさと売っぱらってるわ (苦笑しつつおおっ、と身構えた)
        ……まあ信じてたけどね。走りやってああ、ドラッグレース紛いのヤツね。……サラッととんでもないこと言うわね、あなたなかまになりたそうにこちらをみている! 出来る人?
        (かくして格式を感じさせて嫌味のないガチのリストランテに着く。ボーイに対しても黙ってうなずくだけでやや気圧されている感じだ)
        ……ねえ、参考までに聞くけどここって二人でいくらぐらい? -- セミレチエ 2018-11-20 (火) 22:59:05
      • レディーとの時間は二人きりで過ごすのが趣味なだけです。割と顔売れてるから落ち着いて食事できないしねェー(にへっと笑って)
        この車をそんな売るなんて…いい車ですよ。そうそう、それ(頷いて)ああ、えェ。そりゃまぁ。薬から回復した子とかの社会復帰支援とかもしてますし?割と話の分かる奴らでしたよ(今は部下で使っている)
        ……聞きます?とりあえず5回も通えば車の1台2台は買える程度です。大したそれじゃないですよ。(稼いでいる…というより金を使う暇がないのだ。なのでこうして浪費する)
        (個室に通され、円形のテーブルに。当然のように上座の椅子を引いて)…どうぞ。男女で食事の際は、男性がエスコートするのがマナーです。俺から座ったら話にならないので。(早速のマナー講習だ)
        -- 2018-11-20 (火) 23:15:53
      • ひゅー! でも大事なコができたらそういうのちゃんと考えてやりなさいよ、女泣かせると怖いからねー (冗談めかしてそう言った)
        そんなに。今ちょっと後悔したわよちゃんと味わえるかしら……大したことある、……でしょお?(声が高くなりかけた……けどすんでのところで抑える)
        なるほど、それじゃあ失礼して……なにか一声あったほうが良い? 黙ってうなずくぐらいが良いかしら? -- セミレチエ 2018-11-20 (火) 23:27:27
      • そこは…まぁ、そうなったらその時に(にへっと笑ってお茶を濁した)安心してください。高級な料理=美味しいってもんじゃないと俺も思ってますから。雰囲気を味わうところありますよねェ。(肩を竦めて)
        いえ、仕事相手ならありがとうございます、くらいでいいかと。エスコートされてるって自覚を持っていればそんな変な言葉は出ませんよォ(では失礼、と自分も座る)…椅子の左側から座って、立つ時も左側からがマナーです。
        で、手荷物とかも椅子の左側に置く。ナプキンは…(ハロー君による丁寧な講座が続く。理由から覚えているのでそこの説明も加えつつ)…まぁ俺も正直、かたっ苦しいと思うことはありますけどね。
        (飲み物のオーダー。ソムリエに一任するのが鉄板です、と一任。お出しされたスープは)……音を立てて飲むとマナー違反ですからね。(スプーンの背でスープを冷ましつつ)
        -- 2018-11-20 (火) 23:39:16
      • そっか、それじゃあ……いやこの前置きがもう変よね、ありがとうございます(そう言って着席した)
        左ね、うん。それは知ってた……ほんとだってば!(そう言いつつ素直に聞いていく。前回の会合での自己採点は60点ぐらいだった……今更冷や汗をかいた)
        同感だけど、でもまぁ期待に応えてこそだからね。やるからには真剣にやらないと (でも内心ではお任せかぁ、と思っていた。もちろん期待以上のものがお出しされたのだが)
        あのね、いくらわたしでもズルズルすすったりはしないわよ! 冷まし方も……それは、知らなかったけど……(そんなこんなでその後一通りのマナー講習を終える。出来はまぁまぁ、いやギリギリぐらいだろう)
        (とにかく頭には入った。参考になったわ、ありがとう。あとこれ借りだから、早めに返すからね。と言って戻って行った) -- セミレチエ 2018-11-20 (火) 23:58:16
      • そう。自然体でいることも大切ですよ。何より楽しむために食事会ってするもんですからねェ。多分俺がセミ姉さんをマジに食事に誘うならバイキングにする。お互い気楽が一番。
        でも、やっぱり覚えようって気持ちが一番大切ですよ。何事も。何で俺もこうして教えてるわけですからねェ(足りない部分は指摘して、正しいやり方を都度教えつつ)
        (出来としては初回にしては充分。それよりも真摯に勉強しようという姿勢にハローも敬意を示し、またやりましょうねェ、と約束を交わして)
        俺も楽しかったんだから気にしなくていいのに。(借りと言われれば苦笑を零して、無理しないでいいですよォと帰りも送っていったって話だ)
        -- 2018-11-21 (水) 00:06:04
  • ようハロー、どうやら例のやつはうまくいった見てぇだな……カチコミで出世するとはよほどうまくやれたようだな。 -- バルト 2018-11-20 (火) 19:00:37
    • 例のやつってのは無料招待券のほう?…それとも抗争?前者は堪能させていただきましたけどねェ。…ま、みんな無事で何よりってことで。
      俺がうまくやれたってより、俺とかアルバさんが練った作戦にみんなが頑張ってくれたってのが大きいですかねェ。他力本願ですよ(肩を竦める)
      -- 2018-11-20 (火) 19:27:51
      • どっちもだ、前者は楽しめたようで何よりだ、またいい嬢を見つけたら教えてやる。
        後者はまぁ、なんだ……あぁいうのは他力本願でいいんだよ。(煙草を取り出すと咥えて火をつける)
        抗争ってのはいわゆる損失に対しての尻拭いと補填だ、やらねぇことに越したことはねぇ。
        まっ、今回はそれとは別に試験としての意味合いをもたせたんだろうな。 部下をうまく使えるやつは優秀だ、殴って蹴ってカチコミするやつよりも優秀だ。
        なんにせよお前は認められたってことだ、謙遜するのは認めた上層に対して失礼だ俺は目をつぶるが今のうちに直しておけ。 -- バルト 2018-11-20 (火) 21:30:46
      • …他力本願でいいんですかねェ(にへっと笑い自分もタバコに火を付ける)…もちろんそうです。けど、今回はやらないと町に被害が出ましたからねェ。
        …まぁ確かに、あれの前から上のほうから見られてるかなァって雰囲気ありましたねェ。ヒザキの旦那やサイカが妙に声かけてきたり…まぁ、期待に応えられたって事でしょうかね?
        …そうですね、悪い癖でした(そう言われれば確かに。自分を低く評価できない立場であることも自覚して)…流石に、いろんな人を見てるだけありますねェ兄貴。言葉に重みがある。
        …ついでと言っちゃなんですが。人の上に立つ人間が気を付けるべきところってどこかありますかねェ。参考までに聞かせてください。
        -- 2018-11-20 (火) 21:35:41
      • おいおい、幹部になったってのにそれぐらいのことは自分で考えろってんだ。
        ……とは言うもののてめぇの頼みだ一つだけ教えておいてやる。(煙草の煙を大きく吐き出すと自らの目を指差す)
        人をちゃんと見ることだ、そいつがなんのために組織の居るのか見抜くためにな。
        忠義なのか野心なのかそれとも何となくなのか、そしてそいつは頭を使うやつなのか無謀なやつなのか臆病なのか……。
        人となりが見えてくれば部下の使い方もより上手くなる。 ……背後から刺されないためにもな。
        他にはいろいろあるが俺からはこれだけだ、あとはてめぇで見つけろ。 -- バルト 2018-11-20 (火) 21:52:39
      • 面目ない次第です(にへっと笑って)どうにも…人に頼ることを覚えすぎたせいか、自分を上手く見れてないときがあるなァって。人から言われて気づくことが多いんですよ。
        …人を見る、か(それは…ハローが心がけていることの一つでもあった。部下を上手く使うためには、上司がどんな人間か理解するためには)
        …人を観察することは、相手への理解にもつながり、そしてそれは友情や敬意につながってく、って俺は思ってます。だからこそ…今後もしっかり見て行かないとなァ、って。
        ありがとうございます兄貴。大変参考になりましたよォ。…ところで、雑な話をしてもいい?兄貴は俺の事どう見てます?(他人の評価が気になるというよりは。雑談の延長で聞いてみた)
        -- 2018-11-20 (火) 21:58:56
      • はぁ? てめぇのことをだぁ……。 そうだな。(煙草を地面に落とすと足で踏み潰す)
        俺から見たらまだガキだ、というよりまだ青い……いや青クセェと言ったほうがいいな。
        組織に居るくせに野心が感じられねぇ、かといって忠義に勤しんでいる感じもしねぇ。 じゃあなんだ、だからといってギラギラしていないわけでもねぇ。
        企みってものも感じねぇがじわじわと燃える青い炎ってのを感じる。 そんな青臭さだ。
        俺がてめぇに心配してるのはそんな青臭さのところだよ。 -- バルト 2018-11-20 (火) 22:17:26
      • 青臭さか…(成程、と改めて言われてみると自分の心境に気づけるものだ)…確かに、上に登ろうって野心は強くないですねェ。幹部になったのも出来る仕事増やせるって理由で頑張りましたし。
        さらに上なんて目指してないし…忠義と言われれば、ボス自信への忠義はあんまりないかも。ファミリーは大好きだしファミリーのみんなも好きですけどね。
        ギラギラは…あァ。多分そこはバルトの兄貴は知らないだけかな。確かに基本的に立会の場での俺しか見てませんもんねェ。(苦笑を零して)
        …俺の本質、兄貴が感じてるところの青い炎ってのは…麻薬を取り締まる、その一点です。麻薬が絡めば、俺は人が変わりますよ。自覚もしてる…俺の芯はそこにある。
        …だから心配しなくて大丈夫ですよ、兄貴。嬉しいですけど。…麻薬が大嫌いで、それが蔓延するような治安には絶対にさせない。だから俺はファミリーにいるんです(不敵な表情で)
        -- 2018-11-20 (火) 22:21:34
      • あぁん、なるほどねぇ……麻薬……麻薬かぁ……まっ、てめぇの過去については聞かねぇし聞く気もねぇ。 ここじゃ過去なんて後ろを向いていく場所じゃねぇ、意味もない。
        組織についての矛盾も感じることもあれば、よそからのモノもある。 それがてめぇの燃える理由だとしても俺は気にはしねぇよ。
        せっかく幹部になったんだ、てめぇがどうしたいかは俺は聞かねぇが立場は利用できるだけ利用しておけ。 俺に出来るもんは立ち会いだけだからな。
        んじゃぁ、立って長話するのもあれだ、俺は行くぜ。 また酒でもおごってやるさ。 -- バルト 2018-11-20 (火) 22:43:10
      • 察していただければ幸いですねェ。どうしてもね、過去に刺さった楔が俺の理由になってる。それを後悔はしていないし、恥じてもいないんですけれど。
        でも、町の人たちを…ファミリーを守るためにも、やれることが増えるのは悪くない。だから俺は幹部になりましたし、使えるもんは使わせてもらいます。勿論ね(にへっと笑って)
        ええ、色々とためになる話をありがとうございました。…ほんと、若造なもんで。これからも色々助言くださいね、兄貴(ゴチです、と言って見送った)
        -- 2018-11-20 (火) 22:46:58
  • (貴方を護衛している時間、用事をいくつか頼んでそのままベッドへと潜れば日々の疲れからかぐっすりと眠りに入ることが出来……)
    (微睡の中でそっと貴方の手を握る何かの感触……それは少女のもので、眠る貴方に何か囁いている)
    (疲れたので振り払って眠っても良いし、眠ったまま耳を傾けても、起き上がって注意しても良い……) -- ドーニャ 2018-11-19 (月) 21:16:41
    • (ハローの寝つきは早い。睡魔に襲われているというのもあるが、メンタルをコントロールする術を覚えているのか…5分も経たず静かな寝息を立て始める)
      (しかし。深い眠りの中からでも、些細な変化で起きることが出来る敏感さも併せ持っていた。…どこで訓練をしたのだろうか?今晩も手を握られ、囁かれれば)
      ……ん。ドーニャ、どした…敵…?(意識を覚醒させて。しかしさすがに眠たげな様子ではあった)
      -- 2018-11-19 (月) 21:43:17
      • (小さく、か細く……いつもよりも小さなそれは、聞こえてしまって眠りを邪魔したくない、でも伝えたい、ことでもあり……まるで子守歌の様に抑揚の無い声が続く)ハロー……は……いつも、頑張ってるね…………本当は……偉いって思ってる、し……もっと休んで……遊んでほしい……けど……
        ハローは…………ハローだから…………出来ないん、だよね…………ハローは……無理しちゃ、駄目……だよ…………私が……私なんかでも…………頑張る、から……守る、から…………
        だから……死なないで…………生きて、ずっと元気で……居て…………じゃないと……辛い、から…………(ここからは掠れて聞こえず)…し……な…いで………
        (僅かな時間ではあったがそう語り掛けていると彼の声が聞こえて、びくーんと体が硬直したのが手を越して感触として伝わるだろう)
        ……ねむ…………り……なさい……(そう言いながら彼の鼻をつまんで、きゅっと唇も指でつまんで塞ぐ) -- ドーニャ 2018-11-19 (月) 21:53:39
      • (……生きて、ずっと元気で。のあたりから聞こえてた。一気に脳が覚醒する)……(だがここで飛び起きても、ドーニャを余計に心配させるだけか)
        …はぁい。問題ないならねむ(むぎゅ)…へふ(むぎゅぎゅ)………(死ぬんだけど?息できないんだけど!?と高速で手と指を使ってアピール)
        -- 2018-11-19 (月) 21:57:05
      • (じたばたわちゃわちゃしている彼を無表情で冷徹に見下す少女)特に……問題は…………無い…………
        (ぱっと手を放して)…………安心して、良いよ…………きっと…………今日は、大丈夫………………邪魔、して……ごめん、なさい…………
        ………………(そう言いながら手袋を脱いでそっと彼の額に手を当てて、そのまま優しく頭を撫でて)寝てて、良いよ…………お詫び……(寝付くまでそうしてくれるらしく……) -- ドーニャ 2018-11-19 (月) 22:18:36
      • ……!……!!(顔が青くなりかけたところで手をはなされた)っぶはっ!はーっ!…問題あるよねェ!?護衛対象に息の根を止められそうになったよねェ!?(冗談とわかる笑顔でツッコミを入れる)
        ……ん。(息も整えれば)…ああ、いや、大丈夫。こういうやり取りも望んでるところあるからね。気が楽になるっていうねェ(ぽす、と枕に頭を預ければ…)…お。(撫でてもらっている)
        (そうされるのが気恥しい気もしたが…ドーニャの気持ちだ。ありがたく受け取ろう)…ん、あんがと。助かる。…おやすみ(雑な口調で微笑んで、目を閉じる。…誰かに撫でられながら寝るなんて、もしかすると初めての夜かもしれない)
        (驚くほど早く、再度の眠りについた)……ん……ドーニャ……(寝言だろうか?小さくつぶやく)
        -- 2018-11-19 (月) 22:50:53
      • (彼の口調が少し変わるのを聞くたび、少女もどこか安心したように眉を下げている……)
        …………(そのまま眠りを妨げない程度にそっと、優しく撫で続けて……彼の声が聞こえれば控えめに返事をした)…………何……? -- ドーニャ 2018-11-19 (月) 22:59:01
      • …………ドー……ナツ……可愛い…(ドーニャもナツちゃんも可愛いねェ。みたいな夢を見ていたが。ひどい呟きに変わるのであった) -- 2018-11-19 (月) 23:09:40
      • ………………!?(彼の寝顔を二度見して)……(中空に視線をやって)……(もう一度彼の顔を見て)
        ……………………ドーナツは………………可愛い…………(しっかりとその言葉を深く胸に刻み込んで)
        ハローは………………偉い…………(両手でその寝顔をわしゃわしゃわしゃーとして、どこか満足気な足取りで警備に戻っていった) -- ドーニャ 2018-11-19 (月) 23:16:19
      • (そのまますやぁ……と朝まで安眠を果たしたハロー。当然何か言ったかなど覚えているはずもなく、ドーニャに礼を言って警備の任を解く。そして朝の仕事前に…)
        ……生きて、元気で、か。……同じようなこと、スミレにも言われたなァー(気だるげに頭を掻いてから。彼の一日は始まるのだった)
        -- 2018-11-20 (火) 00:29:41
  • 気がついたらハローにーちゃんが大出世してた!ねーねー、偉くなるコツってなんなの!?
    サイカねーちゃんに聞いても「ただ生きてるだけでいい」みたいな事言われちゃったし(肩書きが変わっても、接し方は変わらないお子様) -- レアンドロ 2018-11-19 (月) 20:43:37
    • ははは。そうだねェー…睡眠時間とお別れすることかな…(遠い目だ。いろいろ失ってきた目)…あ、敬語とかは全然いらないからな。今まで通りでいいよ。
      あー…そりゃー…(サイカはただ生きてるだけで幹部に上がれるよ直系だし。とは口には出さなかった)…つまり、生き延びるってことが大切って事だろう。訳すと。心配してんだよ、サイカなりに。
      -- 2018-11-19 (月) 20:47:13
      • カフェインのとりすぎには注意だよー…ほんと死んじゃうから! よかったー、ヒザキさんと話すみたいにしなきゃいけないかなーって少し緊張した!
        ちゃんと生き残ってれば段々出世できるからーって言われたけど、そーゆーのじゃないんだよねっ やっぱハローにーちゃんみたく、どーん!と
        …っていうわけで、抗争とかあれこれで遅くなっちゃったけど、ヒザキさんとアルバさんとコッローディさんと話してきたよっ ちょっとだけ事情飲み込めた! -- レアンドロ 2018-11-19 (月) 20:57:01
      • 一時期はやばかったけど、人に仕事を振るようになってからは多少はマシになったかなァ。大丈夫、毎日寝てるから。…俺だけだぞ?他の幹部には礼を欠かさないようにな?かたっ苦しいのは苦手なのさ俺は。
        どーん!か。前向きなのもいいけど、万が一がないようには気を付けてねェ。生きてこそ、だからね。…まぁレアンドロはしっかりしてるから大丈夫だろうけどな(信頼の言葉をかけることでより強いメッセージ性を伝える)
        ん、話してきたか。…まぁわかってる通り、どうにも吸血鬼がこの街を狙ってる、って感じだ。前に渡した銀の銃弾はそういう意味もあったけど…(そこであぁ、と申し訳なさそうな顔になり)
        …後でフェルモに聞いたんだけどさ。ワーウルフって銀の銃弾とか駄目なんだって…?知らないとはいえ悪いことしたな…?
        -- 2018-11-19 (月) 21:03:03
      • わ、わかってるよー…敬語って、うまくできないから大変だけどっ 前は偉い人と話すの、全部にーちゃんだったし…
        ボクはしっかりっていうかー、ちゃっかり?(にしし、と笑って)それとねー、その肝心の吸血鬼とも会っちゃったんだ…皆が深刻そうにしてる理由、よーくわかった
        んぇ?あー、うん…でも頭とか心臓に直撃しなきゃそこまでじゃないよー 弾込める時、うっかり弾頭触ると焼けるみたいにあっついから、取り扱い注意!だねー -- レアンドロ 2018-11-19 (月) 21:17:32
      • 大切なのは相手に対しての敬意だぜ。それがあれば雑な敬語でも相手に伝わるし、逆にそれが無けりゃ整った敬語でも相手にばれるもんだからねェ(だからこその敬語不要、と考えるハロー)
        いいねェ。そういうの大好き(肩を竦めて笑みを返すが…実際にあったと聞けば)…マジ?……まず、よく無事だったな…?(自分が出会った個体の恐ろしさから)
        (危うい奴、と聞けば頷いて)…あとで報告書俺にも提出してくれると助かる。…あ、直撃とかじゃなければセーフ?それなら…そうだな、あいつらは銀とか、弱点つかないとマジでやばい。持ち歩いておくといいよ。
        (実際にあったんなら…と、分厚い報告書を取り出す。ハローが前にあった吸血鬼の情報、戦闘の状況などが書かれている。…ハローの異能を抜いて)はい。よく読んでおくように。(分厚い!)
        -- 2018-11-19 (月) 21:33:37
      • できれば、ちゃんとした言葉遣いも覚えたいけど…そーゆーのは学校行かないとだよね それまでは今の感じでがんばる!
        なんか、あんまり争いを起こしたくないっていうか…問題をそっと解決したいやつ?だったみたいで…
        もうヒザキさんには渡したんだけどー、同じ物でよかったら!(鞄から書類を出して)セーフっていうか、即死はしないぐらい(もちろん重傷は負うよ、と)
        うぇー!?なにこれぇ、すっごい量じゃん!!(ずっしり重みが手に伝わってくる代物)…はーい……(渋々な返事だ、とっても) -- レアンドロ 2018-11-19 (月) 21:44:28
      • それでいいよ。そのうち周りの人を見て自然と覚えていくもんだ。敬意をもって接してればねェ(にへっと笑って)
        …そうなの?マジ?…俺有無を言わさず殺されかけたけど?(違う個体なのか…争いを避ける目的のやつがいる?…口元に手を当てて推理を走らせる)
        お、助かる。(書類を受け取る。目を通し始めて)…そんなにひどいのか…ごめんなァ頭おハローで。獣人の特性も覚えておくべきだなァ(部下にも結構いるんだし、と首をひねる)
        それが俺の本気の書類作成だ。1時間で作ったぞ。…他人の命もかかわる問題だからな。読んどけ。幹部命令ェー(だが、その口調と表情は優しく)
        -- 2018-11-19 (月) 21:52:12
      • 年上でも年下でも、敬意は大事っ!(頷き)あ、そっちがアルバさんを追ってるやつかな…すごい執念深い、って言ってたね
        うぅん、知らなかったんならしょーがないよっ!ボクなんて知らない事だらけでハローにーちゃん以上にやらかしてるかもしんないし…
        (にこにこ笑っていたが、少し真面目な口調で)でも、ボクのことはもっと知ってもらないと、いけない。ボクとハローにーちゃんの間だけの話じゃ、なくなっちゃったから…
        うん、全部読む。その代わりにー、ハローにーちゃんが時間とれそうな日、おしえて?(書類を鞄に押し込み、ポケットから地図を出す)ココの、印つけたとこで待ち合わせ!
        (新しい地図なので街外れの何もない場所となっているが、廃線となってそのまま放置された鉄橋がある地点だ) -- レアンドロ 2018-11-19 (月) 22:06:26
      • そう、そっち。俺にも狐はどこだって聞いてきて…まぁ答えなかったらズバ、だ。気ィつけろ、全力で逃げても恥ずかしくないからな?
        そんなことはない…俺のやらかし、特に女性関係での仕事のやらかしに比べたらねェ…(遠い目で語る)…ん、そうだな。これはファミリーの問題だ。
        頼むよ。…ん、俺か?…構わないけど(地図を覗き込む ここは…)…鉄橋か?街からは修繕依頼とかはまだ出てなかったと思うけど。
        ……いいぜ、時間作ってそこに行くよ。……えっと、何かあるのか?そこ…。
        -- 2018-11-19 (月) 22:14:01
      • うん、ヒザキさんにも生き残るの最優先って言われてるから…多分思いっきり逃げる!
        えぇー…ちょっとそれは聞いちゃいけない系のやつっぽい!?取り返しがつくやつならいいんだけどねー…
        そう、鉄橋!そこの真ん中で待ち合わせだね…ここに何かあるっていうより、なんにもない!(言い切った)
        その分、誰か来たらとっても目立つし…秘密のお話するにはうってつけ!お外じゃないとちょっと困る部分があってね…
        それじゃ、詳しい事は今度話すねっ!ちゃんとお祝いできなかったけど…幹部おめでとう、ハローにーちゃんっ!(蓋が閉まりきらない鞄を抱えて帰っていった) -- レアンドロ 2018-11-19 (月) 22:31:06
      • そうだ。それでいい。まずは死なないことからすべては始まるからねェ(そう、死んだら終わりだ。俺の親友も、レアンドロの兄も。終わっちまえば何もできない)
        察して(目を閉じた)取り返しのつくミスはいくらでもやっていいけど、取り返しがつかないと後悔ってのに変わるからなァ。気をつけよ、お互い。
        …ああ成程。(寄ってくる者の存在を見る為ならば確かにベスト。いい着眼だとも思いつつ…それなりの話か、とも察して)了解。上手く時間作るよ。
        ん、あんがと。つってもあんまり変わってないけどねェ中身は。またな、レアンドロ(笑顔で見送った)
        -- 2018-11-20 (火) 00:28:02
  •   -- 2018-11-19 (月) 19:35:29
  •   -- 2018-11-19 (月) 19:35:27
  •   -- 2018-11-19 (月) 19:35:24
  • おー!オレ達みーんな出し抜いて幹部に昇進したハローの兄貴じゃないっすかー♪(そんな弄りまくりな第一声を放つケーネを「なんて口の利き方してんだ」と恫喝するロベルト)
    す、すいやせん・・っ!(「よく言って聞かせやすんで」と付け加えるロベルトと共に、幹部昇進おめでとうございますと揃って礼をする) -- ケーネとロベルト 2018-11-18 (日) 18:48:54
    • 出し抜くって何だよもー。俺の実力ですー(にへっと苦笑を零す。おくびにも、前の抗争で一人で隠し財産を手に入れた罪悪感は出さなかった。罪悪感には慣れているのだ…)
      (どうもあんがと、と祝福の言葉には雑に返礼し)…いいんスよ、ロベルトの旦那。幹部になっても俺は俺だし、逆に畏まられると俺が恐縮しちまう。
      変な幹部だってのは分かってるんですけど、これまで通りの態度で構いませんので。…ってことでケーネ、普段通りでいいからなァ。今後下手な敬語を使ったたびにお尻触るからそのつもりで(にへっと笑って)
      -- 2018-11-18 (日) 18:51:57
      • (「お尻触る」と言われれば嫌そうな顔、ケーネ自身も調子が狂う様で、出来ればハローの提案に乗りたそうであったが・・・「それでは示しがつきやせん」とロベルトはにべもない、こいつはもうこういう男なのだ、マジあたまかたい)
        (諦めてくだせぇと小声でお頼みしつつ)そ、そういえば・・・最近遂に吸血鬼が出たなんて話も聞くんすけど・・・ハローさんはそういうの聞いてやせんでしょうか?(なんて話題を転換しようと試みてる) -- ケーネとロベルト 2018-11-18 (日) 19:04:39
      • (示しがつかない、という小言に苦笑を零す。ロベルトの旦那はこういうもんだ…知ってはいた。だからケーネには後で幹部命令で「敬語を使うな」って言っておこう。子供が使い慣れない敬語を使う姿はあんまり好きじゃないのだ)
        (とりあえずお尻カウント1、と見えるようにメモに取りつつ)んー?聞いてるよ…というよりこの後ロベルトの旦那にも報告しようと思ってたところだ。こないだ、実際に遭遇して戦りあってる。…ちっと待ってね(椅子から立ち上がり、資料から分厚い紙束を取り出す)
        (それを二人の前へ)…俺が遭遇した吸血鬼との一連の流れをまとめてみた。目を通しておいてくれ…んで、出来る限りの対策を。流体じゃあ弱いかもしれない(無論、資料の中からハローの異能の部分は抜いてあるが)
        …まぁケーネが使った場合はわからんけどねェ(ゲートを使った体ならまた違うかも…とは。この男の口からでなかった)
        -- 2018-11-18 (日) 19:08:49
      • (ありがとうございますと礼を言って書類に目を通す二人)・・・ネズミの群れに噛みつかれたんすか?・・え?でも・・・(ハローの体に目をやってるケーネに「読め」)で、でも銃弾をそのまま撃ち返してくるって・・・(ハローの体に目をやってるケーネに「読め」)はい・・・
        十字架も結構効きそうっすね・・・であとやっぱ銀か・・・紫外線、大蒜や流水はまだ・・・筋力は・・兄貴張り合えそうっすか?(「わからん・・・が、少なくとも捕らえる事は難しそうだ」と群体になったり液状になったりする様子を確認している)
        (若干言いづらそうでもハローの口からその話題が出たのは少し意外ではあった)『デイライト』っすね・・・街の人襲って手下増やされたら厄介だって兄貴とも話してましたけど・・・(あれが普及してるなら・・と言いかけ、ハローを気にして口を噤む・・・そんな雰囲気などどこ吹く風といった様子で「銀の弾丸、俺にも回してもらっていいですかい?」と淡々と要請をするロベルト) -- ケーネとロベルト 2018-11-18 (日) 19:39:17
      • …俺の銃は特別製なんだ。ケーネも見たろ?抗争の時に狙いを外してなかったの。…「想いが籠ってる」からな。外れないのさ(にへっと笑って、情報開示はここまで)
        スーツはボロボロになったけどねェ。十字架は形を模したスティレットでも効果があった…よりしっかりとした奴なら見せるだけで効果ありそうだ。春物の流行に十字架モチーフで流行らせてみよう(そういう裏から手を回すのが好きすぎる男)
        その他も色々試したかったけど試す暇がなァ。…ああ、そういう理由でコッローディが廻してるのは俺も理解してるところだ。やり方が心の底から気に食わないだけでな…(ケーネが恐縮するもんじゃないから、と肩を竦める)
        (銀の銃弾を希望されれば)もちろん。事務所に備蓄もあるし、倉庫にもかなりの数廻してます。アークの兄貴がいい武器商人紹介してくれましてねェ。
        フェルモのところにあるからメンバー分、後で取りに行ってください。フェルモに言えば数の管理までやってくれるように言ってあります。…まぁ獣人特攻な面もあるんで、持たせる相手には気を付けて。
        -- 2018-11-18 (日) 19:44:22
      • あー・・・見てねぇっす・・(海に飛び込んでそのまま撤退したケーネは知らない事だった、そういうからにはそういう物なのだろう)
        ハローさん、そういう事も出来るんすねぇ・・・あぁでも・・春物の新作が出回るのって確か2月で、流行りも作る側がある程度決めちゃってたりするんすけど・・・今からねじ込めるもんすかね?(「ハローさんに任せておけば心配ない」とロベルトはその辺り特に疑問を抱いていない)
        (ほっと胸を撫で下ろし)じゃぁお遣いはオレがやっておきます(なんてロベルトに言ってたり)
        (二人そろって席を立つと、改めて昇進祝いの言葉を述べて帰っていった) -- ケーネとロベルト 2018-11-18 (日) 20:14:00
      • (しょんぼり)かっこよく真紅のフェラーリで突入したのになァ…。まぁ後で見せてやるよ。とりあえず俺の銃は外さないって事だけ覚えといて。
        (さん付けにひどくくすぐったい気持ちになる。お尻カウント+1しとこ…)…捻じ込めるもんだよ、頭使えば。ブームは作るものだからね…まぁ、その辺は旦那の言う通り、俺に任せて。専門だから。
        ああ、そっちもしっかり準備しておいてくれ。一番危険で一番重要な役割が治安維持の部隊だ…抜かりはないように。んで、死なないようにね(まぁ、この二人の実力なら問題は無かろう)
        (どうもねェ、と祝いの言葉に返事を返し。二人を見送った)………旦那の事だ。ケーネをぶつけてみようとか考えそうだな…(後で様子見ておこ、と考えた)
        -- 2018-11-18 (日) 20:28:24
  • (ハローの組より、膨大が金額がファミリーに上納された。それは先日の抗争後、すぐの事である)
    (抗争で見つかった金塊や宝石では比べ物にならないほどの高額。その出処をファミリーは調査したが、内部の金や大きな友好組織のカネでないことは間違いない。ファミリーを裏切るような行為ではなかった)
    (ファミリーはこれまでの実績も含めてハローを高く評価し、その上納金に敬意と信頼を重ね、彼を───ファミリーの幹部に昇進させた。)
    -- 2018-11-18 (日) 12:30:37
    • …揃ったァー?(きぃ、と黒塗りの高級皮の椅子に深く腰掛け、長机に並ぶ自分の直近の部下、およびよく仕事を回しているファミリー数名。幹部になったため、一度全員を招集して今後の動きについて周知する必要があった)
      ………そんなわけで、俺、幹部になれました。いやーボスの直系じゃなくてこの若さで幹部になるのって俺が初めてらしいよ。やったねェ。これもみんなの働きのお陰です。いつもあんがと。
      (雑な感謝。しかしこの男が雑な口調を使うときは、本心が零れている。それをよく知る部下達からは、おめでとうございます、ありがとうございます、と口々に零れた)
      -- 2018-11-18 (日) 12:37:30
      • さて。それじゃ今後について、一応幹部になった俺のほうからみんなに言っておくことがある(きぃ、と体勢を正し、机に両肘をついて手を組み、締まった表情に。部下たちもどのような指令が出るのかと身構える。幹部になったのだ、さらに激しい仕事になることは───)
        ……これまでどおり、俺には雑な敬語でいいから。あと、肩肘張らないでやってこ。(真面目な表情から一変。にへっ、と笑った)…いやぁ、くすぐったすぎてそういうのやっぱ無理だし。
        これまでと俺のやることは変わらない。町も出歩くし、自分でも仕事する。仕事はちょうどよくみんなに割り振る。……それでこそハロー組でしょォ?楽しくやっていこうねェ、みんなで(幹部に上がり、そこでの第一声が「幹部として扱うな」。…部下たちからは笑いが零れた)
        ん、それでいいの。笑って。笑顔が無いと仕事って疲れっちゃうからねェ。……つまりは今後もこれまでと変わらない。みんなで頑張っていこうねェ。以上!(ザッ!と部下たちが一同に礼をする。強要されたものではない、心からの敬意によるものだ)
        (そういうのいいのに、と苦笑を零して)…よし、じゃあ抗争も終わったし、まずは吸血鬼関係の騒動をメインでやっていこうね。でもそっちに目を取られて普段の仕事をサボらないように。バレるからねェー。早速だけど仕事おねがい。ますは…(その場でテキパキと今後の仕事の指示を振る。そしてその後は街に出て、また自分で情報を整えるハローの姿があった)
        -- 2018-11-18 (日) 12:44:05
  •   -- 2018-11-18 (日) 12:28:09
  •   -- 2018-11-18 (日) 12:28:07
  • (逃げ転がるようにセーフハウスに。はぁ、と息をついて懐から隠し財産の場所が記されたメモを取り出す…明日早速動こう。…明日だ)
    あー……前よりマシかなァ…(メモを金庫に仕舞い、ソファに横に。ひどく疲れた顔をしている)……なんでこんな対価なんだ、俺は…
    (罪悪感。心臓が掴まれていると錯覚するほどの罪悪感。それを一日拭い切れない、今日一日の体調は最悪だろう…)…はぁ。まァしょうがないねェ。
    -- 2018-11-18 (日) 01:42:26
  •   -- 2018-11-18 (日) 01:39:48
  •   -- 2018-11-18 (日) 01:39:46
  • 覚えてしまった感覚 想い出とは違う類 もっと泪の傍に在って いつも心臓掴まれてて -- 2018-11-17 (土) 11:02:22
  • 充分理解できている ずっとそれと一緒 -- 2018-11-17 (土) 11:01:37
  • そうじゃないと 何も 見えないから -- 2018-11-17 (土) 11:01:01
    • …ボクがセンカ姉様ならキミは本当に不能になっていた所だよ! -- サイカ 2018-11-17 (土) 11:41:28
      • 先に俺の竿を侮辱したサイカが悪いって俺思うんだけどねェ。不能にされるのだけは勘弁。別にいいじゃん減るもんでもないし… -- 2018-11-17 (土) 11:51:23
      • うぅ…だってほんとに見せてくるとは思わなかったんだもん…
        それで、昨日は何を話していたのさ?…吸血鬼、って奴の事? -- サイカ 2018-11-17 (土) 11:56:58
      • 後でサイカも見せてくれればトントンになるねェ。
        …んー?まぁそう、その件。コッローディの野郎から聞いてるか、サイカなら。俺も襲われてねェ。どうしよって話してたわけよ。
        -- 2018-11-17 (土) 11:59:17
      • ば、ばか…何言ってるのよもうっ!うぅ…キミは、そう言う所だぞっ!
        …やっぱり。ふむ…思ったより早く来た、って所なんだ。…デイライトの流通もまだまだ進んでいないんでしょ?……襲われた、ね
        厄介だったの? -- サイカ 2018-11-17 (土) 12:06:32
      • (にへっと笑って)サイカの前だとつい。他の人の前じゃもうちょっと仮面被るんだけどねェ。
        思った以上にってところじゃねェかなァ。アルバさんやロベルトの旦那の部下が西のほうで遭遇したってあたりも理由の一つかね。…あと。麻薬として流通させたのは俺は納得してないからねェ
        (そこだけは矜持に障る。苦虫を噛み潰したような顔で)んー…厄介だったかって言われると対策不足だった面が強いかなァ。サイカの能力でも…(実際に使ってみて)…不覚を取るかもねェ。
        銀の銃弾だけは常に備えておいたほうがいい。俺も無かったら今頃死んでるよ。
        -- 2018-11-17 (土) 12:11:45
      • どうしてボクだけ…恥かしいんだぞ、そう言う事言われるの(むーっとハローを見るも、まあ…そこまで嫌悪感はないのは、この男の成せる技なのだろうか)
        …それについてはボクだって良いとは思っていないけど…ボク達のやり方じゃ、スラムの子供達を効率良くは救えない。寧ろ…彼らとは敵対することの方が多いんだ。…(そして吸血鬼の話しを聞けば、考える様に)
        なるほどね、キミがそこまで言うなら相当に厄介だと思っておくべきかな…なんにせよそれなら、キミが無事でよかったよ。…キミが生きていれば、戦う力の少ない者達も対策を講じやすくなるだろうし(自分には出来ない仕事だ。ハローの事をそれだけ信頼しているともとれる様に言って) -- サイカ 2018-11-17 (土) 13:02:46
      • そういう所だぞっ、てやつ。(さっき言われた台詞を返す。年の近い…姉への我儘のようなものだろうか。心を許す相手だからこそ見せる一面)
        …うぅん…(憮然とした顔で頭を掻いて)…救えないかどうか、やってみなきゃわからん…やらずに楽な手段に走ればそりゃ早いんだが… …いや、まぁいいや。愚痴にしかならねェし(サイカとゲートの、そしてコッローディの話はしたくない。喧嘩になるから…)
        実銃も杭もあんま意味なくてねェ。あれがもし下っ端ならマジでやばいよ、流石に無いと思うけど。(心配されているような言葉を聞けば、ふっと微笑み)…あんがと。
        安心しろよ、出来事はしっかり覚えてる…ヒザキの旦那やロベルトの旦那とも相談してきっちり対策はしていくさ。町を守るのがファミリーだからねェ。
        -- 2018-11-17 (土) 13:08:56
      • どういうところなの?!キミの言う事はわかんないよ…!
        …確かにこれは繊細な話だ。いずれちゃんとした場で話すべき事かもしれないね(言いながらも、ハローの思惑と同じ考え…喧嘩したいわけじゃないと、この話題を控えて)
        なるほど、不死身という奴………ふ、くふふ…不死身って言うのは凄いな…何回も殺せるんでしょ?(ふと…表情に影を落とすも…)
        うん。キミの事を頼りにしてるよ。皆を守るのも、ボク達の役目。…そう言えば今日だね?お祭り(その影も直ぐに消えて) -- サイカ 2018-11-17 (土) 13:24:37
      • …言わせんな恥ずかしい。(目を逸らした)
        …ちゃんとした場か。そうだねェ(…今はまだ、サイカの言葉に対抗できる権力を持たない。だが肩を並べた暁には…恐らく、その時は近いだろうなァ)
        不死身だが不死じゃねェみたい。銀の弾撃ち込めばちゃんと殺れるよ。……思ってもないこと言う癖、やめとけ。見ててつらい。(表情に影が落ちるのを見て、雑な言葉を投げる。ハローの雑な言葉遣いは…)
        …ああ、今日だねェ。一応俺はメンバー集めたりなんだりして一番状況把握してるから指令側かなァ。場合によっちゃ前に出るけど。
        -- 2018-11-17 (土) 13:30:42
      • えっ何、どういう事なの…ボクのあれこれも見せてというよりも恥かしい事なの?!(ますます混乱する経験不足)
        …(ハローに言われれば、苦笑する。「そうだね」と言い返したい自分と…血を見て喜ぶ自分が居る。相反する二つの感情を抱える事を、上手く言葉にして返す事が出来ない)
        お父様、ハローの事を嬉しそうに話していたよ。早く皆に認められて、上がって来いってさ(くすっと笑って、懐に手を入れれば…取り出すのは…!)
        …はい、これあげる(当然!拳銃だ!!…とはならず。なにやら頑強そうな、美しい彫金の彫られた銀色のペンダント) -- サイカ 2018-11-17 (土) 14:17:10
      • ………(そういう所だぞ。と頭の中で零しつつ、にへっといつもの笑顔を浮かべた)
        …(ハローはサイカの本質を、血を見ることに拒絶を覚えるものと捉えている。血腥い事を求める素振りがあれば…それは、慣れちまってるせいだろうと。こちらも返す言葉を持たず)
        …ボスが?そいつは光栄ですねェー。俺みたいな一般構成員に目をかけてもらえるとはねェ(…嘘だ。だが、その理由はまだ表に出せない…恐らくはボスも言わないだろう。俺の中に流れる血を)……ん?(懐に手を入れるサイカに目をちらり)
        (いつも思うけどこのピッチり気味のスーツでよく隠すよなァ。胸増量してるのかなァ…と大変失礼な感想を抱いた表情を見せつつ)…ん。俺に?あんがと。…ペンダント?(輝きからして銀製か?何か彫られている…)…綺麗な彫金だねェ。お高くない?
        -- 2018-11-17 (土) 14:27:03
      • こうやって出して…キミに以外だったら誰になるの。ほら、いいからいいから!
        値段を言うほど野暮じゃないですー。
        お守り。中に…ちょっとした物を入れてあるんだけどさ?キミがどうしても危なくなったら使ってよ。どうしても、危なくなったらね?(中に入っているのは自身の血を使って生成したドラッグだが…使えば一度きりの狂化を得られるかもしれない)
        じゃ、ボクは帰ります。今日の君の活躍には他の上役連中も期待をしてるんだから。前もいったけど…頑張って!(満面の笑みを浮かべ、ハローの元を後にするのでした) -- サイカ 2018-11-17 (土) 14:52:32
      • (バレンタイン等のイベントじゃない送りものときた。…命を狙われている?いや考えすぎか。)…そりゃ嬉しいねェ。大切にしよ。
        …中に?そりゃどうも…危ないときに、かァ(後で中みとこ。何が入ってるか知っておくことは必要だ…)はい。お疲れさん。
        まぁあんまり期待しすぎるなよォ、俺一人で何とかなるわけでもないんだから…皆に気持ちよく仕事してもらうのが俺の仕事だからねェ。(こちらも気持ちよく笑顔を返して見送った)
        -- 2018-11-17 (土) 18:34:22

Last-modified: 2018-12-12 Wed 22:23:24 JST (1141d)