GC/0017

  • -- 2019-09-01 (日) 02:26:16
  • -- 2019-09-01 (日) 02:26:13
  • リュイ先生…!? 生きてる!?? -- 小紫 2019-08-29 (木) 23:17:39
    • (小紫が堂を訪れれば、乱雑にベッドに横たわる腹から下を真っ赤に染めた姿。上半身裸の腹には大量の包帯と、所々に古ぼけた符、そして身体の各所に打たれたままの銀鍼が刺さっている)
      ……やあ小紫さん。どうにかまだ生きてますよ(いつものような薄い微笑み。しかし明らかにその笑みには力無く、顔色も青白く見えるだろう)
      -- リュイ 2019-08-29 (木) 23:31:16
      • (胸の膨らみに手を当ててふぅと大きく息を吐き)良かっ……良くない! かなり酷いね!?
        先生をここまでボロボロにできるって、この間 歓楽街襲った超巨大な奴以上……! あたしに何かできることがあれば遠慮なく言ってね!? -- 小紫 2019-08-30 (金) 23:28:53
      • いや…それが大変お恥ずかしながら…ただの機械化した魍魎でした。空間の歪みに踏み込みすわ龍の子か、と気がはやってしまいまして…こふっ。油断にも程がありますね、ふふふ(自嘲めいた笑みを浮かべ)
        ああ…ではすいませんが…お湯を沸かしてはくれませんか。…給湯室はそちらになります(と、色の白くなっている指で奥を指し示す)
        -- リュイ 2019-08-30 (金) 23:48:36
      • 先生は龍へのラブが半端ないもんねー。あたしの先生へのラブが届かないくらいには!さびしい!
        油断はねー、しかたない、しかたない。そういうこともあるよ。んー……あい、ちょっと待ってて(言われた通りに湯を沸かし、持ってくる) -- 小紫 2019-08-31 (土) 00:14:38
      • …小紫さんの愛も届いていますよ、ただ私には小紫さんの愛は少々刺激が強すぎるのです(苦笑しつつも)いやはや、怪異そのものは一息にすり潰したのですがね…これで死んでいたら仕方ないでは済まない所でした。
        (そうして、湯をベッドの脇の台に置いてもらい)その台の引き出しの中に替えの包帯と、傷薬があります。お手数ですが…傷を洗い包帯を替えて頂いてもよろしいでしょうか(引き出しを見れば治療に必要そうな各種の道具があるだろう)
        -- リュイ 2019-08-31 (土) 00:22:14
      • あたしのラブは劇薬か何かですか!? ……Q水ジョの水で薄めようかな??
        本当に死んじゃわなくて良かった。ふとした弾みで人がいなくなったりするのが瓦礫城だってことは解ってるんだけど、ねえ?
        (古い包帯を外し、傷口を湯で洗いながらタオルで拭き、傷薬を塗り直して、新しい包帯を巻き直す。最初はたどたどしかったが、段々と手際よくなってきた)
        痛くないですかぁ? 痛いのは最初だけだから我慢しなさいへっへっへ。と言いたいところですけど、痛すぎたら言ってください。悪化させちゃったら泣くし -- 小紫 2019-08-31 (土) 11:44:14
      • そうですね…諸行無常が常とは言え、…できうるならば皆さん健康でおられることが喜ばしいものです。つっ…
        (最初は傷が傷んだものの、包帯が綺麗なものに替わる頃には痛みも収まり、符をそこへ張り直し、幾分か気の安らだ笑顔を見せる)
        ふふ…痛いのを我慢してしまうタチでしてね、大丈夫、小紫さんを泣かせる訳にはいきませんからね、ありがとうございます。
        -- リュイ 2019-08-31 (土) 23:02:11
      • ……よかった。ゆっくり休んでくださいねっ、先生。出勤までまだ時間あるし、しばらく居てますからね
        何かあればお手伝いします!遠慮なく言ってください!でもちゃんと休んでください!! -- 小紫 2019-08-31 (土) 23:23:40
      • ならば…どうせならば身体も拭いて頂けますか。しばらく風呂は入れませんしね、それに、男を洗うのは得意中の得意でしょう?(などと笑って言う。冗談を飛ばすくらいには元気を取り戻したようで)
        (包帯周辺は綺麗になってはいるものの、身体のそこかかしこに血痕や、戦いの痕だろう義体の油やらが付いている。放置した所で傷には支障ないだろうが)…ああ、そう言えば(と台の別の引き出しを空けてごそごそと)
        -- リュイ 2019-08-31 (土) 23:38:12
      • (ぱあっと明るい顔&得意げな顔になった)それはもう、プロよこっちは!タオルじゃなくて舌でもいいよ!(さすがに濡れタオルにしました)
        じゃあ、ちょっと失礼してー(拭き始め)うん? なあに? -- 小紫 2019-08-31 (土) 23:41:36
      • そういう所が刺激が強すぎるのですよ、給水所の水ならまだ余りがありますが、飲んで頂いて薄める必要がありそうですね(などと軽口を叩きつつも大人しく身体を預け)
        (台から小さな箱を取り出せば、それを空けて彼女に見せる)キョウさんの依頼の件で、私からの礼をまだ渡してませんでしたからね。今世話になっているのも含め、お受け取りください。
        (箱の中には小指の先ほどの白緑色の石で作られたイヤリング)翡翠です。古来より魔除けの効果もありますが…簡易的ながら道術を施し更にその効果を高めました。…術は苦手ですので効果が無くても許してください(と苦笑し)
        -- リュイ 2019-08-31 (土) 23:54:25
      • はっ!?つい癖で!!(丁寧に、男の傷に響かないよう優しく優しく体を拭きながら、小さく舌を出して小悪魔スマイル。慣れたものだ)
        うわぁお。高そうっていうか、手間かかってるね!? いいのー? 先生の込めてくれた術なら効かないわけないし。これであたしの長生きは保証されたも同然って感じ!
        ありがとう!大事にします!!(と、早速翡翠のイヤリングを装着、指でさわさわ。鏡を見ては)イイ感じ -- 小紫 2019-09-01 (日) 00:00:37
      • (肌を撫ぜる布の感触。口に言うだけはあるのか、しっかりと汚れを落としながらもその感触は痛みを覚えず心地よい。思わず笑みがこぼれそうになるほどに)
        いえいえ、そこまで高いものではありません。恐らく小紫さんの月々のお給金の方が高いですよ。…術に関しては本当に期待なさらず…師の作ったこの符の恐らくは十分の一も効果はありませんで(自らに貼られた符を示す)
        それでも木っ端有象無象の怪異から少々身を守る程度には……ああ…自画自賛になってしまいますが…お似合いですよ、小紫さん。貴女には、翡翠が似合うと思ったのです(とイヤリングを付けた小紫を見て目を細める)
        -- リュイ 2019-09-01 (日) 00:15:04
      • (相手の男が気持ちいいのか、気持ち良くないのか。そういったことを雰囲気や表情、反応から読み取る能力には長けていた。リュイの薄い笑みを見れば満足そうに)
        照れる(本気で照れているらしい、なんだかくねくねしてる)
        先生のお師匠さんってスゴい人なんだ。瓦礫城にいるんですか? -- 小紫 2019-09-01 (日) 00:21:08
      • …小紫さんは、按摩の才能もあるかもしれませんね。娼館勤めに飽きがきましたら、ひとつ手ほどきいたしましょうか(もしかしれば男限定の才能かも、とは思うもの言わぬが華か、とそれは言わず)
        普段の格好が少々派手目ですからね、落ち着いた色合いのものが宜しいかと思いまして。派手だからこそ、小紫さんなのだとも思わなくはないのですが(くねるのに合わせて揺れる翡翠を見てしみじみと)
        瓦礫城には居ませんね、今はどこへ居るのやら…一言で言ってしまえば、殆ど仙人のような方なのですが。師も術は苦手と言っていてそれですので、私の目標も遠いものです(若干の苦虫噛み潰し顔)
        -- リュイ 2019-09-01 (日) 00:30:18
      • ありかもしれない!その時はぜひぜひご教授をっ!!(恭しく一礼)
        えー、そんなに派手ですかぁあたし。んん、まあ、地味ではないかも、ですけど!(スカート短い、肌出しすぎ、たまに化粧濃い、等々思い当たるフシだらけだった)
        先生も最終的には仙人になって、長生きしたり、世の中見通したりーが最終目標なんですねえ。気の長い話だわ! -- 小紫 2019-09-01 (日) 00:34:25
      • ふふふ宜しいでしょう、その時はびしばしと厳しくいきますから覚悟してください(と口調だけキリっとして言う。たぶん彼女にならば優しく丁寧に教えるのだろう)
        お仕事の関係上仕方ないのでしょうけどね……それとももしかして趣味の一貫だったりしますか?ならばいずれ次に何かを贈るときは一考せねば…(と考え出し)
        ん?いいえ、違いますよ?仙人などなっても面白くもない(と少々きょとんとし…若干声を潜め)……この際言ってしまいますが、ここだけの話、私の最終目標は……
        私の師匠をぎゃふんと言わせたいだけです。私の拳で(などと微笑んで言うその姿は…いつもと違い、どこか若々しい稚気を見せ)
        -- リュイ 2019-09-01 (日) 00:48:33
      • 普段はー結構地味な恰好してるときもありますけど!そうじゃないときもあるし、どっちなんだ!って感じですね!気にしないでください!
        さ、最終目標は!?
        (意外や意外。実に楽しげに語るリュイの言葉にお腹を抱えて大笑いする女。やっぱり先生凄いわ!と敬愛も新たに、そろそろ出勤の時間だからと、彼の元を後にする) -- 小紫 2019-09-01 (日) 00:56:27
      • (男が師につきまとうようになり、その後拳法を教えてもらうようになり、大恩のある身であり尊敬していることも確かなのだが)
        (それはそれとして修業方法がスパルタにも程があったり、めっちゃ煽られたり馬鹿にされたりしたので、いつしかそんな思いを胸に抱くようになったのだ)
        (という旨の話を少々照れ臭そうに身体を拭かれながらし、まあ笑えたのなら良かった、と苦笑しつつも彼女に礼を捧げ見送って、身周りの整った身体をまたベッドに横たえたとか)
        -- リュイ 2019-09-01 (日) 01:09:09
  • -- 2019-08-25 (日) 21:53:17
  • -- 2019-08-25 (日) 21:53:14
  • ヘイ先生!強い怪異ってなかなか噂にも上がらないものだね!あ、今日は全身をほぐすとかそういうアレでお願いしますちょっと時空の危機を救って疲れたので -- テヘペロ 2019-08-24 (土) 00:47:15
    • 強力な怪異ほど身を隠すことも上手かったりしますからね、そういうものかもしれません。…身を隠す気もないような強い怪異は、なおそれを超えて強力でしょうが(と苦笑を浮かべ、ふむ、と顎に手を当て)
      全身を、となると按摩の方がよろしいですかね。……時空の危機?(最後の言葉に首を捻りながら、ベッドを指し示し)
      -- リュイ 2019-08-24 (土) 00:54:32
      • 一応ちょくちょく聞いてみたけど、いかにも強敵!ってのはほんといなかったよ。雑魚っぽいのならあったけどさ……城内をうろついてて人を襲う怪異、といえば何かいっぱいいそうなもんなのにな
        マッサージかー。凝ってる訳じゃないしその方がいいかも(服ベッドにズザーして)ああ、最近流行の深淵回りで空間が歪む出来事があってさ -- テヘペロ 2019-08-24 (土) 01:02:26
      • ふむ…それは残念です。とはいえ強敵で満ち溢れているのであればここの暮らしも成り立つはずもなく。当然と言えば当然なのかもしれませんね。
        (そうしてベッドに寝たテヘペロに対して、まずは足から手をかける。足の裏を親指を使い、緩急を付けて押し込む。特に土踏まずのアーチは念入りに。良く歩く彼女にとっては疲れの溜まりやすい重要な箇所だ)
        …ほう?それは興味深いですね。元より歪んだ場所ではありますが、空間そのものとくればそうはありませんでしょう。
        -- リュイ 2019-08-24 (土) 01:16:32
      • 雑魚くらいなら普通の住民でも集団でかかって倒せそうだしね。超強敵が出るってなるとそれこそ流行の冒険スポット、深淵ダンジョンになるのかなあ?
        あー……そこそこ。今日は特に飛んで跳ねたから脚は効くよー……
        ちょっと空間を破壊しながら襲ってくる敵が出てね……流石に放っておくと城を巻き込む大アクション映画に発展しそうだったから、久し振りに真面目になっちゃったよ -- テヘペロ 2019-08-24 (土) 01:29:41
      • 有り得る話ではありますね…しかし、瓦礫城は広い。深淵以外にもどこそこに埒外の存在は居るものです(路地裏の奥、幽玄の間に座していた老爺を思い出す。敵、という質の存在ではなかったが)
        (足を揉み終えれば、ふくらはぎから太ももまでを長いストロークで擦るように揉む。軽擦法と呼ばれる技術で緩やかに解されていく彼女の健康的な足)
        テヘペロさんが、ですか(軽く眼を見開く)戦いたくないとおっしゃっていた貴女にしてはまた意外な。…どのような怪異だったのです?
        -- リュイ 2019-08-24 (土) 01:37:48
      • 確かに……!広いというか深いというか、深淵ですら一番底じゃないだろうしなあ。いや、その割に行くのが難しいって事も無いのが瓦礫城の怖いとこだけど(街角を曲がったらミステリーゾーン的な)そうなると、色んな場所に足を伸ばすのが早そうではある!
        おおお、うーん……やっぱり急に激しい運動すると疲れが溜まるな……(脚がほぐれて柔らかくなっていく)
        うぅん、まぁ、逃げていいなら逃げるけど……その方が困った事になりそうな場合仕方なく……なんか、口とか体から空間を破壊するエネルギーを放射する龍の子供?かな? -- テヘペロ 2019-08-24 (土) 01:46:06
      • 行きはよいよい帰りは怖い、が全域に広がっているのが瓦礫城でもありますからね。…実際、私もまだまだ知らぬ場所は多いですから。
        (そうして彼女の脚を揉みほぐしていたが…その手が止まる)……龍の、子供?(と目の色が少し変わる。それに気づけば分かるだろう、常からは感じないような攻撃的な意思を)
        …それは、それはそれは興味深い。操龍士と致しましてはぜひ一度相まみえたい所ですね…!(子供とは言え、龍。そしてそれを撃退したというテヘペロにも若干、見る目が変わる)
        -- リュイ 2019-08-24 (土) 01:55:19
      • そういう場所を調べるのもいいけど、帰って来れなくなるのは困るよねえ
        うーん、今日は肩の方もきついかなー(目の色が変わるより早くその事に気がついていたのだが、大体スパイダーセンスのお陰だった。そして彼女は厄介事は穏便に済ませるのが一番と思っている。それ故のガン無視)
        え、なんだいそうりゅうしって?体ほぐし医術の先生じゃなかったっけ -- テヘペロ 2019-08-24 (土) 02:08:56
      • (そうして彼女が肩の不調を訴えれば、は、と我に帰る。如何に興味深くあれど、今は仕事中だ。それに彼女の以前の言葉は心よりの本音に聞こえた。ならば、戦う意思の無い者と戦う修業になどなんの意味があろうか)
        …失礼しました。それでは肩をお借りします(と肩に手をかけ、掌の下側…丁度掌底の殴打部分で僧帽筋を下から上へと揉み込む。左右に細かく位置を変え、ほぐしムラのないように)
        ああ…別に鍼灸師としても資格がある理由ではないのですがね。操龍士とは森羅万象、あらゆる流れを龍として操る職ですよ。…私だけしか居ないのですが(と苦笑して言う)
        -- リュイ 2019-08-24 (土) 02:16:46
      • ……よく考えたらあれこそ十分強い怪異だったような(本気で今更そんな事に気がつきつつ)
        うーんいいねぇ(筋肉に柔らかい弾力が戻るにつれ肩から腕にかけての疲れが和らいでいく)重いもの沢山振り回したからな……こうなると、普段から体操でもした方がいいかもしんない
        あれっ?医者としてはモグリタイプだったの!?ここじゃ珍しくないとはいえ!なんでそんな流れが龍になるような職でマッサージ師を……!? -- テヘペロ 2019-08-24 (土) 02:25:38
      • でしょうね(と気づいてなかったのか、と苦笑する)そういう意味では…良い情報でした。私も深遠巡りはしていますし、いずれ相まみえたい所です。
        (そうして今度は親指を使い、肩の上部から首筋までを丹念に指圧する。特に首筋は肩こりに直結する部分、丁寧に、しっかりと)ああ、それはお勧めしますよ、軽い体操でも身体の調子を整えるのには有効です。
        珍しくないというか…資格を発行する公的団体は居るんですかねここ…。まあ、今こうしてテヘペロさんの按摩をしているように、人にも流れが存在するのですよ。この場合は筋肉の力の流れと申しますか。
        それが人より、私は掴みやすいのです。逆に…そうやって筋肉や、気の流れ、それを学ぶことによって操龍士としての腕も上がる。例えば肉はともかく…テヘペロさんは、少々独特な気の流れをしていらっしゃいます。
        -- リュイ 2019-08-24 (土) 02:34:53
      • はっ……!?そうか!ボクは知らない間にちゃんと目的の情報を得ていたのだ!すげぇなボク
        頭が重くなってきてたところだから効くな〜。ほぐされておくと、疲れが後まで響かなくていい……ああ、やっぱり?体操は軽い運動を繰り返す方がいいんだよね……
        言われてみれば医者協会とか聞いたことないな!自己責任で受けに行く怪しい医者が殆どだ!周囲の噂なんかでヤブかどうかを判断して行ってみる、って感じだものな……資格とか今までも気にしてなかった
        なるほど……流れをアレコレする職業なので筋肉とか血行とか人の流れもモギモギできると……マッサージでそれ以外の腕も上がるって一石二鳥だねえ、ん〜。うーん?ボクの流れなー。なんだろ、人よりあけっぴろげにエロいとか? -- テヘペロ 2019-08-24 (土) 02:53:38
      • 無為自然こそが一番のより良い姿勢である、という所ですかね。ある種私もあそこには気になる物はありますが…(と邪教集団のことを思い出し)
        更に言えば、怪我の予防にもなりますからね。テヘペロさんは健康的な良い体をしていますが、柔軟性の高い身体は怪我をしにくいものです。体操をやる際も柔軟運動を取り入れるとなお良いかと。
        信用できる誰かに、また他の誰かを紹介してもらうのが確実ではありますからね…ある種、ですが支配組織団体のお抱え医者などが分かれば、それも良いかもしれません。
        それもまた一つの流れかもしれませんが(彼女の答えに苦笑して、肩に添えていた手をつ、と滑らせ腕の方に)そうですね…手(背中を滑らせ腰の下、臀部辺りに)それと下腹部。そこに複雑な経絡を感じます。
        -- リュイ 2019-08-24 (土) 03:14:43
      • 通ってたらまた強力怪異の手掛かりとかあるかもしんないね。うーん……すごく楽になった。筋肉痛なりかけみたいなのがスッととれたよー
        (ベッドに座り直し伸びをして)おっ、柔らかいカラダはボクの得意とするとこでもあるんだ!体操と柔軟で長所を伸ばすのは悪くない!よし、朝のスキマ時間でやっとくよ!
        組織関係の医者ってのはむしろ知らない方だなー。やっぱ普通に暮らしてると、個人営業の方が目につきやすいんだ。マフィアやヤクザと繋がってる医者なぁ……それはそれで危なそうだけど
        うーん?下腹部でボクのイイ感じなものと聞いたら、まずおまんこが浮かぶけど……手というとアレかな、腕力がちょっと強いとか、毒が出せるとかそういう部分かしら -- テヘペロ 2019-08-24 (土) 03:28:55
      • 子供が居るのであれば…その親龍も居る可能性が無くはないですからね。ふふ、楽しみになってきました(そうしてベッドで伸びをする彼女を見て眼を細め、お疲れさまでした。と)
        出来ることなら全身を柔軟にするのが一番良いのですが。どこか硬い部分があればそれを補うために体幹を歪めますし。ひとまずは…体操を習慣づけることですね。どんなに短い時間でも期間を空けず行ってください。
        でしょうね…それにそういうお付きの医者は一般人の客を取っていないことも多いです。また、ヤブと掴むリスクと、危険に自ら近づくリスク…それらの兼ね合いでしょう。
        確かに女陰の辺りですね…毒?ああ、もしや貴女はどこか身体に手を入れていますか?それならば納得です(なるほど龍の子を撃退したのはその辺りが所以か、と納得する)
        -- リュイ 2019-08-24 (土) 03:43:16
      • そういやそうだ!子供が空間を破壊するなら親はどうなってしまうのか……出た瞬間瓦礫城が崩れたりするとヤだなぁ
        (ベッドから降りて体を動かしてみると、疲労が抜けて軽くなっていた)うんうん、効果実感するー。思ったより疲れてたみたいだ……マッサージしてもらってよかった。こりゃ体操もちゃんと続けた方がいいね
        全く、ふつーにかかるのにも考えなくちゃならないなんて、ここでは医者の世話にならないのが一番だよ!
        ううーん?どうなんだろ。身体に手を入れたのか元々こうなのか……研究所生まれだからそこんとこがどうなのか。気になるならまた聞きに来て!ボクにも覚えがあったりなかったりの結構ややこしい話だから、頭使うし次回にしてもらいたい!(体が軽くなった今に頭を重くしたくない様子)
        マッサージありがとう!それじゃまたねー(軽快にスキップしながら帰っていった) -- テヘペロ 2019-08-24 (土) 04:51:36
      • 快癒致しましたようでよかったです。とはいえこれも一時的なもの、結局はそうして体をきちんと動かすことに勝る治療はありませんからね、妖怪三日坊主に負けぬよう頑張ってください。
        …研究所?ふむ…となるとご自身でやった訳ではない…?承知しました、龍の子を退けるテヘペロさんの未知の技、気にならないと言ってしまえば嘘になりますからね(と微笑んで)
        ふふ、大事なことは頭でなく体で考えるタイプですね。それもまたこの瓦礫城で生きるための術らしい。それでは、また(と軽くなった体でうきうきとしながら帰る彼女を見送ったとか)
        -- リュイ 2019-08-24 (土) 23:43:13
  • -- 2019-08-22 (木) 22:07:34
  • -- 2019-08-22 (木) 22:07:30
  • リュイー、こないだの頼み事を持ってきたぞ。ま、1つ目はごくごく平凡なものだが(丹田堂にやってきたアーバンニンジャの顔にはやや疲れが溜まった顔)
    背中、診てくれや。サイバネ腕が重くてな、結構凝るんだ(それも考慮して普段は軽い腕を付けているが、と溜息) -- キョウ 2019-08-19 (月) 22:53:09
    • おや、お疲れのようですねキョウさん。仕事疲れですか?それならば商売繁盛で結構なことですが(知った顔に疲れが見えれば、微笑んで鍼を用意し)
      内部骨格まで全てチタンに変えるならまだしも、生体骨や筋肉との兼ね合いでどうしても義体化されてる方は生身に負担がかかりますからね…ある種の持病とも言えます(苦笑して空きベッドを示す)
      -- リュイ 2019-08-19 (月) 23:11:03
      • それもあるが……この肩こりというか背中の凝りがどうにもな。確かに持病だ こればっかりは整体なり何なりで診て貰わんとならん
        そんな腕から爪生えてきそうな改造やるぐらいなら思い切って全置換するだろうがな。まぁ、サイバネに頼りすぎるのも良くない。生身でしか出来ないこともあるわけでな(それを体現する男が目の前にいるからこそのセリフだ 同じように苦笑いし、シャツを脱ぎベッドへうつ伏せに)
        で、もう一つの頼み事だが。アンタの客の情報網で探してもらいたい物があってな。こういうのは多くの人の目を借りる方が早いかってな -- キョウ 2019-08-19 (月) 23:25:42
      • 便利さと引き換えに、という話でもありますからね。不便を極め、こだわり続ける頑固者からすれば、その生き方も多少羨ましくはあるのですが(苦笑しつつ、キョウの背中を指で何箇所か押し、凝りを確かめる)
        なるほど、多少の歪みが蓄積していますね…。余裕があれば腕装着時のバランスも見直してもいいかもしれません(そうして、肩甲骨の間、背骨から指二本分の場所を軽く揉みほぐし)
        こちらは厥陰兪と言いまして、肩、背中の凝りに適切です。心臓絡みの症状にも効きますね(とん、とん、とゆっくり鍼を刺す。徐々に強くなる刺激が周囲組織をほぐし、緩める)
        ふむ?探し物ですか。私にご協力できそうなものであればよいのですが、どんな物をお探しなのですか?(と、話ながらも極わずかに鍼を押し込み続け)
        -- リュイ 2019-08-19 (月) 23:53:58
      • どっちが得か、ってのを考え出すとキリがないがな。俺も足だけは絶対変えるつもりはないし、似たようなもんだが(義体化のリスク、メリット あるいは生身であることの利 天秤に掛けて計算は困難、と苦笑い)
        なるほど、こればっかりは専門家に診てもらわないとわかんねーな(バランス、と言われ得心が行く)技師に言って今度調節してもらうか……
        むっ、確かに効いてきた気が……いやいきなりなんてのはプラシーボ混じりなんだろうが。しかしアレだな、緊張からの開放、カタルシスってのは心地いいもんだ。肩こりが取れる瞬間ほど気持ちいいモンもない……(恍惚混じりの笑顔)
        ああ、こないだの依頼で使った陰極機腕、あれの片割れを探してる。元々瓦礫城に来たのも、それが目的だったからな
        お察しだとは思うが、陰極機腕は本来陽の腕とセットで使うために作られた。それがどっかに行ったまんま、俺に受け継がれてる。実物は俺も見たことがないが、アレの真逆、白い右腕ってことだろう -- キョウ 2019-08-20 (火) 00:13:04
      • 通常、根治を目指すのであれば、定期的に治療が必要ですが…一度だけでもそれなりには効きますよ。何しろ私、一応近所では評判の鍼灸師ですので(などと冗談めかして微笑み言い)
        (今度は刺していた鍼を更にゆっくりと時間をかけて抜く。時折止めつつ、緩急を付けて)ふふ、そう言って頂けるのが今の私にとっては何よりです(と楽しそうに言い)
        ああ…やはりそうでしたか(捜し物の正体が知れれば納得する)普通の義肢であればいざ知らず、あれだけの完成度の特殊な義手、それが在るべき陽の要素が無いのは気にはなってはいました。
        恐らくですが…陽腕があればキョウさんもケイさんにならずに済んでいたのではないでしょうか?(元より、陰側だけにあれだけ偏るのが異常なのだ、その理由が片方だけしかないことは容易に予想がつく)
        -- リュイ 2019-08-20 (火) 00:29:44
      • 根治……確かに一度直しても歪みはいくらか残ってるだろうしな。アンタの腕を信頼しないわけじゃないが、次はあんまり悪くなる前に来とこう
        うぅむ、こういう整体とか鍼灸とかが病みつきになってるやつも多いんだろうなって実感する。……ジジくさい発言だなこりゃ!
        そういうこった。元々は陰と陽、両方を兼ね揃えた太極を体現する腕だったんだろう 人の身に太極を成すってのは壮大な考えだが……
        おおよそそうだろうな。俺だってシショーだってなりたくて女になってたわけじゃない。……それが役に立つこともあるんだから、良し悪しなんだが(先日の一件を思い返し苦笑い)
        で、その陽極機腕だが。陰の腕と同様、強い陽の気を発するはずだ。 後の手がかりは……付けているやつがいるとすれば男だ。元が女だとしてもな(それは自分の身体で示した効果の逆、ということ)
        正直、目撃証言が拾えればいい、程度に考えてるさ。場合に寄っちゃ闇社会の物になってて一般人の目に止まらない可能性もあるしな(それでも何か手がかりがあれば、と瞑目しつつ首を鳴らす) -- キョウ 2019-08-20 (火) 01:04:25
      • (今度は肩甲骨の中央付近、義肢と肩の接続部の際に触れる。このような場所は経絡も繊細になっている事が多く、慎重に読み取り)
        どんな人であったとしても、どこかしらに何かを抱えているものですからね。話に来るのが目的のご老人も多いですが…キョウさんはお若くともしっかりしていますから、老成してる、と言い換えましょうか?(と笑って言い)
        もしくは…製作者は仙道に関わりがあったのかもしれませんね、太極を成すは手段、その先に仙人を目指していた…のかも(あくまで想像ですが、と付け加える。興味深げに)
        不具合でさえも利用してしまう抜け目なさがニンジャたる者の嗜みとも思いましたがね、コントロール下に置いているからこそ、キョウさんもあの腕を使っている、そうでしょう?
        (そうして説明を聞きつつ、ふと思い)性質については了解しました。ちなみにですが、形状についての情報はありますか?キョウさんの陰極機腕に似ている可能性はありそうですが。
        ともあれ、承知しました。お客さんに聞いてみるのも無論ですが、怪異退治等の合間に私も探してみます。…私も、少々興味がでてきましたのでね(彼の背中を触る指が愉しそうに巡る。そして、鍼をとん、と落とす。天宗と呼ばれる気穴だ)

        //と言いつつ文通スイッチ!天宗自分で押したら割と気持ちいい… -- リュイ 2019-08-20 (火) 01:28:51
      • そういう老人って病院とかを集会の場にしてるって言うのもあるんだろうが。……それもギリギリオブラートに包んだぐらいだよな(苦笑いが抜けない が、接合部付近の経絡を正され表情も緩む)
        かもな。生き物として高みに至るためのアプローチ。魔術や功夫、あるいは工学でもよくあるパターンだが、全部組み合わせてってのはなかなか見ない 無茶考える奴もいたもんだ
        「手段を選ばない」のと「プライドを持つ」のは共存するからな。競合するときに前者を優先するだけの話でな 必要ならいくらでも使うが、女になってまでやらんでいいことなら他の手段で済ます ニンジャだって人間だ ヤなもんはヤなんだ(大きく溜息 それを割り切ってこそのプロだが、とも)
        ああ、色を反転させた以外は一緒のはずだ。対称だからこそ揃える意味がある、そういう設計でなきゃおかしい。一応写真も置いとく(と、脱いだパーカージャケットを指差す)
        アンタが興味を持つとは思わなかったがな。ま、もし付けている奴がいればあるいは戦闘に、ということもありうるか(天宗に鍼を落とされほぐれて行く凝りに表情を変える リュイの腕がいいのは重々承知だったが鍼灸がここまで効くものか、と驚きの表情) -- キョウ 2019-08-20 (火) 20:06:31
      • はは、合理性の塊かと思っていましたが、人間味のあるご意見で安心しました。むしろ、男の矜持ですかね。部類は違いますが分かりますとも。私も意地を張って生きてきた人間です。
        (天宗に打った鍼を半回転ずつ左右に交互捻りながら頷く。旋撚術と呼ばれる手技にて刺激を高め、経絡を賦活する効果を高める)
        (パーカーに視線をやり、了解しました、と告げ)どちらかが強ければ均衡が崩れますからね、推測できる設計思想から言っても納得できます。
        …以前の錬丹術からもお分かりかもしれませんが、私の師は仙道にも通じておりましてね。本人曰く、そうであってもあくまで自分は拳法家だ、と抗弁していましたが。
        私は師に近づくことを修業の目的としています。ですから、その無茶で特殊なアプローチが実現するのであれば、それを私は見てみたい。
        師がどのようにして至ったのかは詳しくは知りませんが…真っ当な手だけでもいつまでもたどり着けないということもありますからね。一言で言えば後学のためです(微笑みながら言いつつ鍼を抜く)
        -- リュイ 2019-08-20 (火) 21:33:14
      • しょっちゅう男と女を行ったり来たりしてたらそのうち自分を見失ったりしかねないしな。本当にそういう部分にも拘らない奴もいるんだろうが、流石に自分のエゴぐらいは守りたいしな
        (鍼灸自体初めてのこの男にも分かるほどリュイの手付きは熟練の物 刺激のテンポの付け方、経絡を把握し適切な鍼を打つ手際 気血の巡りは十二分なものとなりつつある)
        なるほどやはり、そっちも仙道絡みだったか。ま、程度の差はあれ拳法家が仙道に絡んでくるのはよくあることだが
        やり方はともかく太極に到れるか、というのが見たいってわけか。どの道手に入れてつけたらいきなりサイキョー、なんて代物でもあるまいよ。なんでも同じ、使いこなして初めてモノになる。ま、それでも一端ぐらいは見せられるのかも、な?(鍼を抜かれスッキリした表情で) -- キョウ 2019-08-20 (火) 22:22:37
      • (続けて、今度は肩へと手をかける。腕を義体化した者にとってはその腕を支える最も重要な筋肉でもある僧帽筋、そのやや上側に触れ、キョウの呼吸を読む)
        そういう意味では…私の師も男なのか女なのか絶妙に分からぬ方ではありましたね…いや、身体は女性なのですが、どうにも男っぽい気質であったというか。
        (そうして、呼吸に合わせ、キョウが息を吐くのに応じて鍼を刺し、息を吸う間は止め、それを少しずつ繰り返す。随鍼術と呼ばれる手技にて、肩と背を癒やす肩井という気穴を突く)
        ふふ、楽しみにしていますよ。私は私自身の拳で至ることを目指してはいますが、方法論はあるだけ良いものです。道に迷った時…それは助けになるでしょう。
        ……そう言えば、キョウさんにも師匠が居るようですが、どんな方なのです?先程の口ぶりでは、陰腕はその方から受け継いだように聞こえましたが。くノ一の術もその方に習いましたか?(とケイの事を思い出して、微笑みを浮かべ言う)
        -- リュイ 2019-08-20 (火) 22:42:31
      • (僧帽筋に触れられるもその呼吸は実に安定したもの それだけリュイを信頼しているということか 経絡も安定した流れ)
        陰陽が揃うとそんなふうな両方の性質を得ちまうのかね……ま、長い修業の内に性格も変わったりしかねんか?
        やり方は多いほうがいいだろうしな。とは言え、生身の身体に外付けの陰陽機関ってのも難しそうだが……魔術系で別口で代用するとかか?
        俺のシショー?割とトラディショナルな忍者だったよ。もちろん現代に適応した上で、だが。クノイチの技はオンナ買って学んだんだよ。シショーがやるとオバ……いや美魔女ってとこが精一杯だったからな(いくら恩ある師匠でも誤魔化しきれないところはある 極力オブラートに包んだ表現!!)
        (そしてその間もリュイの鍼は進む 会話や呼吸に合わせて打たれる鍼 受けている側としては何気なく感じるもリズムを感じ打つ手は至高)ふー、いくらかマシになればぐらいの気分で受けに来たがこりゃしばらく肩こり背中凝りに悩まされずに済みそうだわ……さっすが達人 -- キョウ 2019-08-20 (火) 23:15:43
      • その辺りについても聞いたことがありましたが…「説明めんどい」の一言で切り捨てられましたね…案外至った者など、そんな物なのかもしれません(と懐かしそうにくすくすと笑う)
        有りかもしれませんね…余りにも系統が違うので扱いづらそうではありますが。まだ私に馴染みがある方向なら、陣として場を用意することでしょうか。地脈に結びつければ、どうにか制御できるやも(などと思考し)
        おや、伝統派でしたか。その弟子がキョウさんだとは、教えを受ける方も筋が良かったのでしょう。そうやって独自の修行法まで編み出してしまうくらいですから(苦笑い。きっと、キョウ以上にキョウの師匠は女になるのを避けただろうと内心で思う)
        それはようございました(抜き時も呼吸に合わせ、つ、と抜き消毒した布で跡を拭き)はは、太鼓の達人よりは多少誇らしいですね。後は…先程も申し上げましたように重心バランスをお気をつけなさればよろしいかと。
        -- リュイ 2019-08-20 (火) 23:33:31
      • 下々の者からすれば羨望物の太極の座も、至った人間にはごく当たり前のものになる……のかねぇ?正直俺もちょっとうらやましいとこはある 成れるとは思ってない!!
        やり方は別で考えてもらわにゃ、というとこだな。実際俺も陽極機腕を手に入れてみるまで何がなんやらという所だしな
        使えるものは何でも使え、が基本だったからな。なんでも使った結果美魔女の漆黒回し蹴りとかが飛び出す訳だが(思い返してアチャーという表情)
        うむ、助かったぜ(鍼を抜かれ大きく深呼吸 明らかに来る前より良くなっている のみならず気血の巡りも平時以上 高ぶりを感じるほど)早い目に修正してもらうように予約とっとくかぁ。いつまでも肩こりとBFFでいたくはないからな……
        んじゃ、診てもらってあんがとさん。腕の件も、見つかりゃヨロシクな(パーカージャケットから見本として陰極機腕の写真と、受診料及び情報料の前金を置き丹田堂を後にしたという) -- キョウ 2019-08-20 (火) 23:59:04
      • いやぁ…こう言ってはなんですが、師が雑なだけかと…。とはいえ、確かに手に入れてみなければ実際どうなるのか、そんな男や女などを超越できるのかなど謎のまた謎ですからね。
        その辺りはあくまで想像のうち、としておきましょう。取らぬ狸の皮算用ともいいますからね(そうして鍼を片付け、しまい込み)
        ある種…寄り道は色々しているものの、拳を最重点に置いて磨いた私とは対象ですね。師に特にそう師事された訳ではないのですが。…そういう意味では、その回し蹴りも直接見てみたかったものです。きっと実に興味深かったでしょう(彼の顔を見てくすくす笑う)
        キョウさんに限らず、義体化されている皆さんにある程度共通するのですが…本来の身体ではない分、自分自身では歪みに気づき辛いのです。メンテは欠かしてはおられぬでしょうが、お気をつけを。親友を通り越して家族になってしまいますよ(などと意地悪そうに揶揄し)
        ご来院ありがとうございました。そちらの件も何か分かればご報告します。それでは、また(写真と金銭を受け取り、身軽そうになったキョウの背中を見送った)
        -- リュイ 2019-08-21 (水) 00:29:17
  • -- 2019-08-19 (月) 21:28:38
  • -- 2019-08-19 (月) 21:28:35
  • センセイもアレに出くわしたんですって?(なごやか笑顔の知己が店先に)…アレと前に診てもらった良くない龍、繋がりはあると思う?(あけすけに問う) -- 「線香屋」 2019-08-18 (日) 22:01:12
    • (対して彼女と面を合わせる鍼灸屋の顔には苦み走ったしかめっ面)……流石にお耳が早い。ある程度は術に造詣があるとは言え頭に乗るものではありませんな。
      ……可能性は充分にありますね。あれほどの悪龍、自然発生と考えるには呑気が過ぎますから。御覧ください、油断してこのザマですよ(肩までまくり上げた腕を見せればそこには大きな黒いアザ。まるで、蛇がのたくったような)
      鍼で抑えたので比較的マシですがね…処置が遅れれば腕一本失くしていました(アザの周囲には幾本かの鍼が刺されており、やれやれと首を振る)
      -- リュイ 2019-08-18 (日) 22:10:55
      • あら、久しぶりに見たわ。その表情(カオ)…ダンディね(ふふふと笑う)
        …街の経絡に瘴気、住まう人々に悪龍。撒けば挟み撃ちする形になるわね(両手の幅を広めたり狭めたりするハンドサイン。勘違いをしているのか、ちょっと下品なそれ)
        こちらも両面展開するのは厳しいわね。助成が多いのは瘴気のほうだし、そちらに注力して平らげるべきかしら? -- 「線香屋」 2019-08-18 (日) 22:26:41
      • からかわないで頂きたい。貴女にそのように言われると師を思い出します(渋面を深める男。気分を害したのではないようだが、昔の思い出でも蘇ったのか)
        随分と趣味の悪いサンドイッチです。混沌の様がここの有り様だとて、まともに人で居られない地獄に堕ちる程ではなし(…何か揉んでるなあれは、とその手を眺め)
        基本的にはそれがよろしいかと、私が食らった物と同質ならば悪龍は相当高度な術です。よっぽどの術師でなければ大量に放つことは困難と見ます。
        (話ながら艾でなく、色の違う灸を取り出し、自らのアザへと置き火をつける。以前の件で線香屋から仕入れた、退魔の性質を持つ霊草から作られたものだ)
        -- リュイ 2019-08-18 (日) 22:43:56
      • ヒトの内に隠れる悪龍に対してセンセイくらい適役な始末人を今のところ知らないから…(見慣れぬ艾の匂いに目を閉じて感じ入り)街がどうしてもピンチのときには満身創痍でも頼らせてもらうけど
        そうね。まずは瘴気を払いましょうか(絵に描かれた虎が飛び出して来れば縛するとばかりに、身構えてリュイのアザを見守る。手は卑猥な手つきのままだ) -- 「線香屋」 2019-08-18 (日) 22:55:46
      • ええ、よろしいですよ。ある種…これも修業になりますからね。師も大概拳法馬鹿ではありますが、術を使うこともあります。その対策と考えれば(などと微笑んで言い)
        (独特の香りを放つ灸がじりじりと焼ければ…灸が黒く染まるのに反比例して腕の黒蛇が生きているかのようにのたくる。しかし鍼の檻に囚われている蛇は自由に動けない)
        ぬっ…(蠕動と共に痛みが奔る。それに耐えていれば蛇は唯一鍼の刺さっていない方向…手の甲側に逃げ道を定め、男の腕を登っていき)
        「SYAAA!!」(甲の先から平面ではなく、立体として現れ跳ね跳ぶ黒蛇。そのままでは床に落ち影へと溶け消え、逃げてしまうだろうが…)
        -- リュイ 2019-08-18 (日) 23:11:53
      • (蛇が跳ねるや刹那、その軌跡の先に四本の線香が檻を為す柱のように突き立つ。見た目は只の線香にも関わらず、丹田堂の床を豆腐かのように穿つ)
        さ、なにかヒントがあれば大手柄ですよ。センセイ(リュイが据えた特別ブレンドの艾にも似た香が立ち込めるなか、ニコニコ笑顔)
        …私でも、もし邪教徒の立場ならセンセイを消すのに全力を尽くしますから -- 「線香屋」 2019-08-18 (日) 23:26:28
      • (完全に逃げ場のなくなった黒蛇は、それでもうねうねと蠢いていたが…香の監獄から逃れられぬと知れば、大人しく留まる)
        …お見事。貴女に用意していただいた霊草のお陰ですから、この程度手柄では(痛みと痺れの消えた腕の袖を戻し、苦笑してそう言い)
        そういう意味では…確かに厄介かもしれませんね、私は。通常の損得とは違う軸で動く駒というのは扱い辛いものですしね。
        さてさて、この蛇は如何しましょうかね…術の解析はお得意ですか?(と闇色をした蛇を目下、線香屋に問いかける)
        -- リュイ 2019-08-18 (日) 23:38:37
      • …いったん預かりましょうか(香の影響を受けているヘビをそっと摘み上げて見せる)
        街の人間で詳しい人が居ればいいけど、ダメなら「外」の知り合いに頼みます。
        センセイが勧めるヒトになら託しますから、使いを寄越してくださいな。…その場合、お代はいずれまた(蛇を胸に抱いて)丹田堂を後にしたとか) -- 「線香屋」 2019-08-18 (日) 23:46:48
      • 承知致しました。都合がつけば当てを探してみましょう(もはやその状態では人間に取り憑くことは叶うまいと、それを見守り)
        しかし、他人の術の残滓から何かしらを解析し、読み取り有益な情報を得られる術師…そう簡単にはいきませんね。
        どちらにしろ、貴重な情報源です、何かしらの手がかりにしたい所です。ええ、それではいずれまた(鍼と灸の後片付けをして彼女を見送った)
        -- リュイ 2019-08-19 (月) 00:10:12
  • -- 2019-08-14 (水) 22:13:34
  • -- 2019-08-14 (水) 22:13:30
  • こんにちはー。腰痛なんとかして先生 -- 小紫 2019-08-12 (月) 21:53:53
    • こんにちわ小紫さん。ふむ…腰痛ですか、職業病ですね。承知しましたが他は大丈夫ですか?顎などは酷使なされておいででしょう。 -- リュイ 2019-08-12 (月) 23:06:12
      • そうそう、前後し過ぎでもう……顎も治るの!? 最近笑顔作るのも辛い感じでー -- 小紫 2019-08-12 (月) 23:07:52
      • よくお励みになられている(と微笑み)即座に、とは参りませんが。現代の人間は顎の痛みに悩まされますからね…。
        ましてや小柴さんは肉体労働者でありサービス業であり福祉業であり人々に安らぎを齎すお仕事です。身体を大事にするべきかと。
        -- リュイ 2019-08-12 (月) 23:13:25
      • 福祉業!って、いわれたのは初めてかも。たまーに天使だの女神だの言ってくるお客さんいるからハイハイありがとねー、小紫歓喜♥って愛想振り撒いとくけど……
        大事にしたいのは山々だけど、お金も要るから……とりあえず、治療お願いします。今夜もお仕事なので -- 小紫 2019-08-12 (月) 23:23:09
      • ある種の、ですがね。公的組織など存在せぬここで金銭と引き換えとは言え幸せを届けていらっしゃるのです。立派なお仕事かと
        はは、お安くしておきますよ。では灸と、鍼、どちらがよろしいですか?ああ、それと靴を脱いでいただければ助かります(と準備を初めて)
        -- リュイ 2019-08-12 (月) 23:30:57
      • 幸せねえ、神の御使い的な。あーめん的な。気持ち良い方でオネガイシマス。多少痛くても良いので(靴を脱ぎ脱ぎ、白い足が出てきた。纏足など施していない健康的な足である) -- 小紫 2019-08-12 (月) 23:36:06
      • 気持ち良い方ときましたか(と苦笑して少し考え)では鍼と致しましょう、効きが早い方がよろしいでしょうし刺激も強めですしね。
        相変わらず綺麗な脚です、商売道具だからこそ、という所でしょうか(と屈むと、足首をぐ、と指で押し、指一本分ずらしながら下へ下へと移動する。脚の筋の張りを確かめているのだ)
        近頃は歩いていますか?腰痛には歩くことも効きますよ(そうして足の甲側、親指と人差指の骨が合わさった所を殺菌した布で拭き、鍼を、とん、と打つ)
        こちらは太衝と申しまして腰痛、または便秘、月経不順などにも効きますね(軽く、とん、とん、と少しづつ浅めに刺入していく。肌が張るような、筋が伸びるような感覚がするだろう)
        -- リュイ 2019-08-12 (月) 23:51:02
      • 照れる。うんうん、商売道具だからね、先生の鍼とかと同じ。で、見た目も大事なの……ふぁぁああああぁぁぁ……う。あんまり歩き回ってはいないかも。おっと、おおっ!?(少しのけ反るような感じになり、効いているっぽい!) -- 小紫 2019-08-12 (月) 23:54:19
      • 跡は残らぬとは言え、それを貫いてしまう私は罪深くありますね。それとも貫かれるのは慣れたもの、と言ってしまっては下品になりますか(冗談めいて口元に笑みを浮かべ、鍼を静かに抜く)
        サラマンダーのショーウィンドで日向ぼっこに精を出しておいででしたか?暑いでしょうが特定の動作だけでは腰の歪みも偏りますからね。
        (小紫の反応を確認し、良し、と呟き)では次は服を失礼しても?(背中を出せるか、と伝える。必要であれば要所を隠す各種タオルも手元には置いてあるだろう)
        -- リュイ 2019-08-13 (火) 00:07:16
      • あはははははっ、それは本当、慣れっこだねー。にしてもぉ先生もエッチな冗談言うんだね!ちょっと安心したよ!あっ、大丈夫、この人ちゃんと人間だ!って
        ひなたぼっこしながら運動してたら変だし!? あ、うん、はい。ちゃんと運動もしますします!(上着を景気よく脱ぐ。眺めの良い谷間である。ブラも取ります?と聞く) -- 小紫 2019-08-13 (火) 00:14:43
      • これは心外な。脳みそまでチップの全身義体ならぬ自律機動機械だとでも思われていましたか。…言ってなんですが勝手に動いて店まで経営して鍼を打つロボというのも怪異めいてますね…
        (ブラにみっしりと詰まった天然物のよく育った大きな乳房が開帳されるが、ブラは大丈夫です、と微笑みを浮かべて答え、背中側に周り)
        流石にあの中で歩き回っていたらオーナーがお怒りになりそうですね…(小柄だが男好きのするだろう美しい肌へ、掌全体で触れ、僅かに押し込むようにして弾性を確認)
        なるほど、確かに張っていらっしゃる。お客さんの好みもあって簡単にはいかないでしょうが…しばらくは騎乗位を控えた方がよろしいかもしれません。
        (そうして腰元まで手を滑らせ、一番くびれた箇所、艶かしい女性的なラインと背骨の間、背骨側から指二本分の外に位置を決め、また鍼を刺す。今度は先程よりも深く、静かに)
        -- リュイ 2019-08-13 (火) 00:32:47
      • んー。それもう、ロボなのか命なのか分かんないね
        (おっけー、と紫色のブラはしたままで施術を受ける。所々シミや小さな傷はあれど、なかなかに美しい肌であり、瑞々しい弾力もある。まあ、健康的な類だろうか)
        ひぁん(鍼を刺されると変な声を出すが、これは演技ではなく、素の声である。心地良いらしい)
        跨って抜くの得意なんだけどなー……先生がそう言うのならちょっと控えるー -- 小紫 2019-08-13 (火) 00:41:35
      • (先程より一際慎重に、一度留め、また進み、更に留め、また進み、とその度に腰から熱くなるような刺激がじわりじわりと広がるだろう)
        こちらは腎兪と呼ばれる経穴にて、腰痛では良く使われるツボです。そしてその名の通り腎機能を促し、泌尿器系の疾患にも効く他、子宮などの生殖器疾患にも用いられます。
        …つまりは性病の予防などにも(理由は言わずとも分かるだろう、腰痛が職業病であるのならば、それもまた彼女の職業特有の困りものの病気だ)
        (そうして深く沈めた鍼を、ずず、とゆっくりと、丁寧に、かつ一気に引き抜く)ふふ、気持ちよさは合格のようで何よりです(と微笑みつつ鍼を刺した跡を布で拭き)
        では…最後に顎を治療致すとしましょうか、小紫さん、真っ直ぐに私を見てください(背中から表に周り、彼女の顎に手を添えて正面から、じっと彼女の紫色の瞳を見つめる)
        -- リュイ 2019-08-13 (火) 00:54:27
      • そんな至れり尽くせりなツボあるんだ……! スゴいね♥東洋医術!!(すっきりした顔で、真正面から男の顔を見る。美人!というほどではないが、まあ、愛嬌のある顔ではある) -- 小紫 2019-08-13 (火) 03:09:54
      • …ふむ、少々ですが、左に疲労が見られます。右曲がりのお客さんでも多かったですか?(などと言って、掌を横へとスライドさせて耳のすぐ前を触診し)
        こちらは下関と申します。顎の諸症状の緩和に用いますね(そこに、とん、と浅めに鍼を刺す。場所が場所だけに深く刺入する箇所ではない)
        と、いう所で治療完了です。私も貴女に一時の安らぎを与えられていればいいのですが(優しく微笑んで鍼を仕舞った)
        -- リュイ 2019-08-13 (火) 21:04:59
      • ひぃ!そこまで(よくあるパパ棒の向き)判るの!? あたしもしかしてプライバシーゼロ!? 裸にされるより恥ずかしいかもしれない!!
        ふぉぉぉおぉぉぉ……。あ。なんだか色々楽になってきた気がする! ありがとう先生! せんせーはあたしにとっての癒しっていうか天使か、もう神だね。神!
        (そしてここ瓦礫城には人民健康保険制度などないので、キャッシュでちゃんとお支払いするのだ) -- 小紫 2019-08-13 (火) 23:44:50
      • ふふ、私が鍼を打つ、というのは患者さんの事を知りたいからでもありますからね。どんな経絡を持っているのか、どんな気の巡りをしているのか…ご安心ください。
        これでも医師の端くれでもあります、守秘義務は守りますよ(慌てる小紫に楽しそうに語りかけ)とはいえ神とは流石に言い過ぎですね、…そう、言われるのであれば、やはり龍が嬉しいです(などと微笑み)
        確かに、ご利用ありがとうございました(ぺこりと礼をしながら現金できちんとお受け取り。いつもの通り、割安と感じられるような価格だったろう)
        -- リュイ 2019-08-14 (水) 21:30:05
  • -- 2019-08-11 (日) 22:56:03
  • -- 2019-08-11 (日) 22:56:00
  • 丹田堂…ここね、腕のいい鍼灸屋のいるっていう店は。
    (治療院の前に立ち、看板を確認。街でその腕のウワサを聞いてやってきたものの、その店主はしらず)
    (袖を振り振り入口をくぐり)こんちはー。今は営業してるのかしら?(あくまで個人でやってるのか、受付もなさげだなあと店内を見回す) -- GBD 2019-08-10 (土) 21:37:43
    • はい、やっておりますよ(すう、と奥から足音もさせず眼鏡の男が現れる。そうしてGBDをひと目見れば)
      …おやおや、これは黃驪龍ではありませんか。どうしました?いつだかの大暴れでどこかしら痛めましたか?
      (などとしれっと一番痛めた原因になりそうな男がそんなことを言う。悪気はたぶんない)
      -- リュイ 2019-08-10 (土) 23:59:30
      • いやー。最近肩こっちゃってねー。重いもの4つもぶら下げてるとどうしてもねー
        (笑いながら胸を張って、長い袖を振る)…って、んんんんんん!?(出て来たメガネ男の顔をまじまじと見る)
        うわーっ!コイツ、あのうさんくさいイケメンじゃないの!アンタ何でこんなとこに居るのよ!?
        アタシは別にあのくらいでムチウチになりかけたり、でっかいコブつくったりしてないわ!
        アンタこそ、砲弾をいなした時にケガしてたはずよ!(袖をぶんぶんと振りながらまくしたてる) -- GBD 2019-08-11 (日) 00:10:19
      • 二つに関しては分かりますが……残る二つは御冗談でしょう?その袖、それほどの重さではないと見ましたが。
        (笑顔には微笑みで返し、言う。違う意味で、彼女にとってはそれが重くあるのではないか、とは一瞬考えたが)
        …と、申されましても…。あの時言った私の店、それがここですので(仕方ないなぁ、といった感じの苦笑を浮かべそう言い)
        妙に具体的な症状、そうなったと自白しているようなものですが……いや、私の怪我などは一週間もすればあの程度きれいさっぱりですよ。
        流石に筋を痛めかけていましたが、骨に異常なく、主に肌が荒れただけでしたからね。…必要であれば美肌に効く治療を差し上げますが?(などと微笑みを崩さずそんなことを言い)
        -- リュイ 2019-08-11 (日) 00:33:30
      • あら、すんごく重いわよ。それこそ無制限に重い、けどあんまり重くない(謎めいた事を言って今度はニヤリと笑み)
        そう言えばなんか1年かけてどうとか言ってたわねアンタ。えーと…じゃあアンタが鍼灸の先生!?…あー
        (あの時も自分に針を刺してたなあコイツ、と思い出す)
        いやアレが1週間で治るのはおかしいでしょ。まあここはおかしい奴ばっかりだけど。
        …美肌!!(目がきらーんと輝く)って、そ、その手にはのらないわ!治療って名目で何をされるかわかったものじゃないじゃない! -- GBD 2019-08-11 (日) 00:40:02
      • …ふむ、無限にとは言い得て妙。あのような物を抱えられるのであれば、際限なく重く、そして軽かろうでしょうな。
        (例の騒ぎの後、彼女がどうやってあの戦車を運んだのかは聞いている、他の手持ちで持てるような何かであれば違ったろうが、そうでなければ推察自体は出来る)
        きちんと治療をし、内息を常よりも深く整えればもっと早く治りますよ?そこまでする必要も無かったということでもありますが。
        …肩こりではなかったので?いや、まあ、龍を名乗る酔狂な方の肢体、果たして龍を語るに足るか、などは興味がなくはないですが、
        誓って疚しい真似は致しませんのでご安心を。…ご安心を(大事なことなので。経絡的に貴重かつ有用だったりすると安心できないことになる可能性は目を逸して押し隠すのだ)
        -- リュイ 2019-08-11 (日) 00:55:18
      • フフン、そうでしょうそうでしょう。畏れおののきなさい、あたしの魔術のすごいすごさに!
        (びしい!と右の袖を突き付けるポーズをとる。その勢いで袖口からカブトムシが一匹ぽーんと飛び出した)
        よくわかんないけど…この街には治癒魔法ってあんまないみたいね。いや、それも魔法みたいなものかしら…。
        うぬぬぬ、美肌は惜しいけどまだアンタを信用できないし!ですます口調でしゃべる男なんてたいていCV石田よ櫻井よ!!
        てわけで、今日のところはほかの患者さんに免じて見逃してあげるわ!(今度は左の袖を真上に上げるとヘリコプターの様なプロペラは出現する)
        ほほほ、でもアンタの拠点は発見したわ!今度きた時には店の中にところてんを30tくらい流し込んでやるんだから!
        それまでせいぜい商売にはげむことね美肌先生!(変なニックネームを付けつつ、プロペラでババババ…と窓から飛び去っていくのだった) -- GBD 2019-08-11 (日) 01:06:36
      • ええ、恐れ得ます。本当に凄いからこそ…その恐ろしさに(ほんの少しだけ、だが憂いを帯びた視線を彼女に向ける。が、飛んできた甲虫を掌に受け止め、苦笑を浮かべ)
        ……ですが、それさえも貴方に取っては些事なのかもしれませんね。真に龍たる者であるのであれば(などと分かったような分かっていないようなことを言って一人で納得し頷く)
        はてこれは心外です。これでも私、瓦礫城のご老人方にはそれなりに信用頂いているのですがね。それとどちらかと言えば私はCV速水とお呼びいただければ(にこり、と若干胡散臭さ感ある笑みを浮かべ)
        ふむ、ご寛大な処置に感謝致します。ですがところてんですか……そこまで好物ではないのですがね。甘く食べるのは好みには沿わぬ故、酢醤油も合わせてお願いしょう(などとさらりと言い)
        …と……美肌……美肌ですか……(地味にそこに一番ショック受けつつ、飛んでいくGBDを最後まで笑顔で見送ったとか)
        -- リュイ 2019-08-11 (日) 02:11:50
  • 腰回りに一発効くのお願いシャース(待合室からズカズカ入ってきてとりあえず注文をキメる) -- テヘペロ 2019-08-08 (木) 22:51:20
    • 承りました。鍼と灸、どちらをご希望で?(と無遠慮に入ってくる彼女も特に気にせず準備を始める)
      それと…腰回りとは、腰痛でも気になりましたかね。屋台の時も今も、なかなかお元気そうに見えますが。
      -- リュイ 2019-08-08 (木) 23:29:54
      • ハリーもキューも何か知らないからなー。なんか素早そうだからハリーで!
        いや、特に痛めてはないけど。でも足腰はよく使うからさ(脚を高く上げて胴体にぴたりとくっつけるI字バランス)疲れが後に残る前に予防予防 -- テヘペロ 2019-08-08 (木) 23:35:05
      • お察しの通り即効性という意味では鍼が向きます。それでは鍼でハリー・アップと参りましょう(と医療用の鍼を用意して、空きベッドを示す)
        おお…素晴らしいバランスです、しかし確かに予防は大切です。特に腰などは平気だと思っていてもある日ガタが来たりするものですからね。お若いとは言え油断は禁物かと。
        -- リュイ 2019-08-08 (木) 23:49:22
      • イエース(サーッっとベッドに飛び乗りながらうつ伏せにシフトする)よく効くと評判だからなー。効き目次第でうちのクランの連中にもお勧めしとこう
        職人なんかは腕や肩が疲れるだろうけど、ボクらはウロウロしてることが多いしやっぱ下半身重点だよね。足首なんかも使うかなー -- テヘペロ 2019-08-08 (木) 23:55:41
      • では早速(うつ伏せに寝た彼女の膝裏、皮のシワが出来ている真ん中に、とん、と鍼を刺す。痛みまでとは行かぬ独特な刺激がするだろう)
        こちらは委中、と申しまして腰痛の他にも膝関節、リウマチ、少し違った所では頭痛などにも効くツボです(刺した後に鍼を留め、しばし置く、刺激をなじませるために)
        ふむ…クランと仰るということは縄張りを作ってらっしゃいますか。それでは確かに見回りで長く歩くことになりましょう。日にどの程度歩かれます?
        -- リュイ 2019-08-09 (金) 00:07:41
      • おっおっおっ(脚が動きそうになるのをこらえて)不思議な感覚!マッサージみたいに力でやる訳じゃないのに……面白いねー
        ふーん、つまり色々効くんだな。膝なのに頭へ効果があるなんてどういう仕組みなのやら
        アンダーストリートでヴァイスキッチンの愛称で親しまれるバッドエリアがボク達の縄張りだね!でも、それ以外のとこにも結構歩くからなー、隙あらば縄張り広げたいし(聞く限り平均4〜5時間はうろついているらしい) -- テヘペロ 2019-08-09 (金) 00:19:36
      • (続けて鍼を僅かにだが上下させる。それはスズメが餌をついばむように。ゆっくりと浅く、鍼に慣れぬ身であろう彼女向けに刺激を浅めに、しかし断続的に。雀啄術と呼ばれる手技だ)
        地面の下の水脈と考えると少しはわかりやすいかもしれませんね。池や湖などを作る水脈は地下で繋がっています。どこかの池が干上がれば、それと連鎖して離れた所の池も干上がったりするものです。
        ああ、あの辺りですが…。確かにあそこは大きな幇が手を出しておらぬ場所です。なかなか良い地をお選びになった(そうして話を聞けば)ふむ、ならば先程の健脚を見るに特に問題はないでしょう。では、荒事には手を出しておいでですか?
        -- リュイ 2019-08-09 (金) 00:28:36
      • ビッビッビッ(脚から来る信号でも発しているのだろうか?)あー、よくわかんないけど効く気がする……こういう、未知の感覚の時はたいていイイ感じに働いてるんだ
        地面っていうと瓦礫城と違って、本物のやつかな?ボク見た事ないんだよなー……まぁ、ドミノ倒しみたいに遠くで影響するって訳かぁ……おっおっおふぅ
        大店も無いし、わざわざボロボロのストリートを大人の組織がシマにしようたぁ考えないのかもね。んん、いや、揉めそうだったら逃げるほうかな?どうしようもない場合もあるだろうけどさー -- テヘペロ 2019-08-09 (金) 00:38:11
      • どこかの城と交信してそうですね…(苦笑しつつ)このように刺激を与えることで筋肉のこわばりを解きほぐし、怪我をしづらくなる効果があります(と解説しつつ鍼を抜き、今度はすう、と手を脚に沿って滑らせ、くるぶしあたりへと)
        そしてこちらが復溜(くるぶしから指三本分、上に、アキレス腱の少し手前に鍼をとん、と刺し、回転させながら刺す。刺激を強めに与える手技、回旋術だ)
        こちらも腰痛や脚のむくみ、腎臓にも効きますね(刺しつつ、頷くようにし)では良かった。流石に怪我は普通の鍼ではどうにもなりませんからね。簡単な手当などであればこちらでもできますが…。
        -- リュイ 2019-08-09 (金) 00:53:38
      • ううむ、ハリーでどうしてコワバリがほぐれるのかわからないけど、これが医学の力か……!ひゃひゃ!脚が柔らかくなったところを撫でられるとこそばゆいな!(動きかけて我慢する)
        おふっ、これまた面白い刺激……ンー、さっきより強いけど痛く無いか……ほぐれてきたのかな?
        あー、ストリートにいると医者とか治療はほんと困るんだよねー。だから怪我が無いようにしてるんだけどさ…… -- テヘペロ 2019-08-09 (金) 01:00:51
      • (目的の深さまで回転しつつ刺した鍼の鍼柄をつまみ、軽く跳ねるようにして鍼を振動させる。振せん術と呼ばれ、気穴の賦活を促し、気を巡らせるために行う術だ)
        固く束ねられた糸の束があったとして、それをほぐすのであればその束に指を入れ広げますでしょう?雑に言ってしまえばですがそれと似たようなものですね。
        良い腕の医者と言えば『无名楼』などもありますが…義体を薦められてしまうかもしれませんね(と苦笑し)実際、怪我をしないで済むのならそれが一番です。
        ああ、そう言えば……労せず怪我せず縄張りを得たいのなら…しばし待って頂ければよい場所がありますよ(そう言って、そのストリートから少々離れた、ある通りの複数の店の名を上げる)
        -- リュイ 2019-08-09 (金) 01:15:16
      • おほっほ(それ程凝っている訳でもないなりに気持ち良いらしく)うぅ〜ん、ほぐれてくると同時になんだか暖かくもなってくるねぇ……速攻術の割にいい感じだなぁハリー
        ふむふむ、色々するんだな、医学だからね、そりゃあボクにわからない一杯の手順があるんだろーけどさ……ほぅ
        そういうのはいいやー、ボクはこのカラダ一本で勝負するのだ!……え、なにかいいネタでもあるの?その辺が空き家になるとか? -- テヘペロ 2019-08-09 (金) 01:24:50
      • 血の巡りが良くなっている訳ですからね、直に温める灸ですとまたそれはそれで感覚が違うものですが(と今度は鍼を刺したときとは逆方向にゆっくりと抜く)
        (そうして、抜いた鍼の箇所を殺菌した布できちんと拭き)ええ、雷頭幇という組織を知っていますか?武闘派の小規模の組織なのですが…その組織が支配していた地域が近々、空白になる予定です。
        全てを吸収することは難しいでしょうが、先程言った店、その辺りならどうにでもなるかと。彼らの代わりの尻持ちになるもよし、撤退後に家を使うもよし(まるで確定事項のように、そう語る)
        -- リュイ 2019-08-09 (金) 01:46:51
      • キューは直接あっためるのか……ふぅ。ちょうど終わりかな?いやぁ、味わい深かったなぁ(ぐでんとなって満足げ)
        え、なんだって?大人の組織はあまり……喧嘩で幅利かすタイプなんだ?そこのシマを見る奴がいなくなると……?
        そりゃいいネタじゃない!横からかすめ取るのはボクらの常套手段さ!……おおっ、ほんとだこりゃ軽い(ベッドから降りると確かに足の動きが軽やか)いい話も聞けて一石なんバードだよ
        家が空くってのはいいなぁ、ちゃんとしたベッドや風呂があるかもしんない!こりゃ忘れないうちに早速クランの連中と話し合わなきゃ!ありがと先生、いい手術だったよ!(敬礼っぽい動きで挨拶すると、動きやすくなった脚で疾く帰っていった) -- テヘペロ 2019-08-09 (金) 02:01:53
      • お気に召したなら幸いです(力の抜けた感じのテヘペロを眺め微笑み)
        直接とは言っても色々種類があるのですがね、灸を肌に置かぬ物もありますし、変わり種で言えばドライヤーなどでも。あるところではレーザー灸などという物もあるそうで…流石にここで出来るのはドライヤーまででしょうが。
        そちらの方もお気に召したようで私としても伝えたかいがあるというもの、手術ではありませんが…お疲れ様でした(苦笑しつつ軽快な動きを見せる少女を軽く頭を下げて見送って)
        …あの粗暴な者たちよりは、彼女たちに使われる方が家もマシでしょうしね、では、行きますか(そう呟いて、現代の忍者の設えた舞台へと向かうのだった)
        -- リュイ 2019-08-09 (金) 03:34:26
  • -- 2019-08-07 (水) 23:09:17
  •   -- 2019-08-07 (水) 23:09:15
  • よぅ、リュイ。件のマフィア共の件、ある程度纏まったんでな。ざっと報告しに来たぜっと
    (そう行って投げ渡したのはバインダーに留まった資料 雷頭幇の地上げ計画に関わった建設屋のカネの動き、乾物屋周りでの構成員と思しき人員の動きなどつぶさに描かれている 高い位置からの鳥瞰によるものか、広い範囲での活動の流れを追っている)
    で、メインの事務所は突き止めた。親分がそこに詰めてるとは限らんがな。そこで一つ釣り上げをしたい 偽の土地の権利書をでっち上げて、取りに来させる 交渉代理人として間に入るって形でな(そう計画を語るキョウの表情はあまり気が進まない表情 プロである以上、計画を進めないということはないが) -- キョウ 2019-08-06 (火) 22:47:49
    • これはキョウさん、わざわざご報告、有り難いことです(そうしてぱしりと受け取ったバインダーの資料をぺらりぺらりとめくって内容に目を通す)
      おお…これは素晴らしい。まさかここまでの物とは思っていませんでした。非常に分かりやすく、かつ情報の精度が高く、緻密です(内容そのものよりも、その出来に感心したような声をあげ)
      ふむ…誘いをかける訳ですか……何か懸案でも?作戦それそのものには問題が無さそうに思えますが(彼の表情を見て片眉を上げて問いかける)
      -- リュイ 2019-08-06 (火) 23:37:26
      • シショー曰く、物事は全て繋がってるんだと。建設屋のシャッチョさんがいいオンナ買ってるカネがどこから来てるかとか、乾物屋近くのコンビニの売れ行きが妙に上がってるとか、せわしなく走り回る車がどこをよく通るかとかな
        (忍者としての野伏力に現代的な統計学や経済学を組み合わせた調査 現代の忍者と呼ぶべき働きだろう)
        ……まぁ、計画自体はな。出来るだけ数字を100に近づけるのは難しくない。俺の気が進まねぇってだけでなあ……(そう言いザックから黒い左義手を取り出す リュイには分かるだろう その腕が陰陽のうちの陰気を強く発していることに)
        ただのエージェントなら、幹部あたりが出てきて対応して終わり、なんて可能性はいくらでもある。だから仕掛けるのは(今つけている左腕を取り外し、取り出した黒い腕に付け替える と、キョウの体に黒い腕の陰気が立ち込め……体が女性のものに変わっていく)
        ……ハニートラップだ(ハァ、と大きく溜息をつく 仕事のためならプライドも捨てられるが、それでも嫌なものは嫌、と) -- キョウ 2019-08-06 (火) 23:50:37
      • ほほう、キョウさんの師匠殿は良いことを言われなさる。然り然り、繋がっていてこそ、流れというものは出来るのですからな(ちょっと違う感じに解釈して深く頷く男)キョウさんは頭も切れるようです、その方の教えも良かったのかもしれませんね。
        (そうしてザックから取り出された義肢を見れば、軽く目を見開く。長く使われた義肢が気を纏うことは珍しくないが、義肢は極論、ただの金属の塊だ。それが放つには実に異質な濃い陰の気に驚いたのだ)
        ……これはびっくりです。私もそこそこには瓦礫城に居て珍しいものにも耐性がついたかと思っていたのですが…(軽く開かれていた目が丸くなっている。かなり驚いたのだ)
        ええと…今はレディ・キョウとお呼びした方がよろしいですか?(ため息をつく彼…彼女に気遣うように言う。なるほど見た所では完全に女だ。これならこの作戦も通じてしまうだろう)
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 00:15:24
      • まーな。時代が変わればやりようも変わる。ニンジャの戦法も最先端を行ってなきゃな。元々ニンジャはそういう時代を先取るものだしな
        そうだ、サイバネティストと風水術師による合作、ってな話だ。俺もシショーから受け継いだだけだから詳しいところまでは知らんがな
        この姿のときは大体ケイで通してる。他の偽名を使うこともしばしばだが 後は目立つ左腕だけでも偽装皮膚で誤魔化して、ちゃんとした服を着れば……
        (バサリとパーカージャケットが舞ったかと思えば瞬時の早着替え そこにはコーカソイド系、スーツ姿のオフィスレディの姿 メガネまで添え更にそれっぽく)
        ……こういうことやるためにクノイチの技法まで学んでるの、すげー恥ずかしいんだよな(そういう割にはノリノリ 役にはのめり込むタイプらしい)
        で、俺が連中の事務所に行って交渉を買って出る。少し誘いを入れりゃ親分本人がホイホイついてくるだろ それで後日、地権書を取りにこさせる 逃げ場のない雑居ビルとかにな
        後は好き放題そいつをいたぶってくれりゃいい。サポートが必要ならある程度付き合うが。何分こいつは本来戦闘用でね(握り開きする黒い腕は陰気が立ち込め、渦巻く) -- キョウ(陰) 2019-08-07 (水) 00:29:31
      • 東国の間諜…その真髄という奴ですね、人を出し抜くのであれば、古く錆びついた手段などにはこだわらない、という所でしょうか。私にとっても勉強になります(などと微笑んで)
        性別を変えるだけならば、整形にクローン、もっとお手軽に全身義体の入れ替えなど珍しくもありませんが……着け外しするだけで 生体部分まで変えるとなれば白眉の一品です。
        (そうして瞬く間にキリッとした感じの美女が現れれば、ほう、と思わず声が漏れ)素晴らしい、…というか手慣れていますね。勉強熱心なのもこういう時は若干考え物になりますか。
        (とは言うものの、口ぶりとは違いやる気は充分と言った所、ならば任せるが吉であろうと)ふむ…了解しました。お手並み拝見と言った所ですね。
        そういう意味では、サポートもあれば有り難い所ですね。本人が来て逃げられはしなくとも、手勢を連れてくることは充分に考えられる所ではありますから。
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 00:48:16
      • 温故知新、という言葉もあるが、新しい手こそ世には知られてない。無限の知識が無限の戦略を生むってとこだな
        それだけこの腕が発する陰気が強すぎるってこった。本来陽である男の身体を塗りつぶして女に変えるぐらいのな。あんまり長く使ってると身体にも差し障る。だから奥の手なのさ
        事務所に女物の服置いてるの見られたら自殺したくなるぞマジで。ちょくちょく修行してないと忘れるから定期的に成らざるを得ないのもつらい つらい(プロフェッショナルの悲哀!)
        あの手の連中は示威を好むしな。部下を大勢連れて回るのは好きだろうし、その辺は付き合うさ こいつでの戦闘も錆びつかせたくない
        じゃぁまぁ、後でいい日取りでも教えてくれ。連中の誘い出しをそこに調整するさ それじゃ行ってくるわ。後はお任せくださいませ〜(最後に甘ったるい女の声を残し、モデル歩きで車道へ向かいタクシーを呼んだのだった) -- キョウ(陰) 2019-08-07 (水) 01:03:26
      • 差し詰め、手練手管のゼロディ攻撃ですね。古きを知り新しきを知るも、キョウさ…ケイさんにとっては自由自在ですか(深く感心したように頷いて)
        多かれ少なかれ、陰気も陽気も片一方に染まることは通常有りえませんからね。どんな人間でも、偏りがありつつも調和を保つものです。お気をつけを。
        ……本当にお気をつけを。それはヘタをすれば事務所に女を囲っていると勘違いされかねませんよ?浮名を流すのがお好みであればいいのですが(たぶんつらいで済まない感じになる)
        多対一の戦いとて遅れを取るつもりはないのですが…根本的に私が求めているのは一対一の強さでしてね。その点ではご協力願えると助かりますよ。
        ええ、承知しました。それでは後ほど仔細をお伝えします。………よろしくお願いいたします(最後に聞いた声と仕草は実に堂に入った物だ。一瞬絶句したがこれもまた忍びの技なのだろうと納得し、彼…彼女を見送った)
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 01:25:28
  • なあハリの先生よぉ、ハリって奴はこう…依存性みたいなもんはねえの?
    クスリとか気持ちよくなる奴はなんかハマったら抜けらんねえって言うじゃんよ、ハリもそう言うもんあんのかなって -- シックス 2019-08-06 (火) 19:59:46
    • 一般的に…依存症というものは、通常の日常生活が送れなくなるほど何かに依存してしまうことを言います。
      その意味では鍼には依存性はほぼ無いと言っていいでしょうね。鍼を打つのが楽しみな方はいらっしゃいますが、特段無かったとしても皆さん日々を何事もなく過ごすでしょうから。
      -- リュイ 2019-08-06 (火) 21:49:33
      • なるほどなあ、そう言う意味では安全性はたけえって事か…
        自分の体の一か所くらいなら覚えるっつーかなんかマークでもポチッとしとけば素人でもプスッとやって効果出せたりするかい?
        イケるなら…そんで効果ある場所があるなら教えて貰いてえと思ってよお -- シックス 2019-08-06 (火) 21:55:37
      • 身体の状況に応じて刺し方を変える必要はありますが、それでも問題はありませんよ。ただそのような方には最初は指圧からオススメしていますね。
        まさにその安全性から、ですが(などと苦笑して)ヘタに鍼を刺して化膿してしまっては事ですし、深く刺せば神経を傷つける恐れもありますから。ちなみに、どのような効能をお求めですか?
        -- リュイ 2019-08-06 (火) 22:13:22
      • 指圧…それでも効果はあんのかな、ハリよりは効果は控えめだけど素人にも安心って事か…
        あー確かに、効果が効果だけに化膿したらヤバそうだもんなあ…それな!
        こう戦いを終えてくたびれ気味のイチモツを再燃させるような、もしくはこう回復力が高まるような感じの2回戦3回戦とか続けるのに向いた奴ないかな? -- シックス 2019-08-06 (火) 22:27:11
      • とは言え、こんな所で安全性ばかりを気にするのも、という面もありますからね、必要であれば鍼もご提供しますよ、もちろん有料ですが(とにっこり営業スマイル)
        ははあなるほど…つまり抜かずの三発チャレンジをご希望と?お盛んなことですね、それならば「陰谷」というツボがよろしいかと。
        精力を高めるツボはそれなりにあるのですが、そのツボは勃起不全にも使われるようなツボです。押しやすい場所にもありますしね(と自分の膝辺りを示して)
        -- リュイ 2019-08-06 (火) 22:37:56
      • ハリのテイクアウトもあるのか…出かけるのが大変な高齢者の子供やらが買っていくのかねえ、縫い針とかとなんか違うん?
        抜かずっつーか連戦向けな?薬やら淫紋だとドーピング丸わかりじゃんよ、そこでバレないようにナチュラルパワーを演出するように…
        ほほう、陰谷?勃起不全にも効くとなったら効果抜群そうな…えっ、膝のあたりにあんの!?もっとこう…(自分の股間を指さして、この辺りじゃないの!?と驚き気味に) -- シックス 2019-08-06 (火) 22:44:33
      • あくまでご希望なら、程度で普通は買っていく方はいらっしゃいませんねぇ。違いが何かと言われれば、まず細さでしょうか。わかりやすく言えば注射針の1/3程度の細さです。
        そういうことですか、シックスさんもなかなか策士ですね(などとにこりと笑って)ええ、その辺りにもツボはありますね、しかし鍼灸というものは必ずしも患部そのものを刺激する訳ではありませんから。
        他の精力関係のツボもくるぶしの辺りにあったりしますよ?(と言いつつ、彼に近寄って後ろに回れば、脚の内側の膝裏、膝の腱のすぐ隣あたりを軽く触れる)陰谷はここですね。
        -- リュイ 2019-08-06 (火) 23:29:02
      • 素人にハリはやっぱ難易度たけえんだろうなあ…細さ?えっ、そんな細いもんなの!?そりゃスルスルッと刺さりそうだぜ…
        一方的にやられちまったら情けねえからいざって時の為になあ、普段だと3回戦まではギリ行けてもそれ以上は…な所をブーストかけて1回線と同じパワーを継続するぞってなもんよ
        くるぶしって足か、へえ…全然違うのにそんな効果があるんだなあ、どういう仕組みはさっぱりわかんねえ
        膝の裏っかわだって!?こりゃ目立たねえや、こっそりプッシュしても気づかれる恐れがねえってくらいに… -- シックス 2019-08-06 (火) 23:34:55
      • それに加え、鍼は先端が丸くなっています。身体を傷つけるためのものではありませんから、皮膚や肉を切り裂くのではなく押しのけて入っていくような仕組みになっているのです。
        三回も出来れば割と充分では、と思ってしまいましたが、なるほど、流石に三回目ともなると少々力不足になるということでしたか。とはいえ押せばすぐに溢れるパワー、とは通常行きませんが(などと苦笑い)
        ええ、そこをこれからいざ征かん、という前や、寝る前の風呂の時などに押すといいでしょう。精力減退は概ね原因がストレスであることが多いですので、
        リラックスした状態でツボを押すことが効果を高めるのに繋がりますからね。最低でも一日一回、押すと徐々に効果が現れますよ…(そうしてこっそりという物言いに)…お相手にするのは少々オススメしませんよ(と一応釘を刺した。鍼師だけに)
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 00:06:36
      • そんなに細くて丸くなってる効果あんのかわかんねえなあ、皮膚やらを押しのけられるほど細いってなんか怖えな逆に!切り裂かないから痛くない…なのか
        100%を持続できるわけじゃないからなあ、3連戦もしたらマックスパワーの5割くらいに堕ちてるんじゃね?知らんけど
        即!じゃねえんだな、事前に仕込んでおく感じか…ドーピングっつーかカンニングみてーだな、何かおもしれえや
        一日一回…コツコツやらねえとダメなのなあ…ん?ハハハ、そりゃしねえから安心してくれよ!同じ相手とって訳じゃねえから事前に押してとか出来ねえしなあ(その日の気分で相手を替えたりするので仕込みは難しいのだ)
        なんにせよサンキュー、レクチャー台でも払えばいいのかなこの場合は? -- シックス 2019-08-07 (水) 00:12:08
      • もっと細かく分析するならば細胞壁が、などという話になるのでしょうがね。流石にそこまでは私も明るくなく…ジェーンさんの両分ですね。そう言えばコーラ、美味しかったですよ。
        お望みであれば特別料金で即!エキサイッという真似も可能ですが、鍛えが足りず慣れていませんと三日後百倍ですがその必要はありますか?(と一応聞いてみる。ちなみに百倍疲労である)
        ならば失礼しました(微笑みつつも軽く頭を下げて謝罪)手術などして劇的に、というものではありませんからね、東方の医は時間をかけて体質から変えていくのが基本ですから。
        ふむ…施術をした訳でもありませんからね(と少し考え)なら、自販機一回、なんでも何かタダ、というのはどうですか?
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 00:35:55
      • よくわかんねえや、ハリの先が丸まってるってのはびっくりしたけどなあ…あー、余った分はここに来てたんだなあ
        チンポ元気の三日後100倍ってEDになりそうだしやめとくわ…それはちょっとリスクデカすぎるわ…
        ハリをブスッとさすとピキーン!となってボッキーン!みたいなもんかと思ったけど違うんだなあ、なんだか面白いぜ…ハリ!
        おっけー、そんじゃそれで…一番たけーのは白い粉だけどそれは選ばないだろうしな…うん…!そんじゃ欲しいのが決まったらそん時言ってくれよ、不意に飲みたい、または喰いたくなったりするだろうしな
        んじゃ俺は帰るぜ、サンキューなー -- シックス 2019-08-07 (水) 00:45:25
      • 鍼自体にも様々な種類がありますので、それも代表的な一つ、というだけではありますがね。20cm以上の長い鍼、などもありますよ。
        ああいや、ジェーンさんの所で飲ませて頂いたのですよ、余っていたようでしたのでね。コーラなど久しぶりでしたので味わい深くありました。
        まあ三日後から一週間くらいは絶世の美女の裸を見ようと猿の裸踊りにしか感じなくなるでしょうね…(とおいめする)
        マッサージなどと似たようなものですよ、効果のあるマッサージだろうと一回やればすぐ肩こりがゼロに!とはなりませんでしょう?
        はは、薬は間に合っていますれば。値段は気にしませんから、普段は飲み食いしないような面白いものがいいですね…では、また(とどうするか思案しつつ、シックスを見送ったとか)
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 01:04:08
  • -- 2019-08-05 (月) 23:28:20
  • -- 2019-08-05 (月) 23:28:18
  • ぬさか庵センセイ、居る?景気はどうかしら?(勝手な名前で呼ぶ女の声) -- 「線香屋」 2019-08-02 (金) 21:51:47
    • やあこれはこれは芳香の魔術師殿、お呼びの通りに日々ぬさかぬさかとしておりますよ。
      瓦礫城においてはこれもまた日常ということでしょうかね(とこちらも勝手に二つ名をつけてメガネを直しながら答え)
      -- リュイ 2019-08-02 (金) 23:53:52
      • もぐさの匂いも良いものよね…(リュイの顔を見ればニッコリ笑顔)
        うちのお客さんで疲れでなく「憑かれ」を抱えてる人が居てね、軽いのなら私でもほぐせるんだけど…あまり良くない「憑かれ」みたいだし、ここを紹介してもいいかな?って相談に来たの。 -- 「線香屋」 2019-08-03 (土) 05:54:41
      • 慣れれば癖になりますよ(と微笑みを浮かべ)そちらの香に比べればいささか色気には欠けますが…(と苦笑と共に話を聞き)
        それはもちろん、顧客の斡旋とは助かります。流石に営業活動までには手が回りませんでね、私の手に負える患者さんであればよいのですが。
        (さて、彼女がこうしてわざわざ紹介するということは並の症状ではないだろう、と顎に手を当て思案する)
        -- リュイ 2019-08-03 (土) 22:35:12
      • センセイならきっと、大丈夫。…こう、体の中に悪い龍が居座ってて疲れが流れ去るのを邪魔して堰き止めてるようなカンジなのよね(いかにも門外漢といった表現で語る)
        暴れたりとかはしなかったけど、それは私のお香じゃ効果が薄いのを見越してかもしれない。…センセイなら、荒事も平気でしょう?(青い目でリュイを見て) -- 「線香屋」 2019-08-04 (日) 02:16:38
      • ふむ…龍を留み、気滞を伴う、ですか。ならば私が適任かもしれませんね、近頃自分でも忘れかけそうでしたが、"操龍士"の仕事としては(などと冗談半分に言う。彼女の説明は、むしろ腑に落ちたようで)
        その方が百年の石を穿ち、千年の川を割く達人ならばそうでもないでしょうが…大概の相手ならば問題ないでしょう。して、時に余裕はありますか?(青い目を見返す紫掛かった眼鏡の奥の瞳。それは若干鋭く光る)
        -- リュイ 2019-08-04 (日) 02:27:31
      • まだ症状は慢性疲労だけだから…時間はたぶん、たっぷりあるわ。発見が早かったおかげね(ちょっぴりの自画自賛)
        今はお香の力で眠ってもらっているけど、起きたら自分で予約をとって丹田堂を訪ねるよう紹介しておくわね(見返す鋭い眼光にまたも微笑む)…センセイに引き受けてもらえて良かったわ
        これからも、同じようなお客さんが来ないとは限らないもの(言い残して、きちりと頭を垂れて帰っていった) -- 「線香屋」 2019-08-04 (日) 23:22:09
      • それは素晴らしい。どんな病状でも早期に発見すること以上の特効薬はありませんからね。流石です(素直に褒め称える)
        合わせて言うならばその上で自らの治療に固執せず適切な相手に引き渡す判断もまた素晴らしいですが…(柔らかく包むようなその微笑みに、苦笑を浮かべ)
        …いやはや、敵いませんね。どこまで先を見通していらっしゃるのか。ええ、しっかりと準備させて頂きます(そうしてこちらも礼を返し、掴みどころの無いその背中を見送った)
        -- リュイ 2019-08-04 (日) 23:29:50
  • -- 2019-08-02 (金) 00:56:03
  • …ふむ、軽くですが片付けはこんなものですか。それでは本日は閉堂、と…(がらがらぴしゃん) -- リュイ 2019-08-02 (金) 00:55:25
  • アナル爆サイ点穴ックス! -- 2019-08-01 (木) 23:51:12
    • やれやれ…残念ながらここはそんな危険なプレイをする店ではありませんよ。危険な火遊びにはご注意を。 -- リュイ 2019-08-02 (金) 00:05:55
      • navi切れックス! -- 2019-08-02 (金) 00:07:41
      • これは失敬。私としたことが見逃していました。それではお礼に一刺し(ぷすり。寝不足の頭が冴えたりするぞ) -- リュイ 2019-08-02 (金) 00:12:47
  • -- 2019-08-03 (土) 23:09:02
    • navi切れックス!施設編 -- 2019-08-03 (土) 23:10:56
      • いやもう流石に二度目となると言い訳の立てようもありませんね…おかしいですね…ナビも持ってきたつもりだったんですが…(なおしなおし) -- リュイ 2019-08-03 (土) 23:14:54
  • 背中に灸を据えられた患者が寝転がっている -- 2019-08-04 (日) 01:39:43
    • せっしゃはジャスミン茶が良いのだが -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-04 (日) 19:06:27
      • (患者の背に乗せられた艾炷…もぐさを固めた物に線香で火を着けつつ、視線を上げて)
        ジャスミン茶の用意もありますよ。ただし今私は手を離せませんので淹れる所からセルフになりますが。そこの戸棚の上から二番目に茶と茶道具があります。
        -- リュイ 2019-08-04 (日) 21:31:28
      • どれがジャスミン茶でござろう?(ごそごそ)
        茶菓子もあればよいのでござるが -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-04 (日) 22:46:51
      • (じりじりと煙を上げる艾炷の燃え具合を見つつ)銀色のパッケージに入ってるのがそれです。月餅で良ければ茶菓子もありますよ、
        茶色の紙袋に確か3つほど。全部食べてはいけませんよ、食べれば補給のための買い出しもセットです(などをほほえみつつ言い)
        -- リュイ 2019-08-04 (日) 23:07:39
      • 買い出しくらい構わぬ(もしゃもしゃ)
        それは熱くはないのか? -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-04 (日) 23:27:52
      • ならば好きなように食べてもよろしいですよ。どちらにしろもてなし用のものです(燃え尽きた灸の灰を取り去り、手を滑らせ、気血の賦活度合いをチェック、問題なし。続けて仰向けになるよう患者の老人に指示)
        やり方によりますね、大まかに、熱さを感じる程度で止めるやり方と、灸が燃え尽きるまでやり方がありますが、これは燃え尽きるまでなのでそれなりには熱いです(話すそれを聞き「儂はこの程度平気じゃ」と言いたげな表情を浮かべる老人)
        -- リュイ 2019-08-04 (日) 23:38:45
      • 客は多いのか?(もしゃもしゃ)
        なにゆえさような拷問を?(口の中が甘くなったのでジャスミン茶をごくごく)
        まぞひすと…というやつでござろうか? -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-04 (日) 23:53:00
      • どうでしょう、私一人では手が回らぬ時もあり、日がな一日客待ちをする時もあり…ただまあ、概ね回せているので然程多くはないのでしょう。
        …拷問ではありませんよ、治療です(と苦笑し)人にはそこを刺激すると病に効く経穴と呼ばれるツボがあります。この方の場合は肩の痛み(鎖骨の外端の下のくぼみに灸を置き、線香で火をつけ)
        例えばここは雲門と呼ばれるツボです。肩の痛みを緩和します(あ゛ー、と痛気持ちいい感じの声を上げる老人)
        -- リュイ 2019-08-05 (月) 00:07:31
      • 儲かっておるのか…せっしゃは用心棒ゆえ事さらになにか言うでもないが、ちゃんと収めるものは収めぬと無用のトラブルを招くでござる
        まことか?にわかには信じがたいな
        その……あれに効くつぼというのもござるか? -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-05 (月) 00:38:52
      • はは、ご忠告痛み入ります。ですがご心配なさらず、金銭だけが目的ではありませぬ故、問題が起きる程の稼ぎにもなっておりませんよ。
        まあ、人によっては何を意味の無いことを、と言われるような治療法ですからね、無理に信じよとも申しませんよ。……ふむ?アレとは?何かにお困りですか?(若干要領を得ぬ問いに聞き返し)
        -- リュイ 2019-08-05 (月) 00:44:40
      • せっしゃとしては、むしろ色々トラブルが起きたほうが都合が良いのでござるが(きっと妖刀を振るうに足る相手にも出会えるはず)
        あ、あれといえば、あれでござるよ!あれ!(しどろもどろに) -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-05 (月) 00:58:28
      • ははあ…そういうことですか。稀にですが、私の修行不足からか、そういうことも起こりますがね。概ねそのような"トラブル"は夜に片付けておりますので。
        …すいません、これもまた修行不足ではありますが他心通を収めたとも言い難く。ご自分でも明確でないのであれば、診察をさせて頂きますが?(とは言え、これは分かっていながらも言い出せぬ類であろうと予想し)
        (老人の灸を取り除き、一旦休憩です、と告げて五右衛門の様子を、じ、とつぶさに伺う。頭の先から、肩、胸、細い腰を経由して、その足先まで、じくりと)
        -- リュイ 2019-08-05 (月) 01:07:43
      • 敵わぬ相手が現れたらせっしゃを呼ぶがよかろう 用心棒として雇われてはいるが、ぷらいべーとなら構わぬでござる
        くっ……あ、あれといえばあれでござる!!!
        しょち……せいりふじゅんとやにょうしょう……(消え入りそうな声で) -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-05 (月) 01:19:16
      • (しかりと見て取れば、経絡の巡り、質、量、只者ではなく。腕に覚えのあるような物言いも納得であり)…これはこれは。ではその際は頼りにさせて頂くとしましょう(とにこりと微笑んで)
        しょち…?(と言いかけたそれには少し首を捻るが、続く言葉にうむうむと頷き)それならば良いツボがありますよ、灸にしますか?鍼にしますか?治療が必要であればそちらの空きベッドへどうぞ。
        大丈夫、灸ならば熱すぎぬ程度で留めますし、鍼も痛くはありませんよ(とかき消えそうな声に不安を除くような優しい声色でそう語る)
        -- リュイ 2019-08-05 (月) 01:31:29
      • ど、どちらがよいのでござろうか……?(こっちは素人なのでよくわからない)
        (とりあえずベッドにちょこんと座っておちつきなさそうにしている)) -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-05 (月) 01:45:11
      • 灸は慣れぬと落としてしまったりもしますから、それでは鍼に致しましょうか(そうして鍼を何本か手に取り、ベッドに座る彼女の前に跪くように身を低くする)
        それでは、失礼(まず彼女の足を取り、太もも辺りにそっと手を添えて、滑らせるように下へ。膝裏を経由し、ふくらはぎ、踵へとごつごつとした鍛えられた掌を移動させる)
        良い龍をもたれていらっしゃる。靴を脱がせても?(彼女の足の経脈を丁寧に触診で確認し、履いている靴を脱がしてもよいかを問う)
        -- リュイ 2019-08-05 (月) 02:00:41
      • 本当に痛くないのか?痛いのは慣れているが、その…(日々の修行や死合で怪我をするのとは違い、針をさすというのはちょっと怖い)
        あ、そこは……ふわぁっ♡(足を触られ、一瞬こらえるように丸まり、直後ビクンと身体をのけぞらせ、勢いよくベッドに仰向けになる) -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-05 (月) 02:07:06
      • 痛くありませんよ、医療用の鍼は注射針よりなお細く、皮膚や筋肉の組織を殆ど傷つけません。軽く何かに押されたな、くらいのものです。
        (そうして、淡い蕩けるような声色を肯定として取り、跳ねる彼女の足を捻らぬように優しく捕らえ、するりと彼女の靴を脱がせ、その可憐な脚を露わにする)
        不思議なものでしてね、このような末端の四肢であっても道として繋がっている以上、内臓に対しても相互に影響しあっているのですよ(仰向けになった彼女の脚を、今度は靴越しではなく、脚の表側から同じ用に掌を滑らせ、経絡を読み取る)
        そして、まずはここ(太ももから膝、スネを経由し足の甲へと)太衝穴と呼ばれ、冷え性や不眠、泌尿系の問題の解決を促します(消毒液を染み込ませたガーゼで第一、第二中足骨の間の凹んだ部分を拭き、鍼をとん、とん、と打つ)
        (痛みは感じず、独特の刺激が肌の、肉の合間に滑り込み、じわりとした滲むような心地よい感覚を覚えるだろう)
        -- リュイ 2019-08-05 (月) 02:22:11
      • やはっ♡そ、そこはっ♡(触れるたびに鼻にかかった甘い声を響かせ、ベッドの上で身悶えする)
        (無防備な袴から見える下着にはすでに染みが大きく広がり、着物がはだける)
        (少女が身体をかける快感に気を取られていたのは先生にとっては幸運だっただろう 正気であれば鍼を刺すのをおそらくかなり渋ったであろうから)
        (足から伝わる感覚は、少女をさらに忘我の縁へといざなう) -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-05 (月) 02:35:38
      • (身を捩り、桃色の色がついたかのような声色をあげる彼女の脚を支える男の力は見た目以上に強い。彼女の理性がもっと平静さを保っていたならば、その力とは裏腹に掴まれている脚が全く痛まぬのを不思議に思ったかもしれないが)
        …四肢の気脈の活性化、ですが、なるほど、少々気の巡りが強すぎる方のようです(目の前で広がっている下着の染みを冷静に観察し、はだけた着物、その胸元の間に、そ、と指を触れ)
        気が足りなければ増し、多ければ捨て、瀉するのが鍼師の役目です。身の赴くままにどうぞ(肌に触れぬか触れないかの羽のような手付きで、そのまま指を下へ)
        (快感に蠢くみぞおちを、つつ、と滑らかな肌を滑り渡っていき、ヘソに落ちた指先を、僅かに押し込んでその汗ばんだ弾力を確かめ)
        そしてここが、関元。胃腸にも効きますが月経不順や生理痛、精力減退にも効果があります(ヘソの下、指4本、内臓としては子宮の僅か上方で指を止め、拭き)
        そうそう、丁度ここは丹田とも呼ばれます。この堂の名前でもありますね(微笑みを浮かべつつ、鍼を肌に落とし、とん、とん、とん、とリズム良く指先から鍼へと振動と刺激が、先程より深く、奥へ、徹す)
        …ひとまずは、こんな所ですか。根本的な改善をするのであれば一度だけではなく継続的な治療が必要ですが、ご安心を、これでも私、そこそこの腕でして。一回でもそれなりには効きますよ(にこりと笑って言った)
        -- リュイ 2019-08-05 (月) 03:00:52
      • (忙しなくゆすられるからだと裏腹に、微動だにしない足から快楽が伝わる 全身から甘い雌の匂いを放つ)
        あっ…♡(左右の小さく膨らんだ突起の間に置かれた指には瑞々しい少女の肌の感触)
        んんん〜〜〜〜〜〜〜(腹部を撫でられ、喉が詰まったような声)かはっ!(押し込まれて甘く湿ったまるで淫らな桃色まで見えてきそうな呼気が吐き出される)
        あっ♡あっ♡あっ♡(男の指に合わせて漏れるとろけた鳴き声は楽器を奏でる腕の良い奏者のよう)
        も、もっと…もっと…っ(身の赴くままに、理性を手放す)
        (鍼が与える直截子宮を犯されるような刺激にだらしなく足を広げ、体内では肉壷が収縮し…)ふあ……♡(ビクビクと痙攣したのち、全身から力が抜け、あえなく失禁する)
        (男の説明が届いていない様子は明らかで、目を覆うようなみっともない風体でベッドに半身を預けた少女はだらりと足を垂らしたまま失神した) -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-05 (月) 03:32:58
      • (むせ返るような女の匂い。それには固唾を呑んで見守っていた老人の方がくらくらと頭を揺らしてしまう程に甘く、甘く、艶めいて)
        (男はそれさえも冷静に見つめる。彼女の放つ強い陰の気、女性であるが故に迸る強いそれを、荒ぶる龍が吠えたようだと、しかと見極めて)
        …いやはや、これは大分溜まっていらしたようですね。まるで上等な桃のような身体ですが…今からこれは…末恐ろしいです。
        (彼女が健康にきちんと成長し、大人の色香を身に着けた時は己さえもどうにかなってしまいそうだと思いつつも、タオルを持ってきて身体を拭き、別のベッドに寝かせて服を整え休ませてやる)
        すいません、治療の続きは…片付けの後にでも(老人へ謝りながら後片付けをしていたが…「あのえっろい声周りに響いてたんじゃないかのう」と言われて少々頭を抱えていたとかいなかったとか)
        -- リュイ 2019-08-05 (月) 03:54:21
  • -- 2019-08-05 (月) 23:28:25
    • (通常の診療に使う部屋とはまた別の、特殊な香を炊いた薄暗い部屋の真ん中にベッドがある)
      (そこには「線香屋」から紹介された患者の青年が横になり、静かに胸を上下させている)
      …確かに慢性的な疲労、しかしこれは衰弱一歩手前ですね…深く静かに呼吸をしてください。寝れるならば寝てしまっても構いません。
      (身体の各所に触れ、男の経絡、気穴を丁寧に探る。男の感覚で捕らえたそれは、ほんの僅かにしか水の流れぬ荒れた河)
      (寝入ってしまったのか、反応の無くなった青年の身体を少しずつ探れば…)…胸…いや、肺、ですか(ぽつり、と呟く) -- 2019-08-06 (火) 00:24:41
      • (一際、そこに大きな淀み…「線香屋」の言に言わせれば龍が在る。とは言ってもこれは)…悪龍ですね。どこかで貰ってきてしまいましたか。
        (明らかに自然に宿されるようなものではない。これを瀉ぐには通常の鍼では難しいだろう、そう考え、いつもの診療では使わぬ鍼…真銀にて作られた銀鍼を取り出し)
        呼ォォォ…(自らの呼吸を整え、勁を練り上げ、銀鍼を手足の末端、幾つかの経穴へと刺入していく。己の勁を流し込みながら)
        (この患者には、もはやどれだけ賦活しようと自分自身の力で悪龍を除くことは出来ない、であるならば外気を取り込むしかない)
        (そうして少しの間が立ち、青年の身体に十数本目の銀鍼が立つ。悪龍は青年の身体の中で追い込まれ、ごろりごろりと鳴動している)
        (後は胸部に強めの勁を流し込むだけ、という所で手持ちの銀鍼が切れた。補充のために、ふ、と診療用の台へと視線を移した、その瞬間)
        阿阿阿阿阿ッ!!(眠っていたはずの青年が、か、と目を見開き、腕だけが跳ね上がるようにリュイの顔を狙う) -- 2019-08-06 (火) 00:25:12
      • (腕に込められた力は尋常ならず、木を掴めば一息にへし折るであろうそれをリュイは目を逸したまま…僅かに顔を傾けて避けた)
        おや、きちんと追い込んだつもりだったのですがね。窮鼠猫を噛むと言った所ですか?(そんなことを軽く呟き、台から銀鍼を手に持つ)
        (その間に青年は幽鬼のように重力を感じさせない動きでベッドから跳ね上がり、中空をぎゅるぎゅると回転して部屋の奥の箪笥の上へと、すたりと立つ)
        ですが残念です。貴方は鼠でさえなく、私は猫でもない。差し詰め言うならば…貴方は蟻で、私は豹ですよ(笑みさえ浮かべてそう言う)
        大人しくして頂けませんか、患者さんの身体が痛みます。静かにして頂ければ、一息に滅して差し上げますから。
        (だが、幽鬼と化した青年はリュイの言葉には耳を貸さない。鬼気まで放ち、リュイの後ろの扉を睨んでいる)
        ええ、言ってみただけです。逃げたければどうぞご自由に。…できるものなら、ですが。
        (そう男は呟き、言葉通りに邪魔をするつもりはないと両手を組み、あまつさえ眼鏡の奥の両目まで閉じてしまった)
        阿阿!阿阿阿!!(馬鹿にするような声を上げて幽鬼が嗤う。本当に逃がすつもりなのかと、高らかに。そうしてすぐさま幽鬼は行動に移る) -- 2019-08-06 (火) 00:25:52
      • (幽鬼は箪笥の板を踏み割る勢いで、部屋の奥の扉へと飛ばんと跳ねた。この勢いであれば扉程度はやすやすと破るであろう速度で)
        (だが、その瞬間。目も開けず、一歩も動くことなく…いや、リュイの親指だけが、僅か、ぴん、と何かを弾いた)
        (それは、銀鍼。勁の込められたそれが、幽鬼の描く軌道に置かれたように、飛んだ)
        (そんな些細な動作に気づきもしない幽鬼は空中を飛び…胸に僅かな感触を感じたのち、悲鳴を上げる間もなく途端に力を失って床へと落ちる)
        …おっと(そうして床へと激突しそうになっていた青年を優しく抱きかかえる。その顔は、先程までの鬼気迫る表情ではなく、穏やかなもので)
        あからさまに鬼気を放ち過ぎましたね。貴方の"流れ"、寝ながらでも分かりますよ。もっと上手く身を潜められていれば、線香屋さんにも見つからずにいられましたでしょうに。
        (中空に消えゆく悪竜の気配に、やれやれと言いながら青年をベッドに寝かせる。割れた箪笥の修理費は青年に払わせるのは酷だな、と考えながら)
        私も修行不足という所ですか。豹は少し言い過ぎましたかね…サーバルキャットなどは今の流行りでしょうか…もう古いでしょうか…。
        (などとぶつぶつと呟いて、部屋を片付けていたとか) -- 2019-08-06 (火) 00:26:06
  • 鍼を打たれた患者が本を読んでいる -- 2019-08-06 (火) 22:45:08
    • いちごまんじゅうでよかったでござろうか?(お茶菓子の買い出しをしてきた) -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-07 (水) 00:11:31
      • ふふ、月餅の代わりに苺まんじゅうとはなんとも可愛らしい。ええ、よろしいですよ。日持ちが微妙でしょうから冷蔵庫入りですかねぇ(とんとん、と本を読む患者に追加の鍼しつつ) -- リュイ 2019-08-07 (水) 00:51:08
      • 承知(苺まんじゅうを冷蔵庫に入れるついでに一つ食べる)
        あんこに合うお茶はござるか? -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-07 (水) 01:17:01
      • 折角ですから私も一つ頂きましょうか(と冷蔵庫から一つ取り出してぱくり。甘酸っぱい味わいが口に広がる)
        あんことなれば…やはり緑茶でしょうかね。烏龍茶なども慣れたものなのですが、貴方は東国の方でしょう?(茶葉を取り出してテキパキを緑茶を淹れ始める)
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 01:28:31
      • 緑茶もござるか!喫茶店を別にやったほうが良いのでござらぬか?
        せっしゃはオオサカの出でござる -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-07 (水) 01:35:41
      • なにぶんここはお年を召した方が多く来られますからね、時を経つごとに茶の種類が増えました(と苦笑して、ことんと、茶飲みを出す。ついでに本を読む患者にも出す)
        オオサカ…東国の第二の首都、のような場所でしたか。そこでは串を揚げた種にソースを二度付けると刃傷沙汰の骨肉が発生するという…(おお…テリブルと呟くメガネ)
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 01:41:56
      • (緑茶とおまんじゅうを堪能して手をパンパンとはらう)
        さて……(開いてるベッドに座り、帯を緩めて上半身をはだけて両手で胸を隠して食べ終わるのを待つ)
        しょ……ちょうはまだでござるが、やにょうしょうのほうはなんとなく減った気がいたす -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-07 (水) 01:50:16
      • (ずず、と自分の分の緑茶でまんじゅうを流し込み、幾つか鍼を用意して)
        …む?ああなるほど…以前言いかけていたのはそれでしたか。失礼ですが…今、何歳ほどになられます?
        (そうなれば生気不順、気の巡りが偏っているか、それとも抑え込んでいるのか…と考えつつ)
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 02:06:43
      • み、見てわからぬか!齢十六でござる -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-07 (水) 02:14:44
      • …分かりませんでした。これは重ねて修業不足の失礼をば(苦笑を浮かべつつ謝罪する、が)
        ですが、お気を悪くなさらず聞いて頂きたいのですがその歳にしては少々生育が遅くあるように見受けられます。
        個人差がありますので一概にそれが原因とも言えませんが…それならば(と以前もしたように、彼女の足元に跪き、靴を脱がす)
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 02:19:50
      • ふぐ……(かなり大きなショックをうける)
        そ…そんなに……でござるか……(両手をだらんと下げてうなだれる 脱いだ袴と着物は脇にきちんと畳んである) -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-07 (水) 02:29:44
      • …更に失礼を重ねるならば、5つは下かと思っておりました(ちょっと目逸らし、クローン技術などもある瓦礫城では見た目だけでは年齢を推し量れぬという事情もあるが)
        しかし、少ないとはいえその頃の歳でも月の物が訪れぬは充分有り得ることです。お気に病まないでください(項垂れた顔を見上げ、気遣うように優しくそう言い)
        では…気の量は充分と見ましたし、流れの改善が必要ですね(そう言えば彼女の太ももを下から軽く握り、きゅ、ぎゅ、と緩急を付けて揉む)
        (どちらかと言えば按摩の技法だが、こうすることによって経絡に緩みが生まれ、流れが良くなる。続けてそのまま下に、膝裏の腱を避け、揉み、ふくらはぎを同様に)
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 02:39:24
      • な、なにぃ!ぶれいだぞ!?年頃のしょうじ……女にそのようなっ!
        そうなのか……しからばせっしゃにもそのうち、ちゃんと初潮もおとずれようか…
        ふわっ♡(太ももは特に弱い部位だ 跳ねるようにのけぞって上体を倒す)
        せ、せんせっ♡た、たんま♡(触れられた足から伝わる快感に、逃れようと身体をよじる) -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-07 (水) 02:45:07
      • 治療を拒んでいては改善もしませんよ?(と脚を逃さず掴み、按摩を継続する。そうしてくるぶしの上、指二本分のところへ、とん、とん、と鍼を落とす)
        こちらの経穴は交信と呼ばれ、生理周期を整える場所です。脚のむくみなどにも効きますよ(鍼から伝わるのは淡い痺れにも似た刺激。按摩された経絡にじわりと広がるだろう)
        加えてこちらも。(と言いつつ露わになっている小さな背中に後ろを取るように回る。女性らしさよりも女の子、と呼ぶのがふさわしいその背中、肩甲骨から腰にかけてを掌を使って広く浅く揉む)
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 02:57:06
      • ちょっ♡きゅうけっ♡(足から伝わってくる刺激に下半身がじんじんと痺れ、むき出しの下着に染みが広がる)
        えっ♡(珠のようなという形容がまさにそのとおりと言えるスベスベの若さに溢れた肌に小さな玉のような汗が滲んで雌の匂いを放つ)
        ら、らめっ♡(背中全体に与えられた刺激に忙しなくくねくねと身じろぎし、抵抗せんとする) -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-07 (水) 03:12:05
      • (若さ故にだろう、溢れた汗は肌を滑り弾き、つつ、と滑り男の手にも降りかかる。その甘い香りが苺のようにも思えてしまったのは先程の饅頭のせいか)
        (とはいえそれには動じず、動く彼女の身体をがしりと両手で捕らえ抵抗を許さない。そのまま腰の周辺を揉み、充分にほぐした後に下へ。臀部上部、丸みを帯びる一歩手前辺りの箇所を丹念に揉む)
        (優しく丁寧に、時に力強く。男の掌にはむしろ小さすぎるようなそこをたわませ、緩ませて)そしてここが(そうして臍の丁度裏側、背骨がある箇所から指一本分、横へと外れた場所)
        気海兪という月経絡みの諸症状、腰痛などに効く経穴です(左右二箇所のそこに、とん、とん、と鍼を刺す。先の鍼と合わせ、ちょっとした熱さにも似た刺激が下半身を包むはずだ)
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 03:27:54
      • ひゃっ♡ひゃっ♡ひゃっ♡ひゃっ♡(ずらした下着のゴムの跡の残るより少し下あたり、力が抜けてゆるく開いた股間に揉まれるたびに染みが広がっていく)
        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ♡(脊髄を下ってくるような刺激、下半身のむずむずに我慢できず、排泄をこらえるような動きで腰を小刻みにゆする) -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-07 (水) 03:43:05
      • 我慢してください、これで最後です(あくまで優しく落ち着かせるように言って、彼女の前に回り、今度は逆にお腹から臍の上にかけてこちらも汗の滲みはじめた掌で揉みしだく)
        (歳不相応に痩せた腹、それでも掌から感じる感触は柔らかく、栄養が足りていない訳ではなさそうだが、と脳裏でわずか思案してしまう)
        (若干浮き出た肋骨を避けるような形で、彼女の腹わたまで含めた広い範囲を揉み終われば、臍の斜め下、身体の外側に指一本分外れた箇所に、静かに鍼を突き立てる)
        ここは外陵と申します。主に生理痛などの時に打つ所になりますね。腹痛にも効きます(とん、とん、とん、と強めに鍼を打つ。多少の痛みを伴うかもしれない)
        (脚、背中、腹、下半身を中心とした経絡の流れを円滑にし、気穴を賦活し相互作用を促す)…お疲れ様でした。これで少しは助けになるといいのですが。
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 03:58:42
      • む、むい♡むいむいっ♡(脂肪の薄い鍛えられた腹筋も、マッサージと鍼の刺激に力が抜けてすっかりほぐれて柔らかく、背中よりも直に少女の体内の熱が伝わってくる)
        っ!!!(今までとは全く違う力強い鍼の痛みに顔をしかめ、潤んだ瞳からポロポロと涙を落としながら鼻にかかった声で悲鳴を上げる)
        (しかし快楽の後に与えられた痛みは快感となって最後の大きな絶頂を迎えた 身体の中を滞りなく気脈が流れ、内蔵…特に小さな膀胱は一気に内容物を外に押し出し床を濡らす)
        あ、あああ(赤面して縮こまり)ご、ごめんなさい…(べそをかいて謝った) -- 本家十一代目石川五右衛門 2019-08-07 (水) 04:21:05
      • いえいえ、今度は強めに鍼を打ちましたからね。お気になさらず(とタオルと、簡易的な下着を渡して彼女の頭をなでて)
        …しかし…月経もそうですが確かにこの漏れやすさは問題ですね…(鍼だけではなく筋力トレーニングも必要なのでは…的なことを考えつつ)
        何にしろ焦りは禁物です、一朝一夕では何事も成し遂げられないものですからね(辺りを片付けつつ、励ますように彼女に微笑んで言っていたが)
        (「娼館が近くに出来たのかってこの前聞かれたのう」と本から視線を上げて患者の老人が呟き)…一朝一夕で危険な兆候が出ている…(引きつった笑みを浮かべて、その日の営業は終了したとか)
        -- リュイ 2019-08-07 (水) 04:32:34
  • 寝転がり肩を念入りに指圧されている患者がでろーんとしている -- 2019-08-07 (水) 23:11:32

Last-modified: 2019-09-01 Sun 02:26:16 JST (83d)