MF/0415

  • ・ -- 2018-12-15 (土) 01:55:23
  • ・ -- 2018-12-15 (土) 01:55:20
  • ・ -- 2018-12-15 (土) 01:55:17
  • 組織を抜けまして、元々の旅に戻らせて頂こうかと……連絡をしに来たのですが、彼崎さんも別の場所に移動なのですか……(入口か何処かで噂を聞いて) -- ノクロロ 2018-12-11 (火) 23:29:05
    • そうなのか…その方がいいだろうな、お前さんマフィアに向いてるとはとてもじゃないが思えん
      できればもうちょっと平和な所で暮らした方が…って、また情報が洩れてるようだな(困ったものだと息を吐く)
      -- 彼崎 2018-12-11 (火) 23:36:01
      • 半ば強制的に組織に入れられた身、なものですから……向いてないなりに、数年何とか生き延びられましたよ……
        今後は、一人で旅をして……何処かにあるという酒場の街を目指しますので……果たして平和かどうかは、わかりませんが……あはは、それだけ、動向を皆が気にされている、という事でしょう -- ノクロロ 2018-12-11 (火) 23:43:30
      • 酒場の街…聞いた事はあるが、とてもじゃないが平和そうな場所とは思えなかったぞ(大丈夫なのだろうかと眉を寄せ)
        困ったものだよ、出る前だというのに心配させてくれる…いや、それはお前さんもそうなんだが(どことなく頼りない女を見て)
        大丈夫なのかね、本当に(組織に属している以上家族として見ているのか、そんな心配をする)
        -- 彼崎 2018-12-11 (火) 23:50:42
      • まあ……とかく逃げる技でしたら、大得意ですので……一人なら、さほど周りを気にせず、力を振るって隙を作る事も出来ますし……
        えへへ、こう見えて、そこそこは長生きしていますから、案外といけるものですよ……
        ともあれ、何かとお世話になりました……ありがとうございます。彼崎さんも、お体お気をつけて……(かくして彼女は去っていった) -- ノクロロ 2018-12-12 (水) 00:03:56
      • そうか…だったらいいのだが…ああ、そちらもな(言って見送り)
        …最後まで掴めん奴だったな(そんな感想を抱いた)
        -- 彼崎 2018-12-12 (水) 00:06:47
  • やぁ、彼崎はいるかな?(めったに彼の仕事場に現れないユリアンが訪ねてきた)
    ああ、いたいた。お仕事ご苦労さま…ちょっといいかい? -- ユリアン 2018-12-11 (火) 22:58:21
    • (雑務処理をしながら出迎える男、手に持った書類を眺めていたが視線を上げて)
      どうした、珍しい(眼鏡の位置を直して向き直る)
      -- 彼崎 2018-12-11 (火) 23:16:37
      • ま、ちょっと聞きたいことが2つほどあってね。…ここからでていくって本当かい?
        あっちこっちで噂になってるんでね。一応ほら、名目上僕はキミの配下って事になってるし。 -- ユリアン 2018-12-11 (火) 23:19:06
      • 本当だ。俺が離れた後は丸ごと銀河の下につくことになる(普段と変わらぬ様子で告げ)
        …それで?二つ目は?
        -- 彼崎 2018-12-11 (火) 23:34:19
      • 銀河ってあの子か…てっきりハローくんあたりかと思ったんだけどね。ま、新しいボスに挨拶はしとくかな。(ははは、と笑い)
        んでこっちが本題。僕はねちょっと里帰りしようかと思うんだ。もう昔僕が住んでた国はないけどね。
        生まれ変わった祖国と…姉さんの墓参りでもしようかなって。でもここから結構遠いから...3ヶ月ほど休暇を貰おうかなって思ったわけさ。 -- ユリアン 2018-12-11 (火) 23:37:21
      • そうしてくれ、ただ…アイツはお前さんとは合わんかもしれんが(暗殺などの汚い行為を嫌う性格ゆえの懸念)
        が…ま、それもいいだろう。そこから先の話はお前達の問題だ(ぶつかるのも悪くない、良い方向に行くだろうと笑う)
        3ヶ月…なるほど。となると、俺が出るまでには帰ってこれない。という事か
        -- 彼崎 2018-12-11 (火) 23:47:48
      • 時々顔を合わせるけどまともに喋ったことはないかな…ずいぶんと面白そうな子だとは思うけどね。
        これから冬になるからね。冬の前に向こうへ行って帰ってくる…大体片道が1か月くらいかかるから…ね。あっちでもやりたいことはあるし。
        …問題があるなら、来春まで延期でもいいんだけどね。急ぎってわけでもないから。
        とりあえず、休暇が取れるのかとその分は有給になるのかは確認したいね。僕の生活かかってるし(なんて冗談めかしてはいるが、ユリアンお稼ぎはほとんどが孤児院にあてられている) -- ユリアン 2018-12-11 (火) 23:53:24
      • 良い女だぞ、あれは。今のうちからもっと知っておいた方がいい
        いや、構わんよ。去り際にいなければ寂しいなどとセンチメンタルな事を思うタイプでもない、それに永遠に会えなくなるわけでもないからな
        そちらの話か…それだったら問題はない、此方の方で何とかしておく。銀河に代わっても問題なくできるようにはしておく、安心していくといい
        -- 彼崎 2018-12-11 (火) 23:58:30
      • そうだね、出立の準備の間に挨拶はしておくよ、新しいボスにね。
        君らしいね、そういうところ。僕は好きだよ?縁があればまた会えるだろうさ。
        ありがとう助かるよ…君には世話になりっぱなしだったね。ありがとう、ケイカ(右手を差し出し、握手を求める)
        僕たちの道は分かれるけど。また行き交うことを願っているよ。 -- ユリアン 2018-12-12 (水) 00:06:35
      • ヒザキだ…まったく、何時まで経ってもやめないな、その呼び方(苦笑しつつ握手を返し)
        そりゃあそうだ、俺が作るのは新しい『ファミリー』いうなればこの組織の兄弟分だからな、交流を無くすつもりはない
        -- 彼崎 2018-12-12 (水) 00:14:44
      • 僕は新愛を込めて読んでるつもりだけどね。(しっかりと握手を交わし、ゆっくり手を離す)
        へぇ、大きく出たね。もし助っ人が必要ならいつでも呼んでくれ、休暇中以外なら駆けつけるよ?
        さて、それじゃかえるとするかな。出発前にはまた顔をだすよ。それじゃ手配の方よろしくね。 -- ユリアン 2018-12-12 (水) 00:18:51
      • 理想は高く持つもんだ。…そうだな、必要があったら呼ぶ。その時は頼む(今まで彼がユリアンにそうしたように)
        ああ、任せておいてくれ(言って男の姿を見送った)
        -- 彼崎 2018-12-12 (水) 00:28:23
  • 別とはやはり他の組織の事でしたか・・・ですが正直・・彼崎さんが行かれるとは思いやせんでした・・・(同時に、彼以外の適任は思いつかなかった事も事実だ) -- ロベルト 2018-12-11 (火) 20:41:47
    • なんだ、随分情報が流れるのが早いな、殆ど人に話した記憶はなかったんだが…
      流石の情報収集能力だなロベルト(この男の情報収集にはいつも助けられたな、と思い出して)
      幹部も有望な奴が増えてきたしな、あとは若いもんに任せてここらでロートルは次に行く
      と、言ってもそんなに歳でもないけどな。俺もまだ(冗談めかして笑い)
      …そんな深刻な顔しなさんな。言った通り、俺が居なくたってこの組織は大丈夫だろう
      -- 彼崎 2018-12-11 (火) 21:02:41
      • 幹部の出向ともなれば一大事なんで・・・(あたりがついていれば突き止める事はそう難しくはない・・)
        深刻にもなります、上司がいなくなっちまうんだ・・(飽きれた様に肩をすくめる、この男としては非常に珍しい軽口)・・・へい、俺もその一人として、しっかりとこの組織を守ってみせやす(だからいつ戻ってきても大丈夫だと)
        次にいけるのは若い証拠でさぁ・・・彼崎さんであれば万が一もないでしょうが・・
        今までお世話になりました、彼崎さんの今後のご活躍、ご健勝をお祈り申し上げます・・・(深々と一礼すると部屋を辞して) -- ロベルト 2018-12-11 (火) 21:33:53
      • なに、お前さんの腕なら次の上司の下でもうまくやれるさ
        …ああ、任せた。若い幹部連中を支えてやってくれ(かつて自分がそうだったように) まあ、まだ暫くは居るがね、出るまでに会えるかもわからんからこう言っておこう…達者でな
        (過ぎ去る背中を見送る)…本当に世話になったな、ありがとうよ(感慨深く閉じた扉に向かって呟いた)
        -- 彼崎 2018-12-11 (火) 22:33:00
  • (件の騒動から暫くして彼崎の元に一通の書簡が届いた)
    (その方法は郵便によるものではないのは確かだ)
    (何故なら彼崎の事務所の机の上に直接置かれていたのだから)
    (その内容は要約すれば1の為の手続きを行う為の人員を寄越すとの事)
    (そしてその約束の日の当日) -- 2018-12-09 (日) 20:08:21
    • (約束の時間に関わらず相変わらず忙しそうに雑務処理をする男) -- 彼崎 2018-12-09 (日) 20:20:42
      • (時間が訪れれば1分と早まる事も遅れる事も無く彼崎の事務所のドアを叩く音)
        (扉を開けば牙の紋章の入った特徴的なビジネススーツに身を包んだ男が現れる)
        (この時期にボルサリーノにマフラーや手袋を装着している事からこの男の種、そしてその程度の対日光用装備で出回れるだけの格を告げていた)
        (ただ人間に対する悪意は薄いのか入室の際に帽子とマフラーを取った後相応の礼儀を見せてきた)
        (その素顔は眼鏡姿の壮年の男性であり何処か彼崎自身を思わせる印象がある、その外見通りの年齢ではけしてないだろうが)
        約束の一件での手続きに参りました、今回は幾つかの企業の譲渡に関する事になります
        現物に関してはもう間もなく入港する事となりますので -- 吸血鬼 2018-12-09 (日) 20:29:56
      • 了解だ。しかし、普通に現れるなど、随分と礼儀正しいんだな(以前の事を思い出し、眉を寄せ)
        それと…渡すものがある(席を立ち傍らに置いてあるピーターのコートが入ったアタッシュケースを手に取り)
        前に借り受けた…約束は果たしたからな、今回は返す(言って手渡そうとする)
        -- 彼崎 2018-12-09 (日) 20:40:56
      • オジキ…失礼、ボス達の世代ともなると仕事と言えば書類の上で済ませる事が多く人間と関わる事もめっきりと減りますので。
        確かに…(アタッシュケースを受け取る、目の前で中身を確認しないのも口約束という書面上の契約ではないからこその礼儀だ)
        (一方で吸血鬼はアタッシュケースを何も無い空間から引きずり出すとそれを机の上に置いて開けて見せる)
        (中身は名義変更の書類が幾つか、そのどれも彼崎の名前を書くだけで済ませられる状態となっている)
        (中には観光業に関わる幾つかの企業も名を連ねているのはまだ外と関わりがあると他の幹部に示す為の狙いもあるのだろう)
        (少なくとも港の幾つかの権限と豪華客船を含む観光関係はそれだけで莫大な資産であるのが分かる)
        (これこそが数百年という歳月で積み重ねられた富の結晶の一割なのだ) -- 吸血鬼 2018-12-09 (日) 20:53:50
      • (もっぱら書類仕事でよく使う万年筆を使ってスムーズに書類にサインをして)
        ああ、そうか…聞き忘れてた。余計な詮索だがマイケルの後はピーターが継ぐのか?
        (答えようともなかろうとも、何れ調べてわかる事だが、目の前の男の台詞が気になり聞いてみる)
        -- 彼崎 2018-12-09 (日) 21:02:10
      • 継ぎますよ(言葉は少ないがそこには継がせる、というこの吸血鬼なりの思惑が透けて見える)
        (少なくともマイケルがボスである事、そしてその思想を継ぐボスが出る事を望まない派閥がある事は匂わせる)
        (眼鏡の位置を修正して書類を確認していく、良く見ればこの吸血鬼の眼鏡には度が無い事が分かるだろう)
        (書類の内容を確認すれば頷いた)間違いなく…それでは譲渡をこれで完了します
        (僅かに顎を港の方へと向け)現時点を以て船もそちらの物となるので運び出しはそちらの人員で願いましょう
        (その船…というのが豪華客船である事に既に気付いているかも知れない、「歴史ある」「海を渡る」業界に吸血鬼が食い込んでいるのは強い皮肉と言える) -- 吸血鬼 2018-12-09 (日) 21:12:34
      • そうかい、お前さんも大変そうだな(とは言いつつも相変わらず無表情で)
        …ああ、そうだ。一応言っておこう。お前さんの所のボスが誰になろうが此方としては興味はないが…今後も今回と同じ事があれば
        …うちは容赦なく報復を返す。覚えておく事だ(釘を刺すように告げ、眼鏡の位置を正す)
        -- 彼崎 2018-12-09 (日) 21:27:03
      • 覚えておきましょう、うちとしても今回は良い教訓になった…
        少なくとも地図を書き換えるような真似をする人間共が居る限りは馬鹿も出ないでしょう
        (一方で何処か愉快げなのはその冷酷さの裏返しなのだろう)
        (どれ程仲間が滅びた所で思想が違えば心を痛める価値すら無いのだと物語っている)
        (ピーターのコートが入った鞄を取り出したのとは逆にまた何処かへと消す)
        では私はこれで…もう会う事は無いでしょうがね(一礼を済ませるとマフラーとボルサリーノを身に纏い陽光の下去っていった) -- 吸血鬼 2018-12-09 (日) 21:53:15
      • ああ、そうありたいものだ(言葉の通りの感情を乗せて陽の下に去っていく吸血鬼を見送る) -- 彼崎 2018-12-09 (日) 21:57:20
  • ・ -- 2018-12-09 (日) 21:30:38
  • ・ -- 2018-12-09 (日) 21:30:33
  • (何時もの書類整理をしていたが、ふと、腕時計に目を落とすと机の引き出しを開ける)
    (中に納まっていたのは薬の束。かつて『ゲート』と呼ばれ組織に混乱をもたらした薬)
    (今は本来の名前『デイライト』と呼ばれるようになったそれを一錠口に入れコップに入った水で流し込む)
    (複雑な思いがあるのか眉を寄せつつ一連の作業を終えると席を立つ)
    -- 彼崎 2018-12-08 (土) 16:36:09
    • (事務所の隅に据えてある保管所用の棚に近づき中から黒い財布状の革細工の品を手に取り)
      (中から僅かな金属質めいた音が聞こえるそれを左の内ポケットに納め静かに戸を閉める)
      行くか…(改めて身だしなみを整えると、事務所を後にする)
      -- 彼崎 2018-12-08 (土) 17:04:00
  • ・ -- 2018-12-08 (土) 16:36:00
  • ・ -- 2018-12-08 (土) 16:35:57
  • さて、遅くなったが祝いの品を送らせてもらおうか彼崎(酒の瓶をドンと置くドクター) -- スドウ 2018-12-08 (土) 00:23:29
    • (一瞬微妙な顔をした後それを元に戻し)
      …なんのですか?ドクとお師さんの結婚祝い?(と、突拍子もない事を言う)
      -- 彼崎 2018-12-08 (土) 00:27:51
      • いや、それはない(即答である)お師さんは気に入った相手にはいつもあんな感じだから勘違いされやすいだけだが……
        つーかそもそも俺には心に決めた相手がいたしな、お師さんもそれは知ってるさ……じゃなくてだな、
        彼崎お前さんハイジア先生といい関係になったんじゃないのか?夏頃からそういう噂が耳に入ってきていたんだが -- スドウ 2018-12-08 (土) 00:32:36
      • そうなんですか、気に入られてるんですね。当たり前か、弟子だものな…
        …(話を聞いて何となくその相手の事の察しがつき言葉を切る)
        ええ、そうですね…というか皆それを冷やかしにくるんで、結構困るんですよね
        有り難い話ではあるんですが(立場的に複雑なのかそのものの顔つきをする)
        -- 彼崎 2018-12-08 (土) 00:36:50
      • 何言っているお前さんだってそうさ、結構前だが食事に連れて行った事があっただろう?その時の事お師さん嬉しそうに話してたしな
        (彼崎の沈黙を笑って流す)もう20年近くも昔の話だ、そんな暗い話よりハイジア先生の方を気にかけてやれってはっはっは
        まぁそりゃあ仕方がないだろう、今だから言うが「仕事一筋で女にかまけている暇はない」って俺も長い事思ってたからな……
        いやいやそんな話をしに来たわけじゃない、とりあえず心ばかりの祝福だ受け取ってくれ(ともう一本出す) -- スドウ 2018-12-08 (土) 00:47:10
      • そうなんですか…?でも残念だが俺には心に決めた相手が(眼鏡を抑えて嘆く…振り)
        …それは言わなくてもしてますよ…あぁ…ドク、その辺俺にそっくりですね…俺は若くして好いた相手がいましたが…
        (居なかったらこういう男になっていたのだろうか。と、漠然と考え)…それも悪くなかったのかもな(と、つぶやきつつ僅かに笑う)
        ありがとうございます。先生と共に飲まさせていただきますんで(素直に受け取り)
        -- 彼崎 2018-12-08 (土) 00:57:21
      • お師さんも絶対お前さんと同じようなリアクションするのが目に見えるわ……(いい男だったのにーと嘆く振りするオリエを思うかべるドク)
        お前さんとそっくりか、それは光栄だ……(皮肉でもなんでもない素直な口調で)普通なら思い出にしちまうもんだが、俺はすっかり拗らせちまった、そういう意味では彼崎、お前さんが羨ましくも思えるよ
        ああ、わざわざ故郷から取り寄せた特上品だ、二人で楽しんでくれ(そう言うと先生にもよろしくな、と加えてそこを後にするのだった) -- スドウ 2018-12-08 (土) 01:25:50
      • ははは、心に余裕がある方なんですね(だからこそのあの調子なのだろうと納得して)
        …ありがとう(様々な意味を込めたひと言を送り見送る)
        -- 彼崎 2018-12-08 (土) 01:30:08
  • やー、彼崎サン。 コッローディの旦那からもう聞いてるかもしれないけれど…(常通りに軽薄な様子で訪れたネズミはそこで表情を引き締め) 今回の掃討作戦、うちの実家の支援を取り付けた。
    大型中速RO-RO船を一隻手配してある。 存分に活用してやって欲しい。 乗り心地は…豪華客船とは行かないだろうけどね。 -- フェルモ 2018-12-07 (金) 19:32:17
    • 船の用意をするとは言っていたが…お前さんの伝手だとは聞いていない
      乗り心地は悪くて構わんが…お前さんの実家に迷惑が掛からんか?
      -- 彼崎 2018-12-07 (金) 23:40:11
      • むしろうちの実家だから…かな。 近いんだ、例の町に。 だから…連中が手を伸ばすとなれば、次は僕の生まれ故郷になる。
        それに、今回の件で上手く行けば、こっちのファミリーと正常化された向こうの街、双方へのコネとルート拡大も出来るってわけさ。
        そんなわけで…その点に関しては心配ないよ。 むしろ今後ともよろしくなんて言って来た。(商人だよね、と肩を竦めて) -- フェルモ 2018-12-07 (金) 23:53:16
      • …なるほど。ご両親が協力すると言ってるのならこちらとしては言う事はない
        そいつは魅力的な話だな。先を見据えて恩を売っておくに越したことはないか(悪そうに笑い)
        宜しくしておくさ、差しあっての商売の邪魔を排除する所から手伝うとしよう
        …お前さんの方の準備はいいのか?
        -- 彼崎 2018-12-07 (金) 23:59:11
      • まぁ…自分で言うのもなんだけど海運分野ではビッグネームだからね。 ファミリーとしても、物の出入りは今まで以上に便利になるはずだよ。
        そして入ってくる物品の一部は…僕があの倉庫で管理するわけだ。 それに実家に胸も張れる。(にやり、と口角を持ち上げて)
        僕の方は大丈夫。可能な限りの準備はしておくよ。 コッローディの旦那や彼崎サンにはプランもあるみたいだしね。(爆破に関しての事だろう) -- フェルモ 2018-12-08 (土) 00:14:43
      • だが前提として今回の作戦の成功がある以上、必ずさせないとな。猶更失敗できなくなった
        ああ、実家にもだし、その実績、うちの中でもかなりの物だ。継続して莫大な利益を生むのは確実だろうからな…
        (本人がその気なら一気に幹部まで上り詰めることができそうな代物だが。と、考えつつも、本人にその気が有るのか無いのか読めずにいる)
        プランというほどの物でもないがな、此方に手を出さす気を無くさせるための脅しだ、ただの。そんなに大層な物じゃない
        -- 彼崎 2018-12-08 (土) 00:23:18
      • 確かに、それぞれの思惑に、街とファミリーの未来に…背負うものは多くなった。 でも、だからこそ滾るものも…ある。
        あはは、まぁ上手く行けば少し色々とイロつけてもらえるかなー程度には思ってるけど、今からじゃ捕らぬ狸のって奴だ。あまり大きなことは口にしないことにしておくよ。
        (苦笑してみせる表情はあくまで飄々としてマイペース。出世欲と言うほどのものがあるのかは怪しい)
        とはいえ…決め手の一つにはなるはずだからね。 僕は主力の脇を固めて、その確度を上げる手伝いをさせてもらうよ。
        …それと、レアの仕事の件、あっちも今のところ順調に歩を進めてる。 吸血鬼の件が落ち着いたら、そっちに関しても報告させてもらうと思う。 -- フェルモ 2018-12-08 (土) 00:46:15
      • 何時に無くやる気だな、頼もしい限りだ…
        別に誰しも切り札である必要はない、お前さんの仕事も重要な位置だ、若くしてそれを理解しているお前さんは大したものだ
        …分かった、そちらの事の顛末も関わった以上知っておかんとならんな。こちらの力が必要そうならいつでも言ってくれ
        -- 彼崎 2018-12-08 (土) 00:53:52
      • ふふ、富や名誉よりも、ファミリーと女性のために命を張るのが僕の故郷の流儀でね。
        単独の力じゃ上を見たって仕方ない。 集団で仕事をする以上…どんな小さな歯車にだって、そいつにしか出来ない仕事がある。 僕なりのやり方ってのを存分に発揮させてもらうことにしよう。
        レアの件も、どうしても「数」が入用になる場面はあると思う。 もしそれが必要になったら…うん、その時はよろしくお願いするよ。
        ……さて、そろそろ件の船が港に入る頃だ。 僕は僕の仕事をしてくるよ。 …信頼してるよ、彼崎サン。(にっこりと、屈託なく笑ってみせて事務所を出て行った) -- フェルモ 2018-12-08 (土) 01:12:52
      • (数多くの部下達に何時の投げかける台詞、しかし万感の思いを込めて)
        ああ、任せたぞ(この言葉を発し、見送る)
        -- 彼崎 2018-12-08 (土) 01:18:02
  • ケイカ、例の件……どうなっている?(事務所に溜まった過去の調書を整理しながら、ふと手を止めて問いかける) -- ハイジア 2018-12-05 (水) 22:13:38
    • (珍しく手伝ってくれてる状況を嬉しく思いつつも、やはり仕事か黙々と作業を続けていた)
      …例…吸血鬼の話ですか?…秋口に本拠地に仕掛けるつもりですが…何か気になる事が?(返しつつも手は止めずに)
      -- 彼崎 2018-12-05 (水) 22:43:16
      • ああ、時間はいくらあっても足りないな……今回は現地に十分な情報資産(アセット)を得る余裕もなかった なにせ敵地なものでな(大して役に立たないかもしれないが、と前置きして新しい茶封筒を渡す)
        それで、加速装置を付けるとか付けないとか話していただろう? 悪の組織の幹部みたいなアレを仕込むとかいう……気になっているのはそちらの顛末だ -- ハイジア 2018-12-05 (水) 23:00:36
      • ありがとうございます…中身はここで見ても?(封筒を受け取り)
        ああ、はい。吸血鬼に血を吸われる際の対策は、できてますね。人質にとられた場合は、やはり変わらず歯に仕込もうかと思っていましたが…
        流石に時期がまだ早いんでやってませんよ?食事できなくなりますからね
        -- 彼崎 2018-12-05 (水) 23:07:53
      • 構わないけど、当たり障りのない公開情報ばかりだ 人をやって嗅ぎ回らせる手間を少しでも引き取ってやろうと思ったけれど……なかなかにガードが固かった
        ああ、人的被害は出していないぞ? とはいえ、公開情報は常に深遠なる秘密の断片を含んでいるものだ 一般的な予備知識として、一応目を通しておく価値はあるだろう
        ………まだか、そうか いや、アレって奥歯か何かに仕込むんだろう? うっかり転んだはずみにカチッとやってしまって、コロリと死んだりしやしないかと心配していたんだ
        落ち着いている様に見えて、意外とそそっかしいところがあるからな…… -- ハイジア 2018-12-05 (水) 23:14:33
      • そうですか(封を解いて中身を閲覧し始める)
        流石にしませんよそれは、他に代案があればそちらの方がいいとも思っていますしね
        それで死んだら間抜けすぎるなぁ…乗り込む直前位にしますよ。食事が気になるけど、本当に…(暫くまともな固形物は無理かなと考えつつ)
        …あの時はすみませんでした、無理を言って(今更ながらに謝る)
        -- 彼崎 2018-12-05 (水) 23:23:01
      • とやかく言うつもりはないさ 子供の好きにさせるのも親の務めだしな お前はむしろ従順すぎたくらいだ 今まで反抗期らしい反抗期もなかったし……
        あの件で私が言うことはもう何もない あえて言うなら、最後の手段は使わずに取っておけということくらいだ それでな、気になっているのはそこじゃない
        そもそもの話、お前も行くのか? むごい事を言うようだけど、ろくに戦えないだろう……そのへんの五歳児に負けるとは言わないけど、荒事向きの連中の足を引っぱるだけだ
        (行くな、とは決して口にしないまま、片付けを終えて向き直る)それでも行かないといけない理由があるのか? -- ハイジア 2018-12-05 (水) 23:33:59
      • (資料を見終えそれを傍らに置くとこちらも向き直る)
        行きますよ。現状ですと、どうしたって現場指揮が足りません
        ハローもそれに集中できる状況になるとはとても思えませんから、今回はそれだけ危ない状況です…
        そんな中に部下達だけ送り込んで自分は後ろで高みの見物…そんな奴にはなりたくないんです、俺は
        (静かに、しかし、強い意志を持ってそう答える)
        -- 彼崎 2018-12-05 (水) 23:41:06
      • 指揮所を別に置けばいいじゃないか 狼煙でやり取りしていた時代じゃあるまいし……ケイカ、お前は将だと前に言ったな 将には将の戦い方があるんだよ
        将が敵の前に身をさらすのは、戦場が英雄を生んだ時代の習いだ 勝利を求めるなら尚のこと、お前だけは絶対安全な場所でくつろぎながら指揮を取らないといけない
        お前さえ討てば片がつくと気づかれたらどうする? 碌に抵抗もできないまま自決して終わりなんて笑い話にもならないぞケイカ いいか、これはお前がしょうもない死に方をしないように言っているんだ
        自分の立場も能力も忘れて、ただ一人の男して戦場に立ちたいと願うのは……(言いよどんで、すこし辛そうな顔をする)言いたくないけど、匹夫の勇と言うんだよ お前の戦いは「そう」じゃない……
        頭を使え、皆の無事を願うなら正気を失くすくらいに考えろ 姿の見えない指し手に怯まず、盤上の全てを支配しろ それがお前の役目だ、ケイカ 将の勇気は、もっと違う形をしているんだ -- ハイジア 2018-12-05 (水) 23:52:41
      • 母さんの言いたい事は分かります。ですが…(続きを言いかけるが言葉をいったん切って)
        …この話はやめましょう…俺は喧嘩はしたくないんだ(ハイジアの気持ちも言いたい事は十分に分かっている、だがそこだけは譲るつもりがないのか短くそう言って)
        大丈夫です、きっと帰ってきますから…だからお願いです、今回は俺の自由にさせてください(辛そうな表情を浮かべつつ手を取ろうと手を伸ばす)
        -- 彼崎 2018-12-06 (木) 00:13:11
      • 素直でよろしい(あっさりとうなずく)分かるよな 正論だものな 私もどう言い返していいか思いつかないくらいだ そうと知って持ち出してみた
        どうせ言っても聞かないだろうと思ったよ 私に切り出す前に散々考えてきたはずだ それでも敢えて、常道から外れることにした 自明の理に反する道を選んだんだろう
        ……そして、子供が自分の意志で決めたことは……最大限尊重するのが親の役目でもある ケイカ、お前も清濁併せ呑んで、物事の道理をわきまえたいい大人だ その考えは傾聴に値する
        そういうわけで―――(何か言いかけて、思い直して言葉を飲み込む 伸びてきた手を握って笑い)……うん、好きにしていいぞ 私は私にできることを探すとしよう……ここから先はお前次第だ -- ハイジア 2018-12-06 (木) 00:46:08
      • //おやすみなさーい -- ハイジア 2018-12-06 (木) 00:46:26
      • (彼女がそういった事を言うのはまず何より自分を心配しての事だろう、それを無視するのは彼崎にとっても心苦しく、非常に複雑な顔をする)
        すみません。どうしても越えたい事がありまして…これをしないとこれ以上先に進めない気がして
        周りに部下…家族達もいます、楽観的に見るのは危険ですが、彼等と一緒なら大丈夫だろうと、そうも思っています
        (笑顔を見せるハイジアにようやく微笑を返し)…ありがとう(短く礼の言葉を述べて手を引き、抱き寄せる)
        -- 彼崎 2018-12-06 (木) 19:43:22
      • どう考えたっておかしいのだけど、前に進むために必要なこともある……あるんだろうたぶん それは私にも心当たりがある
        なあケイカ、お前にとっては今さらかもしれないけれど……(ケイカの腰に両腕を回し、声のトーンを落として)きっと、誰かが欠けることになる あの伊達男が人生をかけて戦ってきた敵だ
        命のやり取りをするのに、無傷で済まないことは百も承知だろう 斃れるのはお前かもしれないし、他の誰かかもしれない 弔辞はお前が読むことになる 私の考えは悲観的に過ぎるのかもしれないけれど……
        誰一人として犠牲を出さずに事を収められると考えるのは、神様気取りの傲慢の域だ お前にも防げない死はあるだろう その時になって、自分を責めるんじゃないぞ
        とはいえ、お前も血の通った人間だからな 辛くて悲しくて、どうしてもやりきれない気分になった時は……私の胸で泣くといい その時はたっぷり慰めてやるさ(よしよしと背中を撫でて)
        ………ん、腹が減ったな 何か腹の足しになるものを作ってやろう(同居人に夕飯はいらないと連絡を入れて、夕食のひとときを共に過ごした) -- ハイジア 2018-12-06 (木) 21:08:03
  • (事務所の休憩スペースにやってきて)どうも、ヒザキさん。ご健勝トゥデイ?(ヘンテコな挨拶をしながら向かいに座って)
    ……私さ、ハイジアと一緒に住んでるのは知ってるよね。(両目から怪しい光を放ちながら)
    私の親友のどの辺が好きなのかな……?(ああ、直属ではないとはいえ上司にこの話題) -- カランドリエ 2018-12-04 (火) 21:19:50
    • それなりに。…(微妙な表情を見てこいつもかという顔)
      知ってるよ。だから先生の部屋に行った時にお前さんがいたもんで驚いたんだ
      …あのな、俺は物心ついた時からかなり長い間あの人と一緒に住んでたんだぞ(髪を掻き)
      数が多すぎてあげるのが大変なんだが…聞くのか、それを俺に
      後、逆に聞かれる覚悟はあるんだろうな?(眼鏡の位置を直し)
      -- 彼崎 2018-12-04 (火) 21:34:23
      • まぁまぁそう器用に表情だけで邪険にするものじゃあないぜ。
        そりゃーお邪魔をしましたねぇ。(ふてぶてしく謝罪して)馬に蹴られないよう気をつけますぅ。
        ……そんなに?(きょとんとした表情で)付き合いが長いんだなぁ……うちのハイジアを任せられる…
        へ?(心当たりがあるのか一気に耳まで赤くなって)ど、ど、どういう……? -- カランドリエ 2018-12-04 (火) 21:42:07
      • いや、俺があの人の元から出て行ってからも一人で居させるのはやはり気にはなってたから、居てくれてたのは助かる(感謝の言葉を述べ)
        親友と言い切るぐらいのお前さんだ、話しておいてやろうか…(腕を組んで静かに語りだす)
        俺は幼い頃は貧民街に居る浮浪者でな、…服も酷いもんだったし食べれない日の方が多いぐらいだった
        生きる為に盗みもやったし、人を平気で傷つけてた、一緒にいた仲間も毎日のように死んでな、そんな中で麻薬の世話にもなってたよ(よくある不幸話を懐かしくも哀しい表情を浮かべ)
        そんな生活からこの組織に拾い上げてくれたのがオヤジ…そして育ててくれたのが先生だ
        拾われて間もなく麻薬の中毒症状で暫く寝たきりだったんだが、そんな時にずっと傍にいて看病してくれたのが先生だった、その時からずっとな…
        (語り聞かせる口調を終わらせ)…そういうよくある話さ。好きになる流れも在り来たりだろ?
        …さて、では俺の話は終わりだ、お前さんの話を聞かせてもらおうか。ハローに踏み込めたかね?(言って人の悪い笑みを浮かべる)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 22:10:56
      • 感謝されるようなことはしてないよ。お互いの生活を再建するために二人で手を組んだだけの話だし。
        (ヒザキの“昔話”を聞けば、遠くを見るように思索を重ねる)
        (人生のシーンが、その人の歴史が、ありありと浮かぶようで。悲惨な境遇を抜け出し、共にいてくれた人を慕うことに何の不自然もない)
        (なるほど、彼は確かに。ハイジアが好きなんだ)
        ええー……(攻められると弱い)ええと、大事な話を聞いて、キスをしました。(ぐぎぎと体を動かしながら一言一言を区切るように言う) -- カランドリエ 2018-12-04 (火) 22:20:30
      • …俺は仕事の相談を受けたつもりだったんだがな…(眼鏡の位置を直し)
        …冗談だ。ハローの奴から話は聞いてる。お前さんに隣にいて欲しいとさ
        珍しい、アイツが女性に対してあそこまで独占欲出すなんて初めて見たよ
        おめでとうさん(と一言付け加える)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 22:25:43
      • ぎゃーす。勇み足…っ(いよいよ真っ赤になって頭を抱える)
        ……本当に?(その言葉を聞くと、顔を上げて)私は、彼が抱いてきたたくさんの女性のうちの一人じゃ…ないのかな。
        だったら……私、本気になる…と思う。(照れながらも笑って)ありがとうございます、ヒザキさん。 -- カランドリエ 2018-12-04 (火) 22:33:11
      • (改めて眼鏡の位置を直し表情を消す)礼はいい。今から辛い事も言うから…
        保証が無きゃ本気になれない。ってのは違う。傷つくのを恐れちゃ何もできん
        一応言っておくがハローは俺の大事な弟分だからな、しょうもない女を側に置いておくような真似はさせない
        …お前さんはまだ若い、恐れずやんなさい(ここまで言って改めて微笑む)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 22:45:32
      • ……はい。(確かに、そういうことを外側に求めているようでは臆病な恋で、みっともない愛だ)
        私…がんばります。ハロー君の隣にいられるように。もっともっと努力して、彼の力になります。
        だから……見ていてください、ヒザキさん。(そう言うと立ち上がって)色々失礼なことを言いました。では。
        (新しい感情と覚悟を胸に、その場を去っていった) -- カランドリエ 2018-12-04 (火) 23:01:33
  • (そして後日、いつもの露出多めの衣装とは違い落ち着いたモノトーンドレスに身を包み待ち合わせているバター
    今日が彼崎とランチを約束した日なのだろう、髪飾りも気合を入れているのが遠くからでもわかる) -- ピーナッツバター 2018-12-03 (月) 22:06:03
    • (時計を見つつ足早に歩いてくる)
      ああ、すまない、待たせたかピーナッツバター(と、普段と違う格好に驚き)
      …今日は大人っぽい装いだな、そちらの方がいいぞ、凄く(謝罪をも忘れてそんな事を言う)
      -- 彼崎 2018-12-03 (月) 22:28:05
      • 全然待ってないわっ!でも楽しみすぎて少し早く着ちゃった!ふふ、パパ驚いた?これね、パパ達とおそろいの黒いドレスが欲しくって買ったの
        ありがとっ嬉しいわパパっ(装いは大人っぽいが喜ぶとすぐに抱きつこうとする当たりは相変わらずで、今も褒められて彼崎目掛けて抱きつこうとしている) -- ピーナッツバター 2018-12-04 (火) 00:15:26
      • それは…結構なプレッシャーをかけるね、とは言え期待には答えんとな(眼鏡の位置を直しつつ)
        なるほど、いいコーディネイトだな、これから行くところにもちょうどいい…っと(飛び込んでくるので思わず抱き留め)
        ん、折角のドレスに皺が寄ってしまうぞ(いいのか?と言いつつも両腕で高く上げてみる)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 00:27:58
      • えへへっ、プレッシャーだなんてそんなー、パパが好きだからそれだけ期待もしちゃうってだけよっ?(抱き上げられるときゃっきゃっと楽しげに微笑んで)
        これはパパへのわたしなりの愛情表現だもの?…あっそっか、気をつけないと…(普段と違い服への配慮が抜けていたことに気づくが、幸い子供用だけあってこれくらいの動きには耐えられるように作られているらしい)
        パパからもごあいさつ、もらってもいい?(頬を見せて挨拶のキスをして欲しいとおねだり) -- ピーナッツバター 2018-12-04 (火) 19:47:03
      • あ〜(少し考え)…ま、今はもういいか(抱き寄せ頬にキスしてから、降ろしてやる)
        さて、行くか(手を引いて待ち合わせ近くのレストランへ歩いてゆく)
        (シックな雰囲気を漂わせる店の入り口に立つ、店の案内人に導かれて店の奥の席へ)
        (白いテーブルクロスの引かれた、二人用の少し狭めの四角いテーブルと、向かい合う席、そのひとつにピーナッツバターを座らせ自分も腰を掛ける)
        さて…お子様ランチ。と、他に何か頼みたいものあるか?(本来そういうものは出なさそうな所ではあるが、そこは気にせず追加注文を聞く)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 20:16:18
      • んっ、ありがとうパパわたしも愛してるわっ(後ろに手を組んで少しだけ照れた様子で)
        (何度かこういう雰囲気のレストランには連れてこられたが、落ち着いた雰囲気の中、彼崎と二人というのは初めてでワクワクとドキドキに胸がいっぱいのバター)
        わぁ…本当にすごくいい雰囲気のお店ねっ、流石はパパー お子様ランチとねークリームソーダも頼んでいい?あとでしっかり歯磨きするからっ
        (そうして歯を気遣うのはハイジアとの約束があるからだ、言いつけを守っているおかげでバターは虫歯一つ無い健康な歯を保っているのがひそかな自慢らしい) -- ピーナッツバター 2018-12-04 (火) 21:48:21
      • 大人なピーナッツバターには大人の食事処が相応しい(ウェイターを呼び)
        頼んでいたヤツを二人分と…紅茶、あと…クリームソーダーあるか?無ければすまんが買ってきてくれ(多めにチップを手渡し)
        うちの組織の子供達はみんな綺麗な歯をしてるな、先生に感謝せんと…健康の基本だっていつも言ってるからなぁ…
        (雑談を交えつつ料理が来るのを待つ。暫くするとこの場にあまり似つかわしくない)
        (しかしレストランのシェフが技巧を凝らしたこの日だけの特別なお子様ランチが二人分運ばれてくる)
        …さ、食べようか(と、お子様ランチを前にフォークとナイフを手に取る大の大人)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 22:22:09
      • あらっ、うふふ、ありがとうパパっ今日のパパいつもよりもステキで決まってるわっ
        (わあーと本人は言ってるつもりだが、声が出ない、それくらいに夢と美味しいが詰まったお子様ランチなのだろう、見た目の華やかさと大きなエビフライの豪快さがマッチしていて
        これがお子様ランチなのだという説得力を与えてくれる、しばし見とれていたバターだったがようやく我に返って)…はっ!ごめんパパすごく嬉しくって食べる前からテンションMAXになっちゃってたみたいっ
        あ…パパもいっしょだ…!うんっいただきますっ(ナイフとフォークを手に宝探しにも似たお子様ランチ探索が始まる、先ずは念願のエビフライを一口)
        甘くてとっても美味しいわパパっ(今度はソースをつけて、とさっそくお子様ランチに夢中のご様子) -- ピーナッツバター 2018-12-04 (火) 23:08:59
      • それはどうも…気合い入れてきてますからね
        昔は結構好きだったからな、こういうのも(言いつつ最初にスパゲッティを食べ)
        普通に本格味…流石だね(どうもこちらはこちらで、彼に合わせた味付けになっているらしい)
        (そんなこんなで二人でお子様ランチをしばし堪能した)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 23:56:19
  • (じぃ) ソレで メイド服ハ? 着せれマシたか? -- ガアラ@水着 2018-12-04 (火) 20:42:11
    • いや、今の所そういった要望はないな
      後は…アマレットだったかな?何れにしろして来るとも思えんが
      と、言うかみたいのか?そんなの。後なんでまだ水着?
      -- 彼崎 2018-12-04 (火) 20:55:07
      • ソンナ… ハイジア先生メイド化計画は順調だと聞いて来たノニー
        まだなんデースかー (しゅーんしゅーん) ん? はーいはーい 似合うデショウ? (くるんくるん) 
        そういえば海でヒザ兄ぃに水着の感想聞きましたカネ -- ガアラ@水着 2018-12-04 (火) 21:03:25
      • ああ、そっちの方…それはもう全然ダメ…
        というか、他の方向で考えてました。ノクロロに着せようかなーって…駄目かね?
        誰が?ガアラの話なら今見てる。似合ってるぞ?
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 21:06:23
      • うむり なるほど 独り占め? デス?
        ア 実際にメイドを求めているワケではなく 今回はなんとなくからかいに来ただけなのでソノ辺はお構いなくデス
        おや? 流石にヒザ兄ぃは水着の感想言ってマワるタイプではなかったデスネ 失礼を デス
        ハイジア先生クライには言いましたカ? -- ガアラ@水着 2018-12-04 (火) 21:17:28
      • いや、そうではなく…元々言えなかったところに関係性が変わって余計に言い辛くなったというか…
        大人をからかうんじゃありません、どこでそういった事を覚えて来るんだ(まったく。と、眉を寄せ眼鏡の位置を正す)
        あ〜…そうだな、基本的に言った覚えはないなぁ…
        そりゃ言うさ、というかあの水着俺が選んだものなんだがね。良かったろ?(少し自慢げ)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 21:28:29
      • あーアレがヒザ兄ぃチョイス… b パワーイズ破壊力デス 良いご趣味ヲ
        ドコデ? というか下は上の背中を見て育ツのですヨ
        ね? ヨシ 自分の胸に聞コウカ (寄ってきて胸をなでなで) 今どのくらい幸セ? 最高チョー? -- ガアラ@水着 2018-12-04 (火) 21:38:32
      • 本当はもっと露出が低いのが良かったんだが、本人が動きやすいのがいいというもんでね(髪を直し)
        …少なくとも俺でない事だけは分かった(サイカお嬢辺りかと眉を寄せ)
        幸せに決まってるだろ。何年頑張ったと思ってる、しかし、大人をからかうのは感心せんぞ(素直に答えつつも苦笑して)
        ガアラは?そういう浮いた話はないのかね?(と、一応質問する)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 21:55:30
      • アア 見せタイ けど見せたくナイ の攻防は背反して大変ですヨネー ウン
        ふふふ よく頑張りまシタね (よしよーし) 大物落しの突撃賞ヲあげマッショウ
        ? ガアラちゃんは人気者なのデ コウ見えて見ての通り引く手数多なのデースよ? V
        浮きまクリ? -- ガアラ@水着 2018-12-04 (火) 22:09:12
      • 見たい。で見せたくない。が正解だな…俺はそんなにサービス精神旺盛じゃない(手を振り)
        …要りません。というか何度も言うが大人をからかうな(眉を寄せ)
        なるほど…ならそういう関係になった暁には俺に紹介しなさい。いいね?
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 22:13:30
      • おや その割に結構?自慢げデシたーヨ? フフフ
        ハーイハイ ガチ怒られる前にソロソロやめまーっすネ (ひょーいと離れて)
        ソウいうってやっぱりソウいう? アハハ はーい もちろん 紹介するのデス ダメ男でもケジメ案件にはしないでアゲテね?
        お幸せニー デース (ばーいばいと去って行きました) -- ガアラ@水着 2018-12-04 (火) 22:24:43
      • 不可避だからそれはそれでもう開き直ってるんだよ…
        …どうかな、正直自信はないが…ああ、またその内な(見送る)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 22:27:14
  • やぁ、こんばんわ彼崎くん(夜の酒場にて、彼崎に声を掛ける者が居た)いやぁこんなトコで会うなんて奇遇だねぇ。丁度お話したいことがあったんだよ〜
    (何のことはない、話をしようと言うことで日時を示し合わせただけのこと。店員も皆ファミリーに縁の有る者ばかりのBARである。彼の部下もいる手前マナー的に偶然を装っているに過ぎない)隣良いかい? -- ハムレット 2018-12-03 (月) 21:39:23
    • (乳白色の液体が入ったグラスを置いて横を見て)
      勿論だ、それで、どんな話だ?…何か飲むか?
      -- 彼崎 2018-12-03 (月) 21:52:19
      • さんきゅー♪それじゃあウーロンハイお願いしようかなぁ(顔を合わせると微笑む。隣に腰掛け調子よく注文した)
        話はイロイロ有るけどぉ…そうだね、最初から本題に入っておきましょうか。この前ギンガの部下になるかとりなしてくれるって言ってたじゃない?そのお話なんだけどさ(ウーロンハイが来るまでの間、正面を向いて)
        一応まあ…受けようと思ってるの。条件付きだけど -- ハムレット 2018-12-03 (月) 22:02:45
      • …条件?できるだけは聞こう。言ってくれ(返事は短く簡潔に。相手の話を促す) -- 彼崎 2018-12-03 (月) 22:05:33
      • うん条件。それはギンガが規定期間内に幹部になれるなら、って付けようと思ってるの(カウンターに腕をついて)
        …ほら、ボクってイロイロ厄介な身の上だからさ。急に配置を抜けることも有るだろうし…やっぱ下につく限りは全部話しておきたいじゃない?
        …それで本当に私事ですまないけど、キミの意見を聞いておきたい。…あの子が精一杯努力したとして、どれぐらいでなれそうだと思う? -- ハムレット 2018-12-03 (月) 22:24:07
      • (聞かれるとカウンターに置いた指をリズミカルに上下させる)
        …どうだろうな。あのハローですら幹部に上がるのに4、5年かかってる…それ以上早くできるかは正直本人の努力次第としか言えん
        裏道を使っていきなり幹部にあげてしまえることはできなくもないが…恐らくそれは本人が望まんだろうからな
        規定期間内と言うと、お前さんの寿命の話か?(と最後に質問を付け加える)
        -- 彼崎 2018-12-03 (月) 22:32:20
      • そうなんだよ、ハローでさえ5年に届くか届かないかなんだ。それこそほぼ前例のない超スピード出世で
        裏から手を引いて出世した…と聞けばあの子はそれこそ落胆するだろうな…それだけは避けたいしなー(と、苦笑した)
        そーそー、単純な可動ならまだまだ現役デキると思うけど…大規模な事故や闘争があればボクはいつ「蒸発」するかわからないからね。…現実的に考えて10年ぐらいかなぁ… -- ハムレット 2018-12-03 (月) 22:43:22
      • それに関して言えば…俺…いや、ハローとサイカお嬢が気遣って何とかしてくれるだろう
        銀河はよく言えば真っすぐで裏表のない奴だからな。その実マフィア向きじゃないとも言える。必要とあらば汚い事も平気でやる俺やハローとはそこら辺が違う
        …けど俺はああいう奴だからこそアイツに期待しているんだ。アイツならこの組織をより良くするとな
        案外、あっという間に上り詰めるかもしれんぞ?(それほどの期待があるのかニヤリと笑って返す)
        -- 彼崎 2018-12-03 (月) 22:50:38
      • キミは気遣ってくれないのかい?ボクさびしいー(と、巫山戯るが再び頭を抱える)そんなこと言ってる場合じゃねえ…!あの二人の好意に甘えるしか無いか…
        そう…なんだよ。いままで所属を蹴ってフリーの準構成員をしてたけど…あの子なら付いていきたいと思える
        …ふふっ、彼崎くんがそう言うならだいぶ期待できそうだね(隣を見ると微かに笑った)…ありがとう良いヒントを貰えた。こんどギンガに直接伝えるよ
        (と、そこでウーロンハイが届けられる)
        えーと、もう一つはね…海水浴のお礼さ。キミのおかげもあってボクも皆もとても良い時間を過ごせたよ…ありがとう(グラスを掲げながら礼を述べた) -- ハムレット 2018-12-03 (月) 23:00:35
      • 気使いはするが…こちらにも色々都合があるんでな、詮索するなよ?今は言えん
        あの二人ならお前さんの身の安全を気にするし必ず何とかしてくれるだろうよ…
        ああ、それがアイツの魅力だからな…だけど、だからこそだ…アイツはまっすぐ歩くしかできない。道ってのは真っすぐに進めない事のが多いのに、だ
        そういった所をサポートしてやれる奴を付けてやりたい、と。気が急いてばかりなんだが…だからこそ頼む
        ああ、その事か。抗争時に活躍した奴をおろそかにしたら罰が当たるよ。気にするな(グラスを掲げ返し)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 00:17:33
      • 彼崎くんにもイロイロ有るんだ。詮索はしないさー(こつん、と軽くグラスを当てるとウーロンハイを煽る)
        たしかに真っ直ぐなのは良いんだけど故に壁に良くない方向に曲がった壁にあたったときがコワイね。ああ…頼まれた、ボクが出来ることなら何でもやってみるとも…!(グラスを揺らしながら呟く)
        オッケーそっちは気にしない♪で…その海水浴をキッカケに近づかれたお二人の結婚式はいつになさるので?(にやぁ、と笑った気がした) -- ハムレット 2018-12-04 (火) 00:35:21
      • そうしてくれ、必要な時が来たらいずれ話す
        それは心強い…お前さんが居たら色んな意味で助かるよ…ただ、その能力は使うなよ。アイツが泣くからな(と釘を刺し)
        …いや、一寸待て、どこから漏れた…いや、それはいいんだが…結婚?流石にまだ早いだろう…向こうも心の準備ができてない(髪を撫で上げ)
        何時もだったらお前はどうなんだ、と、ここで返すんだが…こいつの場合はなぁ…(と、眉を寄せる)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 00:40:38
      • そりゃー使いたくはないけどさー…少なくともキミたち幹部や構成員が大怪我したりしたら使うからね?(「それだけは従いかねる」という返事でもあった)
        ふふふ彼崎くん、外部ならまだしも仲間内、さらに無礼講環境とあれば…少なくとも多少の情報は入る。とはいっても半分近くはブラフだったんだけどー…
        ケッコンとは行かなくてもどのみち先生と上手く行ったみたいだねぇ。ひとまずおめでとうと言わせて貰うよ♪
        にししっ、ボクにはそーいうの関係ないからねー♪まあうまくいくことを祈って応援してるよ(と、グラスを鳴らした) -- ハムレット 2018-12-04 (火) 00:58:38
      • お前さんもその『構成員』だってのを忘れんでくれよ(「言っても聞かんだろうがと」眉を寄せ)
        …しまった…してやられた(凄い顔)…くっ、なんか腹が立つが…ありがとうな。くそっ…
        (グラスの中身を呷り)…流石に今日ばかりは酔いたい気分だ(と、言ってグラスを勢い良く置いた)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 01:03:35
      • 悪いね。…ちゃんと構成員として扱ってくれるだけでもボクは救われているんだよ…
        にゃははは、キミのしてやられたって言葉すごい久しぶりに聞いた気がする!(悪い状況下でないので笑い飛ばしながら)大丈夫大丈夫、ボクの口から誰かに言ったりしないから
        そんなヤケになる案件なので…?はいはいー、言った口ですから酔うならお付き合いしますよ。アフターフォローもお任せでね〜?(と、ウーロン二杯目を頼みながら) -- ハムレット 2018-12-04 (火) 01:17:32
  • (今度の討伐部隊にかかる書類をお互いに読みあっている…ハローが準備した資材、武器、人材、金銭。すべてどんな作戦でも対応できるよう豊富に柔軟に)
    (同時期に街を護衛するための人材リストなども添付して)………そういや。俺とアルバさんのトラップハウスの映像…旦那、見ましたよね?(あれから特に追及はされなかった、自分の異能…どう思っているのか) -- ハロー 2018-12-03 (月) 21:43:13
    • (書類をめくる手を止めて)…見たが、それがどうかしたか?
      (普段と変わらない様子で返事をする)
      -- 彼崎 2018-12-03 (月) 21:53:45
      • ……いえ。(書類から顔をあげて)…旦那に隠してた、俺の姿を見られたなって思って…その……(ヒザキはこういう男だ、と。十分理解している…だからこそ)
        …今まで、隠しててすみませんでした(頭を下げる。…この能力は罪悪感と共にある。ヒザキに対してもそれを抱いた)…人の力を勝手に使う、って性質で。能力があることがばれたらその相手のは使えない。だから黙ってました。 -- ハロー 2018-12-03 (月) 21:56:54
      • そうだな、詳しくは分からんが他の奴が使ってる技をやってたな
        (話を聞いてクスリと笑い)馬鹿だな、お前は。…謝るぐらいなら、はなから言えばいいんだ
        他の奴からは兎も角、俺から借りる物もないだろうに…(眉を寄せた表情でハローに向きなおり)
        別にそれが目的で人と付き合ってるわけじゃないなら、俺からは特に何もいう事はないぞ
        -- 彼崎 2018-12-03 (月) 22:04:02
      • …すんません(言えばいい、というヒザキの言葉にも。少し柔らかくなったが零れるのは謝罪だ)…怖かったところは、あります。最初は怖かった…人にこの力を知られるのが。
        その後、旦那の事も信頼できるようになっても…惰性で言えずにいました。でも、知ってもらえることで少し気分が楽になったこともあります。隠し事っていやなもんですよねェ…(ふぅ、と)…まぁ。異能のコピーですからねェ(苦笑を零して)
        (その言葉には…苦い顔)…絶対に、それだけはないです。俺は人と付き合うのに、それを目的にしたのは…(脳裏に浮かぶハムレットの姿)……一回しか、無い。尤も見事にバレましたが…。
        …でも、結果的に人から異能を勝手に借りて、それを自分の功績にしていることはある。……なんかね。もういつの日か全部ぶちまけてみんなに知らせたいなァなんて気持ちになるんですよね。 -- ハロー 2018-12-03 (月) 22:11:24
      • 言いふらされたら使えなくなるみたいだから、言い辛いのは確かだろうけどな…(難儀な能力だなと思いつつ)
        とは言え、俺に今まで言わずにいたのは完全に良くない奴だが、後ろめたくなってどうする…不器用だな、そんな奴だったかハルオ?
        (なんでも器用にこなすイメージの弟分、そこからは随分と離れた事をしていて思わず苦笑する)
        良い罰だな、邪な事を考えるからだ…別にいいじゃないか。能力無くてもできる事ぐらいはあるだろ(と持ってる書類を叩いて)
        …ああ、地味だもんな。そういうのはハルオには向いてないか(自嘲気味に笑う)
        -- 彼崎 2018-12-03 (月) 22:22:12
      • …イメージ崩れましたかねェ?最近俺も自覚したんですけど、俺結構めんどくさい奴みたいですよ。割と隠し事も苦手で。ボロが出るんですよねェ(ハムレットやカランドリエとの会話を思い出して)
        …まぁでも、今はカラン君とかアルバさんとか、そういうの受け止めてくれる人もいるんで。俺は大丈夫ですけどね。(にへっと笑う。よい部下と友人と上司に恵まれた、と)
        そりゃもちろん、それが俺のすべてとは言いませんし、もし無くなってもこういうのは任せてもらいますが(戦う時だけですよ異能は、と付け加えて)
        いやいやいやいや。地味ってことはないでしょう?むしろ裏方の仕事こそ俺の本懐の発揮みたいなもんで。それを地味って言われると俺も傷つきますよ?そういうの教えたの旦那じゃないですか(まったくもう、と読み終えた書類を机に置いて)
        …ま、出来ればオフレコで願います。言わなくても、でしたでしょうが。………唐突に話は変わりますが(にへっと笑って…普段の何割増しのいやらしさだ?)
        映像と言えば。こないだの海、旅館の外の監視カメラの映像を俺見たんですよねェ。深夜でも警備って必要じゃないですか? -- ハロー 2018-12-03 (月) 22:28:33
      • どうやらそのようだな、ハルオの隠された一面という奴か(笑って)
        確かにそうだな、あれからもう随分たつか(目の前の男が自分の下へと来た日の事を懐かしそうに思い出し…ていたが)
        …言い、言わんでいい。それ以上は何も言うな。…酒に酔って気分が悪くなっただけだ(額を抑えて苦々しく言う)
        -- 彼崎 2018-12-03 (月) 22:36:42
      • …ですねェ。しばらく経ちます。…(友を二人失い、投げやりになっていたところを拾ってもらった恩。俺は目の前のこの男に、返しても返し切れない恩がある…だから。今度の抗争でも、必ず守ろう)
        (まぁそれはそれとしてからかうんだが!)…いや、まぁ。いいんですよ?別に誰にも言いませんし。ってかそもそも旦那分かりやすいから前から知ってたし。
        …まぁ、何はともあれ。おめでとうございます…?でいいんですよね? -- ハロー 2018-12-03 (月) 22:39:42
      • 思えばあの頃に比べてずいぶん大きくなったな…要らん口を利くようになったことも含めてな(苦い顔)
        そもそも俺はあの人に対しての事は隠していないからな。気づいてないのはあの人だけだったわけだ…だから、それはいいんだが
        …ああ、大丈夫だぞ。色々ゆがんだ関係ではあるが…(かなり複雑なのか非常に微妙な表情をして)
        …で、こういう話を俺に振るという事は振られる覚悟はある訳だ、当然(と、聞き返す)
        -- 彼崎 2018-12-03 (月) 22:44:26
      • ですよねェー(先生、マジモンの天然だからなァ…という顔)…まぁ、その人を良くもまぁ、って感じありますけどね。素直に祝福しますよ。お二人なりの関係でお幸せに(ふっと笑って)
        ……えっ。(俺のほうか。だが問題ない余裕はあるぞ)…えーと。誰だと思います?俺の本命。旦那に分かるかなァ(ふふんと余裕げな表情) -- ハロー 2018-12-03 (月) 22:46:44
      • いやぁ…大分かかったよ。もう34歳だぞ俺…本当に大変だった…(息を吐くとたれた前髪が額にかかる)
        そうだな…耳に入ってくる噂と、実際見ただけでもサイカお嬢、ドーニャ、カランドリエ…(指折り数え)
        …カランドリエだな。抗争時に俺が引き抜こうとした時の執着が尋常じゃなかったからな…どうだ?(と、反応を窺う)
        -- 彼崎 2018-12-03 (月) 22:55:42
      • 一念岩を、ってやつですねェ。……いやー…(苦労してんなこの人も…って顔で)
        ふむ(サイカは実際好きだ。うん)…うん?(ドーニャは…部下でほっとけないだけで…恋とかではないはず。多分)…まぁね?(カランドリエの名前が上がらなきゃ嘘だろう)
        …んんー………(顎に手を当てて思案)…………(あ。これこうしてるってだけでYESって言ってるもんじゃん。気づいた)…そういうことです。サイカも好きだしドーニャは見守りたけど、カラン君は隣にいてほしいかなァって。
        いや、でも実際仕事でもめっちゃ役に立ってくれるんですよ彼女は。魔法も武器も計算も書類整理も全部普通にできるんですからね…掘り出し物です。磨いたらさらにいい。あの才能に最初に気づいた俺のもんですよ。 -- ハロー 2018-12-03 (月) 23:00:02
      • 俺はお前以上に不器用なもんでね(皮肉っぽく笑い)
        あれは確かにいい女だ、流石に見る目がある…しかし、女性に対してそこまで独占欲を出すのは初めてだな、本当に
        (新たな一面を知ったと茶化し、談笑しつつ仕事をこなしていった)
        -- 彼崎 2018-12-04 (火) 00:20:35
  • パパっ!くふふー、まさかパパもあのレース大会でドボンしてたとは思わなかったけれど、勝負の世界は甘くないってことかしらっ
    (ドボンした人に命令券を見せて)わたしからの命令はねーパパっ!明日はお休みを取って!ですっ!あ、でもわたしに付き合ってもらうとかじゃなくって
    普段忙しいパパにゆっくり休んで欲しくてよ?パパ達はこうでもしないと自分のためにお休みなんてとってくれなそうだからっ
    それで、わたしがパパのお休みをお世話するの、言ってくれればメイド服も着ちゃうわっ
    朝:モーニングティーを淹れたりして起こしてくれる
    昼:パパのお買い物にやおでかけに付き合う
    夜:お風呂または添い寝
    その他:希望があれば
    こんな感じでパパのお休みに付き合えたらって思ってるから、どの時間帯に何をしたいか教えてねっ -- ピーナッツバター 2018-11-28 (水) 22:54:50
    • 祭りだったからな。勿論罰ゲームも受けるつもりでいたからそれは構わんけど(眼鏡を上げて)
      い、いきなりだなぁ…何とかなるか?(自身のスケジュール表を見て眉を寄せ)とはいえ、やるけどな…せっかくの心遣いだ
      服装か?露出が低いものが好みだな、普通の服装で頼む。このモーニングティーは俺が淹れればいいのか?
      ふむ…取り敢えずはこのプランでいいけど、夕飯は?どこか食べに行きたい所とかあるか?
      -- 彼崎 2018-11-28 (水) 23:06:28
      • ふふっ、わかったわ!この前レアンドロパパにももうちょっと女の子らしい格好が見たいって言われて、お洋服買ったのっ!
        ううん、パパはお休みを謳歌してくれればいいのっ、わたしはお茶を入れたりお買い物に付き合ってパパのお休みを楽しくしてあげたくって
        んー、お夕飯ね?パパが行きたいところにお付き合いしても平気?(さすがに酒場についていったら落ち着けないわよね?と続けて)じゃなかったらーレストランがいいなっ! -- ピーナッツバター 2018-11-29 (木) 00:00:28
      • へえ、洋服を…それは楽しみだ
        なるほど…これって俺の罰にならない気がするんだが…ま、いいか
        流石に酒場にはいかんよ、そっちはお前さんの希望でいい。レストランでいいのか?
        ジャンクフード的な所でも構わんぞ。そこはお前さんの好みに合わせる
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 00:10:46
      • あら、命令が出来るんだからどんなことをお願いしてもいいってことじゃないかなっ!わたしはーパパに罰を与えるなんてできないものっ
        それともパパはーメイド服とか来てみたかったり?それはないかっ!うんっレストラン!
        おっきなエビフライが乗ったお子様ランチが食べられるところっ!(そういうところはまだまだ子供っぽさを感じさせる) -- ピーナッツバター 2018-11-29 (木) 21:53:53
      • 確かに、その通りだ(負けたねとばかりに笑う)
        ないない、それは無い。メンツにかかわるし示しもつかない。できれば避けてくれ、本当に(そこだけ声を強める)
        なるほど、いいぞ、旨そうな所を見繕ってやる。やはりこう…バーン!と派手に煌びやかな感じのお子様ランチを出すところだな
        リサーチが必要だ、色々調べんとね
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 22:13:46
      • ふふっ、パパってなんでもやれちゃうと思ってたけれどやっぱりそういうのは恥ずかしいんだ、よかったーパパも普通の人でっ!
        あのね、パパとはこうしてちゃんとお話したかったんだー!お仕事一直線の人だとわたしずっと思ってたから
        うん!おっきくてわたしの可愛い瞳も飛び出ちゃうくらいのお店を期待しちゃうっ!
        どうやってパパはお店を見つけるのかしら(気になるーと動向をじーっと見つめている) -- ピーナッツバター 2018-11-30 (金) 21:35:46
      • あぁ…一応仕事中は隠してるからな、そこら辺は内緒で頼む
        仕事以外で話す事は結構少ないからな、極力しないように心掛けているというのもあるが…
        どうって…人を使って情報を集めるんだ。ピーナッツバターが返った後に秘密裏にそっとな?
        どこに行くか分からない方が楽しいだろう?
        -- 彼崎 2018-11-30 (金) 21:49:23
      • もちろんっ、パパとわたしはファミリーだもの、ええ、それはもったいない気がするよパパっ!だって、こんなに話すのって楽しいのに
        パパはどんなところで生まれたの、とか楽しかった思い出とかいっぱいお話したいわっ
        そっか…じゃあ、楽しみにしておいて、お休みの日にバーンってお店に案内してもらうことにしよっと!それじゃあパパっ!リサーチ頑張ってねっ!お休みの日にまた会おうねっ -- ピーナッツバター 2018-11-30 (金) 22:23:48
      • ある程度の距離があった方がやり易い場合もあるんだよ、俺みたいな立場だと特にな(分からんか。と苦笑して)
        そうだな、その辺の話は、二人きりの時にな。気を付けて帰れよ(いいつつ見送りすぐに事務所を出て)
        (そのまま階下に居る部下達の一人に秘密裏に護衛して送るよう頼んでおく)
        -- 彼崎 2018-11-30 (金) 22:27:05
  • 『銀河は、彼に公私の報告を行うために事務所を訪れた!』(頂いたコンサートのチケット、一計を案じてお忍びデートというコンセプトのもとオシャレを楽しみつつ満喫しました。ということ)
    (そして海水浴は水着を見繕い用意中、お借りした剣はレーザーブレードとして活用しつつ、現在は持続力を強化中という…雑多な報告をする) -- 銀河 2018-11-29 (木) 22:07:47
    • デートの相手は銀河だったか、楽しんだのなら何より…水着も楽しみ…
      …剣をレーザー?なに?なんだって…?話が良く分からん、詳しく話してくれ(額を抑え)
      -- 彼崎 2018-11-29 (木) 22:10:05
      • 『ただし、小麦色の肌は銀河には難しかった!』(おそらく白いまま…と肌の色を考える、日焼けをしたことがないのだ)
        『彼も見ただろう光は、そのまま実体を伴ったレーザーブレード的に扱うことが可能である!』(曰く、あの後情報を求めてスニェシュカと接触→その際光属性のエンチャントがされていることが判明→光の出る剣ならばレーザーブレードに相違ない→使えた。ということを簡潔に説明する。) -- 銀河 2018-11-29 (木) 22:22:47
      • へぇ、そうなのか…少し見たくもあったがそちらの方がらしいと言えばらしいか
        凄い理論だな…ま、まあ使えたのなら俺としては渡してよかったな、といった所なんだが…
        ところで銀河、部下を持ったりとか持ちたいとかは今の所思わんのか?
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 22:37:18
      • 『最終手段として、各種オイル、塗料等を用いた疑似小麦色の肌という手段も考えられた!』(水に入ったら落ちるかも…という点でも用意の大変さでも現実的ではない。
        『部下を持つ、幹部としては当然のことであるが…銀河にはまだ不安もあった!』(正直不安もある、だが避けては通れない道であるし…これだ!と思った人員をスカウトしたりするのも幹部の務めでもある。とファミリーのみなに便宜を図ってもらったぶんの恩返しとして誰かを部下として迎える。という捉え方のようだ) -- 銀河 2018-11-29 (木) 22:57:07
      • いやいや、それでいいよそれで…無理する必要無し(手を振って)
        不安?自分ができないのでは。というのなら最初からできる奴は居ない。と言うしかないんだが
        それでも銀河ならやっていけると思ってるんだけどなぁ
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 23:03:07
      • 『計画は頓挫した!しかしこれでよかったのだ…』(自分が塗料を塗ってもコマンドー的な迷彩になっちまう…と思っていたらしく小麦色の肌計画は中止!)
        『彼の言葉、銀河に割り当てる部下の心当たりがあるものと思われた!』(もしかして…そうなのかい!?とずずいと近寄る、不安もあるがやる気はあるようだ) -- 銀河 2018-11-29 (木) 23:08:00
      • いや、いやいやいやいや…
        ない事もないんだが…俺がそれ教えちゃったら駄目じゃあないか?銀河…?
        (そこが第一歩なんだからと加える)
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 23:09:25
      • 『全く、その通りであった!』(もしやこれも幹部としての適性を見る試験…?と彼の顔を見て頷く、人材をスカウトする腕を試されているのだ!)
        『以上の事を踏まえるに、『浜辺でナンパ』という手が確実と思われた!』(どういう足し算をしたらそうなる。と思われるかもしれないが…銀河はファミリーの面々が集まる海水浴こそがスカウトの訓練にちょうどいいと考えたらしく)
        『この場合、水着を用いての勧誘活動も効果的と思われた!』(レースクイーンのあとはキャンペーンガールでもやろうと言うのか、どこまでが本気なのかわからぬ態度で…『イベントになるとスイッチが入る』という銀河の性質である)
        『さっそく、プランを練るべく銀河は事務所を後にするのだった!』(勧誘の練習をしなければ!と水着の用意と並行して行うつもりのようだが…はたしてどうなる!) -- 銀河 2018-11-29 (木) 23:16:56
      • 違う!!違うよー銀河〜よく考えてー?
        君の近しい人で君が一緒にいたいな、と思える人物とかを…ああ、行ってしまった…
        あの早とちり癖はどうにかした方がよさそうだな(勢いはいいんだがと苦笑しつつ)
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 23:21:13
  • 吸血鬼というものは……特にモンスターな感じのアレの方ですが……血を吸う気が無くても、襲ってきたりするものでしょうか……?(一応アポ取ってから来たらしいがその姿は半透明である) -- ノクロロ 2018-11-28 (水) 23:27:54
    • (急に半透明な何かが来るので僅かに身構え)…あるみたいだな、そういう話は聞いてる
      というか何だそれ?影が薄いが…話すならキチンと姿を現してくれないか?
      急にそういう感じで来られると驚くんだが
      -- 彼崎 2018-11-28 (水) 23:41:36
      • えっ!?あるんですか……!?こ、困りましたね……美しい異性の血だけ狙うと聞いて、なら狙われまいと少し安心していましたが……
        あぁ、いえすみません……いつでも消えることができるようにと、心構えが表に出てしまっていました……(半透明な姿が消えた後、扉を開けてくっきりした姿が入ってくる) -- ノクロロ 2018-11-28 (水) 23:51:18
      • …?お前さん男から見たら十二分に美しい異性に見えるが?(何を言っているんだと訝しんだ表情で)
        それより、身に危険を感じるようなことを、ごく最近にでも体験したか?
        -- 彼崎 2018-11-28 (水) 23:53:40
      • あはは、陰気で髪もボサボサで、隈も濃ければ服装もだらけてる不健康そうな女を、いわゆる美女としてターゲットにする吸血鬼はいないと思いますよ。それに、血が狙いなら関係ありませんし……
        ええそれはもう何度も……幹部の方に会うのは今でも危険を感じますし、最近は組織内の戦闘力加減を一瞬垣間見たりしましたから……ぞっとします -- ノクロロ 2018-11-29 (木) 00:03:51
      • ふむ…関係ない…血を吸われない自信がある。といった所か
        ああ、いや、そっちの話ではなく。吸血に襲われたりとかそういった事があったのか。という話だ
        と、言うかいい加減俺に慣れてくれないか?いや、無理なんだろうが…(息を吐いて)
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 00:12:53
      • でも、血を吸う気が無くても襲ってくる生態があるのでしたら、困りました、と……先ほどの話ですね……
        そちらでしたか……今の所、吸血鬼らしいモンスターに襲われたりは、していません。夜に動いているもので、怖いのではありますが……そこは幸い
        うぅん……幹部の方は仕事から何から、世界が違う感ありますからねぇ……何処で地雷を踏むかもわかりませんし…… -- ノクロロ 2018-11-29 (木) 00:19:28
      • 楽しみ半分で殺しに来る奴もいるし、恨みがあってやってくる奴もいる。その辺は人間と変わらんはずだよ、多少凶暴なだけでな
        そうか、だったらいいんだ。今こちらにいる奴は処分の方向で動いてるから、もうしばらく我慢してくれ
        良く分からん…そんな物か?普通の人間として怒る事をやられれば怒るだけだぞ…?
        …あ、そうだ。耳長いが、アンタはエルフなのか?(ふと聞いてみる)
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 00:23:53
      • う、うむむぅ……かなり不安な情報ですね……防吸血鬼グッズだけで追い払えればいいのですが……咄嗟にやっつけてしまったりする分には、人間と変わらないといっても、犯罪ではないですよね……?
        そうですね……突然暗い部屋の中に押し入ってきたりしない様、祈るばかりです……撃退は疑っていませんし……
        なんといいますか、近づかないのがベスト、みたいな……えへへ……まあ、怖いのはむしろ組織全体かもしれませんが……
        いえ、違いますよ。はっきりとはわかりませんが……耳長人間?少なくとも、エルフではありませんね -- ノクロロ 2018-11-29 (木) 00:34:16
      • 正当防衛の範疇だろうが…お前さんあれに勝てるのか?凄いな…(「本当に?」と疑いつつも)
        今こちらに来ている吸血鬼の処分が終わったら大本を叩きに行くんだが、お前さんも来るか?(一応聞いてみる)
        やれやれ、そんな上司にできるだけ近づかないでおこう…みたいな消極的な社員みたいな台詞を言われてもな…
        そうか、エルフじゃないのか…うーむ…ガアラの要望には答えられんかな…(組んだ腕の中で指をリズミカルに上下させる)
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 00:39:01
      • え。いや、どうでしょう……そんな、試したくもない内容に、可能かどうかの自信は、なんとも……襲い掛かるタイプの吸血鬼にも会っていませんしね……吸血鬼の力ってどの位なのでしょうか……
        あはは、以前のヤクザ抗争でも、最初の光景だけ見てギブアップした私が、役に立てるとはとても……(ふるふると首を振る)
        何しろ田舎者で、都会の組織とか会社?という仕組みにも疎くて……目上の人は顔色を窺う、くらいしか知らないもので……後は、性格でしょうか……
        たまたま耳が長くて長生きですが、エルフではないんですよ……何か頼み事でもされておられましたか?確かハイジア先生はエルフだったような…… -- ノクロロ 2018-11-29 (木) 00:57:52
      • そうか。戦力はあるだけ欲しいから強いのなら参加してもらいたかったんだがな(残念そうな顔をして)
        …お前さんもうちょっと人の下で働いた方がよさそうだな…俺の秘書でもやるか?こき使ってやるが
        あの人に頼んでも断られそうな案件だったからほかを探していたんだよ…(苦い顔)
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 01:03:39
      • 自分が強いかどうかなんて、誰しもよくわからないと思うのですが……命令と言うことなら……逃げ出すか、諦めて行くかの二択で悩むぐらいはしますけれど……
        えぇ?いやいや……そもそもヒショというのが何かも知りませんし……地下室に籠ってカクテルを製造しているだけで精一杯ですよ……
        うぅん、なるほど……耳が長い人はいますけれど、はっきりエルフと知っている方はいませんね……種族としてのエルフが大事なのですね?
        //夜分遅く失礼しました。おやすみなさい -- ノクロロ 2018-11-29 (木) 01:15:29
      • 命令はしないなぁ、命懸けの仕事だ、決めるなら自分で決めてもらわんと
        書類雑務とかスケジュール管理とか、やる事は沢山あるぞ…そうか、人が足りてないから歓迎したんだが…
        詳しくは分からん…スタイルが良くて長身のエルフをメイドに欲しいって言われたからなんだが
        違うのなら仕方が無いよなぁ…だます訳にもいかんし(息を吐いて眼鏡の位置を直す)
        -- 2018-11-29 (木) 19:53:26
      • それでは、今回はご縁が無かったということで……(深々とお辞儀)流石に、命がかかるとなると恐ろしいですから……まぁ、足手まといになるでしょうし……組織には、私よりよほど強くて頼りになる方が大勢おられるでしょうから、お任せいたします
        うぅん……そういう仕事だと、字を読んだり書いたりする必要が出てきますね……こちらの字はまだ殆ど書けませんから……私ができる仕事って、多くないんです(両人差し指をつつき合っている)……頭を使わないならまだ、何とか……
        それは……長身でメイド仕事ができるエルフという条件まで増えましたね……?なんでしょう、忙しくなって、家事手伝いが必要になられたのかな?……確かに、ハイジア先生には断られてしまいそうですが…… -- ノクロロ 2018-11-29 (木) 20:29:36
      • それは残念至極。吉報を待ってくれ、失敗したらファミリー丸ごと危ないからな
        こちらの…ああ、文字が違う地域から来てるのか…色々大変な事もありそうだな、その様子だと…使わない仕事はないかな(困ったな。と眉を寄せ)
        ペット飼いたいけど世話ができないからしてくれる人が欲しいんだとさ。暇がない人には無理だ…お前さんがその気なら出向させるけど
        …完全にだます形になるけどな(苦い顔)
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 20:40:25
      • ……全力で、逃げる心構えもしておきます(真剣な表情で)いやいや……大丈夫ですよきっと多分恐らく……
        元々……使用人をしているだけなら、文字の読み書きが必要とされない田舎の暮らしでしたので……しかし、争い上手でもありませんし、改めて考えますと、本当に役割無さげですね……私
        ……私にペットの世話とメイド仕事ができるように見えますでしょうか……いや、結構情けない話ですが……えへへ。ど、どちらにしても、長身でスタイルの良いエルフという条件にあてはまっておりませんから…… -- ノクロロ 2018-11-29 (木) 21:14:29
      • 大丈夫になるようにはするさ、それは当然だ(その為に自分がいると付け加え)
        別に無理に役割を探す必要もないとは思うがね、本人が望むのなら話はまた別だが…
        最初からすべてができる奴もいないと思うんだ…できるようになる。ってのが重要じゃないのか?
        俺だって最初からこんな感じでやってこれたわけじゃないし、未だにできない事も多いからなぁ…やめよう、説教臭くなる(手を振って)
        まあ、言った通り条件には当てはまらないからダメなんだけど(頬を付いて残念そうに)
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 21:59:16
      • が、頑張って下さい……やっつけられるまでは、襲われないように祈るか……襲われても大丈夫なように防吸血グッズを集めるか……しておきますので!
        まぁ……やりたい事や事情があって、組織に入った訳ではありませんから……役割が無いのも当然な気はしますが……
        うぅ……なんだか、できる人ならではのお言葉といった感じです。凄いですね……私は……今まで作った事もなかったサンドイッチを、最近作れるようになったぐらいですが……進歩といえば進歩かもしれません
        組織にとって有用な仕事に、いまいち気乗りしない(むしろ怖がっている)のは駄目かもしれませんが……あはは、私も申し訳ありません、辛気臭くて
        先ほどの通り、他のエルフの知り合いは降りませんから、お力にはなれず……依頼主に、種族縛りだけ解いていただければいいのでしょうが……
        お、お話ありがとうございました。吸血鬼に関してある程度分かった気がします……と、突然襲われる危険性を知ってしまった気もしますけれど、なんとか、してみます……し、失礼しました(そう言ってそそくさと帰っていった) -- ノクロロ 2018-11-29 (木) 22:34:08
      • ああ、ありがとう。できるだけやる(ここで上が下にが励まされてるなと複雑な気持ちになる)
        できる人、ではなくできるようになった人が正しい…って、本当駄目だな、説教臭くて…(爺臭いなと自嘲し)
        でも、作れるようになったのならいいんじゃないか、一歩前進。次来るときはそいつを作って持ってきてくれ
        別に気にしなくてもいい、俺も良く辛気臭いとか説教臭いと言われるから、お互い様だ(面白くもなさそうに眼鏡の位置を正し)
        あ〜どうなんだろうな…もし解いてもらったらお前さんやるのかい?ああ、行っちまった…気を付けて帰んなよ
        (そう言って見送った後何時もの仕事へと戻る)
        -- 彼崎 2018-11-29 (木) 22:43:08
  • (いつもの上納金を彼崎に渡す、デイライトの売れ行きに関しては貧民の多くに行き渡ってきただけあり徐々に落ちている…筈だ)
    (だが上納金そのものは変わらない、それは男が何らかの副業を持っている事は明らかだった)
    (ただ実情を知った彼崎にその額を納める事にあまり意味は無い、あくまで男の気遣いなのだろう)
    ああそうそう(男はエピペンを内ポケットから取り出す、アドレナリン等で使われる注射器だ)
    こういった眷属化を抑える物もあるのですが………ファミリーの方は根本的に注射針がお嫌いな方が多いですよね? -- コッローディ 2018-11-25 (日) 23:04:28
    • ご苦労さん(実情を知っていようがいまいが、ファミリーの為になる物は遠慮なく貰う男は短く返事だけをするが)
      (続く言葉に唇をゆがめ)…誰も彼も気を使ってありがたい話だ、だが…眷属化は兎も角として、結局人質になったら同じ事だ
      お前さん達の枷になるのはごめんだからな(その時は死ぬ事を選ぶと暗に伝え)
      兎も角そいつは有り難く貰っておく、置いておきな。…効果時間とかはあるのかい?
      -- 彼崎 2018-11-26 (月) 00:28:21
      • おや枷などと、ご安心を…それまでに吸った相手を始末すれば良いだけの話ですから
        効果時間は凡そ2週間です(エピペンを机に置く、以前男から吸血鬼化までに一週間要する事を聞いている男からすれば二週間は妙に感じるかも知れない)
        まあ基本はそこまで要りません、連中は人質だと思わせておいてその場での手駒にするという方法を好みますので一直線に仕留めて終わりです
        その場合眷属だと思っていた者に灰にされるといった場合も良くありますが(無闇に死ぬ必要も無い、とこちらも暗に伝える) -- コッローディ 2018-11-26 (月) 00:43:23
      • …一応聞いておくがこれ『デイライト』ではないだろうな?だったら絶対にごめんだぞ(未だ麻薬のイメージが抜けてないのか顔を顰める)
        俺はお前さん達と違って直接戦闘は苦手なんだよ…最後まであがきはするが駄目な時の覚悟位はするさ
        …そもそも楽観視するほど楽な相手ではないからな…それより『デイライト』改良の進捗は?
        -- 彼崎 2018-11-26 (月) 00:55:48
      • //寝ます。すみません -- 2018-11-26 (月) 00:56:24
      • //了解です、お休みなさい -- コッローディ 2018-11-26 (月) 00:59:35
      • (デイライトかと言われて苦笑して)そんな不意打ちで打たせませんよ、コロイド銀製剤を基本として大蒜成分やアルコール等を材料としたものです
        それにこれを使わずに済むよう立ち回りますよ…ダキーラ一家襲撃前に皆さんに渡す前のサンプルといった所です
        試しに打ってみても構いませんよ?数日トイレからニンニク臭がしますが…(笑って言うが試せば事実その結果になるだろう)
        試作品Aは数人分ラリィさんにお渡ししました、効果を薄めた物です。試作品Bは1からとなるので時間が掛かるかと…その為にラリィさんを私の拠点に連れて行くつもりです
        (それは男からすればほぼ最後の手札と言っていい行いだ、今までファミリーの誰にも悟らせなかったデイライトの製造場所へ案内するという事なのだから) -- コッローディ 2018-11-26 (月) 01:11:02
      • そうか、ならいいんだが…試しに打っても試しようがなくないか?今から吸血鬼に血を吸われて来いって冗談なら受け付けんぞ
        そうか、ラリィをね…アイツはどうだい?お前さんの研究の役に立ててるか?…いや、役にたってなきゃそんな所に連れてかないか
        まーアイツは優秀だからな、当然と言えば当然か(言って笑う)
        -- 彼崎 2018-11-26 (月) 20:00:08
      • そんな無理は言いませんとも、安全性に関して信頼してくださるならばそれはそれで
        ええまあ…彼女の柔軟な思考と理解力には素晴らしいの一言に尽きますね
        それに薬物の痛みを知りながらも理解しようとする強さがある、それは私にはない強さですから
        …カタリナの理想を継げる者はああいった方なのでしょう(男は復讐に生きた、その瞬間から資格は失ったとでも言うように)
        おっと引き抜きはしませんのでご安心を…応えてもくれないでしょうが(苦笑を見せる) -- コッローディ 2018-11-26 (月) 21:16:19
      • 当たり前だ。悪い冗談にもほどがある…
        いや、お前さんが欲しきゃやるぞ?ただ、ああ見えて弱い奴だからちゃんと守ってやるって約束できるなら…だがね
        ああ、勿論本人の意思も重要だけどな(言って笑う)
        -- 彼崎 2018-11-26 (月) 22:30:26
      • ああその点は何とも言いにくい、私はまあ…ええ、そういう男ですから
        (彼崎も知る男の過去…守る事に関して頷ける程正道を歩めてはいない)
        受けてくれれば私としては嬉しい限りですが(一つ頷けば去る為に一礼して)それでは… -- コッローディ 2018-11-26 (月) 22:47:02
      • そこは嘘でもYESっていう所だぞ。…ったく要領の悪い奴だ
        (苦笑いしながら見送る)
        -- 彼崎 2018-11-26 (月) 22:49:03
  • (バスローブ姿で戻ってきて)あぁ、楽しかった(事務所で何時ものスーツに着替える) -- 彼崎 2018-11-25 (日) 02:44:51
    • じゃーん!(スーツに着替えた所で効果音を口にしつつ、ドボンした人への命令券を掲げてやってくる) -- マート 2018-11-26 (月) 20:34:42
      • (髪をかきあげ眼鏡の位置を直し向きなおる)
        …急に入るとビックリしますよ?何の御用ですかねマート嬢
        -- 彼崎 2018-11-26 (月) 20:36:33
      • うむうノックはするべきじゃったか…すまんのう
        ドボンした彼崎へのお願い権を早速使いに来たのじゃよー、とは言え幹部じゃと流石にしばらくバニースーツ!なんとも言えんからのう
        立場があるもんにしてもらうとなると…組織のバランスなんかを壊してしまいそうじゃ、部下の人も上司がバニースーツじゃとリアクションにも困るじゃろうしのう…
        そこでわかりやす〜く、わしとバターでペアじゃった旅行券をみんなで行こう!にするための差額の出費をハローとええ感じに割っての
        幹部のおごり!っちゅう名目を打ち立てたらええかと思うたんじゃが…そう言う出費してもらうのでもええかのう?…どれだけの額になるかようわからん上に、彼崎の蓄え状況もよう知らんのじゃけど… -- マート 2018-11-26 (月) 20:42:11
      • …別に俺が全額出しても構いませんが?
        丁度こないだ年金暮らしの爺から年金を頂く算段が付いて、懐状況はおおむね問題は無いですし
        -- 彼崎 2018-11-26 (月) 20:46:03
      • なそ
        にん
        幹部っちゅうのはすごい儲かるんじゃのう…
        その分責任じゃとか肩にのしかかるもんがすごく重いんじゃろうのう…
        うむむぅ、それじゃあ全部〜でお願いしてええじゃろか、幹事ハローのスポンサー彼崎…じゃ! -- マート 2018-11-26 (月) 20:51:04
      • 儲かる。というか儲かる様に動ける人間だからこそ『幹部』足りえるんですが
        それはそうでしょう…甘い汁だけ吸って、責任を負わない奴はこの組織に必要ない
        ああ、ハローが幹事を。だったらなおさら俺が全額出さないと示しがつかない
        …べつにお願い権使わなくてもそれ位しますよ?
        -- 彼崎 2018-11-26 (月) 20:54:37
      • にゃるほどそっちが先じゃったか、組織に利を沢山生み出せる人材っちゅう事なんじゃのう
        お金以外にも育成とか何か色々なパターンがあるやもしれんが、何はともあれ貢献して昇進したのじゃろうのう…ハローも稼いだんじゃろか…?
        ありがたい話じゃ…けれど流石にこういう時でもないと結構金額が大きい話じゃしお願い出来んのじゃよ
        わしの間隔からするとこれは(頭を抱えてしゃがみ込み)ものすごーくおっきな!(両手両足を伸ばして飛び上がる)お願いになるからのう -- マート 2018-11-26 (月) 21:01:42
      • 御明察。そういう事です
        他にも要素はあるでしょうがやはりお金の問題は大事ですよ。マフィアですしね、一応(らしくないけどと苦笑いしつつ)
        …たぶん今回の儲けの一万分の一にも満たないですよ、恐らく…1マフィアの総資産の一割だからなぁ(後半は呟き)
        なら、俺への願いはそれで。まあ、あまり無茶頼まれても困りますのでそれで構いませんが…
        -- 彼崎 2018-11-26 (月) 21:08:19
      • マフィアも普通の会社みたいな所があるんじゃのう(一部上場マフィア…などと思い浮かべたりしている、マフィア株…?)
        いちまん…(ペア券だけでも…?みんなの分じゃと…??いちまんばい…???)ぷしゅー(考え過ぎて頭から湯気が)
        うむぁ思ったよりすごい世界過ぎて想像も出来んかったのじゃ、それじゃあわしからはそれでお願いするのじゃよ!
        バターやアマレットからはどんなのが飛んで来るやわからんがまあ…わしが他の者に使ったお願い権よりはマシじゃろうて(多分)
        それではわしは戻るのじゃよ、夏は楽しみにするのじゃよーぃ!(わーっ!とスキップしつつウキウキ気分で飛び出して行ったのだ) -- マート 2018-11-26 (月) 21:14:31
  • ご……ごめんくださーい……プリーズゴメーン……ハロさん…ハロー=ワールドの紹介で寄せてもらったんですけおー……(あまり面識のない幹部の事務所とかちょうこわいので死ぬほどビビりながらビルの玄関で声出してる) -- ジェローム 2018-11-24 (土) 00:41:52
    • 入れ(短く返事をして向かい入れ)
      ハローの?(嫌な予感がするなと僅かに眉を寄せつつ)
      …どういった用事だ?話を聞かせてくれ(できるだけ柔らかくなるよう努めて質問する)
      -- 彼崎 2018-11-24 (土) 00:45:22
      • う、うっす。お邪魔するっす…(のそのそ。おっかなびっくりといった様子で入ってくるイヌ科)
        えーと……あの、話せば長くなるんすけど…(ならない) あの、なんか最近ここいらを騒がせてるとかゆう…吸血鬼?のことなんすけどね
        うちのシアさん……あ、うちの孤児院の院長なんですけど、この人がハロさんに対吸血鬼用の道具の祝福だか聖別?だかを…その、依頼されまして。
        吸血鬼についての情報があればあるほど…あの、先鋭…ソイツ用の強まったアレ、祝福が出来るとかで…はい、キザキさんなら吸血鬼について詳しい、ってんで……あの、パシられに来たんです、おれ(しどろもどろにも程がある。ビビりすぎなのだ!) -- ジェローム 2018-11-24 (土) 00:54:42
      • …?(こめかみに指を当てそれでこめかみをトントンと叩く)
        ああ、吸血鬼の情報があればより強力な対策武器が作れる。そう言いたいのか?
        -- 彼崎 2018-11-24 (土) 00:57:32
      • (ひぃなんか困惑されてる…おれ今めっちゃやらかしてる……しぬ……) !!(あっ伝わってた!)
        は、はい!出身地……はまぁ無理としても、少なくとも「どういう吸血鬼か」がわかるとそれによって祝福のやりようが変わってくるらしくて!
        えーと……(メモチラ見)「吸血衝動があるだけの怪力魔族か、伝承にあるような霧やコウモリに変身できるか、最低でもそれは聞くこと」……聞くこと?だ、そうです!(完全にガキの使いだ!) -- ジェローム 2018-11-24 (土) 01:18:52
      • メモは取れるか?(一応しばらく様子を見て)
        敵さんは西方出身の吸血鬼。但し『真祖』はこれに当たるか不明
        変身能力は有している。今の所確認できているのは二次吸血鬼がネズミ、一次が蟲。恐らくその上はもっと細かい物になるだろうな
        弱点は今分かっている限りで太陽、銀、白木の杭、大蒜、流れ水と一般的な吸血鬼のそれと変わらない
        そして最後に…俺の名前はキザキではなくヒザキだ。覚えにくいかもしれんがオヤジに貰った名前でな、今更変えられん
        (言って眼鏡の位置を直す)
        -- 彼崎 2018-11-24 (土) 01:35:56
      • う、うっす!メモとガキ共の出席を取るのは得意っす!(ばばっとベストの内ポケからメモ帳取り出し)
        ふんふん……西方出身…本場からのやつではない、くて…変身できる、形態多めで…弱点も……一般的、と(メモりメモり)……ん、あれ?
        あっすんません、名鑑で読み違えましたマジすんませんエンコは勘弁してくださいッッ!!(やっぱやらかしてたしぬる!)
        じゃ、じゃーなくて!あの!弱点わかってるんすか?しかもここまでびっしり?もうここまで割れてたらふつーにやっちゃえないっす?(これだけわかってるのに決戦準備してるの?) -- ジェローム 2018-11-24 (土) 01:44:23
      • 構わんよ。東国の名前はこの場所では馴染みが無いらしくよく間違えられる
        俺もそうだがハローの奴も誰一人死なせるつもりはないからな、最善に最善を重ねたところで危険がある以上やれるべき事はやっておく
        そういう事なんだろうよ。俺もお前さんの所の院長の事をもっと知る必要が出てきたと思い始めた所だ
        -- 彼崎 2018-11-24 (土) 01:51:03
      • 実際うちにも東洋系の人いるんすけど、どうもあっちの名前ってしっくりこないんすよね…あ、ヒザキさんのお名前はもうがっつり覚えたんで二度と間違えないっす、うっす
        なるほど、万全に万全を重ねるための下準備ってことすか…勉強になるっす(常に出たとこ勝負のけだものは感心した)
        あ、うちのシアさんはですね、むかし異端…異端…問診官?とかいうのやってて、そういうのへの対抗策に詳しいみたいなんす。ものすごいアツく語ってたっすハロさんに
        えーと、あと聞いとくこと……(メモぺらぺら)……ないや。おれ信用されてなさすぎ!?
        えー……おつかい終わっちゃったんで……あ、自己紹介してねえ!おれジェロームっていいます、うちのファミリーのかけだしもんっす!以後お見知り置かれましてよろしくどうぞ!(最後に自己紹介するやつがあるか?あった。ぐだぐだなパシリは最後までぐっだぐだに帰ってった) -- ジェローム 2018-11-24 (土) 02:03:31
      • 気を付けて帰れよ(言って見送り)
        さて…どうやら近いうちにあちらに訪問する必要が出てきたか
        (そんな事を言いながら普段の業務に戻った)
        -- 彼崎 2018-11-24 (土) 02:13:32

Last-modified: 2018-12-15 Sat 01:55:23 JST (858d)