サモナイ/\ババァ/?

  • 少々迷いますが、一応こちらにご挨拶を……玄武と申します、来月同行致しますので挨拶を、と思いまして
    どうぞよしなに、どちらがやられても失敗でございますゆえ -- 玄武 2010-10-02 (土) 02:21:00
    • はぁいいらっしゃい、金の派閥のセスティアよ♥
      服装からしてシルターンの子かしら?頼りにさせてもらうわね♪ -- セスティア? 2010-10-02 (土) 02:31:27
      • 金の……ああ、あなた方にもお世話になった事があるかも知れませんね(召喚術を学ぶ事に関して)
        ええ、元はそうでした……頼りにさせて頂くのはこちらの方でございます
        それではまた来月、現地にて見えましょう -- 玄武 2010-10-02 (土) 02:38:47
      • 渡り歩いてるのかしら? ええ、楽しみにしてるわね♥ -- セスティア? 2010-10-02 (土) 02:46:38
  • (黄金の街、金の派閥から用意されたこじんまりとした邸宅)
    (この地に派遣された召喚師、セスティア・シェタック。まずは赴任に当たって、護衛獣が必要と考えた彼女は早速地下室にて召喚の儀を開始する)
    (定められた形式に従って魔法陣を描き、中央に無色透明の鉱石、サモナイト石を配置する)
    (この時彼女は機属性・黒のサモナイト石を置いたつもりだったのだが、むやみに絞られた照明のせいでそれに気付かなかった)
    さて、準備はこんなものよね……(魔法陣を正面に捉え、翳した両の手から魔力を陣全体へと送り込む)
    古き英知の術と我が声によって、今此処に召喚の門を開かん――
    我が魔力に応え異界より来たれ、新たなる誓約の名の下、セスティア・シェタックが命じる
    呼びかけに応えよ、異界の者よッ!!
    -- セスティア? 2010-09-30 (木) 21:25:12
    • 暑い日差し、真夏の陽気……僕はその時、ようやく慣れてきたこの街を暢気に歩いていた
      その後の出来事を知っていたら何か出来たか…いや、天災のようなもので回避しようはなかったのかもしれないけれど
      何にせよ突然の出来事だった……不意に誰かが呼んだ気がして辺りを見回す
      誰も居ない…気のせいかと歩き出そうとした次の瞬間には身体が凄まじい力で引っ張られたのだ
      「…!?」
      見る間に身体は何処かへと引きずられ、景色が掻き消え……僕は其処に立っていた
      -- アララギさん? 2010-09-30 (木) 21:54:29
      • ……あら、融機人(ベイガー)? ツイてるじゃないの♪(まだ召喚事故が起こったと気付いていない亜麻色の髪の召喚師は、その上半分ほどが露出した豊かなバストを揺らして飛び跳ねて喜んだ)
        こんにちは、融機人さん♪ おねえさんが召喚させてもらったわ。まずは名前を聞かせてもらえる? -- セスティア? 2010-09-30 (木) 21:57:57
      • 反射的に閉じた目をゆっくりと開く、真夏の日差しとは対照的な薄暗い部屋……其処に僕は立っていた
        訳も判らぬまま辺りを見回そうとして、声に……目の前の人影に気付く
        輪郭と声の感じからすると若い女性…だろうか
        「……べい、がー?ええと、此処はと言うか…貴方は……?あ、僕はアララギ・コヨミと……」
        -- アララギさん? 2010-09-30 (木) 22:08:12
      • お姉さんはセスティア。金の派閥の召喚師よ(照明を灯して、にっこりと微笑む。身長はコヨミより頭ひとつ大きい程度だろうか。大きな胸と細い腰を強調する、ぴったりとしたデザインの服を着て、スカートには太ももの付け根までスリットが入っている。男子学生には目の毒だ)
        アララギ君ね、変わった響きの名前だこと。でも可愛いし男の子の融機人がパートナーなら悪くないわね。何か聞きたいことはある? -- セスティア? 2010-09-30 (木) 22:16:03
      • 目の前の女性が自己紹介してくれる……こう、羽川やガハラさんもモデル顔負けのスタイルであるのだが、この人は…うん、ダイナマイトって感じだ。主に胸の辺りが
        色々見えそうだったり見えなさそうだったり気になって仕方がないが…突然の事態への動揺は流石にそれを上回る
        外人さんっぽいのだが言葉は普通に通じている、何よりあの言葉は聞き間違いではないらしい…召喚師、そして金の派閥。
        どちらも聞き覚えがある…そして想像が正しいなら
        「コヨミでいいですよ、セスティアさん……幾つかあります。べいがぁというのはよくわからないですが、もしかして…僕はまた召喚されたんでしょうか?」
        -- アララギさん? 2010-09-30 (木) 22:30:13
      • じゃあコヨミ君ね。「でいい」ってことはそっちが名前なのかしら
        ええ、そうよ。召喚されたことがあるのね、話が早くて助かるわ♥ ……でも融機人が良く分からないって……あなたたちの種族よ?
        え、っと……ロレイラルから来たのよね、コヨミくんは? -- セスティア? 2010-09-30 (木) 22:33:12
      • 「ええ、アララギはファミリーネームなので……いえ、僕は…一応普通の人間だと…」
        『べいがぁ』は『ろれいらる』という場所の種族と言う事のようだが…そう、吸血鬼に咬まれたが『一応』人間の筈だ
        どうやら予想が正しいようなので頭が痛いが……意を決してゆっくりと口を開いた
        「改めて。僕はアララギ・コヨミといいます……少し前までは地球の日本と言う国の学生でした。たぶん召喚の事故で黄金暦という年号を使う世界、『酒場の街』の近くに来てしまったようで…今は其処で冒険者をしています」
        -- アララギさん? 2010-09-30 (木) 22:58:09
      • ……(コヨミの説明を聞けば微笑が凍りついた。地球、とか日本とかいう単語は派閥の記録で見たことがある。名も無き世界の地名だ。つまりそれを整理すると、)
        コヨミくんは名も無き世界からこの世界に召喚されて、返れなくなってたのをまたお姉さんに召喚されちゃった、ってこと?
        ああ、黄金暦の世界も酒場の町もここよ。ここが酒場の街だわ…… -- セスティア? 2010-09-30 (木) 23:08:08
      • 「名も無き…?ええ、いつのまにかこの世界に来ていて…途方に暮れてました」
        また知らない単語…流れからすれば僕の居た世界を指しているのだろうけれど
        「やっぱりそうでしたか…以前親切な方に召喚師や蒼の派閥の話を聞いたので似た響きだし、多分そうだろうとは思ったんですが…」
        うん、何だか凄い困ってるっぽいな…笑顔が引きつってる
        忍野が、あのアロハ男が僕に対して春休みに言っていたのを思い出す
        あの一件は僕が関わった所為で全ての事がややこしくなったのだ…と
        -- アララギさん? 2010-09-30 (木) 23:37:24
      • やっぱりね…はぁ……なーんで二重誓約なんてやっちゃうのかしら……まあいいわ、やっちゃったものはしょうがないもの(肩を落として大げさにため息をつく。動きに従って胸がたゆんとゆれた)
        まあ、せっかく呼んじゃったのだし…良かったらコヨミくん、お姉さんのお手伝いとかしてくれないかしら?こういうのは普通「元の世界へ返してあげるから」という条件がつくのが普通なのだけれど、これじゃそうもいかないわ(いまだ召喚陣の中心に立つコヨミに向かってゆっくりと腕を広げながら近寄っていき)
        なんとか元の世界に戻れるようにお姉さんも協力してあげるし……コヨミくんにいいことも、ね?(片手でこよみの頭が胸の目の前に来るようにだきよせ、もう片手でドレスの胸元を少しだけずり下げて見せる) -- セスティア? 2010-09-30 (木) 23:47:30
      • 二重誓…約?また聞き慣れない言葉…
        「…手伝い、ですか?といっても僕なんて普通の人間だから大した事は…」
        以前会った召喚師、カインさんも護衛業の相棒となる召喚獣を探していると言っていたが…僕は精々人より視力がいい程度だしな、うん。
        やはり早々簡単には向こうに戻れないらしい……うん、この地震でもないのに揺れ加減は完全復活した時のキスショットを、あの吸血鬼を彷彿とさせる
        -- アララギさん? 2010-10-01 (金) 00:51:57
      • あら、謙遜はダメよコヨミくん♪(ふう、と甘い吐息を吹きかけながらくすくすと囁きかける)
        この街の噂は聞いてるわ。冒険者をやっている人間は、他の街の騎士なんて比べ物にならない強さがあるって
        それに別に闘ってくれなくてもいいのよ。お姉さん荒事は好きじゃないわ。身の回りの手伝いとか、話し相手とか……
        もちろん衣食住は保障するし、行動の制限とかもあんまりなしよ。さっきからコヨミくんが見てるお姉さんのカラダ…好きにしたくない? -- セスティア? 2010-10-01 (金) 00:59:27
      • …怪異と同等クラスが実在するなんて、知らず知らずの内に息を呑む
        というか、こう…何だかさっきより大きく…いや、これは…そう、近付いてきて、る?
        そうこうしている内に気付けば何だか包まれた、より正確にいえば埋もれたとでも言うべきか
        何だこの状況!?落ち着け、僕!こんな時は素数を冷静に…って更に何かしてるぞこの人!?
        セスティアを見上げた僕は困り果ててた顔をしていたに違い無い
        -- アララギさん? 2010-10-01 (金) 00:59:30
      • さあ、選択の時間よ…?(紅を引いた唇から妙に赤い舌を出して唇を舐めて見せながら、より包み込むように抱きしめて)
        お姉さんと協力して、元に戻る方法を探しながらこのカラダを好きにするか…全部捨てて、当てもなくもとの世界へ帰る方法を探してさ迷うか……どっちがいいかしら? -- セスティア? 2010-10-01 (金) 01:03:25
      • この人、直球っぷりがエロ後輩の神原どころの騒ぎじゃないぞ!?
        もしかして僕は夢でも見ているのだろうか…?あの孤島も悪夢で
        起きたらうちの可愛い妹達が僕を起こそうとフライングボディプレスをかましていたりして…
        まあ、現実に帰ろう…荒事抜きに話相手や掃除くらいなら僕でも出来そうな気はする…でも、何だか凄いこと付け加えた!?
        「…か、身体云々はさておいて…帰り方を探すのを手伝って貰えるなら…」
        衣食住が保障されたりは正直かなり有り難い
        -- アララギさん? 2010-10-01 (金) 01:32:38
      • さておいちゃうんだ……(少し不満げに唇を尖らせる。すぐにさておきと明るい顔になって)
        じゃあ決まりね。ある程度の部屋は用意してあるから、必要なものがあったら遠慮なく言ってね♥(頬に手を当てて、覗き込むように目を見つめながら笑った) -- セスティア? 2010-10-01 (金) 01:42:18
  • (テストの答案盗むくらいの慎重さと抜き足差し足忍び足で忍びこむクソガキ) -- クソガキ? 2010-09-26 (日) 00:42:43
    • (面白いのですー……と寝息を立てている) -- セスティア? 2010-09-26 (日) 00:44:50
      • (忍び込んだはいいものの遊びにいくなら兎も角何していいかわからなくなってハングするクソガキ) -- クソガキ? 2010-09-26 (日) 00:53:37
      • わなだ!
        寝ていると思われたのはダミー人形だった!)
        どちらさまかしら?(後ろからふんわり捕獲しようとする) -- セスティア? 2010-09-26 (日) 00:55:36
      • (ハングしているため容易に捕獲されるクソガキ、気づいて冷や汗が滝のように流れて)
        ホギャアアアアアアアア!?(半狂乱で逃げようとする、何か怒られると思っているようだ) -- クソガキ? 2010-09-26 (日) 01:01:49
      • あらあら♥(隙間なく抱きしめているせいで逃げられないぞ!むしろ若鮎のように跳ねる抵抗を楽しんでいる)
        どうしたのボク?こんな時間に迷子…じゃないわよね?うふふっ♪ -- セスティア? 2010-09-26 (日) 01:08:15
      • (暴れても出られない、だんだんと自分がどういう状況にあるのか気づいてきて)……………
        (そのまま耳から蒸気を噴いて動きが極端に鈍くなる。何か言おうとしてもどもる。クソが抜けてただのガキになってしまった) -- ガキ? 2010-09-26 (日) 01:15:15
      • 可愛いわぁ♥
        さてー……召喚のお誘いかしら?ペアになってくれるの?それとも何か他の? -- セスティア? 2010-09-26 (日) 01:16:43
      • その…つもり、だったんですが、その、自分、経験、その…なく、て…他も、ダメな所ばっかりで…(真っ赤なままネガ入る、自分では何いってるのかわかってない) -- ガキ? 2010-09-26 (日) 01:25:19
      • ほぉら、しゃべる時はお姉さんの目を見なさい?(両手で顔を挟みこんで強制的に自分のほうを向かせる)
        経験はこれからつめばいいのでどっちでもいいわ、ちゃんとお姉さんを犯してくれるかしら? -- セスティア? 2010-09-26 (日) 01:29:29
      • (目と目が合う、相手の目に自分がいるのが見える、その先もまたその先も)
        (しかし鼻血噴く、倒れる)//…無理でした!ごめんあさいアイスノンが耳に効いてつらいです -- 死亡中? 2010-09-26 (日) 01:45:49
      • あらあら…ちょっとやりすぎちゃったかしら
        (//どういう意味で無理なのかが分からないですが…ともあれ今日はおやすみなさーい) -- セスティア? 2010-09-26 (日) 01:52:38
      • //…恥ずかしくて しぬ みみあつい -- 2010-09-26 (日) 01:53:58
  • どんな子が着てくれるかしら…とっても楽しみ♪ -- セスティア? 2010-09-19 (日) 15:58:13
    • きてみた(ぱたぱた) -- イトマビト 2010-09-24 (金) 23:55:28
      • あら、可愛い妖精……妖精? -- セスティア? 2010-09-25 (土) 00:04:44
      • 可愛いだなんて、お世辞でも嬉しいのう…!(くるくる旋回しつつ) ああうん、妖精ッポイ、でひとつ
        ネーサンも召喚師なん?ずいぶん艶かしいこと…! -- イトマビト 2010-09-25 (土) 00:07:52
      • そ、そうなの……
        ええ、もちろんよ?金の派閥の召喚師♥
        (//ところでえろえろ水晶なんですが…大丈夫?) -- セスティア? 2010-09-25 (土) 00:42:21
      • へー、派閥とか実は良く知らないけどねー。妖精は世間のことなんざ気にせず勝手気ままが心情さー!(くるんくるん)
        (//さすがにこれでやんのは無理な話だわ…) -- イトマビト 2010-09-25 (土) 01:05:49
      • 軽やかねえ…うらやましいわ♥
        それで、お姉さんとお話に来たの、妖精クン?
        (//ですよねー オナホ妖精ならぬバイブ妖精というのもそれはそれで夢のアル話だけど) -- セスティア? 2010-09-25 (土) 01:09:53
      • ふふん、ネーサンも一回死に掛けたら酒場で「ですぺな」を募集してみるといい… きっと素敵なことが起こるはずさ…!
        左様。しかし妖精は風流れる運命なのさー きっとネーサンなら素敵な護衛獣をゲットできる!頑張れ!
        ってわけでばいびー(ばびゅーん、と去って行った)
        (//画的に酷すぎる…! のでこれにて。頑張れー!応援しておるよ…!) -- イトマビト 2010-09-25 (土) 01:14:54
      • 応援ありがとう♥
        また会いましょうね、妖精クン♪ ……名前聞き忘れたわ
        (//人間が巨大な魔物にってのは比率的に同じでわりとあるシチュなんですが ありがとー!ありがとー!) -- セスティア? 2010-09-25 (土) 01:21:14

Last-modified: 2010-10-02 Sat 02:46:38 JST (4952d)