北方七宿玄武 424508 Edit

ID:424508
名前:玄武
出身家:
年齢:?
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
その他:企画/サモンナイト

データ Edit

召喚師
exp001410.png
設定等

【外見】
黒髪ロング姫カットでこんな感じ
静かな湖面の様な光を宿す黒い瞳
身長148cm、肩から背中上半分に亀の甲羅の様なものがある
肉付きは良く、比較的頑丈で生命力に溢れる
霊力で出来た蛇が体に巻き付いていたりする
なおこの外見設定及び画像は暫定なので変更される事があります
【性格】
冷静沈着かつ怜悧な軍師タイプ
であろうとしているが隙が多い為よく崩される
基本的にはお人好しで特に機敏でもない、と言うか寧ろ鈍い
何かのきっかけで故郷を思い出すとホームシックにかかる面倒くささ
【設定】
その昔送り返される前に召喚師に死なれたはぐれ召喚獣
元の世界に帰る為、召喚師の残した知識から召喚術を学んでいる
無色の派閥である召喚師を手伝って得た知識だが本人はあまり派閥を気にしていない
召喚術を使った目的は研究の一環兼労働力の確保
と言う事にしているが、帰りたくて仕方ないと言うよりは一人で寂しかった様子
【能力】
1L程度の水を操作する(氷にして操作も可能)
蛇の遠隔操作
魂の姿の投影(人間大の蛇が絡みついた亀を出すが肉体は無防備に)
名前:玄武
種族:玄武の力の欠片
召喚獣:朱雀
属性:中庸・中立

活動時間:20時〜2時くらいだけど変動あり
スタイル:基本的には何でもあり
その他:本編は3を少々、程度

とある古めの和風家屋 Edit

お名前:
  • (和風屋敷の庭先で何を思ったかハンマーを振り回す霊獣、どうも勇気と気合で次元の壁を壊す方法を模索しているらしい) -- 朱雀 2010-12-17 (金) 22:30:23
  • ……ゲンブちゃん?ゲンブちゃん、いないの?……ねぇ、ゲンブちゃーん!(いつまで経っても帰ってくる様子のない家主に次第に不安を募らせる霊獣、やがて家の中をあちこち探し回り始める) -- 朱雀 2010-12-09 (木) 00:33:26
    • (ふと気付くと先ほどはいなかったはずの部屋に座っているが、本来見えないはずの向こう側が透けている 軽く俯いて何か小さな声で呟いているようだ) -- 玄武 2010-12-10 (金) 00:02:03
      • あ……!(パタパタ走りよってきて)よかったー、ゲンブちゃんなかなか帰ってこないんだもん、心配で家の中を探しちゃったんだよ?……あれ?
        ね、ねぇゲンブちゃん聞こえてるの?何か変だよ?ね、ふやっ!(手で触ろうとすると抵抗なくすり抜けどてーんと転ぶ霊獣) -- 朱雀 2010-12-10 (金) 00:40:48
      • (咄嗟に抱きとめようとするが結局すり抜けるので意味は無い きゅっと拳を握って囁き掛ける)ごめんなさい……少し、失敗してしまいました 暫く、私は眠りにつかないといけなくなりそうです
        時間が無いので今は聞いてください、この体が消える前にあなただけでもあちらへ帰して上げたいのですが……… -- 玄武 2010-12-10 (金) 00:48:58
      • え、え?ゲンブちゃん何言ってるの?失敗って?眠るならいつもみたいに一緒に寝ようよ、ね?
        かえ、る?でも、でもでも!私まだ召還術使えないもん!帰ってもゲンブちゃん呼べないもん!やだ、やだよー消えちゃやだ……う、ううっ(ぽろぽろ) -- 朱雀 2010-12-10 (金) 00:52:44
      • あなたの方は、今まで無事でよかった……一緒には寝られません、今の私は……本当に、ただの欠片だから
        泣かないで下さい、私の……自分勝手な理由で、あなたを呼んでここにとどめておいた私なんかの為に(涙を拭おうとする指も今は用を成さず)また力を蓄えれば、私も多分蘇る事が出来るから……ね?今の内ですよ、準備があれば、早く……して下さい…… -- 玄武 2010-12-10 (金) 00:59:42
      • うん、うん、ゲンブちゃんずるいもん、私を呼んで寂しくさせて……また寂しくさせるなんてずるいもん!
        う、ううっ……ひ、ぐっ(非難の言葉を口にしながらも、ゲンブに促されるまま数冊の本を手に戻ってくる霊獣、それは今までの研究をまとめた召還術の本)
        だからね、ゲンブちゃんがどこに行っても絶対に見つけるんだもん、いっぱい我侭言って困らせてやるんだもん……(目の前に座って目をぐしぐし) -- 朱雀 2010-12-10 (金) 01:07:42
      • 本当に、ごめんなさい……もっと早く、綺麗に返して上げられれば、よかったのに……
        その本は……持って帰って、どうするのです?勉強してくれるのは、嬉しいですけれどね……(弱弱しく微笑んで)私の事は、忘れていいんですよ 向こうに帰ったら、もうこちらには来なくてすむ様に……祈っています(朱雀も帰るつもりなのだろう、と考えて術を構成し始める) -- 玄武 2010-12-10 (金) 01:18:39
      • やだ!忘れるなんてやだ!だから私帰らないよ!帰ったらゲンブちゃんに会う前の時間だもん、そうしたらもう探せなく、探せなくなるのいやだよー!(送還術構築を妨害して)
        だから、だからゲンブちゃんが残したので勉強して、戻ってきたらまた連れて帰るの!だから残るの!(そしておもむろに蛇に手を重ね霊子変換それをもぎ取って)
        ゲンブちゃん変だもん寂しがりやさんなのに我慢ばっかり、そんなのおかしいよね、だから二人で寂しくないようにする方法を考えるんだからね -- 朱雀 2010-12-10 (金) 01:40:52
      • あっ……何て事を、これではもう……分かりました、そう仰るのなら……私からは、この家と、ここにあるものしか残せませんけれど……
        そうですね、それも……差し上げます 私の一部……(半透明の像がちらつき始める)そう言われたからには、私も……頑張って、帰ってこないといけませんね
        ありがとう、スイレ……本当に、ありがとう 私、寂しかったけど……あなたが来てくれて、本当に楽しかったです……初めの方は、ともかく……これからは一人で、何でも出来ますね?出来ない事があったら、誰かに……先生でも、お友達でも、頼ればいいんですよ(笑顔のまま涙を流し)
        そ、それでは……しばらく、お別れです……さようなら……いいえ、また会いましょう、ですよね?次に会う……時が……楽しみで……(弱弱しくなっていく声が消えた時、玄武の姿も消えていた 後には水気が漂い、それも暫くすれば部屋の中に散ってしまうだろう) -- 玄武 2010-12-10 (金) 01:50:40
      • うん、うん……うん(ただただ言葉一つ一つにこくこくと頷く、そのたびにぼろぼろと涙があふれ畳に濃い跡となって消える)
        うん、まただよ、ゲンブちゃん(姿が消え、水気も霧散し、その隙間を埋めるのは静寂という名の耐え難い孤独)
        (ゲンブの力の一部を大事そうに抱えていたが、それも大きく深呼吸をするまでの事、昔一人で勉強していたゲンブを思えば不思議と寂しさがまぎれる、同じ気持ちを共有しているように思えるのだから)
        えへへ、お腹空いちゃった、ちち様言ってたよね腹が減っては戦は出来ぬって、何かあるかなぁ……(と春の日差しの中縁側をてくてくと歩いていく霊獣だった) -- 朱雀 2010-12-10 (金) 02:06:02
  • (ようやく念願の新しい杖が手に入ったので、それを抱きながら幸せそうにごろごろしている霊獣) -- 朱雀 2010-12-04 (土) 21:01:51
    • おや……どうやら武器の質では追い越されてしまったようですね 順調そうで何よりです……ちなみに、属性はなんでしたか? -- 玄武 2010-12-04 (土) 21:53:42
      • ずーっと頑張って来た甲斐があったよねー、えっーとね属性は雷だったんだよ?人は相性がいいほうだよねー -- 朱雀 2010-12-04 (土) 22:00:38
      • そうですね、恐らく悪くないと思います……雷ですか、雷獣なんて言う物もいましたねぇ 髪の毛には気をつけたほうがいいですよ、帯電すると痛みますから -- 玄武 2010-12-04 (土) 22:09:47
      • らいじゅ?私とかゲンブちゃんとか白ちゃんのことじゃないよね?青龍ちゃんは雷使うけどらいじゅって呼ばれてないもん
        うう、傷むのはやだよぅでもでも新しい杖使いたいもん、痛んだらゲンブちゃんに梳いてもらうもん(すりすりと直暖房する霊獣) -- 朱雀 2010-12-04 (土) 22:14:11
      • ま、簡単に言えば妖怪変化の類ですよ 雷を自在に操り、その咆哮は辺りを焼き払うとか
        ええ、使った方がいいでしょう その辺は梳くだけでは不十分でしょうし……椿油でも仕入れておきましょうか(すっかり慣れた様子で湯たんぽの様に抱きすくめる) -- 玄武 2010-12-04 (土) 22:18:01
      • ほへー!すごいすごい!そんな妖怪いるんだねー、ゲンブちゃんは見たことあるの?私も見たいみたいー(ごろごろ)
        椿油?ってなぁに?んーゲンブちゃんまた冷たくなってるよ、本当に仕方が無いんだからねー(部屋中ぽっかぽか) -- 朱雀 2010-12-04 (土) 22:58:48
      • 雷の日には時々降りてくるのですが……少し危ないですからね、雷の術に少しは熟練してからの方がいいかも知れません 仲間だと思ってもらえるように
        文字通り椿の種を絞って取る油です 髪の毛を綺麗に保つのに良いんですよ……こればかりは生理的なものですから、ちょっと反論し辛いですね 暖かくして置いてくれるとありがたいです…… -- 玄武 2010-12-04 (土) 23:10:32
      • そうだよね、雷の術はまだ使ったことが無いもん、いっぱい練習しないとダメだよねー(杖を振って稲妻を飛ばしながら)
        ふーん、もしかしてはは様がよく髪の毛につけてたのがそうなのかも?私はまだ早いってつけて貰えなかったんだよね(思い出してすこしむすーっと)
        いくらでも暖かくするからゲンブちゃんはたくさん温まってね?動けなくなったらご飯が出なくなっちゃうもん -- 朱雀 2010-12-04 (土) 23:47:46
      • ま、炎と同じ様な感覚で使えばある程度は使いこなせると……使えていますね、その調子で練習なさってください
        そうでしたか……でも、あなたももう年頃ですものね 化粧には早いですけれど、髪の手入れくらいはする事にしましょうね
        ああ、確かに……冬眠してしまったら中々起きられませんので 気をつけます -- 玄武 2010-12-04 (土) 23:58:23
      • うん!練習する!ゲンブちゃんも氷以外使えればいいのにねー、炎を覚えたら冬眠しなくても良くなるんじゃないかなぁ?
        うーやっぱりはは様みたいな事をいってるー、お化粧って面白いのかな?ゲンブちゃんはしてるのかな?
        もしも寝ちゃったら私が起こすから平気だもん、えへへー冬はゲンブちゃんと一緒にお休みできるから好きなんだよね(布団に入り込みながら) -- 朱雀 2010-12-05 (日) 00:23:03
      • 一応炎も使えるのですけれど……何と言うか、性に合わないと申しますか 魔力の流れが難しくて
        そ、そうですか?私、まだ子供はいないのですけれど……私も冬はしていますよ、血色があまりにも悪くなりますので……頬と唇に紅を差しています 面白いと言えば面白いのですけれど、面倒でもありますね
        温めてもらえれば目覚めるとは思うので……その時はよろしくお願いしますね ふふ、それだと甘えん坊さんみたいですよ?(同じ布団にもぐりこむ) -- 玄武 2010-12-05 (日) 00:32:04
      • そっかー相性の問題もあるよね、私も氷とかお水は上手に使えるか分からないもんね
        むー?白いお肌は美人じゃないの?それなのにべにをさしてるの?なんだか難しそうだねー(入って来たゲンブの懐に収まりながら)
        甘えん坊さんでいいもーん(すりすり)早くゲンブちゃんと一緒に帰りたいな、それじゃあおやすみなさーい -- 朱雀 2010-12-05 (日) 11:10:03

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照


  • 四聖獣三人衆

コメントアウト Edit


Last-modified: 2010-12-09 Thu 00:26:08 JST (3732d)