名簿/273479

  • お久しぶりです。フギさんムニさん。冒険もペアーでいけるのは羨ましいですね。
    一人多い分アシストとかしやすそうですし(お饅頭を置いてみる) -- マリネ 2009-02-21 (土) 21:00:04
  • (うぞうぞと這ってやってくる、今日は水分が充実して様子を見に来ただけのようだ) -- スライミー 2009-02-17 (火) 22:10:57
    • 今日はお元気そうですね 色々集めてこられましたか それも良いでしょう -- フギン・ムニン 2009-02-17 (火) 22:30:07
      • (もぞもぞ近づくとぴったり触れて)「上 水 降る」(夏場で雨が多く、それで安定しているようだ)
        「元気?」(目の前の少女のことを問うような言葉が響く) -- スライミー 2009-02-17 (火) 22:32:23
      • なるほど、雨ですか この季節は過ごし易いのですかね?暑いからそうでも無いかと思いましたが
        ええ、私達は元気ですよ とりあえず体の方は何とか -- フギン・ムニン 2009-02-17 (火) 22:34:19
      • 「暑い 辛い 暗い所 居る 水 降る」(日中は流石に辛いようで雨の日以外はあまり活動的ではないようだ)
        ・・・(元気だときいて嬉しそうにプルプル震えている、なんとなく遊んで欲しそうにも見える) -- スライミー 2009-02-17 (火) 22:40:05
      • そうですか、それは仕方ありませんね 何日も雨が降らないこともありますし、気をつけたほうがいいですよ
        あなたにも運動は必要なのですか?筋肉など無いような気がしますけど(つつきながら) -- フギン・ムニン 2009-02-17 (火) 22:45:20
      • (必要ないといいたげに突かれるとひょいっとフギン・ムニンの手の上に乗る)
        (ここもスライミーにとってお気に入りの場所のようだ) -- スライミー 2009-02-17 (火) 23:01:58
      • ふむ、よく分かりませんがいらなさそうですね(手の上のスライミーを弄びながら) -- フギン・ムニン 2009-02-17 (火) 23:14:41
      • (暫く少女の手の上でつつかれたりなどして遊び、満足したようでポトンっと地面に降りて、帰っていった) -- スライミー 2009-02-17 (火) 23:17:02
  • 今晩は、フギンさんとムニンさんはいらっしゃいますか? -- マリネ 2009-02-15 (日) 22:01:50
    • はい、何か御用でしょうか 同行者…と言うわけでも無さそうですけれど -- フギン・ムニン 2009-02-15 (日) 22:41:33
      • ああいえいえ、お花見の時に見かけたので挨拶に来たのですよ、ものすっごい今更な気もしますけど
        うぅ、出無精で遅れてすみません…私の名前はマリネといいます。一応これでも悪魔なんですよ〜 -- マリネ 2009-02-15 (日) 23:37:29
      • なるほど、そう言う事でしたか 私達はといえば全く出向きもしていませんし、今更程度大した事は無いと思いますよ
        テ出無精なのはお互い様と言えるかもしれませんね 私達は…名前はご存知でしたね 一応これでも鴉です 悪魔の方とは近しい存在かも知れませんけれど -- フギン・ムニン 2009-02-16 (月) 22:15:12
      • むむ、鴉さんだったとは…そう言えば良く関連付けられてますね〜、鴉と悪魔って
        まあこんな私ですがこれからもどうぞよろしくお願いしますね〜(深々と頭を下げて
        さて、それではちょっと用事があるので今日はこれで!また会いましょうね〜(飛んで帰っていった) -- マリネ 2009-02-17 (火) 00:18:09
  • (うぞうぞと這いずってやってくる) -- スライミー 2009-02-11 (水) 21:49:32
    • さて、あなたですか 大体用件は分かっています 何となくどうされるかも分かってきましたけど -- フギン・ムニン 2009-02-11 (水) 23:54:24
      • (ちょんっと少女の足に触ると、萎びた様子のスライムが消え入りそうな声で)「水分・・・」(と響く、ここ数日の寒さで凍り付いて動けず殆ど水分を補給できていないようだ) -- スライミー 2009-02-11 (水) 23:58:02
      • やっぱりですか はぁ、仕方ありませんね(前回と同じ様にすればいいのだろうか、と思ったらしい 軽く口を開けスライミーを近づける) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 00:05:48
      • (ぷるんっと大きく震え嬉しそうにフギンの口へと這いずる、萎びに萎びてゴルフボールほどの大きさのそれはあっさりと口の中に転がり込む)
        (唾液の分泌を促すように、舌にキスするように吸い付いてくる) -- スライミー 2009-02-12 (木) 00:07:43
      • むぐ…(息苦しいので余り好きではない ただ舌から伝わる感覚は新鮮だ 柔らかく絡み付いてくる) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 00:10:59
      • (気道を塞がないように平べったく、舌全体に絡みつき、こねくり回す)
        (唾液を吸って少しずつ潤いを増し)「舌 水分 美味しい 好き」(と少女の頭の中に響く) -- スライミー 2009-02-12 (木) 00:21:14
      • (舌に絡み付かれているので声は出ない ただ呼吸音が喘ぐように響いた 薬のせいか、そろそろ少女にも性的快感を感じる部分が芽生えているのかも知れない) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 00:24:34
      • (口腔内の水分を吸いソフトボールほどの大きさになるとやはり麻薬成分をトロトロと溢れ立たせながら口から這い出す)
        (そして声がまた響く)「下 水分いっぱいの部屋 入りたいです」 -- スライミー 2009-02-12 (木) 00:27:25
      • ふぅ…わかりましたよ、前回と同じ所ですね(生物として生まれた訳ではない彼女にはその重要さが理解できていない 大切な箇所にいともたやすく異形を受け入れてしまう 前回服を汚されたのに懲りたのか、無造作に服を脱いだ) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 00:30:26
      • プチュン(まだあまり湿っていないそこに少女の手を伝い侵入を始める)
        (あまり水分が出ていないようなので陰核に吸い付きコリコリと捻り、膣内に入った部分は媚薬成分を分泌しながら膣粘膜にそれを擦り込んでいる) -- スライミー 2009-02-12 (木) 00:33:15
      • んっ…(侵入される感覚に思わず小さな声を上げる スライミーの動きに反応するようにぴくん、と小刻みに体が跳ねる 目的の水分も分泌され始める頃だろう、力が抜けたのか床にぺたんと座り込む) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 00:37:50
      • 「温かい 水分」(分泌されはじめた愛液に機嫌をよくしたように、動きも活発になりはじめ)
        (愛撫するような動きを繰り返したかと思うと、急に膣内に出入りしてまるでピストン運動のようにおくまで入って入り口に戻る、を繰り返し分泌された水分を余すことなく吸っている、その代わりにどんどんと媚薬成分を分泌している) -- スライミー 2009-02-12 (木) 00:41:02
      • ……(前回我を忘れ、気絶寸前まで追い込まれたことは気に入らないらしい 歯を食いしばって声を抑え、意識を保とうとしている ただ粘膜を擦る感覚は確実にその表情を変えていた 苦痛をこらえるような、切ないような、そんな顔に) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 00:43:54
      • (我慢するような締め付けられる感覚を覚えたスライムは)
        (急に吸い付くのをやめ、膣内でも動きを止める、まるで焦らすかのように急に何もしなくなった、ただ表面の分泌だけは続けながら) -- スライミー 2009-02-12 (木) 00:46:33
      • (じっと黙り込んだ ただでさえ薬を吸った体が更なる媚薬成分で熱を持っていく 息が荒くなっていき)
        終わったんですか それなら出て下さい(とスライミーの体に手をかける ただその動きはただ排除しようと言うだけの動きではない 寧ろより動かそうとするような) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 00:51:11
      • (引っ張られると膣壁を擦ってにゅるるるるるっ ちゅぽんっと一瞬全て出そうになるがそこでまた抵抗するように一気に膣奥まで子宮口あたりまで伸びる先が太くなって棒状になりながら)
        (そしてまたひっぱられると抵抗するように子宮口、膣壁に吸い付き擦りながら、ぶちゅんっと音を立て一瞬だけ外にでは置くまで一気に入るを繰り返している) -- スライミー 2009-02-12 (木) 00:55:09
      • はっ…はぁ…早く…出て…ふぁ…(出てこないと分かっていながら引っ張り続ける 出て欲しいのか動いて欲しいのか、自分でも分からなくなってきたようだ) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 00:58:28
      • (あまりに引っ張られるので抵抗するように淫核に蝕指を伸ばし、包皮の隙間から糸のように括って引っ張られると淫核さえも引っ張られて激しい刺激に襲われるだろう)
        (膣内でも水分をじっくりと吸ったことで濃縮された媚薬を子宮口に吸い付くたびに塗り込み流し込み、また子宮の中に入ろうとしているかのようだ)
        「狭い部屋 入りたい」(欲求を伝えるように少女の頭の中にその声が 入りたい 入りたいと何度も響く) -- スライミー 2009-02-12 (木) 01:02:20
      • くぁっ…!(それに気付かず思い切り引っ張り、走る電撃の様な刺激に思わず手を離してしまう)
        は…入れば、いいじゃ、ないですか…(響く声に、息も絶え絶えに呟いて答える はじめの決意は覚えているものの、もう止まらなかった 入ってきて欲しい、とすら考えたかも知れない) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 01:08:13
      • (手を離されると先ほどまでの勢いで一気にブチュブチュンっと大きな水音を立てて叩きつけるように子宮口にぶつかる)
        (子宮口を何度も何度も捏ね回しながら体の先からトロトロと少女の子宮に流れ込む、摩擦と少女の膣内の熱で温かくなったそれが流れ込む感覚は少々刺激が強いかもしれない) -- スライミー 2009-02-12 (木) 01:16:21
      • ぐっ!はぁぁっ…(子宮への感覚に大きく後ろに仰け反る ここに入られる時の苦しさだけは他の追従を許さないが、意識だけは失うまいと思った なるべく力を抜こうとするが、反射なのか断続的に力を込めてしまう) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 01:20:14
      • (子宮口にも媚薬塗り込みながらも力をいれられると子宮口が閉まり、そのたびにプチンっプチンっと玉のように千切れながら子宮内に転がる)
        (さながら沢山のボールを腹にいれられたような感じになりながら色々と水分を吸い、相変わらず総体積はバスケットボールほど…拳大の大きさのが何個も腹の中で転がっている)
        「狭い部屋 好き 貴方 好き」(心なしかいつもの単調な声ではないような柔らかな声が響く) -- スライミー 2009-02-12 (木) 01:23:14
      • かっはぁ…いつも、ながら…(前の時と同じ、腹部の重さに苦しさを感じる 一まとめになってない分、以前より更に体積が大きいのだ 好き、と言う言葉にも食料としての意味しか感じられなかった) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 01:27:58
      • (二つの玉が奥へ奥へ…卵巣のほうにまで食い込みながらも)
        (子宮口にも断続的に先を出入りさせながらそれはまるで少女を異常な状況で快感を感じれるように絶頂できるように作り変えるような動き)
        「今日 ここ 居てもいい です か」(心地よい狭い湿った部屋で眠りたいとでも、そこを巣にしたいとでも言いたげだ) -- スライミー 2009-02-12 (木) 01:30:57
      • ぐっ…はぁ…(苦しさに快楽が混じってくる感覚 眠れなさそうではあるが幾分かマシだ)
        はぁ、はぁ…本気ですか?…分かりました、構いませんよ ただし明日には出てくださいね(人間はこの部分で子を作るという その妊娠と言う感覚を知るのも悪くないか、と思う 中に入っているのは全く別のものだが) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 01:35:09
      • 「嬉しいです」(許可を得れたことに嬉しそうに震える、腹の中で)
        (震えれば子宮の中に媚薬を刷り込み、そのたびにスライムの声が響く)
        「嬉しい」「心地よい」「好き」「好き」[好き」(と反響するように何度も何度も) -- スライミー 2009-02-12 (木) 01:38:15
      • (母とはこういう気分なのだろうか?そんな風に考えながら声を聞く 余り好きだと何度も言われるのは慣れていないし好みでもない 腹を抱えて椅子に座り、眠りに付こうとするのだった) -- フギン・ムニン 2009-02-12 (木) 01:43:22
      • (眠りにつこうとしているようなので動きが緩やかになる、そのまま腹の中で一晩過ごすだろう)
        (言われたとおり依頼の時間の前になれば自然と這い出て行く) -- スライミー 2009-02-12 (木) 01:50:03
  • オーソドックスな発情薬が振り撒かれた -- 2009-02-11 (水) 06:43:59
    • …これ、私たちのところに撒いてどうするつもりなのでしょうね 特に相手もいませんし狙ったようにはならないと思いますが -- フギン・ムニン 2009-02-11 (水) 23:40:39
  • よー、情熱大盛り上がりのお嬢ちゃんがた! 調子はどうだ! (久々に顔を見に来た) -- ユーウェン 2009-02-05 (木) 04:16:55
    • こんばんは、ユーウェンさん 私達は特に変わりありませんね、多少忙しい面があって動くのには難儀しますが
      あなたの方は余り盛り上がっていないようですね?まだ大丈夫でしょうけれど、時々は討伐なども受けられると良いでしょう、多分 -- フギン・ムニン 2009-02-05 (木) 20:04:58
      • ああ、忙しい時は無理に動く必要は無いやな 無事の確認はこっちで勝手にマスターから聞けるし
        俺はー…まぁ、落ち着いちゃ居るが、まだまだ行けるさ (肩を竦めて笑い) そうだな、情熱の感覚しだいで変えてみるさ
        護衛も受けてみたいもんだが、まぁ、まだその時期じゃなさそうだ 情熱が安定するまで待つかね -- ユーウェン 2009-02-05 (木) 23:56:29
      • そうですね、その確認くらいは私達もやっています 不必要かも知れませんが、あなたの分も一応
        それが良いでしょう、勿論無事引退するのもよろしいですけどね あなたの場合は結局似たような仕事に付くのでしょうけど
        護衛、ですか 私達も受けようとしたことはありますね 一度も回ってはきませんでしたけど -- フギン・ムニン 2009-02-06 (金) 00:02:43
      • へぇ、俺の分も? (驚いてから、傷顔に笑みを浮かべ、二人の頭に手を載せた) 有難うよ、フギン、ムニン 不必要なんて言うない、嬉しいぜ!
        ああ、まぁ、引退したからって生業変われるほど器用な技術持ちでもないしな 飽きたら他の町に行って、また冒険さ お察しの通り
        (肩を竦めてから、口元に笑み) この街には、出来るだけ長く居たいもんだけどよ …ああ、出した書類によっては受けれないらしいな おれはどーだか -- ユーウェン 2009-02-06 (金) 00:15:41
      • ええ、とりあえず知っている人の分は そうですか、死んでいたからと言って何も出来ませんがお気に召したのなら良かったです
        技術などはどうにでもなりそうですが、きっとあなたの性格が許さないのではないかと思いまして 想像ですが、荒事の方がお好みでしょう?
        色々と煩雑ですがかえって住み易いですね、この街は 争奪戦に負けることもあるようですが、私達は恐らく負けたのでしょう もう少し強くなれば任されるかも、ですね -- フギン・ムニン 2009-02-06 (金) 00:24:22
      • 良い事だ マメにそうやって見てれば、友人の訃報に一ヶ月遅れて気づくなんてぇことは無くなる 少なくとも、な
        かかっ、よく判ってるじゃねぇか そう、俺ぁ荒くれ 血が滾ってないとすぐに腐っちまう、難儀でつまらねぇ人種さ (両腕腕を広げて大げさに)
        だ、だ お陰で何が住んでても、一先ずは文句言われない イアイアが宿に部屋借りれる町なんて此処くらいなもんだ …かかっ、強くなりゃ、どうだろうな 変わるかも、変わらないかも、だ 一先ず、鍛えるにこした事はない -- ユーウェン 2009-02-06 (金) 00:29:27
      • それはそうかもしれませんね、相手の死亡を考えれば余り喜ばしい事ではありませんけれど
        確かに難儀ですね、生き急いでしまうかも知れません 生物としてはあまり良い傾向では無いでしょう、ですが無難に生き永らえるのとは違った魅力もあるのでしょうね
        雑多な物の中には何が隠れていても見逃されてしまうのでしょうね あまり外宇宙の神々とは会いたくありませんけれど 強くあればそれなりに思い通りになるということでしょうか もしくはより強い者に倒されるかも?さて、私達はどちらになるのでしょうね -- フギン・ムニン 2009-02-06 (金) 00:37:55
      • まぁな、しかし、その内皆死ぬってのがこの街だしなぁ ま、確認が毎月無駄になるように頑張りたいもんだがよ
        かかっ、ああ、行き急いでも楽しい方が良い あっという間に短くなっても、蝋燭の火は強い方が明るいしな
        ま、お陰で賊上がりの俺も紛れ込める訳だが フギンもムニンも気をつけろよ? 良い奴ばっかりじゃないんだぜ、此処は (子供を脅かすように声を潜め、恐ろしげな仕草)
        さてな ま、ドンだけ強いのが出てきても、逃げ切れりゃあそれで勝ち 殺されるよりはそっちを狙いたいもんだ -- ユーウェン 2009-02-06 (金) 00:55:06
      • 是非そうして下さい 早すぎる死はよくありません、色々と
        太く短く、でしょうか 悔いさえ残らなければ悪くありませんね そういう生き方を望む人は軍勢に相応しいといえますし
        分かっています、とは言え私達をどうこうしても大した利益は無いので比較的安心ではありますが
        人それぞれではありますが、実質上それが一番でしょうね 生きてさえいればまた勝つこともできるかもしれませんから -- フギン・ムニン 2009-02-06 (金) 01:00:09
      • ま、この間死にかけたけどな かかっ 俺はしぶといから大丈夫さ (左目をよぎる傷を指で撫ぜ、笑って見せた)
        そう言うこった 100歳になって死ぬ時に、アレがしたかった、これもしたかった、なんて思うのはきっと死ぬより辛い 芯が燃え残って捨てられる蝋燭ほど惨めなもんはない
        たいした利益ねえ? (呆れたように双子を眺め、頭を掻く) ロリコンってのも居るし、合体した時なんて結構な別嬪なんだぜ? それだけで気をつける理由に十分さ
        ああ、そうだな。 ともかくは生きること。 それを目指して精々あがくさ (軽く笑ってから二人の頭をぽんと撫で、歩き出す) じゃーな、また来るよ -- ユーウェン 2009-02-06 (金) 16:21:05
  • (もぞもぞと地面を這ってやってくる緑色のスライム) -- スライミー 2009-02-05 (木) 22:47:51
    • おや、あなたですか どうかしましたか、早くも空腹ですか?その辺でも獲物を捕食している様ですけれど -- フギン・ムニン 2009-02-05 (木) 22:55:04
      • ・・・(もぞもぞと近づいて触れると) 「今は 水分 いっぱい」(心なしか大きめでプルプル震えている) -- スライミー 2009-02-05 (木) 22:57:04
      • ええ、その様ですね 見るからに瑞々しいです もしかして本当に水分のみで生きているのですか?それとも生物から搾取しなければならないなら、他の栄養分もその際に補給しているのでしょうか -- フギン・ムニン 2009-02-05 (木) 22:59:57
      • ・・・「水分 あれば 生きれます 栄養あると 元気です」(水分さえあればとりあえずは動けるようだ、栄養素があれば麻薬成分や媚薬成分の生成に回される) -- スライミー 2009-02-05 (木) 23:03:16
      • なるほど、省エネとでも言いましょうか その辺の地面や水のある所からでも取れるのでしょうか?どうやら生物からの摂取に特化しているようですけれど(現在相手が満腹である事を聞いたとは言え、性懲りもなく触りながら) -- フギン・ムニン 2009-02-05 (木) 23:08:08
      • 「とれます」(しかし生物を襲ってその体液のほうが栄養価が高いので生物を襲うようだ)
        (ぷるんっと震え、つぷんっと前のように指が埋まる、一度した相手だろうか、指に吸い付くように絡まりながら) -- スライミー 2009-02-05 (木) 23:10:09
      • そうですか、やはりそう言う物なのですね 勉強になりました 私達が生きている、と言う事は獲物が死ぬ事も余り無いのでしょうね 効率的です
        (指に絡まるスライムを持ち上げてみる こんなのが自分の中に入っていたのか、などと軽く関心している) -- フギン・ムニン 2009-02-05 (木) 23:16:31
      • 「餌場」(フギン・ムニンの頭の中に一言だけ響く)
        (得物を殺さず快楽漬けにして、何度も、何度も水分を搾るとでも言いたげな言葉が響いた) -- スライミー 2009-02-05 (木) 23:20:30
      • 言いえて妙ですね、的確な表現です 自分で勝手に生活する家畜の様な物なのでしょうね 勿論私も(いつもの無表情で事も無げに自分を評する 失神し、放心するまで責められておきながら先日の出来事を気にしている様子は見えない) -- フギン・ムニン 2009-02-05 (木) 23:24:03
      • ・・・(フギン・ムニンの子宮内に残っているスライミーの欠片が急に蠢きだす、まるで水分を寄越せと言いたげに)
        (手の上のスライミーもぬるぬると這い、下腹部を目指そうとしている) -- スライミー 2009-02-05 (木) 23:25:56
      • …(何かが体内にいる 暫く様子を見て置くべきかもしれない)またですか?残念ながら私達の方もあんな風にされてばかりでは身が持ちません 今日はこれで我慢してもらえませんか?(言いながら傍らの葡萄酒に手を伸ばす 栓を抜くのに両手を使って…) -- フギン・ムニン 2009-02-05 (木) 23:30:00
      • (トクントクンっと子宮の中で麻薬成分を分泌しながらも)
        (葡萄酒の水分に惹かれて手を這いながら瓶へと近づいている) -- スライミー 2009-02-05 (木) 23:36:04
      • うぐっ…なるほど、あなたの欠片ですか…良いでしょう、そちらは、私たちから吸えばいいです あなたはこちらで我慢してください
        (胎内で蠢くスライムの感触に呻きながら、瓶を差し出しそちらにおびき寄せようとする) -- フギン・ムニン 2009-02-05 (木) 23:39:25
      • (おびき寄せられるまま瓶の口に・・・そのままちゅぽーんっと瓶に滑り込んで葡萄酒を吸い、赤紫に染まっていく) -- スライミー 2009-02-05 (木) 23:42:53
      • はぁ、別に水分くらい差し上げても構いませんけどね どうも副産物が余りにきついもので…また今度にしましょう(安心したのか、瓶に栓をして無用心にも部屋の片隅に転がした) -- フギン・ムニン 2009-02-05 (木) 23:45:35
      • (コロンっと部屋の隅に転がり暫くは葡萄酒を啜って満足して大人しく転がっていたそうだ) -- スライミー 2009-02-05 (木) 23:46:45
      • (そして暫く後、スライムの事をすっかり忘れて椅子で寝こけてしまったそうだ) -- フギン・ムニン 2009-02-05 (木) 23:48:45
  • よーっす、フギン、ムニン。 どっちも元気そうだな! 今帰ったぜお嬢ちゃん方!
    (顔の右半分に包帯をした姿だが、明るく笑う若者。 片手を挙げ、快気の挨拶) -- ユーウェン 2009-01-28 (水) 10:46:29
    • お帰りなさい、思ったより早かったですね 何にせよ、すっかりお元気そうで何よりです
      ご飯なら私達の備蓄が戸棚に、お風呂はありませんが裏に泉があるのでどうぞ、そして私達は目の前にいますがどれになさいます? -- フギン・ムニン 2009-01-28 (水) 16:22:02
      • ああ、ま、死ぬ目にはあったけどどうにか生きてるよ。 しぶといのがシーフの取り柄なんでな かかっ!
        (療養生活で幾分痩せた顎、そこに生えた無精髭を撫ぜながら笑っていたが、フギンとムニンの言葉にしばし首を傾げて考え)
        …ああ、この間言ったのを実践してるんだな!? 言い方硬すぎて一瞬考えたぞ!? …まぁ、勉強実学に励んでる事は良いこったな、かかっ
        じゃあ、お前らにするか (言ってから、二人の頭に手を置いてワシワシ撫でた) よし、満足。 お前らも無事で何よりってな。 …さっきの、あんま他のヤツに言うなよ? -- ユーウェン 2009-01-28 (水) 18:36:25
      • なるほど、今までよりは多少虚弱になった感はありますがその調子ならすぐに取り戻せるでしょう 期待しています
        ええ、折角なので一度くらいは 忘れろと言われましたので全部は覚えてなかったのですけれど
        (じっと撫でられながら)こう言う事ですか、私達を選んで何をどうするのか分かっただけでも良かったです そうですね、一度やられている以上そう簡単に二回目を迎えるわけにもいきません これからはあなたもそうです
        言ってはいけませんか 特にどれを選ばれても実害は無かった様に思いますが? -- フギン・ムニン 2009-01-28 (水) 19:08:45
      • 元々優男だからか、少し痩せるとやつれて見えるんだよな。 もうちょい肉つけるか。 (相変わらずな双子の物言いに目を細める)
        まぁ、大体あってる。 だがー…いや、少なくとも、一人になった身体では言わん方が身の為だぞ…食われちまうからな。 色んな意味で。 (実害、という言葉に頬を掻き、眉を上げる)
        まぁ、あの言い方じゃ誤解するやつも少なそうだが…。 …ああ、二度は無い、適当に引退まで居汚く行って見るさ。 -- ユーウェン 2009-01-28 (水) 20:29:32
      • そうですね、人間は色々食べないと体格を維持出来ないようですから大変でしょうが頑張って下さい 私達は葡萄酒のみで何とかなるように出来てますけれど(物言いだけでなく表情も相変わらずだ)
        最近は一人になる事が多いですね、融合していた時間が長かったせいかそっちの方が楽に感じてきました 食べられるのはあまり良くありませんね 鳥の肉とは言え、元がカラスなのでそんなに美味しくはないでしょうし…試した事はありませんが
        誤解?誤解されてご飯にされてしまうのでしょうか ええ、そう願います あなたの周りには心配する方や悲しむ方も多く居ますしね 何故かそういう方々から死について神様が恨まれたりするので困る、と言うのもありますけど -- フギン・ムニン 2009-01-28 (水) 20:45:26
      • 便利な身体をしてるもんだ。 酒だけで生きてけるなんて、酒飲みには堪らんね
        ふぅん…まぁ、それでもお前らはお前らだし、それで良いのかもな。 (ワシワシと頭を撫でて、手を下ろし) …飯か、この町ならそう言うヤツも居そうだがな
        (赤ちゃんはどうやって作るのと子供に尋ねられた大人の顔で頭を掻き、肩を竦める) まぁ、自分を挙げる的な事はあんま言うなよ、とお兄さんからの忠告だ
        ああ、有難い事にそのようだ かかっ、そんな奴らが居るなら、俺はちゃんと戻ってくるさ、きっとな -- ユーウェン 2009-01-28 (水) 20:59:20
      • 人間がお酒を飲むのは酔いたいからですか?それとも味わう事が目的なのでしょうか?私達が葡萄酒で生きていけるのは儀式的なもので、酔う事は出来ません 他のアルコール飲料ではどうか分かりませんけれど
        そう言う物でしょうか(手の動きに引っ張られるように無表情で頭を左右されながら)一人でも二人でも私達は私達なのは確かです、気にしなくていいでしょう
        ?分かりました、そうしておきましょう 食べられるのも飼われるのも本意ではありませんから
        ええ、そうして下さい なるべくなら、死亡報告がされるような状況は避けて頂きたい所ですけれどね(殆ど表情には出ていないが、冗談めかした口調に聞こえたかも知れない) -- フギン・ムニン 2009-01-28 (水) 21:11:52
      • 両方だ、あと騒ぐ口実になる。 …かかっ、お嬢ちゃん方が大人になったら、他のアルコールの無のに付き合ってやるよ
        まーな、気にする事じゃない。 お前たちが良いってんなら俺が言う事でもないしな。 …ああ、そうしてくれ。 首輪つけたお前らは俺も見たくない
        (そして、少女の声音にわずかに混じった色に目を瞬かせて、それから明るく笑い、もう一度ぽん、と頭を撫でた) ああ、報告の紙も無駄になるしな!
        よっしゃ、無事な顔も見たし、今日はこれくらいで帰るかね。 またな、フギン、ムニン (片手を挙げて歩いていった) -- ユーウェン 2009-01-28 (水) 21:20:29
      • なるほど、酔いや美味は人を陽気にさせますし理に適っていますね 大人ですか、合体しましょうか?それなりに大きくはなります
        私達自身、良いと言うより分からないと言うのが正しいのですけれど そうですね、ちゃんと世話をしてくれないと困りますし 何より繋がれて飛べなくなれば翼が可哀想です
        それに無為に動揺を誘う事にもなりますからね(手の重さに首が耐えられなかったのか、軽く俯く様になりながら)
        はい、私達もあなたが無事とは言い難いながらも生きている事を確認できて良かったです それでは、また(二人で手を振り替えして見送った) -- フギン・ムニン 2009-01-28 (水) 21:36:06
  • フゥン!(挨拶)貴様が酒場で立っていた者だな?早速来てみたが…何だ鳥か……
    私の名は瀬戸・千海馬という。つい先ほどこちらに来たばかりで何も分からぬがよろしく頼むぞ、鳥。(やたらでかい女が上から見下ろしている) -- ちあめ? 2009-01-21 (水) 01:43:44
    • 鳥は鳥ですね 種にまで言及すればワタリガラスですが それにしても珍しい挨拶ですね?こちらに着たばかりではご存知ないのでしょうか、こちらではこういう時「こんばんは」と挨拶するのです 念の為
      せと・ちあめさんですか 奇しくも今日人から貰ったこれに名前が似ていますね(半分くらいに減った千歳飴を見せて)ええ、よろしくお願いします何だか大きい人(極めて冷静に見上げながら) -- フギン・ムニン 2009-01-21 (水) 01:49:38
      • そうか、やはり鳥か…鳥では仕方がないな、その羽根からして鳥だからな…(腕を組んで頷きながら)
        フゥン、我が神武殿流の挨拶はそんなにおかしいか?我らは皆鼻を鳴らして挨拶するのだがな…そのせいで癖となっていつでも鼻を鳴らすようになってしまったが
        ほう、そうか…では「こんばんは」だ、鳥。
        あぁ、なるほど…確かに言われてみれば似ているな、しかし私は舐めても甘くないのだぞ?試すか?(手を差し出しながら)
        うむ、改めてよろしく頼むぞ鳥。割と小さめの鳥。(視線をそらさずにじーっと見ながら) -- ちあめ? 2009-01-21 (水) 01:58:25
      • ええ、鳥です 何が仕方ないのか分かりませんけれどこの羽は鳥の物です 鳥と同じく空を飛ぶためにあるのです
        少なくとも私達の知らない挨拶です それがあなたの習慣ならば仕方ありませんね、伝わらない事もあるかも知れませんが仕方ありませんね、習慣ですから
        そうでしょうね、舐めて甘い生き物は余り聞きません(手を取って暫く眺め、おもむろにぺろ、と舐める)…やっぱり甘くないです その名前、漢字と言う形態で見れば青目の白い龍でも呼びそうにも思えますね
        言い忘れていましたが私はフギン・ムニンです 鳥ですが鳥は一杯いますので呼び方としては不便でしょう、ちあめさん(表情を変えずに見つめ返しながら) -- フギン・ムニン 2009-01-21 (水) 02:06:09
      • ああ、そうだな鳥だ…鳥の羽根に見えるし、それはきっと鳥の羽根の機能を持っていて鳥のように飛ぶのだろう…それにしても人そっくりの鳥だな…鳥人間コンテストにでも出るのか?
        そうか…だが習慣が染み付くとどうもそう簡単には取れぬのだ、しかし「こんばんは」か、覚えておいて損はなさそうだな、こんばんは…こんばんは(頭を下げながら)
        しょっぱいトンボならいるらしいが確かに甘いのは聞かないな…むっ……そうか、甘くないか…そうか……(表情を崩さずに顔を赤くしながら)
        ……!?キ、貴様ァァァァーーーー!!何故それを知っている…私に宿りし青眼の白龍のことを…!?き、貴様はもしや…実は占い師なのか…!?(手で口を押さえてわなわなと震えながら)
        ふむ、そうだな。名があるのならばそれで呼ぶのが礼儀だろう。フギン・ムニン…フギンと呼べばいいのか?確かこの界隈では名前が前に来ると思ったが…(やっぱりそのまま凝視しながら) -- ちあめ? 2009-01-21 (水) 02:14:34
      • 鳥人間コンテストは人が鳥の真似をするんでしょう 私は元が鳥ですから、言うなれば人間鳥です そんなコンテストは少なくとも私の知る限りではありませんね
        はい、こんばんは(ぺこ)それなら多分、誰にでも通じます これは夜の場合ですが、朝はおはようございますで昼はこんにちはです 損はないでしょう、知識は大切です
        トンボは余り食べた事がありませんが、どちらかと言うと苦かった気がします そうですね、甘いというよりは(もう一回味わうように舐めてみて)寧ろしょっぱいですね(至極当然の事をしている様子で)
        いえ、私は狩人です 弓を使いますので それについては決闘者と呼ばれる方々からそういう怪物を呼び出す人の話を聞いたことがあるだけです ショックを与えてしまったならすみません、深い意味はありませんでした
        私達に関してはフギンもムニンも名前です 二人分の名前を一人分の体に持っているだけなので…ええ、でもフギンで結構です 長いですから(目を逸らそうともせずに) -- フギン・ムニン 2009-01-21 (水) 02:24:09
      • ふむ、確かにそうだ…ならば勘違いか。すまない。しかし無いのならば今主催すれば優勝できるかもしれないぞ?
        そうか…それじゃあこれからはこうしてみるか…朝がおはよう。(ぺこり)昼はこんにちは。(ぺこり)うむ、完璧にマスターしたぞ。知識は頭の栄養だ。
        食べるのではなく舐めるとしょっぱいらしい。というかトンボは食べれるのか…?鳥だからか、鳥だからなのか… むむっ……そうか、しょっぱい…か………(更に顔を赤らめながら)
        狩人か。…鳥なのに狩人なのか?かられうどではないのか? いや、気にするな。驚いただけだ。私こそ大声を出してすまなかったな。フゥン(ぺこり)
        二人分…確かになんとなく二人分気配がするからな…二人と一人ということか…ではフギンと呼んだりムニンと呼んだりすればいいな。公平に(瞬きしないので目に涙がにじんできた) -- ちあめ? 2009-01-21 (水) 02:38:20
      • 主催して出場までするんですか?スポンサーが付くとは思えませんが そもそも何を競えばいいのでしょう、そのコンテスト
        完璧です、きっと役に立つと思います 知識を蓄えるのも私達の役目の一つですから、文字通り知識でご飯を食べているという面もありますね あなたの事もまたゆっくり聞きたいものです
        では今度舐めるだけして見ましょう 鳥の時は昆虫も食べます、人に近い姿の時は舌が敏感になりすぎるので多少味にも気を使いますが 人間は汗などかきますしね、しょっぱいのが当然かも知れません 所で顔が赤いですよ 暑いですか?
        狩られる側なのに狩人なのもお父様曰く「遊び心」だそうです 良く分かりませんがそうなのでしょう いいえ、少し耳が痛いですがどうということもありません お気になさらず
        頭の中には二人いるのです 今話している「私」がどっちかは私達にも分かりませんが それでも構いませんよ、そちらが混乱しないなら(暫く前から大分目はうるうるしている) -- フギン・ムニン 2009-01-21 (水) 02:47:49
      • そうだな……誰がより人間らしいか、とか…だな。豆鉄砲に反応しなければ勝率はぐっと上がるのではないか?
        なるほど、しかし私はあまり頭がよくないからな…昔から決闘の練習ばかりでな。そんな奴の話でよければいくらでも話そう。
        うむ、そうしてみるといい、噛んだらトンボも痛いからかわいそうだぞ。やはり鳥は虫を食べるのか…人間の舌では虫は美味しくは食べられないだろうからな…山菜などを食べる方が美味しいだろう。
        確かに汗には塩分が含まれているからな…だから汗をかいた時は水を飲むのと一緒に塩を舐めると脱水症状を防ぐことができるというな。 暑くはない……舐められるのは恥ずかしくてくすぐったいのだ。だから赤くなった…(それでも目が離れない)
        遊び心か…では私は他の鳥に狩られないように気をつけよう。遊び心で獲物にされては困るからな。
        二人で一緒に話しているのかも知れないぞ…一緒のことを話してしまうくらい仲良しなのかもしれん。羨ましいなそれは…
        さて、もう時間が遅いから帰らせてもらうぞ。フギンもムニンも夜更かししないで寝ておくと…いや、鳥だから夜行性か…?とにかく、また会おう、二人とも…(目を擦りながら帰っていった) -- ちあめ? 2009-01-21 (水) 03:00:25
      • なるほど、それも面白そうですね 羽が小さい方が勝ちとでもしましょうか 豆鉄砲と言う物は実物を見たことがないので良く分かりませんが、当たったら痛そうなので人間でも反応する人がいそうです
        その決闘の練習の事等について話してくれればいいのです 私達は何か為になる知識を欲しているのではありません この場合ではあなたの事を知りたいだけですから
        可哀想ですが、食べる時には噛まざるを得ませんから 味を見るだけなら舐めるだけでもいいのでしょうけど 山菜と言う物もいくらか口にした事はありますね、ちゃんと調理しないと食べれたものではありませんでしたが
        塩辛くない程度の塩水が良いと聞きますね 真水のみより海水に真水を混ぜて飲むほうが喉の乾きがおさまる、とどこかの船乗りが言っていました 舐められると恥ずかしいものなのですか?犬や猫は良く互いを舐めあっていますが、人間は違うのでしょうか(無表情のままついに涙をこぼしながら)
        安心してください、私達のお父様は鳥ではありません 色々な姿になれる様なので多分鳥にもなれるでしょうけど とはいえこの世界には大きな鳥が人を殺すようです、そこは気をつけたほうが良いですね
        なるほど、そういう考え方もありましたか 寧ろその方がしっくり来ますね、元々私達は一人なのですから あなたにも兄弟や姉妹がいませんか?このくらいは仲良く出来ると思いますよ
        はい、お疲れ様です 私達も寝ます、夜行性とは言え昼動いていると夜は眠くなってしまうので それではまた、今度は私達がそちらに行きましょうか(目を瞑って涙を拭いながら見送った) -- フギン・ムニン 2009-01-21 (水) 03:18:27
  • この時間だけ何故か空くよね
    そうだね、そろそろ冒険だけどね
    面倒だけど行かなきゃだよね あと最近私はフギンだったかムニンだったか分からなくなってきたよ
    行かないと何かあった時面倒だしね 大丈夫、今は一人だからどっちがどっちでも何とも無いよ -- フギン・ムニン 2009-01-19 (月) 12:46:43
  • >ゾロ目なんて出ないだろうし俺は適当に立った人の家に押しかける役をやろう
    ・・・生きてるかー、生きてるなうん。次は死なないように頑張りな -- ジョゼ? 2009-01-18 (日) 11:54:41
    • 生きてますね、死にましたけど 復活のタイムラグのせいで人の所に顔を出し辛いです
      とりあえずなるべく死なないようにはしたいのですが、前回もそう思ってて死にましたので何とも言えません とりあえず頑張ります -- フギン・ムニン 2009-01-18 (日) 11:56:53
      • あー・・・まぁ俺は死んだことないしなんとも言いづらいけど、冒険者なんて商売やってるしみんな適応力高いから
        「なんかいきてたー!」とかいいながら挨拶回ればすぐに馴染むさ -- ジョゼ? 2009-01-18 (日) 12:06:03
      • 死んだ事が無いのは良い事だと思います、その分死んだ時のショックが大きいですけど どうでしょう、死後は魂を神様に預けて見ませんか?
        なるほど、そう言う物でしょうか それではまた今月の冒険の後にでも参りましょうか、今行ってまた死んでたら目も当てられませんからねぇ -- フギン・ムニン 2009-01-18 (日) 12:11:34
      • 死んだらもうこんなとこには居ないけどな(苦笑しつつ)あいにく普通の人間だしな、・・・神様ねぇ・・・ま、気が向いたらな(適当にあしらいつつ)
        まぁこの町は人の死なんて意外と曖昧だしね。死んだと思ったら生きてるなんてざらだし。 -- ジョゼ? 2009-01-18 (日) 12:23:09
      • 普通の人間だからと言って生き返らないとも限りません 何があるか分かりませんから、世の中 ええ、お気が向く事を期待しています 冒険者などは軍勢としてはうってつけでしょうから
        その様ですね お陰で死を見極めるのもお誘いに行くのも中々面倒で…と、これは関係の無い話でしたね -- フギン・ムニン 2009-01-18 (日) 12:30:41
      • ・・・まぁ生き返る以前に誤報ってことも多いからな、なんだかんだ言って酒場の報告は適当だし
        (軍勢やら魂やらきなくさい話はスルーして)ま、色々あるわな。・・・っと、俺はジョゼ、っていう。お前は? -- ジョゼ? 2009-01-18 (日) 12:38:49
      • 誤報は人騒がせですが、それに近い状況になった事は確かでしょうし誤報に越した事はありませんね きっと回りも安心する事でしょう
        色々あります ですから是非ご協力を…(スルーされてなお食い下がりながら)名前ですか?私はフギン・ムニン 今は一人ですが名前は二人分なので両方名乗っています ジョゼさんのお名前も記憶しておきます -- フギン・ムニン 2009-01-18 (日) 12:44:40
      • まぁ「居なくなった」でも死亡扱いだからな、意外と生きてるやつが多いってのも頷ける
        まぁ気が向いたらな(もう一度言って)冒険者を長く続けるコツ、面倒ごとには首を突っ込まない、ってな。死んだら好きに出来るだろ、そしたらな
        二人で一人・・・?あぁフギンとムニンってことか、よろしくな。
        ・・・っと、そろそろ冒険準備しねえと、またな二人とも -- ジョゼ? 2009-01-18 (日) 12:52:40
      • 居なければ死んだも同じ、と言うことでしょうか?実際には生きているかも知れませんが、それを知りえない以上はそうかも知れませんね
        生きている間にはご面倒をおかけする事はないかと思いますよ、死んでからで結構ですのでちょっと頭の隅にでも置いといてくださればいいです
        はい、よろしくお願いします(ぺこりと頭を下げて)正直今の私がフギンかムニンかは自分でも判別し辛い所ですけど 頭の中には確かに両方いるんです
        そうですね、そろそろです 頑張って下さいね、それではまた -- フギン・ムニン 2009-01-18 (日) 12:59:33
  • 危うく死ぬところだったね と言うか死んだけどね
    今まで会った人の所、顔出し辛いね? 見た目が別人だから大丈夫じゃない? そっか、そうかもね -- フギン・ムニン 2009-01-17 (土) 16:38:34
  • ……     あれ? お隣さんは……
    ……まさかサテライトキャノンに……そんな…… -- くすい 2009-01-16 (金) 10:57:46
  • WG「あー、すまない、本来こっちが守る立場だったんだがな」
    水没「冒険者であればこう言った事態も想定しているだろうが……冥福を祈る」 -- WG&水没? 2009-01-15 (木) 20:04:50
  • (銀色に鈍く輝く鎖帷子、チラチラと光りを反射するその姿はまるで出来の悪いスパンコールドレスだ)
    …… ここにも人が住んでいたのか…? -- ユリア? 2009-01-14 (水) 23:40:38
    • フ「お客様だねムニン、騎士の様だよ」 ム「そうだねフギン、軍勢には相応しいかもね」
      「「こんばんは」」 ム「最近ここに来たんです、今まではいませんでした」フ「住んでいた、ではなく住んでいる、なのです」
      ム「素敵な鎖帷子の女の人、何か御用?」 フ「ただの通りすがりじゃないか、と私は見てるけど」 -- フギン・ムニン 2009-01-14 (水) 23:45:58
      • なるほど、見ない顔だと思った… 君は…双子かな? ん、特に用事があった訳では無い、ただの通りすがりだ
        もしや…二人で暮らしているのか? -- ユリア? 2009-01-14 (水) 23:50:52
      • ム「ええ、来たばかりですから」 「「ねー」」(二人で顔を見合わせながら)
        フ「予想通りでした、でもお客様は歓迎です」ム「知らない人は知らない事を教えてくれるから」フ「嬉しいよね」ム「嬉しいです」
        フ「うん、二人で住んでる」ム「でも一人で、でも正しいです」 「「私たち、二人で一人前だから」」 -- フギン・ムニン 2009-01-14 (水) 23:53:59
      • 二人で一人前か… フフ、なるほど(人形の様な 「整ってはいるが冷たい印象の顔」が微かに綻ぶ
        そうか、まだ小さいのに大変だろうな… 何かあれば力になろう、これも何かの縁だ) -- ユリア? 2009-01-15 (木) 00:02:56
      • ム「笑って下さいました」 フ「どこが面白かったのかな?」 ム「さあ?でもいいよ、過程より結果だよ」
        フ「子供だけれど、二人いるから多分大丈夫です」 ム「でも子供は暮らしにくいよね、この世界って」 フ「じゃあお言葉に甘えます」 ム「何かがあるかどうか分かりませんけど」フ「その時はどうかよろしくお願いします」(二人同時にぺこりと頭を下げて) -- フギン・ムニン 2009-01-15 (木) 00:09:56
      • 礼儀正しい子だな、育ちも良さそうなのに… いや、言うまい 私はユリアーナ ユリアーナ・フォン・アルデンブルクと言う
        君達は… ん、見分け方とかあるのか? -- ユリア? 2009-01-15 (木) 00:12:45
      • フ「育ちはいいかも知れないね、良く分からないけど」ム「そうかもね、親が親だしね」フ「そこは信じてもらえないけどね、きっと」
        ム「ユリアーナさん、とお呼びしていいですか? 私はムニン」フ「私はフギン」 「「よろしくお願いします」」(再度同時に頭を下げる)
        フ「こちらのぼんやりがムニンです」フ「こちらのむっつりがフギンです」(お互いを指し示しながら) フ「区別できなくなったら聞いて下さい」ム「嘘はつきません でも区別できなくてもあまり不便は無いと思います」 -- フギン・ムニン 2009-01-15 (木) 00:19:24
      • なるほど… 顔も背格好も同じに見えるが… 言われてみれば少し違う気もするな ああ、ユリアーナでかまわない
        私はこの先にある教会に部屋を借りている 私もここに来てまだ一年と少しだ、今は冒険者をしているよ -- ユリア? 2009-01-15 (木) 00:27:30
      • ム「私達、似てるからね」 フ「うん、似てるからね」 ム「気になさらないでいいですよ、ユリアーナさん」 フ「間違われても気になりませんからね、ユリアーナさん」
        ム「教会ですか、一神教かな?」 フ「多分そうだね、でもそこは気にしなくて良いと思うよ」 ム「そうだね、ユリアーナさんはいい人そうだから」 フ「そして私達も冒険者です、来たのは先月くらいかな」 ム「そうだね、フギン ユリアーナさんは冒険者より騎士が似合いに思えるのだけど」 フ「私もそう思うな 何か事情があるのかな」 -- フギン・ムニン 2009-01-15 (木) 00:33:53
      • 君達が、冒険者だって? ……そうか、まぁ犬ですら冒険をする地だ 不思議では無いのだろうが、気をつけてくれ
        ……私は国を失ってね 戦争でだ… 今は、それを取り返すために冒険をしている -- ユリア? 2009-01-15 (木) 00:50:21
      • ム「こう見えて冒険者なんです」 フ「犬の方が私たちより強いかもね」 ム「強そうだよね」 ム「ご心配もありがとう」 フ「お互い気はつけましょう」
        フ「戦争だって、私達はまだだけど」 ム「私達は負けられないよね」 フ「負けられないね」 ム「国を取り返すのは難しいかも?」 フ「一人じゃ難しいね、仲間がいるのかも知れないけど」 ム「どうやって取り返すか、考えはおありなんですか?」 -- フギン・ムニン 2009-01-15 (木) 00:56:22
      • ・・・ここは伝説の土地、ゴールデンロアだ このどこかに伝説の聖剣があるはず… 今の目標はそれを探し出す事
        ……あとは、金と名声だな 兵を挙げるにはそれが必要不可欠だ -- ユリア? 2009-01-15 (木) 01:01:41
      • フ「聖剣だって 知ってる?ムニン」 ム「聞いた事が無いよ、フギン でもきっとあるんだろうね 覚えておきましょう」 フ「うん、私も情報集めの項目に入れておくよ」
        フ「剣に、お金に、名声 再び戦争をするんですね」 ム「私達は素人ですけど、きっと外交や交渉が得意な人も必要だと思います」 フ「きっと交友も広げていらっしゃると思うよ」 ム「そうだね、フギン 頑張ってください、ユリアーナさん」 -- フギン・ムニン 2009-01-15 (木) 01:06:16
      • ああ、ありがとう もしも協力してもらえるなら心強い さて、それではこれで失礼しよう… またな -- ユリア? 2009-01-15 (木) 01:07:44
      • ム「私達、役に立つのかな?」 フ「手を出すな、とは言われてないからね 少しは役に立てると思うよ」
        フ「はい、お疲れ様でした」 ム「どうか良い夜を」 「「おやすみなさい」」(同時に頭を下げて見送った) -- フギン・ムニン 2009-01-15 (木) 01:09:54
  • ム「こうだったかな?フギン」
    フ「そうみたいだね、ムニン」
    ム「一応こちらのオーディン様にも挨拶に行った方が良いよね?場所は覚えてるけど」
    フ「うん、私はそう思う」 -- 2009-01-14 (水) 00:04:53

Last-modified: 2009-02-21 Sat 21:00:04 JST (4356d)