HDI/シティXIII

編集:シティXIII市街
お名前:
  • シティXIII市街中心部
    • 商業地区
    • ビジネス街
    • その他

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • シティXIII市街中心部
    • 商業地区
    • ビジネス街
    • その他
  • シティXIII市街中心部
    • 商業地区
    • ビジネス街
      • (『ヴァリアブルフライト!』の長期プレイ配信企画が決定した、その帰り道。空を見上げる)
        (ロジカの視覚素子に映る見事な青空は、ドームシェル内部のディスプレイに表示されたものだ。既にシティ、ファーム、ファクトリーの三隻は完全クローズモード、厳戒態勢を取っている)
        (プロジェクト最終段階当日では混乱が予想されるため、既に市民の避難誘導も始まっている。今日ミーティングをしたゲーム会社役員達も、この後シェルターへ移動すると聞いた)
        (そういえば、街も心做しか閑散としている)……もうすぐ、終わる。 -- ロジカ 2022-04-07 (木) 22:48:21
      • (そう、もうすぐ終わりだ。この命を賭けたお祭り騒ぎも、自分自身も)
        (今日この後のテストで自身の処遇が決まる。元の群れに戻るのか、それとも弾かれたままか。いずれにしてもこのボディで居られるのは今日まで)
        (長期企画は世話になったネイへのお返し。そのネイも今はバトルXIII-αの格納庫で愛機の最終調整を行っていることだろう)
        (もう一度、閑散とした町並みを眺める。この胸にあるのは──)……一人。 -- ロジカ 2022-04-07 (木) 22:54:58
      • (名を付けるならば……孤独、寂寥、どちらだろうか。あるいは、どちらもなのかもしれない)
        それを仕分けるには──データが足りない(まだまだ、何もかも、足りないまま。それでも確かだと思えることも、あった)
        (好き。出会ったヒト全てが。この街が。ヒトへの好意は初めにプログラムされた感情だけれど、ちゃんと自分で学習し直した。その上で、好きだ)
        (嫌いなところもあるけれど、好きというのはそういうものだ。だから、ちゃんと好きなんだと思う)……守れると、良いな。 -- ロジカ 2022-04-07 (木) 23:01:42
      • (誰も苦しまないように、誰も悲しまないように、楽しく、喜びに満ちた生を謳歌して欲しい。妬みや嫉み、余計なこと考えなくていいのに、と思うけれど、それもまたヒトだから)
        ……うん(決意を胸に秘め、小さく頷くとゆっくりと歩き出した。自身の行く先を決めるために、願わくば、ヒトを護る力に成るために) -- ロジカ 2022-04-07 (木) 23:06:00
    • その他
  • シティXIII市街中心部
    • 商業地区
    • ビジネス街
    • その他
      • アイ!カツ! アイ!カツ! アイ!カツ!(走り込み中)
        (ボイストレーニングにも、ブレスの訓練にも。とにかく走り込みがいいと教わった)
        (けど)なんであるかこの地味な訓練はッ! 酸素とタンパク質と乳酸の無駄であるぞ!!(飽きた) -- コゼット 2022-03-28 (月) 21:56:58
      • へいへーい、偉大なる400勝投手、マサイチ・カネダも「ピッチングに大事なのは下半身、そして下半身のためには走り込みだ」って言ってるぜー?(超時空ななチキがうまい) -- 不死王ちゃん 2022-03-28 (月) 22:03:19
      • それは野球選手の話だーッ(両手を振って不機嫌アピール)余は………
        この前、憂さ晴らしに酒を飲もうとしたら「コゼットちゃん0歳児だからお酒はダメだよ」って断られたのである…
        余は……20年経過するまで…いや。(がくり)一生このまま女性型アイドルなのであるか… -- コゼット 2022-03-28 (月) 22:05:54
      • ピッチングも満足にできねえやつがブレスをコントロールできると思ってんのかッッ!?(一喝!王の貫禄を喰らえ!)
        あぁそりゃ酒はダメだろ…年齢的にもアイドル的にも。性自認はあきらめてもらうしかないと思うけど……ほら、男なのに女装してる子いるじゃん。あのうさぎの(どうやらエティエンヌのことらしい)
        あの子みたいに「みためはこうでも余は男闘呼なんだ余!!」って男装してみるとかどうよ?心は……折れぬッ!って感じで -- 不死王ちゃん 2022-03-28 (月) 22:10:13
      • のぎゃーッ!? ごめんなさいッ!!(反射的に飛び退いて半泣き謝罪)
        エティエンヌのことであるか……男装…それもいいかも知れぬ。彼奴は男性だが可愛い。
        だが上層部は余にダメかわアイドル路線を強く押してくるのである……これを覆すにはどうすれば…(イジケー) -- コゼット 2022-03-28 (月) 22:15:25
      • わかればいいんだ……どやしつけて悪かったな……(肩ポンしつつそこらへんに堕ちてたゴムボールを手渡す。なんでも大事なのは基礎の反復……そうだろ?)
        うn、カワイイよな\ワイトもそう思います/ そしてダメかわ路線を脱却するためにもバリイケ王子様系アイドル……不死王ちゃんはあると思います!
        上層部を納得させたきゃ別路線で実績出しゃいいんだよ、客をブレスで焼きながら「余は男の中の男の中に男なんじゃ余ー!」って訴えても……そりゃあダメかわだよなぁ……(カワイイのは間違いないな!) -- 不死王ちゃん 2022-03-28 (月) 22:21:56
      • (ゴムボールを受け取る、器用に持てばあら不思議ボールが破れない)余、始球式に登板して開幕勝利を決めてみせる!!
        なるほど………「フフ、お待たせ余の子猫ちゃんたち。今宵も余と一緒にトゥギャザーしようぜ」こうか!!
        ぬうう! まずダメか可愛いかどちらかを覆さねばならぬか!! -- コゼット 2022-03-28 (月) 22:27:57
      • その意気だぜ……お前の老山龍ボール右1号でバッター全員再起不能にしてやれ!(ぐっ。不死王ちゃんはがんばる0歳児を応援します)
        ふむ……セリフはなかなか。だがもっとこう…ヲトメをトキメかせるキラキラ感が足りてねぇ!(ささっと髪をオールバックにまとめ)
        ……「今宵も始めようか、ボクと姫の悪魔のいけにえ(テキサス・チェーンソー・マサカー)……」みたいな?キモはクサさとやりすぎ感だ!
        そーだな、ダメでカワイイコゼットちゃんでいる限り上層部は決定を変えまい……だって事実売れてんだもんその路線で。路線変更するには実績がないとなぁ?\ワイトもそう思います/(エンタテイメント業はシビアなんだぜ) -- 不死王ちゃん 2022-03-28 (月) 22:36:35
      • ヲトメをトキメかせるキラキラ感………?(あっ言葉に出すと胡乱加減が半端ねぇ!!)
        な、何ぃー!!(王子系オーラに吹き飛ばされる)これが……これがクサさとやりすぎ感か…!!
        実績。難しいのである……「余が欲しいならおねだりしてごらん、姫?」「箱の中の猫を手に入れんと淀みに手を伸ばすのかい……? 螺旋を描く回路図に刻まれた運命(ディスティニー)がよほどお好みらしい」
        (だんだん暴走してきたダメ生物兵器) -- コゼット 2022-03-28 (月) 22:45:55
      • ……いい!いいぞ!修飾語とルビバリバリのやりすぎ感、そしてクサさ!マジでこの路線イケんじゃねぇのカイザー!?(足りてる!足りてるよ!)
        試しに明日の営業それで行ってみ、不死王ちゃんはあると思います\ワイトもそう思います/(死霊どもは無責任にほめほめした。ウチは褒めて伸ばす方針なので) -- 不死王ちゃん 2022-03-28 (月) 22:53:11
      • いいのか!?(手応えを感じて身振り手振りを始める)
        「数多の因果が解れし時、余が姫に問おう」「残響は嗤うだろうか、超然の境地(アパテイア)の果てに何もかも諦めし姫よ……それでも余はキミが欲しい……」
        よし!! この路線で行く!!(ヴォーと叫んで走って事務所に帰っていった)

        (後、コゼットさん生後7日で中二病かというニュースが夕方五時半頃に流れた) -- コゼット 2022-03-28 (月) 22:59:04
      • ある!少なくともダメかわ路線脱却にはイイ方向性だぞ!!\ワイトもそう思います/(一皮剥けるにはやりすぎるくらいでちょうどいいんだよ!)

        (んでー)……紙一重だよな、中二病と王子様路線\クサさをキメすぎたのかなとワイトは思います/(笑われても首を下げんじゃねぇぞ……と同じ空の下のカイザーにエールを送った) -- 不死王ちゃん 2022-03-28 (月) 23:03:18
  • シティXIII市街中心部
    • 商業地区
    • ビジネス街
    • その他
      • (郊外、つまりはシティの外周)…はっ…はっ…はぁ……
        (そこをランニング中、織音は空を見上げる。映像としての朝の空、その切れ目の先に見えるのは宇宙だ)
        (時空の歪みによりぐにゃりと歪んだ、魚眼レンズ越しの様な星空。そこに浮かぶミュートスXIII船団の船)
        (中でも目を惹くのは、バトルXIIIとよばれる三隻の戦闘艦だ)
        ふぅ…。なぜ、こうも重武装なのでしょう。いったい何と戦う想定の武装なのかしら。
        (足を止め、今はただ静かに佇むバトルXIII-αを見上げ呟く) -- 織音 2022-03-25 (金) 21:56:59
      • (あれら戦闘艦に巨大なエネルギー砲と、多くの艦載機が搭載されている事は知っている)
        (であれば、物理的な破砕や戦闘機によるドッグファイトで戦う相手がいる、という事だ)
        (幸いにも、今は戦闘状態には無いようだが…)まあ、様々な宇宙人というか宇宙生物と遭遇したようですしね、人類は。
        (アマノイワト計画に招集されたアイドルの中にも、あからさまに地球人ではない者も多くいる)
        (それらを思えば、同党の文明を有する知的生物との戦争、あるいは紛争くらいは想定して然るべきなのかもしれない)
        (しかしそれよりも気になるのは…)変形、するのかしらね…?
        (艦載機が可変タイプなのかどうかだ!) -- 織音 2022-03-25 (金) 22:07:34
      • (そのまま10分ほど、タイミング良く艦載機が発進したりしないものかとバトルXIIIを眺めるも、平時にそうそう出てくる物でもない)
        うーん、なんとか見る事はできないものでしょうか。ここでいきなり宇宙人が攻めてくる、というのは期待できませんし…。
        (物騒な事を言いながら腕を組んで考える)戦闘機のコクピット内でライブ…は狭いか。なら、翼上をステージに…。
        あるいは人型形態があるなら、バックで踊ってもらうとか…。
        (変な妄想が膨らみはじめた)まあ、そこまでして貰えるのは、トップスターかシンデレラくらいですね。
        (…が、すぐに萎んだのだった。ここまでステージどころかデパートの屋上でしか歌えてないのだから…) -- 織音 2022-03-25 (金) 22:25:45
      • はっ、はあっ…ふっ、はっ、はっ、はっ…はぁっ…(と戦闘艦を眺めている織音の向こうから、走って?いるとは言い難いのたのたした走りで少女がやってくる)
        (格好を見れば長い髪をポニテにまとめ、ジャージのような動きやすく汗を放出しやすい服。こちらも体力作りのランニング中だ)
        …はっ、…はっ…あと…3km…………あっ!(よっぽど必死だったのか、立ち止まっていた織音に気づいておらず、そのままぶつかりそうになる) -- 此方 2022-03-25 (金) 22:31:42
      • 可変艦載機をバックに歌う、マクロスの醍醐味ですからね……!(ぬっとあらわれるペンギン頭) -- 佐鳥P 2022-03-25 (金) 22:32:22
      • (所詮自分はひょっこりこの時代に現れてしまった過去の不人気アイドル)
        (当然、まともなステージで歌う機会など与えられようもない。この時代にはこの時代のスターがいるのだから)
        もしかしたら、もう、二度と…(華やかなステージに、その端にすら立つ事など出来はしないのかもしれない)
        (そんな予感、不安を抱きつつ。織音はランニングを再開…)
        (…しようとしたら声を掛けられた)
        うわびっくりしました。お、お疲れ様です佐鳥さん。
        え、ええ、マクロスならですけど。可変戦闘機なんてものが実在するのかは気になりますね。
        (とりあえず平静を装って言葉を返す) -- 織音 2022-03-25 (金) 22:38:00
      • おっと、此方さんともはち合ってしまいましたか、アイドルの逢瀬を邪魔してしまうとは、この佐鳥P一生の不覚ッ!!
        お二人のファンに襲われても仕方のない事をしてしまいました……こんにちは織音さん、人類は存外ロマンチストですから可変機もありますよ勿論
        私はこれから整備のバイトに向かうところです、お二方は体力づくりのランニングですか、土台作りは大事ですからね -- 佐鳥P 2022-03-25 (金) 22:45:57
      • …って、空野さんまで(ぶつかりそうになるのを、慌てて手でブロックしようとする)
        こんな僻地までやってくる人が私以外にもいるとは驚きです。
        宇宙船の中で生まれ育った人なら、ランニングも室内…VRで完結するんだろうなあとか思っていました。 -- 織音 2022-03-25 (金) 22:50:13
      • 芸能事務所の方がバイトですか。しかも整備の…。
        あ、空野さんと出逢ったのは偶然ですから…お気になさらず。
        (言った後で再び空の…さらに向こうにあるバトルXIIIへ目を向け)
        ロマンですか。だとしたらあの船そのものもやはり変形するのでしょうね。 -- 織音 2022-03-25 (金) 22:53:16
      • はぷ。(手で肩の辺りを抑えてもらって、ちょっと圧迫された肺からへんなこえがでる)あ、ああ…すいません…前方不注意です…。
        (立ち止まって頭を下げよう…として半分力尽きて低頭平身したみたいになりつつ)ペ、ペリグーレさんのプロデューサさんですっけ?
        私こそお邪魔しまして申し訳ありません…。私体力無いので、部屋の中だけで走ってるとすぐ挫けちゃいそうで…ふぅ(と息を整え) -- 此方 2022-03-25 (金) 22:57:33
      • 手に職を持て、芸は身を助く、アイドル以外にも通じる言葉ですね、いやホント持っててよかった色々な資格ですよ(はっはっは)
        お恥ずかしい話ながら、ミュートスXIIIには2日程度の滞在でそのまま地球へ行く予定でしたから、こんなことになるとは夢にも思わず(お金ナイナイのポーズ)
        織音さんもご存じのようにアイドル活動にはお金が必要ですからね、プロデューサーはそれを支えるのが仕事です
        ああ……流石に私もバトル級の変形は見たことがありませんね、そもそも変形するのかどうかも……アマノイワトが完遂したとき主砲を撃つようですので、その時見られるかもですね
        (此方に向き直って)おお、私の事は御存じでしたか有難い事です、ランニングは一人でやるのもいいですがペースの合う人を見つけ一緒に走るのも一つの手ですよ(ちらっ) -- 佐鳥P 2022-03-25 (金) 23:04:26
      • 体力なら私もあまり…。毎日鍛えてはいるのですけどねー(へにゃんと肩を落とす)
        そう言えば昔…まあ2020年代ですが…では宇宙での暮らしは体力の維持が大変だと言われていましたが、ここの人々は普通に健康を維持できている様ですね。
        重力もしっかりありますし、いったいどうやって発生させているのか…。
        ああ、佐鳥さんは旅行先で足止めされてしまったわけですか。それは何ともご愁傷様です…。
        ええ、主砲発射はちょっと楽しみだったりします。私は宇宙戦艦すらこうして見るのは初めてですし、それが時空すら歪ませる威力の砲を撃つとなると…
        ふふ、もし元の時代に戻れたら自慢できますね。信じて貰えればですけど。 -- 織音 2022-03-25 (金) 23:11:21
      • 兄が言うには、変形機構を取り入れるとどうしても耐久性が落ちるからよっぽどの理由がなければ大型になればなるほど変形はしないと言ってましたが…どうなんでしょうね
        (なんて自らも戦闘艦を眺めて言いつつ)…って佐鳥さんの所ってそんなカツカツだったんですか…ああ、だからこそ色々な工夫をされてるんですかね。ペリグーレさんのプロデュースには細やかな戦略を感じますし。
        私達はその大体が地球生まれではありませんから…ある意味で最初から宇宙に適応した世代です。地球生まれで今船団暮らしなのだと、その辺りは苦労されるかもしれませんね。 (織音の場合は、健康維持にもなっているのかも…という視線をしつつ) -- 此方 2022-03-25 (金) 23:17:44
      • (ご愁傷さまと言われマスクの上から後頭部を掻く)まあこれも試練と言ったところでしょう、それをどう受け止めどう乗り越えるか、成長にはいい舞台だと切り替えましたよ
        技術面については私も詳しくはないですから、此方さんのお兄さんですか、そちらの方がもしかしたらお詳しいかも、ですね
        ここだけの話ですがアイカツ費用は私のお賃金からも少々出していまして……本来なら経費で落とすんですが、次元の狭間の影響か金融のやり取りもうまく行ってないようでして
        (踏んだり蹴ったりでうすよはっはっはーと開き直る佐鳥P)おっと、バイトに送れてしまいます、くれぐれもこの事はペリグーレには内密に……ではお二方も無理はしないように(とシティXIIIのドックへ走っていくのでした) -- 佐鳥P 2022-03-25 (金) 23:25:11
      • むぅ…スペースノイド…!(別のアニメの用語がひょいとでた)
        まあ、構造が複雑になればなるほど強度は堕ちますよね…
        (その辺はどんな時代も変わらない普遍的な法則だろう。だからこそのロマン機能でもある)
        試練ですか。前向きに受け取られているのですね…。
        まあいずれにせよ長くて2週間です。生還を目指してがんばりましょう。
        それではお仕事がんばってください(佐鳥Pを見送り、それから此方の砲へ顔を向けて)
        それでは、私達もトレーニングを続けましょうか。このままシティまで復路を走るのでしょう? -- 織音 2022-03-25 (金) 23:29:45
      • えっ…お給料をですか…!?(目を丸くして驚く)それは凄いですね……なるほど…だから…(驚きはしたが納得した。彼の熱意は仕事ぶりからも明らかだ。その一端を知った思いで)
        あ、はい。ちょうどノルマが足りなかった所なので、シティまで行けば十分足りますし…それに、ひとりじゃないのは励みになります(と織音に嬉しげな笑みを向けて)
        (しばしの立ち話で少しは回復した筋肉のあまりない足を自分の手でもみもみ)不肖、空野此方、織音さんに置いていかれないようにがんばります…!(えいえいおー、と小さなガッツポーズを) -- 此方 2022-03-25 (金) 23:36:54
      • はい、ご一緒しましょう。…えーと、お手柔らかに。
        (置いていかれない様にと言われるものの、それはこっちの台詞だ。自分より小柄な少女についていけないという事態は避けたい…!)
        え、えいえいおー…(戦々恐々としながらも合わせて腕を上げ、そして2人して朝の街へと走っていくのでした)
        (…互いにペースを合わせようとしてどんどん遅くなりながら!) -- 織音 2022-03-25 (金) 23:42:07
  • 〜〜♪(朝のお散歩中) -- うぐいす 2022-03-22 (火) 07:31:10
  • シティXIII市街中心部
    • 商業地区
      • そもそも私ゃ人前に出るとか無理
        なので配信で有象無象から金を巻き上げるスタイルで行きたい
        となれば機材が必要で、機材を用意するとなれば買いに出る
        うん、実に合理的な選択だな -- ミーヴェル 2022-03-22 (火) 00:23:24
      • 〜♪(オーディオコーナーでヘッドホンの試聴中) -- シロノワール・c・d 2022-03-22 (火) 00:35:03
      • (あいつ傍目から見ると目立つなぁ、、、アイドルやるだけあるよ…という顔で後ろに立ってる) -- ミーヴェル 2022-03-22 (火) 00:40:29
      • 〜〜♪(全然気付かない!全然気付かないぞ!)
        …うーん、これ耳あっつい…でもなー音漏れも気になるし…電車の中で古代の宇宙人見てるのがバレたら私のアイドル人生が終っちゃうからなぁ〜 -- シロノワール・c・d 2022-03-22 (火) 00:45:54
      • (ヘッドホンを外したタイミングで)
        よー、シロちゃん…あんたこんなところで何聞いてるんさ
        …や、古代の宇宙人見ててもアイドル終わらないよ多分なー -- ミーヴェル 2022-03-22 (火) 00:47:52
      • ひゃいいぃ!ごめんなさいごめんなさい!古代の宇宙人なんてクソオカルト見てませんし!デニケン先生は世界一の詐欺師とか言ってませんし!なんなら古代の宇宙人の冒頭20分で眠くなったりしてません!!(ぺこぺこぺこ…)
        ……って、なによーミーヴェルじゃないか!もー、驚かせないでよね…人生炎上して終るかと思ったわー(ジト目でミーヴェルを見る) -- シロノワール・c・d 2022-03-22 (火) 00:53:29
      • シロはさぁ…クソオカルト見ると早々に寝るアイドル?…え、マジで寝ちゃうんだ?…あんたとは絶対オカルトみねーっ
        炎上して終わる人生ってなんだっつーの、んで、何聞いてたのさ…ASMRとか聞いたりしちゃってたのかー? -- ミーヴェル 2022-03-22 (火) 01:04:43
      • 失礼な。薦めるだけは薦めるよ私は。オカルトめっちゃ人に薦めるしオカルトの良さを出来るだけ多くの人に愛をもって伝える、情熱的な宇宙人なのだよ私は
        だって炎上したらヴァーチャルユーチューバーの末路みたいになるって…ただの視聴サンプルだよぉ。最近ヘッドホン買い換えようと思ってさ〜?(ヒラヒラと手を振りながら)
        ミーヴェルこそこんな所でなんしてんの?ナニナニ、お高い買い物かぁ〜? -- シロノワール・c・d 2022-03-22 (火) 01:12:28
      • そのオカルトとか見て真っ先に見るアンタとは絶対みねーっって決めてるよ私は
        ヘッドホンねぇ…作ろうか?どうせなら耳にハメた時点でコードが奥まで伸びてきて脳に実際に響き渡る超重厚サウンドのやつとかさ!
        いいねぇ、なんか楽しそうな感じのが出来る気がしてきたよ!って…あぁ〜…私のはそうだね、アイドル活動的なモノの機材を買っておこうかなって思ってさ? -- ミーヴェル 2022-03-22 (火) 01:20:59
      • そんなぁ…!!あっでも…牛首村は一緒に見ようよ!あっきーなもきっと出るから!次はちゃんと起きてるから!
        そ、それはちょっといきすぎっしょ…ワイヤレスで充電しなくて良くて、通気性を確保しながら音漏れしない奴程度でなんとかならない?予算3万で…
        そーいえばミーヴェル配信活動メインなんだっけ?いっつもゲームしてんもんね。いひひ☆今度私も呼んで出してよ〜!歌ってみた?とか踊ってみた?とかやって、オタク君の心をゲットイーグルしてあげるから! -- シロノワール・c・d 2022-03-22 (火) 01:40:56
      • まーたアッキーナ死ぬじゃん、もう見なくてもわかるって!というかさぁ…もっと面白い…おも…面白い映画見る理由ってなんだい?
        チッ…何だよツマンネぇ、その程度で良いなら楽勝過ぎてつまらないんだけど、効率低めの広範囲のレーザー充電と耳に当てない骨伝導式のあわせだろ
        既存技術くっつけただけとかつまんねー、2万ありゃ作れるわその程度
        別に配信メインってわけじゃないよ、ただこう…人前に出るツラでもないっしょ私…うっわ出た胸がデカくて顔がいいやつ特有の舐め切った発言いただいたねーっ -- ミーヴェル 2022-03-22 (火) 01:51:20
      • それはねミーヴェル、とっても哲学的な話しだねぇうんうん…。宇宙の真理の中で、長い旅路の果てにその答えはあるぅ………
        えっできんの?!すごくない?じゃお願いミーヴェル、作って!君の事愛してるから♡♡
        え、そーかな?ミーヴェルちょーイケてると思うよー?フフッそれは…そうですがね…(ポーズ取る宇宙人。揺れる!凄い揺れる!) -- シロノワール・c・d 2022-03-22 (火) 01:58:14
      • 宇宙の真理とかいいっつーの、大事なのは科学的に答えが出る事っしょ
        私は思うに良い映画は良いよね〜で終わるけど、クソな映画はここがクソ!!つって盛り上がれるから、一体感が強まる事だと思うんだけどさー?
        出来るけど…けーどぉ……既存の技術を合わせるだけだろ、1+1は3にするためにあと1を持ってくるだけとか面白くなさ過ぎて萎えるわぁ…頼みってんならやるけど、出来栄え期待すんなよー
        うわぁー!生意気ここぞとばかりにアピールしてる!そういうのはファンの前でやれっつーの! -- ミーヴェル 2022-03-22 (火) 02:11:49
      • じゃあオカルトだって良いじゃんっ!クソオカルトは最初から最後までクソだよ!此処がクソじゃなくて全部クソだよ!?
        いひひぃ、お願いね♪今度取りに行くからさ♡…私のオーディオ機器を新しくしてくれるハニーの前でサービスするのは当然っしょー!
        じゃ私は帰るわ。もうヘッドホンで悩まなくて良くなったし、かえってごろごろして寝るわ。またねミーヴェル!(手を振って商業地区を後にするのでした) -- シロノワール・c・d 2022-03-22 (火) 02:25:00
      • ………スパナで頭の形変わるまで殴り続けるか?あ?あ?
        (ギリィ、と顔を顰めてクソオカルへの対応を魅せつつ)
        あーうん、別にこんなの速攻できっからいつでも取にきなーっ、サービスもいらないよー、それするならこの船団がさっさと脱出できるように私の分まで頑張ってくれなー?
        …私も買い出し続けるとしよっか、レンズとか旧式の半導体、アイドルだからつって何かこう…必要ないものまで領収書で落とせるかためしてみよー -- ミーヴェル 2022-03-22 (火) 02:27:22
    • ビジネス街
    • その他
      • やっぱり、そうなんですね…。
        (この日、織田巻織音はシティXIIIのライブラリ、図書館を訪れていた)
        (図書館と言っても紙媒体の書籍は少なく、電子的・量子的に記録された過去の情報にアクセスするための施設だ)
        (受付で貸し出された板状の端末を手に、ソファに腰を降ろした織音は溜め息をついた)
        まさかこんなマクロスめいた世界が、異世界ではない…なんて。
        (端末には2022年の芸能ニュースが表示されている)
        (アイドルグループMuthosのメンバーが突然失踪したという記事だ) -- 織音 2022-03-20 (日) 22:22:57
      • 失踪、行方不明。それはそうでしょうね。探したって見付かるわけがないもの。
        (窓から空を見上げる。映像として映し出されている青空。しかしそのすぐ裏は真っ暗な宇宙空間だ)
        (更に言えば、自分の失踪からすでに数十年の時間が経過している)
        うーん、20XX年に宇宙移民開始ですか。思いのほか技術の進歩が早まったんですね…。
        んでこの13番目の船団の出発がXX年で出発から25年経過…ふふ、私、おばあちゃんですね。
        (くすりと笑う。つい一昨日まで17歳のままでいたい等と思っていたのに) -- 織音 2022-03-20 (日) 22:32:31
      • これ、時空の歪みから脱出して、私が元の時空間に帰ったら歴史はどうなるのでしょうか。
        世界の修正力とかで事件だけが消えるのか、私という存在自体がなかったことにされるのか…。
        あ、それとも世界線が分岐とかしちゃうのかしら…?
        (ちょっと興奮気味に呟く。こういう事に重いを馳せるのは楽しい)
        ……それとも、帰れないのが決まってるのかしら。
        (過去が決定されているのなら、あるいは。怖い考えが胸をよぎる)
        (でも、そうなっても。それはそれで…) -- 織音 2022-03-20 (日) 22:37:15
      • おまえも予言に興味があるのか!音を織る者!(自分の過去や未来について思いを馳せるひとの気配を察知した様子の地下アイドルのよるのかぜが現れます。) -- よるのかぜ 2022-03-20 (日) 22:39:32
      • まあともあれ、現状は把握したわ。ゼントラーディ軍やヴァジュラと戦争中じゃないだけマシよね、この船団は。
        まずは時空の歪みからの脱出を頑張りましょう。
        (言ってソファから腰を上げる。受付で端末を返却し、ライブラリを後にする)
        脱出できなくても、それはそれで…。
        (そう呟きながら) -- 織音 2022-03-20 (日) 22:42:38
      • う、うん…?(足を止める。ライブラリから出たところで声に気付いた)
        予言?何のことでしょうか?えーと、貴方はたしかパーティの賑やかな方にいた…。
        -- 織音 2022-03-20 (日) 22:44:46
      • そう!『我らを生かしている者』のナワルにしてジャガーの夜の風だ!(自己紹介ついでにひらりとその場でバック転…猫っぽい見た目だけあってすさまじく身軽な地下アイドルのよるのかぜです。)
        予言とは過去と未来そしていまをしろしめす『我らを生かしている者』の予言だ!それは全てを知るに等しい。(あっこれはまともに会話ができそうもないタイプ…?という印象を与えそうな語り口でよるのかぜは語り掛けます。)
        知る事を懼れぬのは賢き者だぞ、音を織る者。(感心だなあといった様子で頷く、織音を音を織る者などとそのまんまな呼び方をしつつ…単によるのかぜはライブラリで勉強していたのを感心だと言いに来たのでしょうか?)
        ゆえに夜の風は知りたい、お前はなぜ太陽に至る道を登るのだ?(非常に回りくどいがなんでアイドルをしてるの?という世間話のような話題振り…というのが伝わるかどうかも危ういまま首をかしげてそちらの答えを待つのはよるのかぜです。) -- よるのかぜ 2022-03-20 (日) 22:55:26
      • イカしてる縄のジャガーの夜の風…なんだか長いですね。あ、私はオダマキシオンと申します。風さんでいいですか?
        (こちらは何かアピールするでもなく、静かに頭をさげる)
        過去の予言というのはピンと来ませんが…(でもまあオカルト系のキャラ付けをしているアイドルなのはわかった!)
        ええ、突然この街…この船団に来てしまったものですから、知らなければならない事が山積みです。しらない技術だらけの世界に来訪なんて、まるで…えーと…逆なろう系ですよ。
        (未来人にはわからない例えだろうなあ、と思いつつも言ってみた)
        …太陽に?そうですねぇ(見上げる空には映像としての太陽。しかし映像であっても、それは)特別なものだから…です(端的に答えた)
        そういう風さんは?生き延びたいがため、という感じには見えませんけれど。 -- 織音 2022-03-20 (日) 23:05:54
      • 夜の風はひとつの呼び名にとらわれない!風は見えもしなければ形もない!(好きに呼べ!という意味にも…見えもしなければ形もないという言い回しは織音相手にはやや無神経な感じのするよるのかぜの言葉は続きます。)
        異なる場、異なる時にナワルでも旧き者でも太陽でもないものが来れば標を無くし彷徨うもの…(わかるよ…とわかったように頷くよるのかぜはいちいち解ったような言葉を吐きます。)
        太陽は一つ!ゆえに『我らを生かしている者』もそれを目指す!(特別なもの。という答えによるのかぜが信じている存在もそれゆえに太陽を目指すのだと共感を示します。)
        我らナワルはそのためにヒトのヨリョトルをかき乱し磨き上げ極上のモノに仕上げ…捧げるのだ!(よるのかぜがなぜアイドルをしているのか?それは『ヨリョトル』をよりよくして『捧げる』ため。という答え。)
        さすればよりよい滅びと終末が訪れるんだぞ!(えっ?市長の説明聞いてた?よるのかぜが言うには自分がアイドルをしているのは滅びと終末のためだとか… そういうキャラ付け? しかし満面の笑みなのでウソは言っていないようです。) -- よるのかぜ 2022-03-20 (日) 23:16:36
      • 自由ですね。まるでなりたければ何にでもなれるかの様です。
        なわる…旧きもの…?(こちらは単語レベルで何言ってるのかサッパリわからない。けれどまあ雰囲気で大意はわかった様な顔をしておく)
        そう、あなたもトップを目指すのですね。そしてきっと、私よりずっとそこに近い…。
        (見た目から言動まで、個性の塊の様なよるのかぜを、少々羨まし気に眩しそうに目を細めて眺め)
        (ナワルが彼女の種族なり集団なりを表す言葉なのはわかった。同時にまた謎の単語がでてきて織音は困惑する)よりょとる…。魂的なものでしょうか。
        って、捧げて滅びるんです!?なんか最後の最後で邪神めいてきましたけど!!?
        ま、まあ私は滅びるのもやぶさかではありませんが、イケニエとかそういう怖いのは御免ですよ…? -- 織音 2022-03-20 (日) 23:25:10
      • 『我らを生かしている者』はナワルでもある、千変万化、何者でもありそこにある!(アニミズム信仰?八百万の神とかそういう?一神教の絶対神的なものとは違うと地下アイドルのよるのかぜは訴えます。)
        タマシイ?…ヨリョトルは特にヒトのものがいい、よく揺さぶられて、よく熟し、よく燃える…(織音のちょうど胸、『心臓』を指さして…よるのかぜは獲物を見て舌なめずりをするような目を向けます。これも神秘性を高めるキャラづくりなのでしょうか。)
        だが道は険しい!夜の風の生きた時の52年周期の13回まえ。『我らを生かしている者』は『紅き太陽』に座から叩き落され、その次52年周期が13回ののちに『黎明』に邪魔をされ、三度目は『白き月』に因果を絶たれ…
        (相当くやしかったのでしょう、どうやら三回ほど推しが失敗したことで苦渋を飲んだことがある。とよるのかぜは伝えたいようです。)
        恐れることはない…予言は全ての者に等しく来るもの!それを覆すのもヒトなら受け入れるのもヒト…よるのかぜは戦う!この太陽の座をかけた宴で!(再度織音にびっ!と指をさして負けないぞ!という意思表示をするとよるのかぜはライブラリを去っていきます。) -- よるのかぜ 2022-03-20 (日) 23:39:16
      • ああもう、結局なんなんですかそのナワルって!?…ヨリョトルのほうはまあだいたいわかりました。
        (アマノイワト計画もそのヨリョトル、人の感情をエネルギーにするものだ。この時代は、そういう技術が進んでいるのだろうと了解する)
        (舌なめずりをする姿に思わず自分の胸元を庇う様に掌で押さえ)…えーと、アステカ的なのはなしでお願いします。ジャガーでも!
        んんん?52年の13回…えーと、500…いえ…(スマホ、2022年のそれを取りだし電卓で計算)676…?(まさか地球時間ではないですよね、と呟いた)
        ああもう全然わかんないですけど、なんだか大変だったんですね!?
        まあとにかく、私達がする事は同じです。成功するにせよしないにせよ…。アイドルである限りは、あり続けたいのなら。
        (そう言って去る背を見送り、自らも次なる現場へ赴くのでした) -- 織音 2022-03-20 (日) 23:48:34
  • シティXIII市街中心部 -- 2022-03-19 (土) 23:24:31
    • 商業地区 -- 2022-03-19 (土) 23:24:37
    • ビジネス街 -- 2022-03-19 (土) 23:24:46
    • その他 -- 2022-03-19 (土) 23:24:53
      • 素敵な一日だ。
        まるで鬱蒼とした森の中を長い時間散歩していて、突然明るく開けた空き地に出たときのような休日だ。
        だが世界は滅びかけている。
        「ふぅ」
        僕は公園でコーヒーを飲んでいた。こんな日に無慈悲なほど苦いコーヒーを飲むのも悪くはない。 -- 村上ハルク 2022-03-20 (日) 20:36:40
      • 行き交う人々の表情は暗いように感じる。
        人の心と人の心は調和だけで結びついているのではない。
        そう、人の心の根底にあるのは痛み。だからこそ、今は不安という形で一つになれるのではないか。
        不安をポジティブに変えるための変換器。
        「それは僕たちの仕事だ」 -- 村上ハルク 2022-03-20 (日) 21:02:27
      • それでこそだ!太陽たる資格…それを持ち合わせているのはさすがといっていいぞ老いたる獺よ!
        (一人何かを考えている村上ハルクに急に声をかけたのは地下アイドルのよるのかぜです。) -- よるのかぜ 2022-03-20 (日) 21:06:38
      • 声が響いた。どこか聞いていて心地の良い、そんな声だ。
        声の方向に振り向けば、緋の瞳と視線が合った。
        「君は」
        地下アイドルのカリスマ。邪教の主。人の情動を操る、その最たる存在。
        「夜の風」 -- 村上ハルク 2022-03-20 (日) 21:11:55
      • そうだ!『我らを生かしている者』のナワルにしてジャガー!夜の風だぞ。(くるりとその場で1回転して見せて名乗るのは地下アイドルのよるのかぜです。)
        揺り動かしより良いものにすることで捧げられるヨリョトルは最高のものとなる…このニセモノのイレモノはそのための祭壇だ!
        (今回のピンチは人心が大いに揺らぎ終末ムードが漂う事件、そこにのっかって人の心をもっと揺さぶるのだと地下アイドルのよるのかぜは断言します。)
        夜の風はヨリョトルを高め捧げるため、では老いたる獺は何を求める?
        (なんのためにアイドルをやっているの?素朴な疑問、今回の事件の協力のためという以前のもっと根本的なことをよるのかぜは村上ハルクに投げかけます。) -- よるのかぜ 2022-03-20 (日) 21:19:06
      • 老いたる獺。多分、僕のことだ。だったら、彼女の問いに答える必要がある。
        「僕には道がなかった」
        「アイドルをする以外の道がなかったんだよ」
        「生きている限り個性は誰にでもある。それが表から見えやすい人と、見えにくい人がいるだけ」
        ぬめる指を広げて、片手でコーヒーを口にした。
        「僕は個性が外見に現れていた」
        河童だからね、と付け加えて。 -- 村上ハルク 2022-03-20 (日) 21:23:09
      • …はははははは!混じり物のないことだ!それは美しいことだぞ!
        (村上ハルクの答えを聞けば嬉しそうに笑いだす、他の何よりも生きるためにそれ以外の選択肢がなかったことは美しいのだとよるのかぜは言います。)
        しかも己の武器を知る者である…恐るべき敵だな老いたる獺!
        (己を悲観するでもなく、その場で使える武器を使って戦い生き残っている、よるのかぜは村上ハルクの在り方に敵としての敬意を表すようにじっと村上ハルクの眼を見ます。)
        ならば多くは語るまい!互いにヨリョトルを揺らし高め捧げ…太陽の座に登り至る…誰がその座に至るか『予言』はそれを指し示す!
        (これは遠回しな勝利宣言か、それとも煙に巻くためのブラフか、予言。と告げて村上ハルクを指さすと、猫のような足取りでシティの街並みに消えていくのは地下アイドルのよるのかぜです。) -- よるのかぜ 2022-03-20 (日) 21:35:14
      • 美しい。彼女は確かに、美しいと言った。
        それは確かな祝福で、ほんの少しの呪いだった。
        「なぁ、夜の風」
        何気なく彼女の、髑髏があしらわれた眼帯を見る。
        「太陽の座というのは、君にとって大事なものらしい」
        だから、アイドル。だから、目指す。それはストイックで、素晴らしいことのようにも感じる。
        「祝福を」
        猫のように自由に街を歩く彼女の背にその言葉をかけた。僕はまた一段とぬるくなったコーヒーを飲み干す。

        やれやれ。これは手強いライバルだ。 -- 村上ハルク 2022-03-20 (日) 21:39:24
  • 🌌 -- 2022-03-16 (水) 22:11:21

Last-modified: 2022-04-08 Fri 21:12:03 JST (776d)