選択肢 投票
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst012241.jpg 135  

錬金術士 そのゴーレム 名簿/318356名簿/318356

COLOR(#6633CC){}
お名前:
  • (懐かしい顔を見かけたので足跡ぺたぺたして帰る黒いの) -- マオウ 2012-03-15 (木) 19:55:55
    • くっ、にげられた!(虫取網片手にきょろきょろする錬金術士) -- 2012-03-15 (木) 19:58:29
      • 見かけてびっくりしたじゃねーか!てか何歳だよ!人間だろ!?(トンボからそんな声がする) -- マオウ 2012-03-15 (木) 20:06:05
      • ひゃくさんさーい、70か80くらいのときにじかんかんけいのじっけんで、ひどいしっぱいしていま8さいか9さいかな! -- 2012-03-15 (木) 20:16:44
      • あざてぇ……!\ミリーはあざといなあ!/もしかして時間圧縮されて歳取るスピードが1/10とかそんなオチ? -- マオウ? 2012-03-15 (木) 20:20:39
      • あざとくないですゥ。(ぷくーっと頬をふくらませる)
        ときのせきばんのこうかをつよくしたら、じかんさかのぼれないかなってやったら、みごとにこんなすがたに。1/10ていうかほぼ0かもしれない。
        いつ、こうかがきれるかわからないからあるひきゅうにぽっくりと、なんてこともあるかも。ちょうしにのったむくいだネェ。
        -- 2012-03-15 (木) 20:25:17
      • いいやあざといね!オレがそう言うんだからミリーはあざといし!(ぶみーとほっぺつつく)
        ふーむ、今までの時間が一気に襲ってきてミイラになっちまうんだな、んでもミリーがそれに対して手をこまねいてる筈がねーし!
        おおかた目一杯利用して研究とかしてんだろー? -- マオウ 2012-03-15 (木) 20:31:16
      • ぶー。(頬にたまってた空気が抜ける音)マオウにはいわれたくないデス。
        じかんつかえるんだからたくさんつかっていろいろやってるヨォ、さいしゅにもいくしけんきゅうもしてるしせんせいもまだやってるし。
        でも100ねんもいきればじゅうんといえばじゅうぶんだネ、だんなもできたしこどももいるし。
        マオウはプレマせんせいとはどうなの?
        -- 2012-03-15 (木) 20:40:41
      • オレはあざとくなんてないから言っても良いんだし!ほほー、自分の母親が一晩にして幼女になった時の子供の気持ちやいかに、って所だな
        子供だけじゃ無くて旦那もだケド……んい?オレか?オレんとこは日々平穏でこれと言った事はねーぞ?
        もともと寿命なんてあって無い様なもんだし、マイペースにな!(えっへん) -- マオウ 2012-03-15 (木) 20:49:57
      • こっちになってからのようしだからネェ、なにも、もんだいは、ない。
        だんなはかんぜんにこどもあつかいしてくる、りょうりくらいできるのにこどもようほうちょうなど!
        そうだよネェ、ようせいとダークエルフだしそのあたりはうらやましいかも。のろけてもいいのよ。
        -- 2012-03-15 (木) 20:53:24
      • 養子かよ!?ってかそれだと母親っつーか姉妹か何かかと思ってそーだ、実子作んねーの?って思ったけど完全に犯罪だこれ
        旦那ももう嫁と言うより娘って感じになってんじゃねーのか?(おままごとセットを用意しながら)
        えっ、プレマのあれがなにでこうこうされてあんな恥ずかしい事……って喋っても良いのか? -- マオウ 2012-03-15 (木) 21:04:06
      • けっこんしたの60てまえだったし、いまはマオウのいうとおりはんざいだし……。
        むすめもさいしょあったときはめんくらってたけどまぁ、なれればふつうよね。あとだんなのほうにもむすめがいるみたいだけどてがみのやりとりくらいだなァ。
        わーい^^(おままごとセットで遊ぶ) ってそんなわけないでしょ!
        い い ん だ 。
        -- 2012-03-15 (木) 21:15:15
      • (犯罪でも)いいんだ、と言うかオレはミリーの実子が見たいなー見たいなー!つってもコレばっかは旦那に頼まないと駄目か
        まてよ!旦那バツイチかよ!?い、やまぁ60手前って聞けば、うn、と頷かざるをえねーけど……なんか複雑だなぁ
        遊んでんじゃねーか!んーでも大っぴらに言うとプレマがのぼせてぶっ倒れそうだし……ごにょごにょ(ミリーの耳元で赤裸々に語る黒いの) -- マオウ 2012-03-15 (木) 21:22:46
      • かていかんきょうがとくしゅだからまっとうにそだってくれるかしんぱいだワ……。
        バツイチじゃないヨォ、うちのひとのむすめはひろったんだってー。あらためてかんがえるとあたしのとこホントふくざつだ……。
        あらら……えーっ、そんな……ほうほう……。(惚気話をきいてつやつやになる錬金術士)
        -- 2012-03-15 (木) 21:30:07
      • 意外とひねくれてた方が真っ当に育つもんだぞ?普通に憧れるって意味で
        つまりミリーにプロポーズした時は養子がいるけど良いかい?ってことで、子供の望みが薄いから二人でまた養子を取った……
        すげぇ誰も血の繋がりがねぇ!まー家族にそれが必須かって言えばそうでもねーけどさ、耳年増が過ぎるじゃねーか!(プレマに喋んなよ?と念を押しながら) -- マオウ 2012-03-15 (木) 21:34:46
      • ふつうにあこがれる、ふつうのかていかんきょうじゃないこかー。たしかにありそうなはなしだネ。
        えへへ……ようしのこはホムンクルスでへたしたらけんきゅうたいしょうにされちゃうとこだったからおもわずひきとっただけで……。
        だって103さいだしィ、そういうげせわなはなしだいすき!(いわないヨォと笑いつつ) おこさまのごよていは?
        -- 2012-03-15 (木) 21:50:28
      • だろー?無いものに憧れるのはごく普通の事だらかそんな気にする事もねーって、ちゃんと愛情さえ込めてやれば!(したり顔)
        ……ミリーの家が将来的に子沢山になる未来が見えた、ホムンクルスだらけって意味で……見た目は幼女なんだから少しそれらしくしろよ!
        んー今のところ予定はないかな?そもそもエルフと妖精で子供出来んのかって話だし、養子を取るつもりもねーしー(ある意味マリが養子だった) -- マオウ 2012-03-15 (木) 21:54:23
      • あいじょーかァ、それならたくさんあげられるじしんあるケド、やっぱりからだがネックだよね。
        ハイラーグけいとうのれんきんじゅつでホムンクルスちょうごうはきほんきんし! きほんきんしです!
        なんねんかまえにホムンクルスをりようしたじけんがあったからネェ。
        あらま、そうなんだァ……。ながいじんせいだしとうぶんは二人でイチャイチャなのネ。
        -- 2012-03-15 (木) 22:00:56
      • 見た目が近いからこそ与えられる愛情ってのもあるんじゃねーか?そこはメリットだけを考えた方が気が楽だし(まだ戻れねーんだろ?とにまにま)
        錬金術はハイラーグだけとは限んないし!限んないし!事件?ふーんそっか……(何となく心当たりはあるけど気にしない風を装う黒いのだ)
        妖精ってのは求められれば顕現するからなー、イチャイチャパワーが貯まればそのうちポンって出てくんじゃねーか?(にひーと笑いながら)
        っし、久しぶりに旧交も暖められたし何より元気だってのが分かって安心した、んじゃ今日はこれでな?旦那と仲良くしろよー? -- マオウ 2012-03-15 (木) 22:05:30
      • あい、もどったらじゅみょうてきにそくしだからそれまでにいろいろしてみんとす。
        ものあつかいなんてやーよね、ひさしぶりにいろいろおこっちゃったワ。
        なるほど、つまりふたりがこどもほしい! とおもえばふたりのこどものようせいがでてくるのかー。
        あい、あたしもマオウがげんきってわかってよかったヨ、そっちこそプレマせんせいとなかよくネェ。
        -- 2012-03-15 (木) 22:12:16
  • ちょおひまー! -- 2012-02-11 (土) 01:05:31
    • お母さん……お仕事は? -- モニカ 2012-02-11 (土) 01:07:37
      • おしごとは……うん、してる、してるヨォ。(視線をそらす)
        おしごととはちがって、じぶんのけんきゅうのほうがネ。しんたいりくもれんきんじゅつしふえたしィ、このあたりのやくそうもほとんどきろくしちゃったしィ。
        -- 2012-02-11 (土) 01:13:38
      • ちゃんと学校のお仕事はやらないとね?
        まだやりたいことたくさんあるって、言ってなかったっけ? -- モニカ 2012-02-11 (土) 01:19:31
      • あたしがぜんぶやっちゃうわけにいかないからー。
        あと、れんきんじゅつのくみあいできょかがおりない……。
        -- 2012-02-11 (土) 01:28:30
      • そういうものなんだー、でも、私お母さんがやれること全部やっちゃってもいいと思う、な……。
        やったと思ったところからまた新しく何か発見あるかもしれないし、お母さんだけじゃ見つからないことだってきっと、ある、よね?
        どんな研究したいの? -- モニカ 2012-02-11 (土) 01:40:52
      • おぉう……。(ぽろっと目からウロコ)
        だめだァ、あたしいつのまにやらちょうしこいててんぐになってた……。(ガックリ落ち込む)
        たましいのきおくをとりだしてさいこうちくするけんきゅうしてみたいなーっておもってたんだ。
        でもやるきなくなっちゃった、ちょうしこいてひましてるとあくおちしやすいネェ……。
        -- 2012-02-11 (土) 01:46:57
      • 一人だと、色んな事忘れちゃうよね。でもほら、お母さんは私とかお父さんがいるから……。 -- モニカ 2012-02-11 (土) 01:49:12
      • モニカー!(抱きついて撫でられている様子は母と子が完全に逆転していたそうな) -- 2012-02-11 (土) 01:50:11

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

  • (懐かしい顔を見かけたので足跡ぺたぺたして帰る黒いの) -- マオウ 2012-03-15 (木) 19:55:55
    • くっ、にげられた!(虫取網片手にきょろきょろする錬金術士) -- 2012-03-15 (木) 19:58:29
      • 見かけてびっくりしたじゃねーか!てか何歳だよ!人間だろ!?(トンボからそんな声がする) -- マオウ 2012-03-15 (木) 20:06:05
      • ひゃくさんさーい、70か80くらいのときにじかんかんけいのじっけんで、ひどいしっぱいしていま8さいか9さいかな! -- 2012-03-15 (木) 20:16:44
      • あざてぇ……!\ミリーはあざといなあ!/もしかして時間圧縮されて歳取るスピードが1/10とかそんなオチ? -- マオウ? 2012-03-15 (木) 20:20:39
      • あざとくないですゥ。(ぷくーっと頬をふくらませる)
        ときのせきばんのこうかをつよくしたら、じかんさかのぼれないかなってやったら、みごとにこんなすがたに。1/10ていうかほぼ0かもしれない。
        いつ、こうかがきれるかわからないからあるひきゅうにぽっくりと、なんてこともあるかも。ちょうしにのったむくいだネェ。
        -- 2012-03-15 (木) 20:25:17
      • いいやあざといね!オレがそう言うんだからミリーはあざといし!(ぶみーとほっぺつつく)
        ふーむ、今までの時間が一気に襲ってきてミイラになっちまうんだな、んでもミリーがそれに対して手をこまねいてる筈がねーし!
        おおかた目一杯利用して研究とかしてんだろー? -- マオウ 2012-03-15 (木) 20:31:16
      • ぶー。(頬にたまってた空気が抜ける音)マオウにはいわれたくないデス。
        じかんつかえるんだからたくさんつかっていろいろやってるヨォ、さいしゅにもいくしけんきゅうもしてるしせんせいもまだやってるし。
        でも100ねんもいきればじゅうんといえばじゅうぶんだネ、だんなもできたしこどももいるし。
        マオウはプレマせんせいとはどうなの?
        -- 2012-03-15 (木) 20:40:41
      • オレはあざとくなんてないから言っても良いんだし!ほほー、自分の母親が一晩にして幼女になった時の子供の気持ちやいかに、って所だな
        子供だけじゃ無くて旦那もだケド……んい?オレか?オレんとこは日々平穏でこれと言った事はねーぞ?
        もともと寿命なんてあって無い様なもんだし、マイペースにな!(えっへん) -- マオウ 2012-03-15 (木) 20:49:57
      • こっちになってからのようしだからネェ、なにも、もんだいは、ない。
        だんなはかんぜんにこどもあつかいしてくる、りょうりくらいできるのにこどもようほうちょうなど!
        そうだよネェ、ようせいとダークエルフだしそのあたりはうらやましいかも。のろけてもいいのよ。
        -- 2012-03-15 (木) 20:53:24
      • 養子かよ!?ってかそれだと母親っつーか姉妹か何かかと思ってそーだ、実子作んねーの?って思ったけど完全に犯罪だこれ
        旦那ももう嫁と言うより娘って感じになってんじゃねーのか?(おままごとセットを用意しながら)
        えっ、プレマのあれがなにでこうこうされてあんな恥ずかしい事……って喋っても良いのか? -- マオウ 2012-03-15 (木) 21:04:06
      • けっこんしたの60てまえだったし、いまはマオウのいうとおりはんざいだし……。
        むすめもさいしょあったときはめんくらってたけどまぁ、なれればふつうよね。あとだんなのほうにもむすめがいるみたいだけどてがみのやりとりくらいだなァ。
        わーい^^(おままごとセットで遊ぶ) ってそんなわけないでしょ!
        い い ん だ 。
        -- 2012-03-15 (木) 21:15:15
      • (犯罪でも)いいんだ、と言うかオレはミリーの実子が見たいなー見たいなー!つってもコレばっかは旦那に頼まないと駄目か
        まてよ!旦那バツイチかよ!?い、やまぁ60手前って聞けば、うn、と頷かざるをえねーけど……なんか複雑だなぁ
        遊んでんじゃねーか!んーでも大っぴらに言うとプレマがのぼせてぶっ倒れそうだし……ごにょごにょ(ミリーの耳元で赤裸々に語る黒いの) -- マオウ 2012-03-15 (木) 21:22:46
      • かていかんきょうがとくしゅだからまっとうにそだってくれるかしんぱいだワ……。
        バツイチじゃないヨォ、うちのひとのむすめはひろったんだってー。あらためてかんがえるとあたしのとこホントふくざつだ……。
        あらら……えーっ、そんな……ほうほう……。(惚気話をきいてつやつやになる錬金術士)
        -- 2012-03-15 (木) 21:30:07
      • 意外とひねくれてた方が真っ当に育つもんだぞ?普通に憧れるって意味で
        つまりミリーにプロポーズした時は養子がいるけど良いかい?ってことで、子供の望みが薄いから二人でまた養子を取った……
        すげぇ誰も血の繋がりがねぇ!まー家族にそれが必須かって言えばそうでもねーけどさ、耳年増が過ぎるじゃねーか!(プレマに喋んなよ?と念を押しながら) -- マオウ 2012-03-15 (木) 21:34:46
      • ふつうにあこがれる、ふつうのかていかんきょうじゃないこかー。たしかにありそうなはなしだネ。
        えへへ……ようしのこはホムンクルスでへたしたらけんきゅうたいしょうにされちゃうとこだったからおもわずひきとっただけで……。
        だって103さいだしィ、そういうげせわなはなしだいすき!(いわないヨォと笑いつつ) おこさまのごよていは?
        -- 2012-03-15 (木) 21:50:28
      • だろー?無いものに憧れるのはごく普通の事だらかそんな気にする事もねーって、ちゃんと愛情さえ込めてやれば!(したり顔)
        ……ミリーの家が将来的に子沢山になる未来が見えた、ホムンクルスだらけって意味で……見た目は幼女なんだから少しそれらしくしろよ!
        んー今のところ予定はないかな?そもそもエルフと妖精で子供出来んのかって話だし、養子を取るつもりもねーしー(ある意味マリが養子だった) -- マオウ 2012-03-15 (木) 21:54:23
      • あいじょーかァ、それならたくさんあげられるじしんあるケド、やっぱりからだがネックだよね。
        ハイラーグけいとうのれんきんじゅつでホムンクルスちょうごうはきほんきんし! きほんきんしです!
        なんねんかまえにホムンクルスをりようしたじけんがあったからネェ。
        あらま、そうなんだァ……。ながいじんせいだしとうぶんは二人でイチャイチャなのネ。
        -- 2012-03-15 (木) 22:00:56
      • 見た目が近いからこそ与えられる愛情ってのもあるんじゃねーか?そこはメリットだけを考えた方が気が楽だし(まだ戻れねーんだろ?とにまにま)
        錬金術はハイラーグだけとは限んないし!限んないし!事件?ふーんそっか……(何となく心当たりはあるけど気にしない風を装う黒いのだ)
        妖精ってのは求められれば顕現するからなー、イチャイチャパワーが貯まればそのうちポンって出てくんじゃねーか?(にひーと笑いながら)
        っし、久しぶりに旧交も暖められたし何より元気だってのが分かって安心した、んじゃ今日はこれでな?旦那と仲良くしろよー? -- マオウ 2012-03-15 (木) 22:05:30
      • あい、もどったらじゅみょうてきにそくしだからそれまでにいろいろしてみんとす。
        ものあつかいなんてやーよね、ひさしぶりにいろいろおこっちゃったワ。
        なるほど、つまりふたりがこどもほしい! とおもえばふたりのこどものようせいがでてくるのかー。
        あい、あたしもマオウがげんきってわかってよかったヨ、そっちこそプレマせんせいとなかよくネェ。
        -- 2012-03-15 (木) 22:12:16
  • ちょおひまー! -- 2012-02-11 (土) 01:05:31
    • お母さん……お仕事は? -- モニカ 2012-02-11 (土) 01:07:37
      • おしごとは……うん、してる、してるヨォ。(視線をそらす)
        おしごととはちがって、じぶんのけんきゅうのほうがネ。しんたいりくもれんきんじゅつしふえたしィ、このあたりのやくそうもほとんどきろくしちゃったしィ。
        -- 2012-02-11 (土) 01:13:38
      • ちゃんと学校のお仕事はやらないとね?
        まだやりたいことたくさんあるって、言ってなかったっけ? -- モニカ 2012-02-11 (土) 01:19:31
      • あたしがぜんぶやっちゃうわけにいかないからー。
        あと、れんきんじゅつのくみあいできょかがおりない……。
        -- 2012-02-11 (土) 01:28:30
      • そういうものなんだー、でも、私お母さんがやれること全部やっちゃってもいいと思う、な……。
        やったと思ったところからまた新しく何か発見あるかもしれないし、お母さんだけじゃ見つからないことだってきっと、ある、よね?
        どんな研究したいの? -- モニカ 2012-02-11 (土) 01:40:52
      • おぉう……。(ぽろっと目からウロコ)
        だめだァ、あたしいつのまにやらちょうしこいててんぐになってた……。(ガックリ落ち込む)
        たましいのきおくをとりだしてさいこうちくするけんきゅうしてみたいなーっておもってたんだ。
        でもやるきなくなっちゃった、ちょうしこいてひましてるとあくおちしやすいネェ……。
        -- 2012-02-11 (土) 01:46:57
      • 一人だと、色んな事忘れちゃうよね。でもほら、お母さんは私とかお父さんがいるから……。 -- モニカ 2012-02-11 (土) 01:49:12
      • モニカー!(抱きついて撫でられている様子は母と子が完全に逆転していたそうな) -- 2012-02-11 (土) 01:50:11
  • さいきんやったおもしろいしごとー。
    きかいしききかんとまほうしききかんをどうじに、こうりつよくうごかせるねんりょうのかいはつ。しょうにんからのいらいでした。
    じんたいないのじかんループじっけん。そのあとそくけんきゅうきんししょぶんをうけました。
    モニカのホラードッキリ~ふだんおとなしいかのじょはドッキリにどんなはんのうをするのか~
    なかせました……。
    ゼットかんさつにっき。くろうさぎモード……。(観察日記はここで途切れている)
    -- 2011-11-04 (金) 12:47:18
  • ミリーじゅうさんさい! -- 2011-07-16 (土) 19:07:17
    • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?!(足の上にぽろりとハンマーを落としてしまい悶える) -- ゼット 2011-07-22 (金) 01:15:52
      • だんなどころかむすめまでひどいめであたしをみる……。
        かんたんにいえばじかんのぎゃっこうじっけんにしっぱいしました。そのうちもどるとおもうケド……。
        あとごろがいいからじゅうさんさいっていったケド、ほんとうははっさいくらい。
        -- 2011-07-22 (金) 22:07:53
      • 娘?!いや、ちょっと待ってください!娘って・・・例のあの子の事ですよねっ!?(あわわわっ、と慌てる)
        なんだってまたそんな実験をしたんですかミリィさん・・・いえ、まぁてっきり僕はコウノトリが(もにゃもにゃ)
        そうでしたか・・・8歳・・・・・8歳?!ちょっと待ってくださいミリーさんそれは犯罪ですよ!!前も別の意味で犯罪でしたが!
        と、とりあえず・・・お帰りなさい、ミリー(そう言って抱き上げてお子様をあやすモード) -- ゼット 2011-07-23 (土) 05:14:48
      • そうそう、なんかけんきゅうじょではツヴァイってよばれてたケド、あたしがかってにモニカってなまえつけちゃった。
        はっこうをかそくさせたり、じゅくせいをはやめたりできないかなとおもって。
        あたしのほうがはんざいともうしたかー! ゼットがわかいままだからいけないんじゃん!
        そういうわけでただいまー、モニカはがっこうみにいってるからもうすこししたらかえってくるよー。(だっこされてわー)
        -- 2011-07-23 (土) 12:25:46
      • モニカちゃんですね。ふふっ、わかりました、ご馳走の準備も整っていますからすぐ準備しないと!ミリーちゃんも手伝ってくれますか〜(ほっぺをぷにぷに)
        で、樽の中に落ちて若返っちゃったとかそんなですか?赤ん坊にならなかっただけラッキーでしたね(あららー、と苦笑い)
        うふふっ、今回は僕が犯罪者ですね。二年待てばOKですよね。(にこり)それは・・・僕だって歳をとりたいですけど・・・(そう言って18歳のままの自分を鏡で見てため息)
        はーい♪それじゃあミリーはお手手を綺麗綺麗しましょうね〜♡(育児スイッチがONになる夫) -- ゼット 2011-07-23 (土) 12:32:07
      • キカイだったんだケド……ば、ばくはつした。
        きになるのはまわりだけで、あたしはいつまでもわかくてかっこよくてうれしいヨォ。はげないしィ。
        はーい!(ぱたぱたと台所で手洗い、バタバタと戻ってくる)
        こどもじゃないもん! こどもじゃないもん! ミリーちゃんななじゅうすぎだもん!
        -- 2011-07-23 (土) 14:34:15
      • ・・・・・・・・発酵や熟成は自然が一番だと思います(この先もっと凄い失敗するのでは・・・と思いぎゅーっと抱きしめる)
        ふふふ、それ聞いちゃうと色んな悩みが吹っ飛んじゃいましたよ。かっこいい、うふふ♪(音符が飛ぶほど上機嫌になってエプロンをつける)
        よくできました〜、偉いですねー♪ご褒美に・・・飴ちゃんあげます!はい、あーん♡ -- ゼット 2011-07-23 (土) 14:54:21
      • じかんかんしょうができたらもっとじっけんはやくおわるのにー。
        わー、ゼットがすごいごきげんー。(にこにこしてると自分も嬉しくなる子供脳)
        そんなあめなんかであたしが……やったー、あーん!(飴を入れてもらってころころ)
        もんだいはがっこうのじゅぎょうかなー……。
        -- 2011-07-23 (土) 15:46:37
      • 失敗して異世界に飛んで行っちゃうなんて僕はやですよ?(おでこを合わせてぢーっと見詰める)
        ふふっ、僕にもちょっと分けてくださいね(そう言ってキスをして甘い飴の味を分けて貰う)ん、いちごミルク・・・・
        僕が抱っこして教台に乗る訳にも行きませんしね〜・・・台に乗ります?4本足の生きた台でガションガションと(歯車やら必要そうな部品をざざーっと頭に思い浮かべる) -- ゼット 2011-07-23 (土) 15:55:46
      • じょぶじょぶ、そんなだいしっぱい……しな……じょばない……。(しょんぼり)
        やーん、ゼットのえっちぃ! あまい?
        だいはみためがなー、うーデザインせいがりょうりつできればいいんだケド……。(うんうん唸る)
        -- 2011-07-23 (土) 18:44:22
      • ミリーさん・・・(ちょっと涙して頭を撫で撫で)
        もう、数カ月もミリー分禁止だったんですからこれ位は、ね?(きゃっきゃうふふ)甘かったです、この味は愛ゆえにです!(もう一回っとキスを繰り返す)
        箒で飛びながらなんてファンタジーしちゃいます?魔法の授業になっちゃいますけどね、あはは
        (台を準備してあげて、並んで仕込んだ食材を手際よく調理しご馳走を作っていく) -- ゼット 2011-07-23 (土) 21:36:34
      • これはひとさまにおみせできないこうけいだァネ。(ちゅっちゅ)
        どうしよっかなー、グラビけっしょうがあるしほうきのかたちにこだわらなくっていいんだヨネ。
        こうないいどうようにそらとぶちきゅうぎにでもつくっちゃおっかなー。(ゼットの横で自分も料理しながらつまみ食いをしている。手が小さくなっているため色々危なっかしい)
        -- 2011-07-24 (日) 23:47:28
      • (フ●ーザ様のアレとかバイ●ンマンのアレを想像して噴き出す)地球儀は可愛いかもしれませんねぇ・・・あとはタルとか・・・籠とか・・・
        (つまみ食いするほっぺを突き怒りましたのポーズ)こらっ、食事まで我慢できない子はご飯抜きですよ?
        それと手付きがスリリングなのでミリーには盛付けをお願いしたいです。・・・今の光景見てると変えの心臓が5つほど欲しくなるので・・・
        (料理の準備も終えてミリーと一緒にご馳走を机に並べていく)うーん、くまさんスプーンとうさぎさんスプーンどちらがいいですか? -- ゼット 2011-08-01 (月) 21:34:07
      • ちきゅうぎにあなをあけるとそんなかんじになっちゃうネェ……あなをあけないでバランスボールみたいにしておこうかな。もしくはみかづきがた!
        かごとかたるは……ぼうそうしてのったらおりられなくなっちゃいそうだァネ。
        えー、いいじゃないへるもんじゃなしー。あぶないのはどういするケドー。(ぶーぶー言いながら盛り付けの方を頑張る)
        くまさん! ……かんぺきにあたしのことこどもあつかいしてない?
        -- 2011-08-01 (月) 22:21:33
      • どうせですから雪の結晶の形にするのはどうです?ハイラーグさんではたしか雪の結晶がシンボルなんですよね
        星に乗るのもいいかもしれませんね〜(菜箸で星のマークを描いて)
        ご飯食べれなくなっちゃいますよ?残すのなんて・・・・・・・・・許さないんだから(黒いオーラを放ちバリッとリンゴを握りつぶして生搾りのジュースを作る)
        あぁ、くまさん派なんですね・・・ちょっと悔しいです。え?そんなことはーありませんよー(スプーンを口元に当ててとぼける) -- ゼット 2011-08-03 (水) 00:02:44
      • せっかのかたちかァ、よこからみるとまったいらになっちゃうんだヨネェ。グラビけっしょうのおかげでかたちをすきにできるのはやっぱりいいなァ。
        の、のこさないもん……。(テーブルにストンと座る) そろそろかえってくるとおもうんだケドー……。
        うさぎさんはゼットがいるからいいのー。うわきになっちゃうもん。
        -- 2011-08-04 (木) 00:12:49
      • すっかり感覚がマヒしちゃってましたが物を浮かせる事が出来る石ってよく考えると凄いですよね
        (グラビ結晶を利用した物騒なものを想像して剣や槍を使う時代はもう終わりかな、と苦笑いする)
        (ご馳走を並べ終えて花瓶に入れた花の向きをチェックして鏡越しにミリーを見る)うん、ミリーは良い子ですね♡(くるりと振り向く)デザートのプリンもあるから楽しみにしちゃってください!
        そろそろ・・・モニカちゃん迷子になってたりとかそんなのはないですよね、大丈夫かな・・・? -- ゼット 2011-08-06 (土) 07:53:35
      • でもあんまりたいりょうにみつかるものでもないからー……へいきにはつかいにくいんじゃないかな?
        そこらはすっかりヒルベルトのりょうぶんだし、あたしはそんなにくわしくないケドも。
        へへへ……プリンにはなまクリームをたっぷりとのせてください。
        そろそろじゃないかな?
        -- 2011-08-07 (日) 01:25:42
      • (玄関からノックの音、少ししてゆっくりとドアが開くと頭が覗く)
        こんにちはー、お邪魔します……。(回りを確認するようにそろそろと家にはいってくる) -- モニカ 2011-08-07 (日) 01:28:56
      • (ノックを聞いてミリーと並んでドアを見つめる)いよいよですね、なんだかドキドキしてきちゃいましたよ。
        はい、お帰りなさい。モニカちゃん(いつの間にか準備していたクラッカーを鳴らして出迎える)
        疲れたでしょう?自己紹介は後にして席に着きましょうか、折角の御馳走が冷えちゃうと駄目ですしね〜
        (にこにこ微笑みながらスープをよそい机に並べて席に着く)
        お肉とか大丈夫ですか?嫌いなものとかあったら遠慮しないで言ってくださいね♡
        そうそう、自己紹介ですが(こほんっと咳をして)ゼット・タケルと言います。この学校では鍛冶仕事のアドバイスや衛兵さん達の為に装備を整えたりしています。それで・・・ミリーの夫です(てへっと照れてミリーを見る) -- ゼット 2011-08-14 (日) 21:55:16
      • つぎからはおじゃましますじゃなくてただいまっていうんだヨォ。
        というわけでこれがはなしてたあたしのだんなさま、カッコいいでしょえへへへへ……。(いやんいやんと頭を振る)
        と、いうわけでようこそわがやに! これからはずっといっしょだよ。
        -- 2011-09-04 (日) 00:22:20
      • (クラッカーの音に驚き、小動物のような動きでドアの影に隠れる)
        ツヴァイ……じゃなかった、モニカです。よろしくお願いします。(ドアに隠れたままおどおどと頭を下げる)
        あ、えっと……その、お腹が痛くなっちゃうのでお肉はちょっと。でもそれ以外は好きです、食べられ、ます。(テーブルの上の料理に気が付くとのそのそと出てくる)
        (そのあとでまじまじとゼットとミリーの顔を見て犯罪だこれ! の表情を浮かべる) -- モニカ 2011-09-04 (日) 00:29:16
      • (大人しい女の子でちょっと安心する)どっきり大成功ですね〜、ふふっ。お肉は駄目んなんですね、分かりました。じゃあ海鮮なんていかがです?
        (そう言ってエビやらサーモンのマリネにニシンのパイなどお料理を盛っていく)
        えへへぇ、もうミリーさんったら・・・照れちゃうじゃないですか(抱き上げてほっぺにちゅーをした後椅子に座らせてあげる) -- ゼット 2011-09-05 (月) 02:46:33
      • べつにニシンのパイきらいじゃないのに、なんとなくこれきらいなのよネっていいたくなっちゃう!
        たいしつのもんだいであぶらっこいのがダメなんだよネェ……しょくぶつせいあぶらならへいきとかなんとか。(ゼットにキスを返して椅子に座る)
        それじゃあモニカがわがやのいちいんになったことをしゅくして! カンパーイ☆
        それからそのはんざいだってかおをしきゅうやめなさい! としはだいたいいっしょなんだから!
        -- 2011-09-06 (火) 03:11:45
      • どきどき……で、心臓が爆発するかと思いました……。どっきり大成功ですね。
        えび……さーもん……。(キラキラした目で料理を見ている)
        いた、いただ……あぁ……カンパーイ☆(食べる準備は万端だったのだが乾杯を忘れていたことで赤面する)
        うえぇ!? そ、そんな顔してないですよぅ! 今でも犯罪みたいなのに先生がもとの状態でも犯罪みたいなんて私思っていません! -- モニカ 2011-09-06 (火) 03:17:01
      • もう、ベタなんですから〜♡(ぷにっとミリーの頬を突く)
        じゃあこれからは和食に近い感じになりますね〜・・・チーズなんかは大丈夫なんですよね
        はい、かんぱーい。ふふっ慌てなくても料理は逃げませんよ、モニカちゃん。おかわりもありますからいっぱい食べてくださいね〜
        (ミリーの視線から今食べたいものを見極めあーんっ♡と食べさせて、一切フォークを使わせない)
        どちらのミリーさんも可愛いので僕は構わないですけどね。ふふふっ(熱の籠った視線でミリーに流し眼を送り意味ありげに微笑む) -- ゼット 2011-09-06 (火) 03:57:07
  •   -- 2011-07-16 (土) 19:06:28
  •   -- 2011-07-16 (土) 19:06:17
  • 人造の生命体を研究するためには厳しい試験に倫理審査、精神テストを突破しないといけなくって、それをクリアすることで学院本校の許可が降りて色んな情報が開示されるの。
    ただしそれも色々と制限があって、許可を持っている人の中でも人造人間……ホムンクルスについての研究書を読めるのは一部の人のなの。あたしも生命に関する研究はしたけれど、ホムンクルスは範囲外だったからなんとも言えないんだ、ごめんネ。
    ヒトを作ることにここまで慎重になってるのは何故かっていうと、「命とは簡単に作れてはいけないもの」と考えているからなんだ。そりゃそうだヨネ、ホムンクルスの研究出来るのは一部の人格者だけだもん。
    錬金術は日進月歩だケド、この分野にのみ言えば野良錬金術士たちの方が進んでるかもネェ。
    ホムンクルスを研究することのメリットは人が何故動くのかという根本的な部分の問題を解決出来るかもしれないからでさ、それ以外にホムンクルスを作ることで得られる利点と言えば完全に同一個体を作れることくらいなんじゃないかな。
    実験用マウスなんかでも個体差で多少なりとも誤差が出てくるから、より正確な結果を得たい時とかそういう時に技術を流用するみたい。
    あたしは結局命を作るのに抵抗があって一定の行動に対して一定のアクションを返す生きてる道具の延長みたいな実験しか出来なかったヨ。(と、ここまで話してチャイムが鳴り話を締める)
    来週はあたし採取に行くから休講です、しっかり自習しといてネェ。
    -- 2011-04-04 (月) 01:09:40
    • (休校と言う言葉に一部の生徒達から歓声が上がる。空いた時間をどう過ごそうかと言いあう生徒もいれば折角の授業が聞けないと落胆する生徒もいた)
      (教室の後部席に居た生徒達はなんとか乗り越えた・・・と言う顔でぐったりと潰れている。そんな面々の中に珍しく兎耳の姿はなかった)
      (場面は変わる。学園の外側、火災時の延焼を防ぐため用水路を隔てて作られた鍛冶工房の一帯)
      (鉄を加工する甲高い金属音と溶鉱炉の唸り声、そんな女っ気とは無縁な場所で黙々と鎚を振るう妖艶さを醸し出す鍛冶師が居た)
      (地元の護衛隊に依頼された装備を次々と作り上げていく。槍、手斧、鏃、鎧、兜、そして剣)
      (武器を作る鍛冶師の目は鋭く、普段の熱を帯び潤んだ淫靡な雰囲気からは程遠いものであった)
      (最後の一振りの砥ぎを終え刀身に映る自信と目が合う。曇りが無く濡れた様に輝く剣に頷きいつだかぶりに立ち上がった)
      (鍛冶場を仕切る頭の禿げた教師が良い仕事だと声をかけ汲んだばかりの冷たい井戸水を進めてきた)
      (ありがとうございます。と掠れた声で答えざぶりと井戸水を口に含み残りは頭からざぶりと被った。)
      (手拭で煤のついた顔を拭いもにもにと眉間を捏ねる。目に焼き付いた火花が瞼の裏に写り苦笑いをこぼす)
      (きゃあきゃあと賑やかな声が聞こえたので振り返ると女子生徒の集団がこちらに手を振ってきたのでまた苦笑いをしてこちらも手を振り返す。)
      (喝ーーーッ!!と言う教師の一声に女子生徒達は工房の前から逃げ出して言った)
      なんとか今週中に終わらせる事が出来ましたね、親方さん手伝ってくれてありがとうございました・・・
      (いいっていいて、むしろ俺ァ飯の世話をしたくらいで何もしてないもんだしよ。それよりいいのか・・・?とハゲ頭を撫でて壁に貼ってある時間割を指差す)
      はい?・・・・あ、あぁ・・・(耳が垂れてがっくりと項垂れる。週に一度の最も大切な時間を逃がしてしまいずっしりとその場に崩れ落ちてしまう) -- ゼット 2011-04-23 (土) 21:25:35
      • よっ、元気してる? ……というわけでもないか。(崩れ落ちたちょうどその時工房に顔を出す件の女教師)
        いやァ珍しくいないからちょっと顔でも見ようかと思ってネ、あと当分ここら離れることになりそうだからその報告も兼ねてたりする。
        (工房の担当教師に挨拶すると勝手知ったるとばかりに椅子を持ってきて座る)
        これがこないだ言ってた注文? さっき完成品の方も見てきたケドこりゃ顔も出せない訳だワ……流石いい腕持ってると大変だ、お疲れ様。(労いの言葉をかけ笑った)
        ここ数年で武具の需要もグンと増えたヨネ、いいんだか悪いんだか……。(魔物の勢力圏に足を踏み入れる人間が増えることは開拓地である新大陸では仕方のないことかもしれない)
        -- 2011-05-07 (土) 20:09:39
      • 仕事を始めると視野が狭くなるの、なんとかしないといけませんね・・・授業聴き逃してしまいました(はぁとため息をつく)
        ミリーも授業お疲れ様です。暫く空ける・・・採取ですか?(ほどほどにしてくださいよ、と心配そうに声をかける)
        作った僕が言うのもなんですけど心配ですね。矛先が魔物に向いているうちは大丈夫でしょうけど・・・
        自警団の方を疑う訳ではないですよ。課外授業に護衛、装備を一新しないと大変ですものね。
        そうそう、今回の採取はどの辺りに向かうんですか? -- ゼット 2011-05-07 (土) 20:54:04
      • 時間がある時に個別で授業してあげてもいいんだケド……当分は忙しくなりそうでネェ。(こちらもため息、ゼットのため息よりも若干長い)
        先住民の人との関係が問題だネェ、政治的なことはどうにも分からないからうまくやってもらいたいところ。
        採取……のつもりだったんだケドちょっとハイラーグの方で問題が起きてさ、意見聞きたいってんで呼ばれちゃった訳さ。
        なんでもホムンクルスが研究許可の出てない組織で作られちゃってたんだって、しかも1人だけじゃなくって9人まとめて。
        錬金術学会は他にもホムンクルスが裏で作られてないかとか協力した人間の捜査とかもう上を下への大騒ぎでさ。公式では死んだことになってるホムンクルスも何人か生き残ってて……。
        あたし昔感情についての研究もしてたし、そのあたりの事でホムンクルスの精神構造調べろって呼び出しを食らっちゃってネ。
        とはいえずっと向こうで研究してるわけにもいかないし、世間の目から逃れるためもあるから……えー、つまり……子供が一人増えるかも? 子供といっても20越えてるらしいケド!
        -- 2011-05-07 (土) 21:20:24
      • 僕の方は気遣い無用ですよ、ミリー。元々授業をしてるミリーを見るのが目的あんですし、おっと(いけない、と口に手を当てる)
        重要さがぼくにはよく分からないですが・・・ミリーが呼ばれると言う事はよほどの事態なのでしょうね。
        へ?・・・・・・えーっと、それはつまりー・・・僕達の、と言う訳でしょうか!(ぱぁっと目が輝く)
        ええ、もう、いくらでも来て頂いて構いませんよっ!楽しみに待ってますからね!(そう言って嬉しそうにミリーの手を取る) -- ゼット 2011-05-07 (土) 21:30:00
      • 授業をしてないあたしに用はないとな!(泣き崩れる真似)
        おおう……ここまで喜ばれるとは思わなかった……。調べろとは言われてるケド養子としてこっちに連れてくるから……ゼットも普通の子供として扱ってあげてネ。
        あたしも錬金術教えたりするんだー。あ、女の子って話だから気を付けてヨ?
        -- 2011-05-07 (土) 22:13:40
      • そうは言って無いじゃないですかっ、教壇に立ってるミリーはカッコイイなーって思っただけで、普段の可愛さとはちょっと雰囲気違う所が良いんですよねー♪
        ふふっ、そう思うと一度個人授業してもらうのもステキかもしれませんね
        二人目の娘と言う訳ですか・・・ええ、了解しました。ホムンクルスと言っても普通の子と変わらないんでしょう?だったら大丈夫ですよ -- ゼット 2011-05-07 (土) 22:25:11
      • えー、あたしそんなに違ってる? いつもと変わらないと思うんだケドネェ……。
        いやらしいことするんでしょ! エロ同人みたいに!
        詳しい話は向こうに行ってからなんだケド、見た目も中身も普通の人間だって聞いてるヨォ。
        -- 2011-05-07 (土) 22:52:49
      • 目付きが違います。どことなーく優しさも含んでいますが凛々しくもあり、素敵ですヨ
        まさかミリーの口からエロ同人なんて言葉を聞くだなんて・・・、ええ、半分そのつもりです(にこりと笑う)
        じゃあ大丈夫ですね(ぽむっと手を合わせて)歓迎パーティとかした方がいいでしょうかね、あ、けどそう言う風にはしゃぐと逆に空回りしてしまいますし普段通り、ちょっと豪華な御食事でお出迎えする方がいいですよね
        どんな料理にしましょうか、ハンバーグは定番過ぎますし・・・あぁ、けど好き嫌い激しい子なんでしょうか、お肉が食べれなかったりするとまずいですよね、いっそ色々準備しましょうか♪ふふっ、これは大変になりそうですね〜 -- ゼット 2011-05-07 (土) 23:03:48
      • ステキなんて言ってくれるのゼットくらいだヨ、実験の授業なんかは自然と目が釣り上がっちゃうし。
        これは誘導尋問……お互いあんまり若くないんだからお手柔らかに……。
        完全にお父さんモードだワ、じゃあ歓迎会はゼットに任せるとしてあたしはお迎えに行ってこようかな、あー楽しみだァ。
        -- 2011-05-07 (土) 23:41:06
  • (予鈴が鳴り終わり生徒が居なくなった廊下を少し焦り気味に歩く。片手には時間割と教室番号が書かれた紙)
    (目当ての教室番号を見つけて小さくガッツポーズを取る。)
    (こっそりと教室の後ろから忍び込み最後列の角の席へ。近くに座っている生徒と目が合って、人差指を口に当てて「ナイショナイショ」と悪戯っぽく微笑んだ)
    (本当は耳をまっすぐに伸ばして聞きたがったがバレるといけないので寝かせて教壇の上に居る講師の熱弁に聞き入っる)
    (相変わらずミリーさんはパワフルだなぁ、なんて思いつつ聞き慣れない単語のシャワーに目が回りそうになった。そう言えば勉強なんて読み書き位しかしたことなかったなぁ・・・)
    (あれ、僕ひょっとしてとんでもない所に忍び込んじゃった・・・?) -- ゼット 2010-10-29 (金) 23:20:59
    • 以上がそれぞれの薬草から取れる成分で、これらを組み合わせることで薬ができるってな訳だネ。
      調合に必要な材料と手順さえ覚えちゃえばこんな仕組み知らなくていいんだケド、自分で作れるようになるためにはキチンと知っとかないとネ。
      えー、テキストの74ページの……。(と教室に目をやった時一瞬だけ固まるが、生徒がざわつく前に取り繕う)
      (その後、講義が終わった教室では生徒達がいつもより易しい説明の仕方だったという話題で持ちきりだった)
      (そして所は変わって研究室、自分の椅子に座りしかめっ面でゼットを見ていた)
      -- 2011-01-23 (日) 01:44:08
      • (あ、これはバレたな・・・)(しゅんっと目を伏せて横を向いた時、先ほどの生徒から手紙が回ってきた)
        (「転校生?」「こっちの大陸の?」「それとも留学生?」「寮は?」「お昼食べた?一緒に行かない?」などなど)
        (苦笑いをして「黙秘権を行使します」と、こちらでは珍しいボールペンで質の低いメモ用紙に書き返して授業を聴く)
        (授業が終わると他の生徒にばれる前に教室を後にした)
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        (研究室でミリーさんに背を向けたままお茶菓子とコーヒーを淹れ)ミリー、コーヒーに砂糖入れます?・・・・・・・・・・・・・・(無言でこちらを見つめるミリーさんにたはぁと観念し)
        (耳を垂らして向かい合って椅子に座り)すみませんでした・・・どうしても聞いてみたくなっちゃって・・・ -- ゼット 2011-01-23 (日) 02:20:41
      • (5分ほど黙っていたのだがようやく口を開く)
        別に授業聞きに来るのはそんなにでもないんだけど……。ずいぶん生徒達に人気だったようで?
        若いもんネェ……。(じとーっとした目でゼットを見る)
        -- 2011-01-23 (日) 02:58:10
      • そ、それは普段見掛けない人が授業に紛れ込んでたからで・・・僕だってこんなですけどもう60歳なんですよ?
        ・・・もぅ、そんな顔しないでくださいっ(そう言ってミリーさんの隣に行き、コーヒーを渡して頬にキスをする)
        それにしても授業でおしゃべりしないかわりに手紙を回したりするんですね。僕学校には初めて行きましたけど凄い新鮮でしたよ -- ゼット 2011-01-23 (日) 03:51:21
      • 別にそんなので騙されないんだから!(そうは言いつつキスをされればやはり嬉しい、自然と顔がにやけてしまう)
        (とんだバカップルだと自覚はしているが、考えないようにしておく)
        先生にもよるケドネェ、あたしは私語禁止にしてるから手紙くらいは多目に見るかな。
        ていうか学校はじめてだったんだ……。どうだったかな? 授業だけじゃなくて学校の雰囲気とか。
        -- 2011-01-23 (日) 04:05:38
      • 誤魔化してませんっ、じゃあこれならどうです?(目の前で首を傾げた後にぢーっと見詰めてからキス)
        (うふふっと目を細めて笑い無自覚にイチャイチャしてしまう)
        昔お客様の相手をするのに読み書きを習ったくらくぃですからねー、ああ言う場所は縁がなくって・・・
        うーん、不思議な感じですねふわふわしている様な感じが独特でした。後は授業が始まると皆さん目つきが変わるんですね
        後ろの席の子達はそうでもなかったですけど前の席の子達は雰囲気ががらりと変わってる気がします
        それと・・・(まじまじとミリーさんの顔を見て)うん、2割り増しで格好良く見えましたよ -- ゼット 2011-01-23 (日) 05:13:16
      • まあ……これくらいなら騙されちゃおうかな。(年に似合わずにひひと笑う)
        学校って勉強するだけの場所ではないからネ、授業の時以外はやっぱりおもしろ楽しく過ごしてる子が多いからかも。
        前に座るような子は特にやる気があるからネェ。
        それはつまり今はそんなに格好良くないという事でいいのかな?(笑顔でゼットのほっぺをつまむ)
        -- 2011-01-23 (日) 22:34:58
      • 学問を学ぶ場所だけにあらず、と言ったところでしょうか。少し効率が悪い気がしますけど・・・
        まぁそこは工房と学校の差と言う所なんでしょうね。職人は自分の専門以外はからっきしですし
        (ふと自分に手紙を回してきた子たちを思い出し苦笑い)後ろの子達は面白おかしく・・・と言ったタイプなんでしょうね
        ほ、ほぅひふはへでは・・・(頬を撫でててちょっと涙目)けど今は顔が緩んでますよ?教壇に立った時は凛としてましたけど・・・ふふっ -- ゼット 2011-01-24 (月) 00:24:50
      • 人格形成も学校が多少なりとも関わるところだからネェ。特に錬金術は悪用しようと思えばいくらでもできるし……。
        こないだもなんだかホムンクルスをどうとかって話を聞いたし、誰でも学べる学問だからそういう教育が必要に……と、長くなりそうだからこの話はここまで!
        後ろの方の子達からあたし二世が生まれないことを祈るだけだネ……。
        ふーん、緩まさせたのはどこの誰でしょうかネ。(つまむ力に少し力が入る)
        -- 2011-01-24 (月) 01:10:58
      • 要領が良さそうな子たちばかりだと思うので大丈夫だと思うんですけど・・・
        いひゃひ、すみません、緩ませちゃったのは僕ですからぁ!ごめんなひゃい〜!(何だか今日はご機嫌斜め?と思いつつギギギギと頬が伸びていく) -- ゼット 2011-01-24 (月) 01:16:21
      • あたしは要領とか全然ダメだったからなァ……。でもたしかにテストの点数とか実技の点数はいいんだよネ。
        新大陸も開拓が進んできたとは言え、未だに錬金アイテムの需要はあるから経験値があたしとは違うのかも。
        ん、よろしい。(パッと離して笑う)学校でそういうことあんまりしちゃだめだからネ?
        扉の向こうで聞き耳立ててる人もいるんだし……。
        -- 2011-01-24 (月) 01:34:57
      • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?
        (バッと扉の方を見る)授業が終わると解散じゃないんですか?ギルドなんかだと仕事の時間が終わればそのまま皆で飲みに行ったりが当然でしたが・・・ -- ゼット 2011-01-25 (火) 00:33:59
      • それぞれの先生の研究室に通って勉強する子もいるし、部活という名の同好の士が集まるところで活動する子もいるし。
        ただすること無いのにだらだら残ってる子もいるヨ。扉の向こうにいるのはうちの研究生と野次馬とが3:7くらいかな?
        -- 2011-01-25 (火) 01:10:34
      • (頬を赤くして頭を抱える)その、なんだかすみませんでした・・・やっぱり来るべきではありませんでしたね
        まさかこんな事になってるだなんて・・・(よく気配を探ってみれば扉の向こう側に囁き声がひしめいてるのは明白だった)
        (丸椅子に座りぐるりと回り)えー・・・ど、どうしましょう?(ロップイヤーの如く耳がペッたんこになってしまう) -- ゼット 2011-01-25 (火) 01:24:57
      • えー、あたしは別に気にしてないヨォ。なんなら紹介でもしちゃおうか?
        まあゼットが嫌なら窓から逃げる? 箒ならいくつか改造したのがそこにかかってるから好きなの使ってネ。
        -- 2011-01-26 (水) 01:07:13
      • うぅん、ミリーさんが良いなら僕も構わないんですけどね。このままほっておくと尾鰭がどんどんついていきそうですし
        (椅子を引いてミリーの隣に座り)えっと、入ってきても構いませんよ?聞こえてるなら・・・ですけど -- ゼット 2011-01-27 (木) 00:52:54
      • (どたどたと入ってくる研究生+一部の野次馬教員生徒達、中には先ほど手紙を交換した者もいる)
        いるとは思ってたけどこんなにいるとは思わなかったヨ……。(自分のすっとこどっこいが感染したかも、などと思い頭を押さえる)
        えー、聞こえてたと思うケド、これがうちの旦那。こう見えて60オーバーだから。(そう言って有無を言わせない笑顔でゼットを紹介する)
        -- 2011-01-27 (木) 01:08:00
      • それほどミリーは注目されてるって事なんでしょうか、人気者なんですね(頭を抱えるミリーを見てくすくす笑う)
        はい、皆さんはじめまして・・・初めてでない方も居ますね。ゼット・タケルと申します。えー、まぁミリーの夫です。
        説明の通り、ワケアリでもう50年ほど年を取っていません。この大陸の外からやってきました。
        えっと、錬金術師ではなく鍛冶師をやっています。皆さんよろしくお願いしますね
        (そう言ってほのかに潤んだ瞳を細めて艶やかな唇が微笑むと男性生徒が頬を赤くしてゼットに魅入る) -- ゼット 2011-01-27 (木) 01:23:35
      • 先生!質問です!恋愛はそれぞれの自由とよく言いますけど・・・せ、せんせいはその百合な人だったのでしょうか!
        バカ、お前そう言う事をストレートに・・・あ、ゼット・・・さんですか?すいませんこいつバカで。おまえもなー、そういうデリケートな所は触れるなよ
        ゆりゆりってなんですかー?
        キミにはまだ早い・・・って言うか風紀の乱れだわ!不潔だわ!学園裁判よ!
        あー、だからセンセイの授業聴きに来てたんだねー。また来た時に手紙交換しようねー
        ショ、ショッキング・・・!ミリー先生がそんな・・・
        ムホホッ、こりゃ学内新聞のトップ記事は私が頂きだねー! -- 2011-01-27 (木) 01:28:07
      • うるさい、黙れ……。(低い声で一言)
        若い頃からよく勘違いされるケドゼットはれっきとした男の人だからネ、あとあたしのだから取っちゃだめだヨ☆
        ほら、あんた達勉強しなさい勉強、テスト近いんだからネ! 勉強しないであたしみたいになっても知らないから!
        -- 2011-01-27 (木) 02:03:25
      • (凍りつく様に一斉に静まり返る生徒たち、年少組の子は普段は優しい先生の違う一面を見て半泣きになる)
        (新聞部の生徒は何故かフィルムを潰し最初に百合発言した幼馴染っぽい生徒は二人組でドゲザをしていた)
        わ、わかりましたー!し、しつれいしますっ!!
        (だばだばーっと来た時と同じように転がり出ていく生徒たち)
        (授業中に手紙を回してきた生徒がひょっこりドアから顔をのぞかせた)
        そそ、次来た時はまた後ろに座りなよ。あそこはいつも空いてるからね。それじゃぁねー
        (せんせいこわーいっとからから笑いながら頭をひっこめて逃げていった) -- 2011-01-28 (金) 22:32:16
      • あははは、まぁこう言うのは慣れてますしミリーさんもそんな・・・(苦笑いを浮かべる)
        (雪崩出ていった生徒たちを見送りぼうぜんとした)・・・なんだか嵐みたいでしたね、元気の塊みたいな -- ゼット 2011-01-28 (金) 22:34:40
      • もー相手するのも疲れちゃう。ほんとならあのくらいの孫がいてもおかしくないとか考えちゃうと余計にネェ。
        とはいえあの子達と一緒にいると感性を刺激されるのも確かだし、人間いくつになっても勉強って感じ。
        こと錬金術に関してはそこが衰えたら話にならないし……。まァ、あの子も言ってたけどまたおいでヨ。あたしも気が引き締まるしネ。
        -- 2011-01-28 (金) 23:09:40
      • 孫、ですかぁ・・・(ちらりと横目でミリーを見る)
        閃きや突拍子もない発想がないと駄目ですもんね錬金術は。僕は頭が固いからそこら辺が難しいんですよねー
        ふふっ、そうします。あー、そうそう・・・3日ほど家を空けようと思うんです、西の山奥に気になる集落があって・・・そこに行こうと思うんですよ
        だから出かける前にミリー分を補充しに来たりする訳です -- ゼット 2011-01-29 (土) 00:05:59
      • なんだよぅ、若返りの薬とか使わないからネ。
        当たり前のことを疑問に思う気持ちとか、不思議を不思議で終わらせない気持ちとかが大事だからネ。そういった意味では小さい子のが錬金術の真理に近いのかも。なんでなんでって疑問はつきないからネェ。
        向いてないのならあたしがそこを補えばいいからネ、そうやって誰かの不足を補うのが生きてるってことだよネ。
        あら、また怪しげな技術教えて貰いに行くのかな? 気を付けてネ……てェなによそのあたし分って。
        -- 2011-01-29 (土) 00:36:56
      • そ、そう言う意味では・・・!それに僕は今のミリーも大好きです!
        年をとるとなんでかそう言う感覚が薄れちゃいますよね。分かったつもりが体にこびりついちゃって・・・(はぁとため息をつく若い子)
        そうですよね、僕もミリーの役に立てるように頑張らないと。ジャンルは大分限られてしまいますけどね、あはは
        あ、怪しげじゃないですよ。未開な土地の精錬技術はオカルティックな要素が多いですけど向こうでは失われてしまった技法もいっぱいあるんですよ
        おかしな話ですよね、大昔の方がオリハルコンやミスリル、ヒヒイロノカネなんて優れたものが作られてるだなんて・・・
        今に生きる鍛冶師としては少し情けなく感じます・・・。あぁ、話が逸れましたがその集落はズバ抜けて凄いらしいですよ剣や槍、はたまた甲冑なんてのまで作ってるらしいです
        鉄の柱を作って拝んでる他の集落とはレベルが違いすぎるんです。
        これは僕としては見逃せませんネ。・・・え、ですからミリー分です。三日も会えないのは寂しいので補充しちゃいます
        (ドアを占めて鍵をかける)聞こえないようにするので安心してください(にこり) -- ゼット 2011-01-31 (月) 00:21:13
      • 見た目若い子にこんなこと言われるなんて……! あたしも見た目だけでも若くなったら考え若くなるかな……。
        ヒヒイロカネならもどき作ったからあたしに任せて! 製法知ってるのあたしとドワーフ郷でお世話になった人たちとあともう一人しか知らないやつ!
        そりゃあこのあたりの先住民にしては珍しいネェ、誰かしら伝えた人でもいるのかな?
        って、何鍵かけてるのかなァ……?(椅子から腰を浮かして後退り)
        -- 2011-02-08 (火) 00:12:35
      • そう言えばそうでしたよね、懐かしいなぁ・・・あの街を出る切っ掛けでもあったんでしたっけ
        噂によればミリーさんはヒヒイロノカネで短剣を作ったとか何とか、いったいどんなものを作ったんでしょう?
        くすっ、だって鍵を掛けておかないと突然の訪問者が来られた場合ミリーさん困っちゃうでしょう?
        (悠々とした足取りでミリーを部屋の角へ追いこみ)先ほど注意された手前こんな事しちゃうのは申し訳ないですけど・・・
        けどミリーさんが悪いんですよ?こんなに魅力的なんだから・・・(すっと頬を撫でて首筋にキスをする)
        だからいっぱいミリーさん分を頂いちゃいます(褐色の双椀がミリーの体に絡みついていった・・・)
        (何度か生徒がドアをノックしてきたがドアの奥からは何も返事が聞こえず鍵がかかっていたので出かけたのだろうと去っていった)
        (それから暫く後に妙に艶めいたゼットを目撃されたが中で何が起きていたのかは誰も知らなかった) -- ゼット 2011-02-08 (火) 19:26:44
  • -- 2010-09-22 (水) 19:01:21

    • あよ
      るく
      にしてもぴったり0かぁ、ある意味ミリーらしいって気がしねーでもねーな -- マオウ 2010-09-22 (水) 19:26:24
      • やめる気になったからやめたまで! 称号関係も満足いったしネェ。
        学校もあと2年くらいで定年だからどこかに引き込もって弟子とって研究するか……お嫁さんになるかかなァ?
        -- 2010-09-22 (水) 20:33:54
      • (そういえば何度か差し入れに来てくれてたから面識あったわ!と霧のゲートを抜けてお祝いに現れる古城の主)
        (少々どころか完全にメタいブツだけど、せっかくなのでサイレントヒル土産を置いていくヨルダさんだ) -- ヨルダ 2010-09-22 (水) 23:27:48
      • くッ! 来たか恐怖新b……じゃないや、サイレントヒル土産……ガンダム……。
        へー、今ガンダムってサイレントヒルにあったんだー、ガンダムも地方巡業で大変だネェ……。
        -- 2010-09-22 (水) 23:30:51
      • 無事引退おめでとうございます。(クラッカーをパーン)
        長い長い冒険でしたがこれで一区切りですね、僕も一安心できますよ。 -- ゼット 2010-09-22 (水) 23:33:40
      • 始めての冒険が126年12月、最後の冒険が167年11月のぴったり41年。人生の2/3以上冒険してたってことだネェ。 -- 2010-09-22 (水) 23:36:39
      • わァお、ゼットさんもいらっしゃーい。なんだかわざわざ来てもらっちゃって悪いなァ。
        もう一段階くらい向こうも強くなっちゃうもんネェ、薬草取りばっかりしてたあたしには辛いかもだし。おや? 心配だった?
        -- 2010-09-22 (水) 23:52:15
      • 向こうの大陸へ戻るタイミングを見失っちゃってただけなんですけどね(ちょっとバツの悪そうに苦笑い)
        意外となんとかなっちゃってたかもしれませんよ?今のミリーさんには腕相撲で勝てる気がしませんし。
        (腰に手を当ててじぃっとミリーを見据えて)当り前じゃないですか、もう毎日毎日ドキドキだったんですから・・・ -- ゼット 2010-09-23 (木) 00:03:21
      • やー、そっかそっか。その気持ちよく分かる、ちょっと面倒だヨネェ……。
        生ける伝説とか呼ばれてもあたしはか弱いもの……。(よよよ)
        あー……ははは……いやなんかそんな真っ直ぐ言われちゃうと恥ずかしいなァ。
        -- 2010-09-23 (木) 00:31:38
      • 山なら良いんですが海が辛いんですよね・・・。(たはぁ)
        (ぐいっとミリーを抱き寄せて顔を近づける)ふふっ、確かにか弱いですね(にこりと余裕たっぷりに微笑んだつもりだったが顔が熱いのがはっきりわかった)
        ・・・・・・・・・み、ミリーさん。返事を聞かせて頂いて良いでしょうか・・・ -- ゼット 2010-09-23 (木) 00:37:37
      • 船使ってもいいケド……遅いからどうしても箒使いたくなっちゃうよネ。(そこで抱き寄せられて顔を真赤に)
        あ、あたしもうそろそろ60歳だから子供も産める年じゃないし……。
        それにゼットさんの娘さんとも上手くやっていけるかなーって思うし、まだまだ研究もしたいし。
        でも、ゼットさんのこと嫌いじゃないって言うか……す、好きだし……。
        こんなあたしでよければ、その、もらって下さい……。
        -- 2010-09-23 (木) 00:43:26
      • はい、喜んで・・・・・(じわりと涙を浮かべて二人の境界線が曖昧になる位顔を近づけていく)
         http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp000779.png 
        (ゆっくりと唇を重ねた) -- ゼット 2010-09-23 (木) 01:20:11
      • (数秒して顔を離し、お互い少し照れくさそうに笑った)
        ミリーのアトリエ〜ハイラーグの錬金術士〜 第三部完
        -- 2010-09-23 (木) 01:29:16
  • 退した -- 2010-09-22 (水) 19:01:06
    • (気を利かせてトーンレベルを落とし、ポーシャモードに入るヨルダさんだ) -- ヨルダ
      • (今更気づいてうにを投げる) -- 2010-09-23 (木) 00:33:01
      • (やっぱりこんな感じで名前ごとフィルタかけるべきだったかと悔やみながらうにの洗礼を受けるヨルダさんだ) -- ヨルダ
      • (なんかとんでもない現場に居合わせちゃったなと思いつつ一応紙吹雪を作り始めるヨルダさんだ) -- ヨルダ
      • (椅子を勧める) -- 2010-09-23 (木) 01:08:14
      • (完成した小ぶりなくす玉を手渡しながら、すいません帰るタイミングを逸しまして……と恐縮して座るヨルダさんだ) -- ヨルダ
      • (い い の よ という顔をしながらくす玉を設置しクッキーとお茶を出す) -- 2010-09-23 (木) 01:21:04
      • 更に今気づいて恥ずかしさのあまり軽く死にかけた
        //そろそろいったん区切らせて貰います・・・・申し訳ない!
        //しかし顔の緩みが止まらない・・・!
        -- ゼット? 2010-09-23 (木) 01:21:42
      • (//遅すぎる春でござった……11月だけど。おやすみなさいーかなー) -- 2010-09-23 (木) 01:24:36
      • //もう少しもう少し、と思いつつ気がつけばこんなに・・・ヘタレ過ぎますた。お休みなさいませー -- ゼット 2010-09-23 (木) 01:27:46
      • (あ、じゃあ良さげなタイミングなんで割っとくね?と菓子をボリ食いながらくす玉の紐を引っ張るヨルダさんだ)
        (とりあえずおめでとうお二人さん!と拍手すると、明日の濡れ場を期待しながらこちらも霧に消えていくヨルダさんだ) -- ヨルダ
      • (あたしはまだ寝ないんだケドネ! てっきりゼットさんがおやすみかと! 濡れ場なんて ない)
        (第一部冒険者の街編、第二部カントレーヌ編、第三部ファリエスト編を終了し第四部の企画構想に入る錬金術士だ)
        -- 2010-09-23 (木) 01:32:23
  • そういえば、センコーキシダン見習いのリックという男もハイラーグ出身だったか(やはり新大陸にて、冒険者用緊急通行証の紋章を見てぽつりと)
    もしあなたがハイラーグ本国に赴かれることがあったら、機会があればでかまわないがこれを言伝ていただければ(春のバニーカタログ・ポケット版を渡す)
    (高速汽船の警笛。次の冒険に間に合うか? 返事を待たずにタラップを上る騎馬)それでは、また縁あれば。それまでご息災に -- ゴム底 2010-09-04 (土) 12:35:53
    • リック、リック……あー、うちの子の友達にそんな子いたかな?
      あい、たしかに受けとりました。毎度遠いとこご苦労様、また一緒になったらよろしくネェ。
      -- 2010-09-04 (土) 13:02:32
  • (鉄の箒をミリーの部屋の窓辺に乗りつけて窓ガラスをノックノック)こんにちは〜、郵便配達に参りました。 -- ゼット 2010-08-22 (日) 11:22:57
    • あらまお久しぶり、よくここが分かったネェ。(ガラッと窓開けて)
      ところで郵便配達って?
      -- 2010-08-22 (日) 12:11:39
      • 有名人ですからね、ミリーさんは。噂をたどっていけば自然と分かりますよ。
        (ピッと封筒を一つ差し出す。中身は一枚の写真と古ぼけたコイン)本棚を整理してたら出てきたので懐かしくなっちゃって
        なんだか久しぶりに会いたくなっちゃって来ちゃいました。コインの方は・・・まぁお守りです、いわくつきですがね -- ゼット 2010-08-22 (日) 12:24:49
      • きっと凄腕錬金術士の噂かな、あたしったらいつの間にそんな……え、違う?
        なっつかしいネェ、あの街にいた時のだ。(写真を撫でて懐かしそうに笑う)
        いわくつき……いわくつきのお守りってどうなのサ。
        -- 2010-08-22 (日) 13:57:28
      • さぁ?とりあえずお酒をよく飲む錬金術師と言うのは共通してましたね(くすり)
        ええ、何年前の話になるんでしょうかねぇ・・・僕もミリーさんももう随分と大人になってしまって・・・(としんみり言う割には外見が変わってない兎)
        語弊と言いますか、身代わりの金貨であることは確かで効果も間違いないんですが・・・持ってた精霊がアレなので
        と、兎に角!無事引退できる事を祈ってますからね、ミリーさん! -- ゼット 2010-08-22 (日) 16:21:24
      • 最近錬金アイテム作成依頼の報酬にワインとかビアがついてくるのはそのせいか……アル中錬金術士なんて呼ばれてたらあたし傷ついちゃう!
        あー年くった年くった、肌の手入れだけじゃなんとも誤魔化せなくなってきたヨ。ゼットさんが若いのはやっぱりちょっと違うからかな?(ぺたぺた)
        精霊が持ってきたネェ……ちょっち気になる話だワ。(ポッケに仕舞いながら)
        あいよっ、任しといて!
        -- 2010-08-22 (日) 18:30:44
      • アル中とまではいってませんが酒樽の錬金術師なんて話もありますし・・・夜な夜な樽の中に水を詰めてワインに作り変えてるとか・・・!
        化粧なんてしなくっても僕はそのままのミリーさんが好きですよ。んっ、まぁ僕は色々と複雑な事情がありますので・・・(苦笑いしつつ突き返し)
        何でも昔知り合いから貰ったものだとか。まぁ用心しておいてください、そんなもの渡すなって話ですけどね
        と言う事で一晩泊めてください、何ですかこの地域!ガーゴイルと言い迂闊に飛べませんよ(箒から下りてミリーの部屋の中にお邪魔する)
        (ぐるりと部屋を見渡し)うん、まさにミリーさんの部屋ですネ -- ゼット 2010-08-22 (日) 18:56:51
      • そ、そんなことしてたのは10年くらい前の話だし……。(目を逸らす)
        はっはっは、お上手なんだから。おばさん褒めても何も出ないヨォ? まあゼットさんもいい年か。
        まあ……貰えるならもらっておくネ、ありがとっ。
        あ、横着したでしょ。人がいるとこなら近寄ってこないケド下りて歩いた方が早いかな。
        もー、じろじろ見るもんじゃないってば。
        -- 2010-08-22 (日) 19:25:50
      • 噂話じゃなかったんですか?!(カビーン)つくづく恐ろしい人ですね、もぅ
        (勇気出して言ったのに!勇気出して言ったのに!!)例のあの鉄が手に入ればと思ったんですが残念ですね(爽やかーに微笑みつつ若干耳が垂れる)
        そうですねー、こんな外見ですけどもう50歳は超えていますし・・・。それに子育ての経験もありますからね。ちょっと老けこんでしまいますよ
        横着するのは人間の性です、道の上を飛べばどうと言う事は無いんですが山のふもとに近づくとやっぱり危険ですね。後は砦とか・・・
        あはは、ごめんなさい、懐かしい雰囲気だったのでつい。とりあえずはこちらで何とかお願いできないでしょうか・・・
        (年代物のワインや絵具の様な奇抜な色の珍しいお酒をカバンから差しだしてふかぶかーと頭を下げる) -- ゼット 2010-08-22 (日) 19:36:46
      • 一年くらいかかる発酵を早く出来ないかとかそういう研究をネ、失敗したケド。
        最近は金属関係の調合はしてないからストック無いなァ。爆弾でも持ってく?(ペタフラムを取り出しながら)
        子育て……え、いつの間に結婚を……。(自分と同じく独身だと思ってたのでしどろもどろ)
        魔物と勘違いされたりネ、開拓地はそのあたり神経質になってるから気を付けないと。
        うむ、よいよい。それじゃ早速飲もうかァ!(グラスを二つ持ってくる)
        -- 2010-08-22 (日) 20:24:25
      • あぁ、なんだ・・・研究の話ですね、僕はてっきり本当にお酒を造ってるのかと・・・
        帰り道で役に立ちそうなので幾つか頂いていきます、前々から思うんですが物騒な部屋ですよねぇ・・・(ぽいぽいカバンに爆弾を放り込み)
        ミリーさんを差し置いて結婚なんてするわけないじゃないですか、成り行きで孤児の子を育てることになったんです。いやー、もう暫く子育ては良いですね、ええ(思い出してどっと肩が重くなる)
        飛空艇に追われた事もありますし、やっぱりあの街周りがのーんびり飛べていいですね〜
        ええ、朝まで付き合っちゃいますよ♪(きゅぽんっとコルクを抜いてミリーのグラスに注ぐ) -- ゼット 2010-08-22 (日) 21:01:30
      • そうそう、その副産物で美味しくないワインが出来ただけです。
        管理の仕方間違えなければだいじょぶっしょォ、あたしは扱い間違えることも無いし他の人はこの部屋入れないし。
        そりゃあたしが結婚してないと断定した言い方だなァ? 私だって色々……無かったや。
        子育ては近くで見てたけど苦労の連続だネ、それ以上に嬉しいものみたいだケドさ。
        あの街は箒だけじゃなくって他にもいろんなもの飛んでたし、そういう意味じゃ楽だったワ。
        あいどーも。(ボトルを受け取るとゼットに注ぎ返す) それじゃ、乾杯!
        -- 2010-08-22 (日) 22:18:04
      • それの処分はさぞ大変だったでしょうね・・・、酢か何かになってたんじゃないですか?
        バッチリ上がっちゃってる僕は無害な兎と言う訳ですかねー、まぁ火薬の扱いは心得てますから大丈夫ですけど
        無かったんですか・・・・まぁそれ聞いて安心しました。僕も・・・何もありませんでしたしね(たはぁ)
        娘が立派に育っていくのはなかなかどうして良かったですよ?冒険に失敗して今は休養中ですけど・・・
        飛びすぎでしたけどね、飛行機を見た時はとれはそれはびっくりでしたよ。僕は箒の方が好きですけど(そう言って最初の頃とはすっかり様変わりした箒を撫でる)
        ありがとうございます。ではではかんぱ〜い(そう言ってグラスを合わせる)
        (ぐいっと一気にグラスを空けて大きく息をつく)ぷはぁ〜、はぁ・・・空を飛んだ後ってどうしてこんなにお酒が美味しいんでしょ -- ゼット 2010-08-22 (日) 22:43:13
      • ちょっと酸っぱくてワインの美味しさが全く無くて……結局どうにかして飲めるようにしたっけか。
        まあ錬金術のこと多少なりとも知ってる相手とかは別だケドさ、無害じゃないの?
        なぜ、安心を、する。あたしに何かあっちゃいけないってのか! そっちもかァ、ならお互い様って奴だァネ。(たはぁ)
        あらら、冒険者になってたんだ。なんかゼットさんて子煩悩って感じなのによく許したネェ。
        ああいう技術もあるんだなって、錬金術で出来ないかと見てみたりもしたケド結局……ていうかだいぶカスタマイズしてるなァ。(苦笑して箒を見る)
        (ごっきゅごっきゅぷはー)爽快感とか……?(二杯目を注ぎながら)
        -- 2010-08-23 (月) 00:13:01
      • 好奇心が強めなので変なものにまで手を出すかもしれませんよ?まぁその前に一声かけますし、危険そうなものは雰囲気でなんとなくわかりますが
        (そう言って部屋の一角にある危なそうなものを見て、ちょっと黙り込む)
        ・・・何かあっちゃいけないと言う訳じゃないですけど、ミリーさんが結婚してたりするときっとショックを受けるんだと思うんです
        独身で気軽に遊びに行ける友人が居なくなった、と言う訳ではなく・・・
        (視線を戻してまっすぐミリーを見る)やっぱり僕はミリーさんの事が好きなので、失恋と言うんでしょうかね。勝手な言い分ですけど
        だったら早く告白すれば良いじゃないかと言う話にもなるんですが、研究に直向きに打ち込んでいるミリーさんもとても素敵だと思うのでそれも何だか違うなぁ、なんて(グラスを握る手に力がこもる)
        あはは、ごめんなさい。何だか酔っちゃってますね、久しぶりにお酒を飲むとどうも駄目ですね・・・
        そうそう、それが聞いてくださいよ、うちの娘が馬鹿でですねー、もう言い出したら聞かなくって。冒険者になるって事はどういう事なのか全く分かってないんですから
        まぁ、あの街ならではの風習と言いますか・・・親が親だからといいますか・・・とほほです
        (おっとっとっと、とグラスのお酒を受けて、お酒を受け取ると今度はこちらが注ぎ返す)
        重力に縛られない、と言うのは素晴らしい事だと言う訳ですね。何かに解放されるような、そんな感じが・・・ -- ゼット 2010-08-23 (月) 22:02:36
      • うんうん……なんですとッ!?(ぴしっと固まる錬金術士)
        いやほら、あたしもうおばあちゃんに片足突っ込んでるし、錬金術もまだまだだし……。(真っ赤になって指もじもじ)
        返事は保留! 保留です! ほらだってそんなこと全然考えてこなかったし急だし……。本当にもっと若いうちに言って欲しかったヨ。
        親の姿見ながら育つとやっぱりそういうことになるんだろうネェ。(グラスを満たしていく様子を見ながら)
        足が地面についている、っていう縛りが一つ無くなるわけだし……きっとそうなんだろうネ。
        -- 2010-08-24 (火) 01:13:13
      • 年齢や外見なんて関係ないですよ。ミリーさん・・・貴方だか僕は夢中になっちゃうんです。
        (不安げに倒れていた耳が起き上がりミリーの方を見る)
        あはは、確かに急でしたね〜。ええ、返事はいつまでも待ちますよ、僕も気持ちをぶつけるのに随分とかかってしまいましたし・・・
        あ、ミリーさん。若いうちにと言いますけどね、20年前は研究一直線じゃなかったですかっ!もう付け入る隙もございませんでしたよ(やれやれとため息)
        周囲の環境の所為にして言い逃れしようと思いましたが止めておきます。
        自分の可能性を超えた向こう側を見たい、と言う気持ちは知らず知らずの内に受け継がれているんでしょうね
        まぁ、僕はハンディキャップがある分余計にそう思ってしまうんでしょうね。(こつんっと右足の義足を叩いて笑った) -- ゼット 2010-08-25 (水) 01:00:40
      • そっちが関係なくてもこっちが関係あるの! 若くてピチピチしてたほうがこっちとしてもいいし……。
        まぁ、あの当時言われてもたしかに研究一本だったから今ほどしっかりした答えは出せなかったかもしれないかな。
        その周囲の環境のせいにして言い逃れするのが娘の話かあたしへの告白の話かで随分態度が変わるケド。
        限界を超えたいって気持ちは誰しもあるんだろうし、あの街にいるとそういう気持ちはなおさら強くなるかもネ。
        だって普通の人間でも限界を越えた人がたくさんいるんだもん、あたしも見習いたいネェ。
        歩くのを飛び越して空を飛ぶってのふしぎな話だケドネェ、まあ便利に使ってくれてるなら良かった良かった。
        -- 2010-08-25 (水) 02:11:12
      • はう、そう言われると本当にもっと早く告白すればよかったですね・・・うぅん
        ごめんなさい、娘の話の方です。久しぶりに会ったのにこんな話ばっかりで申し訳ない・・・やっぱり僕子煩悩なのかな?
        ミリーさんも限界を超えてるじゃないですか。そうだ、ミリーさんの話を聞かせてください
        僕がミリーさんについて知ってる事なんて人伝に聞いた事ばかりですしね
        // -- ゼット 2010-08-25 (水) 22:13:54
      • いやでも年取ってこんななったから好きだったとか言われるよりはマシって言うか……。
        嬉しいケドさ。……はい、この話はここまで! また今度ちゃんと返事するから!
        いやいや、子煩悩だと思うヨ。娘さんの話してる時ずーっとニヤニヤしてるしィ。(意地悪そうに笑う)
        あたしは人間の域越えてないよ。アールヴの薬草とかへの知識にも勝てないし妖精の作る秘薬も作れないし。
        人間は人間なりに似たもの作れないかと試行錯誤は繰り返してるケドネェ……。(くいーっとグラスを空け)
        今の目標は薬草図鑑の完成だネ、今までの冒険で見つけた薬草を図鑑にしてあとの子達の助けになれたらなーって。
        (言葉通り机の上には大量のスケッチと植物標本、そしてそれらに関するレポートが山積みになっている)
        -- 2010-08-25 (水) 22:55:33
      • わかりました。返事、楽しみにしてますからねミリーさん
        嘘、そ、そんなに緩んじゃってましたか?!(あわてて頬に手をあてる。)できれば忘れてください、恥ずかしい・・・
        そうなんでしょうか?僕から見れば十分凄いと思うんですがね・・・けど、種族での技術の差は本当に凄いですからね、僕もドワーフの方が作る細工や工芸品を見ると度肝抜かれる事ありますもん
        (後続の研究者の為の研究と言う発想に目を丸くする)今ミリーさんが凄く輝いて見えますっ、僕は何か一つ自分の剣を残せれば・・・なんて独り善がりな考えしかしてませんでしたが・・・そう言う考えもあるんですね
        (机の上にあるスケッチを一枚手に取って眺める)見た事がない薬草ですがこれはこの大陸特有の植物なんですか? -- ゼット 2010-08-25 (水) 23:31:33
      • 緩んでたヨォ、もうほっぺただるんだるんだった。わっすれなーい。
        畑が違うとすごく見えるケド同じ畑から見るとネェ……。(ちょっと悔しそうな顔)
        人間やめて長生きすればもっとたくさん研究できるかも知れないケドそれは違うしネ。
        ほら、あたし先生やってたから自分のことだけを考えるって出来なくなったのかも知れないや。
        でもさ、図鑑作ると自分の名前載るでしょ。だからゼットさんと一緒、自分のやったことを残したいって気分もあるんだ。
        そのスケッチはそうだネ、こっち来たら今まで見たことない薬草が沢山あるし、この大陸に先に住んでた人達も色んな薬草知ってるし。
        効能を調べる以外にも分類したりしなくちゃならなくててんてこ舞い。(疲れた、でも楽しそうな顔で笑う)
        -- 2010-08-26 (木) 00:15:07
      • 長く生きたからといって何かを成せる訳でもないですしね。結局は一回こっきりの人生なんですしね・・・(歳を重ねていない自分の手を見てため息をつく。)
        図鑑が完成した暁には一部分けてくださいね。知り合いが本ってちょっと特別ですし。
        うーん、しかしその話を聞くと鍛冶師ギルドや道中で学んだ知識を僕も遺したくなります。
        ただ僕の場合はミリーさんの様に誰かに伝えるためではなく・・・自分の生きた軌跡を遺したいと言う感じですが
        (以前によく見た研究者の顔をしているミリーさんを見て微笑み)楽しそうですね〜、今ものすごく充実していますって顔してますよ(ミリーと自分のコップにお酒を注ぎ、次のお酒を開ける) -- ゼット 2010-08-28 (土) 00:33:07
      • まあそれ以前に錬金術で自分の寿命弄るのはホムンクルスに並んで禁忌とされてるからやらないしやれないヨ。
        いいヨォ、こっちで見つけたのだけじゃなくって向こうの薬草とかも入れる予定だからちゃんと使えるはず。
        自己満足って言ったら言葉は悪いかも知れないケド、自分が満足できないことはつまらないじゃない。
        それで他の人の役に立てば倍率ドンで嬉しいケドネェ。
        ゼットさんの剣だって、巡り巡って誰かを守るために使われるんだからそれでいいと思うな。
        楽しいケド楽じゃないってやつだネ。(酒を受けもう一度グラスを合わせる)
        -- 2010-08-29 (日) 01:44:51
      • せめて力の無い誰かの牙になってくれれば良いんですがね・・・
        そう言う事ですネ、だからこそ創意工夫のし甲斐があって遣り甲斐がとてもあります(チリンと音を立てたグラスを見てハッとする)
        そうそう!生ける伝説のお祝いやら何やらですっかり忘れていたんですけど・・・(がさごそとバックを漁り)
        今の専門は薬や生命に関するものらしいですが・・・あれ、どこいった?(がさがさ)・・・また暮らしに役立つアイテムを・・・あったあった、もうひとつは・・・熱っ
        (指を咥えて振り向き)また暮らしに役立つアイテムを作ってみませんか?(そう言って取り出したのは二つの赤い石)ここに来る途中で見つけたんですけどね
        この石、合わせると燃える様に熱くなるんです。で、これを使ってポットを作ってもらいたいんですよ
        構造は単純にポットと厚めの敷き板に石を取りつけて乗っけると熱くなるようなるものなんですが
        石の加工が難しくて・・・削ると熱くならなくなっちゃうんです。で・・・ミリーさんにこの石の加工をお願いしたいんです
        作ってみませんか?機械の様に燃料も薪も必要としない魔法のポット -- ゼット 2010-08-29 (日) 22:55:47
      • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst068778.png -- 2010-08-30 (月) 00:03:36
      • なるよ、きっと。そこのとこはあたしが保証するってェ。
        ん、どうかしたの? 飲み過ぎでトイレでも……あぁ、あたしも胃薬飲んでおこう。(がさごそ)
        最近飲み過ぎた翌日は授業するのも辛くなってきたんだよネ。(さらさら飲みながらゼットの取り出した石を見る)
        あらま、そんな珍しいものあるんだネェ……。やるのは全然構わないケド削ると熱くならないんだヨネ?
        うーん、加工しない方が楽ちんなような……でもしないとドでかいポットになっちゃうか。
        削ると熱くならなくなる原理を探ったほうが早そうだネェ。(石をジロジロ見ながら)
        -- 2010-08-30 (月) 00:43:36
      • (何本か空いた瓶を見て気まずそうに)あ、ひょっとしてまずかったですか?明日授業とか・・・
        石の加工に関しては他の物に応用効かせるのと見栄えの問題ですかね、あとは受け皿とポットの加工もありますし・・・うーん、そのまま使うか・・・けどポットの底が厚くなっちゃうのがなぁ
        原理の方はお任せします。そこら辺になっちゃうと僕はもう本当にお手上げなので・・・
        久しぶりの依頼、と言うやつになりますね〜♪ -- ゼット 2010-08-30 (月) 00:52:19
      • じょぶじょぶ、明日は無いし……ていうか最近めっきり授業も減っちゃってさ。あたしを研究室に追いやって教え子が教鞭取る時代だヨ。
        ふーむ……まあポット以外にも色々使えそうだし加工技術は確立しておいた方がいいかな?
        まあその辺り含めて色々調べてみよっかネェ。もうちょい素材があると調べ易いんだケド……これどこで見つけたの?
        よォーし、まっかせなさい。
        -- 2010-08-30 (月) 01:04:22
      • 見つけた場所ですか・・・えーっと、この街から箒で南東に二日ほど行った火山です。
        そこから真っ直ぐ箒で飛んできたので方角通りに飛べばすぐに見つかるはずです
        目利きの方には自信があるので僕が取ってきましょうか?ついでに鉱石もいくつか調達したいですしね -- ゼット 2010-08-30 (月) 23:37:01
      • あー、あの山かァ……そう言えばその辺りに先住民の人たちがいたから加工方法知らないかな。
        んー……むむむ、よし、あたしも行こう。久しぶりに鉱石関係の研究もしたいし。(ぽんと手を打って)
        授業の方もなんとか都合つけてもらえば平気っしょ。
        -- 2010-09-01 (水) 23:49:15
      • (ぐーっとお酒を空けて)そう言えばここの先住民の方とはあまり喋っていませんね、物々交換を持ちかけて耳を引っ張られたりはしましたが
        この地に伝わる未知の技法なんてのもあるんでしょうか(きらりと目が光る)
        先生授業は自習にしちゃうんですか?そこまで急ぎのお仕事でもないんで生徒を優先してあげてくださいね
        ミリーさんの授業人気がありそうだから何だか生徒に悪いですし・・・けど都合ついちゃいます?
        (久しぶりに一緒に採取に行けそうなのでうずうずと耳が揺れる)
        と、とりあえず深酒は止めにして休んじゃって明日に備えましょっか♪
        (雑嚢から寝袋を引っ張り出して床に敷き) -- ゼット 2010-09-04 (土) 11:17:57
      • 錬金術って概念は無くても薬の作り方は錬金術そのもので、思いもよらない調合したりするし、学ぶとこは沢山あるんだよネェ。
        それにこの大陸特有の薬物取り扱いについてなら彼らに一日の長がある訳だしィ。
        授業は他の先生に代わってもらいましょ。やることはこないだの授業で教えたし、実験の監督なんてあたし以外もできるもん。
        ていうか出来てくれないと困る、これを機に完全引退しちゃおうか。(そんな風に言って笑う)
        じゃあ明日学校で代講とお休みの手続きするからその後出発かな?
        あ、客間掃除してくるヨォ。
        -- 2010-09-04 (土) 12:57:33
      • なんだかワクワクしちゃいますね、この地域の方々の製鉄技術はどれほどのものなのでしょう
        いえ、ひょっとすると別のアプローチで思いもよらない物が作られているかもしれませんし、夢が膨らんじゃいますね
        では僕はミリーさんが学校に行ってる間に旅の準備を整えておきますよ。ここに来る途中で道具も色々と減ってしまいましたし
        あ、はーい。それでは待ってますね(生きた箒とかがさっさか掃除しちゃうんだろうか・・・?)
        (ちらりと客間を覗く)ミリーさん、手伝いましょうか? -- ゼット 2010-09-04 (土) 14:57:37
      • さて、あたしも製鉄の方はあまり見てないから分からないなァ。それこそ見てのお楽しみってやつ?
        文化吸収の時間でもあるかな、この年になっても勉強することが一杯で楽しみ半分辛み半分ってとこだネェ……。
        はいはい了解、それじゃまあお昼にこの街の南門に集合ってことで。
        んー、平気平気。生徒がたまに泊まりこみで勉強しに来るからそこそこ綺麗にしてる……つもりだし。
        (しかし言うほど綺麗じゃない客間を自分で掃除中だった)
        -- 2010-09-09 (木) 02:06:06
      • (ちょっと苦笑いを浮かべて)手伝いましょう、ここ数年で磨かれた家事スキルを見せつける時が来たいみたいですね
        (何所から取り出したのかキュッとエプロンを縛ってちゃっちゃかちゃーとあっという間に客間をピカピカにしたそうだ)
        ふぅ、これでいつ誰が泊りに来ても大丈夫ですね。僕が泊っちゃうんですけど、あはは
        それではミリーさん、明日の冒険楽しみにしてますから。しっかり休んでくださいね♪それでは御休みなさい
        (ひらひらと手を振って微笑み、後日の冒険の内容は二人だけの秘密だとか) -- ゼット 2010-09-10 (金) 00:12:02
      • 掃除下手な訳じゃなくて調合とかで忙しくってネェ……ごめんなさい掃除下手です。

        おおおォー……。(さっぱり綺麗になった部屋を見て感嘆の声)
        さすが子育てやってただけはあるネェ、あたしの女としてのプライドが……いま復活しました。(ほとんど女やめてた的な意味で)
        あいよォ、それじゃおやすみなさい。(その冒険はなかなかに有意義なものになったらしい)
        -- 2010-09-10 (金) 00:55:59
  • (同行した冒険の終了後、船便で帰ろうというのか波止場にて)なるほど、以前はあの冒険者酒場界隈にお住まいだったと
    もし何か彼の地のほかの冒険者に言伝などあればうけたまわるが、心残しなどはありましょうか? -- ゴム底 2010-08-24 (火) 01:24:17
    • あー……あのあたりの人かァ。ん、そうだなァ特には大丈夫かな。
      それにあの街にはちょくちょく顔出すしネェ、でもわざわざありがと。
      -- 2010-08-25 (水) 01:10:25
      • いやこちらこそ、伝説とまで呼ばれる冒険者と同道できるのは幸運なこと。ではまた、縁あれば
        (軍礼ののち汽水船?帆船?高速蒸気船に乗り込む騎兵、設定よく見たら滅茶苦茶遠いッポイし!) -- ゴム底 2010-08-25 (水) 01:22:10
      • はぁい、それじゃ機会があったらまたネェ。(手を振って見送った)
        (//ごめんね、厄介な設定でごめんね)
        -- 2010-08-25 (水) 02:00:50
      • また二ヶ月ほど、世界を縮めてしまった――(『新大陸帰りの』ゴム底と呼ばれるようになった) -- ゴム底 2010-08-25 (水) 02:34:18






  • !!
    -- 2010-08-21 (土) 16:37:56
    • (おめでとうございます、と電報と日本酒が届いた) -- ゼット 2010-08-21 (土) 17:16:12
      • おめでとう!(高級白ワインを届けた!) -- レナータ 2010-08-21 (土) 17:24:16
      • ちくそう!羨ましいぞミリー!(笑顔でべしべし叩く念を送りながら)えーと日持ちするものが良いよな、よし(おめでとうの手紙とチョコレートを送った) -- マオウ 2010-08-21 (土) 18:35:26
      • (その日は新大陸アカデミーの生徒たちに祝福されて授業そっちのけで浴びるほど酒を飲んだそうな) -- 2010-08-21 (土) 19:03:40
      • (まじかよ!?という念波的なものが異世界から届く) -- ??? 2010-08-21 (土) 20:13:30
      • (マジだよ! と念波を送り返す) -- 2010-08-22 (日) 20:25:33
      • (ヴァルハラからのいいなー生ける伝説いいなー的な念) -- 2010-08-24 (火) 01:15:11
      • (頑張りました! 途中でキノ鉱挟むのが長生きのコツかも知れませんと念波を返す) -- 2010-08-24 (火) 01:17:45
  • 友達が知らない間に一児の父になっていたような気がするケドたぶん気のせいだヨネェ……。
    (新大陸アカデミーの研究室でそんな電波を受信する錬金術士だった)
    -- 2010-07-29 (木) 22:53:25
    • ついに来たか古文書捜索……! 帰ってこれるといいなァ……。(新大陸のアトリエでごろごろしながら呟く錬金術士だった) -- 2010-07-31 (土) 02:51:56
      • 破壊王になってた……! -- 2010-08-03 (火) 02:08:32
      • (おめでとーと電報が届いた) -- マオウ 2010-08-04 (水) 08:02:55
      • 電報が来るとは……! うーん、こないだ会ったばかりなのにもう懐かしい。手元に置いときたいわ。 -- 2010-08-05 (木) 00:18:03
  • 出発までの少しの間だけど暇だーミリー何か面白れーことないかー(ぐだぐだごろごろ) -- マオウ 2010-05-28 (金) 12:36:02
    • すごい無茶振り!! 面白い話というと神経伝達に使われる微弱電気を利用した義肢技術についてとか……? -- 2010-05-28 (金) 12:44:48
      • まぁオレはミリーと話してるだけで面白いんだけどな!(胸を張る)うん、うん?要は自分の意思どおりに動く義肢ってことか?(ポニーテールは動かないんだろーかと言う目で見ながら) -- マオウ 2010-05-28 (金) 12:49:02
      • 嬉しいこと言ってくれるじゃない、このこのー。(なでくりなでくり)
        そうそう、そういうこと。あたしの研究じゃないんだケドネ。
        腕に雷の魔導器埋め込んでその電気を制御するって技術なんだって。
        今までは棒くっつけてるようなものだったんだケド、最近遺跡からそういうのが発掘されて一気に研究が進んだみたい。
        な、何かなその目は!(ばっと頭を押さえる)
        -- 2010-05-28 (金) 12:56:59
      • にぃやーっ!髪を滅茶苦茶にするんじゃねーよ!(キシャー!)ほほー最近はそんな技術も研究が進んでるんだなぁ
        なんか治癒魔法で再生医療と化すれば良いじゃない!ってつい思ってしまうのは悪い癖っぽいけど
        ミリーのポニーテールは尻尾見て―に動いたら面白そうだなーって思っただけだって!(クイクイ) -- マオウ 2010-05-28 (金) 13:03:10
      • あー、マオウのそういう反応見てると癒される……。
        治癒魔法は魔導器ないから使える人も少ないし、その中でさらに再生までって言うとかなり限られちゃうんじゃないかな。
        そっち方面あまり明るくないから詳しい事情はわからないケド。
        あたしのポニーテールがメカになる……アリな気がする……。やー、引っ張らないでよー。
        -- 2010-05-28 (金) 13:10:38
      • オレは癒されないっつーの……(ミリーの指に絡みつきながら)あーそっか魔導器って問題があったか
        なんかこう冒険者やってると魔導器なんてありふれてるように思いがちだもんな、結構貴重品だったっけこれ
        錬金術だと勉強すれば誰でも誰にでもってのがいい点なわけかー、むう鋼ポニーの錬金術師……やっぱ普通のがいーや(よじよじ登り) -- マオウ 2010-05-28 (金) 13:18:46
      • わー。(絡みつかれた指をぴこぴこ動かす)
        魔導器の支給はあるからある程度の精製技術はあるんだろうケド、純度は低いよネ。(質の悪い魔導器より質の悪い初期杖を思い出して苦笑い)
        その技術のいいところは身体の出す電気自体が弱いから純度の高い魔導器じゃなくていい……というか純度の低い魔導器じゃないとダメってとこらしいヨ。
        これで魔導器の問題もクリア出来るみたい。
        でも、すごく重いからつける人に負担かけるんだって。(ポニーテールをぶらんぶらん)
        そこで軽い金属をあたしのとこに発注してきた訳さ。
        -- 2010-05-28 (金) 13:31:09
      • へー、冒険者からすると質の悪い装備は物置にポイだけど実際はそういうところで役に立ってんだな(ふむふむ頷き)
        オレも使わなくなった魔導器を出すとするか……(頭部地震にあいながらも登頂成功!と仁王立ちしながら)
        軽くて丈夫な金属!まさに錬金術の本領発揮ってところだな!んでその金属の目安はついてんのか? -- マオウ 2010-06-06 (日) 09:18:08
      • 質の悪い魔導器よりも質の悪い初期魔導器ってなんだろうネ……。
        リサイクルってやつだァネ。(頭頂旗を立てられないように手で隠しながら)
        金属の研究はそこそこでやめちゃってお薬の研究に移っちゃったからなァ……。そっちの研究は今セリが引き継いでいるんだケドそこそこ難航してるみたい。
        あたしが口挟むのもどうかなーと思って見てるだけなんだけどさ。
        -- 2010-06-06 (日) 09:56:49
      • 多分戦闘用と生活用とかの違いじゃねーかな、薪に火をつける程度の炎じゃ戦いには使えないだろ?(隠した手の上に伸びながら)
        ありゃ、今は薬専門なのか?ちょっと前にヒヒイロカネとかの研究してたって聞いたけどそれで止めちまったって事かぁ
        軽くて丈夫な金属って一口で言っても難しいもんな、加工しやすさとか修理とか汎用性がねーとだめだし、それとなくヒントくらいは良いんじゃねーのかな? -- マオウ 2010-06-06 (日) 10:04:33
      • 普通に生活するなら異常な火力なんていらないものネェ。(手の上で伸びられたのでなんとも出来ず変な格好で固まる)
        術だからネ、金属の調合は人気の分野でもあるから……みんなよっぽど金を作りたいのかな。
        うーん、構想としてはなくはないんだケド聞かれたら答えようかなって。
        -- 2010-06-07 (月) 12:07:40
      • そうそう、まぁ使いようだとは思うんだけどな、夏とか冬とかー(そのままするすると手を伝って目の前に下りてくる)
        そりゃ金は欲しいんだろ、冒険者してると感覚麻痺しちまうけど……命の危険を冒さずに作れるもんならーって考えの人間は多いと思うぞ?
        でも金よりも希少金属の方がお金になると思うんだけどさ!む、むー、セルフィアスって素直に聞く性格かなぁ……何でもかんでも自分で!って気がしなくもない -- マオウ 2010-06-07 (月) 12:37:11
      • 適材適所かな、それにしてもこのあたり冒険者が増えたネェ。(目の前のマオウのほっぺたむにむに)
        はじまりは金だったのかもしれないけれど、今の錬金術士が金を求めるってのもなんだか停滞な気がしちゃうなァ。作っても自分が作りたかったのってこれなのかな、ってなっちゃったし。
        あー……うん、たしかに……あたしの変なとこ似ちゃったかなぁ。
        -- 2010-06-07 (月) 12:50:46
      • (むにむにする指をぺたぺたしながら)一気に増えたよな、オレもびっくりするくらい、んでも中々足が出ないって言うか、今更新人のトコにも回りずらいって言うか……むむむ
        きっと錬金術の黎明期の名残なんだろうなー、あるいは一定の目標とかさ、まー何にせよ歩みを止めたらそこでお終いだとは思う
        だろ?やっぱそれとなくヒントを出すのが良いと思うぜ!ミリーに似てるなら怒ったりはしないと思うし -- マオウ 2010-06-07 (月) 12:57:19
      • マオウが遊びに行くならみんな歓迎じゃないかな、きっと気にしないで平気だよ。(にこにこ)
        金作りがほとんど成功してないのも一定の目標になる一つの原因かな。でも掘れば出てくるもの調合するより掘っても出てこないもの調合した方がいいヨネェ。
        ミリーちゃんの秘密研究ノートその19でも置いておこうそうしよう。
        身体的に無理が出来るからって籠るばかりになっちゃってるし、今度つれ回そうかしら。
        -- 2010-06-07 (月) 13:43:32
      • そうなら良いんだけど、なんか保守的って言うのか気心の知れた友達と話すのが楽だから冒険心を忘れてるのかもしれねーな!(二の腕たぷたぷ)
        そうそう、なんたって魔法金属には夢が詰まってる!金で止まらずにその先に行けば良いんだけどな、腐食耐性は最高なんだからそこからさらに
        構って貰えるってのはそれだけで嬉しい事だから良いんじゃねーか?気分転換すればアイデアだって出やすくなるさー -- マオウ 2010-06-07 (月) 14:30:15
      • あー、言いたいことは分かるよ。きゃー! 二の腕たぷたぷとかしないでよ!(腕をローブで隠し)
        魔法金属は魔力の蓄積が出来るとか色々出来るネ、有名どこだとミスリルかな。名前の響きもいいよ。
        錬金術だと魔法金属に似た特性を持つ合金を作るのが仕事かな。金は柔らかいから扱いが難しいんだヨネェ……。
        それはマオウもあたしに構ってもらえたら嬉しいとかそういうことかしら。(うりうり)
        気分転換は大事だヨネ、ずーっと集中してたら能率落ちるもん。(うんうん)
        -- 2010-06-07 (月) 15:21:52
      • そーなんだよな、でもまーこうしてうだうだ言ってても仕方が無いし、当たって砕けろの精神で!お、弛んでんじゃねーかミリー?(潜り込んでたぷたぷ)
        ミスリルとかオリハルコンとかヒヒイロカネもその一部だよな、あとブルーメタルもか?金は金で完成してる金属だもんなぁ、確かに難しいや
        う、ま、まぁ良いじゃねーか!ここに来れば構って貰えるって分かって来てるんだし!(ぺしんぺしん)はーもっと構ってもらいてーなぁ……それにはやっぱこっちから構う事か!
        そう言う場合にオレが遊びに来て集中力を乱しつつ気分転換ってのはどうかな!(踏ん反り) -- マオウ 2010-06-07 (月) 15:42:01
      • おかしい……鉄塊なのになんでこんなに二の腕柔らかいのかしら……。も、潜り込んでまでやらないで!(軽くへこみながら)
        そのあたりは合金に魔法的な処理を施してるんだったかどうだったか? だから固い金属に金メッキした方が早いかもネ。
        あいたたた、マオウはかっわいーなあー。(ぺしぺしされながら頭を撫でる)
        窓ガラス割りながらやってきて、くっ、また来たな! がお約束になるんですネ、分かります。
        でも強制気分転換はいいかも。
        -- 2010-06-08 (火) 12:12:06
      • 世の中の鉄塊がみんなアイアンマンになるなら、オレはそんな称号投げ捨てる!(堪能したのでもそもそ出て来る黒いの)
        あ、単一の純金属じゃねーんだ、そりゃそっかあれだけ便利な金属だもんな、あとメッキもそうだけど錬金術師ってアイデアがすげーと思うぜ
        かわいくねーよー(撫でられてごろんごろん)しっかし、なんか頭撫でられるとホッとするなぁ、あんなって子供騙し思ってたけどこれはこれでー
        ガラス片で血まみれになるイメージまで見えた、血は出ないけど、そうそう無理矢理山に引っ張ってくとか時に強引さは必要だぜ -- マオウ 2010-06-08 (火) 12:33:13
      • 鉄、なめんなよ。(マスクかぶりながら宣伝し始める錬金術士)
        産出しないってよりはその製法が失われてるから稀少だってことだと思う。ミスリルなんかはまだ製法分かってるみたいだケド。
        オリハルコンとかブルーメタルもドワーフの里に行った時製法は解らないから昔のを鋳潰して使ってるって聞いたヨ。
        錬金術は発想が物を言うとこあるネェ。
        頭は大事なところだから気を許した人にしか触らせない、逆に言えば頭を撫でられている時は気を抜いていいと感じるのさ!(なでなで)
        今度温泉にでも連れていこうそうしよう。
        -- 2010-06-08 (火) 12:55:09
      • (同じくマスクをかぶってアイアンマンごっこを始める)鉄は量と強度と加工しやすさを見るにかなり優秀なんだよな、ありふれててそうは思えないけど
        製法が残ってないってのはそれなりに理由が理想だよな(つんつん)ミリーはヒヒイロカネの製法とか後世に残すのか?
        行き詰った時の閃きだよなー、一つ閃くとパズルのピースがどんどんはまってく見たいですげー気持ち良いんだあれ!(ごろごろ)
        んひゃー……たしかにー気を抜いてるけどー……はぁミリーはひでー事しないって分かってるからなー(さらさらの紙をわしわしされながら)温泉!(がばっ) -- マオウ 2010-06-08 (火) 13:17:34
      • ありふれてるってのはそれだけ扱いやすいってことだからネ、使いようじゃないかしら。(アイアンマンは一人でいい……! とか言い始める)
        理由かー……作れるほどの技術力を維持出来なかったってことなんじゃないかな。
        迷ったんだケド、マイスタークラス限定にレシピは公開したヨ。まぁ大量生産には向かない製法だし作れるもんなら作ってみいって感じ。(うふふのふ)
        逆に閃かなければ一つの案件にかかりきりに……。冒険中もそのことばかり。
        ん? 行くときはマオウも一緒に行こうか。(さらさらの髪を堪能しながら)
        -- 2010-06-09 (水) 12:08:58
      • (じゃーオレスチールマン!とか適当なパチものを名乗り始める黒いの)……ってか、オレもミリーも女の子なんだからさ〜マンってのはどーなんだろ、と思ったり
        技術は人から人に繋がないとダメだもんな、記録はあってもやっぱ経験が物を言うだろーし……
        ほへー公開したんだ、でもそう判断したって事はレシピがあってもよっぽど難しいんだろうなぁ……(すりすり)
        そして事故にあうと……ピチューンする前に温泉で気分転換させようぜ!オレも勿論ついて行くし!(目の前でふんぞり返り) -- マオウ 2010-06-09 (水) 12:30:07
      • このすごいパチモノ感! アイアンウーマンとかかしら。
        独学は限度があるもの。誰かに指導してもらうのは悪いことじゃないヨ。まあ、その指導する人がろくでもなかったりすると技術はひんまがっちゃうケド。
        まあねー、いくらあたしが下ごしらえしたとしても料理人が味音痴だったら作れないのと一緒。大体あたしですら今作れるかって言ったら疑問だし。(なでなで)
        よーし、それじゃ今度空いてる時間見つけて行こうかー。
        -- 2010-06-09 (水) 13:05:40
      • 鉄の女……別の意味で嫌だなそれ、パチモノが出るのは人気の証だぜ!(ミリーの真似でポニテにする黒いの)
        それもそっか、完全独学なんてそれこそ天才でもねーと無理だよな、実力主義であれば大丈夫だろ?そこに権威とか利権が絡んで来るともうダメだろうけど
        マジか、今のミリーでも作れるか分かんねーのか、クリムゾンエッジもやがて錬金術の秘宝とか言われるようになるんだろうなぁ……(目一杯甘えつつ)
        行こうぜ!でも温泉って言うくらいだから銭湯じゃないんだろ?どっか近くにあったっけ? -- マオウ 2010-06-09 (水) 13:24:54
      • どこぞの元首相のあだ名みたいな……あたしが人気な訳ないでしょー。(小さい雪華の髪飾りをつけてあつつ)
        あとは名誉欲とか? 欲望も原動力の一つだケド、限度は知らないとネ。
        自分で言うのもなんだケドあの時は神がかってたワ……。手元に残ってたヒヒイロカネモドキはちょっとしたギミック付きの剣にしちゃったから加工はもう出来ないしなァ。
        クリムゾンエッジのレシピは公開してないから本当にそうなっちゃうかも。
        たしか山に湧いてたヨォ、むかし鈴と入りに行ったし。マオウが甘えてくるなんて!(目一杯甘やかす)
        -- 2010-06-10 (木) 12:16:43
      • ほほー……スイッチを置かれてそれを押されてる時点で十分だと思うけどなぁ、これがお揃いってヤツか!
        欲望は必要だよな、過度なそれは衰退しか生まないだろうけど、と言うかミリーに欲望ってあったっけ?知識欲とかしか思いつかねーや
        きっと神が降りて来たんだなー、って事はもう全盛は過ぎちまったって事か、それはそれでちょっと残念だけどまー今でも十分優秀だし!あんなのが量産されたらそれこそ色々滅びそうだ……
        ほへー山に湧いてたのか、んじゃ時節見計らってだな!オレだっていろいろ変わるのさ!こうすると相手が喜ぶってのが分かったからなー、うりうり -- マオウ 2010-06-10 (木) 12:31:40
      • これがお揃いってやつだネ! 髪飾りは錬金術学校卒業の証だけどまあいいでしょう。
        あるよー、そりゃちょっとは錬金術で有名になりたいなァーとかはね。
        あれがあの時作れたってことは何かの必然だったんだろうネ。今はきっと他のものを作ってなさいよって時期なんだと思う。
        量産なんてそんなコストパフォーマンスの悪いこと……うん、お互いの時間があったら行こう。
        あ、あざとい……! でも甘やかしちゃう!(なでなでふにふにすりすり)
        -- 2010-06-10 (木) 13:18:00
  • 送り先はどう書いたとかとか置いといてごろりん、となにやら小包が
    〈あーとセンセ、御無沙汰ッス。学園で世話んなったジュリオです〉
    〈その後半年くらいでコケたり三年くらいでコケたりまー色々あった末、流れ流れた先でなんか婿入りして現在に至ります、ハイ〉
    〈いや、まさか例の鍵の行き先がこんな遠いとか思わなかったッスねえ…〉
    〈そんな近況報告のついでに、たまたま手に入った食玩なんぞ送りつけてみた次第であります〉
    〈センセの方も相変わらず元気なものと断定しつつ、まあ一応はご自愛のほどを、とかなんとかね――〉 -- 差出人 2010-05-28 (金) 04:34:08
    • (新大陸の工房でごろごろしていると荷物が届く。手紙の差出人を見れば懐かしい名前)
      あはは、懐か――結局留年癖はなかなか抜けなかったのネ。
      む、む、む、婿入り!? あいったァ……生徒に先越されてるとか意外とへこむワネ。
      で、こっちが食玩か。(ごそごそ小包みを開ける)
      こ、これは! なんであたしが食玩なんかに! は、恥ずかしい……けど嬉しい!(工房のカウンターに自慢するかのように置かれた)
      -- 2010-05-28 (金) 12:19:17
  • 植林しつつぐえー!(マオウの突進をくらってバターン)
    な、なにをするだァー! というわけで久しぶり。
    -- 2010-05-10 (月) 12:23:51
    • 久しぶり、じゃねーよ!(胸の上に馬乗りになりながら)よくもオレが留守の間に旅に出やがったなー!(ガックンガックン)
      ……でもまぁ、あれだ、風の噂で無事なのは聞いてたけど、またこうして会えるとは思わなかったじゃねーかよ! -- マオウ 2010-05-10 (月) 12:29:35
      • いやぁ、まあ、ほら。ごめんごめん、差し迫った事情が……いや特に無かったんだケド、思い立って早く行かないとずるずる延びちゃいそうだったし。(ガクガクされながら)
        まあこっちにもちょっと顔出しただけであとちょっとで戻るんだケドネェ。向こうの学校の夏休み終わる前には帰らないと。
        -- 2010-05-10 (月) 12:34:59
      • ったくもー、オレは全然必要なかったんじゃーかとか小一時間くらい悩んだんだぞ?どんなに辛かったか……ああ(誇張表現最大で訴えかけつつ)
        およ、帰って来た訳じゃないんだ、やっぱ今は向こうの新大陸を拠点に研究とかしてんのか?もうちょっとゆっくりしてってもバチは当たらねーと思うんだけどなぁ……(ほっぺを引っ張ったりしながら) -- マオウ 2010-05-10 (月) 12:40:24
      • いやいや、会ったらポニーテールを引かれる思いになっちゃってたいへんなことになっちゃうかと思って。必要だからこその挨拶が辛かったというか。
        向こうで先生やってるからさ、流石に生徒放置はしたらダメかなって。小さな学校だしあたしいないとへんへーはりないんはヨォ。(ほっぺ伸ばされながら先生が足りないと訴える)
        -- 2010-05-10 (月) 12:49:34
      • むーむー……(ぱっと手を放して)ま、まぁ、そう言う事なら仕方ねーかなうん、取り合えずだ、お帰りなさいとだけは言わせてもらうからな!(ポニテ引っ張りながら)
        へー先生か、それはミリーらしい……らしい?(首かしげ)ま、いっか、じゃその学校からミリー2世が出たり出なかったりしそうだなぁ、あるいは新大陸錬金術の元祖な学校になったりして -- マオウ 2010-05-10 (月) 12:55:21
      • うん、ただいま……きゃー! 取れちゃう取れちゃう!(ポニテぐいぐい引っ張られながら)
        こっちでだってゴルロア学園の先生してたし……。(口を尖らせてぶーたれる)
        これがみんな私が同い年の頃より出来がよくてネェ。新大陸の開拓には色々ものが入り用だから、親の役に立つためにも必死に覚えるってのが大きいかな?
        -- 2010-05-10 (月) 13:00:48
      • (そのままよじ登って頭の上に居座る黒いの)はーやっぱここが落ち着くなぁ……(ぐたー)
        そりゃ先生はしてたけどー、セルフィアスから聞くにあっちこっち飛び回ってるって話だし、どーせ新大陸からまた別の所へ行くんだろー?
        ミリーより出来がいいだと……!?あ、それはやっぱ先生が良いからだろうな、あとミリーってこの街に来る前は成績悪かったって聞いた気が(にまにま) -- マオウ 2010-05-10 (月) 13:09:27
      • 頭に巣を作られている……! と言いつつもあたしもマオウが乗ってるとちょっと落ち着いたり。
        んーどうかなァー。ここらでいっちょ腰据えて後進を育成しようかななんて思ったり思わなかったりラジバンダリ。セリも冒険終わったら向こうに呼ぶつもりだし。
        やりたいことは結局、錬金術みたいだもの。(お腹冷蔵庫開けたり閉めたり)
        グサッと来た! ほら、モチベーションがネ……。あと机に座って授業受けてってのがどうにも肌に合わなかったのも。
        -- 2010-05-10 (月) 18:47:22
      • 『えっ、私聞いてませんでしたよそんなこと!
        あと冷蔵庫むやみに開けないでくださいっ! 冷気が逃げちゃいます!』
        -- 2010-05-10 (月) 23:09:30
      • 巣といっても木の枝とか持ってくるわけじゃねーし、別に良いじゃんかさー昔はよくこうしてた訳だし(ごろごろ)
        新大陸で後身かぁ、オレはてっきりハイラーグで育てるものだとばかり思ってた、セルフィアスは一度引退してたけど今冒険してんのかな?(開けるたびにアイスクリームを取り出す黒いの)
        つまりなんでも自分でやる環境に放り出されないとやらないタイプだったってことか、それって天才肌じゃねーか! -- マオウ 2010-05-10 (月) 23:09:57
      • こんな頭で良ければいくらでもどうぞ。
        ハイラーグは最前線ではあるケド最先端ではないからネ。それに先生沢山いるのにあたしみたいに新大陸行っちゃろーって人は少ないからさ。
        それにどこに行ったって研究結果はハイラーグに還元されるし、この頭があればどこでも錬金術は出来るもの。(頭を軽くふりふり)
        とも違うんだケドネ。この街で店を始めて、直にお客さんと顔を合わせて、それで錬金術の楽しさが分かったって言うのかな?
        机にかじりついてるだけじゃ分からなかった何のための学問かってのがストンと心に落ちて。
        -- 2010-05-10 (月) 23:37:11
      • ええと、こんな感じで偽名登録をですね……。 -- 2010-05-10 (月) 23:39:49
      • 窓開けてうとうとしてたら寒かった……鼻水が。(ずるずる言わせながら窓を閉める) -- 2010-05-11 (火) 12:06:33
      • (いくらでもどうぞと言われたのでぺしんぺしん叩きながら)
        ふむふむ、恵まれた環境じゃ新しい技術は生まれ難いってところか、真に必要に迫られてるのは新大陸だろうしなぁ(ころころーんと掌に落ちる黒いの)
        あー!そっかそっか、やっぱ何作るにしても相手の反応が直に見れるといーもんだし、それで喜んでもらえれば最高だもんな!(冒険者IDをメモメモ)およ、風邪?体が資本なんだから気を付けんだぞ?(額に手を当てて) -- マオウ 2010-05-11 (火) 12:22:28
      • 誰かがやらないといけないことだからあたしが行くの。年齢的にも無茶はしにくくなってきたし腰落ち着けないと。
        研究室にこもっての研究はその成果がどう影響与えるか見えにくいからネェ。反応貰えるのが一番だヨ。
        熱はないかな、ここで気を付けないと風邪引いちゃうかもだケド。
        あとスイッチがちょこちょこ押されてるんだケドもしかして……。(ジト目でマオウを見る)
        -- 2010-05-11 (火) 12:28:52
      • 年齢的にーとか言ってる割にはまだまだ現役冒険者のくせにさー(ばしばし)腰を落ち着けるって事は良い人でも出来たとか?(首かしげ)
        んじゃ今すぐうがいして暖かくする作業に戻るんだ!(毛布ばっさばさ)ふぇ?い、いやオレは押してないぞ!これは本気で押してねーってば!
        ま、簡単に言うとミリーも結構な人気者って事だぜ(えへん) -- マオウ 2010-05-11 (火) 12:36:17
      • 自分の採取のついでに薬草採ったり鉱山掘りに行ってるだけだって!(叩かれる度引っ込む首)
        いい人……何それ……食べられるの……。いやァ、昔そんなこともあったケド向こうが突っ込んで来なかったしネ! 錬金術狂いだそうですよ! あはははは! ……はあ。
        あぱぱぱぱ。(毛布達磨になる錬金術士)
        そう? それならいいんだケド、あたしゃもうおばちゃんだヨ?
        -- 2010-05-11 (火) 12:44:38
      • その割には熊とかしばき倒してるくせにー(にまにま)……そ、そっか……(目を泳がせて)んーむ、ミリーは若返りとかそんなのに興味なさそうだもんな、ってなわけでオレが強制的にー(薬瓶をぽいぽい)
        冒険者カードを見れば分かるけど、イメージとしてはやっぱあのミリーしか思い浮かばねーし! -- マオウ 2010-05-11 (火) 12:50:35
      • 錬金術士が錬金術狂いで悪いのかな……。自分だって錬金術士の癖に何で分からないのかと。(以下十年近く積もった愚痴)
        ミシェルさまも自分の寿命は大切にしようって言ってるし! あたしに薬が効くと思ったかー!(セリのお腹からよく冷えた中和剤を取り出す)
        ですよねー、まあ若返りなんて速効性の物は使わないケドそこそこお肌の手入れとかは気を使ってますヨ。
        やっぱあたしも順調に年取ってるし……。白髪入り始めたし……。
        -- 2010-05-11 (火) 13:00:45
      • (積もった愚痴を辛抱強く聞いて、最後の方はふらふら)まああれだ、愚痴が出るくらいにミリーも年をとったって事かぁ(小じわをなぞる)
        ぐぬぬー、んじゃあ年齢と寿命は変わらないけど見た目だけ若くなる薬にしてやるー!(即効で調合して投げつける黒いの)
        なーにまだ40台なら若い方だって!ほらほらスマイルスマイルー(むにー) -- マオウ 2010-05-11 (火) 13:36:42
      • そりゃ愚痴もね……積もるよ。(はあ、と深いため息)
        マ オ ウ ?(小じわを撫でるマオウに眼力フラッシュビカビカーン!)
        そ、そんな複雑な薬を! エリキシル剤の発展とかかしら、妖精のマル秘薬……! ぎゃーし!(若返る)
        スマイルかァ……。(ギシィ)
        やばい、急に肌に張りが出たから不自然な表情しか出来なくなってる!
        -- 2010-05-11 (火) 19:34:19
      • ったくー、ようはその愚痴を吐き出す相手を見つけられなかったってことだろー?恋人とは言わないけどそう言う助手の一人でもいればなぁ……
        ひぎゃー!(眼力で一瞬石化する黒いの)へへーん、幻想種たる妖精の力を混ぜ混ぜした特性レシピさ!おーおー、やっぱミリーはこっちの姿の方がしっくりくるぜ(ほっぺぺしぺし)
        そりゃそうか、出来るだけ年齢が目立たないような仕草になるんだろうからなぁ、若さは勢いってことで破顔一笑!(むいむい) -- マオウ 2010-05-12 (水) 08:22:45
      • セリはこっち来ちゃってたしネェ……。まぁ助手がいたらいたでそういうこと言えなかったと思うなァ。
        ……マオウ磨り潰して飲んだらあたしに出来るようになるかしら。(ぼそっ)
        こう、頬の皺とか気にしてネェ……。ごめん、嘘ついた。普通に大口開けて笑ってたワ。
        まあ見た目若いの悪くはないかもなァ。生徒にあんま見た目いじるような薬は駄目よと言ってる手前学校行く前に戻さないとだけど。
        -- 2010-05-12 (水) 12:21:28
      • 言えないもんかなぁ?まーでも、ここでこうしてぶちまけたんだから少しは楽になったんじゃねーか?(にまにま)
        の、のーっ!暴力反対!かにばりずむ禁止ー!(手でばってん)てか、ミリーなら不思議パワーに頼らなくても作れんじゃねーのか?
        むう、これが誇れる齢の重ね方……!そこはほら、今までは仮の姿これが先生の本当の姿よー?とか言って……ぷくー(両手で口を押さえ) -- マオウ 2010-05-12 (水) 12:38:35
      • ほら、結局先生と助手だから。あんまり弱い部分見せちゃダメだと思う訳だ。
        元がちょいとだらしない方だし、言うこと聞いてくれなくなったら……。
        限界突破が目標だケド妖精さんとか精霊さんの不思議パワーで作るものは今のところ作れないかな。似たものは出来るかも。
        そんな変身を2回残してる人みたいなこと言えない……! 説得力がネ、無くなっちゃうのは避けたいところではあるんだ。
        その代わり遊びに来るときはちゃんと若作りしてくるヨォ。
        -- 2010-05-12 (水) 12:58:04
      • オレだとミリーにも弱い所があるんだな、ここやオレが守ってやらねーと!(ぐっ)とか、思うんだけど
        やっぱそこは正確とかだから何とも言えねー所だ(セルフィアスの方を伺いながら)
        限界突破?なんだろ、錬金術の限界を超えるのが目標とか?むむー、流石のミリーでも不思議パワーはどうにもなんねーのかぁ……
        それもそっか、先生って立場だと色々気を使わないとダメだもんな、使い方を間違うと危険なのが錬金術だし(今のうちにと若ミリーを堪能する黒いの) -- マオウ 2010-05-12 (水) 13:09:24
      • うー、マオウと鈴にはネェ……意地張っても仕方ないって言うか。
        理論上は出来るケド……ってものがそこそこあるからネ。そういうの作れるようにはなりたいかな。期待に応えられること増えるし。
        錬金術の良くないとこに嵌まっちゃって大変なことになった人が大昔いたらしいからさ。(そんなマオウの頭を指の腹で撫でる)
        -- 2010-05-12 (水) 18:47:45
      • う、うー、なんかそう言われると照れるじゃねーか!(ぺしぺし)そーいやオレも鈴もミリーも未だ現役なんだよなぁすげーや
        理論が分かるだけでもすげーって思う、まぁ結果がある以上そこに辿りつく答えが無い訳は無いもんな(若返ったミリーを見ながら)
        寿命を大切にとか見た目をあまり変えちゃ駄目ってのはそのあたりの教訓ってことかー(指に絡みつきながらだらしない顔になる黒いの) -- マオウ 2010-05-13 (木) 09:11:35
      • それこそ隠してもしょうがないからさ(ぺしぺしされながら)……あたしはキノ鉱だケドネェ。それにしても20年くらいか、長いなァ。
        結果ありきで求めるのは過程、が錬金術の基礎だケドも過程は分かってもそれが実現できないとなると、今度はその過程を結果として過程のための過程を論理立てて……頭がこんがらがってやめちゃう人が大多数という。
        やっぱりさ、寿命はそれぞれの種に与えられた最適な期間なのかなって。ゴールがあるから頑張れる気もするもの。でも大事な人に出来るだけ長生きしてもらいたいってのはあるかなァ。
        -- 2010-05-13 (木) 12:28:50
      • むしろ今の時勢でキノ鉱足かけ30年の方がすげーんじゃねーかなぁ?薬草採りの最中熊に襲われ、なんてニュースが後を絶たないし
        答えがわかるなら後は試行錯誤だけだもんな、過程を証明するための過程、またさらに過程かぁ……オレは普通に薬作りだけしてよーっと(目を逸らしながら)
        寿命があるから一生懸命生きる、確かに妖精とかエルフを見ると寿命にかまけてぐーたらだしー(ぐーたら)その大事な人だってミリーに長生きして貰いたいって思ってるんじゃねーかな、多分だけど -- マオウ 2010-05-13 (木) 12:40:40
      • あたしまだ42歳くらいの感覚でいたワ……。アラフォーならぬアラフィフかァ。
        あたしとしてはそろそろ教職の方に本腰入れたいとも思うんだケドネ、やめられないというか。
        普通にすごい薬が作れるならそれが一番だヨ、だってそれを普通の人が作れるためにあたし達錬金術士が頑張ってるんだもん。
        マオウがぐーたらしてる……! ダメよ!(なでながらもみくちゃ)
        かもしれないネ、寿命の違いは仕方ないとしても、出来るだけ長生きはするようにするヨ、うん。
        -- 2010-05-13 (木) 12:49:00
      • あと10年も生きれば生ける伝説かぁ……今の時点でも十分伝説だとは思うけど、歴史に名が残るのは間違いなさそーだ(こくこく頷く)
        いいじゃねーか、実践に勝る経験は無し!第一線を張ってる先生の方が頼りにされると思うぞ?その言葉頂き!ミリー伝の最初に良さそうだ(にまにま)
        \ぎゃーし!/(いい様にもみくちゃされる黒いの)はひぃ、ぐーたらしません……(ぐでー)まだまだ人生折り返しって所だもんな! -- マオウ 2010-05-13 (木) 13:09:27
      • 英雄がごろごろしてる今の世間じゃそんなにでもないんじゃないかなァ。
        それはそうかもしれないケド……片道何日もかかると流石に箒で日帰りは難しいからネ。
        ミリー伝とか一体何をするつもり!? マオウ編集の伝記とかあること無いことかかれそうだわ!
        それで良し! そうだねえ、100……までは難しいかも知れないケド90くらいまでは頑張って生きたいワ。
        -- 2010-05-13 (木) 13:30:06
      • いやいや、冒険者だけじゃ無くて錬金術士としてのお話し!だってよーあのブルーエッジだっけ?あれと遜色ない武器作ったりしたんだろー?
        そこは生徒を連れて泊まりがけの野外授業だな!ミリーは先制兼ボディーガードって事で、無茶言ってるのは分かってる!
        えーと「かのハイラーグ動乱においてミシェル皇女お抱えの錬金術士として名を馳せた」とかー(さらりと本当のように言う黒いの)
        90歳のミリーかぁなんか想像できねーな、ずーっとポニーテールしてそうだし、あーでもさぼりたいー(ぐーたら) -- マオウ 2010-05-13 (木) 13:59:42
      • 機能としては似たようなもの作ったケド……まあたしかに錬金術の秘法が使えたのかもしれない。
        二、三人で行くなら守りながらいける――かな? はっ、マオウに乗せられてる!
        いやいや、あたしその時子供だったし。年代的におかしいって言われちゃうし。(手をぶんぶん)
        そんなに言うなら髪型変えようかな、極東の国に行ったときかんざしっての買ってさ、アップにしてみるとかとか。
        -- 2010-05-13 (木) 17:51:29
      • (スイッチに誘われながら)似てるだけで十分だ!およ?もしかして今作れって言われても出来るか怪しいとか?
        (によによ)それで生徒からの根幹度もアップって寸法だぜ!それこそミリー2世が教え子の中から生まれるかもだしー
        そこはそれ、遥か過去より姿を変えハイラーグ王家を支えてきたのだった、とか注釈付ければあら不思議ってわけだぜ!流石に捏造はやらないけど
        むむむ……(おばあちゃんカットを連想して)……ある!と言うかそんなことしたらますます老けて見えるじゃねーかよー -- マオウ 2010-05-14 (金) 12:31:21
      • 出来るかと言われたら……難しいかなァ。あたしの力ってよりは整えた場の力が大きいかも?
        でも採取に関しては自分で出来るようになった方がいいかもネェ……。ちょっと考えてみようかな。
        くっ、皇家と絡めて捏造したらマオウが寝てる間に大変なことにされちゃう!
        若い子の髪型が分かる……分からなくて……。
        -- 2010-05-14 (金) 13:16:25
      • (みりみりの霊圧を感知して突撃するわたし) -- 2010-05-14 (金) 23:20:36
      • (突撃されてくの字の折れ曲がるあたし) -- 2010-05-14 (金) 23:48:49
      • 敵将……討ち取ったぁ〜……!! って…違う!み、みりみり大丈夫…… (抱え起こしながら -- 2010-05-14 (金) 23:50:34
      • 返事がないただの屍のようだ。 -- 2010-05-15 (土) 00:34:25
      • いきてるじゃないですか…いきてるじゃないですか!ちょ、ちょっとみりみりってばー・・・!(ぐらぐらゆらす) -- 2010-05-15 (土) 00:50:24
      • しーんーでーるー、しんでるますー。(揺らされながら目を逸らし)
        ただいま、鈴。でもまあ一時的に顔出したってだけなんだケドさ。
        -- 2010-05-15 (土) 00:55:46
      • 一時的でもなんでも…… またあえてうれしいです…!おかえりなさい、みりみり……!
        それにしても変わらない姿で……元気そうで何よりですけど…… -- 2010-05-15 (土) 01:25:54
      • マオウに変わらない姿に戻されたのヨ! 本当はもっとおばちゃん!
        鈴こそもういい年なのにエッチな格好ばっかりして! いや、いい年だからエッチな格好するのかしら。
        -- 2010-05-15 (土) 01:51:33
      • え、えっちじゃないです!今は普通の格好ですよ!普通です…!
        まったく…… でも私もお引越しとか考えてたので、この町でまたあえてうれしいです…… はー……懐かしいなぁ…… -- 2010-05-15 (土) 02:01:49
      • ミニスカ巫女服は普通じゃない気がする……。いや鈴がいいならいいケドネ!
        そうだったんだ、お引越し……。ならいいタイミングで顔出せたのかな?
        -- 2010-05-15 (土) 02:25:04
      • そうかな まぁもう少し先のお話なんだけど…… みりみりはいつまでこっちにいるのかな…? -- 2010-05-15 (土) 02:52:15
      • んー、先生してるから夏休みの間だけ帰ってきたんだよね。だからあと数日中には帰っちゃうかなー。(//別時間軸ですが!) -- 2010-05-16 (日) 22:50:39
  • えー、たしかこのあたりって聞いたけど……。(工房の住所が書かれたメモを片手にうろつく) -- 2010-05-12 (水) 20:54:20
    • (うろついている人の肩をトントンと叩き、スケッチブックを見せる)
      『あの……どこかお探しでしょうか? このあたりでしたら案内しますよ』
      -- 2010-05-12 (水) 20:56:31
      • あ、すみませ……セリねぇ! 探してたのセリねぇだよ! この辺りで工房開いてるって聞いてさ!(嬉しそうにセルフィアスの肩をつかむ)
        ていうか、俺のこと覚えてる? リカルド・フェルエンベルクだけど。 -- リック 2010-05-12 (水) 21:00:10
      • (親しげな青年に見覚えはないが名前を聞けばふと思い出す、一度冒険をやめてふらついていた時、ハイラーグの領内で出会った少年だ)
        『思い出したりっくんだ、うわぁ、おおきくなりましたねぇ。今いくつ? ……と、立ち話もなんだから家で話しましょうか』
        (リカルドを工房に招き入れる)
        -- 2010-05-12 (水) 21:04:15
      • りっくんて……俺もう17だよ、そんな風に呼ばれる年じゃないって。あ、お邪魔します。(のそのそ工房に入れば物珍しそうにキョロキョロ)
        錬金術学校もそうだったけどなんていうか……独特なにおい。(すんすん鼻を鳴らす) -- リック 2010-05-12 (水) 21:37:49
      • 『私からすればりっくんはいつまでもりっくんですよ、最初ホントに大きくなっていて気付きませんでしたけど』(バツが悪そうに笑う)
        『私は薬を主に扱っていますから嗅ぎ慣れないにおいがするかもしれませんね。……あまり嗅がないで下さい』(恥ずかしそうに顔を赤くし、スケッチブックを置いてキッチンへ)
        『そういえば私を探してたと言いましたが何か?』(セリはその場にいないがスケッチブックは自動的にその思考を反映させる)
        -- 2010-05-12 (水) 21:46:55
      • だって7年ぶりでしょ。……7年かぁ、早いな。(何かを思い出してぼんやり)
        セリねぇ薬扱ってるんだ、それってやっぱり……さ、あ、いやなんでもない。俺はもう気にしてないから。
        すげー! これも錬金術なの!(離れてもセリの言葉が書かれるスケッチブックを見てびっくり)
        あぁ、そうそう。ちょっと頼みたいことがあってさ、セリねぇさ、透明度高くて頑丈な大きいガラスって作れないかな。 -- リック 2010-05-12 (水) 22:10:37
      • 『7年……早いですね。えぇ、と。はい。』(リックの態度でなんとなく悟り、肯定し、頷く)
        『えぇ、私の先生が作ってくださって……はあ、大きなガラス……ですか』(頬に手を当て考える)
        『出来なくもないかもしれませんが……私、その辺り専門外でして』
        -- 2010-05-12 (水) 23:51:34
      • いや、ガラスじゃなくてもいいんだけどさ。星空の見える天井が欲しいってんで屋根をガラスにしちゃおうかなって。
        そっか、無理お願いしてるかもしれないけど出来るならお願いしたいかな。 -- リック 2010-05-12 (水) 23:57:35
      • 『屋根に使うのであれば頑丈である方がいいですね、それに星を見るならやはり透明度も必要ですか。
        でも、ガラスである必要は無い……となると、さっきよりは出来るかもしれません。
        それに今私の先生がいるので何とかなるかもしれません。どーんと大船に乗ったつもりで任せてください』(ぽんと胸を叩く)
        -- 2010-05-13 (木) 00:00:07
      • かもが多くてちょっと不安だよセリねぇ! でもそういうならお願いしようかな……。よろしくお願いします。(ふーかぶか)
        じゃあ今日は帰るよ、またねー。 -- リック 2010-05-13 (木) 00:03:28
      • 『またいらしてください、依頼以外でも歓迎しますので』(笑顔でリックを見送った) -- 2010-05-13 (木) 00:04:49
      • ただァいまー。おりょ、なに考えてるのかな?(セリが何かやっているのを覗く) -- 2010-05-13 (木) 00:06:30
      • 『あ、おかえりなさい。えぇっと、お仕事の依頼があって、頑丈で透明な天井……ということなんですけどガラスってすぐ割れちゃいますし、何か他ので代用できないかなと。
        ただ、如何せん専門外でして。先生の知恵を拝借できたらな、と』(テーブルの上にはミリーの研究ノート)
        -- 2010-05-13 (木) 00:13:41
      • セリはたしか薬学が専門だったっけ、ふーむ、それじゃなくて16冊目のノート調べてごらん。あたしゃ寝るからほどほどにネェ。(手をひらひらして寝室に向かった) -- 2010-05-13 (木) 00:23:09
      • 『16冊目……』(ノートを取り出し明るくなるまで色々と調べていたらしい) -- 2010-05-13 (木) 00:25:16
  • でんでんでんでん伝説のほとり目指して三千里♪
    いにいにいにいに古の伝書に記された♪
    -- 2010-04-30 (金) 22:33:50
    • 『先生……!! 何してるんですかこんなところで!』 -- 2010-04-30 (金) 22:34:55
      • こんなところってひどい言い草だネェ……。高速箒が出来たからその耐久実験でここまで来たんだヨォ♪
        ま、ホントはそれだけじゃないけどネ。お茶飲みたいなー。(勝手知ったる元我が家と言った風に椅子に座る)
        -- 2010-04-30 (金) 22:40:53
      • 『そんなもの作ったんですか? 前のも随分早かったと思いますけど先生はそれでは足りないと
        あ、すみませんでした。今お茶淹れてきますね』(スケッチブックにそう書いて台所へ移動する)
        -- 2010-04-30 (金) 22:51:53
      • まあ実験の一つかな、どのくらいまでが人の耐えられる速度かなと思って。
        陸伝いで飛んで大体半月くらいかかったかなァ、まあ馬車とか船に比べれば早いケド。
        ふーん……。(自分がいたころと少し違う間取りを見て寂しくなる錬金術士)
        ちゃんと勉強してるんだ……。(テーブルの上においてあった教科書をぱらぱらめくる)
        -- 2010-04-30 (金) 23:05:34
      • (台所から戻ってくると書き込みが大量にされた教科書を見ているので慌てて閉じる)
        『は、恥ずかしいから見ないで下さいよぅ……』(片手で教科書を押さえながらスケッチブックで赤くなった顔を隠す)
        -- 2010-04-30 (金) 23:15:22
      • 別に減るもんでもなしいいじゃない、ちゃんと勉強してるようで関心関心。
        ところで生きてる道具の項目にやけに付箋貼ってあったんだケドやっぱり声、かな?(淹れてもらったミスティカティを飲みながら)
        -- 2010-04-30 (金) 23:27:04
      • 『いえ、そういう訳ではなくて。私はもうこの声は天命だと受け入れることにしました、長生きできるのにダメなところ一つも無いんじゃ不公平ですし。
        ただ、先生みたいにゴーレムとか生きてる道具には興味ありますね。あ、こないだ冷却剤を使って夏でも冷やせるもの作ったんですよ!』
        -- 2010-04-30 (金) 23:40:18
      • 冷却材よりも効力が長くってーって奴だっけ、そう言えばそんなの考えてるって言ってたっけ。
        見てみたいんだけどどこにあるの?
        そうそう、ここに来たもう一つの理由。はい、これ。(スケッチブックを取り出してセリに渡す)
        -- 2010-04-30 (金) 23:51:59
      • 『ここですよー♪』(服を捲り上げてお腹を開くとそこはひんやりとした空気のたまった冷蔵庫)
        『私錬金術以外で魔力使えなくてもてあましてるのでこっちに使ってみました。冷却材の再利用を身体の中で行ってます。
        お腹が少し冷えるのが難点ですけどね』(恥ずかしそうにぽりぽり頬を掻く)
        『スケッチブック……ですよね。でも先生がくれると言うことは普通のスケッチブックじゃないんですよね』
        -- 2010-04-30 (金) 23:57:16
      • 自分で自分改造するゴーレム初めて見た。セリったらもう私の手を離れて立派にやってるのネェ……お母さん感激!
        うーん、お腹に入れる必要あるのかって思ったけどなるほどそういうことネ、てことは魔力を供給する物があればセリからも切り離すこと出来るネェ。
        セリがあたしのことどう思ってるかようく分かったワ、どうせ変人ですヨォ。
        セリの思考回路と周波数合わせたスケッチブックで、わざわざ書かなくても自動筆記してくれるの。あと防水。
        -- 2010-05-01 (土) 00:15:19
      • 『誰がお母さんですか誰が。まあ確かにお母さんみたいなものですけど……。
        外部から魔力を取り込むシステム使ってみたんですけど少しあれだと出力が足りないんですよね……何か考えあります?
        へえ、そんな便利なものを? どれどれ』(スケッチブックを受け取りミリーに向ける)
        『どうですか? ちゃんと出てます?』
        -- 2010-05-01 (土) 00:32:01
      • 大きな魔力の供給源かァ……そっちのほうはあまり研究してなかったからなあ。
        ちょっと向こう戻ったら色々調べてみるよ、できることならセリの協力もしたいしね。
        うん、ちゃんと出てるヨォ。ちゃんと成功しているようでよかった良かった。
        -- 2010-05-01 (土) 00:43:43
      • 『ぜひお願いします、あ、図面渡しておきますね。
        ありがとうございます先生。
        それはそうとこちらにはどのくらい滞在するよていなんですか?
        学校のほうはもしかしてサボ……』
        -- 2010-05-01 (土) 00:49:27
      • 図面なんかあたし書いた覚えないなあ。セリ本当にあたしが作った子……?
        二、三日くらいいられるかなあ、後サボってません! 今は夏休み期間なんですー。
        -- 2010-05-01 (土) 00:57:08
      • 『そうですよ! なにバカなこと言ってるんですか! と言いますか、今まで図面作ったこと無いって方が驚きです。
        私のこの骨作る時とか一体どうしてたんですか?
        あぁ、夏休み……向こうだと少し夏休みが長いんでしたっけ。あの、それじゃその……お願いがあるんですけど……』
        -- 2010-05-01 (土) 00:59:21
      • フィーリングとなんとなくかな! ……ってのは置いといて、頭の中に大体あるからね。
        出力が苦手で図面引いても頭の中の方が正確だし……引く必要ないかなって。
        はいはい、なんでござんしょ?
        -- 2010-05-01 (土) 01:07:11
      • 『自分で錬金術やるようになって先生の変人さに驚かされることばかりです……。
        単位取れなくて卒業できないってあれ本当だったんですか?
        えーと……今日、一緒に寝てください……。』
        -- 2010-05-01 (土) 01:12:01
      • 言っとくけど変人って褒め言葉じゃ無いからね……?
        本当も本当よ、じゃなかったら冒険者の街に来ないって。まあ、来たおかげで色々知ることが出来たんだけどね。
        なんだ、そんなこと。いいよ、一緒に寝よう。ていうかあたしもう眠いんだ……寝よう。(セリをつれてふらふらベッドへ)
        -- 2010-05-01 (土) 01:20:41
      • 『はい、寝ましょう。おやすみなさい先生』(そして自分もベッドに潜った) -- 2010-05-01 (土) 01:21:14
  • (そーっと覗きに来る黒いの) -- マオウ 2010-04-05 (月) 20:12:07
    • 『い、生きてますよ!』 -- 2010-04-18 (日) 23:45:38
      • い、いやゴーレムだし死んだとは思ってないけど!(わたわた)ただ見かけねーなぁって面ってなー(あがりこみながら) -- マオウ 2010-04-19 (月) 00:33:10
      • 『少し新大陸の方に戻って先生に身体見てもらってたんです。冒険者もそろそろ戻りたいんですけど時間がなかなか……』
        (机に小さなクッションを置きながら)
        -- 2010-04-19 (月) 00:45:13
      • 新大陸…って!?なんだそれ、ここ以外にもそんな大きな大陸なんてあるのか?ってか、未だにそんな所まで行って研究してるのかミリーは
        30年も経つってのにすげーなぁ……ま、そんな無理しなくても良いと思うぜ!出来る時にやれることをやればそれでさ(にーっと笑って座る黒いの) -- マオウ 2010-04-19 (月) 00:49:33
      • 『錬金術の発祥の地での研究にも飽きて船医とかそういう名目で船に乗り込んだらしいです。
        今では向こうでも冒険者をしつつ学校の先生とかしてるみたいですね。
        そうですねー、まあちょこちょこゆっくりとやっていこうかと……と思ったんですが、この街が解体に向かってるって本当ですか?』
        -- 2010-04-19 (月) 01:02:58
      • ほんっっっとにミリーは一箇所にとどまれねー性質だよなぁ……でもま、元気そうで何よりだぜ
        ってかそんなふらふらしてるミリーをよく見つけ出せたな、もしかして探してる時間で大分食っちまったとかそういう……
        ん、一応本当のこと見てーだな、あと5年…はもうないか4年くらいで無くなるって話だなぁ…… -- マオウ 2010-04-19 (月) 01:09:14
      • 『そっちの方が先生らしいと思います、まあ見つけるので時間がかかったのは理由のほとんどです……』(頬に手を当てて苦笑する)
        『ああやっぱり……それはなんとも寂しい話です。まあでもそれはそれでまたいつかどこかで会えるかもしれませんしね
        一応私、半永久的に動けるらしいですし』
        -- 2010-04-19 (月) 01:21:09
      • ま、確かにな、それがミリーの良いところだし!流石に製作者の居場所感知とか便利な能力はついてねーかぁ
        ん、生きてさえ居ればどこかでは会えるさ、そうは言っても新天地に移らない人とはこれっきり寂しい限りではあるけどさ……
        でもま、セルフィアスが半永久的って聞いて安心したぜオレも似たようなもんだし(クッションに横になりながら) -- マオウ 2010-04-19 (月) 01:37:13
      • 『そうですねえ、なんとなくこっちかな? とかは分かるんですけど勘に近い領域ですし。
        どこかみなさん引っ越すあてでもあるんですか?
        一応計算上では大規模魔法にも耐えられる身体らしいですからね!』
        -- 2010-04-20 (火) 02:39:51
      • まぁこの日数を鑑みると当てにはならなそーだって言うのは分かる
        一応移住先とか秘密裏に進んではいるらしーけど、まだ表立っては聞こえてこないかな?分かるとしても多分ギリギリになるんじゃねーかって思う
        ぬう、いったい何で出来てんだ?質感は金属ぽくないけど魔術で強化してんのかなぁ?(二の腕ぺたぺた) -- マオウ 2010-04-20 (火) 12:33:07
      • 『だってわざわざ海渡って別の大陸に行ったらさらに別の大陸に行ってるなんて思わないですよぉ!
        そうなんですか、ちょいちょい気にするようにしましょうかね。ぼーっとしてたら一人取り残されるなんてこともありそうですし。
        骨格はヒヒイロカネモドキで肉体は土で出来ているんですが、ほんの少しの魔法との普通の肉と変わりませんね。
        身体の情報は私もよく分かってない方法で存在しているらしくて、崩れても平気だとか何とか?』
        -- 2010-04-21 (水) 00:36:34
      • そんな大陸ってたくさんあるのかよ!?オレはその話だけでもう頭が痛くなりそうだぜ……(こめかみを押さえながら)
        だな、こっちの街は丸ごと消えるっぽいし、移転先はこっちなんて看板も立てられないと思うし、まー酒場は残ると思うからそっちから来れると思うけど
        うーむぅ、ミリーの錬金術はそんなトコまで行ってんのか……ホムンクルスとかのレベルじゃねーぞそれ!?
        詳しくは分からないけどようは世界が壊れようと復活出来るって事だろ、それなら一通りあんしん出来るぜー -- マオウ 2010-04-21 (水) 09:49:20
      • 『今見つかってるのは全部で3つ……あ、先生が向かった新大陸を含めて四つですね』(指折り数えながら)
        『酒場は時間がある時にチェックしておきましょう。
        嫌だなあ、私はしがないゴーレムですよぅ、先生は最高傑作で大切な子供だと言ってくれますけどね。
        あ、そうだ。新大陸の技術でからくりが搭載されたんですよ』(右腕がドリル変わる)
        -- 2010-04-21 (水) 12:22:38
      • つまりこの街のある大陸以外に3つあるってことか、世界は狭い様で広いんだなー
        ん、それが良いと思うぜ!酒場画はこの先も変わんねーだろうし、探すのはミリーより簡単だろうからな!
        しがないゴーレムが人と同じ格好で同じ生活、さらに壊れないとかどんだけ謙遜だよ!ならせめて喋れるようにしてあげればよかったのに……
        か、かっこいい……!すげーすげー!他にどんなギミックあるんだ!?(瞳キラキラ) -- マオウ 2010-04-21 (水) 12:28:46
      • 『広いですよね、海なんか初めて見たときびっくりしましたもん。
        いや、もうホントにただのゴーレムですから、ぽんこつですから!
        声の出ない原因は分かったんですけどそれを直すには一から作り直すしかないらしくって、そうすると私も無くなっちゃうんですよね。
        先生はたくさん謝って、私もそんなに不自由していないので結局このままに落ち着きました。まあ、個性って感じです。
        目からビームが出ますよ! ただ、使ったあとしばらく目がくらんで見えなくなっちゃうんですけどね……』
        -- 2010-04-21 (水) 12:55:03
      • セルフィアスがただのゴーレムでぽんこつだったら世に溢れてるゴーレムがそれ以下になっちまうじゃんか、それくらい認めても罰は当たらねーと思うぞー?
        オレも冒険終えたら着のみ着のまま旅してみようかなぁ……お、原因は分かったんだ、んで意識とか記憶そのまま移し替えるってのは出来ない訳か、残念
        まぁそう言うのが出来ないあたりも色々複雑な作りをしてるからなんだろうなー……思ってる事をスピーカーに出す魔導器を作ればいいとか思ったけど
        そう言う場合は片目ずつ出せばOKだぜ!しっかしミリーは色々とマニアックすぎる……!(他に何か無いのかとお腹あたりをまさぐる黒いの) -- マオウ 2010-04-21 (水) 13:08:36
      • 『謙虚も行き過ぎると嫌味になると言う奴ですね……難しい。
        旅も面白いですね、先生を追っかけながら私もそう思いました。
        私もそれを言ったら先生がキャラがブレるでしょ! とかよく分からないこと言われちゃいまして。
        まあ作ってはいるらしいんですけど、先生としての仕事とかで後回しになっちゃってるんです。
        それは気付かなかった! 私がウインクしたら気をつけたほうがいいですよマオウさん!
        おなかですか?』(ニットワンピのスカートを持ち上げる)
        『なんとお腹には冷たい物が入っているんですよー』(冷えたチョコレートをマオウに渡しながら)
        -- 2010-04-22 (木) 00:25:08
      • (何年振りかで冷えたチョコレートをまぐまぐする黒いの)でもお腹から出したのを食べるってのもちょっとアレだよなぁ、美味しいからいいけど
        そしてなんか懐かしい気配を感じる……これはいったい!? -- マオウ 2010-05-10 (月) 09:49:58
      • 『お腹を冷やしてはいけませんという言葉から思い付きまして……夏場にはいつでも冷たいもの飲めますよ』 -- 2010-05-10 (月) 12:07:36
      • スッ -- 2010-05-10 (月) 12:08:41
      • マジか、一家に一人セルフィアスってとこだな、便利ゴーレム的な意味で
        そしてスポーティーな視線を感じる……そこだー!(体当たりをかます黒いの) -- マオウ 2010-05-10 (月) 12:20:22
  • (前回知り合いだという事にようやく気がついたので気ままにごろごろしてるわたし)
    あ、セリちゃん どーも…… えへへ……なんかここでこんなしてるのも久々でつい… ドーナッツ、お土産に持ってきたから食べてね…?(テーブルにドーナッツの入ったかごを置いて) -- 2010-03-05 (金) 00:12:36
    • 『いえいえ、よく見ていましたし気にしなくていいですよ。アマミさんはここでよくこうしてましたもんね。
      ありがとうございます、早速お茶淹れてきますね』(かごの中をちらりと見て台所にぱたぱた駆けていく)
      -- 2010-03-05 (金) 00:54:16
      • 私のことは鈴でいいよ…?ふふ、友達なら呼びやすいほうで呼んだほうがいいでしょう…?
        といいますか、よく見られてたって…… なんか今更恥ずかしいものがあります……ごろごろしておやつを食べてただけ……大体あってますけど…!あってますけど…! -- 2010-03-05 (金) 00:58:40
      • 『それはそうなんですが……じゃあ鈴さんということで』(セリは台所にいる、しかし立てかけてあるスケッチブックには自動で文字が浮かんでいる)
        『まあ大体部屋の端っこで踊ったりしてましたしこの家にいらっしゃった方のことは大抵覚えていますよ』(お茶を持って戻ってきた)
        -- 2010-03-05 (金) 01:17:57
      • ……わぉ……? 魔法で書いてる……?これも発明だったり…?(声をかけつつ、スケッチブック眺める)
        あ、お茶ありがとう…!ふふ、踊ってるの可愛かったもんね〜…?あ。今踊るとどうなるんだろう?意表をついてブレイクダンス・・・・・・ない…!
        そうだ……みりみりは元気なのかな?わたしも英雄になったし……もう、みりみりもなってるのかなって あの頃は冗談で言ってたのに、まさか本当になれるとは思ってなかったんだけどね……(ふんわり笑って、ドーナツをどうぞ、とすすめる) -- 2010-03-05 (金) 01:27:51
      • 『言葉にしようとしたことを魔力を使ってぴぴぴとこっちに飛ばしているんです。錬金術の応用ですね。
        あの体じゃないと流石に踊れないですねえ……この体で踊ると恥ずかしい物がありますから』(頬を少し赤くする)
        『はい、先生は元気すぎて私としてはもう少し落ち着いてもらいたいところなんですよね……。
        冒険でも英雄って呼ばれたりはしているらしいですけど自分の趣味で薬草取りに行ってるのに英雄なんて呼ばれてたまるかーって』(苦笑してお茶を一口)
        『あ、いただきますね』(勧められると素直にぱくつく)
        -- 2010-03-05 (金) 01:36:47
      • 錬金術……便利です…!えー… ちょっと見てみたかったんだけどなぁ……じゃあ一緒に踊ってみるかな…?(センス取り出してくねくねと踊ってみる)
        やっぱりもう、そう呼ばれるだけ続けてたし、称号はもってるんだねー…… わたしもどこまで続けられるか分からないけど、また同行したかったなぁ……わたしが探索行くと即効で情熱が減ります…ふふ…!
        ん…どうかな……?普通のタイプのはもちろん、チョコドーナッツに、生クリームサンドしたドーナッツもあるからね…!最近こうやっておかし作るのもしてなかったので味にブランクはあると思いますが…… -- 2010-03-05 (金) 01:55:27
      • 『まあ……こんな感じですけど』(鈴とあまり変わらないくねくね踊りを披露する)
        『先生もまた友達と一緒に冒険行きたいなーとは言っていましたね。やっぱり下がっちゃいますか……。
        これ鈴さんの手作りだったんですか、てっきり買ってきたものだと思いました。すっごく美味しいですよ!』(ぱくぱく)
        -- 2010-03-05 (金) 02:18:08
      • よっ、は… 華麗に…!(動くたびに危ない事になるギリギリ巫女服) わ…可愛いじゃないですかセリちゃん…!これは二人で何処かで発表会とかするべきかもしれませんね……
        下がるのは下がるんですけど依頼失敗してからまた討伐に戻ると反動で飛ぶ様な感じで情熱が上がります……数ヶ月前まで400くらいだった情熱がこの通り・・・…!(どーん)
        ん〜…おいしいっていってもらえるとやっぱり嬉しいなぁ…… ふふ〜、さ、さ…どんどん食べてね!んぅー…おちゃがおいしぃ……(お茶を飲んではふぅー…と一息ついたり更にリラックスモードになるわたし) -- 2010-03-07 (日) 23:06:43
  • たぶん・・・此処ね、私に用があるゴーレムの御宅は
    ふん…知人の子でゴーレム…まさかのまさかかしら(ノックをする) -- ティウ 2010-02-21 (日) 21:52:50
    • 。o0(あら誰だろう……?)
      (ドアを開けてその向こうにいた人物を見止めると一瞬固まり口をぱくぱく。声が出てないのに気付いてスケッチブックを取って書きなぐる)
      『ティウさん! おはようございます!!』
      -- 2010-02-21 (日) 22:29:42
      • (あ!と言いかけたような顔)あ、貴女は…ミリーの…
        セルフィ…!そう、思い出したわ。セルフィアス!(指差して)まさか貴女そのものだとは思わなかったから…10年来だから、ビックリしたわ(挨拶代わりに抱きしめる)
        ミリーも居るのかしら? -- ティウ 2010-02-21 (日) 22:47:46
      • 『そうです、セルフィアスです! お久しぶりです! テメンさんから大変なことになったって聞いてびっくりしてたんです、もう大丈夫なんですか?
        あぁ……ちょっと落ち着かせてください』(数回深呼吸する)
        『えぇ、少し落ち着きました。こっちには私だけです、先生はまだ大陸のほうで錬金術の研究をしているんです。』
        -- 2010-02-21 (日) 22:59:54
      • ええ、ちょっとのミスで人間体の姿を傷つけてしまってね…修復まで結構時間掛かっちゃったのよ。10年ぐらい
        そう、ミリーはまだ向こうで学び続けているのね。それでこそって感じもするけれども…(少々残念想ではある)まあ、それでもあなたに会えたことが二十分に喜ばしいわ
        (落ち着くのを気軽に待ちながら)…そういえば、私に用があるって話しだけど。どのような用件なのかしら? -- ティウ 2010-02-21 (日) 23:07:43
      • 『なるほど……10年は長いですよね、先生もすっかりお肌がってぼやいてて……あぁ、これは秘密にしてくださいね。
        暇があればこっちにもとは言っているんですけどね。
        そうそう、こういうのが出来ましたと報告に来たのも一つなんです』(そう書くと肉体が剥離して団子状のゴーレムになる)
        (残ったのは赤い金属で出来た人間の骨格。ヒヒイロカネモドキによって出来たものだ)
        -- 2010-02-21 (日) 23:17:15
      • 女として、なかなか共感出来る悩みだわ…おっと(一瞬驚いて身構えるが)……脱ぐなら脱ぐと言いなさい、セリ
        しかしこれは…例のレアメタル…よね?(ルーペを取り出すと、しげしげと眺める)一体どれぐらいの年月で加工を実現したのかしら…
        なんにせよ、ロストテクノロジーを再生したとすれば凄いことよ…
        //ごめんなさい、ちょっと文通挟みますー -- ティウ? 2010-02-21 (日) 23:30:37
      • 『申し訳ありません、見てもらうのが一番分かりやすいかと思いまして』(泥団子状態でペンを走らせるおかしな光景)
        『ドワーフの方々の協力もあったので2年ほどでしたか、正確な加工法は教えてもらえなかったみたいですけれど少しヒントは貰ったそうです。
        「ほぼ再現できている」とドワーフの長老からもお墨付きをいただきました!』
        -- 2010-02-23 (火) 00:02:07
      • あの子も相変わらず天才肌ねぇ(器用にペンを走らせる泥団子をなんとも言えない表情で眺めている)結局貴女のような高度なゴーレムの再現は出来なかったし
        あのカタブツ共にYESと言わせたと来れば、もう9.9割は完成かしら。ふぅっ、ちょっと妬けちゃうわね(溜息混じりに笑った)
        …ん、そういえば。指輪…の話とかミリーから聞いている?(当該者であるかどうか、確認するようにちょっとぼかしたニュアンスで質問した) -- ティウ 2010-02-23 (火) 23:03:39
      • 『先生は天才って言葉嫌いらしいですけどね、努力を否定されてる気がするってよく言ってました。
        色々改良重ねたらしいですけど結局途中でやめて金の練成に興味が移ってしまったみたいですけど。
        指輪……ですか? 特にそういうことは聞いてませんが?』
        -- 2010-02-26 (金) 00:20:19
      • あら…あの子、そういう扱いされるの嫌だったのね(当人の前で結構露骨に天才扱いしてしまったので、悪い事をしていたわ…と思い返す)
        そのまま研究を続けていたらどうなったのかしらね。金の練成?これまた面白…コホン
        …ああ、それは失礼したわ。ちょっとミリーから特定の人に渡す預かり物があっただけよ
        錬金術師宛てのものなんだけど…こう、何か新進気鋭で錬金術に長けた―って人とか知らない? -- ティウ 2010-02-28 (日) 22:20:05
      • 『元ができない子だったから努力を認めて欲しいってベロベロに酔うと言ってました。褒めてくれてるのは分かるから嬉しいとも言ってましたけれど。
        錬”金”術士だしね!って急に言い始めまして……。
        いえ……特には聞いていませんね。私も錬金術はかじってますがちゃんと勉強しようか迷っているという程度なので……』
        -- 2010-02-28 (日) 23:05:48
      • (にわかに信じられない、と言う顔をしたが)なかなか興味深い話で。…錬金術の出発点に回帰したって事なのかしら?まあ流石に何を考えて…までは分かんないよね
        そう…始めるかも知れない…のね(そう云うと指に光る指輪を撫でた)やるってなら色々貴女の「先生」にお世話になった分、力になりたいわね
        …色々参考になったわ、有難うセリ(微かに笑みを見せて)そろそろお暇するけど、気が向いたらまた来て頂戴 -- ティウ 2010-03-01 (月) 23:04:26
      • 『先生の始めることにいちいち疑問を持っていたら助手は出来ませんからね、深く考えないでとにかく手伝わないと』
        (そこまで書いて何か気付いた顔をして頷いた)
        『冒険と平行してもしかしたら始めるかもしれません。幸い錬金術学校の分校もありますし。
        はい、その時はご指導よろしくお願いします! それではまた!』
        (ティウの後姿を見えなくなるまで手を振り続けながら見送った)
        。o0(何も考えなかったからいけなかったのかもしれないのかな……)
        -- 2010-03-05 (金) 00:51:41
  • あ、あれぇー…セリさんが引退してるですよー…ちゃんといるですかね?どこかにいってないですよねー…?せりさーん?せりさーん!(ぽこぽこドアを叩いて中に人がいるか確認する妖精) -- リーキュ 2010-02-18 (木) 23:29:28
    • (ドアを開けて顔を出す)『リーキュさんじゃないですか、こんばんは、どうしました?』 -- 2010-02-20 (土) 22:02:32
      • あっ、ちゃんといたですよー!わーい!(もしかして故郷に帰ったかもと思ってたのでとっても喜ぶ妖精)
        せりさんが引退したを聞いたですから心配で様子を見に来たですよー、まだ忙しいは終わらないみたいですしー…冒険しないでお金に困ったりしてないですかー?リーキュ気になって二日もお昼寝ができなかったですよー?
        それにもしかするしたら帰っちゃったかもー、って思ってー…ちゃんと会えるができてよかったですよー!わぁーん!(半泣きでほっぺにへばりつく妖精) -- リーキュ 2010-02-20 (土) 22:32:55
      • (飛びつかれて首がゴキンと鳴るゴーレム)
        『えぇ、大丈夫ですよ。お金もそんなに使いませんし何とか生活できてます。
        まだまだこの街を離れるつもりはないですよ。と言ってもあまり遊んだりは出来てないんですけどね』
        -- 2010-02-20 (土) 23:14:07
      • うみぃぃぅぁあ!?(なんだかイヤな音が鳴ったので耳を塞ぐ妖精)り、りーきゅは何かとんでもないことをやってしまったのではー…だ、だいじょぶですかー…?(おそるおそる)
        ほっ…それはよかったのですよー、お金が無くてお腹すいて寒い寒いしてたら大変ですよー、今日は特別ずーっと寒いですからねー、きゅーかんばー?って奴ですよー(大寒波といいたいらしい)
        ふぅー、それなら安心ですよー…まだまだセリさんとはしっかり遊べてないですから、そのままお別れはさびしいですよー…ほんとーに早く忙しいが終わるといいですねー…楽しいができないのってとっても辛いですよー、セリさんともっといっぱい楽しいがしたいのにー、むぐぐー(ぷっくー) -- リーキュ 2010-02-20 (土) 23:25:32
      • (こきこきぽっきん)
        『えぇ、大丈夫ですよ』(元に戻った首でにっこり笑う)
        『このところは寒い日が続きますからね、人間だったら死んじゃいますよ。
        私は少し動けばすぐ身体がポッカポカになるんで平気ですけどね。
        私もリーキュさんと楽しいがしたいです!』
        -- 2010-02-21 (日) 00:02:59
      • お、おぉー……?ぐしゃー、ってなってた首が元通りにー…リーキュそんなに首が回るしないですよー、う、うぎ…あぐぅ(くいくいと首を曲げてもセリほど曲がらない。頑張ってたら首の筋がピキッてして痛がる妖精)
        冬真っ只中とはいえすごいですよねー、リーキュは昔は裸でしたから、いつもの服さえあれば寒いは感じないですけどー。あや?セリさんは生きてるだから人間じゃないないですかー?えうー?
        リーキュも寒い日は踊ったりして頑張るのですよー!あるいはずーっとお茶に浸かってるですねー、体の芯までぽかぽかになるですよー…(うっとり)
        そのためにはまだ帰っちゃめーですよー!そして心置きなく楽しいが出来るようにやるべきこともやらなきゃいけないですよー、リーキュはまだちっちゃいから、我慢してもお年寄りにはならないですよー?だからセリさんも一生懸命をして、楽になったらリーキュや黒ちゃん、他のみーんなともたくさん楽しいをするですよー!ねー?(にっこり) -- リーキュ 2010-02-21 (日) 00:15:07
      • 『無理しちゃ駄目ですよ、普通はこんなに曲がりませんから』(リーキュの首筋を優しく撫でる)
        『生きてるのかどうなのかは微妙なところですね、死んではいないと断言できますけれど。
        こんなこと先生に聞かれたら怒られちゃいますね。秘密ですよ?
        そうですね、も、もう少し頑張るとしましょう……。』
        -- 2010-02-21 (日) 00:36:03
      • うぅー、セリさんは首がすごい種族なのですねー…リーキュ無理でしたー、ごろごろぉ(撫でられて猫っぽくうなる妖精)
        あ、あう?生きてるじゃないけど死んでるもない…?む、むつかしいですよー…リーキュの苦手分野ですよー…(頭を抱えてくーらくら)
        せんせ?セリさんは学校に行ってるですかー?せんせーがいるですよー? どんなことでも頑張ればいつか終わるですよー、いっぱい辛いがあるとその先はもーっと楽しいがいっぱいあるですからー!リーキュは草葉の陰からがんばれがんばれするですよー♪ -- リーキュ 2010-02-21 (日) 00:45:00
      • 『私もよく分かってないんでいいんですよ、無理に難しく考えることありません。
        そうですよ、私に色々教えてくれる先生です。リーキュさんと会うことは無いかもしれないけれど、もし会っても言っちゃ駄目ですからね?
        終わりがないのが終わりなのは嫌ですからね……頑張ります。あと草葉の陰から応援はしちゃ駄目ですよ、していいのはなくなった方だけです!』
        -- 2010-02-21 (日) 01:16:47
      • あぅ、そーですかー。それは安心ですよー…でも生きてるリーキュと一緒にいるですから、セリさんはきっと生きてるなのですよー!
        ほえー…リーキュはまだ学校に行ってないだから先生がいるは羨ましいですよー、先生のお話もいろいろ聞きたいのですよー!あい!リーキュ秘密にするですよー♪きっと覚えてないになるからリーキュは隠し事が上手なのですよー!
        きっときっと光が見えるですからねー、がんばれがんばれー! あや?葉っぱの影に隠れて応援するが草葉の陰じゃないですかー?またリーキュ言葉を間違えちゃったですかー…むむむぅー -- リーキュ 2010-02-21 (日) 01:54:15
      • 『それはそうかもしれないですね、今はあまり難しいこと考えるのやめましょう。
        安心といえば安心ですが、それはそれで駄目な気もしますよ……。
        えぇ、光が見えるよう頑張りましょう。
        草の陰に隠れるのは幽霊ですからね。……でも妖精も草の陰にいることありますよね、ぺロっとめくると隠れてたり』
        -- 2010-02-21 (日) 22:41:09
      • ですよー、生きてるも生きてないも難しいですけど、どっちでもリーキュはセリさんのお友達ですよー!(にぱー)
        うにぃ、でもリーキュ知ってることはすぐ喋るですから…どこかにメモして知らないにしておいた方が隠すが出来るですよー、子供だから仕方ないのですよー…
        草のいいにおいもするですし、暑い日は日よけにもなるですからねー?草葉の陰でのんびりするのが妖精のたしなみですよー!そーゆーのは人間さん達には出来ない妖精の特権なのですよー!だから草葉の陰に隠れる妖精もそんなに間違っていないのですよー! -- リーキュ 2010-02-22 (月) 01:53:45
      • 『そうですね、私とリーキュさんは友達です。
        それはそれで見つかった時が恐ろしいような。リーキュさんも無理しないでゆっくり大人になれば良いと思いますよ。
        それもそうですね、妖精さんの場合は草葉の陰から応援でもいいかもしれません』
        -- 2010-02-22 (月) 23:58:34
      • ふふふー♪友達ですよー♪(にぱー)遠くに行っても友達って言うですけど、今はまだ離れるしないで一緒に楽しいをするですよー!いつかセリさんと先生さんもリーキュの国に来て欲しいのですよー!
        あいあいさー!リーキュはもうちょっと子供してから大人になるですよー?あえ?そういえばセリさんはおとな?こども?
        ですよー!だからリーキュは草葉の陰で応援ですよー!太陽めらめらをずーっと浴びるとくらくらですからねー、休みながら応援するのですよー!
        それじゃあ応援できる素敵な日陰を探しにいくですよー!またねーですよー!(ぴゅりりーんと飛んでいく妖精) -- リーキュ 2010-02-23 (火) 00:14:17
      • 『まだ当分は一緒にいれそうですしね。もしも色々やり終わったらリーキュさんの国に行くのもいいかもしれません。
        私はどっちでしょうね、大人でも子どもでもないと思います。
        えぇ、いい草葉の陰を見つけてください。またねー、です』
        -- 2010-02-23 (火) 01:37:09
  • セルフィアスの情熱がやばそうだなぁ……ヘタすると来月で、うぅん(心配そうに見つめる黒いの) -- マオウ 2010-02-15 (月) 01:01:58
    • 『い、引退しておりました……。んー、これからどうしましょうか』 -- 2010-02-17 (水) 22:05:14
      • ずっと安全な探検やってたから気付いてないとは思ってたけど、そーだなぁ、セルフィアスは探したい物って見つかったのか?見つかったなら冒険続ける意味も薄いとは思うんだぜ? -- マオウ 2010-02-17 (水) 22:17:47
      • 『全然見つかってないです、とりあえず少し休んでまた冒険しましょうかね?』 -- 2010-02-17 (水) 23:18:38
      • ん、じゃあしばらく英気を養いつつ冒険に出るって事で、もしかしてこのまま帰るとか言われるんじゃねーかとハラハラだったんだぜ! -- マオウ 2010-02-17 (水) 23:28:43
      • 『とりあえず家事で気を紛らわせるとしましょう、そうしましょう。
        やりたいこと見つけないで帰ったら先生に怒られそうですからね!』
        -- 2010-02-17 (水) 23:34:11
      • ん、セルフィアスは人形作るの上手だし、そっち方面で気を紛らわすと良いんじゃねーかな?
        あー、ミリーが怒ってる所って見たことねーけど、何となく怖そうだなぁ……笑顔でグリグリとかしそーだし -- マオウ 2010-02-17 (水) 23:39:45
      • 『そうですね、ちくちく人形作るとしましょう。なんにんか作りたい人も出来ましたしね。
        私も怒ったところ見たこと無いんですよね、怒るんでしょうか? むしろ呆れて冷たい目線で見てきそうな』
        -- 2010-02-18 (木) 00:58:57
      • おーそれはいい傾向なんだぜ!それにしても、この小さいので特徴を出すってのはホントすげーよなぁ
        …セルフィアスも見たことねーのか、うーん、でも本気で怒ったらなんかやばそうな気がする、ミリーみたいなタイプは見境なくなりそうだし(ぼそぼそ) -- マオウ 2010-02-18 (木) 01:27:31
      • 『これでいいかなーと思って全体的に見てみたら潰れてたりとか上手く出来る人はすごいなーと思います。
        素体ありきでやってるんで一から作れる人は尊敬しちゃいますね。
        爆弾ばら撒いたりですかね? ……しちゃいそうですね』
        -- 2010-02-20 (土) 21:20:41
  • そういえばみりみりは英雄になれたのかな…… ん、なんだか部屋が掃除されてるような……? -- 2010-02-09 (火) 21:58:17
    • (綺麗に掃除された家は生活感がある。窓際の日溜まりで椅子に腰掛けながら眠っているのが一人) -- 2010-02-09 (火) 23:19:19
      • ん… 誰だろうこの子……初めて見るはずなのにどこかであったことあるような……
        ……うーん……(誰だったかな と寝顔を眺め続ける) -- 2010-02-12 (金) 21:07:27
      • (すうすうと寝息が聞こえ、ぱくぱくと口を動かしたあとがくんと頭を落とし目を覚ました)
        ……!?(口を動かすが声が出ていないのに気付くと近くにあったスケッチブックを取る)
        『お久しぶりですアマミさん』
        -- 2010-02-13 (土) 17:12:53
      • ん?んん・・・・・・?私の名前しってるの・・・・・・?そしてやっぱりどこかであったことがある……
        で、でもごめんなさい、その、全然思い出せなくて……どこであったのかな…? -- 2010-02-13 (土) 18:54:14
      • 『ミリエリウム先生が作ったゴーレム、セルフィアス・エウシュロンです。セリと呼んでください。
        えー、アマミさんのところにギョロプヨいるじゃないですか、私元の形はあれなんですよ』
        -- 2010-02-17 (水) 22:04:38
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst056561.jpg -- 2010-02-02 (火) 01:19:26
    • 『何を挿入するんですか、何を。入れるような物ありませんよ!』 -- 2010-02-02 (火) 23:28:27
  • およ?これは……へー(飾ってある人形の横にちょこんと座って見る黒いの) -- マオウ 2010-01-29 (金) 08:22:19
    • 。o0(あら、人形が二つ……? こっちはなんだろう)
      (などと思いながらマオウを掴んでスカートめくってみたり)
      -- 2010-02-02 (火) 01:15:00
      • ……!(一瞬ピクリとしたが人形と間違えてるっぽいので大人しくしている黒いの) -- マオウ 2010-02-02 (火) 08:12:20
      • 。o0(あれー……こんなにリアルに作りましたっけ。ふむ)(ぷにぷに) -- 2010-02-02 (火) 23:26:56
      • (ぷにぷにされてくすぐったくなり笑いを堪えながらぷるぷる震え始める) -- マオウ 2010-02-02 (火) 23:32:31
      • (プルプルしているのに気付いて声が出ないのを忘れて口をパクパク動かす)
        (声が出てないのを思い出してスケッチブックを取り出して書きなぐった)
        『本物のマオウさんでしたか! 同じくらいの大きさですから気付きませんでした……』
        -- 2010-02-02 (火) 23:50:06
      • いいっていいって、結構似てたからちょっと悪戯しようと思ってさー最初にスカートめくられた時はどうしようかと思ったけど!
        それにしてもセルフィアスって人形作るの上手なんだな!これもこれも結構特徴が出て似てるんだぜ -- マオウ 2010-02-02 (火) 23:58:18
      • 『これ次に人形を隠されたら全然気付けない自信があります。マオウさんに私の恥ずかしい姿を見られちゃうなんて……!』
        『ほんとうですか? ありがとうございます! 皆さん褒めてくれるんですごく嬉しいです』
        -- 2010-02-03 (水) 00:19:06
      • 恥ずかしいのはこっちだっつーの!まー確かに人形にそんなことしてたのか、とか思ったりしたけどさ(によによ)
        上手に出来てるのを褒めるのは当たり前だからな!あそうそうオレの人形余ってたら一個欲しいかも、オレの部屋にも飾っておきたいなーなんて(下から覗き込むように見上げる黒いの) -- マオウ 2010-02-03 (水) 00:25:47
      • 『そういう訳じゃなくてですね、こんなだったかなーとですね』(あせあせ)
        『はい、いいですよ、実はしっかり二つ作ってるのでした』(ぱたぱたと別の棚から人形を取ってくる)
        -- 2010-02-03 (水) 00:36:08
      • ホントかー?ホントにそうなのかー?(によによ)と、からかうのはこれ位にしてっと(ぴょいんと棚から飛び降りて)
        おー!さすが用意がいいなぁ、それじゃあこっちは貰ってくなー!お礼はまた後で何か持ってくるぜ!ってことで今日はお休みー(大事そうに抱えて飛んで行く黒いの) -- マオウ 2010-02-03 (水) 00:49:59
      • 『はい、今度は私から遊びに行きますね。それではまた』 -- 2010-02-03 (水) 00:52:45
  • こんばんはー!遊びに来たですよー!(てしてしドアを叩いて家の中に叫ぶ)
    リーキュもう銭湯見つけたですよー!えへー、これでリーキュの勝ちですかー?リーキュ物探しの達人ですよー!(ドアを何度もぽこぽこ叩く) -- リーキュ 2010-01-28 (木) 00:54:39
    • 。o0(この声は……)
      『やっぱりリーキュさんでした。もう銭湯を見つけたんですか、早いですね』
      -- 2010-01-28 (木) 01:05:03
      • ですよー!リーキュはやっぱりリーキュでしたー!ドアの奥にはやっぱりセリさんがいたですよー!
        えへー、実は別の人に教わったんですけどねー?あっちいってこっちいってこーすればつくですよー!
        んふー、もしお時間あるなら一緒に入りませんかー?リーキュあそこは広いだから、一人じゃ入れないですよー。保護者さんになってくださいですよー! -- リーキュ 2010-01-28 (木) 01:13:54
      • 『一緒に入るなんて素敵ですね、でももうそろそろ寝ようかなと思っていたところでして。
        また今度時間がある時に私が誘いに行きますね』
        -- 2010-01-28 (木) 01:29:26
      • やたー!それじゃあ楽しみにしてるですよー?…あっ、でもお風呂の中ではどうやっておしゃべりするですかねー?今度はそれを考える勝負ですよー!
        じゃーセリさんの寝るを邪魔してはいけないですから、今日はリーキュも帰るですよー!おやすみなさいですよー!(ぱたぱたーっと飛んでいく妖精) -- リーキュ 2010-01-28 (木) 01:34:45
      • 『すみません、お気遣いありがとうございます。それではまた今度』
        。o0(たしかにお風呂でどうやってお話しましょうか……。何か作ってみますかね)
        -- 2010-01-28 (木) 01:43:43
  • 。o0(人形増えてきたな……もっと並んでたら可愛いかなー)
    (などと考えつつ人形棚を見てにこにこするセリだった)
    -- 2010-01-24 (日) 03:09:17
    • 。o0(うーん、うーん……) -- 2010-01-24 (日) 20:31:07
      • う〜ん…うぅ〜ん…?(いつの間にかとなりで一緒に悩んでる獣人) -- ミトリ 2010-01-24 (日) 23:52:28
      • 『あ、ミトリさんどうもこんにちは。いらしてたなら一言おっしゃっていただければよかったのに。
        なにか悩みごとですか?』
        -- 2010-01-25 (月) 02:38:40
      • う、うん〜…何だかこのお人形が俺にそっくりに見えてさぁ?(棚に飾られた人形とにらめっこしながら) -- ミトリ 2010-01-25 (月) 02:43:21
      • 『そのお人形は……まあそうなりますです、はい。
        暇なんで来てくれた人のお人形作ろうかなーなんて。だ、駄目でしたかね?』
        (反応をうかがうかのように少し上目使いでミトリを見る)
        -- 2010-01-25 (月) 22:11:49
      • わぁ…やっぱりそうだったんだぁ!?(ほへぇ…と感心のため息を吐きながら)
        と、とんでもないっ!(視線に気づけばぶんぶんっと首を振って)よく出来てるねぇ…これ、もしかして錬金術で作ったのかなっ?(わくわく) -- ミトリ 2010-01-26 (火) 19:28:52
      • 『そうですか、よかったです。もしかしたら勝手に作ったら嫌な人もいるかなと思って。
        え、えーと、普通に裁縫で……』(その視線に申し訳なく思いながらスケッチブックに書き付ける)
        -- 2010-01-26 (火) 22:55:08
      • いないいないっ、すごく丁寧に作られてるもん…これなら誰だって喜んでくれるよっ!(感嘆の声を何度もあげながら、人形を手に取ればいろんな角度から眺めて)
        (ふと、縫い目を見つけて)…あっ、本当だぁ?手先が器用なんだねぇ、セルフィくんっ!俺もこのくらい裁縫できたらなぁ〜…?(前に即席で縫ったぬいぐるみの出来の悪さを思い出しながら) -- ミトリ 2010-01-26 (火) 23:06:38
      • 『そうですか? それならよかったです。
        先生のお手伝いで裁縫は覚えたんです。私も最初はヘタでしたから、何事も経験ですね』
        -- 2010-01-26 (火) 23:43:59
      • そだっ!良かったらでいいんだけどぉ、俺にもお裁縫、教えて貰えないかなぁ〜…?
        お礼はぁ…えっとぉ、料理でどうかなっ!(秘蔵のレシピ帳を取り出して、だがすぐに何かに気づき、困ったような表情)…あっ!そういえばご飯食べれるのか聞いてなかったなぁ? -- ミトリ 2010-01-26 (火) 23:47:21
      • 『いいですよ、といっても上手く教えられるかは分かりませんけれど。
        お料理ですか、楽しそうですね』(レシピ帳を珍しそうに見る)
        『食べられますよ、先生の作ったスペシャルでハイクラスなゴーレムですから』(胸を張ってえっへん)
        『まぁ喋れないって欠点はありますけど』
        -- 2010-01-26 (火) 23:55:17
      • わぁい!へへぇ〜、縫ってる所を見せて貰うだけでもいいんだっ?昔からそうやって覚えてきたからさっ?
        料理だってそう、作るのを見てるうちに自然と覚えていってさぁ?…このレシピ帳は、俺が今まで見てきた料理の覚書がたくさん詰まってるんだぁ?(こちらも負けじとえへん)
        食べられるってだけでも十分ハイスペックだと思うよっ、字を覚えるのもさぞ苦労したんだろうねぇ〜…?(しみじみ) -- ミトリ 2010-01-27 (水) 00:23:32
      • 『そうですか? ならいつでもいらしてください、暇があればやっていると思います。
        なるほど、見学というやつですね。ミトリさんは勉強家ですか。
        文字を覚えるのはそんなに難しくなかったですね、本が沢山ありましたから』
        -- 2010-01-27 (水) 00:45:18
      • 勉強家ってほどじゃないけどねぇ…ただ、誰かが何かをしてるのを見てるのが好きだったっていうかぁ?その中でも料理は特別だったって感じかなぁ?
        セルフィくんは本が好きなんだねぇ…好きこそ物の上手なれとはよく言ったものだし、よっぽど沢山の本を読んでるんだろうなぁ?
        …さてっ、また暇してそうな時に覗きに来てみるねっ!それじゃっ!(ふりふり手を振って帰っていった) -- ミトリ 2010-01-27 (水) 01:01:49
      • 『分かります、私も先生が錬金術の実験しているのを見ているの好きでしたから。
        いつでもいらしてください、それではまた』
        -- 2010-01-27 (水) 01:40:13
  • ちょいと遅くなったけど挨拶返しに来たぜ!今月の依頼を生きのびたら来ようと思っててな、死んだけど。
    まああらためてヨロシクって奴だ!んで、なんだココ。まるで学者か魔術師の研究室っぽい雰囲気があるなー。
    (勝手に手近な書物をとってパラパラめくったり)んー。何書いてあっかわかんねぇ。お前、こんなのよく読めるな。頭いいのか…。 -- メルティ 2010-01-23 (土) 18:16:23
    • (驚いた顔で振り向く)
      『生きていらしたんですか、よかった。先月依頼を見たときに嫌な予感がしたんです。
      たしなむ程度に錬金術を少々……頭はあまりよくありません。勉強よりもお掃除やお洗濯の方が好きですし』
      -- 2010-01-23 (土) 19:42:04
      • 三途の川に腰まで突っ込んだけど、何とかなー。次はドジ踏まねーようにするぜ。心配してくれてサンキューな。
        (はにかんだ様な顔で肩をぽんぽんと叩き)へぇ、錬金術ってあの、物質を変換したりするアレか。すげーな…。
        ま、その好みだと将来はいいお嫁さんってトコか。お前も死なないようになー。
        そいじゃ、また一緒するコトがあったら、そん時は頼むぜ!(片手を軽く振って出て行く) -- メルティ 2010-01-23 (土) 21:40:34
      • 『そうですか、死にそうになったとはいえ命が無事なようで何よりです。
        簡単なものなら手順に従えば難しいことは失敗することはほとんどありませんから、そうでもないですよ。
        そういえばお嫁さんとかは考えたことありませんね。身体だけは丈夫ですので恐らく大丈夫かと
        はい、またよろしくおねがいしますね』(スケッチブックを置き、見送った)
        。o0(お嫁さんかぁ……考えたことなかったな)
        -- 2010-01-23 (土) 23:18:32
  • あやー?ないですねー…こっちじゃないですかねー?(きょろきょろ) あっ、そこの黒髪の人間さんー?リーキュ大きいお風呂がこの街にあるって聞いたから探してるですよー、お姉さんはそれどこにあるか知らないですかー?なんと人間さんでも何十人も入れるおっきいのがあるらしいのですよー!リーキュそれが見てみたいのですよー! -- リーキュ 2010-01-21 (木) 23:36:34
    • 『えーと、銭湯のことですかね。話には聞いたことありますけど……』(リーキュの問いにスケッチブックに書いて答える) -- 2010-01-22 (金) 00:04:18
      • あっ!それですよー!銭湯ですよー!話にはー…ってことは場所は知らないですかー?
        でも不思議ですよー、お姉さんは文字でお話するですねー?リーキュ困らないように国から出る前に読むを勉強してたですよー!役に立ったですよー!名前を書くもできるですよー?(いーさゅ、とスケッチブックに書いて得意げな妖精) -- リーキュ 2010-01-22 (金) 00:13:01
      • 『えぇ、前にこの街にあると聞いたことがあるだけですので。
        えーと、りーきゅさん? いーさゅさん? どっちですかね』
        (一人称と書かれた文字でどっちだろうが本当の名前だろうと首を傾げる)
        -- 2010-01-22 (金) 00:23:41
      • むみー…では今日は見つからなさそうですよー…代わりにお姉さんのお家だけ覚えるですよー!目印が増えれば探し物もしやすいですよー!
        あや?えぇっとー…こっち、こっちですよー!そっちはリーキュの間違えたですよー!(「りーきゅ」と書かれた方を手でたしたし、と叩く。)
        リーキュはまだここに来たばかりだから街もしっかり把握できてないですよー…頑張っていっぱい探検するですよー!
        あっ、そういえばお姉さんのお名前はなんていうですかー?教えてほしいですよー! -- リーキュ 2010-01-22 (金) 00:30:05
      • 『じゃあ今度散歩をする時に私も探しておきますね。
        リーキュさんですか、よろしくお願いします。私はセルフィアス・エウシュロン、セリと呼んでくださいね』
        (にこりと笑った)
        -- 2010-01-22 (金) 00:35:59
      • いいんですかー!?ありがとうございますですよー!それじゃリーキュとどっちが早く見つけるか競争ですよー!
        あい!リーキュはリーキュ・センノですよー!ちょっと離れた島から来たですよー!こちらこそよろしくですよー?セリさん!(こちらもにっこり笑って、小さい両手でセリの指を握る。握手のつもりらしい) -- リーキュ 2010-01-22 (金) 00:45:00
      • 『分かりました、競争ですね。なるべく早く見つけるようにしましょう。
        えぇこちらこそよろしくお願いします』(握られた指を小さく振った)
        -- 2010-01-22 (金) 00:54:07
      • えへへー、リーキュ負けないですよー?すぐに見つけて教えてあげるですよー!そしたら一緒に入るですよー?
        それとリーキュはお茶の妖精ですからお茶を淹れるのが得意ですよー♪リーキュのお家に来たら美味しいお茶をご馳走するですよー!(さらさらと住所を書き記して)首を長くして待ってるですよー?
        でもリーキュの首は伸びないですよー…とにかく待ってるですよー!それじゃあ今日はこれで帰るですねー?ばいばいですよセリさーん!(背を向け、たまに振り返って手を振るを何度か繰り返してるうちに見えなくなった) -- リーキュ 2010-01-22 (金) 01:05:51
      • 『はい、それでは今度お邪魔させていただきますね。またお会いしましょう』
        (リーキュが手を振る度それに返し、見えなくなるまで外で見送っていた)
        -- 2010-01-22 (金) 01:12:28
  • あれっ?…ここって前まで空き家だったようなぁ?(こそこそと物陰に隠れながら、こっそり中を覗く) -- ミトリ 2010-01-21 (木) 21:04:40
    • (椅子に座って本を読んでいるが本を閉じてきょろきょろする)
      。o0(なんだか部屋がまだ埃っぽいような……掃除しましょうか)
      (立ち上がると掃除を始め窓に近付いてくる)
      -- 2010-01-22 (金) 00:02:35
      • わ、誰かいる…お引越ししてきたのかなぁ?(よく見えないなぁ…と少し窓から身を乗り出す)
        ……あっ!(ばっちり目が合う、驚きのあまり耳はピンと立ち固まったままで) -- ミトリ 2010-01-22 (金) 00:29:46
      • (目が合うと身体を動くのをやめてじーっとミトリを見つめる)
        。o0(耳が……獣人の方かな?)
        (たっぷり一分ほど見つめた後笑って手を振る)
        -- 2010-01-22 (金) 00:34:13
      • にゃ、にゃはは〜…?(苦笑いを浮かべながら手を振り返す)
        (沈黙に耐えきれずこちらから口を開く)…あ、あのぅ…こ、ここに越してきた方ですかっ?(首を傾げて) -- ミトリ 2010-01-22 (金) 00:39:16
      • 『えぇ、丁度一ヶ月前に越してきたところです。戻ってきた、というのが正しいかもしれませんが』(スケッチブックを手繰り寄せそう書いてミトリに見せる) -- 2010-01-22 (金) 00:45:48
      • あっ…もしかして…?(お口にチャックするような仕草、喋れないんですね?と聞きたいらしい)
        戻ってきたっていう事は、随分前にここに住んでたんですねぇ…多分、俺が山を降りてくるよりずっと前に…
        俺、ミトリっ!見ての通り、猫の獣人だよっ?(ぴこぴこと耳を動かしつつ)…えっと、君の名前はっ? -- ミトリ 2010-01-22 (金) 01:03:12
      • 『えぇ、喋れないんです。私は生まれてこの方これなのでもう慣れましたが他の人には申し訳ないです。
        10年ぶりくらいですね、この辺りはあまり変わってないみたいで安心しました。
        セルフィアス・エウシュロンと言います。ゴーレムで一応錬金術士の真似事を出来るくらいですかね』
        -- 2010-01-22 (金) 01:09:02
      • そっかぁ…ちょっぴり安心したかなぁ?てっきり俺、警戒されちゃってるのかなぁ〜…なんて思っちゃってさっ?(くすりと笑って)
        やっぱりここって、昔からいい所だったんだねぇ…みんな親切で本当にいい所…
        …ふぇっ?ごー…れむ?…って、あのゴーレムっ?どう見ても普通の人間にしか見えないけどぉ…?(恐る恐るといった感じで手に触れてみる) -- ミトリ 2010-01-22 (金) 01:22:00
      • 『悪い人はあまり記憶にありませんから、先生に気を付けろと言われましたが気が緩んでしまいますね』
        。o0(わわっ!)
        (驚いた様子で触れられた手を引っ込める。ほんの少し触れた手はミトリと同じく温かかった)
        『す、すみません。びっくりしてしまって……。』(スケッチブックで顔を半分隠す)
        -- 2010-01-22 (金) 01:38:44
      • おぉ…おぉぉ〜…(まだ温もりの残っている自分の手をにぎにぎしながら、ちょっと興奮している様子で)
        す、すごいねぇ!…とてもゴーレムとは思えないやぁ…あっ、こ、こっちこそゴメンねぇ!?いきなり手を掴んじゃってっ…そのっ…!(慌てた表情で弁解をしながら)
        えっと、セルフィくん…だったよねっ?ま、また覗きにくるねっ、錬金術っていうのも気になるしぃ…そ、それじゃっ!(気恥ずかしいのを隠すかのように、いそいそと帰って行った) -- ミトリ 2010-01-22 (金) 01:56:34
      • 『いえ、私こそすみませんでした。今度は窓越しでなくちゃんとドアから入ってくださいね。
        それではまた』(慌てていたのもどこへやら、最初と同じように落ち着いた態度でミトリを見送った)
        -- 2010-01-22 (金) 02:05:59
  • (埃のうっすら溜まった空き家に入り込みはたきを取り出す) -- 2010-01-20 (水) 21:20:19
    • 。o0(すごい埃……これ今日中に掃除し終わりますかね……) -- 2010-01-20 (水) 21:23:00
      • パタパタ
          パタパタ
            パタパタ -- 2010-01-20 (水) 21:24:57
      • のこのこ -- ? 2010-01-20 (水) 21:25:53
      • (ジャンプして踏み潰そうとする) -- 2010-01-20 (水) 21:27:36
      • (100という文字が出てそこから逃げ出す) -- ? 2010-01-20 (水) 21:28:07
      • 。o0(あとでネズミ捕り買って来ないとシャリオチーズ作ったら取られちゃいますね)
        (とかそんなことをボーっと考えながら換気したりする) -- 2010-01-20 (水) 21:32:04
      • 。o0(あ、色も決めないといけませんね。……先生と同じ色で良いかな、いいよね) -- 2010-01-20 (水) 21:47:44
      • 。o0(うーん、やっぱり違うのにしておいた方が良いですね) -- 2010-01-20 (水) 21:50:34
      • 。o0(薄い!) -- 2010-01-20 (水) 21:51:22
      • 。o0(こんな感じですねー) -- 2010-01-20 (水) 21:53:57
    • (片隅からじーっと見ている何か) -- マオウ 2010-01-20 (水) 21:59:17
      • 。o0(はっ! 何かの気配……!)
        『あ、マオウさんだー。お久しぶりですー』(とスケッチブックにかきかき)
        -- 2010-01-20 (水) 22:00:52
      • 『あ、あれ?オレどこかで会った事あったっけ?でもここに居るってことはミリーの関係者かな?』(と思わず真似してスケッチブックにかきかき) -- マオウ 2010-01-20 (水) 22:04:18
      • 『そうです、ミリー先生がいつも連れてたゴーレム覚えてません? スライムみたいな一つ目の奴なんですが』
        『私以前あれだったんですよ』
        -- 2010-01-20 (水) 22:14:42
      • 『あ、そういえばなんかちっこいの連れてたっけ、たしかディノーテにも同じようなの渡してたよーな?』
        って、え!あれがお前なのか!?ぜんぜん見た目違うじゃねーか!』(とhttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst045640.gif←以前の姿を器用に書く黒いの) -- マオウ 2010-01-20 (水) 22:20:12
      • 『私も詳しいことは教えてもらってないんですが、あれに展開していく自我の種? を植え付けて育てることで人と同じような行動原理をもったゴーレムを作れるとかなんとか』
        『その芽生えたものを入れ替えて私の完成だとか何とか。つまり身体は別物ですけど中身は一緒ということですね!』
        -- 2010-01-20 (水) 22:40:06
      • 『うん、うん?よくわかんねーけどとにかくすげーってのは分かった、ミリーのヤツ何時の間にそんだけ腕を上げたんだろ?オレが知らなかっただけかなぁ……』
        『まー何はともあれ事情はわかったぜ!オレはてっきり泥棒か何かかと、そういや名前あったんだっけ?』(キュッキュ) -- マオウ 2010-01-21 (木) 08:16:44
      • 『後になって聞いたら構想自体はこの街にいた時から考えていたようですよ』
        『セルフィアス・エウシュロンです、先生はセリって呼んでいました。これからよろしくお願いしますね。そうそう、私耳は聞こえるので普通に喋って大丈夫ですよ』
        -- 2010-01-21 (木) 19:12:50
  • さて……最後の始末かな。(綺麗になった家のドアを開ける) -- 2009-09-20 (日) 01:03:05
    • (開けられたドアからぞろぞろとゴーレムが店の外に出て行く) -- http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst045640.gif 2009-09-20 (日) 01:03:50
      • んー、これで全部かな。(一体のゴーレムをフードに入れてそれ以外を全部一ヶ所に集める) -- 2009-09-20 (日) 01:04:58
      • (集まったゴーレムの周りに魔法陣を書き上げる)
        土は土へ、meth
        -- 2009-09-20 (日) 01:07:52
      • (ミリーの言葉で魔法陣が淡く輝きゴーレムが崩れて跡形も無くなった) -- http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst045640.gif 2009-09-20 (日) 01:09:23
      • それじゃいこっか、まずはドワーフの里へ。宝剣とセリの骨格を作るためにね。(フードに入ったゴーレムを軽く撫でる) -- 2009-09-20 (日) 01:13:49
      • (撫でられハートを飛ばしゆっくりと目を閉じた) -- http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst045640.gif 2009-09-20 (日) 01:14:47
      • さってと、かさばる荷物は里の近くの村に送ったし……お守りとかも持った。
        あまった物は錬金術学校に寄付したし……よし。(ひとりで頷き空飛ぶ箒に跨り空を飛んでいく)
        -- 2009-09-20 (日) 01:17:30
      • (振り向かず飛んでいくが街を見渡せる丘に近付いた時そっと降り立ち振り返る)
        ありがとう、みんな。またいつかきっと会おうね。(誰にでもなく頭を下げ、少し出た涙を拭いてずんずん街から離れていった)
        -- 2009-09-20 (日) 01:20:43
      • ミリーのアトリエ〜ハイラーグの錬金術士〜 第二部 了 -- 2009-09-20 (日) 01:22:44

Last-modified: 2012-03-15 Thu 22:12:16 JST (2805d)