シラタマ家出身 ジュリオ・ブラファルト 382791 Edit

ID:382791
名前:ジュリオ・ブラファルト
出身家:シラタマ
年齢:21
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
おちた:ステータス/戦歴
こっそり復帰4号(偽名やめた):ステータス/戦歴
霊圧:がっくり
状況:どーしても3年前後で落ちる…ウウッ


http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst049315.jpg

―その後色々あって諸国を放浪してるとかしてないとかそんな話だ―(◎◎○○○)

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst047261.gif 空長屋の玄関先にポストが置いてある Edit

文通スイッチON  消しゴム  カンニング

&color(firebrick){ういーっす}; &br; '''' &size(8){ぼそぼそ}; ジュリオ>名簿/348784
お名前:
  • (手紙が届いた)
    『断定の通り元気です、そちらもお元気そうで何より。
    卒業した生徒から手紙もらうのってなんだか嬉しいネ。
    そんな訳でこちらも近況報告返しです。
    あたしは錬金術の本場で勉強した後、新大陸を開拓している人たちの子供に錬金術を教えています。
    ゴルロア学園ほどエキセントリックな生徒は少ないけれど、それでもてんやわんやで楽しいケド大変。
    そうそう、結婚おめでとうございます。あたしは結婚のけの字も見えないので羨ましいです。どうぞ奥さんを大事にしてください。
      ミリエリウム・エウシュロン』 -- 差出人 2010-05-28 (金) 12:41:18
    • お、早い返事だ…ふむふむやっぱ元気か、ですよねー。
      開拓地で錬金術ねー…なんか海産物的なもの投げてドンガドンガ山に穴開けたりするイメージしかわかねーや、
      ま、大変でも楽しいんならそれに越したこたないか。も一つの問題の方も、本人さえその気んなりゃすぐ解決すんだろーし。
      …みりえりうむ…? あれ、もしかして今初めて本名知ったか俺…?
      まあとにかく、センセからもらった護符のおかげで無事落ち着くところに落ち着いたっつーことで。
      この手紙はしばらく神棚にでもかざって拝んどこー、そーしよー。
      -- 2010-05-29 (土) 03:49:20
      • (遅れて小包が届いた) -- 差出人 2010-05-29 (土) 04:15:19
      • …ん、もう一通なんか来た…人形? なんか見覚え…ぶうッ!? 俺だコレ!!
        うおあ何やってんのさセンセ! お返しのお返しされちゃ俺の立場とか色々がですねッ!?
        ち、ちくそう…何年経とうがいまだ師は師、上手のままっつーことか…!! ありがとーございましたーっ!!
        (新大陸と思われる方角に深々と一礼したあと、人形は神棚でなく自分の机に飾ったとか)

        …おーほらほら、コレ見ろコレ。この黒い服が昔通ってたガッコの制服でな、そこで魔法教えてたセンセがさ…
        -- 2010-05-29 (土) 04:24:41
  •  

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照


壁の住所録(とりあえず来客分のみ) Edit

ちま医者の卵。頭巾は猫耳心は子犬リエ子最強の戦士、サインもらった千夏低空飛行のまま引退しちまや良かったのに
モーリスモグラの国に帰ったっぽい英雄ロック呼ばわりが今じゃ懐かしい勇斗卒業を祈念してやまない眼鏡
リーディアナ絶賛化けの皮剥がれ中謎配膳員夜食とかごっそさんでしたミリー窓から襲来アルケミ先生
グラスホッパードなんか軽いノリで死んでたマユラまあ猫ってフラっといなくなるしな…シルフィおっとりゆったり、色々ゆったり
ラロウスカした奴、よく同行したザムザ托鉢僧でアラウンザワー、臭いセレネなんか子供いるらしい、ひゅー
バブボーンクモみたいな害獣、野菜を隠せフェンフェイ完成した健康キョンシー

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst063089.gif ごりふれた赤毛の卒業生 Edit

私立ゴルロア学園

  • お人好しな貴族の屋敷で厄介になってた沢山の孤児のひとり。実の両親は疫病で亡くなった
    • 姓のブラファルトはその貴族の家名。生まれは平民だから本姓はないのだ
    • 同じ境遇の執事の薦めでこの街にやってきた
    • 前職漁師扱いなのは魚を獲ってきて食事の足しにするのが日課だったから
    • 身長自称170cm(ようやく実測が追いついたって話だ)、赤茶のクセ毛に茶色の目。横幅はごくふつー
    • 着てる服は学生服ッポイ安古着を調達しただけ 2年から普通に制服着てたぞ! 絵的に反映されてないけど!
  • 割と考えなしで脳天気、だがごくふつーな人間の範疇からはまったく外れない一般人
    • 数人雑魚寝の大部屋で暮らしてた育ち上デリカシーとか期待できない
  • 学園のS科を卒業、2留で5年かかったヨ
    • 一年次…深夜の無断外出バレる(5月)
      • 二年次…護衛対象の貴族がゲス過ぎたんで思わずドロップキックかます(12月)
      • 三年次はストレートで通過、卒業!
    • 現在なにやら目的あってか周辺諸国を放浪中。一応長屋を借りてるけど殆ど留守だ にゅー
  • ミリー先生から護符作ってもらった! 大切なものを引き寄せてくれるらしい

誰だコイツを放り込んだの Edit

はるか西方、ブラファルト男爵という貴族の治める村があったとさ。
男爵さんわりとお人好しで、屋敷には引き取った戦災孤児とかがわらわらいて
あんまり裕福とは言えないまでもまあ賑やかに暮らしておったそうな。

そんなある日、縁あって取り寄せていたこの街の新聞に学園の入学案内が。
孤児の中から希望者を募ったところ…ひとり、赤毛のアホが手を挙げたという次第。


新聞のたまった郵便受け// Edit


Last-modified: 2010-02-09 Tue 00:50:15 JST (3572d)