(このNHK教育の高精細ハイビジョン映像は彼の宝物です)

  • …ふむ、最近オンラインになっていないな…ノアくんは(ライブチャットのコンソール画面をみて、オフラインか…と少しだけ心配となる)
    …病状が悪化などしてなければよいのだが… -- 恵子 2012-01-29 (日) 18:23:34
    • (ピコリン! NoAH さんがログインしました。) -- 能有 2012-01-29 (日) 21:19:18
      • …(独り言をいっていたら狙ったようにオンライン表示になって…少しだけ恥ずかしくなるが…コールしてみることにする)
        やぁノアくん。久々だね(当たり障りのない挨拶からはじめようと呼吸を落ち着けて) -- 恵子 2012-01-29 (日) 21:35:21
      • はいっ、おひさしぶりですっ。恵子さん。えへへ、ちょっと、ええ。
        (彼がこう言葉を濁すときは決まって身体の調子に問題があったときだ。彼を知るほとんどがわかっていることではあるが、
        それでも少年は、殊更に自分の病状を語ったりはしたくないのだ)
        お元気でしたかー? ふふっ、今日もすてきです。 -- 能有 2012-01-29 (日) 22:01:42
      • (少しだけその言葉を濁す感じ、表情には現れてはいないがその些細な差をみて…察したように、自然と微笑みを返す)
        あぁ私は元気だよ…色々なことが解決に向かって進んでいるからね…安心といったところか
        …そうだ、このチャットが終わったあとでいいからGLOにログインしてみてくれないかい?
        うめちゃん2号にメールが届いていると思う。そこにアイテムが添付されていると思うからね…ふふっこの前コーヒーを淹れる約束をしただろう?
        確か…体感機を使っていたはずだったと記憶している…だからあちらでも味を堪能して貰えると思ってね? -- 恵子 2012-01-29 (日) 22:10:26
      • (覚えておいてくれたんだ!…画面の向こうの少年の顔は花が咲いたようにぱぁっと明るくなって)
        はいっっ!ありがとうございます、恵子さんっ。……あ、それじゃあ。その……
        恵子さん、っていうか…バニーちゃんも一緒に……なんて、だめ……ですか? -- 能有 2012-01-29 (日) 23:12:31
      • (その笑顔見れば、喜んでくれているのが極端なほどわかって少し照れくさい)
        …まぁ実際に淹れるのとは多少は味は違うかもしれんが…便利なものでな…淹れたてアツアツのまま添付できるのだから
        んっ?私とか?…ふむ…キミが望むならばそれもよいが…あとで一緒にログインして飲むかな?
        …やはりあれかな?ふふっノアくんも男の子というわけか(私などよりは露出も高く胸も多いバニーのほうがいいかっと笑い) -- 恵子 2012-01-29 (日) 23:17:42
      • ちっ、ちがっ。ちがいます!………あの、だって、だから…その…恵子さんと、一緒に……………ぁ………同じ、味を、感じたい、から。
        (うつむき前髪で瞳を隠し消え入りそうな声になりつつも、しかし最後にはまっすぐ顔を上げてはっきりそう伝え)
        ……あぁぁ………(ただのお茶のお誘いではあるのだが、どうにも能有には刺激が強すぎたよう)
        (ショートした機械をおもわせつつ、はわあと力の抜けたため息。) -- 能有 2012-01-29 (日) 23:25:14
      • ……ふむ…(慌てふためいて頭から煙でもでそうなほどショートし、あわあわいっているノアを見れば…片手で口元を抑え)
        (クスリっと笑う)…仕方ないな。そういうことなら喜んで付きあわせて貰おう…ただし…
        …コーヒーをお代わりできるように…GLOでの私のホームにでもきてもらおうかな?そうすればいくらでもコーヒーはのめるし…ケーキだってだせるぞ?ノアくん -- 恵子 2012-01-29 (日) 23:30:26
      • はぁいっっ!!わかりましたっ。 …やくそく、ですよ?
        (コーヒー、ケーキっ。コーヒー、ケーキっ。年相応、とはいかない、もっともっと子供じみた思考に能有の脳は支配される)
        (そしてふとひととき、冷静になった頭でつい先ほどの恵子のしぐさを思い出す。…わらっていて、くれたような……?)
        (能有はメガネを直すふりをして両手で口元を隠して、気づけばだらしなくゆがんでしまいそうな唇をもごもごさせて、やり過ごす。)
        (もごもご。もごもごもご。ふふふ。もごもご。) -- 能有 2012-01-29 (日) 23:56:04
      • (口元抑えたりしたり表情を元に戻そうとすり仕草など…多少鈍い恵子でも流石に気づく。なんだか微笑ましいものを見るような…逆に少し意識してしまうような…表情にはあまり現れないが…色々考える恵子であった)
        …こほんっ…それじゃ今度、オンラインの時にでも連絡をくれればホームでまっているよ(あ、これはホームの場所ねとメールで送っておく)
        では私は今日はこのへんで…休日も終わるからね。社会人は早寝しなければいけないのさ…それじゃおやすみ。ノアくん…(なんだかにやけているノアの唇のあたりを、モニター腰につつくような仕草をして、笑えばオフラインとなった) -- 恵子 2012-01-30 (月) 00:02:53
      • ふふっ、ふふふっ…あははっ!あははははっっ!!(わっほーい!とベッドに跳ね乗れば、ふとんをかぶってこらえきれない笑いを漏らす)
        (だがそのままごろごろ転がったり、枕をぼすぼすたたいたりしてるうちベッドから転げ落ちてしまい、再び安静状態を余儀なくされたのはまた、別の話…) -- 能有 2012-01-30 (月) 00:31:08
  • 画像お借りしました -- 2012-01-24 (火) 23:44:10
    • 修正版できました -- 2012-01-28 (土) 22:02:44
      • (深夜の病室。白く横たわる能有はめずらしく痛みにうなされることなく、すやすやと小さな寝息を立てている)
        (その顔はわずかに微笑をたたえ、そう……なんだかとっても幸せな夢を見ているようだ、と。監視中の研究員は思ったという…) -- 能有 2012-01-29 (日) 21:15:34
      • (//うっへへえ!!!!電車の中でケータイから見ててニヤニヤしちゃったよ!!!!これいつ放送予定なんですかね!これいつ放送予定なんですかね!!ウホホーーーイ!!) -- 能有 2012-01-29 (日) 21:17:14
  • …これでいいのだろうか(この前GLO内部であったときに教えてもらったライブチャットに接続してみる)
    …あーあーノアくん。私だ。恵子だ…これで通じているのだろうか…ライブチャットは使ったことなくてね…あっているかうーむ… -- 恵子 2012-01-22 (日) 02:04:39
    • はろーはろー。 はいっ、能有ですよー。 ふふっ。大丈夫、ばーっちりです、恵子さんっ。
      (画面の向こうの能有はにっこりスマイル。小さな両の掌をひらひらとさせて) -- 能有 2012-01-22 (日) 05:28:23
      • しかし大変だね…外出制限が多く人と話すのにこういうのを使わねばならないとは…体調は良いかな?
        (ラフな普段着…というか殆どパジャマ状態で軽く手を振り返す)…そっちの衣装は今日も可愛らしい…女の子みたいだね(相変わらず。似合ってると…色々な意味合いこみの笑顔) -- 恵子 2012-01-22 (日) 20:02:21
      • はいっ、それもばっちりです。 恵子さんもとってもすてきですよ?
        う、ま、まあはい。ええ、と。……最近はもう言われないんですけどー…や、やっぱりはっきり言われちゃうと、は、はずかしいですねっ!!
        (能有の細身は黒のブラウスとモノトーンチェックの吊りスカートに包まれている。その首元を飾りつきのリボンが、目元をクリアブルーの端末メガネが彩っている。)
        (意味深な笑顔を向けられて、能有の頬にさあっと赤みが走る。思わずはにかみスマイルを返し) -- 能有 2012-01-22 (日) 20:30:15
      • ふふ、世辞はいいよ私は…夜だから凄くラフな格好だしね…もう少しおしゃれしたほうがよかったかな?(笑いながら手櫛で少し髪を整えてみたり)
        …普段からそういう格好をしているのだなぁと思ってね。やはり…趣味なのかな?ノアくんはその…女装が…(ライブチャットでも女装しているのは…ちょっとからかい半分ではある)
        まぁ似合っているのでそれも良いとは思うのだがね…実は本当は女の子…というオチも今でも疑ってはいるぞ?ふふふ -- 恵子 2012-01-22 (日) 20:42:33
      • しゅ、しゅみじゃないですよっ? えと…そう、衣装っ!衣装ですからっっ!(確かに最近、プライベートでいろいろ試す時間が増えている気がする。が、それはとりあえず頭から放り出して)
        もっ、もちろん女子でもないですっ! もうっ…恵子さんてば、けっこーいじわるなんですねっ!(プイス、と顔を背けつつも、相変わらずドキドキ。傍目からでもわかるほど、まんざらでもない様子ではある。) -- 能有 2012-01-22 (日) 20:50:41
      • はははっからかってすまないすまない…まぁそれを言えば…私もGLOではあれだったしね。…ノアくんのアバターも凄くて驚いたがね…
        (この前一度狩りを一緒にいったとき、待ち合わせで飛行機から犬が生えたみたいなアバターで最初は笑いが止まらなかった恵子だ) -- 恵子 2012-01-22 (日) 20:55:28
      • ううっ…おかしいなあ…うめちゃん、そんなにヘンじゃないと思うんですけど……
        (能有は能有で、一緒に遊んで驚いたのは恵子のベテランプレイヤーぶりだった。さすがはオトナの女の人、ともいうのだろうか。いや、それにしたって上手だったのだけれど)
        えへへ、恵子さん。今度また連れて行ってくれたらうれしいです。今度はもっと強いところいけますよー! -- 能有 2012-01-22 (日) 22:18:36
      • はっはっは…ノアくんは可愛いな。色々な意味で(多感な時期なのだろうと思いつつも)
        …しかしキミも驚かせたようだね…私も普段とは全然違うからね(バニースーツだしねアバターっと苦笑い)
        あぁうん、レベル上げとかならいつでも付き合おう。私はこれでも…4年ほどやっているからね。他に趣味らしい趣味もないものでね -- 恵子 2012-01-22 (日) 22:24:19
      • あはは……(そう、驚いたといえばもう一つ。恵子のそのアバターに対してだ。もちろんキャラクターなのだから本人の好み、自由でいいわけなのだが…)
        (…正直、慣れるまでけっこう大変だった。いろいろと大変だった。油断するとすごく意識しちゃいそうで、とっても困ったのだった)
        やったあっ!またよろしくおねがいしまーす! -- 能有 2012-01-22 (日) 22:43:55
      • …何を想像しているのかな?ノアくん…ははは…流石に…リアルではあのような服装はきないから安心してくれたまえ…それに…
        (コンプレックスの表れみたいなものだからなと少し恥ずかしそうに)…私にはあれほど胸がないから、あんな格好したら…惨めな感じにしかならんだろうしね(と苦笑い)
        ノアくんのキャラは前衛だから後衛の私とも相性がいいしね? -- 恵子 2012-01-22 (日) 22:51:01
      • そんなことないですよっ!恵子さんっっ!似合いますぜーったい似合いますっっっ!!(思わず身を乗り出し気味に力説してからハッと気がつき、頬を淡く染めもじもじと元の位置に座りなおす)
        …こほ。恵子さんは何を着ても似合うと思います。はい。こほこほ。 -- 能有 2012-01-22 (日) 22:58:29
      • そ、そうかな…?(乗り出してきた勢いに少し驚きつつも)…私など胸もないし…そ、それにだ…こんな身長だからな…あまり可愛い服や色気のある服は似合わんよ…うむ
        ……それとも何かね…?ノアくんは…そういうのをきた私でも見たいのかね?(からかうようにニヤリっと笑って)…ふふ、キミもやはり男の子なのだな(思春期の少年には嫌な納得の仕方をする) -- 恵子 2012-01-22 (日) 23:06:05
      • ………………(ああ、からかわれているんだなあ…と。思えば思うほど、染まった頬の色は濃く。薔薇のように色づいて)
        ………………ん…(うつむいたままの頭を一度だけこくり、と頷かせて同意を示す。恥ずかしくて死にたくなるが、嘘をついても、しょうがない。)
        あ、ははっ!あついですっ。あついあついっ。 はーーーーっ、はふーーーーーーっっ。(けっこういっぱいいっぱいになってきて、とりあえず笑ってごまかす。何もごまかせてないのだけれど、それはそれで) -- 能有 2012-01-22 (日) 23:13:22
      • …うっ…これは…(あまりそういう気というか少年趣味などはないと思っていたはずだが…思春期の少年が、大人の私のそういうのを見たいと)
        (顔を真赤にしながらも切なげに頷く光景に…不覚ながらも少しときめくものがあったので言葉を濁す)
        あっあぁ!そうだね…少し熱い…冬だというのにあついね(ぱたぱたと首襟を掴んで空気をいれるようにパタパタパタ) -- 恵子 2012-01-22 (日) 23:18:54
      • ……………………(襟の向こうの肌が見えるたび、思わず視線が集中してしまうは悲しき多感な少年の性か。ちらちら。ちら。)
        …っ!(思わず目が合いそうになってびくうっ!と身体を反応させる。たぶん大丈夫。うん、大丈夫。すーはーすーはー。深呼吸。) -- 能有 2012-01-22 (日) 23:26:27
      • …少し飲み物をとってくるよ(落ち着こうと立ち上がってしばしの間モニターの前から消える)
        …ふぅただいま(暫くすれば湯気のたつカップを持って戻ってくる)
        …あぁそうだノアくんは飲み物は何が好きかな?私はコーヒーが好きでね…とはいっても…ブラックは苦手なので砂糖とミルクたっぷりだがね? -- 恵子 2012-01-22 (日) 23:32:29
      • ぼくはそうですねー…えへへ、飲めるものならなんでも好きですよっ。 あの……コーヒー、おいしいです?
        (能有はなんと答えようか迷った。が、結局こういう回答をすることにした。基本的に彼が摂れる食事は水と点滴と、それとどろどろの、味もへったくれもない粥状の特別食だけなのだ)
        (一部GLO端末を用いた実験で食物の「味」こそ知っているものの、それでも十分とはいえない。彼にとって飲食は好き嫌いの問題ではなかった)
        (だけどコーヒーを好きと語る恵子の表情や、カップをかき混ぜる一挙手一投足は、見ているだけでその「好き」が伝わってくるもので。思わず、幸せが画面を伝ってくるような気持ちになって、その光景を見つめてしまう。) -- 能有 2012-01-22 (日) 23:46:55
      • ふむそうか(コーヒーに口をつける、そのせいでモニターに視線がいっていなかった…だからそう語るノアの細かな口調と表情に気づけなかったのだ)
        最近は新しいコーヒーメーカーも買ってね。おかげで色々な豆をためしているが…ハズレもあれば成功もある。がいつも適当にやっているせいでね
        これは美味しくできた!っと思っても…次にその味を再現することができないのだけが問題か…(カップに瑞々しい唇が触れる…ミルクたっぷりのそれが口に流し込まれ…コクンコクンっと喉を鳴らして飲む姿が映り込む) -- 恵子 2012-01-22 (日) 23:52:55
      • (コーヒーの小さな塊が喉を通るたび、その部分が膨らんで胃に滑り落ちていく。不思議となぜか、目が離せない。)
        (ただ綺麗だとか、そういうのともまた違って……なんだか、また、どきどきしてしまう。 しばらくの間、恵子がコーヒーを嚥下していく様を、能有は代わりに生唾を飲み込みながら見つめることになった) -- 能有 2012-01-23 (月) 00:01:15
      • …ふぅ…(カップ半分ほど飲み干せばマグカップを下ろして…ふと視線に気づく。ノアくんと目があいながら)
        …ん?どうした?私の顔に何かついているかな?(ミルクで白ひげにでもなっているだろうか?っとティッシュをとって唇を両手で拭きとる) -- 恵子 2012-01-23 (月) 00:12:17
      • いや、あにょ……もにょもにょ……(いつの間にか口の中が乾いてしまっていたので、口をもごもごさせて唾液の分泌を促しつつ)
        (口元にティッシュを当てた瞬間にひときわ大きく心臓が鳴ったような気がした。…たぶんこれも気のせい。だよね?)
        だ、だいじょうぶですっ。ぜんぜんっ。問題ないですよっ。恵子さん、きれいですっ。きれい。 -- 能有 2012-01-23 (月) 00:19:04
      • 変な子だまったくふふふ…コーヒー飲んでいるだけだぞ?私は…そこで綺麗とほめられてもな…まぁ…悪い気はしないがね(カップを下ろしてまた向きあう)
        少し話は戻るが、そのうちノアくんにもコーヒーをごちそうしよう。外出許可がでればうちにでも招待するのだが…まぁ無理だったらそちらにね持っていくとしよう -- 恵子 2012-01-23 (月) 00:22:41
      • はい…ごめんなさい。外出は…たぶん……… は、はいっ!来てもらえたら…ぅ、うれしいです…っ
        (コーヒー…かぁ………こんどGLOで「飲んで」みよう。せめて味の話題だけでも一緒に… そんなことを考えつつ) -- 能有 2012-01-23 (月) 00:34:49
      • あぁぜひとも行かせてもらうよ。それじゃ…今日は夜も遅い、このへんで私も失礼する。おやすみノアくん。
        ライブチャットは私も登録しておいたから、用事があればいつでもコールしてくれたまえ。では、また -- 恵子? 2012-01-23 (月) 00:41:37
  • 件名:エノが雪に顔面から突っ込んでいった時は
    本文:かなり笑えたけど。 -- 内海誠 2012-01-17 (火) 23:54:23
    • くうっ…!あ、あんな前のことをまだ覚えてたなんてっ 
      恥ずかしいから忘れてって言ったのに……ぅぉーーっ!(ベッドの上でうつぶせにバタ足 -- 能有 2012-01-21 (土) 20:16:31
  • 榎戸さんおまたせ アイテムもらってきましたよ
    (カバンから携帯端末と有線通信ケーブルをごそごそと取り出す 一緒にカードの束がころりと出てくる)
    おっといけない 折角もらったのに(束を拾い上げる) -- ? 2012-01-15 (日) 22:04:28
    • わーい!待ってたましたっ。(こちらも既に準備万端。大きくバンザイをして歓迎し)
      ん? ……おー、まなぶくんもカードやるんだ?ぼくの友達でもハマってるのいるよー。面白いみたい。ふふふっ。 -- 能有 2012-01-15 (日) 22:31:00
      • いえ、アイテムDLしてたら貰ったんですよ 後でルール調べないと
        なんだっけ デュエルキングダム?その友達も同じのやってるんですかね
        (携帯端末同士をケーブル接続し)じゃあ転送しますよー (まだ開かれていないアイテムボックスが転送されてくる) -- ? 2012-01-15 (日) 22:34:57
      • そーそーそれそれ。 …よしっ!ばっちこーーーいっ!
        (さて程なく送られてくるアイテムボックス。期待に胸を膨らませ、開封したその中身は…)……う、ううーん…?なんだろうこれ………
        (中身は、グリーティングカードとでも言えばいいのか。ただカーソルを合わせてもアイテム名すら出ず、中身もまっさら。かといって自分でメッセージを書き込めるわけでもない)
        えっと……はずれ、ってことなのかな… -- 能有 2012-01-15 (日) 22:57:35
      • え えー そんなの出るんですかね ガッカリ・・・・
        どんなです?(画面を見ようと顔を近づけ) -- ? 2012-01-15 (日) 23:00:05
      • これなんだけど……(原色を基調とした賑やかな装飾のカード。何度見ても無名、無記名。開いてみても、やはりそれは変わらない)
        ほ、ほらっ。そのうち何かで使えるようになるのかもしれないし。これはこれで、う、うーんと…まなぶくんからの贈り物っ!てことでっ
        (せっかくお使いしてもらったものなのだ。仮になんの役目も持たないアイテムだとしても、立派な宝物になりうる) -- 能有 2012-01-15 (日) 23:13:06
      • なんでしょうねコレ・・・・僕もGLO詳しい訳じゃないからサッパリ解りません
        うん、記念って事で・・・・いやいや、案外何か凄いアイテムだったりして!
        はは、何か判ったらまた教えてくださいね それじゃ僕そろそろ戻ります 晩ご飯の材料買って帰らないと -- ? 2012-01-15 (日) 23:24:21
      • うんっ。大事にするから。 ありがとね、まなぶくん。えへへー、気をつけて帰るんだよー?
        (会話する少年たちのその横、端末はわずかに明るく。その小さな画面ではプログラムコードのような文字の羅列がグリーティングカードを駆け巡る。)
        (学が病室を出て、能有がふたたび端末に視線を落としたとき、そこにはさっきまでと変わらない、何も書かれていないただのハズレアイテムがあるだけだった) -- 能有 2012-01-15 (日) 23:34:31
  • 榎戸さん 街頭キャンペーンのアイテムもう貰いました?
    もし外出の都合つかないようなら僕代わりに貰って来ますよ? -- ? 2012-01-15 (日) 12:40:53
    • え?ほんとっっ!? いや、さ。えへへ。どーしようかなーーーって、ちょっと悩んでたんだ。
      ……おねがいしちゃってもいい?(首をやや傾け、胸の前で両手を合わせ「お願い」をして) -- 能有 2012-01-15 (日) 12:48:01
      • わかりました。場所によって出現するアイテムに差があるらしいんですけど何処がいいですか
        ゲームセンター、コンビニエンスストア、電子ターミナル、駅前の大型書店
        あんまり遠くまでは行けませんけど -- ? 2012-01-15 (日) 12:56:33
      • どこでもいいよーー。まなぶくんの行きやすいとこで。
        (そこまで言ったところで少し口をもごもご、微妙に落ち着かない感じに)……んー……… -- 能有 2012-01-15 (日) 13:10:03
      • じゃあ僕の気が向いた所で。あはは、榎戸さん雑誌の仕事してるからそっち経由でもう何か貰ってるんじゃないかなーって思ってました
        ・・・・あれ どうかしました? -- ? 2012-01-15 (日) 13:15:13
      • うん、そのあたりもレポートしなきゃだから……うんと、その……さ?
        …まなぶくん、いいのかなぁ…って。GLO。もうあんまりかかわりたくないんじゃないかなって… -- 能有 2012-01-15 (日) 13:23:04
      • あ、ああ・・・・そうですね、ゲーム自体はちょっとまだおっかないです
        でも義肢へのフィードバック技術は有用だと思いますしそれに・・・・
        榎戸さんと会う口実にもなりますし。あはは、言っちゃった
        とりあえず行ってきますね!病院内でもケーブル接続でならアイテム転送できますよね? -- ? 2012-01-15 (日) 13:29:43
      • う、うんっ。それは大丈夫なんだけどっっ…あ、う、うぅん……い、いってらっしゃい。きっ、気をつけてねーっ
        (ちょっと混乱しつつも学を見送り、その後ゆっくりと会話を反芻し、うんうんと頭を悩ます能有であった…) -- 能有 2012-01-15 (日) 13:42:27
  • ハクサイ -- 2012-01-13 (金) 23:15:25
  • タラ -- 2012-01-13 (金) 23:15:12
  • カキ -- 2012-01-13 (金) 23:15:02
  • 年が改まってから最初のセッションが終了する
    能有には学の笑顔が少しぎこちなく感じたかもしれない
    いつも使っている白いロボットのようなアバターではなく
    測定用に用意された当たり障りの無い
    (悪く言えば味気のない)人間型のアバターでのログインだった -- ? 2012-01-06 (金) 20:34:36
    • んーー…… …んんーーー……ぅ…… ……ぅー……………ぅん…………
      (小さな呼吸音に混じる、ほんの小さな唸り声。能有の声だ。眉間に寄せたしわが確かな不満を表している)
      (…プレイ中もちらちらと眺めていた学の顔。時折 目が合ったときの、そう。その顔ときたら!…まったくなんだっていうんだろうか。)
      (目の前のかわいい後輩はなにも言わない。それでいつも通りのつもりか。悪戯心はむくむく芽生える)
      (まずはこの空気をどうにかしなきゃいけない。能有はそっと学の後ろに忍び寄ると、自分の横髪を筆のようにつまみ上げ、その真っ白な筆でおもむろに学の耳穴をくすぐった) -- 能有 2012-01-06 (金) 21:30:06
      • ・・・・・・・・びゃっ?!!(ガタっと椅子が音を立て、学は素っ頓狂な声を上げる)
        ああもうビックリした!何するんですか榎戸さん!(わざとらしくシカメツラをして見せた後プフっと噴出す) -- ? 2012-01-06 (金) 21:56:30
      • なにってなにかねまなぶくん!(そよがせた髪筆を今度はおヒゲのように鼻下へ当て、ちょっと偉そうにふんぞり返ったところで同じく噴出し)
        やっーと笑った、もう。 てゆうか。うもう。なんだよなんだよなんだよーーーーっ!そんなつまんなかったーーー?そんなにーーーーーっ??
        (一安心したのか、声を上げつつベッド狭しと転がれば、ブランケットを巻き込んでみのむしころりん状態になり、椅子に掛けた学の前に到着)
        (真っ赤な両目を見開いて言葉を待つ。「それで、なにがあったの?」そんな調子に。) -- 能有 2012-01-06 (金) 22:22:39
      • あの・・・・ああ う〜ん・・・・
        (視線が泳ぐ 何か隠し事をしようというそれではなく何を何処から話せばよいのかわからないそんな感じ)
        (能有にくすぐられた耳穴をコリコリとかき)榎戸さん・・・・GLOに繋がっていて怖いって思った事、ありますか -- ? 2012-01-06 (金) 22:29:58
      • ん… ………そうだなあ… 
        (なんとなく、そんなような事を聞かれるような気がしていた。今日の学は知らない場所へひとりきり迷い込んでしまったような、そんな印象すらあったから)
        うん。……ぼくは怖い、とか。そういうのはないかな。(素直な気持ちを語る。楽しいよ。とっても。学は楽しくなかったの?そんなこと、なかったと思う。)
        (…なんだかそわそわする。温度は適温に管理されているのに、少し寒い。ふざけて包んだブランケットをきゅっと掴む。今はそんなちょっとしたことがありがたかった) -- 能有 2012-01-06 (金) 22:55:07
      • ・・・・ゲームだから、ゲームとして一応キャラクタが死ぬじゃないですか 僕は今までそれがそんなに恐ろしく思った事、無かったんですよ
        多分僕も榎戸さんも、他のそうでない人よしほんの少し生き死にに面したところに居たりしてるのに。
        でも僕はなんていうか・・・・怖くなりました、急に。 -- ? 2012-01-06 (金) 23:21:06
      • …………(なんだ。そういう不安だったらなんてことはない。そう、年上の自分が笑い飛ばして、気にしすぎだよって肩をたたいてやればいい。)
        …………(でも顔はつくりかけの笑顔のまま止まってしまうし、伸ばそうとした手はブランケットを離してくれない。)
        (だって、GLOはまさに夢のゲームだった。この場所から出られない自分に翼を与えて、遠い世界をどこまでも羽ばたかせてくれる。そんな夢すら「現実」にできる。けれど。)
        (…夜見る夢で墜落しても、午前三時に汗びっしょりで眼を覚ますだけだ。それじゃあ、GLOの中で墜落したら?夢が現実になるのなら?)
        ……ぁは…はは………(乾いた笑い声が漏れる。血がからだじゅうを巡る音がラジオのノイズみたいにうるさくなって、他の音がすべて遠く遠くへ流されていってしまう) -- 能有 2012-01-06 (金) 23:39:53
      • (ふと視線を能有のもとへ向ける・・・・異変に気がつく。)榎戸さん?・・・・榎戸さん!大丈夫?!
        (大袈裟かもしれない。それで無駄に騒がせたのなら自分が叱られれば良い)
        (ベッドに近づき、枕許のコールボタンへと手を伸ばす) -- ? 2012-01-06 (金) 23:48:50
      • っは…ぁ…! (ボタンに伸ばされた学の手。体全体でのしかかるようにそれを止めにかかる。少しだけ、押し倒すような体制になってしまっただろうか。やや定まらない視線で真正面に学を見据える)
        ………ごめ、んね。…っ…すこし、びっくりし過ぎただけ…だから……っ…
        それ、と……あと…っ…もいっこ、ごめん… 正直…さいしょ、ちょっと、ばかにしてた……
        (熱い息の塊を吐き出して、能有は続ける。こんな地面ごとひっくりかえるような、怖い思いをしてたのかって。…本当みたいな嘘がいよいよ本当にしか思えないのなら、それが嘘であることになんの意味があるっていうのだろう。)
        ……あは……やっぱり…ちょっと…っ……こわい……………ね、………(今度はちゃんと、けっこうかわいく笑えた。そう、思うんだけど。…だからって何も変わりはしない。それでも少しは、学を楽にさせてあげられただろうか) -- 能有 2012-01-07 (土) 00:09:45
      • ・・・・は、はぁ〜・・・・(安堵のため息。)大丈夫なら、良かった・・・・ふぅ
        (目の前に能有の顔。正直、本人に直接会うまで、雑誌のピンナップでNOaHを見ていた間はずっと女子だと思っていた)
        (いや、同性だとわかっていても・・・・急に恥ずかしくなり、耳のあたりがジワジワ赤らんでくるのが自分でも判る)
        (ずれたメガネを直し)・・・・お、起き上がれますか榎戸さん? -- ? 2012-01-07 (土) 00:32:31
      • うん… だいじょ…ぉあっ!?(気が抜けて筋肉に力が入らなくなっているのか、なかなか体勢を立て直すことがかなわない)
        (むむんと力をこめても気合だけが空回りするばかり。能有は視線を下に、やがて右に左に。…しばしの沈黙。そして)
        ………………………………………………………………あの、まなぶくん、さ。ぁと。いや…ね?……あはは……………
        (再び沈黙。自分でもはっきり意識できるくらい、みるみると顔が赤く染まってゆく。カッコつかないなあ……と嘆いてみても始まらない。いつまでもこうしていられるかってったら、そうじゃない。だから)
        ぉ……………………………………………………ぉぉ……………………っ………  ………………おこして……? -- 能有 2012-01-07 (土) 00:49:11
      • わ、わかりました・・・・(スーッ。息を吸い込み)行きますよ?
        (ゆっくりと力を込め、少しずつ能有の身体を起こしていく)
        (下側から抱きかかえるような起こし方。脚を失い、車椅子からベッドに運んでもらう時に看護士さんがやっていた方法)
        (安定するが、身体も密着する) -- ? 2012-01-07 (土) 01:00:15
      • …んっ……は…っ…………… …はぁ……ぁ…………なんだあ…まなぶくん…すご…じょーず…じゃん…… ……ふふ…っ……もっとはやく…頼めばよかったかな……?
        (すっかり身を任せきり。人の体温の温かさで能有の心もまた温度を取り戻していき…)
        (…かけたところでやってきたのは、なんともタイミングよくやってきた本日の担当看護師。着替えとシーツの取替えにやってきたのだ)
        (そこでまだ経験の浅い新米看護師が見たものは…………いわずもがなの光景である。なによりいけなかったのは、能有の熱っぽくもとろけきった表情だった。)
         
        (さてそこから先のお話はというと、少年二人の必死極まる説得により、いちおう、今のところは、誰の耳にも明かされていない。……らしい。) -- 能有 2012-01-07 (土) 01:52:13
  • ほ -- 2012-01-06 (金) 08:39:47
  • わ -- 2012-01-06 (金) 08:39:42
  • た -- 2012-01-06 (金) 08:39:37
  • (年が明け暫らく経った頃 GLOモニタで知合った義足の少年が尋ねてくる)
    あけましておめでとうございます榎戸さん 去年言っていたうめちゃん缶バッヂ作ってきましたよ
    (小さな台紙の上に4センチ程の缶バッヂが二つ固定されている)
    (一つはGLOのロゴが、もう一つはうめちゃんの顔が図案化されたものがプリントされている) -- ? 2012-01-02 (月) 20:29:21
    • や、こんにちはー…じゃなかた。あはは、あけましてオメデトー。まなぶくん。
      (ベッドの上で上半身を起こした能有が小さな手をひらひらと。今日は長髪を三つ編みに結わい、患者衣にカーディガンを羽織った姿だ)
      (おでこにかけられたクリアブルーのフレームのメガネは簡易型のHMDでもある。ひょっとすると、先ほどまでGLOにインしていたのかもしれない)
      わああ…こりゃーホントにほんものだー…ふあぁ……おぉぉーー…
      (メガネをかけて、骨董かなにかを鑑定するかのようにさまざまな角度でバッヂを眺める。驚きの声は感嘆となって病室に流れた)
      -- 能有 2012-01-02 (月) 21:46:26
      • あはは、加工場のバッヂプレスでガチャンってやるだけなんですけどね(ガコン、とレバーを動かすそぶりをして)
        コーナーの読者プレゼントにするときは是非お声がけください、セールストークでした
        うめちゃん2号になってたんですか?面白いデザインですよね、うめちゃん二号 飛行機くっついてるとかなかなか思いつかないですよ -- ? 2012-01-02 (月) 22:04:11
      • んーん。すごいって。ホントだよ?すごいよまなぶさん、って感じ。
        (よくわかんないけど語呂がいいなぁ、などと一人続けつつ)
        あ、うん。最近はふつーに遊びでもインしてて。(バッヂを取り外し、カーディガンを胸元で留めるように針を通す)
        …なんでだろね。でも好きなものって言われたとき、犬と飛行機以外は考えられなかったんだ…
        っと。うんっ、ばっちり!(じゃんっ!と両手を小さくバンザイさせる能有。カーディガンの交差した胸元に、学からのバッヂがキラリとふたつ輝いた) -- 能有 2012-01-02 (月) 22:36:52
      • もし金属アレルギーだとかでかぶれたりしたら外してくださいね
        ああでもなんだか不思議な気分です 有名人が僕の作ったバッヂつけてくれてるの ふへへ
        榎戸さん、何年くらいモデルの仕事やってるんですか? -- ? 2012-01-02 (月) 22:47:48
      • なんか悪いなぁ。ふふっ、1コ下の男の子からお年玉もらっちゃってさ。…大事にするね?
        (布団をのけて学のところまで近づくと、えらいのうえらいのうと頭をいい子いい子し、学年だけの先輩風を微妙に吹かす)
        そうだなあ…もう3年くらいになるのかな? …む、ちょっと学くんや、これは言っておかないとなんだけど
        (急に鋭い目つきになると、そっと学の耳に唇を寄せる。こしょこしょこしょ…)
        ……よく見るぼくの格好は別にぼくの趣味とかじゃないからね…? …あれはお仕事だからなんだよ……………………ホントだよ? -- 能有 2012-01-02 (月) 23:11:49
      • あ、はい お仕事お仕事(頭では判っているものの少しばかりドキドキしながら)
        色々な人からリクエストがあるんですよね、色々な衣装の。
        3年生の時からですかー・・・・(少しばかり遠い目をする)今までのコスチュームのなかで一番気に入っている格好ってあります? -- ? 2012-01-02 (月) 23:25:51
      • いろいろあるから難しいんだけど…うん。洋服とかよりも、制服のが好きかな。
        あ、いや好きっていうのも違くて…なんだろう……わくわく? えへへ、大して変わんないかっ。
        でもなんていうのかなー。やっぱりこう…しゅっ!ってなるね!しゅっ!ってさ。そんな感じ!
        (ノってきたのか、『それにスカートって実はよくできてるんだよねー、ラクだよーあれー。』などとうっかり口を滑らせ、さらに疑念の色を濃くさせつつ) -- 能有 2012-01-02 (月) 23:42:26
      • ああ、ピシっとするんでしょうね カッチリするというか うん 判るかも
        えっえっ それってスースーしません チンとタマと
        病院着的な楽さなんですかね スカート・・・・ -- ? 2012-01-02 (月) 23:50:17
      • そうそう。そうなんだけどねー。穿いてみればすぐわかるよ?サイズ合いそうなのいっぱいあるし、何か試して…
        (パタパタとスリッパで小走りに、クローゼットの引き出しに手をかけようとしたところで、はたと冷静になる能有)
        (あれ?今自分はもしや、せっかくできた、仲良くなった年下の友人(男子)に対し、えらいことを仕掛けようとしていたのではないか?)
        (冷たい汗が頬と背筋をつたう。能有は両目と口を糸のように細く伸ばした、ひきつり気味の笑顔で学に向き直り)
        …じょ、じょうだん……だぜ?(そう、やや男らしく「だぜ」とか言ってみたりするのが精一杯だった) -- 能有 2012-01-03 (火) 00:12:45
      • う・・・・うん それより榎戸さん大丈夫です?なんだか冷や汗かいてるみたい・・・・
        ちょっと休んだ方がいいのかもですよ、僕夕ご飯の買出しも行かなきゃいけないのでそろそろおいとましますね
        またきます、お大事に!(ぺこり) -- ? 2012-01-03 (火) 00:35:08
      • ああうん…学くん、家の手伝いだなんてえらいね…ぼくは大丈夫だからね…気をつけて帰ってね……
        (入ってきたときのように手をひらひらと。しかしその顔は入ってきたときの笑顔とはまるで別)
        (やがて学の姿も完全に消えれば、おもむろにベッドにプランチャをかまして枕に顔を埋め、膝から先をぼすぼすとバタ足させて)
        うわああああああっっ!!ぼ、ぼくってやつはっ!ぼくってやつはばかか!ばーーーーかーーーーかーーーーーっ!!!
        ううっ…まこち以外の男子の友達なんて久しぶりだったからっ…!うううーーーっ!!(ぼすぼすぼすぼすぼすぼすぼすぼすぼすぼすぼす!!!!!)
        (ほどなくして、心拍数と脈拍の異常を感知した医師らが血相を変えて病室にやってきた。結果、その日はいつもの散歩もGLOもできず、厳重注意と一日中安静を言い渡されたという…) -- 能有 2012-01-03 (火) 00:54:31
  • ………(この前と同じ病院。待ち時間の間に、月刊GLOを読んでいると…ふとピンナップ写真が目に入る)
    (スクール水着っぽい衣装に身を包んだ…)これは…確か…この前の…モデルだったのか…ふむ
    (…あ、男の子なのか…と一部分を見て今更気づく) -- 恵子 2011-12-28 (水) 23:27:09
    • (…そろり。そんな恵子の背後に白い影。外出の時間の行き帰り、能有はこうして待合室を通過し、月刊GLOを読む人あらばそっとその反応をチェックするのがある種の日課になっているのだ)
      (とはいえ、やっぱりというかなんというか気恥ずかしさのようなものは相当で、ちらちらと様子を伺いつつも頬は既に赤く色づいてしまっている)
      (あれ…?でもあの女の人は、確か…) -- 榎戸 能有 2011-12-28 (水) 23:42:00
      • (背後には気づいていないのかピンナップをまじまじと見ている…紹介欄などには、NoAHについて色々かかれている。11歳なことやアイドルしていることなど)
        ふむ…あの子はノアくんというのか…HNというか芸名ではあろうが…そして男の子だったのか…
        …しかし女装趣味があったとは…てっきり女の子だと思っていたから驚いたな(背後にいるとはつゆともしらず、独り言のように小さな声でつぶやいている) -- 恵子 2011-12-28 (水) 23:48:28
      • ぎりぃ…(趣味じゃないです!趣味じゃないですよ!!と下唇をかみ締めて念を送る能有)
        (だが!悲しいことに!今日の彼の格好は!樽谷学園の女子制服姿だった!!)
        (…憧れのお姉さんにふたたび会えた幸運と、誤解を解くことすらできない現実に少年の心は揺れる。ゆれる。) -- 榎戸 能有 2011-12-28 (水) 23:56:31
      • …ふむ、確か待合室の本棚に過去号も置いてあった。読んでみるとしよう。他の女装ピンナップもあるやもしれない(興味津々だと、立ち上がった所で)
        …………おや(背後に立っている、女子制服姿のノアを見つけて)
        …………やぁ、こんにちわ。(言葉に困ったように、とりあえず挨拶) -- 恵子 2011-12-28 (水) 23:59:25
      • …あ、あはぁ………こ、にちはぁ……(能有の鍛えられたスマイルも今ばかりは切れ味がにぶい)
        えへ、あは、ええと。し、しゅみではなく、あ、こ、この前は本当にすいまs、と、か格好は別に…
        (まさに混乱状態の小六脳は激しく回転するもののそれは空転のたぐいか。同時に謝罪と弁解を繰り出そうとして意味を成さない言葉の羅列となってしまう。) -- 榎戸 能有 2011-12-29 (木) 00:08:52
      • ……若いのに働いて偉いね。えっと…ノアくんでいいのかな。なかなか大変そうなお仕事だ。趣味ではないのはわかるよ。あぁうん。趣味とか思ってないから(淡々とした口調で)
        …この前はすご勢いで運ばれていたが、大丈夫だったかな?少し、それが心配だったのだが…元気そうで良かった
        (女子制服姿で赤くなっているのを見て…とても元気そうだと微笑ましい笑顔を向ける) -- 恵子 2011-12-29 (木) 00:13:15
      • (恵子の言葉にぱああっ!と。笑顔は同じ笑顔でも、目に見えて喜びの色が宿る。その言葉が相手の年長者ゆえの気遣いかもしれないことには思い至らない。それくらい、まだ能有は子供であった)
        はい、大丈夫です。ご心配とご迷惑と、ええとそれから…ええと、いろいろっ。す、すみませんでした…
        (そこそこ平静をとりもどし、改めてぺこりぺこりと。頭をたれるたび、白糸のような長髪の形がふんわりと変化する) -- 榎戸 能有 2011-12-29 (木) 00:24:18
      • 大丈夫なら良かった…しかしこれ(手に持っている月刊GLOを指さして)に書いていたが…キミもGLOをやっているのかな?
        (も、の当たりに少しアクセントを込めて自分もやっていることを暗に示すように) -- 恵子 2011-12-29 (木) 00:28:35
      • …はい?(何度目かに顔を上げたとき、ふと質問を投げかけられ。やや中腰気味の中途半端な姿勢のまま顔を見上げ)
        はいっ。新型機器のれびうとか、なにかあったこととか書いて!(…あとその、コスプレ、とか……と顔を若干背けながら小さく続けて)
        おねえさんもやってるんですか?えへへ、人気ですもんねー、このゲーム。 -- 榎戸 能有 2011-12-29 (木) 00:36:06
      • 新型機のか、それは羨ましい限りだね。私も色々パーツを継ぎ足して入るが…かれこれ3年ものだから最近は色々辛くてね…プレイ自体はかれこれ4年ほどかな
        しかしキミは凄いな…色々な写真を雑誌にのせたりなど…私は容姿に自信がないから、こういうことができる子は素直に尊敬するよ
        (とくに仕事ととはいえ男の子が女の子の格好をするのは恥ずかしいだろうにと) -- 恵子 2011-12-29 (木) 00:40:49
      • ぼくも自分の見た目は好きじゃないですよ?背も伸びないし…筋トレしたら怒られるし…なにより、女子みたいです。
        でも、できること、なんでも。えへへ…あるならやらなきゃっ!そう思ってるんですっ。
        (だから趣味じゃないんですよ、と重ね重ね念を押しておきつつ、その姿よりなお白い、小さな歯並びを見せてにっこりと) -- 榎戸 能有 2011-12-29 (木) 00:59:11
      • …ふむ。好きではないが…それでも自分ができることを精一杯やっているか…若いのに立派だ。ノアくんは(心の底から感心したように)
        しっかりとしているから、私などから言われるまでもないだろうが…大変かもしれないが、頑張ってくれたまえ。
        月刊GLOはたまにしか読んでいなかったが…キミの記事が乗っているときくらいは買って読んで見るとするよ(病院の待合室の本棚に戻して、適当に過去号とかもめくって色々なピンナップを見つつ…女装ばかりだなとか思っている) -- 恵子 2011-12-29 (木) 01:02:40
      • (会話の間を突いて、能有の腕に巻かれるようになった時計型のアラームから耳につく電子音が流れる。それは彼が『自室』を出てからちょうど10分が経過した合図だ。)
        っとと。ごめんなさい。いかなきゃ。 ……あのっ、本にも載ってますけど、うめちゃん2号って名前でゲーム、やってますからっ。よかったらまたっ。
        (ぱたぱたと小さく駆けながら、急ぎそれだけ伝える。やがて薄暗い廊下の奥に小さな白い姿は溶け込んで消えていった) -- 榎戸 能有 2011-12-29 (木) 01:17:00
      • あぁ気をつけて(外出に時間制限があるのだろうか…そういえば雑誌にも療養中みたいなことが書いてあったななど思い)
        っと(その時に、九重恵子さん九重恵子さん診察室3番にお入りくださいとアナウンスが聞こえる)
        私も丁度呼ばれたからいってくるとするよ。では、そのうちGLOでも遊べるとよいね。ノアくん -- 恵子 2011-12-29 (木) 01:30:05
  •   -- 2011-12-26 (月) 07:43:27
  •   -- 2011-12-26 (月) 07:43:19
  •   -- 2011-12-26 (月) 07:43:10
  • (とある日の学校帰り。ランドセルを背負ったまま薬品臭い廊下を歩く翳りを纏った少年)
    (何度も通ったこのルートは、もう見慣れたものになっている)
    (突き当たりの部屋。ノックせずにそっとドアを開けた。真っ白な部屋だった。入ってきた少年が漆黒に見えるほどに)
    エノ。(パーカーのポケットに手を突っ込んだまま、部屋の主の名を呼んだ) -- 内海誠 2011-12-16 (金) 22:35:51
    • (3枚の分厚いガラス越しに大きな病室の小さな主が見える。白くて長い髪の毛を右に左に揺らしつつ、小走り気味に友人のもとへと駆け寄った)
      (挨拶代わりに微笑むと、出入り口近くのモニターを介し、あれやこれやと病院職員とやりとりを交わす。)
      (程なく1枚目のガラスが開かれ、走査線が誠を照らし、異常のないことが確認される)
      (続いて2枚目のガラスの向こうで各種殺菌が行われ、ようやく病室へ入ることが許される)
      おーっす、まこち。へへ、元気してたーー?
      (病人が聞くのもおかしいかもしれない。でも自分よりかは他人の元気が気にかかる。)
      (…今日は撮影の仕事でもあったのだろう。この街にある学園の制服を着用した姿での出迎えだ) -- 榎戸 能有 2011-12-16 (金) 23:00:41
      • 普通。(表情豊かな白い少年と対照的に、黒い少年はにこりともせず、声色も沈んだままだ)
        (これがこの2人の間で幾度も交わされてきた挨拶の光景である)
        なにその服。また仕事?(ランドセルを床に置いて、椅子に腰を下ろす) -- 内海誠 2011-12-16 (金) 23:15:49
      • そかそか。(それだけ交わせばじゅうぶん。席を勧める必要だってない。同じようなタイミングでぽふっとベッドに腰掛けて)
        うん。ほら、あそこ。樽学?ってあるでしょ。あそこの制服なんだって。
        (仕事中はまだしも、本当は友達の前ではあまり着ていたくない気持ちも有る。だって、そりゃあ恥ずかしいのだ)
        (でも少年は少年なりに、自分ががんばってる姿を友達に見てもらいたいのも、また、ある。それに、いつもよりちょっと赤い頬は長い前髪が絶妙に隠してくれるし。)
        (だから努めて冷静なふりで。髪を指先でもてあそんだりしてなんとか平静を保つのだ)
        …似合ってる? -- 榎戸 能有 2011-12-16 (金) 23:31:29
      • すごく似合ってて逆にキモい。
        (男か女か傍から見ても判断が付きかねる。そもそも人ですらどうかも疑わしい)
        (親友のそんな妖しさを言い表す言葉を誠はまだ知らず、ぶっきらぼうに切り捨てることしか出来なかった)
        これ、プリント。(ランドセルから紙を取り出し、細い手に受け渡す) -- 内海誠 2011-12-16 (金) 23:45:09
      • あははっ。たまには褒めれー。
        (さんきゅーー、とプリントを受け取り、まずは流し見。また置いてかれちゃったなぁ、と内心ため息)
        僕もがんばらないとーーーなっ!(こてーーーん!と勢いをつけて横になれば、髪の毛の花がふわりとベッドに咲く)
        最近はどーだねまこちくん。キミぃ、なにかおもしろいことでもあるかねー
        (仕事の疲れもあるのだろう。ややだらけモードに突入しつつそう訊ね) -- 榎戸 能有 2011-12-17 (土) 00:08:03
      • 別に。こないだ、街で変な女の人見たくらい。
        (白い少年が転がるのを見ると、椅子を立ってベッドに腰を下ろす)
        大人なのに「あ、UFO」とか言うの。ありえなくない。(こちらを見上げてくる赤い瞳と目が合い、漸く初めて笑った)
        エノはなにか楽しいことあったの。 -- 内海誠 2011-12-17 (土) 00:14:58
      • まね。ゲームのお仕事なんだけどさ。
        (寝転がったまま、ぷちぷちとボタンをはずしブレザーを脱ぎ、リボンをパチンと取って、ブラウスもぷちぷち。)
        (さっと患者衣を羽織って、もっかいぷちぷち。今度はスカート)
        あれー?たしかまこちもやってなかったっけーー? ほら。G.O.L.ってゆうやつ。あれのモニターなんだって。
        (「医療用とかなんとか。ムズカシーことはわかんないけど。」足先を天井に向け、スカートから一本ずつ足を抜く。)
        (下着はカメラマンの強いこだわりにより女子用のものだったようだが、性別を除けば体つきからしてたいした問題にはならないだろう)
        楽しくって、人の役にも立てちゃうんだからさ。やるっきゃなーいっ!てね?
        (下着はそのまま、今度は患者衣の下を履いて。最後に紺のハイソックスをくるくると丸めて、ぽいぽいっと脱衣かごにシュート)
        -- 榎戸 能有 2011-12-17 (土) 00:32:51
      • G.L.O?(親友の口から出た意外な言葉。暗い表情が小さく驚く)
        そう、いいじゃん。GLOならいろいろ出来るし、エノに向いてるんじゃない。・・・!
        (目の前で服を脱ぎ出した白い少年にはっと息を飲んで慌てて視線をそらす。男だと判っているが、それでもやっぱり気まずい)
        やってるよ。今度レベル上げ付き合ってあげてもいい。(すこし声が上ずった。意識してることをバレてしまったろうか。なんだか悔しい)
        エノがお願いしたらだけど。 -- 内海誠 2011-12-17 (土) 00:47:29
      • 出たー! なんですかぁ?それが経験者のよゆーってやつですかねー、まこちくーん?
        (自分の行動が目の前の友達に抱かせている感情のことなどこの部屋の菌ほども考えず。なかなかにやりこんでそうな誠の口ぶりに反応し)
        おねがっ…そ、そんなこと言うーーー!? ……わ、わかります。した。…ぉ、おねがいしまーす
        (気の知れた相手だけに、どうにも改めてのお願いというのは恥ずかしいもので。)
        (うつむき気味のチラ見と唇をとがらせた、デキていないお願いスタイルでお茶を濁そうとする) -- 榎戸 能有 2011-12-17 (土) 01:08:49
      • 駄目。もっと大人みたいに丁寧に言って。
        (猫的な小悪魔な眼差しで、じっと赤い瞳をみつめる)
        言わなきゃ遊んでやんないから。 -- 内海誠 2011-12-17 (土) 01:15:00
      • っ…!(口を真一文字に、頬をふくらませて顔をふるふると震わせる)
        (『や、やろう……ゆゆゆ、ゆるるさん…!』とは口に出さずにしまい込み、ついでに恥ずかしさも飲み干して)
        え、えと…あ、あの……ぼ、わた。 …わ、わたくし榎戸能有はー…そのー…まこっ。う、内海誠くんに、ですねー…
        (もういいでしょ?もういいよね!?そんな必死の哀コンタクト。おめめも真っ赤ならその顔も負けずに真っ赤っ赤。はたして許しは通るかどうか) -- 榎戸 能有 2011-12-17 (土) 01:26:51
      • くふっ。(白い少年のしどろもどろになっている様子に身をかがめて吹きだすと、そのままくっくっく、と小さな背中を震わせた)
        あー…面白。エノさ、お笑いの才能あるよ。ギリ及第。遊んであげる。
        体、良くなったら。(窓から冬の世界に目を移し、ポツリと独り言のように呟く)
        外でも遊ぼう。(そういうと手を伸ばし、白い髪を指で梳いた。そんな日が来ることは無いという事は、良くわかっていた) -- 内海誠 2011-12-17 (土) 01:36:11
      • (なんとかなったかと。ふはーーーーっと息を大きく吐いて、暑い暑いと胸元をぱたぱたさせ)
        …ん。 すーーーーーーーっごく、楽しみにしてるっ。
        (そう言って向ける笑顔は少年のとびっきりのもの。でもだからこそ、どうしようもない悲しさを見るものに思い起こさせる。彼の病気は治らない。)
        (髪に細指を通されるままに、ときおりくすぐったそうに身をよじって、でも特にとめることも無く。しばらくのあいだぼんやりとした時間が流れた) -- 榎戸 能有 2011-12-17 (土) 01:49:52
  • セックス!! -- 2011-12-16 (金) 17:03:15
    • こっ…こらーーーっ!!だめっ!もうそれ反応しません!ほっ、ホントですからね!*いーだっ*
      (つい数週間前まではその言葉の意味も知らず、ついつい呼びかけられれば挨拶かと思い元気よくオウム返ししていた過去を思い出す。)
      (真っ赤に染まったほっぺを髪と両手で隠しつつ、ささやかな抵抗を示した) -- NOaH 2011-12-16 (金) 22:25:05

Last-modified: 2012-01-30 Mon 00:31:08 JST (3363d)