戦う従業員 "エオリア" Edit

名前エオリア・アルジズルーンhttp://notarejini.orz.hm/up3/img/exp030175.jpg
種族人造魔法生命体
年齢10〜20
性別
edit/refer
現職
edit/refer
前職
edit/refer
理由
edit/refer
状態
edit/refer
拠点VE/五番街の黄金亭

概ね Edit

宿代と食費のために
働きながら冒険する
見た目の変わるふしぎないきもの

気ままな宿暮らし Edit

  • 部屋だったり酒場だったり町の中だったり
    • 部屋は3Fやや広めの浴室つきシングルルーム。旅一座の荷物のように衣装箱がいくつも置かれている…
&color(red){};
お名前:
  • (姿見に映すは赤黒を基調にしたヴィクトリア調のドレス姿。フリルやレースで飾られつつもたおやかなボディラインを際立たせる、出すところは出すデザイン。いわゆる高級娼婦のいでたちである)
    …………無理!(しとやかなすまし顔など作って見せたりしていたが、自分で耐え切れなくなって慌しく脱ぎ捨てた)
    こういうのはアタシの柄じゃないんだよ! もっとこう…アタシらしいのが…!(下着姿でごそごそと衣装箱を漁る)
    -- エオリア 2016-03-29 (火) 23:42:25
    • ……ん、んー…こんな感じか?(胸元を開けて谷間を強調した前結びシャツにホットパンツ。時代がやや下がってコールガール風)
      つーかアタシで釣れるのか…? まぁ話は懸賞金でもかかってからかねぇ…
      -- エオリア 2016-03-30 (水) 00:55:58
      • (3階の廊下、エオリア部屋の前を通り過ぎ……ムーンウォークめいた動きで戻ってきた。耳をぴくぴくとはためかせて、聞き耳を立てている) -- いつぞやの虎男 2016-03-30 (水) 12:51:12
      • 狙われてるのは結構色々な年齢層みたいだし…後は殺人犯の好み次第か。(二つ三つポーズなど取ってみて)
        娼婦なんてやったことねーけど…ま、やってみなきゃわからねーか。(大きく伸びをして、ぼふん、とベッドに横になる)
        -- エオリア 2016-03-31 (木) 01:19:16
      • (少なくとも俺は釣られるぞ!…と、扉越しに吠えようと思ったが近所迷惑なので止めておいた。こっそり鍵穴から中を覗く程度にしておく。それでも充分迷惑行為だが) -- トライン 2016-03-31 (木) 11:07:03
      • んぁー…それにしても身体がバッキバキだ…マスターのやつ、良いように使ってくれやがって…
        (とか何とかぼやきつつ、雑誌を広げてもぞもぞ尻を揺する。ドアに背を向ける形なので、トラ男の視点からはベッドの上で左右に揺れるホットパンツのお尻が見える)
        -- エオリア 2016-03-31 (木) 21:04:04
      • (ナイスヒップ、と親指立てて内心褒めちぎる。肉体の一部が隆々と天を衝き始め……どうどう、となんとか鎮めた。しかし覗きは続行) -- トライン 2016-04-01 (金) 06:06:32
      • この店良さそうだなぁ…金ができたら行ってみよ。(ゴロゴロして菓子をつまみながら観光ガイドなんぞ読んでいる。リズムを取るように揺れる尻。ホットパンツの隙間からチラ見えするピンクの布地) -- エオリア 2016-04-01 (金) 21:35:31
      • (もしこの扉が東洋の『障子』であったならば、天を衝く槍がその防壁を容易く貫いていたであろう!目を凝らして食い入るように見つめるピンク!!)
        (傍から見れば完全にアウトな不審者そのものだ!!! ふむん、と鼻を鳴らして涎を拭く) -- トライン 2016-04-03 (日) 00:35:06
      • …………ん?(物音が聞こえたような気がしてドアの方を振り向く。お尻の向こうから顔がのぞく)
        ……きのせい、か…?(しばらくじっと見たあと周囲を見回して、首をかしげつつも雑誌に視線を戻した)
        -- エオリア 2016-04-03 (日) 22:26:18
      • (視線がかち合う寸前に身を退き、事なきを得る。そのまま忍び足で去っていった。…やや前傾姿勢で) -- トライン 2016-04-03 (日) 22:33:11
      • (そのまま上機嫌に足をパタパタ、お尻ふりふり、しばらくぶりのMAX体型を楽しむ小娘であった) -- エオリア 2016-04-06 (水) 20:58:05

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

詳しく Edit

とある遺跡から目覚めた古代文明の遺産の一つ。
鎖状の魔法陣を数千数万と編み上げて生み出された「人型の生きた魔力の塊」
身体を構築する魔力を用いて魔法を使えるが、魔法を使うほど身体の材料が減っていくので見た目はどんどん幼くなってゆく。
失った魔力は食事や自然吸収、他者からの吸収などで補うことが出来、それに応じて外見も大人びる。
普段は概ね12〜15歳程度の外見で居る事が多く、大抵は魔力の元になる物を求めている。

自分のルーツを探るために冒険者になり、宿を求めてやってきたが、変化する体型に対応するための衣装が多く、少し広めの部屋を借りざるを得なかった。
そのため少々高い宿賃を補うために宿1Fの酒場の厨房やフロアでバイトをして足しにしている。

性格はガサツで男勝り。体質上、幼いときほど魔力に「飢えている」ので荒っぽく凶暴になる。
最大限まで大きくなるとなかなかのプロポーションを誇るが、その状態で居る事は稀である。
性格に反して楽器演奏などが得意。酒場で演奏させられたりしている。

+  更に詳しく

魔法 Edit

  • ファイアボルト
    • ゴルフボール大程度の火球のつぶてをぶつける初級魔法。
      命中箇所で小規模な爆発を起こし、熱と衝撃で攻撃する。
      威力は低いが飛翔速度が高く、魔力消費は小さい。

  • ファイアボール
    • ソフトボール大以上の大きさを持つ火球をぶつける初級魔法。大型のファイアボルト。
      火球が大きいものほど威力が上がるが飛翔速度は反比例して遅くなる。
      そして大きいものほど魔力の消費は激しくなる。

メイン拠点の宿 Edit

お名前:
  • Scene-24
    • 1階酒場
    • 階段〜1階を見下ろせる2階廊下
    • 相談窓口
      • VE/五番街の黄金亭 今更だけど他の企画とバランスを取るため制作

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2016-02-17 Wed 01:58:44 JST (1434d)