V/ルプス

  • 何だか、自信満々というか弛ん……幸せそうな顔になってる。何があったかは聞かないわ -- アルミナ 2014-12-13 (土) 11:25:53
    • そ、そんな事は…まぁあるかもないかもだが!(気恥ずかしそうに笑いながら)
      ただ、全てはこれからだなー…スタートライン、いや準備体操の段階みたいなものだしな…
      あとゆ、緩んでません!弛んでません!(キリッとした顔をして) -- ルプス 2014-12-14 (日) 00:54:38
  • ループースー来たわよー(いつぞや程でないにしろ防寒装備の出で立ちでやって来たのだ) -- ナンシー 2014-12-06 (土) 22:36:28
    • き、来たか!ちょっと待ってくれ!今あけ…いてぇっ!(ドンガラガッシャンと部屋の中で音を立てながら)
      …待たせたな!(数分後、なんかボロボロになりながらようやく開けて) -- ルプス 2014-12-06 (土) 23:19:56
      • はいはい来ましたよーっと……(急かそうと思ったら何か音が凄いのでそっとしておく優しさ)
        思った以上に待たされたんだけど大丈夫なの……?(呆れた視線を向けた後、促されれば中に入り、惨状からは視線を逸らす)
        返事の前にちょっと聞きたいんだけど良いかな?良いよね?(手近な椅子に背もたれを前に座り、背もたれに組んだ腕を乗せて) -- ナンシー 2014-12-07 (日) 23:33:08
      • ははは、オレは人狼だぞ?ダメージなんてなんのそのだ…(ギギギと倒れてた棚を戻して、そこに物を詰め込みながら)
        返事か!?…え?あ、あぁ、返事の前に聞きたい事か… …何だその座り方ってこっちも聞きたくなったが
        まぁ、オレに答えられることなら答えるぞ?(とりあえずお茶をお出しなさるして) -- ルプス 2014-12-08 (月) 00:15:43
      • ……それはそうかも知れないけどさ(何がどうして棚が倒れたんだろうなーとか思いつつ)
        うんうん。色々ハイそうですかって訳にもねーやっぱりねー。……?あら、胸が背もたれで隠れてるのが不満なの?(微笑みながら)
        そう。じゃーねー、ルプスは私の事が好きでしょ?……どれくらい?こう、私をどうしたいとか、私とどうしたいとか、子供を産ませたいとか結婚したいとかー(お茶を出されれば顔でお礼を伝えた後、片手を挙げ指を折りつつ矢継ぎ早) -- ナンシー 2014-12-08 (月) 00:49:30
      • まぁ、オレや部屋の事より話があったんだろ?(コードらしきものを適当に隅っこに足でのけながら)
        まぁ、今更返答を急かすのもな… …ってそういう意図での座り方かよ!べ、別に不満じゃねーし?(目をそらして)
        お、おぅ…こう、真正面から聞かれるとすっごい照れるんだが? それで、どれくらいって言われても…は?いや、ちょっ!?お、おつけち!女の子がいきなり何を! -- ルプス 2014-12-08 (月) 01:03:27
      • あ、やっぱり不満なんだ……(以前やたらと姿勢を気にされたのでなんだろうと思って鏡の前で実践した結果思う所があったので聞いてみたら案の定という)
        ほらーいーから答えなさいよー(お茶を頂いて煽りにかかる) -- ナンシー 2014-12-08 (月) 01:12:36
      • いや、そんなに不満と言う訳では… と言うよりそんな普段から胸見たりしてないからな!?(一応否定しながら)
        そ、そう言われてもな…まぁ、ほら…普通に恋人同士みたいに、海でデートしたりだな…そういうのから始めてだな?
        まぁ、ゆくゆくはそりゃ結婚とか子供とかも考えていくんだろうが…今の時点でそこまでというか、OK貰ってないのに考えれるか!!? -- ルプス 2014-12-08 (月) 01:29:05
      • ふーん。……まあそんなに言うほど見られてたら流石に私も嫌だなーと思うだろうしねー
        ……あー。……そうなんだ?……へぇ……。……んー、じゃあOKしたら考えちゃうんだ? -- ナンシー 2014-12-09 (火) 00:04:02
      • まぁうん…それはな…見ちゃう時があるのは、男としては本能だから許してほしい…(何故か正座しながら)
        まぁ、それは…そうだな、そうなるな…ってなんだこの圧迫面接…い、いつまで続くんですかナンシーさん? -- ルプス 2014-12-09 (火) 00:16:54
      • それについては……こう言うとちょっとどうかと思うけど見るなって訳でも無いしー……?ま程々でね?(正座してるルプスに不思議そうな視線を送りつつ)
        そうなるかー……。……え?……別にそんなつもり無かったんだけどな。んー、じゃあ裁きを申し渡す(言うなり椅子の向きを戻し正しく座り直した) -- ナンシー 2014-12-09 (火) 00:25:49
      • はい…はい…分かっております…はい…(親にエロ本見つかった子供のようになりながら)
        …ダメだったのか!?プラトニックと言うのもあるかもしれないがやっぱりオレは… あ、はい…ど、どんとこい!もう逃げも隠れもしないぞ!(ようやく顔をあげて) -- ルプス 2014-12-09 (火) 00:33:00
      • …………(顔を上げたルプスの目をじーっと見つめ、然る後小首を傾げ上側の頬を人差し指で軽く押し)ここにキスしてもいーよ(そう言って微笑んだ) -- ナンシー 2014-12-09 (火) 00:40:36
      • …(ゴクリと唾を飲み込んで答えを待って) …え?いや、それはしたいけどちょっと待て返事はどうなんだ!?イエスなのかノーなのか!?
        (明確な答えがないと、それがどういう意図でのキスOKなのか分からないだけに、よし!と言う気分にはなれなくて) -- ルプス 2014-12-09 (火) 00:43:53
      • …………(微笑みは絶えないかに見えたがルプスの返事を聞くや一気に笑顔は消え、ポーズも止めると思いっきり溜息。再び彼に向けられた視線には呆れが載っていた)
        私には散々察しが悪いとか言っておいていざ自分の番が回ってきたらこれだよ。あーやんなっちゃうなー、ゼロからこれだもんなー、優柔不断の甲斐性無しだー -- ナンシー 2014-12-09 (火) 00:56:01
      • ぐえー!(ため息と呆れの眼差しに突き刺されて) …し、仕方ないだろ!好きなのは自信はあるが、OK出してくれる自信はないんだからな!
        そこらへんがまぁ、今後自信つけるというか…ジュゼッペ兄が言ってた相手を信用云々かもしれないが…
        ゆ、優柔不断も甲斐性もこれから頑張ると言う事では…ダメか? -- ルプス 2014-12-09 (火) 01:09:35
      • ……だからさぁ、そういうその、なんなの?(ジト目。好意の対象が自分でないなら色々言うが、自分であるなら言葉を連ねる様な真似はしたくなかった。とはいえルプスがこーゆー奴なのは百も承知だけれども)
        その自信は何時になったら付くのかなー。……これから頑張るとして何時頃にどれくらいになるのかなー?(棘棘ではあるが、表情はいつもの調子に笑っていた)
        (そうして改めて大きく息を吐く)……じゃーまー取り敢えずさ、自力で自分に自信が付いてからにするか、私に尻を蹴られながら頑張って自信を付けるかどっちにする?どっちが良い? -- ナンシー 2014-12-09 (火) 01:20:09
      • そ、それはほら積み重ねー…いや、これもダメなところだわな…(一度項垂れてから、正座から膝を払いながら立ちあがって)
        …こんなウジウジしたのじゃ、確かにダメだな。よし…それじゃ、オレの選択は…
        自力で自分に自信をつけながら、にする。蹴られながらなんて情けない事も言わないし、泣き言も呆れられてばかりだったからな
        あくまで、自分の努力で好きになってもらう…まぁ、オヤジみたいだがそれが一番なのかもだな…と言う訳で、よろしく頼めるか?(笑顔で言うと、手を差し出して) -- ルプス 2014-12-09 (火) 01:38:17
      • だーからー……うん、そうそう(立ち上がるルプスをじっと見つめ、そして考え、決断するまでを楽しそうに待つ)
        ……うん。……ふふ(そして得られたルプスの決断に頷き、やや満足そうな笑みを見せ)
        なんだ、急に甲斐性めいた事言うようになってー。でも好きだから好きにさせて魅せる位はねーやっぱり言えないとねー。……ん(差し出された手を取って椅子から立つ)
        …………(そうして無言のまま先程の様に自分の頬を人差し指で軽く押し、試す様な上目遣い) -- ナンシー 2014-12-09 (火) 01:52:29
      • う、うるせー!こういうのは照れるんだよ…ちくしょう、こっちばっかり試しやがって(笑って言い返しながら)
        …あー…それじゃあ…(手を握って引き上げるように立たせながら、指を指されたので照れくさそうに一瞬目をそらして)
        (握ってない方の手を反対側の頬に添えて、しかし近づけていくのは真正面の唇のようでいて)
        (最終的には額にキスして)…最初はこれくらいから、だな(お返しとばかりのフェイントを交えて、でも照れくさそうに笑って) -- ルプス 2014-12-09 (火) 02:04:36
      • んふふー、いーじゃなーい?私の事が好きなんでしょー?(楽しげに)
        ……ぉ?(顔の向きを補正されちょっと意外そうにしているとそのまま真っ向からのキスになる様な風合いに流石に焦る)え、ちょ……
        (とは言え煽った手前回避行動を取るような真似も出来ず、意外に感じながら観念した様に瞼を閉じるが)…………うっ(額に感触、そしてルプスの言葉。その結果察する所は多く)
        こっ……の、犬耳のくーせーにぃー!(照れ隠しもかねて難癖付けて思い切りルプスの頬を引っ張ってやったのだ) -- ナンシー 2014-12-09 (火) 02:13:13
  • ルプスよ・・・ (ド真面目な顔からの) -- 処ス 2014-12-03 (水) 20:02:28
    • …え?な、なんだ姐御…(ビクッとしながら、とりあえずお茶を出して) -- ルプス 2014-12-03 (水) 20:25:33
      • (一気飲みして湯飲みをテーブルにガンと置き) 色を知る歳かッッ -- 処ス 2014-12-03 (水) 20:46:14
      • …はぁ? …オイオイオイ、よくわかんない事言ってるわ姐御 …と言うかマジ何のことだ!? -- ルプス 2014-12-03 (水) 21:01:25
      • え、幼馴染の女の子のおっぱいガン見してなかった? 建物の上とか高いところに狼がいたら私の手下なことがあるので気をつけるといい
        お茶のおかわりとお茶菓子 (ぺしぺし) -- 処ス 2014-12-03 (水) 21:05:10
      • え?…あー、それはどうかなー?オレは何とも言えないなー(嘘がつけないので目をそらしながら) …マジか!と言うか何やってんだ姐御!?
        はいはい、分かりましたよ…でも、オレもオヤジに似て女性好きだからな…そこは自覚してる(言われるがまま、煎餅とお茶を用意して) -- ルプス 2014-12-03 (水) 21:36:16
      • 今の時代情報を握るものは世界を握るのだよ。煎餅かよ! えー、姉御断固えー、甘いものほしー、スウィーツ食べたいーーー
        アクア・アビスのとか。YOU買ってきなよ -- 処ス 2014-12-03 (水) 21:44:19
      • まぁ、そこらへんは否定する気はないんだが… 煎餅悪いかよ!?いいじゃないか煎餅!香ばしい醤油の香りとバリバリと小気味いい噛み応え!むしろあの噛み応えがなんか本当に訴えかけるっつーか?
        スィーツなー、そこらへんのシュークリームでもいいんなら …なんで、アクア・アビスなんだ?(ギギギと首をゆっくりと動かして) -- ルプス 2014-12-03 (水) 21:57:21
      • 老舗じゃん? 大好きなお姉ちゃんには最高のものをお出ししたいと思うはずじゃん?
        あっなにそれともアクア・アビスごときもはや古いだけで一流とは呼べないの? それとも一番好きなのは私じゃないの? なにぬねの?
        どうした? 行・け・よ (によによ) -- 処ス 2014-12-03 (水) 22:02:03
      • あそこ何年だっけ?百年以上前ってうたい文句ももうとっくの前だったと聞いてるけど え?だいすきな?おねえちゃん?(何言ってるんだろう?って顔で聞き返しながら)
        あぁ、うん。一番好きなのは姐御じゃないのだけは確かだが? しかしあそこは今も昔も一流じゃねーか?
        …そしてその顔、何知ってるんだよ!?(ちょっと顔が赤くなって) -- ルプス 2014-12-03 (水) 22:08:11
      • 何でも知ってるヨ! 一流ってわかってんならさっさと買ってきてよー、なぁーんで私には意地悪するのー
        あっわかった! 私わかっちゃいました! 大の男だもんね、スウィ〜ツなんてキャッキャッしたもの一人で買いに店くぐるの恥ずかしいよね!
        でも行け (プキキ笑い) あんまりいぢわるすると私気が弱いから急に換気したくなって窓開けて知ってること全部口から溢れそうになるかもしれないです -- 処ス 2014-12-03 (水) 22:22:23
      • 一番聞きたくなかった返答がきたよ!ちくしょう! いや、そもそも何で姐御にそこまでしないといけないんだって話で
        あぁ、そこらへんオレはあんまり気にしないんだが? ただ、流石に女性下着とかそういうところはいけないが
        …って、てめぇっ!脅迫じゃねぇか!一番知られたらいけない相手に知られてるって人生終わってねぇ!?…くそぁ!(泣きながら店にダッシュして) -- ルプス 2014-12-03 (水) 22:29:00
      • 脅迫なんてそんなそんな。お願いってかわいく呼んで欲しい
        生き急げー、俺たちには時間が無い、だぞーっと (はるか昔、冒険者たちの合言葉だったものを唱えて若者を見送るのだった) -- 処ス 2014-12-03 (水) 22:38:12
      • (え?これナンシーのところいかないとダメなの姐御) -- ルプス 2014-12-03 (水) 22:41:32
      • (いや別にいいよ。こんな日があったってだけで) -- 処ス 2014-12-03 (水) 22:45:30
      • (昨日の今日で行くのは流石になーと思ったので助かる、来てくれてサンキュー姐御!) -- ルプス 2014-12-03 (水) 22:57:51
      • (何事も自分のペースでええねん。見守らせてもらってますb) -- 処ス 2014-12-03 (水) 23:11:21
  • …ふと思ったんだけど、ドレイク…あーたの父親は随分会わない間に言い訳がましい男になっちゃったの?
    (トマト、ナス、にんにくが入った袋とイカが氷と共に詰められた袋を渡しつつそんな事を言う) -- ジュゼッペ 2014-11-27 (木) 23:26:31
    • は?… …いや、まずオレの事をルプスじゃなくてドレイクと呼ばれた事に驚きと言うか、一瞬誰?と思ったぞオレ…
      それに、なんだそれ… …うちのオヤジが言い訳がましいって…あったのか?ジュゼッペ兄(とりあえず袋は受け取って) -- ルプス 2014-11-27 (木) 23:51:04
      • あーたの家の事なら苗字で呼ぶのがいいでしょう?彼とは別に会ってないわよ
        つまりね、アタシみたいな親不孝者は置いといて子供は親の背を見て育つものなのよルプス
        で…今のあーたから見えるドレイクの教えはそういうものだったのかと思っちゃうワケ(問う瞳は鋭くルプスの心を見据えるかのようだ) -- ジュゼッペ 2014-11-28 (金) 00:03:43
      • あー…なるほどな、そう言う事か… どういう意味かはよく分かった(とりあえずテーブルに袋をおいて)
        んじゃ、答えを言わせて貰うとだな… この袋を持って出てけよこのオカマ野郎(笑顔で言いながら)
        何を持ってオレを言い訳がましいと評してるかは知らない、オレも情けない所はあるとは思う だからって、オヤジのせいだといいやがるか?
        男手ひとつで育ててくれた親を、それを知ってるアンタが本気だとしたら幼馴染でもなんでもないし、安い挑発だとしても…言葉を選べよ(静かな怒気を滲ませながら) -- ルプス 2014-11-28 (金) 00:34:53
      • 履き違えてるわねルプス、アタシはあーたを見てそう判断しているのよ
        少なくとも…アタシの知るアイツは失敗した時の為に事前に他人に聞かせて胸に溜まる責任感を薄める真似はしないわ
        (思い返す表情は懐かしそうで、それでいて己には経験の無い誰かを愛する者の過去であるがゆえに寂しそうだ)
        それとも…図星で怒ってるだけかしら?(首を傾げてにこやかにルプスを見る、先ほどの人間味ある顔とは違いまるで人の生そのものを嘲り笑う様な虚無感に満ちている) -- ジュゼッペ 2014-11-28 (金) 00:56:51
      • だからなんだ? そっちこそ勘違いしてないか?オレが情けないとする、その上で親父を出す必要がどこにある?
        さっきから挑発しまくってるようだが、そっちの思惑に乗る気もないし乗りたくもない ほら、帰れよ。背中押す気もないんだろ?それとも単純に喧嘩売ってんのか?
        あぁ、そうだとしてもオレは買わないぞ。喧嘩がしたいのならスラムで好き勝手やってこいよ -- ルプス 2014-11-28 (金) 01:02:02
      • あるわよ、そんな状態でグレイス家の血に胸を張られたらアタシが信じたくなったモノが愚かに見えちゃうもの
        でも…そうね、殴ってくれたのなら本当に良かったんだけれど(踵を返す、酷く痛々しい横顔を向けて)いいわ、もう
        (片腕を上げれば袋はふわりと浮いてオカマの手に)そこで立ち止まっていなさい(感情の無い声で呟けば去っていく) -- ジュゼッペ 2014-11-28 (金) 01:22:59
      • (帰った後に、椅子に深く座って) …はぁ、言いたい事は分かっちゃいるんだがな
        …だからって、そんな簡単に変われるなら苦労もしないっての(ため息をつきながら、天井を仰いだまましばしそのままでいて) -- ルプス 2014-11-28 (金) 01:41:28
  • (近くに巨大遺跡がある街……酒場の街ともいう)
    (そんな都市の大通り、人混みを歩くルプスの少し前あたり。胸元の大きく開いたドレスにロングスカート、すらりと伸びた脚に装着された黒みがかった具足からコツコツと音を響かせて歩く娘がいる)
    (その娘は長剣を佩び、少しばかり物々しいかもしれない)
    (しかし)
    (恐るべき魔物や、悪辣な盗賊団、日に日に勢力を増す邪教団といった脅かす者共との戦いの最前線に位置する、この街ではさほど珍しくはないともいえる)
    (……それはそうと、この娘。やたらと早足である。急ぎの用でもあるのか、徐々にルプスとの距離が離れて行く) -- 山羊のような角が生えた女 2014-11-17 (月) 02:05:26
    • おー…美人さんだ、始めてみる顔だな… …あの角、ロンメルと同じ系統か?(首をひねりながら)
      ただあの背中のは…凄いな、やっぱり冒険者なのか?(それほど珍しい、と言うよりは美人さんなので目で追って)
      (ただ露骨に追いかけることはせずに、歩く方向が一緒だったのでその女が入って行った曲がり角をまがって) -- ルプス 2014-11-17 (月) 22:57:28
      • (大通りから細い路地へ)
        (子供たちが元気に駆け回ったり、老人がチェスに興じていたり)
        (そんな光景すらもまばらになるほどに、段々と人気の無い、薄暗い路へと入ってゆく)
        (ルプスのことは気付いているのか、いないのか。あるいは意に介していないのか)
        (丸みを帯びたボディラインを揺らしながら歩みを停めない) -- 山羊のような角が生えた女 2014-11-18 (火) 00:26:52
      • …抜け道を知ってるとは、ここらへんに住んでるのか?(こちらもまた抜け道として進みながら)
        (途中子供の頭をポンと叩いて声をかけたり、老人に手を振って挨拶したりしながら)
        …ん?…あれ、あっちは…実はあっち何かあるか知らなかったのか?(あんまり治安の良くない、そんなところにつながってて)
        …やれやれだな、とりあえずは…止めてくるか(また道をまがったところで慌てて追いかけて) -- ルプス 2014-11-18 (火) 00:35:44
      • (案の定、路地裏で大男3人に絡まれていた)
        (といってもヒールの高い具足を着けているため、また、彼女自身そこそこ背はあるのでそこそこ拮抗しているかには見えたが)
        (絡んできた男共の中でもひときわ背の高い者がいる。猪めいたいかつい顔からはオークとの混血が推定された)
        (娘に顔を近づけ、何やら良く解らない言葉で捲し立てており、取り巻き2人は女の身体を舐めまわすように観ているが……)
        (グレイブロンドの戦士は全く動じる様子がない) -- 山羊のような角が生えた女 2014-11-18 (火) 01:03:35
      • あー…やっぱりなー…案の定と言うかなんというか(頭をボリボリとかいて)
        …そんな、オークさんが!? …いや、混血か。良かった、うちのギルドのエースもそうだが、普通のオークさんがそんな事するはずが(そこに驚愕しながら)
        …はいはい、それくらいにしてくれねぇかな?オレのツレによ(ともかく女性を救いだすために、ツカツカと近寄って) -- ルプス 2014-11-18 (火) 01:14:52
      • (初めて振り返る女。赤い瞳は余裕綽々、瞳孔が横に伸びてまさに山羊そのもの……といった風)
        ……ん
        (何か閃いたのか、軽く首を縦に振り)
        そうそう。わたしに手を出したいなら彼に断り、入れてね
        (悪漢たちに対し、にこりと笑みを向けた。それを受けてせせら笑う男共。女に背を向けてルプスの方へ歩み寄ってくる。威圧感たっぷりに)
        (……とはいえ、街から出たこともなさそうなチンピラ風情。たかが知れてはいる)
        (猪面の大男がルプスを見下ろし、鼻息を噴き掛けつつオーク語で下卑た挑発を始める!何言ってんだか分らない!)
        (それに追従する2人。女に背を向けたのが運の尽き)
        (白い指に首根っこを掴まれ、動脈を急激に圧迫されて一時的な酸欠→ブラックアウトを引き起こして、転倒!2人同時!!)
        (ルプスに向かってウインクなどして見せる女) -- 山羊のような角が生えた女 2014-11-18 (火) 01:39:01
      • おぉ…(こんな顔だったんだな、それでもやっぱり美人だがと思いながら)
        ははは、そういう訳でお前たちは大人しく引っ込んでてくれ。その方が身のためだぞ?(笑って言いながら手を振って)
        …あー、なかなかあきらめの悪い奴らだな…しかも何言ってるか分からない上に息が臭いな…やれやれだ…ん?(挑発されてるのは分かるが、それ以上に女の動きが気になって)
        (そして見事に二人を一瞬で昏倒させる腕前に)…へぇ…んじゃ、こっちもさくっと終わらせておくか(感嘆の声をあげてから、やる気になって)
        (狼耳と尻尾を一瞬で生やすと即座に体ごと股抜きするように滑り込んで、半オークからすれば姿が消えたようになって、無防備になったところを)
        潜水飛魚脚!…って一回やってみたかったんだよなー(後ろに回りながら、腕の力で倒立するようにして飛び上がりながら両足で半オークの後頭部を蹴り一撃で気絶させて) -- ルプス 2014-11-18 (火) 02:01:42
      • (ぐるん、と白目をむき、荒れた唇の端には泡を噴く。憐れ猪面のごろつきは前のめりに倒れて地面を揺るがした)
        鮮やか鮮やか。やるわー貴方
        (パチパチパチパチパチ、と拍手を送る透き通った声)
        このあたりはあまり宜しくないのね、治安。急いでてうっかりしてたわ
        (つかつかとルプスに距離を詰め、すっ、と右手を出して握手を求める)
        アルミナ・ルブルム・シュバルツイェーガーよ。狼男さん、貴方は? -- 山羊のような角が生えた女 2014-11-18 (火) 12:17:11
      • 一応気絶させただけ…とは思うんだがな…(まぁオークは丈夫だから大丈夫だろうと、とりあえず隅っこに寄せて)
        ん?あー…まぁ、一応は冒険者だしな それにそれ以前から冒険の旅はオヤジとやってたし…
        あー、やっぱり知らなかったか。まぁ地元でもあんまり通らないところをって思ったから一応ついてきて正解だったな
        あぁ、これはご丁寧に。オレはルプスでいい、よろしくいなアルミナさん(にっと笑顔で握手して) -- ルプス 2014-11-18 (火) 21:28:41
      • (己の気絶させた2名の顔に落書きしてから端っこへ寄せた)
        (腰に手を当て、小首を傾けて)
        あぁ、ええ。気付いてたわ。人混みにいた時から。ナンパか何かかと思って気にしてなかったけど、助けられちゃったね
        (握手してみれば、剣を振るう者とは思えないほどの繊細な質感)
        (しかし、腕力は並大抵では無いようで、例えルプスとこのまま力比べをしてもどうなるか分からない、そんな底力を感じさせるものだった)
        (──それにしても)
        (近くで観れば見る程……胸が大きい。胸元を大胆に曝け出した衣装は、谷間や膨らみを誇る様に現わし、オスなら大抵は視線誘導されてしまう事間違いない)
        (それに加え、近づけば判るこの香り。軽く魅了(チャーム)の魔法でも掛かりそうな甘い匂いが、アルミナと名乗った魔剣士の髪や身体から発せられていた)
        (鮮やかな赤い唇は形良く笑みを作り、紅い目の瞳孔は先程の横長に伸びるという異様な変異から戻っている。要は、美人の類に入る……と評して差し支えない)
        ルプス。ねえ、そのさん付けやめてくれない? たぶん歳そんなに離れてないわ。どうしてもそう呼びたいなら止めはしないけれど……
        (両腕を後ろに組んで、彼に背を向け)
        こっちの方向で合ってるわよねー。酒場 -- アルミナ 2014-11-18 (火) 23:01:44
      • やっぱり気づけるものなのか…まぁ、尾行する気もなければ同じ道歩いてただけだしなー…でもナンパって、そんな男に見えるか?
        ふむ…やっぱり種族的にも違いはあるか、ナンシーとは全く違った感じだな。ロンメルとも(同じ分類であろう悪魔系の二人を思い浮かべて)
        (胸の方は…ナンシーのいい勝負?いや、ナンシーの方が…微妙だな!あぁ、ロンメルに関しては…うん、と二人が聞いたら怒りそうな事も考えながら)

        …ん?…なんか香水つけてるか?…いや、香水とも違うか…(嗅覚が鋭いだけに、それ自体には気づいて)
        あぁ、そうなのか?この街だとどうも見た目と年齢が合わなくってな… アルミナは落ち着いてるし(早速呼び捨てにして)
        そっちであってるが…あえてそっち進むのか?さっき絡まれたばかりなのに(まぁ、広いようで狭い街だしまた会えるだろうと思いながら) -- ルプス 2014-11-18 (火) 23:25:08
      • (背を向けたまま肩を竦め)
        「おれはナンパ男になんか見えない」っていう、貴方の自信がどこから来るのか知りたい
        ま、ありがとね。礼は言っておくわ
        大丈夫、もうすぐデンジャーなエリアも抜けるでしょ? またね
        (スカート翻し、坂道を駆け上がって行く角女)
        (スリットからチラチラ見える白い脚に気を取られていなければ、剣の鞘に見えたクラーケンのような紋章が──)
        (──ギルド「セピア」の紋章なのだが、冒険者ならもしかしたら知っている者もいるかも…程度の微妙な知名度であった) -- アルミナ 2014-11-18 (火) 23:33:00
  • ループースくーん(後ろから声掛け。彼が振り返れば、南極探検でも出来そうな分厚いもこもこコートな格好でぃよっと片手を挙げ)
    どう?今日暇?寄って良い?(矢継ぎ早に言いながら並ぶ) -- ナンシー 2014-11-14 (金) 00:35:15
    • ん?なんだ、ナンシーか…くん付け!?(軽く振り返って、前を向こうとしてから二度見しながら)
      え?あ、ハイ…まぁ、別に暇ではあるが…(歩調を合わせるようにゆっくり歩きながら) -- ルプス 2014-11-14 (金) 00:46:40
      • え、何?普段から君付けしてた方が良かった?……そう言えば最初から呼び捨てだったし
        そう、それなら寄らせて貰うねー。折角だから見せたいものもあるし(コートのポケットの一つから飴ちゃん取り出すと一つ口の中へ。間を置かずバリボリ) -- ナンシー 2014-11-14 (金) 00:55:05
      • いや、それは今更すぎるし それにくん付けってかなり年下に見られてるようでちょっとな…モリさんは許せるが
        ん?なんだ見せたいものって… んー…オレがほしがってた高級な弓?見せるだけだったら泣くぞ?
        あぁ、ちなみに料理はないが具材ならあるぞ。おもに肉が(食べる姿を見ながら家について) -- ルプス 2014-11-14 (金) 01:06:08
      • だよねー。……あーモリちゃん。確かに……まだ添い寝して貰ってるんだ?(深い意図の無い思い付きの問い)
        そりゃーお楽しみに取っておいてもらわなきゃあ。……弓?……高級な?……確か機敏+8付のならあるよ?
        おぅそれはそれは。お肉いいよねー大体何やっても美味しいしねー(そうして到着、お邪魔しまーす)
        さて、寒いので暖房を焚いて欲しい訳よ私としては(コート着たまま急かす急かす) -- ナンシー 2014-11-14 (金) 01:16:09
      • なんか姉って感じがすごいからな、いやおかん?お婆ちゃん? してねぇよ!?あ、でもハーディには勧めておいた
        おぉぉ!いいなー…うちにもあったんだがな、どうせなら拾ったのを全部+2にしとくかってギルマスが決めてやったら高級ものばかり+2にする段階でボキボキと… 5千…いや、7千まで出せるぞ!
        いい…焼くにもいいし鍋にいれてもいいし干してもいいし薫製も乙だ…新鮮なら生もそんなに嫌いじゃないんだけどな
        ん?あぁ、それは構わないが…(とりあえず適当に暖房つけてあげると、コートは脱げるくらいの温度になって) -- ルプス 2014-11-14 (金) 01:25:05
      • あー……あーうん、年上年上。詳しく分類しようとするとちょっとよく分かんなくなるし……。あらムキになっちゃって(楽しげ)……ハーディかぁ。でも本当すぐ熟睡しちゃうから何かなりそうにもないんだよね
        錬成とか触媒使っても壊れるんだもの、うちのギルド殆どやってないよ……?……(値段を釣り上げていくルプスに不思議そうな顔をし)あぁ、うん売れるなら売っても良いんだけど、ね
        生、生かー……生は血抜きしないと食べる時色々汚しちゃうからなー……
        うんうんよろしくよろしく(そして)……おー。いいね(言いながらコートの中からウサ耳カチューシャ出すとそれを頭に装着する) -- ナンシー 2014-11-14 (金) 23:33:40
      • そうだな、年上って分類にとどめておくのが無難っぽい ちげーってのに!あーそうだもんな、昔もそうだった
        うちは触媒とか使った事ないな…あれ?そうなのか?ちなみに+7くらいまでは10個くらいはあるぞ でもナンシーのギルドでしてないという事は必須じゃないんだな…
        いや、流石に血抜きしてないのはオレも微妙だぞ? 刺身だよ、牛とかなら刺身でもいける。馬も
        …あ?…なんで、それつけてるんだ? …まさか!?(少し考えてから何かに気付いて) -- ルプス 2014-11-14 (金) 23:45:19
      • よくそんなに錬成やるねー……。+5くらいでやっとすぐ上の質を超えるくらいになるとはいえ……まぁリスク大きいからね。失敗したら廃棄されちゃうのは流石に
        あ、そう?それならうん、いいよねー肉のお刺身ー
        ……くふふ。そうよそのまさかよー!……あちょっと待って(そう言ったは良いがボタン外すのにちょっと手間取る)……よし(と言う訳で改めてコートを脱ぎ捨てれば、ネックレスにレオタード。流石に足は白で厚手のサイハイソックスになってはいたり、若干目測を誤ったのか胸元が少しキツそうだったりはするが)
        どぉーよ?(腰に手を当て笑ってどや) -- ナンシー 2014-11-15 (土) 00:01:04
      • うちのギルド5人くらいしか出てないんだよ、20人枠あるんだが出す予定もないって…だから武器防具は溜まれど使い手はいないって状況でな
        何故やるかと言うとお金はあるし、割とどこまで行くかが楽しみだって言ってたぞ 店のものも大体買うって言ってたな
        いいよな…こう、焼いたりすると落ちてなくなる油が口の中に広がったりしてさ…流石に豚はちょっとデンジャーだが
        あ、ハイ…(正座しながら、脱ぎ終るのを待って)
        …おぉぉぉーーー!!いいね!(とても眩しそうな笑顔でサムズアップしながら)
        やっぱりスタイルいいだけあって似合ってるなー… しかし、捨てなかったんだな… -- ルプス 2014-11-15 (土) 00:23:10
      • 枠あるのに出さないのは勿体無い気がするけど……志願者来る来ないはまた別かぁ。ふむぅ
        ……んー。まぁうちの場合大体壊れたら再入手がいつになるか分からないのばっかりだし。私の杖然り
        広がるよね……旨みと言うのかとにかくそういうのが……。え?……美味しいじゃん(尚恐るべき雑食性を誇り何食べてもお腹壊さないし蟲も消化する模様)
        やだもーそんな分かり切った事を言わなくってもー(そうは言うが照れている事に違いは無い。日頃ラインは見えても殆ど露出する事の無い胸元やら谷間やらが眩しいか)
        (ルプスが正座している為サムズアップにサムズアップで応えるも膝に片手を当てての前屈み気味。その姿勢の結果自分の姿がどう映るかについての発想は貧困な様で)
        えー?だって捨てる理由ないじゃん。貰ったんだし(姿勢を戻すと何言ってるのと言わんばかりだ) -- ナンシー 2014-11-15 (土) 00:40:39
      • 元々冒険者の統括してるところには世話になってたからって全部の権利を買ったんだとさ、地下やら宝物庫も だが、無理して運営する気もないからマイペースにやるんだそうだ
        あー、そりゃそうか…上位陣はいいもの貰えてそうだもんな、こっちはトップのオークの人がいるんだがその人Lv69なのにまだ上質装備でランク8いってるな ちなみにランク7入ってから今までで上質一つ標準一つずつしか拾えてないらしい
        美味しいかもしれないが人には食わせるなよ!? …はぁ、オレも丈夫な方だがナンシーには負けるな
        そこでそう返してくる辺りがナンシーらしいよなー…(目を細めて眼福と言わんばかりに眺めながら)
        …っぶっ…(ただ流石に前かがみ気味で窮屈そうな谷間、そして曲線を描く乳房の先端の近くまで見えそうになるとビクンとなって)
        …あ、いや、まぁそれはそうかもだが…(何この子わざと?…これわざとじゃねぇな!って思いながら、姿勢を戻したので落ち着きを取り戻して) -- ルプス 2014-11-15 (土) 00:52:48
      • へぇ……色んな形態あるんだねーやっぱり。うちは母様がやる気あるんだか無いんだかな感じの割に、欠員出たらすぐ志願者は来たりするけど。いくら母様美人だからって背中に思い切り魔族な翼あるんだから普通警戒しそうなものなのになー
        精巧が倉庫圧迫し始めたりしてる実情です。いやある程度までの質の装備を保存してあるからって言うのもあるんだけど……。……へぇ……え?……いやそれは、なんていうか……残念だね……
        あ、うんそれは大丈夫。……多分(視線は逸らしがち。ナンシーがあんまりにも美味しそうに食べているのを見て箸を伸ばした結果痛い目を見る事になった知人友人は多かろう)
        だって母様美人だし姉様達も美人だし私もそれに劣ってるとは思わないし。むしろ家族内でも上位じゃないかなくらいはに思ってるんだけどね(笑いながらだが後半は本気で言ってる)
        って、何。変な音出して……(訝しむ。自分が原因だと察する事が出来れば顔真っ赤にした上ビンタも飛ぶし帰る所だが、気付くのは後の事になりそうだ)
        うん?……まぁそう言う訳よ。それにルプスも襲わないと断言した事だし、着替えの無防備も既に着替え済みで解決してるしで。……大袈裟なコート着込んでるとはいえ拠点から出るのに結構勇気必要だったけどね!(思いだし赤面) -- ナンシー 2014-11-15 (土) 01:11:39
      • ナンシー…男は美人には滅法弱いものなんだよ… あとはアレだ、魔王だから女性でも惹かれるものがあるんじゃないか?よく分からんが
        すげぇ話だなそれも…かぶったら叩けばいい気はするが あぁ、冒険結果で一人だけ4桁出せてないのを見るのが悲しくなってくるぞ?本人が一番悲しいだろうが…斧でなければな
        …はぁ…まぁ、馴染みなら皆分かってるから大丈夫とは思うがな(ため息ついてから苦笑して)
        やめろ、そこらへん優劣を考えると家族の間でも血を見るとか聞くぞ!? 特にナンシーの家の兄弟げんかとか凄いおっかなさそうだしな…
        い、いやなんでも?(色々と記憶に刻みこみながら、今は目をそらすことしかできなくて)
        でも警戒はされてたんだな… あぁ、そりゃそうだろう。それでも良く来てくれたな(笑顔で言いながら、お茶を入れようと立ち上がって) -- ルプス 2014-11-15 (土) 01:26:33
      • ……顔ってそんなに大事かなぁ(まさに贅沢者の発言であった)……うーんでも母様は父様とらぶらぶだから、惹かれて入ってもって言うかまず私が第九子で六女な時点でねー(苦笑する)
        ランク8でもそろそろ飽きて来たかなーな感じだからね。……あー被ったらね、うん、被ったら。……斧かぁ。通常の一発で結構大きいの出る感じだけど……上質か……
        えー大丈夫だってこう言うと悲しくなるけどその辺り気にしてるの私だけだし。なんせ私から見ると歳の差が最低でも50年以上になるから……温かい目で見られると言うか……(悲しくなってきた)
        ルプスが挙動不審だー、怪しいのー(めっちゃ訝しむが閃きは無い模様)
        そりゃするよ。体格差活かされたら組み敷かれるのは避けられないだろうし?……まーそこはね、あれだけしないって言ったならしないだろうから(微笑むと、背を向け屈んでコートを拾おうと。ウサギ尻尾が揺れる) -- ナンシー 2014-11-15 (土) 01:41:02
      • 人は見た目じゃない、とはいえやっぱり好みの重要な一つだとは思うがな …まぁ、そこはそんな人なのにそんな家庭ってのがある意味尊敬に値すると思うが!
        そん、なに こっちはまだまだ先の話だな、ちなみにランク9とかどんな化け物が出るんだ?やっぱり熊か? そうなんだよな、他が高級とか精巧なのにな…
        …そうなのか?他のあのお店で見かけた人はどの人も美人さんだったが… …あー、なるほどな。そういう事なら納得だ…年齢差は大きい…
        そ、そんなことなかとよ?(何故か方言が出ながら) でも、組み敷いた直後に魔法でオレに頭ぶっ飛ばされそうな気もするがな…
        おー…(流石に本当に襲いかからないが、無防備なバニー服ならではの背中の筋をつぅーと指でなぞってみて) -- ルプス 2014-11-16 (日) 23:30:37
      • そぉ?……ふぅん。……尊敬……尊敬かぁ。他所から見たら母様籠絡した父様は凄いんだろうけども……
        うん割と。……んー?んー、グレーターデーモンとかクラーケンとか。熊は8の時からちらほら見かけたなぁ……熊討伐となるとまだやろうって気は起きないけど
        ……もうね、もう(肩を竦め溜息)何言っても受け流されるから張り合い様が無いのがねー……歳の差がせめて十分の一ならーって思うけどさ
        へぇええ?(ジト目)……ん?まぁどうなるか試してみてもいいんじゃよーん?
        ひゅわ……んんぁっ!?(諸々余裕たっぷりな様子であったが不意打ちのゾクゾク感に身震いして色々ぶち壊し)……こっんの(掴んだコートを振り回して羽織ると立ち上がる)
        ッバカ!(そして振り返り様のビンタだ) -- ナンシー 2014-11-17 (月) 23:45:43
      • あー、それはそれで凄いと思うがそうじゃなく 長年愛し続ける夫婦なんだからそりゃ尊敬するさ、オレもそんな夫になりたいと思うしな(笑顔で言いながら)
        おっかない名前がごろごろと… しかし、熊討伐はしたくないと言わせる熊の恐ろしさだな…ギルマスも凄いと言ってたし
        でも、その分色々と相談したらいいアドバイスくれるんじゃないか? そういう意味ではオレには兄弟はいなかったからな、羨ましくもある(なので馴染みは兄弟のように扱ったりして)
        そんな風にナンシーはすぐ挑発する… そんな軽い気持ちで押し倒したり出来るか!
        (兄弟扱いなので、つい悪戯方向を選んでしまって) あ、やば…ち、ちがっぶべらっ!!(思いっきりヒットしてぐるんっと横周りでふっとばされて) -- ルプス 2014-11-18 (火) 00:04:28
      • うん?……あ……成る程ぉ?で、なれそうな見込みはどんな感じよー?(一瞬失敗した顔をするも即誤魔化した)
        特にクラーケンが強くってね。熊より強いよアレはー。……だってほら、単体で手を焼く相手のボスでお供付きを討伐しなきゃならないって考えると……ねえ?
        それはそうだけど、根本的に競争の場に降りてきてくれないって言うのがー……羨むにしても大分特殊なんじゃないかなうち
        (後ろからの言葉には笑っていたんだけどね)
        何が違うか何が!(ルプスの頬を張った右手を振り振り、怒ってはいるが本気ではないのは明白)……まったくすーぐ調子に乗る。ほらー何か出しなさいよーその予定だったんでしょー?(手近な椅子に座って足を組みつつ、ほぼ命令調) -- ナンシー 2014-11-18 (火) 00:20:53
      • ん?(表情の変化は気づいたが) ぐっ…ほ、放っておけよ!どうせまだロンリーウルフだよ!そっちはどうなんだ!(苦しいところを突かれた様子で言い返して)
        クラーケンか…あいつら何で海辺じゃなく陸上でいるのかは謎だよな、陸イカとかいるのか? …まぁ、そりゃそうなるか。昔は英雄殺しって言われたしな…
        まぁ、そこは馴染みの中で競い合うとか。馴染みも皆レベル高いとは思うが? まぁ、まず特殊だろうな…他にも長くいる夫婦の話は聞いてはいるけど
        い、色々と…弁解したい点は、また後日で(鼻からポタポタ血を流しながら) …調子というかなんというか…え?…こうか?(何の事か分からずにとりあえずお手を何故か自然と手を出してしながら) -- ルプス 2014-11-18 (火) 00:33:35
      • どうと言われても特に変わらないし、それをルプスみたいに気にしたりはしないしィー?
        多分そう離れてない所に湖か何かがあるか、誰かがうっかり召喚してほったらかしにされたか、或いはそういう種なのか。まぁ何にしろ倒す事に変わりはないけど……
        えーでも基礎環境から違う相手と張り合うのも何か変だと思うよ私。同じ親同じ環境で育った相手との方が自然じゃないかなー……。その手の話聞くには聞くけど……あんまり表に出てこないよねぇ
        あれあれー?なっさけないなーやーい無様無様ー(鼻血を垂らす馴染を煽っていくスタイル。実態は思ったよりダメージ出てるので若干焦ってたりするが)……そーおーじゃーなくってぇー(一度大きく呼吸をし、大きく溜息。立ったタイミング的に何か用意して来るのかと思ったのだが、アクシデントの結果そんな事も無くなった様)
        まいいか。……私のバニー姿に鼻血出してふらふらになったって言いふらしておくね?(椅子を立ち、妖艶に微笑む。そしてコートの前を閉じると颯爽と踵を返し外へ、去って行った) -- ナンシー 2014-11-18 (火) 01:33:40
  • そろそろ情熱が尽きそうな頃合いだしちょっとした運動会を思いついたわ
    アタシの!魔力の素を!切り離して!退治!理屈の上ではビル一つを溶かす程度の熱量の怪物に収まる筈よ -- ジュゼッペ 2014-11-02 (日) 22:18:30
    • ん?ジュゼッペ兄もついに引退なのか? …まぁ、結構長く続けてるんだしな。仕方がないか、それで運動会と何か関係が?
      …あー…ジュゼッペ兄、ちょっといいか…? …そんなの!危険すぎて!危ないだろうが!(過保護な兄貴分発動しながら) -- ルプス 2014-11-03 (月) 22:12:10
      • 数字で言うと63ぐらいかしら(もやし並に火が細まっている)
        あらやだ、皆だいぶ鍛えられてきたしお遊びに丁度良いと思うんだけどね?(危険の基準が極めて緩いオカマ)
        まあ魔力回路自体は元々引き剥がす予定だけど、瓶詰め封印して何かに使えるようにしておこうかしら -- ジュゼッペ 2014-11-03 (月) 23:02:15
      • 凄いな…俺もようやく上位の上質装備で固められてきたところだが まだまだその域には達せられなさそうだ…ちなみにLv65の斧オークさんは、まだ極めて出来のいい斧だ
        いや、お遊びと言ってもなー… まぁ、ジュゼッペ兄とナンシーが見てるのならおそらくは大丈夫なんだろうが
        まぁ、当日特に競技、あるいは何をするか決まってなければ提案してみてもありだと思うが… ところで、何でオレに聞いたんだ? -- ルプス 2014-11-03 (月) 23:16:09
      • うーん…周囲でも2桁っていうのは流石に無いのよねえ…どこで…どこで間違えたのかしら…!ってあら、物欲センサーまだ働いてるのね。
        そりゃ丁度良かったからよ、力に目覚めた後寝ぼけて変な方向に行った末路見せるのに
        人狼に自力でなれるようになったってはしゃいでるあーたには幾つか痛い部分あるわよこれ
        (両手を自分の胸に当てると黒く濁った紫色の雷光の様なラインがオカマの全身を巡る、ルプスから見ても一目でそれがイヤな物だと分かるだろう…以前見せた羊皮紙のように) -- ジュゼッペ 2014-11-03 (月) 23:34:55
      • …冒険始めた理由、じゃないか?割と今回も重要だって聞いたが 剣も槍も弓も炎も光も上質以上がごろごろあるのに斧だけは皆無だからな…ひでぇ話だ
        …あぁ、なるほど。オレへの警告もかねてって事なのか(そう言われると納得しながら)
        …とはいえ、そんな力に目覚めたといっても…大したことはないのは分かってるし、さほど極める気もないから安心してくれな
        …それに、昔はともかく今は末路と言うほどひどくないだろ? -- ルプス 2014-11-03 (月) 23:41:08
      • おかしいわね…立身出世がオススメだっておひい様の推薦だったのに…。大旋風(笑)がこの世界の神(社長)のご意思…!
        (予想していた通りの返答ではあるが難しい顔をする)うーん…駄目ね、何だかつい過保護になりすぎるわ…。
        あとまーだまだ末路の中よ?本当ならもっと早くに手放すべきだもの(自分の紫電の走る手を退屈そうに眺める)
        まだ未練があるのよねえ…借り物の力に溺れ続けたすごーく気楽なあの瞬間が、気持ちいいわよね力と欲求に溺れるのは。 -- ジュゼッペ 2014-11-04 (火) 00:00:16
      • その辺りは積み重ねていってどれが最適解か分かってくるんだろうが… それは、どうだろうな…(目をそらして)
        …はは、ジュゼッペ兄もか? オレも結構言われたりするんだよな…やっぱり年下の馴染みには、不幸になってほしくないしな
        …そうなのか? やれやれだな…出来れば、ジュゼッペ兄にも不幸にはなってほしくないんだが…
        …駄目だぞ?心底溺れたら、皆で止めに行くからな?(割と本気で言いながら) -- ルプス 2014-11-04 (火) 00:26:45
      • 昔はすぐ引退すると言われてた理由で情熱が滾ってる人もいるし本当っ…大変ダワ!
        実感篭ってると余計だわ、大失敗してどん底の気分になった瞬間は味わって欲しくないもの…ああ、でもあれは美しかったのよねえ
        (かつてを思い出してしんみりした後高笑い)オホホホホッ!なら安心して溺れられるわね!ま、同じ轍は踏みはしないわさ!
        知るべきコトが沢山あるって知っちゃったんだもの!(余程過去見た物が色々価値観を塗り替えたのか目指すべき物はあると遠くを見る)
        ま、修行したくなったら言いなさいな?イヤラしい手つきで鍛えてあげるわ(そう言って帰っていった) -- ジュゼッペ 2014-11-04 (火) 00:40:47
  • -- 2014-10-29 (水) 20:28:42
  • -- 2014-10-29 (水) 20:28:38
  • (内に入れば死角は多いが警備の配置もいやらしく、透明人間でもない限り途中何人か無力化しなければいずれ見つかってしまいそうだ)
    (しゃがんだり跳び上がったりする必要がある通路なのか屋根なのかわからない塔への直線路。塔からは少し逸れている開けた通路、こちらは何故か人影が無い) -- 2014-10-25 (土) 21:24:07
    • …何でこんな立地なのか、かなり謎ではあるな…ターゲットに関係あるのか?(いまいち建造物や遮蔽物に首をひねりながら)
      まぁいい、どんな理由であれやる事をやるだけだな …しかし、あの通路…どう見ても罠だわな…レイト、あそこ行きたいか?(苦笑しながら聞いて)
      とはいえ、スニーキングしながら無力化か…そういう装備はあるか?(とりあえず気絶させた奴を物陰に引きずって隠して) -- ルプス 2014-10-25 (土) 22:02:13
      • まるで訓練場……てぇのは勘ぐり過ぎ?(口元に手を当ててルートを思案 いかにもな筋道が見えてくる 無論、敵を排除することが前提で)
        (あからさまに開け放たれた通路には首を振り)Nope. あんなんどう考えたってやばそうなのが待ってそうじゃん……
        スニーキングは自前でやるしか無いけど、無力化なら色々ね(ハンドガンにはサプレッサーを装備、手につけた指貫グローブはアークに試打を依頼した発明品 電気ショックの流れるスタングローブ)
        (ジャケットの内側にはフラッシュグレネード他、工房製の特殊弾も) -- レイト(強) 2014-10-25 (土) 22:16:22
      • (狼の耳にだけ届く妙な息遣い、そしてかすかな獣臭。傭兵と警備員とこれは・・・)
        どうした?
        (人の声。そして)
        スンスン・・・スンスンスン
        (見えない糸を手繰るように風の中から匂いを探る気配。最初の想定外、犬だ。敷地内に猟犬を連れた警備がいた)
        (足音が迫ってくる) -- 2014-10-25 (土) 22:31:50
      • …チッ、厄介だな…犬がいる、もちろん言葉通りの番犬がな…
        場所も見つかる、吠えられるのも厄介だ…あの角、あと10秒後に曲がってくる… …レイト、人間の方を無力化できるか?
        (当然、こちらは犬を吠えられずに何とかできる、と言う意味で言いながら) -- ルプス 2014-10-25 (土) 22:42:21
      • Oops,犬か(番犬程度は警戒しておくべきだったと舌打ち しかし今更嘆いても仕方ない)
        曲がってくんの?じゃ、任されて(ボードを駆り、音を立てないよう曲がり角の側の壁へ登り、張り付く そしてスタングローブを起動し、息を殺し待ち構える) -- レイト(強) 2014-10-25 (土) 22:47:55
      • (それはその場の全員が極度の集中を発揮し一瞬ながら引き伸ばされたような時間。角からそれが現れて)
        (まず角から二人の前に飛び出してきた影は、上着)
        (タイミングをずらして飛び出しざまに銃口を向けた警備員と)
        (吼え声を喉へ駆け上がらせようとする猟犬の牙) -- 2014-10-25 (土) 22:58:03
      • …駄犬が…(本来なら咆哮一つで黙らせるどころか従わせる事が容易だが、それをして見つかっては意味がなく)
        (なので音も出さずに使った手は、眼光一つ。殺気などではなく、ただ事務的に狩るものとしての冷徹で残酷な狩猟者の目で)
        (まるで蛇に睨まれた蛙のように、犬の最上位と言っていい狼男。それと同等かそれ以上が発する眼光であれば、例え訓練されようとも…) -- ルプス 2014-10-25 (土) 23:09:10
      • (ルプスの眼光が走るが早いか、張り付いた壁から警備員と傭兵の頭上目掛け飛び降りる)
        (掌から紫電を放つグローブ いかに「限りなく控えめ」に調整されているとは言え、レイトの兄の作品 それも本来は対魔物用護身兵器 人に向けるにはややオーバーな品)
        100 Mega Shock!! ってかぁ!!(故に致命的な神経は避け、電光走る両掌を二人の肩に叩きつける おそらくはそれでも十二分な電圧を誇る) -- レイト(強) 2014-10-25 (土) 23:16:18
      • (警備員の持っていたスタンガンなど比ではないレイトの電圧は筋肉から意思を奪い強制的に萎縮させる。頭のてっぺんから指の先まで。・・・引き金にかけた指の先まで)
        ダンッ
        (痺れた警備員は意識を失う直前に逃げ去ってしまった四本足の相棒を見た)
        (飛び出した弾が誰にも当たらなかった事は幸いであり、しかし銃声が轟いた事は語るべくも無い)
        (敷地内の警備員達に困惑と緊張がまたたくまに広がっていく。傭兵達にももちろん聞こえたがまだ計りかねている)
        (注意を呼びかける声、接近してくる大量の足音。だが人が集中するという事は手薄になる部分も必ず出てくるわけで) -- 2014-10-25 (土) 23:35:17
      • …ま、こんな事もあるわな(責めるでもなく、笑うでもなく、あくまで冷静に状況を見渡して)
        スニーキングはここで終了だ…レイト、お前はターゲットの方へ行け(もう相談する時間もない、なのであくまで予定通りに自分が囮になろうとして)
        まずは…(そこらへんにあった障害物の一つを手薄な方の反対側へと投げて、相手の注意をさらに反らしながら) -- ルプス 2014-10-25 (土) 23:41:11
      • Shit……!(さすがに電気で跳ね上がる相手の体まで操作は出来ない 舌打ち一つ、しかしすぐに切り替える)
        わり、ルプス兄…… んじゃまぁ、最速で行って最速で戻って来るからそれまで持たしといてよ!?
        (言い終わり即ボードの前を強く踏み込む すると浮力が後部に集中し急加速 ボードは風を切り進みだす)
        塔の天辺まで逃げ切れっかなぁ……!(速度には絶対的な自信がある しかし封鎖を破れと言われれば話は別 とにかく敵の包囲が狭まる前に突破しなければ 急ぐボードは壁、障害物、時には天井すら道とし、最速のラインを潜り続ける) -- レイト(強) 2014-10-25 (土) 23:51:49
      • (もう犬連れは追いかけてこない、代わりに鉛玉がルプスに向けて一斉に発射される)
        (目などの急所を庇った手足に弾丸がめり込んだ時に気づく。警備の銃に篭められてるのは鉛ではなく、全弾が恐ろしく高価な銀の弾丸である事に)
        (傷痕を焼く感覚からそれらは法化儀礼済みで、再生能力を極端に落とす。完全に怪異を想定した代物である)
        (射線上でルプスに重なる遮蔽物に火花が散る。法化儀礼済み銀弾はまだまだ止まない)

        (自身が切り裂く風の音にかき消されそうだが、怒号と多数の発砲音がレイトの後方で聞こえてきた。振り返るわけにはいかないが、半人狼の事だ心配は要らないだろう)
        (そう心配は要らないはずだったが。とにかく音だけで銀の弾丸などわかるはずもなかった)
        (所々に魔力に反応するトラップがあったのだが磁力のボードには反応せず、拍子抜けするほど縦横無尽に駆け抜けて行けた)
        (角にて出会い頭で警備員と接触するも、警備員はボードの角を頭に喰らい失神。撃墜数・・・これで3)
        (4人目となるのか、警備員のひとりが必死で爆走中のボードの端を掴み喰らいついている)
        (間近までくると塔は50mはあった) -- 2014-10-26 (日) 00:12:53
      • おいおい、随分と動きがいいな!(適当な陽動もかねた動きも、遮蔽物を生かして避けきる動きも、相手の数と連携に少しずつ追い詰められて)
        チッ!しかし拳銃程度なら、なっ!?(飛び退りながら腕でガード、してみれば本来ならめりこむ程度で済んだはずが抉るように筋肉まで銀の弾丸が穿かれて)
        …んだと…ちくしょうが!(歯をギリィッと噛みしめるのは、痛みの声をレイトに聞かせたくないためか)
        (そんな中でも、駆け抜け通りすがりに相手を一人、また一人と卒倒させるも殺しはしないのは甘さでもあり、優しさでもあり) -- ルプス 2014-10-26 (日) 00:20:11
      • (湧き上がる銃声、集る足音 ルプスの安否を不安視している暇は無い 自分にできることは唯一つ 何よりも早く駆け抜けること)
        (そこかしこに見て取れる魔術式トラップ 母の手引もありほんの僅かに齧っていた魔術の知識で「ある」ことだけは認識する)
        なるほど、「いい人選」ってのはそういうこと……(処スの呟いていたセリフにようやく合点が行く これは明らかに対魔術を想定した防備 テック偏重の自分はメタ戦略の存在となる)
        (その間にも必死に食らいつく警備員 引きずり回せばいつか落ちると思っていたが存外粘る)Son of a FEMALE ORC!!(これ以上の時間のロスはルプスの危機に係る 手と肩口目掛け発砲し、振り落としにかかる) -- レイト(強) 2014-10-26 (日) 00:31:59
      • (体中に食い込む聖なる銀の礫がルプスの人狼の部分を蝕んでいく。足元は薄暗がりの中、雨上がりのように流した血で濡れ光っている)
        (丸太のように転がる警備員にけっ躓いた時、銀弾が耳の先を吹き飛ばした。弾が尽きて銃底で破れ耳になった頭を激しく殴打してくる)
        (一対多数、銀の弾、寝かせる技と容赦無い殺意。様々な要素が種族差を埋めて奇妙な拮抗が生まれていた)

        (苦悶の叫びと表情はスピードに置き去りにされて後方へ消えていく。その姿が闇に飲まれる前に嫌な角度で壁に頭がぶつかるのがかすかに見えてしまった)
        (遠くの銃声が止んだので、塔の下で少し、本当に少しだけだからと待ってみる。ルプスは来ない。塔はレイトの頭の上に聳え立っている)
        (追っ手は来ない。ルプスも来ない。今まで聞こえていたものとは多分別の、連射音の銃声がまた始まった。塔は目の前で天に伸びている)
        (決断という言葉がまるで重さを持ってレイトにのしかかっているようだ) -- 2014-10-26 (日) 00:48:33
      • (通常の弾ならある程度はいけると思ってた、なのに銀の弾丸?冗談じゃない、くそレイトはまだか?と駆けながら考えていた所に普段ならない躓き方で倒れ、人に殴打される痛みを味わって)
        『痛い、イタイ、こんなはずじゃなかった、テッタイカ?いや、まだレイトが帰ってきてないのにそれは出来ない、ソレニ、ヤラレテニゲカエルノカ?』
        (頭の中で自問自答しながら、耳や頭から血を流したせいか一旦頭が冷静さを取り戻しかければ、気づいたらいつの間にか先ほど殴ってきていた警備の男の首を握りながら吊り上げていて)
        …は?(状況が読み込めないが、慌てて手を離すとまだギリギリ間に合ったのか身動きは取れないが激しく咳き込む男を見下ろして)
        …なんなんだよ…(よく見れば、自分の爪も血に濡れていて、周囲には致命傷ではないが深手を負った兵が、恐怖や敵意を持った目でにらんでいて)
        (均衡は、拮抗は、ルプスの知らない間に、何かが崩れ始めていて) -- ルプス 2014-10-26 (日) 01:04:05
      • (ようやく全て振り切ったところで心に懸念が影を落とし、振り返る 静寂は何も語ってくれない)
        ルプス兄……兄、さん……(不安と責任感がないまぜになって思考を乱す 弱気がぶり返しだす 「無理だと思ったら引き返せ」そう処スは語った)
        (時間は流血している 立ち止まり続けるのは何よりの悪手 焦りが押し寄せる 上を見上げ、下を見下ろす 閉塞感に髪を掻き毟る 答えは……)
        ARGHHHHHHHHHHHHHH!!(頭を抱え叫ぶ しかしそれは自棄ではない ボードの前を強く蹴る)
        アタシは!アタシはLateLaser(光すら遅い)だ!アタシが!間に合わないなんてことが!あるかあああああああぁぁぁぁっ!!
        (信じるのは兄の技術(テクノロジー)と己の技術(テクニック) 切り開くのは己の速度と、残り僅かの塔を、引き絞られた矢のごとく駆ける) -- レイト(強・弱) 2014-10-26 (日) 01:10:08
      • (打ち付けられ過ぎた頭蓋から思い出がこぼれ出てくる。現実を知覚しながら記憶の幻覚がちらつく)
        何が咎める? 誰が苦しんでいるお前と本当に同じ事がわかると思う? それは全部理屈だ。世の中が膨大な暇を持て余した末になんとなくそういう風になった、戯言に過ぎない
        私もお前も本当の事を知ってから戯言に付き合おうよ
        私は本当の事だけでいいけどね
        (幼いルプスに今と変わらないあの女が語った小難しい話)
        自分にできるって事は、成功や失敗という結果じゃない。できる事は選択だ。結局人に許された行動は選択だけなんじゃないかと私は思うよ、マメ柴
        (幻覚が伸ばした手が銃口を頭に突きつける手に重なる) -- 2014-10-26 (日) 01:37:57

      • どーせ一度使ったらまた使うんだ力なんて。だからいいんだよ (そのままやっちゃって。独り言を呟きながら二つの死体を装甲車に乗せた)
        (ルプスとレイトくらいに若い首をへし折られた傭兵が座席に。男の方の脚を、踵を貫通させてその骨でアクセルに固定する) -- 処ス 2014-10-26 (日) 01:38:14

      • (ガラスをぶち破って最上部に突入とかっこよくはいかなく、突撃の勢いで格子をへし折り捻じ曲げ、できた隙間に身を押し込んでの登頂と相成った)
        (そこで光を超えるという名を持つ少女が対峙したのは光。人間が一人確かに。最初どこからか照明を当てられているように見えたその人間に目を瞬き近寄ると)
        (輝いているのは人間そのものだった。レイトよりも幼い顔は光の中で驚いた表情を浮かべている。が、特に逃げ出そうという動きも無く立ち尽くしている)
        (満月のような美しく怖気立つ光をまとって) -- 2014-10-26 (日) 01:38:23
      • (頭が軋む、想い出と現実を同時に苛むようにズキズキと激痛を訴えかけながら)
        『このままじゃまずい、ジャアドウスル?逃げよう、いやまだ駄目だ!ナラドウスル?殺される訳にはいかない、ジャア、コロスカ!』
        黙れってんだよ、こんちくしょうがっ!(怒号を発しながら、父親に叩き込まれた技術のうち合気道と空手を使って)
        (銃口を突き付ける相手の男の手をねじるだけで屈強な男は宙を舞い、そこに何本か肋骨が折れる音を聞きながら蹴りを叩きこんで)
        …姉御、ならオレは…殺さず、逃げず、生き残る選択を選ぶぜ…(しかしそれは叶わぬ夢かもしれない、半人狼状態で満身創痍、相手はまだ複数で)
        (一方で眩しいほどの人が放つ月明かりに照らされて、レイトにも見えるだろうか?眼科に広がる幼馴染の窮地を、死地を) -- ルプス 2014-10-26 (日) 02:07:58
      • んぎぎぎぎぎ……(無理やり体をねじ込み目的の部屋に果たして侵入 そこに満ちる光にあっけに取られる)
        (その光の出処が一人の少女であることに息を飲むが、もはや躊躇う余地は無い 急いで声を上げる)
        五秒で決めて。付いてくるか攫われるか Yes or No!?(選択の暇も選択を与える暇も無い 至極簡潔な要求を突きつける 返答次第で丁重に扱うか否か 連れて帰らないという選択肢はどこにもない) -- レイト(強) 2014-10-26 (日) 02:15:59
      • (空にかかる新月手前の細く絞られた月は、まるで半分しか種の祝福を持って生まれなかったルプスを見限って閉じられる眼のようだ)
        (ただ、そこから涙の雫となってなけなしの月光が地上に降ってきた・・・詩人が同席していればそんな風に謡ったかもしれない)
        (傷ついたルプス目掛けて、人の形で満月と同じ光量を放つそれが飛んでくる。性格には斜めに落ちている、と言える)
        (幼馴染の少女に抱えられた謎の人間の輝きは、過去に経験したことの無いほどの月光量で、ルプスの心と体に宿る種の力を今夜浴びた銀弾の雨どころではない衝撃で呼びつける)
        (血管中に月光が流れるような。頭蓋骨が魂ごと穴を開けられて直に月光が注がれるような) -- 2014-10-26 (日) 22:38:39
      • (月の光は塔の頂上から流星の如く、しかし燃え尽きることなく振り注いでくる)
        (その光の中には少女が二人 光の源である少女 月光症候群をその身に宿した そしてもう一人は)
        Here's a Delivered Moonlight Girl Service!! Yaa-haaaaaaaa-!!(その少女を抱えた幼馴染 レイトレイザー 塔から真っ逆さまに落ち……否、それよりも更に早い)
        (もはや塔内を滑り降りるとしても時間が惜しい ならばと塔の壁面を滑り降りることで電磁の加速のみならず重力加速度を加え、最速での到着を試みたのだ)
        (相当に危険を伴うダイブ 少女には目と口をしっかり閉じさせ、自身も目を保護するゴーグルを装着 そうでもなければ着地を仕損じる) -- レイト(強) 2014-10-26 (日) 23:06:46
      • (血が騒ぐ、まるで満月の日の夜のよう、だがそんな事はありえない。空には皮肉った笑みのように、今目の前で殺そうとする男のような口の形の月が浮かんでいて)
        (しかし、男たちがざわつき見上げるのに釣られて思わず天を仰いでみれば、月明かりが漏れ注いでいて)
        (さらに、ダイブしてくる幼馴染、そして謎の月明かりを発している人間を見て、場違いな苦笑を漏らして)
        …はっ(やりやがったな、一つはレイトが成し遂げた事に対しての賞賛、そして何故ここに自分をよこしたかを理解しながら)
        なら、誘いに乗るぜ姉御…何より、あいつを無事に逃がすのが…オレの仕事、だろう?(普段なら目をそむけしないような満月にも似た光を直視して)
        アォォォォォォン!!!(見上げていた男たちは揺さぶられる、肌で感じるほどの空気の振動に、そして生きるものとしての恐怖を感じる雄叫びに)
        (男たちが目を下せば、既に臨戦態勢の四つん這いにも前傾姿勢で構えを取る、上半身が狼男のようになった存在がいて) -- ルプス 2014-10-26 (日) 23:17:26
      • (現れた人狼にとっさに向けた銃は手首ごと千切れあらぬ方へ飛んでいった。絶叫の為に開かれた口に拳がはまり込みそれすら許されない)
        (聖銀の侵食に細胞の再生能力が拮抗、そして攻勢に転じ始める)
        (形勢も逆転に傾いた、再々度の逆転は残り少ない銀の弾丸と、人の皮と一緒にダメージをも脱ぎ捨てたかのようなルプスの動きにかかっては厳しい)
        (それでも警備員達は最後まで組織立って動き、少し引いた所に防衛線を敷いて人狼への衝撃から立ち直ろうとしている)
        (中には地上から丸見えのレイト達を銃撃する者もいるが、あの速度の的に致命傷を当てるのは多少腕があっても難しかった) -- 2014-10-26 (日) 23:44:52

      • (敷地の外からでもわかる輝き、身を這い上がる昂ぶり) やったかっ
        後はここまで戻ってくるだけだぞ〜・・・興奮して忘れてないだろうな。舞い上がっちゃってるとなー、つい頭にあった目的とかぶっ飛んじゃうからなー (自分の事だ)
        (こちらの準備は出来ている。燃料をぶちまけた死体を乗せた装甲車。破壊したホバーボードも積んであり、いつでも出せる)
        (本来死体をしまうボディバッグをくるくる回しながらひたすら待ちに徹する) -- 処ス 2014-10-26 (日) 23:45:18
      • (地上まで20mの時点で塔から真横へ目掛け飛び出す 急激に下に向いた落下エネルギーのベクトルは真上へ逆らうのではなく横へいなさなければならない)
        (とは言えこの手のランディングも慣れたもの、落下の勢いを前進するベクトルに変え、大きく敷地を離れるほどの旋回を決めて無事着陸)
        (処スの車の横を通り過ぎる際、少女を可能な限り優しくトスして処スへ引き渡す 己はまだやるべきことが残っていると、塔に目掛け疾走)
        (残る警備員の銃撃もあるが、狙いを付けさせる間もないほどの高速走行 顔の横を銃弾がかすめる程度)
        真面目に狙ってんのか、Slowpork!!(反撃の銃撃はやや荒いが、それでも確実に手足を捉える 同条件にも関わらず当ててみせるのは天性の動体視力と反射神経を持ってこそ) -- レイト(強) 2014-10-27 (月) 00:09:01
      • ご苦労さ (姫抱っこ受け取り) まー? あー・・・とっとと連れて来てよーう
        あいつそんな苦戦してんのかな・・・ (その辺は殺人など躊躇わない女と人であろうとする少年の認識差というか)
        ハイ君はこの中、とって食やしないからさ (頚動脈をそっと押さえてターゲットの意識を奪うとボディバッグに入れた。これで光は漏れない)
        (腕の中に満月を抱いた事がある者なんているだろうか。体の中の魔と獣の部分が意識の制御を失って皮膚から立ち上がりそうになった)
        素晴らしい (月光症候群患者・・・満月そのものとなった人間は、人造人狼にとっても抗いがたい影響力を放っているのがわかった)
        しっかし小僧が歩けないほど消耗してるとしたら面倒だなぁ・・・頼むよホント -- 処ス 2014-10-27 (月) 00:24:37
      • 『やりすぎだ、コレデイイ、死ぬかもしれない、カルベキダ、オレは人狼だ!ソウ、オレハジンロウ、狩ルモノダ』
        (頭の中では葛藤してるものの、体はまるで自分ではないように言う事を聞かずに、豆鉄砲のような貧弱な攻撃をする獲物を駆逐して)
        (あるものは両脚を砕き泣け叫ばせ、あるものはラリアットしながら壁に叩きつけ、あるものは頭を鷲掴むと盾にする必要もないのにあえて己の盾替わりにして)
        (もはや動物でもない、人間の動きでもない、人狼ならではの残虐性を持ったケモノとして暴れまわっていると、一匹生きのいい「獲物」が駆け回っていて)
        (その獲物を横取りしようとする雑魚を叩き伏せると、狼の口は醜く三日月のように歪み、何かに乗って動き回る「獲物」を見て) -- ルプス 2014-10-27 (月) 00:26:50
      • うげ、スプラッタ……(塔の中に戻ってみれば惨憺たる光景 転がる死体には爪の傷 何が起きているかは一目に瞭然だった)
        (死体の量は次第に増え、うず高く積み上がる一室へエントリーすれば)……マジかよ(もはや完全に人狼と化したルプスの姿)
        (抵抗を続ける最後の一人が叩き潰され、その爪と牙はこちらへ向く 総毛立つ感覚に身を震わせるが、覚悟は決まっていたこと)
        (止めねばならない。絶対に殺さず、しかし最悪傷つけてでも 最後は皆で笑って帰らなければ)
        (依頼を受けると決めた時から、「最悪の事態」は二つ予想していた だからこその装備を取り出す ハンドガンのマガジンをアンロード そして別のマガジンをリロードする)
        (最初の「最悪の事態」は)ルプス兄、綱引きしようぜ(自身がリニアボードの制御を失っての墜落ないしは衝突 それに備えるのはワイヤーガン)
        (ルプスの周囲を旋回しながら発射し、巻きつけることを狙う 炭素繊維を幾重にも纏めたワイヤーは人狼を持ってしても千切るのは手間だろう そしてもう一つは)
        ……ハンデはもらうけどっ!!(発砲される弾丸 その弾頭は法儀を済ませた純銀の弾丸 奇しくも警備員たちのそれと同じ ルプスの両膝目掛け撃ち、踏ん張りを効かさせないよう狙う) -- レイト(強) 2014-10-27 (月) 00:49:17
      • (地面に叩き伏せられた男たちはいずれも痛みや恐怖でうめくか、あるいは気絶したものだけで立ち向かうものは消え失せて)
        (人狼はなんとも面白そうでいて覚悟を持った瞳をした「獲物」を見て、血に濡れた爪をギチギチと嬉しそうに鳴らしながら)
        (相手の出方をまず窺ってみれば、なんと「獲物」はこちらに縄のようなものを巻きつけてきて)
        (それを避けることも可能だったが、むしろこちらから右腕に巻きつけるようにしてると、膝に痛みが走って)
        (さきほどよりも強い痛み、流石に顔を顰めるが膝を折る事はなく、「獲物」を一瞥すると右腕を力一杯に引っ張って)
        (千切る気はない、相手が縄をかけたのなら、こちらが身動きがとりにくくなったのなら…獲物から思い切り引っ張りこんで胸元に飛び込ませようと) -- ルプス 2014-10-27 (月) 01:01:41
      • (作戦は概ね成功、しかし問題はここから 人狼と化したルプスを無理矢理に引っ張り回さなければならない)
        Geez……!(しかし膝への射撃は致命打にはなり得なかった この状態で引き合いをするのは不安が残る)
        (そう、まだ不安で住む ワイヤーガンをボードへ接続、そのままボードの出力で引きずり回す まだフルスロットルで引っ張り合いをしても、車に戻るだけのバッテリーの余裕は十分ある が、)
        (無慈悲に振られた人狼に右腕に)What a Fuck……!?(ボードごと引き寄せられ驚愕に目を開く)
        (死の線が見える 人狼の爪が走り、己の血をぶち撒ける赤い線が 鈍化した時間感覚は残酷な未来を告げる)
        (しかして)セーフティは、まだあるんだよッ!!(ボードの表側に手を伸ばし、指を走らせる 緊急用の防護モード)
        (それはリニアボードの反発の電磁波を防護壁として張る電磁障壁 機動力を殺してでも命を守る最後の手段)
        (バッテリーを大いに目減りさせることになるが、止むを得ない それでもまだ最後の綱引きに応じる余力はある) -- レイト(強) 2014-10-27 (月) 01:21:41
      • (作戦と言うのは、弱い相手がするものだ。小細工と言うのは弱い相手がする手段だ、人狼にはそんなものは必要なくて)
        グルルルル…(哀れな子羊のような「獲物」が驚愕する様子に、喉を鳴らすようにして唸りながら左手は獲物を血祭りに上げるのを今かと待ちわびて)
        (そして何か喚いている「獲物」など気にせずに、最後一気に引っ張り込んで切り刻もうとしたところで何かよく分からないものが左手を阻み)
        ガァァッ!(それでもなお左手は止まらずに、何か阻むものごと切り裂こうとしていたところで、急激に左腕が跳ねあげられて)
        (よく見れば、人狼の右腕、それが自らの左腕を妨害するように爪を立てていて)// -- ルプス 2014-10-27 (月) 01:35:00
      • (一度は防ぐ障壁も、決して長く持ちそうはない ましてバッテリー切れも間近 絶体絶命か)
        (その折、人狼の腕に突き立つ爪 それは人狼本人の爪 理性が最後の壁となって食い止めたか 何にしてもこれは最後のチャンス)
        ちっと痛いかもしんないけど、寝かしつけてやるかんな、ルプス兄……!(人狼が己自身で拮抗を作り出している内に電磁障壁を解除 続いて一度リニアボードを足から外し、ルプスの頭の後ろ側へ軽く投げる)
        (引き寄せられた勢いはまだ生きている そのまま足を思い切り伸ばし、ルプスの首元を狙う)
        (TVで見たきりの、しかも半分大道芸めいた技 決めきる自信はない しかし今のルプスから意識を奪うだけの威力を出せる攻撃も他にない) -- レイト(強) 2014-10-27 (月) 22:38:50
      • ギギギギッ!(目の前に「獲物」がもう爪が届くところにいると言うのに、それが自ら自身の手で遠ざけられて)
        『ジャマスルナ、させるかよ、スベテカルノダ、そうはいくか、ナゼジャマヲスル、んなもん…あいつが大事な妹分だからに決まってるだろうが!』
        (そうやって理性と本能がせめぎ合ってる中で繰り出された一撃、おそらくそれは成人男性でも気絶させうる一撃が見事にヒットして)
        (一瞬ぐらり、と倒れるように見えた…が、ザリッと踏みとどまり、そして笑みを浮かべてレイトを見るが、先ほどのような残虐なものではなく陽の匂いがするもので)
        よくやった、レイト…いい一撃だ…よし、逃げるぞ…帰る…まで、が…(狼の顔の笑顔で、狼の大きな手でレイトの頭を撫でてから足を進めようとして倒れて)
        (レイトの一撃、と言うより今までの無理、そして急激な人狼化による負担がついに限界を迎えて) -- ルプス 2014-10-27 (月) 22:49:54
      • だっ、とぉっ!?(挟みこんでの一撃はなんとか衝撃を通す も、空中制御の術を自ら投げ捨てたが故に)があっ!……ってぇー(そのまま床へ墜落 尻餅で済んだのは幸いか)
        ……とにかくだ、これで何もかも一件落着、と(血生臭い惨劇もあった 薄皮一枚まで迫った死の危機もあった それでも最後は皆で揃って帰れる これ以上のことはない)
        (その安心からか、ついに緊張の糸が切れ)つ、疲れたぁ…… もう今日は戦うのイヤ……(元の弱気へ落ち込む)
        ルプス兄さんを連れて帰らないと……よい、しょっと(体育会系女子だけあり、ルプスを担いでみせるが)
        おーもーいー……(ほぼ生まれたての子鹿状態でリニアボードに搭乗 バッテリーもバテバテ、過積載のそれは自転車のほうが早い程度の速度しか出ず、処スの車に戻るまで相当かかったという) -- レイト(強→弱) 2014-10-27 (月) 23:06:09
      • おーそーいー (労いより先に無慈悲な一言。てろてろのホバーボード+2人を抱きとめると、準備していた装甲車を動かす)
        (帰りも乗っていくんじゃないの!?というレイトの絶望的な疲れ顔にゼリー状の戦闘糧食を咥えさせてやってから)
        完全に騙せるわけじゃないけど初動捜査は遅らせられるよ、そしてそれで充分さね
        (装甲車は一行とは逆の方向に、死体の足を突き刺したアクセルのままに進んでいく。やがて火の手が上がり若い男女二つの焼死体が出来上がるのだ)
        使いなー、こっちもあんま残ってないけど (自分のボードの使いかけのバッテリーをレイトのボードに使わせて、もうボードに寝てろと休ませる)
        紐付けてちゃんと連れてくからさー。それにしても派手に蜂の巣になったなこいつ・・・帰りは二人でターゲットとレイちゃん運ぶつもりだったのに
        しゃーなしだな (死体袋と死体みたいなルプスを担ぐと走って帰ると言う) 家に帰るまでがピクニックだにょん
        いやあ二人ともお疲れさん、ご苦労さん、よくぞ自分たちで切り抜けたね、とっても偉いよ、私も嬉しい。帰ったらもっとほめたげる
        (マラソンのゴールドメダリストのような走りが始まった) あ、ボードやっぱ新しいの買うわ、その場でリミッター外してちょ
        (彼方の焼ける車の中の女の死体の傍らで、処スのボードも炙られ廃品になっていった) -- 処ス 2014-10-27 (月) 23:28:55
  • (装甲車。夜の11時を回ってルプスの前に横付けされたるはどこから見ても装甲車。運転席に女、助手席にはバスケットが乗ってる。お弁当?)
    おまたしあ。じゃあ行こか? -- 処ス 2014-10-24 (金) 21:31:27
    • …何でこの車なんだ、のっけから嫌な予感しかしないんだが? あぁ、本当にお弁当持ってきたんだな(今日は最初から耳尻尾モードで)
      いや、まだだ。馴染みの子でレイトって子を呼んだからその子が来てからだな…そんなに遅くならないはずだが -- ルプス 2014-10-24 (金) 22:16:27
      • おっけーまだ時間は大丈夫さ。レイフリのとこの一人娘か、いい人選だ (あそこのボード持ってる)
        まめしー、今夜は月は細い細い三日月だけど平気かい? -- 処ス 2014-10-24 (金) 22:28:23
      • お、おまたせっ……(息を切らし気味に駆けつけて来てみれば、人さらいとしてもいささか物騒な装甲車)
        What a……え、これで行くの?(ぽかんと見上げるばかり 装備はむしろ普段の冒険よりも重武装な位だが) -- レイト(弱) 2014-10-24 (金) 22:28:30
      • なんだ、処スの姉御も知ってるのか…本人と面識があるからともかくとして
        あー、まぁ完全な状態にはなりにくいが…それでもなんとかなるだろ、奥の手もあるしな…っと来た来た
        あぁ、これで行くみたいだ…バニーじゃないんだな?(ちょっとだけ残念そうに言いながら) -- ルプス 2014-10-24 (金) 22:33:32
      • 何言ってんだお前は。オヤジに似てきたんじゃないか (バニー発言に色を知る年かって顔して、さて)
        で。出る前に確認しときたいんだけどさ (シリアス顔からの) 付き合ってんの? (左右に指差し) -- 処ス 2014-10-24 (金) 22:37:08
      • あ、うちの製品持ってるんだ。お世話になってます(ペコリと挨拶 大人しい時は礼儀もそこそこ正しい)
        えーっと……私より遅い人は嫌かな、って(あくまでも速度最善主義 決着がついたわけでは無いのでうやむやだが) -- レイト(弱) 2014-10-24 (金) 22:51:45
      • あ、いえどーもこちらこそ (大丈夫かねこのお嬢さん・・・でも装備はガッツリ持ってきてんな。ふむー)
        フラレてやんのプキキ (大人げなし) さー乗った乗った2時間くらいだから互いの距離を縮める会話はいっぱいできるよー -- 処ス 2014-10-24 (金) 22:55:53
      • …それなんか嫌だな いや、オヤジみたいに強くなりたくはあるけど…(大体セクハラ面ではなりたくなかったので)
        あぁ、なんだ?…はぁっ?(何言ってんだこの人って顔をしながら) ないない、第一レイトはそんな気0だろうしな(苦笑しながら手を振って)
        あ、でもオレはまだまだ早いぞ?満月の時に勝負すれば分かるかもだが -- ルプス 2014-10-24 (金) 22:57:34
      • 告ってもないから振られたうちに入るか! ったく、こういう姉御なんだ。悪い人じゃないんだけどな(乗りながらレイトに向かって苦笑して) -- ルプス 2014-10-24 (金) 22:59:01
      • いつか全力で勝負してみたいところだね。魔改造もまだまだ進んでるし(表情こそ穏やかだがその瞬間だけ瞳に危険な輝きが宿る 完全にスピードに取り憑かれている)
        うん、なんていうか愉快な人というか。それじゃ、お邪魔します(銃火器の類、そしてカスタム仕様のリニアボードを担いで車へ乗り込む 発明品は信頼性の高い一部以外は持ってきていない) -- レイト(弱) 2014-10-24 (金) 23:05:09
      • 悪い人でもあるし、善い人でもあるの。いい女は適度にずるい女であるのがコツ (窓無いので車内に照明あり。三人だと広め)
        。(狼耳には囁きでも聞こえてしまうのでレイトの袖をそっと引いて小さいメモを見せる)
        『今夜ルプスに過去最高の変身が起きるけどその時は慌てず騒がずターゲットとルプスを連れて速やかに脱出すること』
        (聞き返しを挟ませずウィンクしてメモをくしゃりと握り潰し)
        風が欲しかったら上のハッチ開けていいよー (ガロロロロと重々しくも力強く装甲車は走り始めた)

        (道中の各々の好き勝手などうでもいい話)
        マジで!? 店頭まで持ってったらのリミッターただで外してくれる!? (車内に響く音に負けないほど叫んでる) うあーマジかーやっだ絶対持ってくわー
        ねーねー私のおねえちゃんユマ社の社員なんだけどさー、おうちって技術提携とかしてみる気ってなーいー? -- 処ス 2014-10-24 (金) 23:13:45
      • (メモを見せられゴクリと唾を飲み込むも、了解と視線だけで伝える 「最悪の事態」を想定した装備はこちらも用意している)
        お兄ちゃんにいじらせないほうがいいですよ?基本別物になって帰ってくるから……(彼女の兄は冷蔵庫を修理させると人工冬眠装置にして返してくるような男である)
        技術提携……できるのかなぁ、うち技術体系シッチャカメッチャカだから(出来たら出来たで悍ましい発明が出来かねない、と怖気を覚え) -- レイト(弱) 2014-10-24 (金) 23:22:06
      • 何だそのいい女の基準…ずるくないか?あぁ、ずるいのでいいのか…よく分からないな…
        ふわぁ…今日は月もしょっぱいからいつもより眠いな…(窓の外を見ていたので、そのやり取りには気づかなくて)
        ん?…なんだ? あぁ、別にそこまでじゃないが(紙を握りつぶす音は聞こえてもそれほど気にしなくて、ハッチを見上げて言いながら)

        あんまり迷惑かけるなよ、姉御… それにレイトも、適当に断ってもいいからな?姉御は何しでかすか分からないんだからな(苦笑しながら話を聞いて) -- ルプス 2014-10-24 (金) 23:24:57
      • ちょっとー男子ー、未だに素手で獲物取ってるローテク猟師は引っ込んでてくださいー
        何が出来るか完成してからのお楽しみとかちょー面白いんですけどー。ねぇねぇお兄さんと私が付き合うのって嫌?
        オラでか柴! うまいか! 寝てんのか! お弁当うまいか! パニーニおいしいかよかったな! 私が直々に買ってきたやつって聞いたらなおさらおいしく感じるよね!
        え? 私料理とかしないから。いやー食事はプロ任せに限るわあ

        (一時間以上走らせた頃、そのまま紙と口頭で作戦概要が伝えられる)
        (敷地は300屬曚鼻新旧の建築が交じり合い、街を一箇所に圧縮したような高低さと猥雑さがある事。やや北寄りの中央の塔が一番高くて最上階にターゲットがいる事)
        軍・警察・憲兵の類は無し、外はゲリラ崩れの地元の傭兵、予想される武装はナイフやロングソードと小銃
        内部は民間の警備会社、こちらの武装は警棒にスタングレネードと拳銃程度だけど威嚇せず即撃ってくると思って
        魔法使いの類はいないと見ていい
        ターゲットは塔最上階、世にも希少な人間一人。レイちゃんのボードは飛ぶのはちと無理でも空気抵抗や屋根とか、目標に向かって落ちるくらいは出来るっしょ? 創意工夫でがんばってね
        なお撤退は現場判断で許可。ん? 聞こえなかった? 撤退は現場判断で許ー可ー。自分には無理だと思ったら戻ってきなってことさ -- 処ス 2014-10-24 (金) 23:53:57
      • 今はちゃんと弓使ってるっての!それもローテク?音も最少だししけらないし自然のもので自作出来るからサバイバル向きなんだぞ!?
        デカ柴言うなっての!あぁ、そこそこ美味いな…のり弁だけどな… って何を言いだすんだ!バニーは良かったが!…それは微妙なところだな
        というかテンション高ぇな姉御!あーもう、こっちは三日月でテンションいつもより低いってのに!

        …んで、ここが目的地か。案外そんなに広くないな…スニーキングしようにもちょっと難儀だな、広い方が楽なんだが…まぁ遮蔽物は多いが
        武装は刃物はともかく小銃か…魔法使いいないのはいいが…レイト、大丈夫か?(こっちはともかく、生身の人間だけに心配そうにしながら)
        これは作戦練らないとかなり危険だな…ん?あぁ、そりゃ助かる。姉御の判断よりは、現場の方が何かといい…んで、レイトは何か案あるか?(まずはレイトから聞いて) -- ルプス 2014-10-25 (土) 00:06:07
      • 素手で獲物取れるってむしろすごいと思うけど……(ハンターのくせにハントはほとんどしていない)
        えーっと、どうなんだろう……(そもそもあの発明○○○○が恋愛感情とか抱くのだろうかと不安に)
        あ、これ市販品だったんだ……(パニーニもしゃりつつブリーフィングを受ける 誘拐の類であると聞いていた以上揉め事は間違いなくあると予想していた)
        うん、割りと大丈夫かも知れない ジャンプ台になるものがあれば空も飛べるかも(遮蔽物や凹凸の多い町中の戦闘は得手中の得手)
        希少な人間……人狼よりもってこと?どんな人なんだろう…… 引き際ぐらいは見極めろってことですか。大丈夫だと思う(引き際の見極めぐらいは普段の冒険でもしっかりしているつもり、と) -- レイト(弱) 2014-10-25 (土) 00:10:35
      • うーんと……最終手段としての案はある。内から入れないなら外から入っちゃえばいいって
        私のボードは壁も登っていけるし、ルプス兄さんもある程度は平気でしょ?向こうは普通の人間だろうし壁登りなんてしんどいと思う
        ……あくまでこんなの最終手段ね。普通に行ったほうが楽だと思う(バッテリーに余裕はあるが、それでも途中で切れて真っ逆さまと言うのは考えたくない) -- レイト(弱) 2014-10-25 (土) 00:14:31
      • (侵入するまで二人で続けてもいいのか?) -- ルプス 2014-10-25 (土) 00:18:02
      • //(状況話していきます)
        人狼どころかあらゆる。おっと (会ってからのお楽しみだよと声を切った)
        いやいやそんな偉そうなアレでなくね。私としては奪取してきてくれるに越した事はないけど実際見て無理です死にますってんならしょうがないさあ
        そういう優しさからの言葉なのにこのババアつかえないから見たいに言うんだよ柴犬みたいだったこの男は (ルプスの胸を拳で小突いた)
        レイちゃん案外肝座ってんのね、いい子じゃないか守っておやり (ルプスの胸をまた小突いた) じゃ、グッドラック

        (二人が潜むのに月が細いのは幸いだ。見張り達は銃を下げているが焚いてる明かりの元で周りからは逆に丸見えだ)
        (装甲車を降りた二人が茂みや岩の荒野を進んで行くと見えてきたのは5mほどの壁か、見張り付きのドアか) -- 処ス 2014-10-25 (土) 00:23:17
      • 壁は上っていけるのは知ってるが…あの高さまで登っていけるのか?そりゃ凄いな…あぁ、オレも駆けあがれるし、壁も爪立てれば普通に上れるな
        だが、上ってる途中で小銃で撃ちまくられたら流石に厳しくないか?オレはまだ撃たれてもそうそう死にはしないが…(レイトが心配で)
        まぁ、まずは見つからずに潜入、そしてそこからもし見つかったら…オレが囮になるから、レイトがターゲットを確保にいく、ってのはどうだ?逆をするには、流石に厳しいだろうからな…まぁ、見つからずにいけるに越したことはないが
        …いや、使えないじゃなくて面白いからちょっと無理させる可能性はあるだろ?姉御の場合はさ…まぁ、今回はレイトもいるからそんな無茶はさせないとは思うが
        あぁ、オレの自慢の妹分だからな(自慢するように笑顔で言いながら、レイトの頭を撫でて)

        さてと…馬鹿正直にドアに行くのもな、これくらいの壁なら…そういえば、そのボードの音は大丈夫なのか?(軽く壁を手とジャンプを使って乗り越えようとして、まず先に聞いて) -- ルプス 2014-10-25 (土) 00:28:14
      • 冒険にも出てるし、それなりの備えはあるよ(ジャケットを捲ってみせれば防弾・防刃のチョッキ 軽いダメージなら恐れる必要もない)
        逃げまわるのに徹すれば私でも囮は結構出来ると思うけど。最悪の場合、撒くのに使える装備もあるし(荷物にはフラッシュグレネードや煙幕の類も見て取れる)
        わふっ、が、頑張ります(弱気のうちは冒険に出ていると言っても信じられないほど大人しい ルプスに撫でられてやる気アピール)

        音は変なところに引っ掛けなきゃむしろしない方だよ。電磁波を探られるとすごくバレバレになるから、その手のテック使いや魔術師がいると困るんだけど、今回はそういうのはいなさそうでよかった
        (ハンドガンにサプレッサーを取り付け交戦準備も万端 見張りに見つからないよう壁から様子を伺っている) -- レイト(弱) 2014-10-25 (土) 00:43:45
      • (ドアを通るとすると傭兵との交戦は避けられそうにない。壁の方ものんびり登っていると見つかる可能性は非常に高そうだ)
        (そして外からは見えないが壁とドアの向こうの敷地内に今まさに警備が一人通りがかっている。遭遇時には一瞬の判断と迷い無い動きが必要になってくる)
        (そうこうしてると交代員らしい傭兵がやってきた。ドアの前に人数は増えたが2、3会話を交わしていて注意はそれる) -- 2014-10-25 (土) 00:51:23
      • よし、それじゃ問題ないな…おっ、都合よく交代か…(ドアが開いて出てきた所を見つけて)
        …今だ!(跳躍で軽く3m以上、そこから壁の僅かな出っ張りに手をかけてそのまま壁を乗り越えて)
        …それで、いるのか分かってたぞ…っと(狼の耳と鼻は伊達ではなく、背後に降り立つと同時に首筋めがけて手刀で)
        (相手が歴戦級の冒険者でもない限りは成功する自信はあって) -- ルプス 2014-10-25 (土) 01:02:27
      • (傭兵のジョークで起きた低い笑いが鈍く重い音と重なって状況は"依然異常なし"を保った。警備が次に目覚めるのは失態を責められる時になる)
        (倒れている警備の装備は銃、警棒・・・照明は落ちて壊れてしまったが、おや、スタンガンまで持っていた)
        //明日につづく! -- 2014-10-25 (土) 01:08:28
      • ん、それじゃGood Luck(ルプスの高い跳躍を見届け、自分も続いてリニアボードに搭乗 壁に目掛け疾走し登る勢いを利用し飛翔)
        (飛ぶ先は先ほど確認した見張りの視線を縫い、別の物陰 空を飛ぶ急加速にテンションが上がり大声を上げそうになるが、今回は普段の冒険とは違い潜入任務 ぐっと堪える)
        さぁて、正面突破のが楽か、無理やり登んのが楽か……(いくらリニアボードでもこの高さの塔を悠長に登っていてはいられない できれば内部から攻めたいが、と銃片手に様子見) -- レイト(弱→強) 2014-10-25 (土) 01:10:33
  • 青春の香りがする…あちこちから青春の香りが…ああーーーー!(遊びに来て開幕頭を抱える) -- ジュゼッペ 2014-10-18 (土) 00:46:02
    • …何気持ち悪い感じで身悶えてるんだジュゼッペ兄… …病院なら隣の通りにあるぞ(冷たく言いながら)
      といってもバレンタインの事なら1個だけだぞ?しかも完璧な義理なのが(ボリボリ食べて) -- ルプス 2014-10-18 (土) 00:48:24
      • 安心なさい、こればかりは草津の湯でも治せないから(じゃあ私からはこれあげるとキャラメルで固めたナッツクッキーを差し出す)
        アタシぐらいの歳になると明るい青春を見ると昔を思い出しちゃうのよ…薄暗い部屋で本を読んでニヤニヤしていた十代を… -- ジュゼッペ 2014-10-18 (土) 00:53:00
      • そうか…でもクサツってどこにあるんだろうな… 温泉自体はこの街にもいくつかあるけどさ(一応サンキューと貰って)
        そういうものか? …あー、まぁそういう青春もありなんじゃないか(ボリボリと食べて)
        それを言ったらオレなんて15から20まで男くさい修行の日々だったしな… -- ルプス 2014-10-18 (土) 00:57:57
      • さあ…東国の方にあるとは聞いた事あるけれど、温泉いいわねぇ…最近本読みすぎだし暫くとっぷり浸かろうかしら
        (ルプスが食べている様子を眺める、特に味に問題は無いが渡したクッキーに気になる点はあったようだ)
        そう…それならここから5年間が勝負のしどころね、アタシはその期間に外国でやらかして親に家に連れて帰られたわ -- ジュゼッペ 2014-10-18 (土) 01:03:58
      • いいなー…温泉…春の温泉でもいいかもだな 去年は普通に花見をしたし、今年は花見温泉ってのもありかもしれない
        …ん?どうしたんだ? あぁ、普通に美味しいぞ。特にナッツの歯ごたえはオレは好きだし
        25までかー…それまでに相手が見つかってないと流石に寂しいしな …というかジュゼッペ兄何したんだいったい…
        あぁ、そうそう。ロンメルがなんだか魔王とかに興味があるとかで、ジュゼッペ兄のギルドの爺様魔王のこと紹介しといた。またいずれ行くかもだなー -- ルプス 2014-10-18 (土) 01:10:54
      • いいわねーお酒片手だと尚いいわ、夏も素敵ね…日がな一日汗ばんだら入って軽い服に着替えたら涼しいとこで横になるの
        良かった、砂糖と一緒に別の甘味料も使ってるんだけどアタシがOKでも他の人には不味く感じるかもとちょっと気になってたのよね、絹の粉使ってるのよ
        悪の魔術師!(両手を肩よりちょっと高く上げた悪の魔術師っぽいポーズ)あらロンメルちゃんが?あの子中間管理職体質だものねえ…生真面目に挨拶に来るのかしら
        承ったわ、それじゃ伝えてくるわねー(そう言ってひらひらと手を振りつつ帰っていった) -- ジュゼッペ 2014-10-18 (土) 01:22:17
  • qst085605.jpg
    バレンタイン!ってことでチョコを投げつける!
    なんだっけ、お金をくれたらいたずらするぞ♥っていうんだっけバレンタインって。 -- 東千葉 2014-10-17 (金) 22:01:33
    • 投げつけ!?…いや、こんなしっかり飾られたものを投げられて壊れたら勿体ないだろ!?
      …マジか! いや、そうじゃない。意味も違ってるしそういう仕事は辞めた方がいいと前も言っただろ?
      正確には、お菓子くれなきゃ悪戯するぞ!だし、それに仮装しないと駄目だろ?オレとしてはバニーがお勧めだが -- ルプス 2014-10-17 (金) 23:22:08
      • え、それはハロウィンじゃないですか。
        (とても冷静な様子である) -- 東千葉 2014-10-17 (金) 23:25:57
      • そっちからボケてるのにノリで返したらそんな突っ込みだと!?
        あー、まぁ何にせよバレンタインは嬉しい。ちょう嬉しい なのでサンキュー、ユキヨ!あぁ、お返しは今すぐでも出来るがどうする? -- ルプス 2014-10-17 (金) 23:29:01
      • ほう、一ヶ月またにずにですかー?まぁバレンタインってもともとプレゼントを贈り合う行事だっていうし
        あとで忘れなさそうだしいいかな。 -- 東千葉 2014-10-17 (金) 23:40:24
      • まぁホワイトデーに返すのもいいんだが…(明日はもう春になってるからなーとメタ的に考えて)
        とはいえ普通にマシュマロ返すのもな… 1、シュウマイ弁当奢る 2、犬ぞり体験させる 3、マシュマロでいいよ さぁ、どれだ! -- ルプス 2014-10-17 (金) 23:46:57
      • 1番! -- 東千葉 2014-10-17 (金) 23:58:25
      • 迷いもなく一番を選びやがった!ロマンチックさも欠片もないな!(何故かがっくりしながら)
        まぁいいか、本人が喜ぶお返しが一番だしな。よっしゃほか弁にいくかー(歩き始めて) -- ルプス 2014-10-18 (土) 00:01:07
      • まぁ私なら1番かなぁって、期待を裏切れない女です。うふふ。
        (そしてふつーにお弁当おごってもらった東千葉さんであった) -- 東千葉 2014-10-18 (土) 00:22:44
  • はろー、怪物退治やってるー? -- サヨリ 2014-10-14 (火) 22:13:18
    • あ、姉御!こんなところまでようこそ!ささ、汚いところでやすが入んなさってぇ!(中腰で手だけ横に動かして、昔からではなくてただの思いつきのノリで) -- ルプス 2014-10-14 (火) 22:35:57
      • うん、くるしゅうない…いやどこのOEDO人なのアナタ!? (ブーツを脱がさせながら) -- サヨリ 2014-10-14 (火) 22:56:15
      • そう言いながらやらせてる姉御も姉御だよね… あと、怪物退治はまぁまぁってところだなー…一応はまだやられてない
        ところでなんかモミ姉さんがやけに凄い恰好してたって噂が流れてるけどなんでまた…? -- ルプス 2014-10-14 (火) 23:50:59
      • ああーあれ?変身のことかな? だいぶ前から出来てたけど、たまにしかならないみたいだからね。 知らない人びっくりするよね
        最近はずいぶんもふもふする様にもなったよ、抜け毛すごいからお家には入れさせないけど -- サヨリ 2014-10-14 (火) 23:56:37
      • なんだ、じゃあオレと同じようなものか… 良かった、てっきり知らない間に闇堕ちしたのかと…
        …酷いな!? なんかオレも他人事じゃないんだけど!まぁ、普段からもこもこではないが… -- ルプス 2014-10-15 (水) 00:01:29
      • 人の迷惑にはならないようにって昔から口酸っぱく教えてきてるから、そういう心配はしてないけど
        悪魔のカッコのときはちょっとだけ物騒で悪どいからそういう意味では闇堕ちなのかもしれないし違うかもしれない? 
        もちろんルプスだってグルーミングあんまりサボってたら来ても玄関から先に入れないからね。 刈るよ -- サヨリ 2014-10-15 (水) 00:09:30
      • 姉御もそういうところはしっかりしてるからなー… いつみても何人もの母親には見えないけど、ただよくよく考えてみればそんな親ばっかりだここ!
        ヒィッ な、なんて恐ろしい…狼の毛を刈っても全然役に立たないと言うのに!それでも自慢のオレの毛なのに!
        まぁ、手入れはしないと自分の寝床も毛だらけになるからしてるつもりなんだけどな -- ルプス 2014-10-15 (水) 00:13:35
      • あんまり室内で毛巻き散らかされるとくしゃみとまんないし水槽とかに毛が浮くのー!
        自慢の毛をどーにかされたくなければお手入れはしっぱりやることね。 これはケモノのエチケットです -- サヨリ 2014-10-15 (水) 00:26:23
      • あぁ、姉御は毛とかでくしゃみが出るタイプなのか… 水槽?お風呂じゃなくてか?
        むぅ、なら仕方ないな。姉御の家に行くときは注意しよう あと今度行く時鹿肉とか持っていくから魚介類分けてくれないだろうか? -- ルプス 2014-10-15 (水) 00:33:05
      • お風呂もだし台所もだし、何よりうちは水槽が家具よりたくさんあるから魚が毛とか食べたら大変
        そろそろ冬毛の季節だから旦那のグルーミングもしなくちゃ…
        あら、殊勝なお取引するじゃん? ちゃんと社会のお勉強も出来てて安心した。 いいよ、好きなの取りにおいでー -- サヨリ 2014-10-15 (水) 00:40:46
      • あー、台所だと毛でつまりそうだもんな… 水槽そんなにあったのか…割と家の中入った事なかったけど
        オレもそんな事してくれる相手を見つけたいんだけどな… 物々交換は言葉や文化が違っても通じる交渉手段だからな…なんとも重宝するんだ
        あぁ、それじゃあまた今度行く時に! 多分春だろうけど -- ルプス 2014-10-15 (水) 00:43:47
  • (寒くなってきた或る日、例の時以来冒険やなんだかんだで顔会わす機会に恵まれなかったけど今日はそうでもなかったらしい)
    ……や、やあ(帽子マフラーコート手袋ブーツ。冬向けの重装備手前だがもこもこしていないのは見た目よりは軽装だからか、ともあれ片手を挙げてご挨拶)
    (記憶が飛んでいて自覚がないがまた自分が何かやらかして昏睡状態のルプスをギルメンが運んで行った程度しか知らないものの、気まずい。彼は覚悟の上で臨んできたとはいえ) -- ナンシー 2014-10-11 (土) 22:24:50
    • お、おぅ…あけましておめでとう、と言うべきか…(こちらもあの後の記憶はない上に何故か自室で寝かされていて)
      (思い切り吸い取られてから助けが入ったはずだが、その助けが本当にあったのか、どの時点であったのかは全く把握出来てなくて)
      (まさかしたなんてことはないはずだがと思ったりしていて)…その、元気そうで何よりだな!…体に異常はないか?(ありえないはずだが、まずお腹を見ながら聞いて) -- ルプス 2014-10-11 (土) 22:33:27
      • へ?あ、あ〜……うん、うん、そだね、おめでと(ぎこちなく受け応えしつつも視線はくるくるとよく動いてルプスを見。特に後遺症とかは無さそうか、多分)
        ……あぁ、それはうん、元気じゃない理由も無いし、異常がある理由も無いし(不思議な事を聞かれたので不思議そうにしながら)
        えー……っと、うん。でさ、何やったの私、あの時 -- ナンシー 2014-10-11 (土) 22:39:34
      • (なにか色々と見られてるのはなんだろうかとちょっと不安になりながら、しかし人狼は伊達でなくて数日気怠いくらいで済んで)
        …そ、そうか!それなら良かった!(ナンシーへの好意などはさておき、知らぬ間に何かあって結果が出たとあれば流石に動転するところで)
        …あー、それはやっぱり知りたいか… まぁ、オレもそれを教えるために二人で飲んだりはしたんだが
        …どこをどう話せばいいものか…あぁ、誰が助けにきてくれたとか、誰かに何か言われたりとかはしなかったか?(その辺りがあれば、話す基準にもなるだろと考えて) -- ルプス 2014-10-11 (土) 22:46:43
      • て言うか……むしろ心配される様な事態が……?(不安が少し顔に出る)
        そりゃあだって、今まで家族も身内も誰も教えてくれないんだもの。母様か姉様の誰かが箝口令でも敷いたのかってくらいだし……
        ……悩むような話なの?……まぁ、事前の打ち合わせ通りって感じに動いたらしいけど……(ギルドの一軍メンバーが動いた事は間違いない。とはいえ酔った状態のナンシーの有様については素面の時の彼女に教える勇気を誰も持ち合わせていなかった。家族らも結果を知るより知らぬまま原因を絶った方が彼女の為だろうと) -- ナンシー 2014-10-11 (土) 22:51:55
      • まぁ、どうやらなかったようだ なかったんならいいんだ…ナンシーも心配しなくていいぞ?
        …そうか、まぁああいうのは確かに言いにくいよな。親や身内なら特に…(妙に納得しながら)
        …まぁ、オブラートに例えて言うなら… 甘え上手になった猫、状態になるといった感じだったな…(顔をそらして言いながら)
        (詳しく言うのも憚られて、とりあえずはそれくらいなら大丈夫だろうと考えて) -- ルプス 2014-10-11 (土) 23:06:07
      • 何その……なんなの?……もぉ
        ……ちょっと。……納得してないでさ
        うん……。……?えっ、と……?(言われてみればよく考える風に片腕を組んで首を傾げ、顎に手を当てて)
        それは……つまり……?(脳が理解を拒んでいるのか若干硬い表情だ) -- ナンシー 2014-10-11 (土) 23:26:29
      • 待ってくれ、今オレなりに噛み砕いて説明するからな?不安になる気も分かるが
        …まぁ、そういう感じでだな…(うまく説明できたぞ!と言う顔だったが、ナンシーの反応に気付いて)
        …え?いや、だから言葉通りの意味なんだが…(あれ?マズったのか?と戸惑い始めて) -- ルプス 2014-10-11 (土) 23:34:20
      • だからその感じって言うのは……言葉通りの意味って……
        ごめん、もっとちゃんとぐたいてきにくわしく?(接近、ルプスの両肩に手を置き、表情はやはり硬く) -- ナンシー 2014-10-12 (日) 00:03:06
      • …い、いや!落ち着けナンシー! そんな酷くはなかったぞ!?こ、これは本当だ
        ただまぁ、距離が近いというか… 懐かれた感じなだけでな!別段何もしてないしされてないんだ!(抱きつかれたりはしたが、手は出してないし!と思いながら) -- ルプス 2014-10-12 (日) 00:11:42
      • 大丈夫よ大丈夫ルプス私は落ち着いてるから平気だから。……酷い?……そんなに?……え?
        ……うん、だからちゃんと教えてくれないと意味無いよね?……そういう何かオブラートっぽいの被せたのじゃなくて……はっきり、しっかり -- ナンシー 2014-10-12 (日) 00:24:34
      • 落ち着いてない奴ほどそういう事を言うんだよ!!  い、いやだから落ち着けと言うに!
        …ぐっ… これでお前の両親や身内に何か言われるかもしれないが…まぁ、そこらへんも分かった上だったろうか…まぁいい
        それなら言うぞ! 最初は普通にいつもより上機嫌だった!途中で暑いとかでボタンを少し外したりしだした!オレの反応を見て面白がって挑発したり抱きついたりした!のでオレはベルをならした!そしてドレインされた!以上だ! -- ルプス 2014-10-12 (日) 00:30:52
      • だーかーらー大丈夫だってば落ち着いてるってばもったいぶってると余計にルプスの言うとおりになるかも知れないんだからさぁほら早く早く
        うん。…………………………やはりか……!(呻くような声。既に大方察しが付いていたのだろう。ただもしかしたら違うかも知れないと希望的観測をしていたのだが無論打ち砕かれた)
        (ともかく羞恥から顔を耳まで真っ赤にし、ルプスの肩から手を離すとよろよろと後退る。わなわな震えているのは寒さからか或いは) -- ナンシー 2014-10-12 (日) 00:36:26
      • …やはりって事はナンシーの中で検討はついてたのか …まぁ、うなりたくなる気持ちもわかるが
        …ほら、まぁどうなるかもわかったしな? オレは気にしてないし酔った事だしな(気を使って励まそうとしながら)
        あれは、犬にかまれたとか思うと…いや、噛んだような事はしてないし、オレは犬じゃなくて狼でもあるんだが(だが口達者でないだけに何が言いたいのかさっぱりな内容になって) -- ルプス 2014-10-12 (日) 00:47:49
      • …………(ルプスの言葉が聞こえているのかいないのか)
        ……………………柔らかかった?(ともあれルプスの喋りが途切れた所にスッと問い掛けを差し込んだ。尚顔は真っ赤なままだが表情については些か読み取り難いものがある) -- ナンシー 2014-10-13 (月) 00:06:48
      • お、おーい?…ナンシーさん?聞いてます?(また妙な言葉づかいになりながら)
        …あー…まぁ、それは…かなり(ここで嘘をついて仕方がないし第一嘘が苦手な人狼青年なだけに) -- ルプス 2014-10-13 (月) 22:33:17
      • う…わ……っ(両手で顔を覆う)
        (肯定された。と言う事は少なくも感触を知っている訳で、そうなるとどこをどのようにと言う疑問が噴出するもののそれについて問う余裕はなく)
        ……しなえ
        記憶を失ええーッ!(両手を退かせば真っ赤なまま余裕ゼロな感じの顔、そして突撃)
        (精鋭妖術師が奇襲を仕掛けてきた訳だが行動目標はルプスの頭、そこを鷲掴みにして記憶とか吸うつもりなんだろうが流石にそれは出来ない。出来ないがやらねば気が済まない) -- ナンシー 2014-10-14 (火) 00:13:06
      • …あれ?…ナンシー、さん?(ちょっと予想外なリアクション、さらに間違ったかとちょっと焦りながら)
        …しなえ? ぐぉっ!?(例え人狼であっても、相手はレベルが二回り以上の差がある相手で、しかも気を抜いていたので掴まれて)
        ま、待て!?ナンシーお前にそんな能力あるはずががががっ!(掃除機で吸い取るようにドレインされて) -- ルプス 2014-10-14 (火) 00:23:44
      • うーるーさーぃいー!(めっちゃ吸った。吸いまくった。半泣きになりながら)
        …………むむむ(そうして再びルプスは昏倒するに至り、だがこちらも荒く息をつきつつ色々と思考の整理も進んできて)
        これはこれでまずい……(色んな意味で。済んだ事だし今後はお酒に気を付ければいいのだし、ともかくルプスを起こそうと言う訳で再び額に手を当て、膝枕を。単に接触面積が広ければ広いだけ良いというだけだが)
        そうよね、いくらなんでも酔ってる私相手にルプスが何かする訳ないし、助けを求められるまで手出し無用と言ってあるからって何かされるのをスルーする筈も無いし(自分を納得させるように好意的解釈をしつつ吸った分をルプスに戻しながら独り言)
        ……ん?(だが)…………んん?(ふと、彼はまず何を聞いてきたか。体に異常はないかと言わなかったか。昨日の今日ならアルコールがどうのこうのと言う事になるがそうでもなく、結構な間があったのに体の心配をするという事は心配するような事をしたからではないだろうか。つまりそれって)
        ど……どういう事よぉ!?(目を覚ましたルプスが目にしたのは相変わらず顔真っ赤で半泣きだけど膝枕をしてくれている幼馴染の姿と言う有様) -- ナンシー 2014-10-14 (火) 00:41:17
      • (流石の人狼であっても、魔王の娘のドレインをされ続ければ、頬もこけて痩せ細った姿になって)
        …お、おふくろ…おれ、大きくなっただろ…(プルプルと手を震わせながら、何かわたってはいけないものが見えてたりして)
        (しかし膝枕と言う起きていれば顔を赤くしながら喜んでいた事をされて、吸った分を返されて頬も顔色も少しずつ戻ってきて)
        …ん…夢をみた…お袋が、苦笑しながらまだ早いを追い返す夢を…って何がだ!?(ナンシーの声を聞きながら、ゆっくり目を開けるとよく分からない状態で)
        え、なんで膝枕?あ?あぁ、ドレインされて倒れたからか…でも何でそんな顔なんだ!? -- ルプス 2014-10-14 (火) 00:47:25
      • ……ッ(意識を取り戻し、当然不思議そうな態度を見せるルプスに対しこちらは膝枕から乱暴に放り出すという暴挙)
        私の純潔返せーばかー!(挙句そんなことを超大声で言った後猛速で走り去ると言う有様。残されたルプスにはどうか周囲の誤解にも負けず頑張って欲しい) -- ナンシー 2014-10-14 (火) 00:53:13
      • ぐがっ! あたま!こうとうぶ!とがったいしが!(座るときに椅子が引かれたように、無防備に落下エネルギーをそのままに、しかも石まであたって悶絶しながら)
        は?…いや何がだ!? いや、絶対誤解だぞそれ!よく分からないが!… …って、違うんですよご近所のみなさん!いやマジで!(やっぱりあの男の息子だと言われたとかで) -- ルプス 2014-10-14 (火) 00:55:47
  • (夜、曇った三日月の空に、見覚えのある姿がゆったりと飛んでいた) -- ロンメル 2014-10-08 (水) 23:16:00
    • …ん?なんだ、あれはロンメルか …こんな夜更けに散歩か?(月を見ないように見上げながら聞いて) -- ルプス 2014-10-08 (水) 23:51:42
      • へぁ? ……あ、ルプスさん? こんばんはぁ〜(ゆるく笑みつつ地上に降りる)
        ええ、月光浴です。……とは言っても曇りなのであんまりですけど〜 ルプスさんは? -- ロンメル 2014-10-09 (木) 00:08:27
      • なんだへぁって…(笑って言いながら) あぁ、こんばんはだな
        そうだな、お陰でオレも散歩しやすい オレか?オレも似たようなものだが、夜の方が気分がいいんだよ。人狼だからな -- ルプス 2014-10-09 (木) 00:15:38
      • ぬぐっ(ちょっと顔を赤らめて)は、はずかしい……
        三日月とかでもくっきりしてるとだめなんですか? まあ、狼は基本夜行性ですからねえ……
        しかし秋も終盤ですかあ、なんだかあっという間に季節が過ぎていきますねえ……やっぱりルプスさんの秋は食欲の秋でしたか? -- ロンメル 2014-10-09 (木) 01:18:47
      • あぁ、別にロンメルの口癖と言う訳ではなかったんだな… あれはあれで可愛らしいと思うが
        あー、まぁ月である以上見てしまうとどうしてもな 最大限に力が引き出されるのは満月であるのは確かだが(既に出てる耳をカリカリと掻いて)
        あぁ、のんびりした感じになるかと思ったが以外と季節が流れるのはまだ早く感じるな …あー、それもあるな。なんでも美味しいし山には実りが一杯だからな -- ルプス 2014-10-09 (木) 01:56:24
      • ちがいますちがいますかわいくもないですっっ!! なんだか変な弱みを握られてしまいました……うう……
        この世界の月はわたしのところより与える魔量が多めですからねぇ、だからこそこんな混沌とした町が出来るんでしょうけど……
        まだ大丈夫まだ大丈夫、と思っていたらもう冬支度をしないといけない……わたし、思うんですけど、夏から冬までの期間ってすごく短いですよね・・…ですよねー、わたしも最近はさつまいもを使ったスイーツにハマってしまいまして……でも、オオカミさんが食べるってなるとやっぱり肉が多めで? -- ロンメル 2014-10-09 (木) 23:02:03
      • そうか?オレは可愛らしいと思うがな(笑って言いながら) 弱みと言うほどじゃないとは思うが、記憶に刻まれたな
        …そういうのがあるのか?オレはここ生まれのここ育ちだから良くは分からないが
        …そうなんだよな… ん?そうか?そう言われてみるとそんな気もするが…あぁ、大学芋か
        あー、それはまぁ肉が多いし好きだな。とはいえ好き嫌いはないが -- ルプス 2014-10-10 (金) 22:16:53
      • むぐっ……ルプスさんは天然のたらしさんかなにかで……?(ちょっと顔を赤らめて)
        距離的に近いのか、月に何かいるのか……それはわかりませんけどね。今の状態ですと月までは飛べませんし
        6月ぐらいに夏がくればちょうどいい塩梅だと思うんですけどねえ、むうん……ええ、それもありますしスイートポテトなんかも美味しいですよね
        へえ、じゃあキャベツを丸齧りしたりもするんですね〜(犬がやってたのを見てた程度の発言) -- ロンメル 2014-10-10 (金) 23:11:57
      • なんだそれは…むしろ女性と話してると評判は芳しくないぞ?(夜で月を見てたりすると、性格も若干違っていて)
        …今の状態でなければ月までいけるのか、それは凄いな… まぁ、気にしても仕方がないしオレは気にしないが
        そういうものか?まぁ6月もそこそこ暑くなってはいるが、どちらかと言うと雨のイメージが強いな スイートポテトも悪くはない、もちろん焼き芋もいい
        なんだか色々と偏見がある気もするが そういう事も出来るな、流石に一口は無理だが -- ルプス 2014-10-10 (金) 23:32:29
      • えぇっ、……それはもしかして、誰に対してもいい風に言ってるから軽い男性みたいに見られてるんじゃないですか……?
        別に飛んで行く訳じゃありません、転移していくだけですのでそれほどすごくも無いですよぅ(照れ照れ)
        でしょう? 梅雨の時期はなーんか夏って感じしないんですよね。いや、不快指数は高いですけど……芋ようかんも美味しいですよねえ
        わたしの街を守っていたケルベロスがキャベツが好きだったもので……ふむふむ、まあヘビさんじゃあるまいし丸飲みもねえ -- ロンメル 2014-10-11 (土) 23:26:15
      • それはない、と思うんだがな だって、初めて会った女性にもため息つかれたりしたぞ?
        それでもオレからすれば凄いように思えるんだが オレは人狼、魔法の類はてんで駄目だからな
        そうだな、ジメジメしててオレとしても辛い だが雨はそんなには嫌いじゃないな、雨音は気配を消してくれるから狩りはしやすい
        ケルベロスか、会ったら喧嘩になるんだろうかオレと …しかし、ロンメルは意外と食べ物の話題好きだな。今度何か持っていこうか -- ルプス 2014-10-12 (日) 01:02:35
      • ??? う〜ん、実際に会話を聞いてみないとわからないですけど……まあ、わたしみたいな子供を口説いてもいいことありませんよ、ええ(こほんと咳払い一つ)
        泳げない人が少し泳げる人をうらやましがる、みたいな感じですよきっと。人狼さんはその代わりすごい体が強いんですから
        あーそういう……雨だとどうしても移動するときに手間なのであんま好きじゃないですね〜……悪魔的には暗くてジメジメしたのが好きというべきなんでしょうけど
        敵対心を持ってない人には攻撃しませんよ、安心なさって下さい。……ふぇ? そ、そうですか……ね……改めてそう言われるとなんか恥ずかしい……!!
        い、いえお気遣いなく……! あ、それではわたしはそろそろ! また〜!!(その場から逃げるように飛び去った) -- ロンメル 2014-10-13 (月) 23:32:38
  • そういえばあーたもそうだけど今のコはハンターとか多いわよねえ
    アタシおもちゃのブームとかとんと疎いんだけど10年ぐらい前に弓とか銃を持ってるヒーローでも流行ったの? -- ジュゼッペ 2014-10-07 (火) 23:32:39
    • そうか?あまり意識はしてなかったが そういえばレイトとかもそうだったか…
      オレの場合は、近接武器を使わずにあえて苦手な得物で戦ってこそ 人とともに生きるためのスキルを磨ける、といった感じだ -- ルプス 2014-10-07 (火) 23:42:20
      • あら、男のコなんだから孤高の最強を目指す!とか言っちゃってもいいのよ?
        狼は群れるものだしそういうの嫌いなのかしら -- ジュゼッペ 2014-10-07 (火) 23:54:04
      • オレは目指せ老練、なんだけどな 英雄までやってたら、大変だろ?
        あぁ、その辺り人狼でもいろいろとあって… オレのオヤジとかは人の中にいたがるタイプだからな、同じ人狼や狼と群れたがるタイプもいる -- ルプス 2014-10-07 (火) 23:56:51
      • 前も言ってたけどなんだかカチッとしちゃってるわねえ、夢なんだからドーン!と抱いちゃっていいのよ?
        まあ結婚するならそういう地に足ついた人だけど、うふっ!
        (ふんふんと納得した様子で)多分だけどあーたのご先祖様は闇の中で生まれた種じゃないんでしょうね、闇から生まれると少しネチッとしてるもの -- ジュゼッペ 2014-10-08 (水) 00:06:43
      • そういう奴もいいとは思うが、オレはそういうタイプじゃない それにそれこそ夢ある若者があるべき姿って型だろ?
        …まぁ、そこらへんはともかくとしてだ(2歩ほど下がりながら)
        どうなんだがなー… オヤジは昔はヤンチャで徒党組んでたしな、それで討伐しにきて一人で殲滅したのがオレのお袋だっただけで -- ルプス 2014-10-08 (水) 00:17:30
      • オホホホホッ!一本取られたわね!でもおばさんからすれば心配になっちゃうものよ
        (わざとわきわきと怪しく手を動かす)
        (既に馴れ初めは聞いた事があるのかニコニコと聞いている、もしかしたらルプスの親当人からそれを聞いたのかも知れない)
        運命的よねぇ…アタシもあの時儀式を邪魔しに来たのが別の人だったら運命違ってたのかしら…(何かを想像してうっとり)
        そう言うあーたはどんな風な出会いを期待しちゃってるのかしら、パン?パンを咥えて? -- ジュゼッペ 2014-10-08 (水) 00:26:25
      • 本当に近所のおばさんかよって言いかけたくらいだからな まぁ、本物のおばさんはアンタいつ嫁貰うの!?って感じだったが
        (こっちはいつでも尻尾をまいて逃げ出せる準備の体勢にだけなりながら)
        運命的、なのか… まぁ、その出会いがなかったらオレはいなかったんだから出会いに感謝するしかないが
        なんだそのいまどき少女漫画でもない展開 …出会いなー、あまりピンとこないな -- ルプス 2014-10-08 (水) 00:32:25
      • そうねえ…文明的になればなる程遠のいていく出会いだものねえ
        強い男と強い女が出会ってどちらかが勝つ、勝って結ばれる!はお伽話だとよくあるのよ
        他にアタシが知っている出会いなんて痴漢されていた子をイケメンが助けるぐらいかしら…そうねえ、今は少女漫画な出会いも規制が厳しいものねえ
        頑張ってぶつかった時に星が煌めくような出会いをしなさいな、さっ帰りましょっと(雑談をするだけして帰っていった) -- ジュゼッペ 2014-10-08 (水) 00:40:30
  • 結局キャンプしたけどルプスの兄ちゃんけーへんかったなー、折角処刑台、やなかった、飛び込み台用意したんやけど -- 2014-10-06 (月) 21:20:49
    • …今気づいたぞオレ… そしていけなくて残念だったな…ざんねんだったな!(飛び込み台に関しては棒読みになりながら)
      しかし駄目だな、ちゃんと見てないと気づかないか…オレも皆のように分かるようにするか…(カンカンカンと) -- ルプス 2014-10-06 (月) 21:33:30
      • ちゃんと掲示板に張ったんやでー?まあ結局アークとウチしか落ちてへんけど!
        うん、これやったらわかりやすいで、これで見落としたら残念どころちゃうけど -- 2014-10-06 (月) 21:46:01
      • アークは体当たり芸人だからな… ハーディもいたらしそうではあるが、いなかったのか
        そうだな、これなら大丈夫 …流石にオレはそこまでじゃないぞ?まぁ、分かってて行かない場合もあるだろうが
        しかしキャンプが終わったか…なら次はクリスマスパーティーってところか? -- ルプス 2014-10-06 (月) 21:52:48
      • ほんまに体当たりしてきたんやで、びっくりや、回避したら落ちよったけど、そのあとウチも落ちたけど、ハーディの兄ちゃんは初日だけやったなー、二日目はお疲れモードやったみたいやで
        まあ参加は任意やしね、無理強いもできへんし、しゃーなしやな!
        そやなー、クリスマスかお正月か、どっちかやろなぁ -- 2014-10-06 (月) 21:56:47
      • …何をやってるんだあいつは… あぁ、ハーディは初日だけか。流石に二日連続はもたなかったか
        それは仕方がないな、それにオレはナンシーと飲んでたりしたせいでな…
        クリスマスが金曜、正月が土曜、バレンタインが日曜…としてしまうと昔と変わらないか… (ツリーで時間別にしてもいいとは思うが) -- ルプス 2014-10-06 (月) 22:00:24
      • まーウチも後半燃料不足で寝てたんやけどな!二日目なんか意識飛んどったで
        ナンシー姉ぇと飲んでたんや?よー付き合えた思うわほんま(飲み食いに関しては底なしだと思ってる)
        それやとやっぱりスケジュール大変やろうしなぁ、あ、これお土産や(鹿肉をジャーキーにした物を差し出す) -- 2014-10-06 (月) 22:05:42
      • あんまり無理するなよ?のんびり過ごせるようになってるんだからな
        あぁ、酔っぱらった時の記憶がないと言うからな… 飲む量はそうでもなかったが…何にせよ、あいつと飲むときは要注意だな…
        まぁ、正月くらいは来年でもいい。来年はハロウィンと正月でもいい… おっ、これは有難い。キャンプで作ったのか(さっそく齧りながら) -- ルプス 2014-10-06 (月) 22:16:27
      • まーちょっとお疲れモードやっただけやで、大丈夫大丈夫
        あ、意外と飲まん方なんや、飲み食いに関しては無敵や思とったで
        何でもできる分何するか迷うゆーやつやな、鹿肉カレーやったんやでー、ほなそろそろ帰るわな、今度こそルプスの兄ちゃん突き落とせるような場所探しとくでー(碌でもないこと言いながら帰った) -- 2014-10-06 (月) 22:38:43
      • いや、飲まない方と言うよりは… 飲ませない方がいい部類だな、色んな意味で
        まぁそういうのもあるが、皆でのんびり考えておくのもまた楽しいだろう あぁ、それではまた…待て、オレはもう誰にも落とされる気はないぞ!? -- ルプス 2014-10-06 (月) 22:42:50
  • ハローレッツファック(挨拶) そーいやお前一人で帰ってきたの? 親父さんは? -- 処ス 2014-10-02 (木) 22:35:00
    • オウイエス…ってオレがふぁっくされる方なのか…!?
      ん?あぁ、そうだ オヤジはそのまま旅立った。おふくろも死んだし、オレも一応半人前になったから…だそうだ -- ルプス 2014-10-02 (木) 22:40:25
      • してほしいんか
        うーん同じ人狼とは思えぬドライさ・・・これで本当に一匹狼やね (どやあ)
        (ちなみにこの女の広いんだかそうでもないんだかよくわかんない家には人狼や狼がうろうろしてる。群は習性だからね) -- 処ス 2014-10-02 (木) 22:44:18
      • 遠慮しておくよ…(目をそらしながら)
        オヤジの一族は、狼より人の方に群れたがるらしい だからこそ、人狼や狼と群れずに街にいるんだとか言ってたな
        そのために、オレも人の街で暮らすために人狼の力を使わずに強くなるように仕込む修行をされたんだが…(華麗に一匹狼をスルーして) -- ルプス 2014-10-02 (木) 22:52:32
      • そのタイプか。別に人狼の力使いまくったって人里で暮らせると思うがなぁ (暮らしてる例。ただ変人扱いはされてる)
        あ、もしかして親父さん別の街にできたんじゃないの (小指立て立て) -- 処ス 2014-10-02 (木) 23:11:41
      • この街、ならな ただ、他の違う地方でそんな事したら…吊るされる運命だからな、投票するまでもなく
        …まぁ、それは オレの修行中にも、現地嫁っぽいのを何か所かで…とはいえ、誰か一人に決めるんだろうけど
        はぁ、オヤジはそういうのも上手かったからな… …確か一度口説かれたんだっけ? -- ルプス 2014-10-02 (木) 23:16:43
      • そんときゃー (皆殺しにして次の場所探そうと言うのは思い止まっといた) うn
        んあ? あーあー、あったあった。つか聞いたんかい、息子に喋るなよそんな事・・・
        まあ私もね、マッスルがドッキングなタフガイに目が無いからね。そんな男にふとこう、ゴツゴツした指の背で頬を撫でられたりしたり
        どうした耳を塞いで。火遊びの話もっと聞きたくない? -- 処ス 2014-10-02 (木) 23:24:22
      • …姉御はやっぱり、狼寄りだよな(言わなくても察して苦笑しながら)
        …得意げに語ってたぞオヤジ、小さかったオレは耳を塞ぐことしかできなかったが
        (そして語られはじめると、小さいときと同じように耳を塞いで) あーあー!…ごめん被る!なんだって自分の親と姉貴分のそんな話を聞かないといけないんだ!? -- ルプス 2014-10-02 (木) 23:36:13
      • (伝奇的には獣人、いわゆる人と交わった種は獣の身体能力と、野生では到底生まれないという人間の悪意を兼ね備えた存在とされてる。この女はたしかに大体そんな感じ)
        マジか。腐っても英雄、狼姫(自称)のプレミア感かな? まかり間違えばうりゃっママになっちゃえが現実になるところだった
        外では私の事はお継母さんと呼ばなくていいぞ -- 処ス 2014-10-02 (木) 23:49:00
      • …そんな悪夢が現実にならなくてよかった なってたらオレぐれていたかもしれない…
        呼ぶか!?今も未来も姉御は姉御のままで十分だ… -- ルプス 2014-10-02 (木) 23:51:30
      • 長生きすると未婚なのに弟と妹がどんどん出てくる。ああ今度デカ柴におもろいもん持ってくるよう。狩人になったんだろう? おたのしみに -- 処ス 2014-10-02 (木) 23:53:29
      • …あぁ、その可能性は考えてなかった… …まぁ、悩んだところでオレがどうにかする権利はないが
        …デカ柴はだからやめてほしいと …面白いもの?まぁ、よく分からないが楽しみにしておこう… -- ルプス 2014-10-02 (木) 23:59:02
  • (ふと、そういえば彼は満月の夜に変身していたけれど、今の状態でそうなったらどんな風になるのかなーと疑問に思った)
    ……えーと確かこの辺り……ルプスー?(なのでギルド伝いに住所調べて満月の夜にわざわざ来訪したのだ。小脇に抱えた袋には干し肉が入っており、概ね自分用だがいざとなればそれを囮にする算段でもあった) -- ナンシー 2014-09-26 (金) 23:08:29
    • …ん…なんだ、誰だ?(不機嫌そうな顔で、のっそりと部屋から出てきて)
      …なんだ、ナンシーか… 今日はどうしたんだ?(いつもと違って、耳も尻尾も最初から出ているが、まだ人のままで) -- ルプス 2014-09-26 (金) 23:42:52
      • あ、居た居た。こんばんは(現れたルプスに微笑んで挨拶)
        なんだとは失礼な。……んー?んーとね、今のルプスだと満月の夜はどんな感じなのかなーと思って見に来たの(結構変わって来てるなーと彼を色々見ながら) -- ナンシー 2014-09-26 (金) 23:45:34
      • …あぁ、こんばんはだな… 夜中に女の子が出歩くのはどうなんだ?…あぁ、でもナンシーなら大丈夫か…
        …それもそうだな、いや、どうしても満月の日は衝動抑えるのに疲れるからな… とはいえ、昔と違って直視しなければ人狼化はしないぞ(ちょっとどや顔で)
        …ん?…なんだ、干し肉を持ってきてるのか? -- ルプス 2014-09-26 (金) 23:50:02
      • 心配してくれるのは嬉しいけれど、うん、私は別に大丈夫だから。……見た目はか弱い可憐な女性だから変なのが寄ってきたりはするけどね、可哀そうに(軽く首を横に振った)
        でしょー?……抑えてるんだ。無理は身体に悪い気がするけど……あ、そうなの?ええー。見ようよー(耳尻尾だけではご不満の様で)
        ん?うん。美味しいよ、食べる?(手持ちに余裕がある時は独り占めしない事だってある。一切れ食べつつルプスにもどーぞと袋の口を彼の方へ) -- ナンシー 2014-09-26 (金) 23:56:39
      • それは分かってる…今いったい何レベルなんだって話だしな? …見た目だけはなー、可哀想にな(同じく首を横に振って)
        そりゃ抑える、こう暴れたくなったり襲いたくな…(げふげふと咳払いをして) まぁ、色々とあるから駄目だ…
        おー…そりゃ有難い、食欲も増すんだよな…サンキュー(欲張りたいが、ちゃんと一切れだけつまんで食べて) -- ルプス 2014-09-27 (土) 00:02:50
      • あら知りたい?教えてあげようか(悪戯っぽい笑み)
        抑えてないとどうなるのかを見に来たのにな〜(すごく残念そう)暴れたり襲ったりとかはむしろ自然な感じなのに。駄目?……そっかー
        そうなんだ。……じゃあもっと食べて良いよ、ほら(近寄りつつ、ずいと袋の口をより彼へ寄せ) -- ナンシー 2014-09-27 (土) 00:07:27
      • …なんでそんな笑顔なんだ? …出来れば興味で教えてほしいが
        子供の時はそういうのはなかったんだけどな…やっぱり血が騒ぐと言うか あぁ、諦めてくれてなによりだ…(ため息をついて)
        あ、あぁ…ナンシーにしては気前がいいな?(言われるがまま手を伸ばして) -- ルプス 2014-09-27 (土) 00:22:52
      • びっくりするかなーって。あ、いいの?うん、じゃあ……私のレベルは62、個人で83位の冒険者さんなのだ(えへん)
        大人になったって事なんだろうねぇ。……と見せかけてーとルプスの顔掴んで満月の方に向けたらどうなるんだろう(不意打ちはせずあえて口に出した。やりたいけどやれないしやったら怒られそうだし、という辺りの思考の結果だ)
        お腹空いてる相手が居て余裕がある時はこういう事だってあるよ?一人より二人で食べた方が美味しいっていうのもあるしねー(自分も手を伸ばし新たに頂く。美味しそうに幸せそうに食べる) -- ナンシー 2014-09-27 (土) 00:29:40
      • そん、なに… オレのレベルはまだ一桁だぞ?先に冒険者になってたとはいえ…これは追いつくのはまず無理だな…しかも100人の中にいるとか…
        …そんな事したら責任もってナンシーを…襲わずにその肉全部食ってやる(ニヤリと笑って)
        …そうか、それは同意見だな…いつもこうなら、いいんだけどな…(苦笑しながら、しかしその顔を眺めて食べて) -- ルプス 2014-09-27 (土) 00:46:41
      • 単純に積み重ねた経験値が違うからそこは仕方ないんじゃないかなふっふっふ(えへん)
        あーっ流石に独り占めは許さないからねー?そんな事されそうになったら首輪付けて躾けしてやるんだから(不敵な笑みを返す)
        それはつまりルプスがいつもお腹空かせていて、私が一杯食べ物持ってなきゃならないんだけどなー?(言いつつ、満月の夜に満月を見る事無く暫し二人で干し肉美味しい美味しいした) -- ナンシー 2014-09-27 (土) 00:53:26
      • まぁ、こうなったからには幼馴染の代表としてぜひ英雄まで頑張ってくれ オレは老練までいけたら満足だ
        やってみろ、と言いたいけどナンシーの場合は実力的にも行動的にもやりかねないからな…まぁ、満月さえ見なければいいんだ
        いや、そうじゃない。人のご飯を狙ったりしないって意味だよ、そういえば花見はこなかったんだな?料理が一杯あったぞ?(などとしばし楽しい会話をして) -- ルプス 2014-09-27 (土) 00:59:30
  • あらぁ〜…もしかして、ルプスくんかしらぁ〜?久しぶりね〜(嬉しそうに両手を合わせながら言った。)
    私の事は〜覚えてるかしら〜?…覚えてるわよねぇ〜?(言いつつも寂しげな表情で聞いてみる。) -- モリ 2014-09-22 (月) 23:55:24
    • …その間延びした声は… あぁ、やっぱりか…
      …もちろん、モリだな… そっちは全然変わってないんだな…小さい時から、5年経ってもやっぱり変わってないな…(何歳なんだ?と思わなくも) -- ルプス 2014-09-22 (月) 23:59:09
      • 間延びしてるかしらぁ〜…普通じゃない〜?(首を傾げる。)
        それはそうよ〜、だって妖怪なんだもの〜…病気も何にもないって言うでしょ〜?
        でもね〜…お腹は空いちゃうのよね〜…困ったわねぇ〜?(じぃーと見ているもの欲しそうな目の妖怪。) -- モリ 2014-09-23 (火) 00:12:28
      • …普通、なのか?…ちょっと違う気もするが…(だが普通じゃないと言い切るほどでもないか?とも思って)
        まぁいい…あぁ、そういえば妖怪だったか…妖精みたいだが、違う存在だったか?
        ……つまり、オレに飯を貰いに来たと… 言っておくが、オレは自炊とかほとんどしないからな?(その目を抵抗出来る男でもなくて) -- ルプス 2014-09-23 (火) 00:20:49
      • そうよ〜?だって私が使ってるもの〜(本人はそれで普通と言う事だった。)
        そうねぇ〜、似てると言えば似てるかしら〜…ただ、妖怪はほとんど人由来で人がそう認識したから〜と言う感じかしらねぇ〜…。
        …つまり〜食べさせてくれるのね〜?見た目変わってもルプスくんはいい子だわぁ〜(嬉しさのあまり後ろから抱きつく、色々と当たってふわふわ柔らかいだろう。) -- モリ 2014-09-23 (火) 00:35:36
      • …そういうものなのか…(あまりに言い張るので押し負けて)
        …うーむ、よく分からん!(頭脳より脳筋派なので) まぁ、人外であまり変わらないってことくらいでいいのか
        まぁ、ナンシーと違ってそんなに食べないしな…ってくっつくのか!?(純情な人狼青年だけに顔を赤くして) -- ルプス 2014-09-23 (火) 00:44:47
      • 難しく考えても仕方がないものねぇ〜…あ、ただし危険な妖怪もいるから油断はしちゃ駄目よぉ〜?
        あぁ、ナンシーちゃんも良く食べるものねぇ〜…昔もこうやってたでしょ〜?(昔の感覚、つまり子供相手にしている気のようだ。)
        ほらほら〜、それよりごはん食べにいきましょうよぉ〜(引きはがせば簡単に離れれるが、本人は離れる気はあまりなさそうだ。) -- モリ 2014-09-23 (火) 01:01:54
      • 危険なのか…まぁ、人も人狼も危険なのはいるからな…
        いや、まぁ昔はこうされてたかもしれないが…(恥ずかしいし柔らかくて気持ちがいいがそう意識するのも何だか照れくさくて)
        …わ、分かった。いくとしよう…そういえば、肉とかは食べれるんだったか?(昔どうだったか、修行のせいかその辺りの記憶はあやふやで) -- ルプス 2014-09-23 (火) 01:13:18
      • ん〜〜…厳密にはちょっと違うのだけれど〜そういう認識でもいいかしらねぇ〜…(困ったように微笑む。)
        ふふふ〜、懐かしいわね〜。昔はもっと、ぬいぐるみみたいだったのだけれど〜(嬉しそうに語る。)
        あ、なんでも食べるわよ〜?野菜も好きだけれど〜、だって妖怪だもの〜(何がだってか分からないが、とにかくそうらしい。) -- モリ 2014-09-24 (水) 00:37:37
      • …そういえば、モリにもよくモフられた記憶があるな…ぬいぐるみ扱いはもう勘弁してほしいが…(もう青年なのだと思いながら)
        あぁ、そうだったか。そういえば、そうだった なら、肉料理でよければご馳走するぞ
        野菜は…買い物に行かないといけないが(このままで?と言いたそうに振り返って) -- ルプス 2014-09-24 (水) 00:48:07
      • そうねぇ〜フワフワで気持ち良かったわぁ〜…えー、どうしてなのかしら〜?(心底不思議そうに首を傾げる、モリの中では子供扱いは変わらない。)
        ありがとぉ〜…やっぱり人に奢ってもらうごはんはいいわぁ〜♪
        …?(振り返るルプスに不思議そうに首を傾げるモリ。離れる気は考えてすらいない。) -- モリ 2014-09-24 (水) 01:00:56
      • …オレももう20歳だ… いい加減こういうのは、特別な関係とかそういうのでないと…(とりあえず説得を試みて)
        …ナンシーといい、何でこう馴染みは奢らせたがりが多いんだ…?
        …はぁ…まぁ、それじゃ焼き肉の店だ。冒険でのお金もあるし、どんどん食べていいぞ(店に連れて行き、満足するまで奢る人狼少年だったとか) -- ルプス 2014-09-24 (水) 22:02:21
      • …そう〜?あ、でも私たちは幼馴染じゃない〜なら大丈夫ね〜?(分かっていなかった。)
        …ん〜、でもちゃんと食べるのって大事よ〜?食べていると、幸せになれるし元気も出るもの〜。
        いいの〜?…なら、遠慮なく食べちゃうわ〜(しかし、そんなに言う程食べれないのがモリさんだった。) -- モリ 2014-09-25 (木) 00:21:38
  • しっかしルプスの兄ちゃんも背ぇ伸びたねー、ウチもそこそこ伸びたつもりやけど(手足があれなことになって伸びたお陰でややモデル体系、胸は無い) -- 2014-09-22 (月) 21:06:01
    • …元々昔のオレが伸び悩んでただけ、とも言うが まぁ、オレとしても死にそうな修行を続けた甲斐があったと言うものだ
      …そうだな、少しは伸びたな…(どこかを見て、おもむろに牛乳を渡して) -- ルプス 2014-09-22 (月) 21:09:47
      • まあ成長期なんてこれからって子も多いやろねー、ウチもこれからかもしれんし!
        ……なんなん、ルプスの兄ちゃんは巨乳好きなん?(ジト目になりながらも受け取る、牛乳は好き) -- 2014-09-22 (月) 21:12:06
      • …そうだな、これからだな…(頭をよしよしと撫でてあげながら)
        …いや、そんな胸で判断する事は良くないと思うぞ…(好きかどうかははぐらかして、しかし嘘も言えない人狼少年なので目は反らして) -- ルプス 2014-09-22 (月) 21:13:52
      • いやなんかもう期待してへんって目してへん?(撫でなれてもジト目のまま)
        うーん、まあ男の子はだいたいおっぱい好きゆーから別にええねんけどな?千葉姉ぇとかと比較されたらウチの心が死ぬから止めてな! -- 2014-09-22 (月) 21:19:03
      • そこまでは言ってない、ちゃんと育てばいいなと思ってる、これは本当だぞ?
        …しかし茜、他のと比べるとしても…(ナンシーやレイトは大きい、小さいオニキスですら肉付きがいいと考えると…) -- ルプス 2014-09-22 (月) 21:25:29
      • ぐぬぬ、ちゃんと育って見返したるからな!(しかし絶望的だった)
        あかん、知り合い皆強大な戦力すぎるわ……(他の知り合いを思い浮かべて挫折しそうな大平原) -- 2014-09-22 (月) 21:29:50
      • あぁ、それは楽しみに待っておこうか…(ついでにカルシウムが豊富な煮干しも渡して)
        …頑張れ、茜… 皆だって、最初から大きかった訳じゃないしな… -- ルプス 2014-09-22 (月) 21:35:57
      • 骨太になりそうやわ(しかし食べる)
        そら最初から大きかったら病気やで!?でもある一点から全然育たん子と育つ子に別れるんやね……おのれ遺伝子! -- 2014-09-22 (月) 21:43:37
      • 骨格は大事だぞ、それがなければ体も育たない… そして育ってもガタがくるからな
        …なに、一気に成長する事もある。種族によって違いがあると聞く、諦めるの早いはずだ…
        オレだって、5年前は小さかったからな…まぁ、成長する秘訣はオレは分からないが -- ルプス 2014-09-22 (月) 21:47:50
      • ウチの場合は膝に来るとかがない分安心やねんけどな(その点はサイボーグになって感謝している)
        ウチめっちゃ普通の人間やねんけど……変な血とかないねんけど……どっかでパンジャ族とか混じってへんかな……
        まあ男の子は歳で急成長するやん?胸は、うん……まあ諦めへんけどな!ほなまたなー!(心が折れる前に逃げた) -- 2014-09-22 (月) 21:55:06
  • おおー……噂は本当だった(街中でウルフと出くわすなり「あーそういえば」と手を打ち、珍しい物を見るように無遠慮な視線でじろじろ見た後のセリフである)
    やっぱり男は大きくなるんだねー。すっかり見上げなきゃいけなくなるなんて……(そうして一方的に感慨深そうにした後)で、私が誰だかわかるかい(そう言って腰に手を当てて胸を張ったのだ) -- ナンシー 2014-09-21 (日) 23:24:35
    • …ん?なんだ?…見世物じゃないぞ?(じろじろと見られてこちらは呆れ顔で言いながら)
      それはそうだろう、オレ以外もそうだと思うが… あぁ、簡単だ。ナンシーだろ?オレの嗅覚がそう言ってるからな…
      そっちは…成長した、のか?昔も同じくらいだったような気はするが…(相変わらず大きいなとも思いながら) -- ルプス 2014-09-21 (日) 23:37:53
      • ……う〜ん、こういともあっさりだとあんまり面白くない……でも匂いで判別されたら仕方ないか。結構経ったと思うけどそれでも変わらないんだねぇ匂いって
        したよしましたしてますぅー。それ以上に伸びた誰かさんの前だと大差ない様に見えるだけだからね?(やれやれな感じで肩を竦め)
        あ、そうだ。再会の祝いにちょっと屈んでみよう(ちょいちょいと手で身を下げるようジェスチャーしつつ) -- ナンシー 2014-09-21 (日) 23:47:38
      • ナンシーの場合は、お菓子の匂いがするのもあるからな… まだ、あそこの店は健在か?帰ってきてからはまだ行ってないが
        …そうだったのか…レイトくらい成長したら、まだ分かりやすいんだが
        …なんだ?屈めばいいのか?(あまり疑いなく素直に従う所は昔とあまり変わらなくて) -- ルプス 2014-09-21 (日) 23:57:28
      • ああそっか、それがあったか……(腕を組んでうむむと唸る)……ん?あ、うん。変わんないよー、お店の向かいにギルドが出来たくらいで
        そうだったの。……そこで引き合いに出される程だったかな……(うむぅと首を捻る)
        そうそう屈めばいいの(容易に手が届く所に彼の頭が来たので撫でる。撫でた。撫で撫で) -- ナンシー 2014-09-22 (月) 00:11:50
      • そうか…5年も経って変わったものも多い、しかし変わらないものがあるとやはりホッとする…あとで行こう(肉好きだけど、子供の時は甘党で)
        ナンシーは5年前はどれくらいだった?…修行のせいか、割とおぼろげな記憶なところもあるんだ…(遠い目になりながら)
        …撫でたかったのか…まぁ、昔みたいに人狼にされてからモフられるよりはマシか…(不満ながらも撫でられて) -- ルプス 2014-09-22 (月) 00:15:57
      • うん、寄ってあげてー。父様も馴染がまた来るようになったと知れば喜ぶからね
        え、そう言われるとなぁ……5年前だしなー……色々二回りくらい小さかったとかそんな感じになるのかな。後は可愛いが綺麗になったくらいで(素で言っている)
        撫でられるのはお嫌いでしたか。止めないけど。……あー。なんか足りないなと思ったけど成る程そういう……でも今はやめておこう(そして気が済むまで撫でた。街中でな!)
        うんうん(満足げ)……あ、そっちからも私に何かある? -- ナンシー 2014-09-22 (月) 00:24:49
      • 成長した姿を見て、驚く姿を見るのも 実のところ嫌いじゃないからな
        そうだったか…じゃあ、ナンシーも成長してたんだな…だが、オレは褒めない…相変わらずな面もあるからな(主に性格面で)
        嫌いと言うより、まずオレの外見や年齢を考えてだな… …やめておいてくれてありがたい…ところでいつまで撫でる気なんだ?(そしてぐったりするまで撫でられて)
        …オレから?特には…いや… まぁ、また後日お願いする…(今は疲れてしまっていて) -- ルプス 2014-09-22 (月) 00:30:31
      • ……やっぱり。自分でもかなり違った事になった自覚はあるんだねぇそれくらいになると
        してない訳ないし……。……えっなんで。褒めてよ。褒めないなんて言うから気になるじゃん(むぅっ、と目でアピール)
        ああ……え、でもいいじゃん久し振りの再会な訳だし、知らない仲じゃないんだから許される許される(微笑みを絶やさない)
        ……ないの?……なんだ、好き勝手したからされ返すくらいはあるかなーとか思ったけど。ん、じゃあまたねルプス。店の方にはちゃんと行っといてよー(帰った) -- ナンシー 2014-09-22 (月) 00:49:55
  • huh?どこかで見た顔だって思ったら……ルプス兄?マジ?でかくなりすぎだし(5年前はほとんど変わらない身長だったにも関わらず、今や見上げるばかりの背の高さに一瞬目を疑う) -- レイト(強) 2014-09-21 (日) 22:15:20
    • ん?…なんだ、オレが誰か分かると言う事は馴染みの誰か… って、そのボード。お前はレイトなのか?
      久しぶりだな…まぁ、オレも昔とは違うと言う事だ(ちょっと得意げになりながら) お前の方も…大きくなったな(ちょっとどこがとは言えないシャイボーイで) -- ルプス 2014-09-21 (日) 22:20:21
      • 急にいなくなってたもんだから一体何してたんだろって思ったら……人体改造とはマジ恐れ入るし(明らかな勘違いだ!)
        ……って!どこの話してんだっ!Hentai!(ハイキックを振り上げる 無論本気で当てるつもりではないが) -- レイト(強) 2014-09-21 (日) 22:24:17
      • …違うぞ?むしろ何でまずそっちになる… いや、そういえばお前の家からすると、そういう考えになるのか…(ちょっと額に手をあてて頭痛を抑えるように)
        …とにかく違うぞ? …あと、もちろん身長の事だが(人狼の動体視力で、軽く反らしただけで避けて) -- ルプス 2014-09-21 (日) 22:31:36
      • いやだっておかしいじゃん?5年たったってもアタシと同じぐらいだったのがここまで伸びるとかさ いやうちは人体改造やってないけど やりかねないけど
        違うんならいいけどさっ、てかなんか達人みたいになってない?何その動き(最小限の動きでかわす様に驚き) -- レイト(強) 2014-09-21 (日) 22:38:04
      • 男子なんてのはそんなもんだ…まぁ、オレの場合は親父のスパルタがある意味人体改造と言えるかもしれなかったな…(思わず遠い目で)
        …お前も滝から木材や岩を下す中避け続ける訓練をしてみるといい …自然と身に付くぞ? -- ルプス 2014-09-21 (日) 22:43:36
      • Ah、そっちの意味の人体改造ね……ルプス兄の親父さん、厳しそうだったしなぁ
        そういうのはNo Thank you アタシは街中で馬車とか人混みとか掻き分ける派だし(それ即ち無茶な走行である) -- レイト(強) 2014-09-21 (日) 22:49:39
      • 親父なりに街にいた時は、甘やかしてたらしい しかし軟弱に育ってばかりの息子を見て堪忍袋が切れて、修行の旅になった訳だ
        …あまり無茶はするなよ?お前も今は責任は自分で取るべき年齢だろ… …そういえば…(レイトに首根っこを素早くつかむと、ボードを取り上げて)
        …こうすると、やはり昔みたいに戻るのか? -- ルプス 2014-09-21 (日) 22:58:29
      • ま、確かに前は弱気すぎかもとは思ってたけど……それで5年も修行って相当ガチよね
        What a fuc……(ボードを取り上げられ罵声を上げるが、そろそろボードを降りてしばらく立つ 上がったテンションが元に戻りやがて)
        か、返してよー……(弱気モードに戻る ぴょんぴょん飛び跳ね取り上げられたボードを追いかける) -- レイト(強→弱) 2014-09-21 (日) 23:04:19
      • ガチもガチだが?人だったら何回死んでたんだろうな…きっとオレはいなかった…(またもや遠い目をしながら)
        女の子がそんな口調するな、ご両親が悲しむぞ…(取り上げたまましばらく首根っこを掴んだままで放置してから降ろして)
        …なるほど、やはり前のままか(ルプスが手を伸ばせば、普通にやったのでは届かない高さで) -- ルプス 2014-09-21 (日) 23:07:14
      • うわぁ、厳しすぎ……限界をわかっててやってると思うけど
        う、うちは皆テンション上がると大体こうだから……テンション上がる条件は違うけど(もしかしたら発明狂の彼女の兄を知っているかもしれない)
        ルプス兄さんみたいに矯正でもしないと人間そうそう変わらないよね……(まだ手を伸ばす 届かない) -- レイト(弱) 2014-09-21 (日) 23:19:16
      • そこは当然、分かっててやっている… だからこそ、キツかったとも言えるが…
        …あの発明馬鹿もいるしな…だからといってやっぱり女の子が口にしていい言葉と言うものもあるだろ…
        オレはそんな性格は変わってない気もするが…まぁ多少は前に出せるようにはなったが(ちょっとこちらに向かってジャンプすれば取れる位置に下げて、別に胸当たったらいいななんてそんな事考えてるはずが…) -- ルプス 2014-09-21 (日) 23:22:52
      • 特訓上手い人ってギリギリを攻めてくるって聞いたことがある……怖いなぁ
        う、うん……抑えるようにしてるつもりだけど、テンション上がるとどうしてもね
        そのちょっとでも大分苦労するものじゃないかな。よっ……(ルプスがボードを下げたのを見て、強く溜めを作り大きくジャンブ)
        (予想よりも高く飛び、ルプスの手より高い位置でボードをキャッチ 揺れる胸、そして降りていく先には手が) -- レイト(弱) 2014-09-21 (日) 23:31:33
      • まぁ、あとは人狼の力を使わずに狩りを成し遂げろ…と言う事で、冒険者になるために戻ってきた…
        …そんな事じゃ、嫁の貰い手を探すのも大変だな… まぁ、まだ気にする年齢でもないか
        …おっ、なかなかいいジャンプd… …これは事故だと思うんだが?(ある意味避けられたが、本能と理性が避けるなと命じて、胸に手が当たって) -- ルプス 2014-09-21 (日) 23:40:43
      • Ah、それで冒険者に……皆いろいろ考えがあるのに、同じタイミングって凄いよね
        あっ……(うっかり飛びすぎたと気づいた時には遅く、思い切り胸をルプスの手に押し付ける形になり、顔を真っ赤にして)……He、Hentaiー!(そのまま走り去ってしまった 体育会系なので足が恐ろしく早い) -- レイト(弱) 2014-09-21 (日) 23:52:49
      • 何かあるのかもしれないな…そういう流れみたいなものが
        (柔らかい!と思ったのもつかの間真っ赤になって叫ばれると流石に焦って)…い、いや。待て、落ち着いて…逃げられたか、追いかければ追いつくと思うが
        (今それをしても余計にこんがらがるだけだろう、少し時間をおこうと考えて) -- ルプス 2014-09-22 (月) 00:00:02
  • チラシが投函された
    薬屋【山羊の窯】OPEN!』
    『傷を癒やす薬から標的に状態異常を与える毒薬まで、品数豊富に取り揃えております』
    『また、材料を持ってきていただければ出来上がったものを通常の半額でお渡しします』
    『OPEN記念として来店された方には漏れ無く治癒のポーション(中)をプレゼント! ぜひお越しくださいませ^ワ^』
    -- 2014-09-20 (土) 22:34:18
    • あれ…オレ寝てた? あ、なんかチラシ入ってるな。どれどれ…
      へぇ、そんなのが出来たのか。昔からある店は知ってるけど…でも治療か…オレあんまり意味ないんだよな、まぁ後で行ってみるか -- ルプス 2014-09-21 (日) 21:56:35
  • あー…これでいけんのかな… -- ルプス 2014-09-20 (土) 21:52:40
    • よっし、これでいけっかな。しっかしひっさしぶりだよなー…皆元気にしてっかな -- ルプス 2014-09-20 (土) 21:57:26

Last-modified: 2014-12-14 Sun 00:54:38 JST (2758d)