レアメタル家出身 アロイ 130965 Edit

ID:130965
名前:アロイ
出身家:レアメタル
年齢:6
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴




魔王に恋をした精霊の子供は
その身を滅ぼし 虚空に消えた
幸せと引き換えに 永遠の命を失った

「ありがとう さようなら」


コメント修正
お名前:
  • (久々の来訪。墓石をごしごしと洗い、花束を捧げ)お袋、またやっちまったよ。はは…
    ま、ケガとかしても元気でやってるから心配すんなよな。っても死んだら死んだでそっちに帰るだけだけど。
    ま、とにかく何かあったらまた来るよ。あの世で元気でなお袋。 -- ザン? 2009-07-11 (土) 22:10:25
  • >じゃあ、今から可愛いと思うお嫁さんのコメントに(ちやほや)と書き込む祭り
    (ちやほや)(ちやほや) -- 2009-07-05 (日) 09:58:24
  • (丹念に丹念に、墓標に水を掛けてはスポンジで磨いてゆく少年)
    …何か妙だよな…これ。一応、現世視点的には死んでるって事になるんだろうけどな…。
    ま、いい。綺麗にしておくに越した事ねぇしな。…よし。
    (掃除を終え、輝きを取り戻した墓標を見て頷き)俺、冒険者してみるよ。お袋達がしてたみたいにさ。
    (それだけを告げ、くるりと踵を返すと静かに歩いてゆく) -- ザン? 2009-06-11 (木) 21:33:15
  • まあ、なんだ、去年よりは随分と元気になったとは思うので安心してくれコロン。
    いやはやどうもルナエスタが居らんとぐんにょりしてしまう駄目男らしいな私は。
    地獄の薬草レースの突入中だが何とか乗り切ろう、生きているのならば生きなければな?
    (墓を綺麗に磨いた後ヒャクニチソウの花を供えた)強くなるぞ私は、見ていろ…実に頼れる男になってみせる。
    出来れば危険ではない依頼をコツコツと受けてな、死んでは下も子も無い。
    さて…それではなコロン、お盆に来てくれてありがとう、本当に元気が出た。ではな。 -- ザビーネ 2008-10-31 (金) 03:38:41
  • 私の旅路も終わりが見えてきた、歩いたな…まだまだ歩きたいと思うがそれぐらいで丁度良いか。
    (墓を綺麗に磨くと白い薔薇の花を供えて)まだまだ歩くがもしかすればコロン達の所に辿り着いてしまうかも知れん。
    その時は頭を撫でさせて貰おうか?っといや違うか、私は地獄行きだからな…だが地獄の国取りも悪くは無い。
    地獄をキッチリ仕切ったら天国へ凱旋する、その時会おうかコロン。ああいや待て、無駄に暴れてとルナエスタに怒られるかも知れんな…。
    止そう死んだ時を考えるのは、今生きているしな。それにアドリブで動いた方が楽しい。
    笑って生きよう、いつかその日が来ても笑い続ける。コロン、生きるのは楽しいな?
    さてと、ではそろそろお暇しよう。それではなコロン、また来年会おう! -- ザビーネ 2008-10-19 (日) 02:21:27
  • そろそろ出会えたかねコロン?コロンにとって一番大事な人に…。
    (墓を丹念に磨いた後コーティングをして百日草を供えた)ゾアの事だから出落ちているかも知れんな、まだ着いておらんかも知れん。
    だが必ず辿り着くと思うぞ、男は随分と単純な生き物だからな。好いた女に会うと決めたら絶対に会う。
    出会ったら…そうだな、お帰りとでも言ってやってくれコロン。大事な人のお帰りは世界で一番素晴らしい言葉だからな。 -- ザビーネ 2008-10-07 (火) 02:38:31
  • そうか…もう1年経ったのか…コロン、大事な人がそちらに行った。
    だが泣くのはもう終わりだ、待っていると言ってくれたからな。辿り着くまで歩き続けよう。
    ゾアがそちらに行った、もし出会えたのなら末永く幸せに在るのだぞコロン。大切な人と一緒に居られるのはとても幸せな事なのだから。
    (墓を綺麗に磨いた後ヒャクニチソウを供えて)それでは歩くとしよう、それではなコロン。 -- ザビーネ 2008-09-25 (木) 02:30:36
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst014179.jpg (色とりどりの、鮮やかなる花束を墓前に捧げ置く)
    最早、白い花に拘る理由はなくなった。もぅこれは弔いではないのだから…。
    コロンちゃんよ、これより俺様は君を捜しに冥府へと赴く。
    君は、こんな俺に呆れるかも知れんが、何年経とうと俺様の君への愛情は…薄れることさえ無かった。許せ。
    と、言うわけでだ、この花はバレンタインのプレゼントさ。じゃ、待っていてくれ。必ず君のもとに辿り着く!!
    (高らかにそう宣言すると、男は踵を返し墓の前から空へ、黒い翼を広げて飛び立つ) -- ゾア 2008-09-21 (日) 02:15:41
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst013801.jpg (墓石を覆い尽くさんばかりの花束をよいせ、と置き)
    フハハハ!富豪になったのでな、奮発してみたぞコロンちゃん!ま、それはともかく…
    今月は引退したと報告するツモリであったのだが、まだ持ちこたえておるよ俺様。そろそろ心配してくれる君も
    あまりのしぶとさに呆れてる頃かな…はは…。 -- ゾア 2008-09-18 (木) 02:07:44
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst013170.jpg (ザビーネと入れ違いに現れ、彼の背を少々心配そうに見送り乍、墓の前になんか置いた)
    ぬぅ…。大丈夫か、ザビーネめ…?ま、それはともかくまた半年が過ぎたよコロンちゃん。
    いまだ情熱が微妙なラインを行ったり来たりでまだ其方に行けそうもない…。
    でな、寂しいついでに「コロンちゃんで」イメぐぐってみたところ、無数のわんこに混じって出てきたのがコレだ。ほめて。 -- ゾア 2008-09-13 (土) 02:57:39

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

鋼の声は、もう聞こえない Edit


Last-modified: 2011-10-23 Sun 17:59:25 JST (2974d)