オークランド家出身 リオ・オークランド 156985 Edit

ID:156985
名前:リオ・オークランド
出身家:オークランド
年齢:26
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
CV:釘宮理恵
その他:ステータス/戦歴
本名:イオ・ローランド?

黄金暦101年10月 Edit


ここ最近、どちらかと言えばハードな依頼が多かった
しかし、それでも失敗することなくこなせていた
討伐の経験もそれなりに積んできた、そう自分でも思い始めていた

そこに、気の緩みがあった、それを否定することはできなかっただろう

今回の依頼は巨大怪物ということは分かっていただけに、そう易い依頼でないことは承知していた
そんな中、最初に現れたのがウーズ
倒せない相手ではない
だが、易い相手でもない
メンバーの経験を考えれば、少々難敵であったと言えるかもしれない
最終的な討伐対象が巨大であるだけに、序盤でのダメージは少なくしておきたかった
しかし、そんな思いとは裏腹に、熟練の狼男との戦闘2回
そして死霊との戦闘で、その後も確実にダメージは蓄積していった
巨大怪物が果たしてなんなのか、分かっていなかっただけに危機感が募りはじめる
だからと言って、ここで弱気になどなれない
きっと、なんとかなるはずだ。なんとかなるに決まっている。そう言い聞かせようとしていた
そして、現れた超巨大トカゲ

知らない相手ではない
イオ=ローランドとしてならば、何度も倒してきた相手だ
いける、きっといける。必ず倒せる。そう己を鼓舞し立ち向かった…



巨大トカゲの爪が、牙が、次々とパーティーの面々を死へと引きずりこんでいく
リオも例外ではなかった

ざっくりと胸から腹にかけて鋭い爪で切り裂かれ、血で地を真っ赤に染める
失血は着実にその命の灯を消そうとしていた
致命傷を免れた仲間が一人、なんとか逃げていくのが見える
周りには、倒れた仲間が4人、虫の息でぐったりと横たわっていた
自分を入れて5人、さすがに助かりそうにはない
ここまでか、リオは一度軽く天を仰げば、ゆっくりと巨大トカゲを睨みつけた

「悪いけど、あんたに食べられるわけにはいかない…。ここのみんなも、食べさせるわけには、いかない…」
そして、仮面を外した

リストリクターとして働いていた仮面を外すことでイオ=ローランドとしての力を発揮させることはできる
しかし、今の傷ではそれも不完全ではあろう
それでも、ただこのまま殺されるわけにはいかない、その強い意志こそが
彼女の最大の力にもなっていた

トカゲはじっくりとイオの様子を窺い、なかなか仕掛けてこようとはしない
それは、さながらご馳走をたっぷり楽しもうとしているかのようにも見えた
イオは出血により意識を保つのも辛くなりはじめていたこともあり、自分から攻撃をできる状態ではない
巨大トカゲを睨みつけたまま、じっと相手の出方を待った
食欲に負けたのか、それとも殺戮欲に負けたのか、巨大トカゲが咆哮をあげながらイオへと向かってきた
「………ほんの僅かの間でいい、わたしにこの敵を倒す力を…」
イオは小さく祈るようにしながら首のネックレスを一度握ると、ぎりぎりまで巨大トカゲを引きつける
巨大トカゲはその大きな顎を広げ、一口に飲み込まんと向かってきた
イオは寸でのところでそれを横に逃げて交わすと、すかさず相手の目にスティレットを突き立てる
もちろん、その程度で倒せる相手ではないが、それでも少しひるんで動きが止まる
立て続けに攻撃をしたいところだが、今の動きだけでも身体への負担は相当なもので
こちらも一度呼吸を整えなければならなかった
それでも、繰り出せる攻撃はあと一回というところか
イオは愛刀をしっかりと両手で握り締めると、大きく上段に構えた
目をやられたことで、苛立ちでも感じているのか
巨大トカゲは一際大きな咆哮をあげると再びイオへと襲い掛かってくる
それに合わせるようにして、イオは愛刀を力の限りに振り下ろす…

「はぁぁああああああああああああああああああ!!!!!!」

渾身の力を持って振り下ろした愛刀、その刀身に纏った真空は、鋭き刃となって巨大トカゲへと放たれた

「GuGYaaaaAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!」
洞窟を巨大トカゲの声が震わせる

イオへと真っ直ぐに突っ込んできた巨大トカゲへの頭部へと、真空刃はまっすぐに放たれた
しかし、巨大トカゲは本能で感知したのか、その攻撃をぎりぎりでかわそうとする
狙いを外れた真空刃は、それでも巨大トカゲの前脚を捉え、根元からざっくりと切り落とした
この程度で殺せる相手ではないが、それでも戦意を喪失させるには十分であった
巨大トカゲはまだ立ち続けるイオの様子を窺いながら、ゆっくりとその場を去って行った

イオの手から愛刀がずるりと落ちる
知らぬ間に膝も地面についていたようだ
今にも途切れそうな意識を、蜘蛛の糸ほどの太さで保ちながら、洞窟の出口へと視線をやる

ドーンさん……今から………そちらへ、行きます…ね………


洞窟の出口へと、赤い道が、そこに残された…


すべての冒険者に幸多からんことを…… Edit


間違えましたか、ではここからお直しください

お名前:
  • 始めまして、リオさん。僕は今日から虹弦道場に通わせていただく桃三郎と申します。
    あなたの勇士、生きていらっしゃるうちにこの目に焼き付けておきたかった。
    あなたの運命の続きを背負うほど僕の背中は大きくないですが、あなたの意思が残るあの道場で今よりも強くなってみせます!
    あ、これ…僕が作った吉備団子です。お供えしていきますね…そちらで召し上がってください。それでは。 -- ? 2008-07-27 (日) 01:49:02
  • …オレはいつもタイミングが悪いね。旅に出てすぐ訃報を聞いたけど…会いに来るの遅くなっちゃったよ。ゴメンな…
    ずっと「なんで討伐組みに」って思ってたけど、全部終わった今になって思い出したよ …いや、全部終わったから「思い出せた」のかな? …イオちゃん、ドーンさんの所に行きたかったんだね…
    きっと、今二人は一緒に居るんだと思う。だからオレは悲しまないよ。(優しい青色の花を一輪供える)
    イオちゃんは一番付き合いの長い友達で…オレより立派な探索者だったし、立派な討伐者だったよ。そして一人の女として、冒険の舞台を降りた。ドーンさんが羨ましくなるくらい、とびきりいい女として…ね。
    今までありがとう…さよなら、イオちゃん。 -- ブライ? 2008-07-24 (木) 20:33:02
    • (貴方には、いつも甘えてばかりいたように思います。いつも優しく接してくださって、ほんとうに感謝していますよ。好きな人に会うために、ただそれだけのためにはじめた討伐。理解をして欲しいなどと言えるはずもありません。ですが……やはり、最後まで優しいのですね。これから行く道に、幸多かりしこと、祈っています…) -- 2008-07-25 (金) 11:35:42
  • ……戦場に散るは戦士の定めだ
    足の無いトカゲか……見かけたときは必要以上に力が入ってしまいそうだな(瞳に昏い炎がともる) -- アールヴァン? 2008-07-21 (月) 12:35:14
    • (果たしてわたしは一人の戦士として死んだのでしょうか…。それとも、一人の愚か者として死んだのでしょうか…。それを決めるのは、わたしではなく、わたしを知っていてくださる方々なのでしょう。その中の貴方が戦士と仰ってくださるのなら、わたしも一人の戦士となれたのでしょうか…) -- 2008-07-22 (火) 11:59:23
  • まだ何にも話した事無い気がするのにな…。善は急げっていう言葉が身に染みるよ… -- アルバータ 2008-07-19 (土) 08:41:00
    • (やれるべき時に、成すことを成す…。そうですね、人生に悔いを残さないためには、必要なことなのでしょう……。わたしは、悔いのない人生だった、と思いたい。いけませんね、こんなことを言うことこそ、悔いの残っている証拠だと言えるのかもしれません……) -- 2008-07-19 (土) 12:33:25
  • 挨拶くらいしかできなかったけど、しかもその挨拶の半分は嫌がらせだった気がしないでもないけど
    本当はもっとちゃんと稽古とか付けてもらいたかったです……リオさん、御疲れ様でした -- メル? 2008-07-19 (土) 05:05:49
    • (これからを担うべき若き冒険者を、いつまでも見守っていることだろう……。本当はね、わたし、かまってもらって嬉しかったんですよ………) -- 2008-07-19 (土) 12:28:32
  • …もっとお話して、もっと皆で、笑いたかったですよ…いままで、ありがとう、ございましたです(花を添え、静かに手を合わせ祈った) -- クレア? 2008-07-19 (土) 01:57:11
    • (手を合わせる様子を、きっとどこかから見ているだろう。そして、もう声は届かなくとも、その気持ちに感謝の言葉を返す。こちらこそ、ありがとう、と…) -- 2008-07-19 (土) 12:24:05
  • ……さらばじゃな 願わくば、次の世が幸福であることを -- 蘭丸? 2008-07-18 (金) 22:11:12
    • 心残りがあるとすれば、道場のみんなと楽しく騒げなかったことでしょうか…。最後まで、不甲斐ない弟子でした。師匠に、そして道場のみんなの行く道に、幸多からんことを、祈っています…… -- 2008-07-19 (土) 00:24:41
  • ―――――――――――――――

  • …強くなっているな(依頼の報告書を持ち出して眺めている)
    8月にきちんと居られれば話ができたものを…次は一瞬でも会いたいものだ(どこからか勝手に入った男の姿が消えるとそこには色とりどりの花束が残された) -- ―――? 2008-07-17 (木) 18:24:04
  • じゃあなねーちゃん。達者でな
    素直じゃねぇのが二人も待ってるからちょっと行ってくるわ -- 誰かの声? 2008-07-16 (水) 04:09:10
    • ……………どうして、なんだろ。わたしはまた、見送るばかりじゃない……
      わたしはいつになったら行くことになるんだろう…。ま、せいぜいあっちでも暇を持て余すんだよ、アド君…… -- リオ 2008-07-16 (水) 15:53:22

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照


内密な話はこちらで… Edit


Last-modified: 2008-07-20 Sun 22:44:49 JST (5055d)