スミシー家出身 アラン 213035 Edit

ID:213035
名前:アラン
出身家:スミシー
年齢:25
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴

冒険者……そういえば、そんな仕事をしていた事もあったね…… Edit

冒険者「だった」男。
彼には呪いがかけられている。
その呪いは「過去にしか生きる事が出来ない呪い」
彼にとっては全ての事象が過去であり、今となってはどうしようもない、過ぎ去ってしまった時間である。

今まで起きたことも、今起きていることも、これから起こるであろうことも、

彼にとってはどうすることも出来ない、「過去」でしかないのだ。

設定 Edit

この名簿で起きていることはどんな時系列であれ、「過去」になります。
基本的にシリアス重視でいきますが、死人やもう居ない人が出てきてもOKです。
なぜなら、その人が死んだという事も生きているという事も、ここでは「過去」でしかないからです。

日記 Edit

冒険者になった日の事 Edit

ここ暫く、俺が冒険者だった頃の話を綴ろうと思う。
結構前のことだったように思うが、いつだったかは覚えていない。
まぁ昔の事なんてそんなものだ。過ぎ去った時間はどうにもならないし、どうにもできない。俺には思い出すことしかできない。

確か、文士として食っていくのにも限界を感じ、俺は自分の見識を広めるために冒険者になったんだと思う。
……なった当時はそう信じて疑っていなかったが、今考えてみれば、若い俺はただ単に「冒険」という仕事に憧れていただけだったように思う。
それからどんな事が起こるかも知らずに、のんきなものだ。
最初は誰でも出来るゴブリンの討伐依頼だったかな。よく覚えてないや。

はじめての冒険 Edit

はじめて出た冒険はゴブリンの討伐だった。確か、そう聞いて俺は冒険に出た気がする。
だが、実際に討伐に出てみればそれはゴブリン討伐ではなかった。ひたすら鼠を駆除する作業だ。
最後にちょっとだけゴブリンが出てきたが、はっきり言ってゴブリンなんておまけみたいなもんだったよ。
俺は思ったね。
「なぁんだ、冒険者なんてこんなもんか。ちょろいもんじゃないか」
こんな簡単な害獣駆除で金が貰えるなんてボロい商売だなと思ったよ。仕事も月一だしな。
だが、その見解は直にどころかすぐに覆されることになった……いつだったかは覚えていないが、俺は確実にそれを知るのだ。
……冒険者に与えられる報酬とは、「命」を秤にかけて与えられる報酬なのだと……

最後の冒険 Edit

人型の怪物討伐……それだけを伝えられて、俺は冒険に出た。
何を討伐するかは聞かされていなかった。ただ人型だといわれて、俺は討伐に出た。
どうせちょろい仕事だろうと思っていた。ちゃちゃっとモンスターを始末して帰るだけの易しい依頼だと思っていた。

それが俺にとってまさか最後の仕事になろうとは、そのときの俺には知るよしも無かった……そして、俺は死して改めて学んだのだ。
……冒険者に与えられる高額報酬……その意味を……

いつかあった冒険 Edit

ゴブリンの討伐。以前にもやったような気がする。
多分やったんだろう。いつやったのかは覚えていない。
まぁなんでもいい。昔の話だ。

とりあえず、適当に鼠をゴブリンを蹴散らして、討伐の仕事は恙無く終わった。
同行者の一人が戦利品のサーベルを持ち逃げしやがったのが気に食わなかったが、まぁ一月くらすには十分すぎるほどの給金を貰っているのだ。細かいことでけちけちするのはよそうと、その時は思っていたような気がする。

冒険を続けていると分かる事なのだが、ここはケチケチするべき場所だったのだ。もし、当時の俺に文句が言えるなら、殺してでもそのサーベルを奪えと言っていただろう。
得物の良し悪しはこの辺りでは金に代えられないものなのだ。

そんな事もあったな Edit

その月はゾンビの討伐に駆り出された。
ゾンビ……かつては俺達と同じ人間だった者たちの成れの果て。奴らにはもう過去も未来も今すらも存在しない。
奴らは生きいてい「た」のだ。もう死ん「だ」けれど。
俺もいつかはああなるのかもしれない、とかその時は思ったが……まぁ、結末なんてのは誰にも予測がつかないもんだ……結局、どうなったのかなんてのは、先を読めばわかるだろうよ。

ああ、そんな事もあった Edit

その月のゾンビの討伐だったが、よく思い出せない。
まぁ思い出せないということは大したことがなかったんだろう。


昔話 Edit

お名前:
  • 大柄の男が酒場の席に着く。「おう、一人前と聞いて祝いにきたぜ!まぁ飲もうや、ガハハハハ!!」
    空元気ではないのかと思えるほど笑いながら酒を先走ってガブガブと飲み、ボソリと言葉を吐いた。
    「俺もお前もよ、お互い長生きしてェもんだわな。 ・・・ガハハハハハ!辛気臭くなっちまったな!!
    ヘヘヘ、実は俺も一人前よ!ホレもう1杯カンパーイときたもんだ!俺の奢りだ、ジャンジャン行こうぜ!ガハハハハハ!!」
    ・・・結局巻き込むような形で男は酒を酌み交わしていった。 -- ヴォルカン 2008-09-24 (水) 22:51:18
  • その日は2月14日、バレンタインデー……
    「アランさん、本日はバレンタインデーということで……親愛なる知人の方々にチョコレートを配っております」
    そう言ってチョコレートの入った包みを渡した。相変わらずにっこりと笑顔を絶やさない -- シュガー 2008-09-20 (土) 17:27:45
    • 「ありがとよ、シスター。なんだ、照れくさいなこういうの。ありがたく頂くよ」
       あれの味はしっかり今でも覚えている。優しくて甘い、美味いチョコレートだった。 -- アラン 2008-09-20 (土) 23:52:20
  • 「こんにちはアランさん……」
    そう言ってアランを訪ねたシスターはどこか気落ちしている様子だった
    どうやら依頼で死者を出してしまったらしい…… -- シュガー 2008-09-19 (金) 17:43:44
    •  いつだったかはよく覚えてないが、珍しくシスター・シュガーが来たと思ったらなんだか凹んでいるようだった。
      「よう、どうしたシスター? 随分と元気がないみたいじゃないか。そんな顔じゃ神様も困っちまうぜ」 -- アラン 2008-09-19 (金) 23:27:45
      • 「あはは……そうですね。私ったらまだまだ未熟です。お恥ずかしいところをお見せしました
        ふぅ……シスターたる者、常に人々に神の教えと笑顔を……」
        そう言ってシスターはいつもの笑顔に戻った -- シュガー 2008-09-20 (土) 02:22:56
  • 「ボロいな」(ゴーレムは開口一番、男の持っていた杖の率直な感想を述べた)「もうどうしようもないくらいボロいな」
    (二言目もそれだった)「だが、良い味が出てる。そいつは悪いものじゃねぇ」(それが、ゴーレムが杖を見て言った全てだった) -- ミッドナイト・カウボーイ 2008-09-18 (木) 16:21:57
    • 「ああ、ボロいな。でも、使いやすそうだ」
      笑って酒を酌み交わした -- アラン 2008-09-19 (金) 23:25:24
  • アハッ、アハハ! アハハハハハ!(狂った笑いと共に機械天使が降臨する)
    アハ、初めまして! 私は救世主(メサイア)! 皆を殺して天国に送ってあげる天使なの! アハッ、アハハハハ!
    ……? 何故か、貴方からは違和感がするの……アハッ、よくわかんないけど、貴方を救済しても良い? 天国に送っても良い? アハッ、アハハハ! -- メサイア 2008-09-15 (月) 12:31:47
    •  メサイア・プロト。俺の知ってる機械の中でも特にぶっ飛んでいて、特に狂っていた一体だ。アイツがぶっ壊れたとは思えない。多分、今もどこかで「救済」とやらに勤しんでいることだろう。
      「悪いが、救済は間に合ってるんでな。遠慮させて貰うよ」 -- アラン 2008-09-15 (月) 12:37:50
      • アハッ! ダメだよ? 遠慮とかそういうのじゃないの! 世界は私に、天使に救済される運命なの!
        貴方の個人的な感情なんて関係ないの! アハッ、アハハハハ! 皆天国に送るの! 貴方も! 皆も! 全部!
        そして、千年王国を建設するの! アハッ、アハハハハ! -- メサイア 2008-09-15 (月) 12:47:15
      •  恐らく、アイツとはまともな会話なんて出来ないんだろうと思う。それは機械だ。それは狂気だ。だが、それすらも、あの機械は内心で理解していたように思う。確信はないし、今じゃ確認のしようもないけどな。
        「そうかい。それじゃ、他の連中の分が終ったら俺も頼むとするよ。一番風呂は苦手なんでな」 -- アラン 2008-09-15 (月) 12:50:42
      • アハッ、わかったの! じゃあハルマゲドンのときに殺してあげる! 壊してあげる! 救済してあげる! アハッ、待っててね? アハッ、アハハハハ!
        (狂気の笑いを響かせながら、機械の翼を広げて飛び去っていった) -- メサイア 2008-09-15 (月) 12:58:39
  • (酒場の片隅に、巨大な影がある。それはカウボーイ姿をした巨大なゴーレム。明らかに不自然な光景であるが、
    そのゴーレムは当然の様に其処に座り込み、他の冒険者と酒を酌み交わしていた。そこへ、ある若い冒険者が尋ねてくる。
    彼は冒険者を始めたばかりらしく、この光景に面食らったようであった。そんな新人にも、ゴーレムは何時もの様に
    声をかけ、カクテルを作り、振舞って見せた。酒の味に舌鼓を打つ新人に、ゴーレムは冒険者の心得と昔話を語り始める。
    盛り上がる話の中で、ふとゴーレムは気づいたように言った)
    「お前、アイツに似てるな。ここに居た元文士でな、何でも過去の事の様に語る面白いヤツだった」
    (新人は訊く。その人物は今何処に居るのかと)
    「アイツは・・・」(ゴーレムは小さくウォッカの傾け、答えた)「駆け抜けてったよ」 -- ミッドナイト・カウボーイ 2008-09-13 (土) 23:50:19
    • 「ああ、何もかも、結局は過去になるからな。俺達には未来なんてない。あるのはただ後ろへ流れていく時だけ……今ですら、今と感じたその瞬間から過去になる」
      カウンターの向こうから、俺はミッドナイト・カウボーイに例のカクテルを投げてやる。見よう見真似で作ったものだけど。 -- アラン 2008-09-14 (日) 10:00:23
  • 「よう、お隣さんだな!んー・・・?」(ジロジロと上から下へ目線を動かす)
    「何だオイ細ェな若いの! よし、近づきのしるしだ!うちの村で作った干物だ、酒も進むし力もつくぞ。食ってくれ!」
    (魚の干物の束を渡し背中を軽く平手で叩いた)「うちの村のは味も栄養も一級品だぞ!ガハハハハハハハ!!!」 -- ヴォルカン 2008-09-12 (金) 18:25:06
    • そいつ、ヴォルカンは一言でいえばでかい男だった。後に会ったときに漁師だと確認したのだが、正直、始めてあったときはその余りの豪快さと声のデカさに海賊か何か何じゃないかと思ったくらいだ。
      まぁ、無論中身はそうではない。付き合ってみると分かる事なのだが、要するに彼はただ単に大柄で豪快な「いい男」なのだ。
      「おお、ありがとう。冒険者になる前は文士なんてケチな商売しててね、身体も気概も細い人間になっちまったのさ。アンタのくれたこの魚を食って、俺もでかい男になろうと思うよ」 -- アラン 2008-09-12 (金) 20:37:08
  • 「ちっ、成人の男か」「見た目普通だが…この酒場だから分からんな」「セックス!」「お前両刀だったのか?」
    (酒場に入るとそんな話し声が聞こえてきた) -- 2008-09-12 (金) 12:43:04
    • 「期待にこたえられなくて悪いが、俺は見ての通りなんの変哲もないただの文士さ。悪いな」
      酒場の喧騒はまだ駆け出しだった俺にも分け隔てなく接してくれた事を、今でも鮮明に覚えている。あの酒場は「坩堝」という表現がもっとも似合う場所だった…… -- アラン 2008-09-12 (金) 12:47:23
  • セックス! -- 2008-09-12 (金) 12:10:46
    • セックス。言わずもがな、性交渉やら性別を意味する単語だが、ここらの界隈では新人冒険者に対する挨拶のような言葉になっていた。最初聞いたときは俺も面食らったものだが、直に慣れたな。ま、昔の話だ…… -- アラン 2008-09-12 (金) 12:14:09
  • (その妙に軽い口調の巨大な鉄の人型は、男に馴れ馴れしく声をかけ、酒を勧めていた) -- ミッドナイト・カウボーイ 2008-09-12 (金) 11:13:33
    • ここらの界隈は妙な連中しか居ない。異人種? ははは、バカ言え。そんなのまだ可愛いもんだ……ここらの界隈にいるのは例えば異世界の住民、例えば異形のモンスター……そして例えば、鉄で出来た不思議なゴーレム。あいつ、ミッドナイト・カウボーイもそんな変な連中の一人だった。
      「余り強くないんだ、適当なので頼むよ。そうだな、赤ワインがいい。なんならアンタも飲むか? 奢るぜ?」 -- アラン 2008-09-12 (金) 11:17:52
      • 「ああ、それなら・・・ちょっと待ってな」
        (ゴーレムは手馴れた手つきでアップルワインとウォッカ、そしてシロップを混ぜたものをシェークし始めた)
        「ほらよ完成、こいつは『スノー・ホワイト』ってカクテルだ。美味いぜ?ああ、俺は自前のがあるから気にしなくていいぜー」
        (そう言って、ゴーレムは口のマスクを外すとウォッカの残りを自身の口へと流し込んだ) -- ミッドナイト・カウボーイ 2008-09-12 (金) 11:29:45
      • 「へぇ、慣れたもんだな。それじゃ、ありがたく頂くか」
        もう昔の事なので、詳しい味は覚えていないが、確かうまかったような気がする。 -- アラン 2008-09-12 (金) 11:33:02
      • 「良い飲みっぷりだな、気に入ったぜ!」
        (それからも、ゴーレムは酒を飲みながら様々な話をした。内容の有る事無い事であったが、ゴーレムのメモリーには
        それらは『楽しかった事』として蓄積されていたという) -- ミッドナイト・カウボーイ 2008-09-12 (金) 11:37:59

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2008-12-27 Sat 10:54:35 JST (4488d)