コルネリウス家出身 クリスティアン 266931 Edit

ID:266931
名前:クリスティアン
出身家:コルネリウス
年齢:30
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst037096.jpg
「… 外が明るい… もう、朝か…」
「休養」から1年が過ぎ…次第に彼の生活は輝きを失っていた
現役時

"元"剣客のその男 Edit

ここから遠く離れた西国、貴族と貧民が川を隔てて生活していた街で
男は剣客として業をなしていた。
剣客の主な仕事といえば、貴族が開く庭園での茶会、そこでの余興としての決闘、
そして殺しであった。
彼は田舎の貧しい村の出身で、剣はほぼ我流で腕を磨いた。
彼の元には茶会でのどうでもいい剣士や騎士気取りの貴族、もしくは彼らが雇った剣客との殺し合い、
そして貴族からの政敵の暗殺依頼などが常に舞い込んでいた。

彼は「天才」ではないが、我流とはいえ研ぎ澄まされた剣のセンスで、街一番の剣客として常に貴族、酒場、貧民街では注目の的であった。
決闘ではさながら芸術、舞踏のように剣を持って舞い、美しいと言えるほど鮮やかに相手を死に至らしめ、
そして暗殺では形跡を多く残すことなく、静かに、そして手早く標的を夜の闇の中に葬り去っていた。

彼が剣客として名を馳せてから1年後、ある貴族から、政敵である貴族を暗殺してほしいとの依頼が入った。
「また、いつものですか。」彼は約束の日時、114年12月、雪のちらつく街道で松明もちと雇われの剣客に護衛された貴族をいつものように、夜闇の中から斬りかかった。
松明もちを一斬りで絶命させ、護衛の剣客も一振りで雪の中に沈め、
さぁ次は標的の貴族だ。

しかしその日はいつもと違った。
2人の男の死体が転がるそこに立っていたのは貴族ではなく、剣客だったのだ。
「嵌められたか」と直感しながらも真っ先にその貴族であるはずだった剣客を斬り殺したものの、気がつくと彼は数人の、待ち伏せしていた同業の男たちに囲まれ、
一斉に斬りつけられた。

街一番と名を馳せた剣客は、彼もまた、その冬の冷たい石畳の街道の上で倒れた。

が、彼は奇跡的に生きていた。
気がつくと彼は無我夢中で貴族の街から逃げ出し、この街にたどり着いていた。
瀕死の重傷を負い、思うように動かなくなった体で彼は誓った。

「いつか、かつての剣の腕を取り戻し、あの街に戻って、復讐を果たす」と。
そして彼は酒場の門を叩いたのだった。

身なりと性格 Edit

背丈は172cm、体系は剣客にしては細身、いや、普通の男としても細身
髪は光に当たると紫がかった輝きを放ち、女性の髪の毛のようでもある
肩にかかるほどの長髪を後ろでしばっている
顔立ちも童顔、というよりも若作りなのか、女性的な、整った顔をしている
瞳は髪の色のような深いブルー
剣客に襲撃された際に負った傷が体中にある
目立つのは、左目を縦に走るようにある傷跡
左目は失明していない

普段から外套(マント)を羽織っており、これは剣客時代から同じ
服装も軽装で、普通の布の服に、少し高級そうなブーツ。これが一番動きやすいし、いつでも剣を振るいやすい。

一人称は「僕」
二人称は「あなた」、ある程度年が近い女性には「君」、もしくは名前で呼ぶ。
ここが重要、田舎生まれで貴族でも何でもないので「文盲」。読み書きができない。
性格は温厚で、物静か。 怒りを表すことはほとんどない。

愛用の剣は3フィートにも満たない短剣。
しかし剣客としても、冒険者としてもこの長さが丁度よく、傷が癒えない今の体でも最大限の実力が発揮できるようだ。
小細工なし、己の力にのみ依った戦いを好む。

酒瓶の転がる借家 Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst025185.png

&color(#3333CC){};
言い間違いは誰にでもあることです
お名前:
  • (静かに、ただ酒をあおる。髪の毛は伸びっぱなし、顔は…「廃れている」という表現がふさわしい) -- 2009-05-09 (土) 01:27:13
    • …何処かに出てみようか。 …しまった、10年も住んでいて…ちっともここの地理を知らない…
      (ため息をつくと傍らの酒瓶を手に取り、グラスになみなみと注ぎ、一気に飲み干した)
      -- 2009-05-09 (土) 01:33:59
  • ここがコルネリウスの……。そういえば昨年四月以来か、何度か護衛依頼を共にしたけど、仕事以外で顔を合わせるのは初めてだな(家の前でそんな事を呟く辛気臭い青年)
    ……問題はいるかどうかだが(右人差し指の背でドアをノック) -- 雅蘭? 2009-04-24 (金) 00:47:00
    • …! (ノックの音に気づき、つい剣客時代の癖からか柄に手を伸ばした)
      …(ドア越しに気配を読み、そっとドアを開けて顔をのぞかせた)
      …ん。 あ、あなたは確か…依頼で一緒になったような…
      -- 2009-04-24 (金) 21:47:46
      • …………ああ、居たのか(ドアから覗いた相手の顔が既知のそれだったので、ほっと息を吐くがどうも辛気臭い)
        ん、まぁ結構一緒になっていたね。私の方はここの所護衛はやっていないから、一緒になる機会は無くなってしまっていたけれど。
        そういえば、あれからどうかな。一緒にやっていた頃からして、冒険に対し疑問か何かを抱いていたようだが……? -- 雅蘭? 2009-04-24 (金) 22:30:47
      • (ドアを開け放って雅蘭と対面する)…普段客人なんて滅多にこないですからね。ここには…こんな古びた部屋には。
        確かに…何度も顔を合わせていましたね… ん。
        疑問です…か? んー…何かあったでしょうかねぇ…。(眉をひそめて考える)
        -- 2009-04-24 (金) 22:40:22
      • ふむ(軽く視線を巡らせ)確かに言うだけの事はあるけど、住まいと住人が等価とは言えない以上……しかし住まいを一因とするには十分か。
        その都度あなたの剣の腕を頼らせてもらってたいたが……む、疑問と言うか……(腕を組む)
        あれは、何と言ったものかな。……冒険に対する迷い?熱意の低下と言うか…………? -- 雅蘭? 2009-04-24 (金) 22:49:19
      • ふむ…そういう事ですか…(部屋の中に入り、無言で雅蘭にも入るように促す)
        そう。 確かに… ちょうど今日、報酬を受け取った後、酒場の主人に「これ以上続ける気がなくなった」と伝えてきたところですよ…
        (ため息をつきながら無言で首を横に振った)
        -- 2009-04-24 (金) 22:57:17
      • (目礼してからコルネリウスに続く)……おや、まぁ。成る程、そうだったか、ふむ。
        確かあなたは随分と強さを追い求めていたと記憶しているが……満足を?それとも冒険に頼らない鍛錬の道を?……ああ、無理に聞き出そうとは思ってませんのでね。 -- 雅蘭? 2009-04-24 (金) 23:02:17
      • (雅蘭を迎え入れてから、後ろ手で静かにドアを閉めた)
        ん…そんなこと…お話しましたでしょうか…? まぁいいでしょう。 確かにその通りです。
        満足しているかと言えば…(薄く笑みを浮かべながら首を横に振る) 鍛錬の道ですか…  これからどうするか、今は考えてませんね。 ただ…一つ言えるのは…「まだ足りない」、それだけです。
        -- 2009-04-24 (金) 23:11:11
      • 口で聞かずとも、敵と対峙した時の積極さだとかで何となく察せれますよ。それに、確か四度くらいは一緒に仕事しているしね。
        おやおや(話を聞いて意外そうに)……あなたの求める腕前がどの程度かは知りませんが、しかし、満足できていないのなら、満足する必要があるのでしょう。
        ただ……そう、今はただ休憩をとるべき時期、と言うようなものなのかもしれませんね。どこかであなた自身が無理をしていると、無意識に自覚していたのかも知れませんから。……勝手な推測ですけどね。 -- 雅蘭? 2009-04-24 (金) 23:18:48
      • そうですか… 積極さが…(手をあごに当てていろいろと顧みる)
        …ずいぶんと、僕の事、特に内面の方を見ているようですが…あなたは心理学者か何かですか?
        まあ、休憩、休息も少しは考えていましたが… さて…休むにしても何をすれば…
        -- 2009-04-24 (金) 23:32:02
      • 最初は、報酬に色付けされるのを期待してるのかとも思いましたが。そうでなさそうな事くらいは何となく知れましたからね。
        心理学者?いやいや、まさか、いやいやいや。言ったとおり、勝手な推測に過ぎませんよ。……ただ、どうやら正解に近かったようですが(辛気臭く微笑む)
        思うに……まぁ、そろそろ差し出がましく思わなくもないですが、休むというのは何もしない事ではないでしょうかね。日がな一日ごろごろするとか。 -- 雅蘭? 2009-04-24 (金) 23:38:31
      • なるほど… お金なんて、必要最低限、あれば大丈夫です。 あれば良いに超したことはない…と言うのはおそらく貴族か…逆に貧しい人達。 両極端ですね。 どちらかと言えば僕は貴族の「逆側」の人間ですが。
        (雅蘭の笑みを見て少し首を傾げるが話を続ける) 一日ごろごろする… ん…あんまり僕には合わないかも知れませんね… いや、いいや。 どうやって休暇を取るとかは、もう少し保留で。
        それにしても…(雅蘭の顔を見つめる) あなたは…今日はこの話をしたいために僕の所を訪ねたのですか?
        -- 2009-04-24 (金) 23:52:18
      • 金は、人の欲を計る上でもっとも分かりやすいものですしね。多くを望めば望むほどキリが無い。……必要最低限と言うのも難しいですが(苦笑した)
        確かに……急に何もするなというのは難しい事かも。ですね、何せあなた自身の事ですし。
        ん?……いいえ、まさかそんな。ただ、ふと知己の相手の顔を見にきた。そんな程度の所です。
        ……まぁ、少々話が弾んでますがね(小さく肩を竦めた) -- 雅蘭? 2009-04-25 (土) 00:07:30
      • ふふ… お金がないお金がない…と嘆いていてもそう簡単には変えられないものですからね。 あるだけのもの、でどれだけ自分の生活を楽しめるか…そんなところでしょうか。
        ふぅん…単にご挨拶、って所ですか…  うん。 休暇をこうやって人と話して過ごすのも… 悪くはないですね…(そう言ってから雅蘭に笑みを向けた)
        -- 2009-04-25 (土) 00:28:27
      • 成る程。……私はそんな達観の仕方は当分無理そうだ。どうしても今ある以上を求めてしまいますからね。
        ええ。……あなたも誰かに会いに行ったり、とかしてみても良いかも知れませんね(やっぱり辛気臭い顔のまま笑い返す)
        では、そろそろ。……そうだ、言い遅れましたが一応。引退おめでとうございます。
        ……それでは、また(会釈をし、帰って行った) -- 雅蘭? 2009-04-25 (土) 00:35:29
      • 身の回りの環境は変えられることは絶対に出来ますが…まぁ焦らずに、という所です。
        なるほど…知り合いは少ないですが…出歩いてみるのも良いかもしれませんね
        …それではまた。  (雅蘭を見送ってしばしの間。剣をいきなり抜くやいなや、暖炉の上に立てていた蝋燭の火を切っ先で消し飛ばした)
        「おめでとうございます」…僕の目標は…達成されても…到底賞賛される物ではない…(明かりが消えた闇の中、剣客は静かにつぶやいた)
        -- 2009-04-25 (土) 01:05:25
  • モチベーションの維持が…難しいですね。 ただ、まだこの体じゃ…無茶は出来ないし… 難儀な話ですね。 -- 2009-04-18 (土) 16:21:41
    • …「剣豪」か。 (部屋の中で剣の刃に映る自分の顔を見つめながら、ただ立っている) -- 2009-04-19 (日) 16:24:05
  • (キュッキュッキュッ)ちわッス、来月の隊商護衛の挨拶に来ましたよ? よろしくみャ
    ん〜…なんか兄さんめっさ強そうじゃね? オレっちとはレベルがっつり違いそうな、組むの不思議なくらいだみャ〜… -- クロ 2009-04-17 (金) 03:06:29
    • あっ…あなたとは同行しましたね…今…月…
      ね、猫も冒険者になれるのですか…いや、そもそも人の言葉を話してるとは… うーん…驚きましたよ…
      え? いやいや…ちょっと事情があってこれでも昔に比べればまだまだ力は落ちている方ですよ。
      そして…来月も同じみたいですね…字は読めないですが、同じ形の字が依頼書にあるので。 来月もよろしくお願いします。 (いやしかし…ネコが…)
      -- 2009-04-17 (金) 20:09:07
      • ってコトで今月もお疲れさま〜、いやはやなかなか大変だったみャ〜(ビールをあおりながら)あ、兄さんも飲む?
        むぅ、字読めないのは不便だみャ…慣れるとそうでもないとか? けどせっかくだし憶えて武芸書とか読んでみるのもいいんじゃね?
        …まぁその、ここの業界いろいろいるからソコは大目に…そうそう、友達で犬の冒険者もいますよ? …熊行って帰ってこないケド…
        さてオレっちまた討伐なんで別々だけど、兄さんも気を付けてな〜? だいぶガス抜けた顔してるしみャ -- クロ 2009-04-19 (日) 03:51:33

最新の4件を表示しています。 コメントページを参照


Edit


Last-modified: 2009-05-16 Sat 05:01:03 JST (4756d)