高天原家出身 邇邇芸命 291613 Edit

ID:291613
名前:邇邇芸命
出身家:高天原
年齢:不明
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
鎮座地東国街


ただ今再降臨準備中




http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst031203.jpg
髪を下ろした

天孫降臨 Edit

  • 名を天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(アメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギノミコト)と言う
    • 一般的には邇邇芸命と呼ばれる
      • 名前の「天にきし国にきし」は豊かに賑わう天地を表し、「天つ日高」は天つ神の美称、「日子」は男性の意、「ほのににぎ」とは稲穂がにぎにぎしく実っている様を表すという
  • 天照大神の孫、天孫であり、地上に皇室を開くために高天原より天下った
    • 天下られたときの姿は幼児のものであったという
      • これは古代において、神は幼いものの姿で現れると考えられた影響だと思われる
  • 豊葦原中つ国に皇室を開いたニニギノミコトは、今度はゴルロア世界を平らげるために降臨した
    • 十種神宝と呼ばれるものを持ち降臨した

お名前:
  • 罠だ!ゴキジェットプロが撒かれた! -- 2009-03-19 (木) 00:05:47
  • 怪しいローブ姿の人間が薬をばら撒いて逃げ去っていった(回避可能・期間は任意)
    反応時の秒数下一桁が 1:発情薬 2:毛生え薬 3:年齢変化薬 4:性別変化薬 5:透明化薬 
    6:(秒数)件目の人のところに突撃したくなる薬! 7:ケモ化薬(ケモは人化) 8:マイケル化薬(人種変化?) 9:傷薬 0:おしっこ薬 -- 2009-03-05 (木) 18:06:24
    • 此れは如何なるものか -- 邇邇芸命 2009-03-05 (木) 21:34:10
      • (厠へと向かった) -- 邇邇芸命 2009-03-05 (木) 21:34:37
  • 罠だ!反応した時の秒数下二桁件目の名簿に落とされる落とし穴がぽっかり口をあけている -- 2009-02-26 (木) 19:51:51
  • 今月はー、お疲れ様だよー天孫様ー。
    ところで、とーごくがいって私達みたいな西洋出身者でも入っていーのかなー?
    -- 広刃 2009-02-25 (水) 19:48:44
    • 大儀なり
      難しき問題なり。東国街には西洋、東洋を経たものもあり。そして、いと厳しき基準はあらず -- 邇邇芸命 2009-02-25 (水) 23:02:32
  • 突然、最新60件の上から(反応した時のレスの秒数)件目にいる人にほっぺちゅーをしたくなったような気がするが気のせいだった -- 2009-02-24 (火) 14:25:42
    • (何かを思ったような気がしたが気のせいだった) -- 邇邇芸命 2009-02-24 (火) 21:44:17

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照


施設/東国街 Edit

お名前:
  •   -- 2010-07-28 (水) 17:11:08

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

祝詞 Edit

大祓詞

高天原に神留まり坐す 皇が親神漏岐神漏美の命以て八百万神等を神集へに集へ給ひ 

神議りに議り給ひて 我が皇御孫命は 豊葦原瑞穂国を 

安国と平けく知食せと 事依さし奉りき 

此く依さし奉りし国中に 荒振神等をば 神問はしに問はし給ひ 神掃へに掃へ給ひて

語問ひし磐根樹根立草の片葉をも語止めて 天の磐座放ち 天の八重雲を 伊頭の千別に千別て

天降し依さし奉りき 此く依さし奉りし四方の国中と 大倭日高見の国を安国と定め奉りて 

下津磐根に宮柱太敷き立て 高天原に千木高知りて 皇御孫命の瑞の御殿仕へ奉りて 

天の御蔭日の御蔭と隠り坐して 安国と平けく知食さぬ 国中に成り出む天の益人等が 

過ち犯しけむ種種の罪事は 天津罪 国津罪 許許太久の罪出む 此く出ば天津宮事以ちて 

天津金木を本打ち切り末打ち断ちて 千座の置座に置足はして 天津菅麻を本刈り断ち末刈り切りて 

八針に取裂きて 天津祝詞の太祝詞事を宣れ

此く宣らば 天津神は天の磐戸を押披きて 天の八重雲を伊頭の千別に千別て聞食さむ 

国津神は高山の末低山の末に登り坐て 高山の伊褒理低山の伊褒理を掻き別けて聞食さむ 

此く聞食してば罪と言ふ罪は有らじと 科戸の風の天の八重雲を吹き放つ事の如く 

朝の御霧夕の御霧を朝風夕風の吹き掃ふ事の如く 

大津辺に居る大船を舳解き放ち艪解き放ちて大海原に押し放つ事の如く

彼方の繁木が本を焼鎌の利鎌以て打ち掃ふ事の如く 

遺る罪は在らじと祓へ給ひ清め給ふ事を 高山の末低山の末より佐久那太理に落ち多岐つ

早川の瀬に坐す瀬織津比売と伝ふ神 大海原に持出でなむ 此く持ち出で往なば 

荒潮の潮の八百道の八潮道の潮の八百曾に坐す速開都比売と伝ふ神 

持ち加加呑みてむ 此く加加呑みてば 気吹戸に坐す気吹戸主と伝ふ神 根国底国に気吹放ちてむ

此く気吹放ちてば 根国底国に坐す速佐須良比売と伝ふ神 持ち佐須良比失ひてむ 

此く佐須良比失ひては 今日より始めて罪と伝ふ罪は在らじと 

今日の夕日の降の大祓に祓へ給ひ清め給ふ事を 

諸々聞食せと宣る

Edit

// Edit

http://notarejini.orz.hm/up/d/hero12637.jpg


Last-modified: 2009-03-19 Thu 00:02:14 JST (4643d)