雛見沢村家出身 前原 圭一 323244 Edit

ID:323244
名前:前原 圭一
出身家:雛見沢村
年齢:15
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴

キャラクター紹介 Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst038092.jpg前原 圭一
(まえばら けいいち)
strength  (強さ)
もっとがんばりましょう
dexterity  (抜け目なさ)
おうちのひととよくそうだんしましょう
constitution(しぶとさ)
たいへんよくできました
intelligence(知能)
よくできました
wisdom  (賢明さ)
もっとがんばりましょう
charisma  (カリスマ)
たいへんよくできました
combat options
口先の魔術師
 本作の主人公。

 短気で熱血漢な性格だが、同時に優柔不断。
女の子に弱く照れ屋さん……と
 恋愛ノベルの主人公としては王道のようなキャラクター。

 素直でないのもお約束。
 何故かモテモテなのもお約束。

 だが、本作は残念ながら恋愛ノベルではないので
 きっとその性格が災いするだろう。……いろんな意味で。

状況説明 Edit

  • たしかレナの宝探しに付き合って……ちっと待ってる間に居眠りしたんだよな。…んで、目が覚めたらこの世界にいた
  • って、なんだそりゃーー異世界って奴なのか剣と魔法のファンタジーなのかぁーッ!?わけわかんねぇけど、落ち着け……KOOLになるんだ前原 圭一!
  • 文化は全然違うみてぇだけど話は通じるみたいだな……なら話は早い!元の…皆のとこに戻るために出来ることをしねぇとな!

前原屋敷(ただの宿) Edit

お名前:
  • 半年も気付けなかったなんてソウルブラザー失格だよな俺…すまなかった…K…本当にすまなかった… -- Ora2 2009-07-21 (火) 20:50:23
  • あらあらあら、ご近所さんとは思わないで油断していたら…今月はおつかれさまでしたー
    そして杖の獲得おめでとうございますー。いいですよねぇ魔導器って…。あ、またご一緒することがありましたらー、よろしくおねがいしまぁす(笑顔で握手を求める白衣のエルフ。何故か妙に力んでる) -- エレン? 2009-06-02 (火) 21:32:29
  • なにこの苗字被り! -- 2009-05-21 (木) 23:43:20
    • んなこと急に言われてもな!?い、いっとくけど俺の苗字はマエバラだぜ?お姉さんよ!?……っていうかね、猫耳……!?ど、どーなってんだ…!? -- 圭一 2009-05-21 (木) 23:53:36
      • あ、私はまえはらか 沖縄の生まれなんだよね あ、ああこの耳?(ピコピコ)
        んとね、死んだら生えてきた -- 2009-05-21 (木) 23:56:43
      • 沖縄…か、俺は××県(※公式にも詳しくは記載されていない)の雛見沢ってとこから来たんだけどよー いや、ほんとまいったぜ 気がついたらこんなとこで暮らさなきゃいけない破目になってよー…あいつら絶対心配してんだろーな……
        あ、し、死んだら!?死んだらそこで人生は終わりだろ!?な、なにいってんだよお姉さんっ!?ていうか生えてくるとかわっけ分かんねぇよー!?いや、可愛いと思うしこう、萌え文化の住人としてはむしろご褒美です、と両手を挙げて喜びたいところだけどよぉ!? -- 圭一 2009-05-22 (金) 00:23:04

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

日記帳 Edit

  • 黄金暦127年 7月
    やべぇ、大分間が空いちまったな……二回目の冒険でいきなり同行者が死んで、いろいろびびっちまったとか、そういうのもある。
    俺は甘かった。もっとこう、どこか自分の安全は保障されていてそういうものとは無関係なんだと思い込んでいた。だが、違ったんだ。運が悪けりゃ死ぬ。
    まだ生きてるってことは俺は運がいいってことなのか…わかんねぇけど。
    そりゃともかく氷の魔導器ってのを手に入れたわけで…こいつで俺も魔法使いになれるってことか…!?すげぇ、よくよく考えたらすげぇんじゃねぇか、俺!?このまま雛見沢に帰ったら皆に自慢できるぜこいつはよ…!帰れたら、だがな…
    ちなみに発動方法は喋ることだ。口先の魔術師の俺にぴったりだな、言霊に乗せてって奴か。 ま、来月も適当に冒険みたいだしやれるだけやってみるぜ…。
  • 黄金暦127年 3月
    今月から冒険とやらが始まった、内容は簡単なものだった。
    地図に記された場所へ向かい、そこにいる化け物を倒してくれば終わり。それだけのこと。
    標的は小さな鬼のような化け物、ゴブリン。
    正直、生き物を殺すっていうのには抵抗があったが、とりあえず生きていくためには仕方がねぇってことか。割とすんなり、依頼を終わらせることが出来た。
    俺はこれからああいうのにもなれて行かなきゃなんないのか……そう思うとちょっと眩暈がした。
    まぁ、日本でも熊を狩って生計を立てるマタギなんて職業もあるんだ、俺は間違ってなんかいない。そう思って今日は眠ることにした。


  • 昭和黄金暦127年 2月
    とりあえず何が起こるかわからないので大まかな記録をとっていくことにした。
    分かったことではあるがここの暦は黄金暦というらしい、季節感自体は俺が住んでいた雛見沢と大して変わらない、そう思う。
    驚くことにバレンタインのイベントもあったようだ。ちくしょう、こんなとこに来てなければ今頃レナか魅音あたりから義理チョコくらい貰えてたかもしれねーってのに
    いや、というかそもそも夏真っ盛りだったはずなのになんでこっちは冬になってんだろうか?深く考えたところで分かりっこないから止めておくのだが……。
    あと、この世界はファンタジィらしい。普通の考え方、捉え方だけでは通用しなくなるかもしれないという点を上げておこう。いきなりわけのわかんねーことを言ってくる奴らもいたが、少なくとも……住人はいい奴かもしれない。チルノって女の子と知り合いになった。
    数日後にはこの町で俺みたいなのが生きていくための仕事、通称「冒険」が始まるらしい。どんな内容かは知らないがなんか響きだけ聞くとわくわくして来るぜ。部活の延長と割り切って挑むしかなさそうだ…。

んだよ?なんか人に言えないような話でもあんのか? Edit


Last-modified: 2009-05-26 Tue 01:48:39 JST (4743d)