アストラギウス銀家出身 ラビ・ドリードッグ 357520 Edit






以上が、第六十五次ミヨイテ空域B区制空戦にて拿捕・拷問の末獄死したゴー・ルデン准将の言葉を記した調書記録である。
荒唐無稽、俄かには信じがたい幻想世界の描写はバララント担当官に精神鑑定を依頼させるほどであったが、驚くべきことに准将はこれを全てクリア。
彼は間違いなく正気とのお墨付きを貰い嬉々として異世界の冒険譚を語ったという。
後年その証言を元にし、脚色され出版された書物『ゴールデン・ロア』は主にメルキア星圏でスマッシュヒットを飛ばした。
筆者の手元に在る第八版では准将(と思われる青年)が未成年である、
当時開発されていなかったはずのATが登場しているなど聊か正確性を欠く描写が散見されるが
原典とされる調書が未だバララント軍機密扱いであり公開されていないため何処までが真実かは不明である。

なお、余談ではあるがこのホラ話に登場するフロッガー・ドッグ系混成ATを例とし、
別機種同士を無理に繋ぎ合わせたATを「ゴールデンハーフ・スペシャル(ゴールデンの話半分)」と呼称するようになった事は余りにも有名である。










炎のにおい染み付いて
ID:357520
名前:ラビ・ドリードッグ
出身家:アストラギウス銀
年齢:18
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴

とりあえず Edit

死にかけた神が呼んでいる
全宇宙を敵にしても、我が下に来るべし
我は与えん、無限なる力を
我は伝えん、3000年の愉悦を
神なる者の壮大な誘惑
人たる者の壮絶なる決意
いまクエントに、最後の戦いが始まる

次回「修羅」
全てを得るか、地獄に落ちるか

ギルガメス軍戦略機甲兵団特殊任務班X−1 Edit

お名前:

コメントはありません。 ゴルロア学園・1-X?


来歴 Edit

はるか遠くアストラギウス銀河からの闖入者。
所属は元レッドショルダー、現ペールゼン私設部隊。
最終乗機はブラッドサッカー。
急拵えのSTTCとの死闘、逸れ者とは言え元は同じ部隊に属した敵。
気がつけば愛機と共に爆煙に包まれ、短い―しかし孤児上がりの兵士としては長い―生涯を終えた。
…はずだった。

現状 Edit

  • 神の気まぐれかゴルロア世界に居る
  • その際目覚めた遺跡で薄紫色のAT*1を発見、以降乗機とする
  • 何故かこの地方ではPR液*2が遺跡から採掘されているらしく、燃料・爆薬として流通しているようだ
    • 冒険報酬で賄うにはギリギリなので情熱値がその月の残量だ
  • 彼が生きていた時代にはまだその乗機は公表されていない
    • MD*3に記されていた名前から現在の偽名を名乗る
  • 何故学園に?
    • ぶっちゃけ文字どころか会話すら怪しいので…
  • まともな教育施設に行け
    • ぶっちゃけ文字どころか会話すら怪しいので…

外見 Edit

  • オレンジ色の耐圧服にヘルメット
    • ATソ・ノモノじゃないよ ガチキャラだよ

装甲騎兵 Edit

  • 原型機からの変更
    • 脚部サンドトリッパーは通常ローラーダッシュ機構に換装されている
      • ターンピックも追加されている ストライクドッグ流用?
    • ハンディソリッドシューターは弾薬補給が望めないので倉庫に封印
      • 右手には初期剣にパイプで持ち手を延長したもの(ナイフ程度の大きさ)
  • 黄金暦136年6月、校舎付近?で陸戦用ファッティーと交戦。これを撃破
    • その残骸からバララント規格MC*4数十本、装甲材、グライディングホイール等整備パーツを入手
      • 損壊した右肩装甲をファッティーの右肩シールドで代用
      • 損壊した右脇腹部(駆動系含む)をファッティーの左足首装甲で塞ぐ
    • その残骸から連装ミサイルポッド(空)、ガトリングガン(残弾4割)、パイル(肩部発射機構破損につき杭のみ)を入手
      • 右足部ターンピックをパイルに換装
      • ガトリングガンを後腰に懸架

そんなことよりボトムズTRPGやろうぜ!// Edit

  • おはようございますラビ先輩ー新しくX科に入ったエミールです 先輩に一言挨拶をと伺ったんですがー…
    でも正直こんなところに書き込んで果たして気付いてもらえる日が来るのだろうかと今から戦々恐々ですよ
    なんか下の人撃たれてるし二重の意味で怖い! -- エミール? 2009-09-23 (水) 05:42:02
  • セックス! -- 2009-09-08 (火) 12:52:15
    • (銃殺)

*1 アーマード・トルーパー。装甲騎兵とも
*2 ポリマーリンゲル液。ATの燃料的なもの。ニトロの百倍くらい不安定な火達磨製造機
*3 ミッションディスク。ATの機動制御などを司る部分。交換可
*4 マッスル・シリンダー。ATの駆動機構。PR液に漬された人工筋肉が交差状に収められ、電荷によって回転・伸縮を行う筒である。

Last-modified: 2009-09-26 Sat 19:10:55 JST (3731d)