Letzt Batallion Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst053404.jpg
ID:381662
名前:Lich
出身家:Blackmore
年齢--
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴

それは全てを腐敗させる
それは全てを憎んでいる
それは全てを塗りつぶす 
 それはりっちゃん

彼方より現れし者 Edit

  • 注意事項
    • 強制的に戦闘に突入する場合があります
      一応会話は可能ですが、人間から見ると狂った倫理観しか持っていません
  • この世に数体の存在を確認されているリッチ その一人
  • 死者を蘇らせ、意のままに操る事が出来る
  • あらゆるものを腐敗させる力を持つ 生き物は生きたまま腐り 金属は腐食される
  • 物理攻撃も魔法攻撃も一応有効ではあるが、無限に近い圧倒的魔力によって動くため不滅に近い存在である
  • 普段は黒いローブを頭から被った男の姿をしている

腐敗した森 Edit

街の外れに拡がる大きな森 だった場所

お名前:
  • ……(とりあえずでっかいハリセンで殴りかかってみる) -- バ山
    • だが無意味だ・・・(腐り落ちるハリセン) -- ブラックモア
      • クソ!なんて時代だ! ていうかなんだこの何だこの何だ!? くせえ! 死ねる!?
        なんでこんなしんどい環境あるのよ!? 助けて靴がだいなしだ!? これじゃ足がだせねえ! -- バ山
      • フハハハハハ・・・・ ここは死の沼、腐敗の森 絶望の住処 恐怖を呼吸する場所だ
        ようこそ、死に行く者よ  -- ブラックモア
      • ……もしかして俺はテンションに任せて予想以上にまずい場所に突っ込んだんじゃなかろうか
        お邪魔してます誰かは知らないけれど。 何でこんな環境が発生してるんだ……(べちゃりべちゃり、歩く度に顔が渋くなる) -- バ山
      • ここに来るという事は、生きていながらに死にゆく事だ ・・・いや、このよのあらゆる物は死に向かうしかない
        私の前であっても、後ろであってもそれは同じ事だ だが君にとっての問題は一つだ
        今すぐに死ぬべきか、それとも後回しにするかだ -- ブラックモア
      • そうだよ、どこにいたって終わりに向かってみんな全力疾走じゃないか止まらないじゃないか
        ならば逃げる! どうせ終わるにしてもこんな環境で終わるのは嫌だ! もっとクソッタレた環境で死ぬ!(叫び終わって全力疾走、逃げられるかどうかは知らない!) -- バ山
  • (街外れの森に、密かに集まるローブの集団 いや、それだけでは無い……
    地面を揺らす振動と爆音が異臭を放つ森の中に響いた)
  • 親衛隊は敵地を進み、そして悪魔の唄を歌う
    狙撃兵はオーデルの河畔に立ち、微かに口遊むのだ
    我らはどこでも口笛を吹く 全世界が我らを呪い、また称えようと
    一抹の慰みに過ぎないのだから。
    • 我らはどこでも常に前進する そして悪魔が嘲笑う
      ハ、ハハハハハ!
      我らはドイツと総統の為に戦う 敵は休まずやってくる

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

Letzt Batallion Edit

リッチ・ブラックモアの率いる死者の軍団 ナチス兵士の様な姿をしている
構成員は約1000名 しかし減ると次々補充される為、永遠に「バタリオン」である
装備はMG42 P38 MP40 スコップなど 時には戦車に乗り込んで居る事もある

嫌忌せるもの Edit

  • 太陽光、月光 光りを嫌う性質があり、特に太陽光はかなり嫌う
    リッチ本体だけでなくバタリオンも動揺で、特にバタリオンは太陽光を浴びると消えてしまう
  • 聖属性 聖なる力を嫌う アンデッドである彼らなので当然である
  • 金 腐敗する事のないゴールドは唯一、リッチの身体に有効な物理攻撃を行える金属

Last-modified: 2009-12-30 Wed 12:31:10 JST (3607d)