サーヴァント家出身 セイバー 397623 Edit

ID:397623
名前:セイバー
出身家:サーヴァント
年齢:26
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴

データ Edit

サーヴァント?
qst059483.jpg
設定等
戦いを望み、英霊になったはずの男
その癖戦いにおいては大した遊びも流儀も無く、敵を殲滅するのみ。戦いというよりは自己の危険を望んでいるようにも見える
さて、彼が本当に望む物は何なのか

【外見】
髪の色はグレー、青瞳。ぼさぼさの長髪に小さめのサングラスをかけている。身長は185cm程度
マスターより
狐面さんより

戦闘中は全身鎧、ただし樹脂や革布を多用し動きやすさを重視した、プレートメイルよりずっと細身で人間の輪郭に近い物を装備する
装飾性は皆無。あちこちにネジや武器を固定するための金具がついているため無骨な印象
魔力によって戦闘時に召喚される。

【クラススキル】
対魔力:A
騎乗:B

【保有スキル】
見切り ランク:B
かつて『剣聖』と彼が呼ばれたのは特殊な剣技を持っていたからではなく
圧倒的なまでの間合い・敵の攻撃を「見切る」能力を持っていたが故であった
どんなに攻撃が高速であろうと、あらゆる態勢から敵の攻撃に対して紙一重の回避を試みられる。
また、一度視界に収め武器を確認した敵の間合いを看破する(魔術、または科学的な視覚妨害がある場合はそれを解析・看破しなければならない)
狙撃や視界外からの「不意打ち」に対しては無効(察知していれば有効)。
魔術:B+
戦闘用魔術に深い造詣を有する。それ以外の魔術の場合はランクが1つ落ちる
戦闘続行:A
致命傷を受けない限り生き延び、瀕死の傷でも戦闘を可能とする
透徹:A
膨大な戦闘経験と研ぎ澄まされた第六感を用い、窮地を脱するための活路を見出す戦闘論理。
視覚・聴覚への妨害効果を半減。威圧・混乱・幻惑といった精神干渉への強い耐性・無効化。
【宝具】(武器)
魔を放つ杖剣(ロッド):A
セイバーとして召喚を受けた場合のメイン武器。
詠唱なし、宝具の柄についているトリガーを引くだけで大魔術クラスの魔術を放つ事が出来る長剣。
ただし増幅できる物は戦闘用魔術に限る。物理力・炎・雷・氷・力場による盾・重力の6種以外の場合はさらなるトリガ―として発声を必要とする。
長い詠唱を含める場合は威力が倍増・儀式魔術クラスの威力となる。対魔力Aも貫ける計算
尚、この宝具を手にしている時は魔力が1ランクアップする
魔杖(スタッフ):A
本人がキャスター・アーチャーとして召喚された場合のメイン武器。
攻撃魔術の威力は発声一つで増幅する「魔術師の杖」であり詠唱を宝具にさせる事で口頭での詠唱を短縮できる
長い詠唱をせずに儀式魔術クラスの魔術が使用可能、ただし戦闘用魔術に限る
長期詠唱・ブーストスペルをかければ対軍宝具と化した魔術を使う事が可能
ロッドとの併用は出来ず、装備した場合魔力が2ランクアップ。筋力、敏捷が1ランクダウンする
キャスターorアーチャークラスではない時に使用した場合、さらに筋力・敏捷が1ランクずつダウンする
形状
【宝具】(技・スキル)

武芸百般:B
宝具ではない武器(彼の場合は主に銃)を持った場合に発動。
通常の武器を手にしていても霊体であるサーヴァントに対してダメージを与えられる様に威力・属性が補正される
通常の武器を持った場合の宝具としてのランクはD〜E。持った物が仮に魔剣などならば、それに相応しいランクに。
また、自然物を利用した攻撃についてもダメージが上乗せされる(石礫等)。

戦神の速度世界(オトヨリサキへユクモノ):A
生前に得意としていたアクセラレートという魔術が宝具化したもの
本人の肉体と装備に一切の負荷・反動をかける事無く、筋力を1ランク、敏捷を2ランク上昇させ、人の身のままでの音速超過機動を可能とする
敵に踏み出すだけで衝撃波を食らわせ、周囲の物を破壊し続けながら戦闘する
使用時間中はマスター、サ―ヴァント共に大量の魔力を消費する
また、この状態で魔術を放つと<合唱効果>が発動。威力が飛躍的に増幅される他、最も得意とする攻撃魔術は宝具化する

生存者(ヒトニアリテシセヌモノ):A++
一度発動するまでは存在を思い出せない、自分にも認識できない特殊な宝具
戦闘中一回に限り致命傷を受けても完璧な状態で蘇生する
肉体・魂が瞬時に全て消し飛ばされるような攻撃を受けても有効
1戦闘中に付き1回のため、戦闘の仕切り直しが行われればこの宝具の効果は復活する
命のストックではなく死んだ段階で発動する蘇生宝具のためオーバーダメージの影響を被る事はない
また、特記すべき効果としてこの宝具の使用後、仕切り直しが行われるまで
戦闘中この宝具の使用前に受けた宝具、そして死ぬに至った原因である攻撃・効果を完全に遮断する
英雄となってからも彼が「生存者」と呼ばれ続けた伝承が宝具化したもの
真名:???
クラス:セイバー
マスター:花売りの魔女
属性:中庸・中立

能力値
筋力魔力耐久幸運敏捷宝具
ACBCAA++
活動時間:夜〜深夜
戦型:剣術と魔術。でも殴ったり蹴ったりもする。生前は拳銃も持ってた
その他:キャラは戦闘にしか興味無い感じですが中身はそういうのにこそ日常で振りまわされて欲しいとか。要するに戦闘も日常も楽しみたいって事ですね
霊圧は夜なら大抵居る、深夜ならとても高い、方だと思います。朝までは起きてられません

相談場所 Edit

主に相談、打ち合わせ用。だけど同行挨拶は歓迎。がっつりRPならマスターの方のコメントにお願いします

編集ボタン

お名前:

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

聖杯なう Edit

お名前:
  •   -- 2011-03-07 (月) 22:39:32

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

主な使用魔術 Edit

まだ増える かもしれない。暫定。追加詠唱でこれらがパワーアップ
属性効果
物理力場を操る。操作する
バレット魔法の発生点から無色透明の衝撃波の砲弾を撃ち出す
シールド魔力で作った防御力場を作成。破壊されない限り効果時間は約30秒。それ以前に消す事は可能
スパイラル魔法の発生点から螺旋状の力場を発生させる、飛ばない。無色透明の力場による捻じ切り
カット赤い力場平面を射出する。限り無く薄く作られたそれは触れた対象を切断する力を持つ。剣先に固定してリーチを伸ばす事も可能
炎を操る・熱を上昇させる
フレアブラスト火球を魔法の発生点から撃ち出す。命中または物体に当たると爆発。発生点のその場で爆発のみを起こす事も可能
ヒートブレイド装備した近接武器に高熱の刃を発生させる。追加ダメージ有。重ねかけで威力が上昇
氷を操る・熱を奪う
フリーズ魔法の発生点から数メートルの範囲を凍結させる
サーマルドレイン刀身で切りつけた対象の「熱を奪い」凍結させる。魔力を大量に消費すれば凍結可能な対象が増える
雷を操る。電磁場を操作する
ライトニング魔法の発生点から前方20m。幅4mほどの範囲に最大5秒間、強力な雷撃を発生させる
カタパルト強電磁場のトンネルを作り出し、その中を通った物を加速させる。拳銃弾と組み合わせる事で即席のレールガンに出来る
闇・重力暗闇の生成。特殊効果。重力操作
インターフェア魔力に対するジャミング。魔力やそれによって構築されたものを無効化する。恒常的な結界等に対しては持続時間中、効果を消しさる
グラビティホール重力場の展開。中和

裏話 Edit


Last-modified: 2010-05-09 Sun 22:28:47 JST (3996d)