フォン・グデーリアン家出身 グランバルド・フォン・グデーリアン 410802 Edit

企画/貴人饗宴
ID:410216
名前:グランバルド・フォン・グデーリアン
出身家:フォン・グデーリアン
年齢:30にみえるだろう?(38)
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿

全ては終わり、男の戦いは終わる

三行 Edit

元軍人貴族が
ふらりと街に
やってきた!

勝手に付いてきた衛兵付きの借家 Edit

 COLOR(RED){}
お名前:
  • (大通り、不敵な笑みを浮かべるあの殿方の背中を探すがどこにも居ない)
    (聞くのは嫌な噂ばかり・・・あなたは、どこかで生きていますよね・・・)
    (目を伏せ、心の中で呟く。いつかの様に心が深く沈み体が重くなったように感じた) -- アレクシス 2010-06-24 (木) 22:12:09
  •   -- 2010-06-21 (月) 00:33:29
  •   -- 2010-06-21 (月) 00:33:12

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

勇猛なる「将軍(ゲネラル)」 Edit

ここより北西に位置する王国。
嘗て男はその国にあって、大隊を率いていた。
階級は大佐。将軍などではありはしない、平民の出の男だ。
だが男は「将軍」と兵に呼ばれた。
男はいつも最前線にいた。
最前線の先、弾雨と刃の交差する最前線に立ち兵を率いた。
故に兵から親愛を込めて、敵からは畏怖を込めて「将軍」と呼ばれた。
そうして転戦を続けたある日。
男は敵の炸裂弾を受け、両腕を失う。
残された道は、前線を退く事。
だが遠く離れた地で、兵に命令を下す事が男には耐えられなかった。
そうして、男は軍を退いた。

代わりに王から与えられたのは、貴族の地位。
「とんだお荷物だ」

男はふらりと、旅へ出た。


防備録 Edit


密書 Edit


Last-modified: 2010-06-21 Mon 00:34:25 JST (3462d)