一角鬼人族 般若巫女 夕鶴 426105 Edit

ID:424511
出身家:一角鬼人
年齢:17
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
企画/サモンナイト
現在:はぐれ召喚獣

データ Edit

召喚獣
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp001079.jpg設定等
【外見】
戦闘時に額に一本の角が生える。普段は角の先端が僅かに出ている。
顔面右半分を覆う般若の仮面を付けている。
【性格】
普段は物静か。
戦場では先陣を切って突撃する。
【設定】
召喚されている途中で召喚師が死亡した為、呼ばれてすぐにはぐれ召喚獣となる。
その際、この世界の言語を不完全に覚えた為に言葉や喋り方に少々難あり。
鬼神将ゴウセツを祀るとある社の戦巫女。
巫女として常に平静を保たねばならない身であるが、鬼族の血が破壊衝動を生みだしてしまう。
般若面は、そういった衝動を拡散・放出させる為に身に着けている。
使用武器は槍棍。薙刀状の先端を持ち後ろ側に棍が付いた武器。
名前:夕鶴(ゆづる)
種族:一角鬼人
クラス:戦巫女
属性:混沌・中立
召喚属性(霊鬼獣機無):-/B/-/-/-
スキル遠距離攻撃・火炎
祓いの印
+  判定
+  その他
+  アンケート

私との。会話の場。 Edit

&br;  ''  SIZE(){}
&color(#8a0a0a){};
お名前:
  • 多大に遅れているは気のせいにて。。時を越えて御久しゅうに。冒険にて同行する機会も多く。今日も健康体にて。
    ばれんたいん。この地の言葉かと。して。チョコレイトというものを。委細承知。気にせず。ありがたく。
    次は私からも行く事とせねば。はっぴいばれんたいん。(この後一口食べて初めての甘さにほんわかする巫女)
    -- 夕鶴 2010-11-03 (水) 20:48:53
  • ユヅルもそろそろこの街に、と言うよりこの世界に慣れてきたと思うのだが変わりはないか?
    こっちはキナリが冒険でやられてしまってな…あぁ、命に別状はなかったし復帰すると意気込んでいたくらいだから大丈夫とは思うのだが
    やはり一度死なれると心配は取れないものだな…そういう意味ではユヅルも同じだが -- ノイエ 2010-10-28 (木) 22:37:19
    • ぬ。ノイエ殿。気配を感じ取れぬとは。腕が落ちたか。ノイエ殿の実力か。
      変わりなく。この地にても。慣れてしまえばさほどの苦労もなし。茶に梅に煎餅もありければ。
      なんと。キナリが。命は助かれど。妖孤は鬼族ほど体が強くは無い故。その意気は良けれども。少しの変化も見逃さぬよう。
      私は心配いらぬ故。怪我も癒え。その時間をキナリに使ってやるがよろしきかと。
      -- 夕鶴 2010-10-29 (金) 21:43:43
    • そして事後。がんばった。そう思う内容であった。また一人。件の酒場が冒険者と。
      。私はユヅル。鬼界シルターンが戦巫女。今後ともよろしゅうに。
      -- 夕鶴 2010-10-18 (月) 20:45:42
  • おぉ、無事に復帰したみたいだな。ひとまずはおめでとうだ…後は、開始直後にやられないようにすることだが
    …最初からあまり安全とは言い難い依頼だな、まぁ油断するなよ、ユヅルなら分かってるとは思うが
    あぁ、それと相談なんだが…シルターンの女の子に送る伝統的な何かってあるのか? -- ノイエ 2010-10-17 (日) 22:30:20
    • ノイエ殿。その節はありがとうござりて。いよいよもって再起を図らんと。
      しかし。今月の依頼。一人守り切れなかった。なんという。自信を無くそうというもの。この地では安全を優先するのが良き道か。
      シルターンの女子。私は長く社にて生活していた故。知るは町の噂程度なれど。例えば櫛。例えば簪。所謂髪に使用するものが良いと聞く。
      -- 夕鶴 2010-10-17 (日) 23:06:15
      • まぁ、最初のうちは新人という事もあるし…ギルドの方も加減が難しくてうまくいっていない時があるみたいだからな
        ユヅルのせいではないさ…まぁ、安全を優先して積み重ねていくのが英傑への一番の近道かもしれないな?
        あぁ、そうか…それならあまり分からなくても仕方はないが…ふむ、クシか…髪を梳くクシの事だよな? -- ノイエ 2010-10-17 (日) 23:17:33
      • 毎回違う冒険者と連携する。故に即興で合わせる戦い方をせねばならぬ。なんとも難しき。
        前回は情熱値が問題であった。今回がどうなるか。それを楽しむくらいの余裕を持てればよいかなと。
        左様。髪を梳く道具。そして日常に使う物。曰く。相手の日常に使われる事が重要であるとか。
        -- 夕鶴 2010-10-17 (日) 23:36:05
      • あぁ、まったくその通りだ…固定で組めればそれぞれ連携の仕方も仲間の癖や性格も分かるんだが…そうもいかないんだろうな
        あぁ、こっちもそれで四苦八苦だが…まぁ、あまり無理してまた倒れないようにな
        …なるほど、至極もっともな理由だ…それに髪は女の命ともいうからな…有難う、これで決まりだな(誰に送るかは言わないが、分かりそうなものだった) -- ノイエ 2010-10-17 (日) 23:42:20
      • シルターンにては四人一組で戦っていた。無論同じ戦巫女同士。故に依頼毎に変わるというのは未だ不慣れ。
        うむ。長く行く為には耐えることも大事という事。肝に命ずる。ノイエ殿もご武運を。
        ふむ。微力ながら役に立てたようで。あまり町には出なかったが。伝え聞く知識も役に立つもの也。(誰に送るかとか気にしない、そういうのが分からない社入り巫女)
        -- 夕鶴 2010-10-17 (日) 23:57:19
      • ハハッ、俺はうちのがいるからな…死んだら生まれ変わりまで祟られそうなんでな、死ぬに死ねない身だ(笑って冗談を言う)
        うむ、これで贈り物は決定だ…さて、それでは今日はこれで失礼する。また今度ゆっくりと話をしような -- ノイエ 2010-10-18 (月) 00:20:14
      • 護る者が在るとその身以上の力を出せると伝え聞く。キナリが居るノイエ殿はまさにそれ。鬼神龍神の加護を。
        他者の決定すべき事柄への一助。貴重な体験。 おや。もうこんな時間。それではまた。時間を作り挨拶に行く事と。(見送り礼をする巫女)
        -- 夕鶴 2010-10-18 (月) 00:30:49
  • 再起。次こそは。油断せず。 -- 夕鶴 2010-10-17 (日) 00:03:22

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

自由帳 Edit


Last-modified: 2010-10-17 Sun 23:42:12 JST (4320d)