http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst022511.gif



この街から一人の冒険者が旅立った一ヵ月後
北にある戦災から復興中の国々が併合する事件が起きる
併合された国々はその名を残しつつも
国家としての軍事力を持たない
既存にはない政治システムを取り入れていた


そしてその中心地。地平線を埋め尽くさんばかりの軍事兵器と兵士たちが
並び、一人の人間の声を待っていた。その姿が見えると周囲から音が消えうせ
たった一人の人間の靴音だけが響いた
壇上のマイクが声を拾い始める



「この世には争いの火種はいくらでもある」
「宗教、政治、人種…だがしかし火種がいくらあろうとそれを振りかざすものがいなければ」
「戦争は起きない。起きようはずもない」
「そこには政治の道具として捨てられる兵士はいない」
「ましてや宗教の都合を押し付ける捨て駒もいない」
「蹂躙される家族も、村も、街も国も、海も森もない」

「俺達はそのために全ての武力を廃し、統合し一つとなる」

「俺達はたった今から、世界の武力を一つにするために戦う」

「そしてこの世界の、たったひとつの武力とする」
「それは独占でも独裁でも脅迫でもない」
「国を愛するものが、人を愛するものがなぜ世界を愛せないと決めた」
「力を一つにし、国境をなくし、政治と宗教、イデオロギーとは分離した軍隊」





「だが俺達はそのために世界に戦場という地獄を生む」
「誰にも理解はされないだろう。世界のためというなら如何なる悪事も働く」
「善はなく、愛することはあっても愛されることはない孤独な戦いとなるだろう」

「世界のために、世界と切り離された軍隊」
「平和のために平和と切り離された俺達の戦場」




「それが俺達…外側の軍隊、隔離された軍隊 アウターズミリタリアだ」



黄金歴184年5月 北半球にある大陸全土を巻き込む戦争が勃発

後に世界統一戦争と呼ばれる戦争の幕開けだった

Edit

お名前:
  •   -- 2011-04-07 (木) 08:48:56
  •   -- 2011-04-07 (木) 08:48:53
  •   -- 2011-04-07 (木) 08:48:50

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

日誌 Edit

私の正気は死体の山が証明してくれる
私の足元に積み重なった死骸の山が私の正気を証明してくれる
正気であるからこそ死骸を積み重ね、生き続けることができる
狂気が少しでも混じれば…私は死骸の中に埋もれ死骸となるだろう
贖罪、償い、断罪。そのために死骸となれと言う それは違う
死骸を積み重ねてでも己の道を貫くのが生きるということだ
そこに贖罪はない、あってはいけない
そこが戦場であっても変わることはない
そこがどこでも、変わってはいけない
〜ウィリアム・マクスウェル 傭兵の記録 第一章1ページより抜粋〜

+  日記を開く
+  日記2を開く
+  日記3を開く
+  日記4を開く
+  日記5を開く
+  日記6を開く
+  日記7を開く

コメントアウト Edit

コメントアウト Edit


Last-modified: 2011-04-07 Thu 08:50:22 JST (3171d)