再生中
お名前:
  • (その日、ユシィルが書店に本を物色しに言った帰り、近くで見知った血が、乱れた流れをしているのを水の眷属特有の感覚で感じる)
    おや、アンタは……ヘッサーでしたね …死ぬんですか?
    (倒れているヘッサーの顔を特に他意もなく、まるで何事もない普段のことかのように覗き込む) -- ユシィル 2011-01-30 (日) 01:11:23
    • (質問に対し、まともに返答することはできない。 しかし)しにたく…ない…しに…
      (ただのうわ言、それもごくごく小さなものだ。 聞き取れるか、聞き取れてもどう取るか) -- ヘッサー 2011-01-30 (日) 14:18:07
      • ……そうですか…なら、これを…(飲んでください…と小声で繋ぎながら広げた手の数センチほど上に何か妙な光を持つ水を集めるユシィル)
        ……(飲んでくださいとはいったが、ユシィルによって操られるその『水』は勝手にヘッサーの喉へと流れていく) -- ユシィル 2011-01-30 (日) 17:25:02
      • (流し込まれるまま、時折痙攣する死体のようなもの。 変化が起こるにしても少々時間がかかるかもしれない) -- ヘッサー 2011-01-30 (日) 19:09:15
      • ……しばらくしてればアンタは助かると思いますよ……私の力の一部ですからもしかすっと水の眷属に近付くかも知れませんが
        まぁもし何か変化が出ても死ぬよかマシですよね…じゃあ私帰りますんで…(買ったばかりの本を読みながら帰っていった) -- ユシィル 2011-01-30 (日) 20:33:41
      • (びくり、びくり、痙攣の頻度も、流れ出る命の量も増している。 しかして円錐は安易な再生を拒むように存在し)
        (結局、円錐の位置よりずれてからの再生となったために3ヶ月ほど痙攣していたとか) -- ヘッサー 2011-01-30 (日) 23:34:43

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2011-01-30 Sun 23:37:23 JST (3558d)