カー・ファインもといアートマン=K5・テメノス         ステータス/戦歴         BGM:Ballet Mecanique2011-09-10 (土) 19:42:10

僕はなくしていた記憶と家族、そして本当の名前を取り戻した。
僕の名前はアートマン=K=FIVE・テメノス。

僕は家族であるきょうだい4人と一緒に、孤児院を経営することにした。
その理由には、兄さんと和解するため喧嘩した次の依頼で怪我をしてしまい、冒険者が続けられなくなったことも入っている。
無理を押して怪我した僕を引きずって帰ってきてくれたヨシュアさんにはいくら感謝してもしたりない。
数年がかりで孤児院の建物を改修して設備も収容人数も増やし、
名実ともに良い孤児院となり、テメノス孤児院という名前もつけられた。
孤児院の名前はツー兄さんがつけてくれた。これは僕らが産まれた場所の名前だ。
なんだか幸せで満たされた気分で、このまま人生を緩やかに終えてもなんら悔いはないと思えるようになった。
焦りを感じて、アイデンティティを探して、じたばた生きていた頃が懐かしく思える。
それからもう一つ付け加えよう。テメノスというのはラテン語で天国を意味する言葉なんだ。
紙飛行機を飛ばしたり魔術を学んだりして、空を、天国を目指して空を飛ぼうと足掻いていた僕は、今まさに天国で働いているわけだ。
こじつけた考え方だけれど、単純なことに僕はとてつもなく納得してしまった。

孤児院で働いているある日に、ザック師匠がやって来た。ザック師匠もここを支援してくれている。
そういえば、聞きたいことがあったんだ。
「ザック師匠、どうして僕の名前は『K・FINE』だったんですか?」
なんだ今更かという顔をしながら師匠は答えてくれる。
「俺の本名はアイザックってことは知ってるだろう。そしてお前の本名がK・FIVEだということも」
「俺のIssacから、Iをやったんだ。Iを……だから俺は、お前に俺をザックと呼べと言っていた」
「せめて元気で明るくあれと……。ほら……見てみろ」師匠は紙へカクカクした文字を書いていく。

K・FI『IV』E
僕はなくしていた記憶と家族、そして本当の名前を取り戻した。
僕の名前はアートマン=K=FIVE・テメノス。
でも、これはちょっと大仰な名前なので、やっぱりこれからもこう名乗ろうと思う。
カー・ファイン。

三行現況
 ・現在は
  ・孤児院で
   ・働いてます
Edit

編集:青い花

お名前:
  • (旅立ちのことを告げるために孤児院に訪れて談笑し別れた。彼もまた自分の幸せを手に入れてこれからも生きていくのだろうと。心に刻み孤児院を後にした) -- ヨシュア 2011-10-16 (日) 02:10:40
  • (連絡が付いた人にはポストに、亡くなられた方には墓前にクリスマスカードが届けられた)
    197年4月(9/10 土曜日)に同窓会を開催します。会場は校舎跡地を予定しているので時間に余裕があればどうぞご参加ください。
    //コメント欄をキャラ用と中の人用の二箇所予定していますのでキャラを締めた方もふるってどうぞ! -- 2011-09-06 (火) 17:44:17
  • どこまででも飛んでいけばいい、羽根なんか無くたってカーくんなら何処へでも行けるさ
    (背中叩いていった、と言いたいんだけど今ここにいるのかしらこの人、とか思いつつ) -- キエル 2011-08-14 (日) 21:30:40
    • ……うむ、羽なんかなくったって望んでいた場所にたどり着けたよ、キエル君。(遠い空を見つめた) -- カー 2011-09-10 (土) 19:38:39

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

ログ:  

容姿性格、特徴
身長:176僉‖僚邸62
髪の色:濃いブラウン 瞳の色:深いブルー
肌:普通 髪質:比較的さらさら
服装:外国の魔術学校の制服。紫が基調。非常に動きやすい。
眼鏡:ステンドグラッシーズ。ステンドグラス眼鏡。
・博識。 ・頭でっかち。 ・貧乏性。
・世話焼き。 ・うっとうしい。
・読書好き。 ・しかし目は両目2.0。
・趣味は紙飛行機を折ること。
・紙飛行機は得意だが、折り紙が得意なわけではない。
・掃除好き。 ・洗濯好き。 ・家事全般好き。
・眼鏡の趣味が悪いが、これは自分の先生から貰ったもの。 ・目つきは悪い。
・酒が好きだけど弱い。 ・糖分が好き。
・嫌いなものは散らかった部屋、物。
・普通の宿屋で家賃がのっぴかなくなったので川端荘在住。
部屋はとてつもなく片付いている。
・一人称は僕。
・冒険の報酬の大半は孤児院に寄付をしている。 ・そのためよく金欠になる。
・よく空を見上げている。・若干運が悪い。
戦闘技能過去
魔方陣
『魔法陣を専門とし、それによる多種多様な魔術を得意とする』

カタパルト
これの右腕についているもの。手甲に近い盾として使え、これによる防御はそれなりの技能を持ち合わせている。また、物理のみではなく、特殊な攻撃も防御できる。やたら丈夫』

ステンドグラッシーズ
『解析ができる。特に魔術的なものから、科学的なものまで。効力はそれなり。
ドラゴンボールのスカウターみたいなものと考えると解りやすい。
若干の魔法防御力があり、視覚を通す魅了や目晦ましなどへの防護壁となる。』

紙飛行機
『紙飛行機により、中〜近距離へ魔術効果を飛ばすことができる』
・貧乏な孤児院出身。 ・5歳ごろに拾われる。出身地不明。
・面倒見が良いが、口うるさかった。靴はそろえろ、ご飯は残すなだとか。
・紙飛行機を折るのが得意で、良く飛ばしていた。
・街の図書館によく入り浸っていた。 ・内向的ではない。
・身長を伸ばすためあらゆる手段を講じた。
・夢は大きく、人によくそれを語っていた。
・にんじんが壊滅的に苦手。 ・一人称は俺。
・空を見上げる癖があった。
・魔術の才能があると、とある学者に見初められ、14歳で外国へ留学した。
・なにか書いてある//



幼馴染ゾーン Edit

この街で過ごした時期5歳で拾われ、貧乏な孤児院へ。(164年)14歳で、とある学者に見初められ留学。(174年)
その頃どんな子だったか紙飛行機を飛ばすのが好きな、博士タイプ。面倒見が良い。
一目で解るその頃との違い変な眼鏡をかけている。背は伸びた。一人称が変わってる。
家族構成孤児。しかし、孤児院に家族と呼べる人たちは居る。
その他知っておいて欲しい事一つか二つ孤児院は背景施設なので表へ出てくることはありません。
いくらでも捏造してください。その孤児院に居たとか。
#showrss: Failed fetching RSS from the server
(西暦 2019-12-08)
選択肢 投票
告知用 743  

ジャッジメント Edit

+  ...

switch&// Edit

一行日記?


Last-modified: 2011-09-10 Sat 19:42:10 JST (3010d)