始まりから終わりまでを記録する者

もう寝る Edit


召喚獣
exp009298.jpg
【外見】
くすんだ青灰色のドラゴン(全長7m程度)


【性格】
世の中に無関心


【設定】
生物としてのドラゴンとは根本的に違い、「この世が始まってから終わるまでを記憶し、世界が終った時、次の世界へと伝えていく」役割を負った者が、時を経てだんだんとドラゴンの姿になっていったものである。
そのため、ブレスは吐かない(ドラゴンとは別の種である)

生まれてから世界が終るまで、じっと時を待ちながら、その瞬間に存在する事象すべてを記録している。
文字通り、その瞬間瞬間の原子の動き、確定された世界そのものを記録しているため、一個一個の事象を個別に「思考」することができない。
存在するすべての事情を記録するゆえに、本来は極めて外部に無関心な存在である。

またその性質上、あらゆる生命活動(食事、睡眠、生殖など)を必要としない。

まれに若い個体などは自意識らしきものを持ち、他者とのコミュニケーションをとることもある。それでもせいぜい2000〜3000歳までの「生まれたて」の個体だけである

生殖によって増えるのではなく、世界の情報量が増え、現存する「始まりから終わりまでを記録する者」では記録容量が足りなくなると、記憶容量をオーバーした個体から分裂発生する。

一説によると、この世界の滅びを司る存在が生み出したと言われている。

普通、護衛獣として召喚されるようなものではないのだが、やってみると案外召喚自体は簡単である。
ただし、大抵は死に体状態(召喚されようが全く無関心。瞼すら開けない)なので召喚する意味はほとんどない。
たまに事故で召喚されることはあるようだ。
名前:始まりから終わりまでを記録する者
種族:始まりから終わりまでを記録する者
召喚師
属性:N-N
ステータス/戦歴/冒険中?Edit

活動時間:朝と帰還タイム前後(不規則)
スタイル:だらだら
その他:サモナイはプレイしたことがありません
中野さんへの質問とかはこちらへ

Edit

お名前:

コメントはありません。 おこってへにょ?

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp009483.gif

Last-modified: 2011-07-07 Thu 22:42:30 JST (4053d)