ヘブンズパーガトリー家出身 ベルセット・モーニンググローリー 468046 Edit

ID:468046http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp031774.jpg
名前ベルセット・モーニンググローリー
出身ヘブンズパーガトリー
性別
年齢15歳
瞳の色
肌の色
髪の色
B/W/H102/61/92
職業大富豪
企画企画/剣闘士
企画/ウィズジインテリジェンスソード!
全身

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp031829.png 状況六行 Edit

  • 特殊部隊に所属し犯罪と戦っていた捜査官が囚われ報復として家畜同然の身分に落とされ、肉奴隷として企画/剣闘士に混ざっていた
  • 高級剣闘士にまで登りつめて自由の身となり、稼いだ金と得た身分で成り上がり、インテリジェンスソードの戦いでも優勝し、各方面に事業の手を広げるのだった
  • 英雄と呼ばれるまで冒険を重ねたが、弱い敵をぶつけられる情熱低下攻撃の前に遂に引退。以後は屋敷で街での仕事に集中していた
  • 冒険者達の姿が減り黄金歴に陰りが見え始めた頃、またいつか冒険者達の時代が来る事を夢見てコールドスリープについた
  • 財閥には指示を出しておいたがずっと残っているかはわからないので、時代が変わっても価値に変化の少なそうな莫大な財宝と共に眠る
  • 超巨大トカゲの反応とその消失を感知してシステムが冒険者の復活と判断。千年の時を経て目覚める

広大な敷地に建つ大屋敷 Edit

編集:淫乱!

お名前:
  • 酒場の掲示板に依頼が少ない時などに、私からも出してみようかと思って目覚めてみた。冒険者支援の一環だな -- ベルセット 2016-07-20 (水) 03:22:54

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

肉奴隷状況 Edit

  • 彼女を売った者は彼女が無様で惨めな姿を晒すのが望みのようで、主にエキシビジョンマッチで見世物にされる事が多い。
    比較的良い武器を渡される代わりに裸で戦う、服を着て戦える代わりに武器が貧弱など。
    余裕が出てきたのか割と盛り上げ方を心得ている。
  • 性別で分けられる事なく他の奴隷の男達と同じ牢に放り込まれ、もう30年近く肉便器として使用されている。
    • 男性剣闘士は入れ代わりが激しいのでそんなに飽きられてもいないらしい。
  • 彼女を売った悪徳商人は30年の間に普通に老いて亡くなった。ので実は彼女はほぼ自由。
  • 現在ついに高級剣闘士まで上り詰めた。
    その権利通りに騎士レベルの待遇で迎えられ、高級住宅街の邸宅に住み、公費で雇われたメイドや執事、使用人に身の回りの世話をしてもらいつつ暮らしている。
    富豪でもあるのでいつでも自分を買い戻せるらしい。最近は自分自身が剣闘士の試合をプロモートする場合もあるとか。
    • 久しぶりにコロッセオのエキシビジョンに出場すると、インテリジェンスソード戦の活躍等で名声を得ていた彼女を快く思わない一部の者の手により
      対戦相手として用意されていたクラーケンがビッグクラーケンに変えられていた。
      対する彼女は全裸に三叉槍一本、流石に敵う筈も無く常人なら死ぬレベルの陵辱を受け敗北。
      振動剣を手にしての冒険で体慣らしは続けているが、大人しく身分を買い取り自由という名の剣闘士引退を決めた。
  • 現在は今までに稼いだ元手で事業を展開したり、自分に似た境遇の肉便器を保護したりしているという。
    たまに(他者の思惑が絡まないよう)自分が裏でプロモートした剣闘士試合に出たりもする。
  • 千年後
    • 冒険者の時代に陰りが見え始めた頃、遠い未来再び冒険が復活する事を信じて屋敷の地下深くで莫大な財宝と共に眠りについた。
      千年後の黄昏歴。冒険者が再びこの街に集まり始め、呼応する様に超巨大トカゲなどの古代モンスターが出現した事を封印システムが察知。ベルセットを目覚めさせる。
    • 千年経って、自分が興した企業は存続していたものの大きく形を変え、創始者ベルセットの眠りも伝説程度に思われていた。
      それも仕方ない今更トップに座られても困るだろうと、財宝の現代通貨への換金と住居となる屋敷の修繕の手配だけを頼んだ。
    • その後、財宝を元手に新しく起業。さくりと大きくして元・自分の企業だったグループも吸収。現在に至る。
      • 主な業務内容:輸出入業・食品関係・不動産・娼館他風俗店経営・闘技場・冒険者支援

本人について Edit

  • 外見
    • 耳の後ろ辺りでまとめた房が外に跳ねた金髪、北方系の白い肌、三白眼な緑の瞳。
      身長149cmと背は低いが、肉の付きは大変良い。
      体の小ささもあってより大きく見えてしまう爆乳。乳首が大きいのを気にしている。
    • 最低奴隷時代: かなりボロボロの布服とサンダルのみを与えられていた。強制的に売られたので私物は持っていない。
      元々ボロだった服は半年以上の奴隷生活の中で破れ裂かれて使い物にならなくなった。
      布服やサンダルが無くなってしまえば代わりが支給される事はない為、裸のままの生活を余儀なくされていた。
    • 高級剣闘士以後:街に出る時には装飾は少ないながらも質のいい服を、冒険のように戦闘が予想される折には体の動きを妨げない丈夫な服を着る。(騎士・貴族風ではない)
      いずれも(彼女の体型が平均離れしているので)特注されたもの。
      屋敷の敷地内では、大体落ち着くからという理由で全裸にガウン等を羽織っただけの姿が多い。
    • 黄昏歴時代:黄金歴同様、自分の敷地内では全裸、あるいは高級ガウンなどを羽織った格好でいる。
      人に会う正式な場ではメンズめいたスーツにネクタイを着用。
  • 性格
    • 大変真面目で、冗談の通じないあまり面白みの無い性格。真面目ぶった男っぽい口調で話す。
      陵辱され続けて心が折れて、ついでにネジも外れたのか以前よりはよく笑う様になった。
      奴隷脱出後も調教成果は残ったままなのでセックス中毒なのは変わらない。
      この街に長く住んで、富豪にもなり色々と手を回している内にそれなりに頭を使う様になっている。
  • 能力
    • 赤機関と呼ばれる肉体改造による身体能力調整に、長年剣闘士として戦う内に鍛えられた体と培われた経験がある。
      かつての主人であった悪徳商人の死を受けて、特殊能力である黒機関「ウィッピング」も封印を解かれたようだが、殆ど使うことはない。
    • 肉奴隷としての調整はそのままで、全身の性感度は千倍以上、肉体の老化劣化等にも手が入っている。

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp023371.png 黄金歴メモリアル Edit

おっぱい許容範囲/青空決闘
バニーのバイト/この街に長くいるという事は/オーガ対策/出番を待つ身
リザードマン対策/コロッセオ内の姿/レスリング/夏の浜辺で
上級までの外出着/豪華な屋敷暮らし/ゴルロアカフェ/ビキニマフラー/バイブレイドと英雄に

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp022524.png 頂いた物 Edit


  • 酒場での判定…判定?エロシチュエーションだな…!実際に今でもありそうな状況だ
    • 伝説の剣闘士として名を馳せたベルセット
      引退した今では自分と似た境遇の女性たちを買い取り手厚く保護をするなど、その慈善の裏では彼女を快く思わない者たちも数多いた
      あの狂おしいまでの血と肉の闘錬場、そこには二度と立つまいと彼女自身もそう思っていた
      しかし彼女の元に一通の招待状が届く
      差出人のない血のように紅き封筒、その中には保護していた筈の少女たちの捕らわれた姿とベルセットにただ一言だけ、あの舞台で再び待つとのメッセージ
      大よその検討はついていたが捨て置くことはできない
      かくしてベルセットはあの懐かしくも狂おしい地下舞台へと向かうのだった
      二度とは立つまいと思っていた場所に再び立ったことに後悔を覚えながら
      布一つまとわぬ全裸に三叉槍一本、それはかつての彼女を彷彿とさせる姿で彼女は現れた 伝説となった彼女にあてられたのはビッグクラーケンならぬビッグローパー
      湿感の肌が見る者の嫌悪感を誘い、犇めく触手が本能で危険を訴える
      果敢にも向かうベルセットだったが所詮は全裸、唯一の武器である槍も払い落とされ
      注射針となった触手からは筋弛緩の毒を受けてなすがままに苗床の舞台は幕を開けた
      秘部に突き刺さるローパーの触手、甲高い実況が声を荒げて観客が炊け付けられる
      数々の凌辱劇をこの舞台で受けてきたベルセットであり、この凌辱も耐え凌げば終わり…そう思っていた
      だが彼女は知らなかった このローパーは獲物を捕まえ、生殖に長けていたことを
      体液を注がれ続ける彼女の腹部は妊婦のように膨れ上がり腹の底では下から蹴りつけられる衝撃
      体の内側から跳ねあがりまるで陸に打ち上げられた魚のように彼女はのたうつ
      堪えきれなかった意思は出産という形で観衆を沸かせ、彼女の意思は再び仄暗い闇へと沈んでいくのであった

  • 褒める判定をいただいた。ぬるい継続もそれなりに力か…ありがとう!
    • 剣闘士からはじまりインテリ剣までとさりげなくかなり長期で活動しているのが印象的だ
      ふとした瞬間にチラりと現れる感じがとてもオムニバスしてていいと思う
      設定もさりげなく細かいのが面白い
      あと、現役時代にやってた黒服とおっさんの漫画が面白くて大好きだったよ
      見てるだけで面白いパパは貴重なので今後も頑張って欲しい

かつての姿 Edit

+  特殊部隊時代の設定

インテリジェンスソード企画特別室 Edit

伝説の鍛冶師がつくりし業物の中でも、最強のインテリジェンスソードを決める戦いはバイブレイドとベルセットの優勝で終わった。
激戦で切れたバイブレイドの電池の交換を執事に頼むと、彼女は服を脱ぎ椅子に座って長い息を吐いた。
一年に及ぶ戦いは終わったのだ……剣闘士として鍛えられた腕は奴隷となる前よりも研ぎ澄まされ、役に立つものだったらしい…。
目が覚めたらバイブレイドの手入れをしないとな……そうつぶやいて、彼女は瞼を閉じた…。(別に死んでない)


レース用ID企画用/戦歴
振動剣バイブレイドステ/戦歴


  • 振動剣バイブレイド(形はスーパーアラジンであるといわれている)
    • 作品の中でも曰くつきのロストナンバーとして扱われている振動剣バイブレイドの歴史
      伝説の鍛冶屋には妻が居た
      妻は夫が武器ばかり作って夜な夜な寂しい思いをしていた
      そこで彼女は大人のおもちゃを購入し、自分を慰めていた
      夫が打ち上げた剣が出荷される日、棚から落ちてきた大人のオモチャが一緒に梱包されてしまったのだ
      こうして振動剣バイブレイドは鍛冶屋の作品として世に出てしまったのだ

Last-modified: 2016-07-24 Sun 19:38:22 JST (1206d)