猫耳学者及び19番 490904 Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst081994.jpg

一人と一本から、2人になった彼女ら。または彼らの逸話は世界の各地で散見された
それぞれの故郷で。酒場の街の近くの国で。遠くの国で。海や山を越えて
問いかけと回答を繰り返し進んで行く二人の道は、今もどこかで続いている










ID:490905&490904
名前:ルーエル及び19番
出身家:マール及びインテリジェンスソード
今こんな感じ:http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst081638.jpg
マスター:ステータス/戦歴/名簿Edit
魔剣:ステータス/戦歴/名簿Edit
企画:企画/ウィズジインテリジェンスソード!

魔剣側設定 Edit

基本情報 Edit

【外見】基本は円筒形の柄のみ。柄尻と鍔元があるはずの部分に無色透明の宝石が嵌っている
【能力】持ち手の素質に合わせて刃を形成する。宝石部分の入れ替えで属性変更(炎の剣、氷の剣、その他色々)
【性格】製造目的に忠実。クール。持ち手には甘い
【人間形態】ローブを着た青年全体的に白い
【三行背景設定】
製造番号19番。最初期の作と思われる。かつてモンスターにより滅亡の危機に瀕していたとある国に、伝説の鍛冶師が作っていったという知性持つ剣
その国の戦士や、他の数本の魔剣と共にモンスターの群れと戦い続けていた。持ち手はいずれも戦士であり、勇敢に戦い抜いていった事はささやかな誇り
その国をモンスターの魔の手から救った後も、似たような境遇の国に渡っては己の製造目的に忠実にモンスターとの戦いを続けてきた。

+  基本以外の設定

メタ相談はこちらにどうぞ Edit

編集:大仏のラスボス差分:大仏のラスボス

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

  • 退院の意味は…確かに違うな!
    そして、こんな感じで〆でしょうか
    -- 2012-12-18 (火) 01:24:02
    • きれいにしまりましたー!
      だらだらと長引かせて申し訳ありませんでした、そしてありがとうございました 楽しかったです!
      -- 2012-12-18 (火) 01:26:17
      • 概ね絵のパワーで綺麗にしまりました…!
        いえいえ、忙しい中きっちり綺麗に終わらせられたのが何よりの成果ですよ。ありがとうございました…楽しかったですねー。まだまだ色々やれるなと思えるって事は楽しかったで間違いないですし
        -- 2012-12-18 (火) 01:33:33
      • 絵パワー、それは確定RP・・・
        やろうと思えばいつまでもやれそうなところですね だからだらだらしてしまうわけですが
        ひとまずきれいに終わってよかったです
        -- 2012-12-18 (火) 01:36:30
      • 説得力があるので何も問題無い…
        まあそうなりますねー。だから期限があった…んだ…が…(遠い目)
        後は名簿を締めるくらいですね。よかったよかった…
        -- 2012-12-18 (火) 01:46:34
      • あの絵は名簿〆る用に用意したんですが、あまりにもノインさんがやってくれたのでつい出しちゃいました だすしかねえ!みたいなテンションで -- 2012-12-18 (火) 03:32:22
      • 見事にストーリーの〆になっているので素晴らしいかと…出すしかなかった!
        名簿の〆、形作りとかはどうしましょうか
        -- 2012-12-18 (火) 21:51:02
      • 基本情報とかコメントとかれぎおーんしてあの抱きついてる絵ばーんでちょっとなれーしょんぽい?をかくかんじでいいかなーって思ってましたが絵を使ってしまいました -- 2012-12-18 (火) 22:38:55
      • ナレーションはともかく絵は流用でいいのではないでしょうか…十分すぎる! -- 2012-12-18 (火) 22:49:53
      • それでは、全体的にれぎおんして絵をおきますね、とりあえず -- 2012-12-19 (水) 22:51:53
      • べつにれぎおんしなくていい気がしましたので上に絵だけおいてみました -- 2012-12-19 (水) 22:58:23
      • ナレーション文を置くならレギる感じですね。考えておかねば -- 2012-12-19 (水) 23:02:57
      • 〆ように書いただけあっておいておくだけであふれ出る〆オーラ -- 2012-12-19 (水) 23:04:04
  • ナレーションつけていただいてこれでいよいよ〆ですね
    ↑にあったコメント閉じました
    それではおつかれさまでした!
    -- 2012-12-24 (月) 00:44:49
    • こっそりつけたのにばれてしまった…!
      お疲れ様でした、そしてありがとうございます。マスターにはお世話になりました…!
      デレデレに応えないのが辛いくらいのデレっぷりが楽しくありつつ申し訳なかった…!
      -- 2012-12-24 (月) 00:47:48
      • ミテルヨ・・・(によによ)
        クールIKEMENだからいいんだっ それにデレデレは放置してもらわないとただのバカップルになりますので…あっ放置でもそんな感じでしたね…
        ではまた機会がありましたらよろしくお願いしますー
        -- 2012-12-24 (月) 01:00:02
お名前:





マスター側設定 Edit

基本情報 Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst081617.jpg

おなまえ:ルーエル
しょくぎょう:学者
しゅみ:インテリジェンスソードの研究
たいかく:もやし
ねんれい:16
しゅうにゅう:多い
せいかく:ねこまっしぐら
さんどのめしより:インテリジェンスソードが好き
わぁい:るーえる いんてりそーど だあいすき

+  細かいこと

されど猫耳は魔剣と踊る(共有コメント) Edit

編集:猫耳ブレード差分:猫耳ブレード

お名前:
  • (よく晴れた冬の日。 ノインツェーンを連れて研究院へ。 いきなり院長のところに行ったと思えば退職願いを出してきた)
    (院長に呆れ顔で理由を問われれば、花嫁修業の旅だの寿退社だのと頬を赤く染めながら答えるルーエルがいた)
    (「気が早いんじゃないのか」とか「あーはいはい勝手にしな」とか無事退職も認められて晴れて自由の身になったのだ)
    (長年、学生時代から通った院から離れるのがまったく寂しくないかといえば嘘だが、これから二人で歩んでいくためには狭い場所だから)
    (出て行くことに悔いはない)
    (二人で旅をして、二人で同じものを見て、二人で学んで、二人で同じ時を過ごして)
    (これからのことに思いをはせる)
    (そしていつしかドレスは白がいいとかマリアヴェールははずせませんとか妄想に近いところに耽り始めて現実に戻ってきた)
    (旅をするために必要最低限な、ほんの少しの物品を残してすべて手放してしまった 後はもう旅立つだけ)

    いよいよですねノインさん これからきっと…長い旅です!
    -- 2012-12-16 (日) 23:48:00
    • (研究院では色々な体験をした、というよりは質問が何度も飛んできたというくらいだが)
      (ほとんどルーエルだけが盛り上がってるという感想だったのだろうが、ポーカーフェイスなりに考えていた事は色々ある)
      (ともあれ、マスターに頼まれた荷物と自分で選んだ荷物を抱え、人型のままルーエルの傍らにあった)

      準備に手間取ったが、ようやくだなルーエル。長い旅になるが…そうだな。丁度いいから一つ尋ねておきたい事がある(ルーエルと向き合うと、静かにそう告げる)
      -- 2012-12-16 (日) 23:53:30
      • 急ぐ旅ではないですが、あまりのんびりしすぎているといつまでも出られませんね
        はい、なんでしょうか? 何でも聞いてください!(上機嫌で向き合った)
        -- 2012-12-16 (日) 23:56:56
      • まあ、この地でもモンスター退治自体は出来るがね。広い世界を見るなら踏みださねばなるまいな(軽く頷く)

        (目を閉じ、しばし過去に想いを馳せる)
        覚えているだろうか。いつか私の知らない問いの答えを託せるかもしれない、と言った事を
        今私は、その問いを私のマスターであるルーエル、君に問うてみたいと思う
        (相槌を待つのか、少し口を閉じた)
        -- 2012-12-17 (月) 00:03:07
      • (ふと、思い出す それは昨日のことのように思い出せる)
        それはもう もちろんです! ということは……いまが、ここぞ!という時なんですね?
        -- 2012-12-17 (月) 00:11:31
      • ここぞ。というのも合っているかな。節目の時だから選んだというわけだが
        (投げかける問い掛けは一つ)
        全世界というのはほぼありえないだろう、だが仮定として世界からモンスターが消え去り平和になった時
        人同士の争いの為ではなく、人の敵と戦うために生み出された魔剣に存在意義はあるだろうか?
        …私はね。ルーエル それが見つけられなくて長い時を眠りに費やしていた。敵の存在を感知して目覚め、戦うのを繰り返す日々
        君はその答えを持っているだろうか
        -- 2012-12-17 (月) 00:17:06
      • (直向に課せられた使命を果たす彼は、それ故に使命に縛られているのかもしれない)
        (問いを受けて第一に思ったことはこんなことだった)
        人の敵が人足りえる…というのはひとまず置いておきましょう、今はそちらの話ではないですし
        ルーエルはルーエルなりに真摯に回答したいと思います
        「人の敵と戦う」これはノインさんが生まれながらにマイスターから与えられた使命にして存在意義ですね
        ではその使命が達成されたとき…己の存在意義とは何か? ルーエルはそれを決めるのはノインさんだと思います
        初めから自分で存在意義を決めるのは難しいことです 人にはそれを考えるための期間があります
        魔剣であるノインさんの場合は初めの存在意義は与えられていますね
        与えられた存在意義を果たしたとき、自身の存在意義を確立できるのは自身だけです 人と一緒なんです
        つまりは平和が訪れるまで、がノインさんの長い長いモラトリアムで…この期間に自身の存在を確立させ、平和が訪れたときに真の一人立ちの日がくるのではないでしょうか?
        与えられた任が終わり、今度は自身の足で自身の考えで歩き始めるんです!
        それは例えば、新しい趣味のためでもいいでしょう 特定の誰かのためでもいいでしょう けれど眠っていては見つからないものだと思います
        たくさん考えて、たくさんの人と触れ合って、広い視野を持って、たまに忘れちゃったりもしながら…それでやっと見つけられる、そんなものだと思います
        (彼女は魔剣と人の意思は深層では同じだと思っている だからこその答えと言えよう)
        -- 2012-12-17 (月) 00:41:06
      • それはまた別の話だな。語り合うのは別の機会にしよう、ルーエル
        (そして彼女の解答を聞いた)
        (自分で決めろ、という。人に作られ、人に使われる身では自分の意思は二の次にしておこうと常に考えていた)
        (今までの解答はある意味「来たるべき時に備え待機する」であったのだが)
        (これは初代の持ち手から託された意味だったように思う)
        平和が訪れた時。か私の主観からすると、戦いがあるものの今は平和に感じるよ
        (街を振り返れば、冒険者だけでなく戦いと無縁な人の営みもある。それ自体が彼の守る物であり、平和だった)
        眠らずに多くの人とふれあい答えを出せという。それを信じる気になった
        (変わらぬものは滅びる。ならば自分も変わるべきなのだろう。それが信じるマスターの言なら素直に信じられる)
        (向き合うルーエルの左手を取り)
        だから私に人の心を望み、共に在れと示してくれた君への暫定の答えを預けておく
        (婚約指輪らしい造形の指輪はぴたりと薬指に収まった)
        いつか出したこの答えに確信が降りたなら。剣と人ではない、人と人のする新しい契約をしよう

        ルーエル・アーリア・マール(私に心を与えた、愛すべき女性よ)
        -- 2012-12-17 (月) 01:11:12
      • 平和の定義も人それぞれですね もっと苛烈な争いを見てきたノインさんにとっては今は平和なのかもしれません
        (自身の言葉を信じると言ってくれたノインツェーンを微笑を浮かべて見守っていた)
        (彼ならきっとすばらしい答えを…その長い生の中で見つけるに違いない、と確信めいた願いを抱き)

        (自然な流れで左手を取られ、首を傾げる)
        (輝くリングは薬指に緩くもなくきつくもなくしっかりとはめられ)
        (続けられた言葉も相まってルーエルをいとも容易く赤く染め上げた)
        (あれだけ自分から意思表示しておきながら、返されるとこうも照れくさくて…そして嬉しくて、心が温まるなんて、知らなかった)
        (一度俯いて、指輪を右手でなぞる 溢れる思いを込めるように…そして強く地面を蹴って抱きついた)

        http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst081994.jpg

        この旅で必ず確信を齎すとルーエルは約束します! だから、ずっと一緒にいてくださいね
        -- 2012-12-18 (火) 01:06:47
      • 信じているとも
        (抱きとめた後はその言葉だけ発して、永く感じる時間を抱き合って過ごした)
        (それに浸っていられないのは、今は旅立ちの時だから)
        (一人と一本から、2人になった彼女らの旅がここからまた、始まる)

        (いつかきっと、約束は契約に変わるだろう)
        -- 2012-12-18 (火) 01:20:12

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

コメントアウト Edit


Last-modified: 2012-12-19 Wed 22:57:56 JST (2591d)