テクシリュクス家出身のダメなおっさん オフィリエ 493006 Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp023683.png
ありがとうカミラ君
ID:493006
名前:オフィリエ・テクシリュクス
年齢:28
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
1回目:ステ/戦歴/名簿Edit
2回目:ステ/戦歴/名簿Edit
妖精さんその1:ステ/戦歴/名簿Edit
妖精さんその2:ステ/戦歴/名簿Edit
その他:コメント欄/相談所
企画/Fairy Hearts

設定 Edit

  • 身長179cm。常に糸目で飄々とした胡散臭さの滲み出る風体。
  • 風体はともかく可愛い物に目がない。世間体が悪いのは自覚してるので普段は隠している。
  • 靴職人の家系に生まれ、一度はその道を目指すも途中で飽き時計職人を目指す。
  • 段々それも飽きて衛兵(という名の自宅警備員)を始めるが遂に叩き出されることに。
  • 幸い蓄えはそれなりにあったので幼馴染の管理する廃墟に等しい物件をローン組んでまで買い叩き住むことに。
  • 幽霊が出るとかそういった噂が絶えない。実際出る。

共有コメント欄 Edit

  • チーム名『黄金と飴玉の欠片』共有コメント欄です
    同行挨拶とかもここでいいぞ!
    お名前:
    • (妖精2人がリビングにいる頃合いを見計らい、自らが換金しようと集めていた宝石類の内"それっぽい"物を瓶に入れ)
      ところで、聞いた話によれば君達は…これを、集めているそうだね(瓶の蓋を指で叩きながら
      -- オフィリエ 2012-12-25 (火) 00:18:55
      • まぁねー……そーだけど。(男が妖精の宝石を集めていたのは知っていたらしいが、食いついた様な様子もなく)
        それよりあたしお菓子食べたいなー。戸棚の紅茶とクッキーたーべちゃおー(ふわふわ浮かんで行く)
        -- 2012-12-26 (水) 02:35:29
        • 集めてるよー、妖精はキラキラしたものが好きってお話聞いたことあるでしょ? そんな感じじゃん(ふわふわと飛んでいくカミラを負ってふわふわ) -- ティーティア 2012-12-26 (水) 12:45:23
        • (予想に反してあまり食い付いてこないのに内心首を傾げるが表には出さず)
          そんな、鴉か何かかい。紅茶と言えばだ、面白いフレーバーの物を買ってあるよ。マンゴーの匂いがするそうだ…
          違う、そうじゃなくて。これ、集めると何かあるのかい?例えば…三つ願いを叶えてくれる何か龍っぽいが出るとか
          -- オフィリエ 2012-12-27 (木) 00:49:46
        • (両手でクッキーを抱えるように食べながら、オフィリエの言葉に頷いて)まんごーすきー(にひら)
          ん、にゃー、集めても人間にはあまり意味ないかもね。だって妖精の王女様の宝石だもん。人間には本当の価値はわかんないよ。
          そりゃー、王女様は集めたいって思ってるし、集めたらご褒美もくれるっていうけど。そういえば協力した人間にはヒーホーを上げるとか言ってた……っけ。
          あれ、ヒホウだったかな。もう全然覚えてない!(紅茶の中にスプーンで砂糖をぽいぽいと放り込む)
          -- 2012-12-27 (木) 02:42:36
        • 喜んで貰えたようでなにより(崩れる相好に釣られる様に笑い)
          ははぁ…なんだ、じゃあ売らなくて良かったよ。ヒーホー…雪の妖精か。貰っても嬉しくないな…
          王女様は…という事はその様子だと君、おそろしくどうでもよさげだな…おおよそ何個くらい必要なんだろうかな…いや、ヒーホーが欲しいという訳ではないが
          -- オフィリエ 2012-12-28 (金) 00:34:48
        • まー、あたしは今が楽しければいいって思ってるし。ヒーホーの事とか詳しい事はティーちゃんにでも聞いてよ。
          たぶんあたしたちもそろそろ宝石を返しに帰んないといけないしなー……。
          あーでも、もしもヒーホーしたいなら取りついであげてもいいよ。お菓子とか紅茶のお礼に。
          (それからお菓子をもぐもぐ食べるだけの生き物になった妖精であった)
          -- カミラ・タマラ 2012-12-28 (金) 01:43:44
        • おとぎ話じゃあるまいし、集めて奇跡が起こるならとっくに起きてるじゃん? それはボクたちとボクたちの女王様にとって大事なの(クッキーもぐもぐ)
          詳しくは女王様にお話聞いてからだねー、オフィリエおじさんの人格を推し量ってからお礼について決めるかもしれないじゃん(のんびりまったり、必要最低限の任務を果たしたことに満足しつつ)
          -- ティーティア 2012-12-28 (金) 06:05:46
    • その節はどうも(ボロい物件を訪ねてうさんくさいおっさんに挨拶をしに来た無愛想な少年、もう春だというのにアイスクライマーみたいな格好) -- 吹佳 2012-12-21 (金) 22:03:21
      • おや、君は…えぇと、吹佳くんだったかな。こちらこそどうもだよ(にこやかな、しかし胡散臭い笑みを浮かべ
        見ての通りのボロ屋までよくきたね。それにしても…その格好、少し暑くはないのかい?(若干首を傾けて
        -- オフィリエ 2012-12-21 (金) 23:14:15
        • むしろ寒いくらいです。(みんなよく平気だな…と思う寒がり、うさんくさいおっさんに引けを取らないうさんくささの春先アイスクライマーである)
          …(きょろきょろと物件のあちこちに視線を移す、出るという噂…あるいは彼自身が幽霊なのやも?そう思ったりもする) -- 吹佳 2012-12-21 (金) 23:20:48
        • …ふむ。では、ちょっと季節がずれるがココアでも出そう。温まるよ?(やけに軋む音を立てつつ扉を開き
          …何か、気になる事でも?(周辺を気にする様子の吹佳に首を傾げて)襤褸屋だが、流石に床は抜けた事がないから安心して欲しい
          -- オフィリエ 2012-12-21 (金) 23:30:16
        • いただきます(即答、おっさんのうさんくささやお邪魔した上にご馳走になる厚かましさなど一向に構わん!今の少年にとって暖かいココアはそれだけの価値があるものだった)
          人並みに噂に興味があるというだけです(当の住民が噂のことをまるで知らないということもないだろう。と少々持って回った言い方をして上がり込む、自分もここと大差ないボロ長屋住まいなので『常軌を逸した重さの学生鞄』を装備した状態でも床を踏み抜くことはない) -- 吹佳 2012-12-21 (金) 23:41:24
        • うむ、子供が遠慮はよくないからね。それに…足取りが慣れた感じがするね(自分よりも軋む音を立てずに歩む少年に笑い掛け
          (しばらくして、ココアの入ったマグカップを渡し)部屋の中でもその格好とは…本当に寒がりなのだね(関心さえ混じった声で呟く
          -- オフィリエ 2012-12-21 (金) 23:44:36
        • ウグイス張りの廊下を音を立てずに歩けるのがNINJAになるための必須条件だそうで(笑顔に返すため少年なりに精一杯気を使ったジョークを交える)
          家でもコタツに入っていないと生きている気はしません…(本当に最近は寒い…黄金歴で約30年周期で訪れる寒波の影響だろうか?などと話しつつココアを頂く)
          …失礼しました(いくら寒くても室内では被り物を取るのがマナーかと思い上着を脱ぐ、不機嫌そうなツラに染めたとしか思えない髪の色。不良少年の見本のような見てくれだ) -- 吹佳 2012-12-21 (金) 23:53:09
        • 残念だけど、うちのこれはうぐいす張りみたいにわざとそう言う作りに…という訳じゃあなくてね。君、忍者になりたいのかい?(冗談の通じないおっさんだった
          ああ、寒いなら着ててくれても構わないよ。隙間風も…ないとは思うけど、なにしろ襤褸屋敷だからねぇ
          それにしても、何やら重そうな鞄だが…何が入っているか、聞いてもいいかい?(そのような外見に威圧される様な事もなく、薄い笑みを浮かべ
          -- オフィリエ 2012-12-22 (土) 00:05:08
        • 僕の曾祖母は東の出身で、NINJAであったとか、なかったとか…(だからNINJAであるといえばそうです。と真顔で答えた、おっさんのようなに冗談が通じないタイプのほうがこの少年としては話しやすい)
          心頭めっきゃ…きゃきゃ…(ガチガチガチと歯を震わせて強がってみせるが辛抱たまらず上着を着た、数分ともたない)
          『錘』です、足腰を鍛えるための(ウソは言っていない、有事以外に必要以上に中身について話すこともない、何より経緯を説明するのは面倒だと判断した。それに『見える』人には隠してもバレるし説明する必要もないのだ)
          僕としては、オフィリエさんがわざわざ曰くつきの物件に住んでいる事のほうが気になります(冒険者はそれなりに儲かる仕事のはず…廃墟に住むのが趣味という以外の理由で住む必要がないのでは?と) -- 吹佳 2012-12-22 (土) 00:33:45
        • ふむふむ…錘、ね。錘というには、こう…まあ、いいか(適当にはぐらかし、曖昧な笑みを浮かべ
          ここは僕が追い出される直前に住まいとして購入した場所でね…こんなでもローンとか残ってるし…何より、ちょっとした離れられない理由もあってね(小さな同居人がいるのさ、と指を立て)
          -- オフィリエ 2012-12-22 (土) 00:47:55
        • 小さな、同居人…?(すぐに察しがついた、自分にもその小さな…大きくなったが。同居人がいるからだ)
          では、オフィリエさんも例の件に関わっているのですか(自分も妖精の面倒を見ろ。という大雑把な指示のもと宝石を集めている者たちの一人)
          (冒険先で彼が何かを探すようなしぐさをしていたのは自分と同じく妖精の成長に必要なそれを集めるためだったのか) -- 吹佳 2012-12-22 (土) 01:03:21
        • ……え?例の、件…?(首をかしげる。本当にわからない。わからないんだ…)
          僕としてはただ彼女らの世話にもお金かかるから売れそうなものは極力集めてきただけなんだが…(怪訝な顔になるおっさん
          -- オフィリエ 2012-12-22 (土) 01:11:34
        • ……(参加者への連絡の不徹底はジンさんとの会話で薄々そうではないかと思っていたが、オフィリエさんの言葉で確信に変わった…どうすれば妖精さんが育つか、一人前になるかという情報すら知らないチームもいるのだ)
          もし、オフィリエさんの同居人がこちらへ一人前の妖精になるために最近やってきたのであれば。魔獣が持っていた宝石は本来妖精が成長するために使うもののはずです
          (しかしちょっと待て、根本的な事すら知らないとするとひょっとしたら今回の件とはまるで関係のない妖精さんである可能性も出てきたので確認するように話を切り出す)
          僕のところにもガルという妖精がやってきて、一人前になるために一緒に宝石集めをしているんです(自分がなぜ宝石を集めているのかもこの際話しておく)
          //話しかけておいて申し訳ない、そろそろ寝落ちです… -- 吹佳 2012-12-22 (土) 01:29:46
        • //いいんだ…僕も落ちかけていたし…おやすみなさーい -- オフィリエ 2012-12-22 (土) 01:37:23
        • あの二人…と言うか片方はどちらかと言うと甘いもの狙いっぽいがねえ(カミラの姿を頭に浮かべ)
          うちに転がり込んでる二人も、もしかしたら君のところの子と同じかも知れないな。今度確認して見よう。情報をありがとうな、吹佳くん
          -- オフィリエ? 2012-12-22 (土) 23:53:55
        • 二人も…!?(人数に制限があるという情報はなかったはず、なるほど一人の世話係に一人であるとは限らないわけか…と顎に手を当てて考える)
          闇雲に集めるよりは情報を共有したほうがやりやすい、ですから。(彼と話すことで新たな発見があった…最後に会釈をして帰っていく、ココア、おいしかったです。と月並みなお礼をして) -- 吹佳 2012-12-23 (日) 21:25:28
    • 角砂糖。(満身創痍で帰るなり、書斎の掃除をしていたオフィリエにティーティアは要求した)
      角砂糖が食べたいんだけど、手とかあちこち怪我しちゃって食べられないんだよねー。おじさん瓶あけて食べさせてくれたらボク超喜ぶんだけど? ど?(ふてぶてしく態度も悪い。依頼に失敗したことの八つ当たりらしく、頬をぷっぷく膨らませていた)
      -- ティーティア 2012-12-18 (火) 00:29:56
      • (抱えていた本を棚に戻してから、いきなりの要求をぶつけてくる同居人…同居妖精へ視線を向け)
        ふむ。確かにその様子では…(満身創痍なその様子を見、ふぅむと唸り)わかった、角砂糖は上げよう
        だが…その前に手当てをしようか。あ、食べながらの方がいいかい?(応急セットと一緒に角砂糖の入った瓶を持ってきて)
        -- オフィリエ 2012-12-18 (火) 01:40:15
        • よきにはからえじゃん、よろしくー(すがすがしいくらいふてぶてしい笑顔で、ソファーを蹴ってテーブルに駆け上がる)
          そういえば怪我のせいでなんか飛べなくなっちゃっててさー、かっちょわるくね? 妖精失格じゃね? みたいなー。にししし
          -- ティーティア 2012-12-18 (火) 21:33:18
        • ああ…そのサイズで飛べないというのは、かなり不便だろうね(今みたいに、と付け足しながらテーブルに上がる様を見守り
          人間用の薬液が役に立つかは微妙なラインだけど…何もしないよりはね(まずは角砂糖を渡してやり
          手当てが終わったらもう一つ上げるので少々の痛みは我慢してくれると助かるよ(小さく千切った脱脂綿に消毒液を浸し、患部にあてる
          -- オフィリエ 2012-12-18 (火) 22:23:50
        • ああー慣れ親しんだお空に戻りたいー……みたいな感じじゃん? たぶんなんどもポカやらかしたから調子悪くなってるだけだとおもう(角砂糖をうけとってしゃりしゃり、元気が湧いてくる。甘いものはいいものだ)
          あいあい……みぎゃー!(飛び上がるような傷口のしみ方に思わず角砂糖を取り落しそうになる) ……鬼とか悪魔とかの所業じゃん! 人間はなんでこんなの耐えられるわけー!
          -- ティーティア 2012-12-19 (水) 03:30:24
        • 僕は詳しくないから何とも言えないのだけど、十分休息を取ればきっと戻るさ…でも、角砂糖は1日3個までね
          うぅん、ちょっと薄めた方がよかったかな…?(予想以上の痛がりっぷりに苦笑して)しかし妖精ようなんてないのだから我慢してくれ(抗議の声などどこ吹く風で傷跡を拭っていく
          -- オフィリエ 2012-12-19 (水) 20:46:12
        • (何処からともなく、ふわふわと浮かんで適当な高い場所に腰掛けると、ほお杖を付いた)
          人間とべたべたーっと関わってるから妖精力が弱まってるんだよ、ティーちゃん。
          -- カミラ・タマラ 2012-12-19 (水) 21:20:51
        • ええ〜、体を元気にするには栄養とらないといけなくない〜? 代わりにはちみつ飴追加の方向で(じわじわしみる傷口に顔をしかめつつ)
          でもでも、この街になら妖精向けのものを売ってるお店ありそうな気がするじゃん? オフィリエ連れてってよー、ボク飛べないしさー。
          (自分より高いところに腰掛けるカミラににぱっと笑顔を返す、毒気はない) まま、そー言いっこなしじゃんカミちゃん。誰とでも仲良くしたほうが楽しいとおもわないー?
          -- ティーティア 2012-12-19 (水) 22:30:31
        • しょうがないな。今回は大目に見て、少しだけ追加しよう(にこりと微笑むが、少々不恰好な笑顔
          ここには多様な店があるからね…またいつ必要になるかわからないから買い出しに出るのもいいか
          しかし、その弱まった妖精力を取り戻すためにはどうしたらいいのだろうね。いい案はないのかい?(ティーティアの前に軟膏の蓋を開けて置き、自分で塗るように言いながらカミラの方に視線をやって
          -- オフィリエ 2012-12-19 (水) 22:47:42
        • 仲良くする分にはいいけど、どうせ利用されちゃってるだけなんだから。人間なんてそういう生き物じゃん。
          (高所から降りてふわりと着地、ティーティアの元へひょいひょいと歩いて近寄って)ちょー、痛そうだし……。(と、傷を伺う様子でその場にしゃがみこむ)
          一度、妖精の世界に戻って治してもいいと思うな。なんだったらあたしが背負っていくし。(ちらりと、オフィリエを見る)
          -- カミラ・タマラ 2012-12-19 (水) 22:49:15
        • 手厳しい……そういう手合いもいる以上、僕からはなんとも言えないな(見上げてくるカミラに苦笑を返し
          その妖精の世界というのはそう気楽に行って帰れるものなのかい?どちらにしろ、応急手当くらいはね(言いながら、布の切れ端をどこからか取り出し、針と糸を持って何かを作り始める
          -- オフィリエ 2012-12-19 (水) 23:11:01
        • そりゃあ、けっこー遠いよ。……女王様くらいになれば行き来は自由自在なんだろうけど、あたしたちじゃあね。
          人間とは今生の別れになっちゃうと思うなー。とっても残念だけどー(むしろそれが狙いだ、とでも言いたげな言い様で、笑みを浮かべつつ)
          ま、ティーちゃんが決めればいいよ。……宝石だってまだまだ集めたりてないもんね。(小声)
          -- カミラ・タマラ 2012-12-19 (水) 23:26:44
        • でも、こっちだってお世話になってるじゃん? うぃんうぃーんってやつだよ、なんか機械っぽくね? うぃーんうぃーん、ハチミツアメ ニ キョカ ガ オリマシタ(角砂糖を持ったままロボットムーブしてみる)
          なーにー、心配してくれるんだカミちゃん。カミちゃんはこんなにやさしいのに人間さんにはツンだよね? ダメだよ好き嫌いはー(気遣いに感謝するように、食べかけの角砂糖を渡す)
          でもわざわざ戻る必要もなくね? みたいな。ボクにはほら、歩く足もあるし。じきに羽も元に戻るだろーから大丈夫だよ? うんたぶん。
          -- ティーティア 2012-12-19 (水) 23:30:52
        • そそ、宝石宝石(カミラに聞こえるくらいの小声で肯定した、やるべきことはわかってるらしい) -- ティーティア 2012-12-19 (水) 23:32:43
        • 今生の別れか…それは残念だ。しかし、そうであるなら今無理して戻るものでもないのではないかい?
          怪我をしているものに無理をさせるものではないからね……っと(手早く完成させたそれを広げる。いわゆる入院服といった風体の、人形サイズの小さな服)
          という訳で怪我をした時はこういうのを着るものだそうだ(ティーティアに渡し)まあ、寂しいおじさんとしては話し相手が減るのはちょっとね
          で…何の話をしているんだい?(なにやら内緒話をしているのを微笑ましく思って見ながら
          -- オフィリエ 2012-12-19 (水) 23:40:15
        • http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp023752.jpg -- 2012-12-20 (木) 00:45:13
        • ボクもこっちの見物色々したいし? お金はオフィリエに出してもらうとして、しばらくはこっちにいたいなーって。ね?(カミラを見て悪戯っぽく笑う)
          おー、おじさんな見た目に反してなかなか手先が器用なオフィリエに拍手ー拍手からの早着替え!(シュバッ 割と緩い作りだからか、程よく体形に合っている……)
          えー? なーんでもなーいじゃーん。オフィリエって妖精を二人囲んでる妖精フェチって噂が立ってないかってひそひそしてただけだよん。
          -- ティーティア 2012-12-19 (水) 23:55:03
    • これでも手先の器用さで食べていこうかなと思った時期もあるからね。飽きてやめてしまったが…
      人聞きが悪いことを言うのはやめてくれよ…!そうじゃなくても、見た目で損をすることがあるというのに…
      (HENTAIと言われ胸を抑えて倒れる)っふふ…いいパンチだ…違うんだ、なんとなく気分で…必要かなって…(みぐるしいいいわけ)
      -- オフィリエ 2012-12-20 (木) 00:50:46
    • 人間のおじさんがタンスに小さい女の子のお服溜め込んでるの知ってるし。(口を尖らせたまま)
      食べることはないのは分かったけど、ちょっとそっち系入っちゃってるよね。
      -- カミラ・タマラ 2012-12-20 (木) 00:56:19
    • もうちょっとおしゃれすればかっこつくんじゃね? ってボクは思うねー。妖精囲わなくても女の人をたらしこむくらいよゆーっすよ!みたいな?
      おとめ趣味なのは否めないけどーまーボクたちが着た切り雀なのよりはいくらかマシだし。オフィリエの変態趣味にも長所はあるよ、うんうん。(しれっとひどいことを言いつつ笑顔)
      -- ティーティア 2012-12-20 (木) 00:59:58
    • 見た目っていうか、雰囲気もあると思うなー。最初から警戒させるだけのオーラあったもん。
      変な服を着せられたりとかしそうだし、別の意味で人間のおじさんこわーい……。今の間に考え直そ、ね。(深刻そうにティーティアの肩をぽんぽんしつつ)
      -- 2012-12-20 (木) 01:04:25
    • そうかなー、第一印象はうだつの上がらないサラリマンってかんじだったじゃん? 会社帰りにプリン買って帰るのが楽しみみたいなそーいう。
      性癖はともかく人間性は大丈夫だと思うんだよねー、ボクの慧眼に狂いはなし☆(きゅぴぴん)
      -- ティーティア 2012-12-20 (木) 01:12:18
    • むむむー、ティーちゃんがそういうなら……。
      悪人じゃないって言っても心配だから一緒にいるし、その方が傷も治ると思うし。でもでも、次に変な事したらぜったい許さないんだからね。
      そうなったら、あたしの力で飴玉にしてがりがりばりばり食べてやる。(体育座り)
      -- カミラ・タマラ 2012-12-20 (木) 01:32:21
    • そもそも、僕がなにか変なことしたかい…?(色々言われすぎて精神的にぼろぼろになるおっさん)
      服はほら、可愛らしいものを愛でるのは普通の感性というか…(流石に見苦しいので尻すぼみになる言い訳)
      まあ、何だね。君たちの嫌がることはしないさ。それだけは誓っておこう
      -- オフィリエ 2012-12-20 (木) 23:12:34

    最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

相談所 Edit

お名前:
  • 最初の予定では目標には届かないだろうと言う算段でしたが、おじさんの活躍もあって目標は達成されましたね。
    イベントに関しては年末と言う事もあって、足並みも揃えにくいと思うので〆やらも任意で、各自やってしまっても大丈夫そうでしょうか。
    行間で色々と済ませる方向なら綺麗にはまとまるかな、と言うのが個人的な感想です。
    -- カミラ・タマラ 2012-12-26 (水) 23:21:05
    • ああ、僕はそれで問題ないよ。文通、行間処理、何でもござれだね -- オフィリエ 2012-12-27 (木) 00:51:55

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

こめーんとあーうと Edit


Last-modified: 2012-12-17 Mon 22:49:41 JST (3002d)