月光座家出身 月影千草 494792 Edit

ID:494792
名前:月影千草
出身家:月光座
年齢:60代前半
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp024076.jpg

孤児として生まれ、物心ついたときには、盗みの片棒を担がされていた。7歳の時に、劇作家の尾崎一蓮に拾われ、月光座の下働き→舞台女優となる。戦前には映画にも出演していた。戦争によって月光座は一時つぶれるが、彼女が主演した『紅天女』(原作:尾崎一蓮)の舞台が大ヒットしたために月光座は再建、月光座の一枚看板となる。

やがて月光座は『紅天女』に感激した速水英介と手を組み、地方公演を大都芸能にゆだねることとなったが、やくざと手を結ぶ大都芸能を尾崎が嫌ったために、大都芸能と月光座は犬猿の仲となり、結局、月光座は大都芸能の執拗な嫌がらせによって潰れる。こうして何もかもを失い、妻子にまで去られた尾崎に最後まで寄り添いついに結ばれる。

一蓮の自殺以後、大都芸能を激しく憎み、政財界の大物と人脈をつくることによって大都芸能に対抗し、再びスターとしての地位を確立する。舞台上での事故で顔に傷を負い、右目を失明した後は表舞台から姿を消す。その後は常に顔半分を髪の毛で隠しながら、自分の後継者を探し求めていた。生まれつき心臓が弱いらしく、死期も近い様子。北島マヤと姫川亜弓を紅天女役の候補としている。姫川歌子は内弟子でもあった。
※[出典]:ミル貝


※TVアニメ版しか見ていないので言い回し等に不自然な場合あり


Last-modified: 2013-01-27 Sun 02:00:08 JST (2490d)