ローエンシュタイン家出身 ジークヴァルト 508116 Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp028113.jpgID:508116
名前:ジークヴァルト
出身家:ローエンシュタイン
年齢:18
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
企画/空中学園都市

3行 Edit

  • 人間と
  • 精霊の
  • ハーフの孫

設定 Edit

とある魔術師に預けられ、18年間を魔術に費やしてきた。
しかし魔術師は気づく。こいつ才能ねぇ、と。
最初から薄々勘付いてはいたが、もはや世話するのも面倒になった魔術師。
どうしたものか悩むそんな中、近くの街でかの有名な飛行学園都市が停留する話を耳にする。
これはどうにも丁度いい、と考えた魔術師はジークに向かってこう言った。
「これ以上教えても、お前には意味がない。これ以上になりたくば、ここに行き今のお前にないものを手に入れろ」
手渡したのは入学願書。師に対して訝しげな視線を投げつつも、外の世界への興味がなかったわけでもない。

こうして、飛行学園都市「エリュシオン」での生活が幕を開ける。

会話しますか? →はい いいえ Edit

状態
edit/refer
お名前:
  • 流 -- 2014-04-02 (水) 18:00:29
  • す -- 2014-04-02 (水) 18:00:21
  • ! -- 2014-04-02 (水) 18:00:15

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

詳細 Edit

見た目 Edit

  • 黒髪で、前髪の一房だけが赤く染まっている
  • 右目に眼帯。別に目が見えないというわけではない。
  • 目の色は赤。
  • 目つきが鋭く、仏頂面であることが多いが不機嫌というわけではない
  • 普段着はローブを身に纏い、その下は動きやすいジャージを愛用している

性格 Edit

  • 口は悪いが、その目つきほどでもない。
  • 村から出たことはないが、一般的な常識は持ち合わせている。
  • 人を容易く信じる。口では疑心を言い、小さい事では疑うが、大事の前では簡単に信じる

能力 Edit

  • 基本的な魔術の行使。主にルーン魔術を用いる。
  • 攻撃手段として用いるものは、全て身の回りのものに刻み込んであり、且つ師匠お手製のものである
  • 基本的な戦闘は遠距離ではなく近距離戦闘に持ち込み、グローブに刻まれた爆発を生む魔術を掌打を以て相手に当てるスタイル。魔術よりも格闘術に特化している。
  • グローブの他にも、空間を固定させて宙を歩く魔術を施された靴。いかな攻撃も一度だけ必ず防ぐローブ。その他諸々のマジックアイテムを所有
  • 眼帯を取れば、彼に施された封印が解けて精霊体へと変化する
  • 変化した状態であれば、魔素を取り込むことによって魔法の行使も容易とする程ではあるが、制御するには程遠く。現在は時間にして1分が限度である

頂き物 Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp027357.jpg http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp027700.jpg

自殺絵 Edit

制服 私服1 私服2

新しい居場所 Edit

編集::手の甲にキスを 差分::手の甲にキスを

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  •  
お名前:

コメントアウト Edit


Last-modified: 2014-04-10 Thu 23:36:51 JST (2561d)