グランツ家出身 ユージーン 77835 Edit

ID:77835
名前:ユージーン
出身家:グランツ
年齢:26
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴




主の戻ることの無いアトリエの作業台の上には、2つの義手が置かれていた。


荒々しく無骨なものと、華奢で繊細なもの。


『シーニャ・ラインナークへ』


そう書かれた封筒と共に、2つの義手は宛名の少女へ贈られた。


設定 Edit

  • 経歴
    とある国の魔導研究所に所属していた技師。
    研究所では主に魔導人形の製作に携わっていた。
    しかし、研究が進むにつれ、魔導技術を軍事転用しようとする上層部と対立。
    暗殺者を放たれるが、右腕を失いながらも逃亡する事に成功する。
    流れ着いた先にあったのは冒険者の集う酒場。
    彼はそこで、自らも冒険者となりながら研究を続ける決心をする。
    「庶民の役に立つための魔道技術」という、自らの理想を実現するべく……
  • 外見
    痩せ型の長身。黒い長髪をオールバックにして後頭部で束ねる。
    メガネを愛用しており、いかにも研究者めいた雰囲気を持つ。
    女顔で、目鼻立ちは比較的整っている方。
    右腕は上腕の半ばから失っており、代わりに自分が製作した義手を装着している。
    普段は白衣姿。冒険の時は上にローブを纏う。
  • 性格
    物腰は柔らかく、笑顔を絶やさない。
    しかしどこか飄々としてミステリアスな雰囲気を持つ。
  • その他
    ・町外れに小家を借り、そこをアトリエ兼住居としている。
    ・魔導技術を応用したマジックアイテムや義肢などの作成を行っており、販売もしている。
    ・魔術、医術の心得はあれど、彼はあくまでも職人であるため、造詣は深くない。

義肢設定 Edit

  • 魔導義肢について
    通常の義肢とは違い、魔導機関を内蔵しているため装着者の意思に合わせて自由に稼動するように出来ている。
    早い話が魔力で動く義肢。
    魔力の供給方法には「装着者に内在する魔力を吸い上げるもの」と「魔力鉱石を電池として使用するもの」の2種がある。
    前者は装着者がよほど疲弊しない限り動かなくなる事は無いが、魔術師にとってはキャパシティの一部を食われる事になる。
    後者は魔力のキャパシティを食われる事も無いが、鉱石の魔力が切れたらそこで動かなくなる。
    魔力鉱石の供給が安定せず、高価なため、彼が作るのは前者の物が多い。

  • 日常用義手
    彼も普段装着している生活用の義手。
    戦闘に使うには耐久力、出力の面で不安があるが、日常生活で用いるのであれば問題ない範囲。
    特徴は、細かな作業が可能で、外見も生身の腕に近い点。
    実際、戦闘用のものよりも数段手間がかかる造りであり、一つの到達点でもある。
  • 戦闘用義手
    彼が冒険時に使用する戦闘用の義手。
    日常用のものより二回り近く大きく、出力も高い。 日常生活で用いるには不適なレベル。
    素材の金属も剥き出しで無骨。指先部分は鋭く、手首部分を外して武器を直接マウントする事も出来る。
    前腕部分は中空になっていて、ここに武器を仕込む事も出来る。
    彼の場合はここに炸薬を詰めて最後の手段としている。
  • 廉価版義手
    最も安く簡単に作れる義手。
    指は二本のみで人型すらしておらず、ただ「物を持つ」という事に特化した義手。
    一昔前のレトロなロボの手やマジックハンドに似た形状。
    レスポンスも悪く、力加減も上手く出来ないため、あまり役には立たない。

アトリエの扉 Edit

お名前:
  • すいません、魔導義肢を作れる方がいらっしゃると聞いたのですが…
    この義手とのハイブリッド、お願いできますか? -- シーニャ? 2008-03-19 (水) 18:21:49
    • …やぁ、僕に用かな?(アトリエの奥から本とガラクタの山を掻き分け、現れる。)
      (見せられた義手を見て、顎をなでる。)これは……なるほど、これとのハイブリッド義手か。
      よもやこんな技術を持った人間が既にこの町に居たなんてね……(義手を観察しながら、不敵に笑った。)
      一ヶ月。 技術の解析と義手の改造でそのくらいかかりそうだ。
      その間、代わりを渡そう。(シーニャの前に戦闘用義手を置きながら)その義手に近い造りだから抵抗無く扱えるはずだ。
      注文があれば聞くけど……どうだい? -- ユージーン 2008-03-20 (木) 03:15:08
      • できそうですか?…ありがとうございます(ふ、と少女は優しげに笑う)
        そうですね……前腕部に銃剣を。片手でも整備の出来るものが良いですね。細かい所は…(実際に戦闘用義手を検分しつつ、自分の要求を伝えた) -- シーニャ? 2008-03-20 (木) 03:23:26
      • (シーニャの要求をメモに書きとめながら、構想を練っているのか時折宙を見上げる。)
        ……なるほど。 しかし随分と戦闘を意識した構成だね…… 日常生活に支障が出るかもしれないな。
        (ごそごそと部品の山を探り、何かを取り出した。)要らないかも知れないが、一応これも渡しておこう。 日常用の義手だ、慣れておくといいよ。
        ……僕も使っているものでね、少々継ぎ目が見える程度で生身の腕と変わらない動きが出来るはずだ。
        (言いながら、自分の義手の右腕をシーニャの前で動かして見せた。)
        そうそう、お代は…そうだな、出来てから考えるとするよ。 -- ユージーン 2008-03-20 (木) 04:40:20

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2008-03-22 Sat 18:49:20 JST (4732d)