exp036983.png
新しき自由のケモノとして生まれ直した
(今まで通り接してOK)
名前:アルベルティーナ(Albertina)
年齢:?
種族:新しき自由のケモノ
性別:女?
身長:耳の先までで160cm
出身:不明
職業:学生
学籍:医薬科1年
好きなもの:女神様
苦手なもの:
企画/アルミネラ王立学院
絵:
もらった音珠




                        新しき自由のケモノは今後も神でも竜でもない存在としてヒトに寄り添うことでしょう

その傍らには一人のヒトがいたとも、いないとも                        







以下の設定は http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst070556.png 
【アルベルティーナの正体】
長い時間をかけてマナが集まり、意思を持った高次存在。
竜にも善神にも悪神にもヒトにもなろうと思えばなれる。
姿形を模すだけであればいくらでも変えられるが、本質的にその種になった場合は不可逆なので選択は慎重に。

【ヘイローが与えられた理由と役割】
アルベルティーナがまだヒトの姿を模しておらず獣の姿をしていた頃、女神グラーティアエの信徒と仲良くしていた。
その信徒が天寿を全うして神の庭に召された後、残された獣が荒れた。
それにより悪神善神問わず引き寄せそうになったので哀れに思った善神グラーティアエより与えられた。
ヘイローによってヒトの姿に固定して悪神善神からその身を隠すことができていた。

【入学時のアルベルティーナの姿の由来】
ヒトの姿を模す前の獣の姿はアルベルティーナの趣味。
ヒトの姿の原型は仲良くしていた女神グラーティアエの信徒のもの。
獣の耳と尻尾を持っていたのはヒトの姿を模したときに混乱していたから。





【ひととなり】
女神グラーティアエに愛され加護を得た獣人(?)
非常に強い加護を得ているため常に頭上にヘイローが見えるが、本人は神ではなくヒト(?)である
女神を妄信している。
15年ほど前に女神にいづこかで拾われ、そのまま神域で育てられた。
学識はそれなりにあるが常識はあまりない。各国の情勢などには特に疎い。
女神の加護により、美容と健康を与える奇蹟を使うことができるが後述の通り残念な領域を司る女神が力の源であるため、サロンを開いて布教に勤しんでいる。
寮住まい。
女神の知名度が低いのはだいたい貴族のせいだと思っているので貴族に対しては若干塩対応(?)
【学院について】
神域がたまたま学院近くで開いたため女神に言われて入った
(女神は社会性を身につけさせるのにちょうどよいと考えた)
自分の使命は女神を布教することであり、学院でもそれが期待されていると勝手に思っている。
神託でコネ入学…ではなく奇蹟による一芸入学。
【履修科目】
メイン:医薬科 治療系の奇蹟と薬学の成績は優秀
サブ:ファセットの尽力により6大属性魔術もなんとか行使できるレベルになった
【女神について】
美容と健康の女神グラーティアエ。
美と愛の神ルメンコにも救済の女神アイジアにも全く関係がないマイナー女神の一柱。
土着の女神ではないため神域が下界に開く場所は固定されておらず、地域の信仰といったものはない。
美容と言っても最先端のコスメやヘアスタイル・洗練されたファッション…ではなく、本人の魅力をほんのりと引き立てる加護。
健康と言っても大怪我や病気が治る…わけではなく、自然治癒力向上させる加護。
必然的に貴族に好まれるはずもなく、神殿が建てられることも神官が仕えることもないド底辺マイナー女神である。
どの国でもよほど神話に興味がある人物でなければ知りもしない女神だろう。
アルベルティーナとはサロン内では自由に意思疎通できる。
【Salone Albertinaについて】
アルベルティーナが女神を布教するために開くサロン。
任意のタイミングで任意の場所からサロンへの入り口を開くことができる。
物理的な場所としては存在しておらず、女神の神域の一部をアルベルティーナに貸し与えている。
ゆえにサロンの知名度はとても低い。サロン経験者の噂程度しか知る機会は今のところない。
一度訪れれば徹底的に全身を磨いてもらえる。(ただしメイクアップやヘアメイクなどはない)
健康にも良く、なんとなく不調…なんとなく疲れた…なんとなくやる気がない…といった時に訪れると元気になる。(ただし大怪我・大病に目に見えるほどの効果はない)
男女問わず入ることができる。
予約もできる。
サロンの名前が女神の名前ではないのは、恐れ多いから。
【天使について】
常に女神がアルベルティーナの傍にいることはできないため、3体の天使を付けている。
平常時は見えないが、アルベルティーナが危機に陥ると守ってくれる(?)




【???】
このキャラは劇中に条件を満たすと成長する。

【分岐1】
アルベルティーナは女神グラーティアエではない「自分」を少し自覚した

【分岐2】
アルベルティーナは自分が他者を模倣できるナニカであることを思い出した





カテゴリ名称説明
奇蹟リジェネート対象の怪我・体力・精神力・マナをじわじわと回復させる効果
アンデッドなど不浄なものに対しては継続ダメージを与える
聖句及び祈りの姿勢省略可 広範囲化&複数対象可
奇蹟ピュリフィケーション周辺を浄化する効果
不浄なマナの浄化及び物理的な汚れを浄化する
聖句及び祈りの姿勢省略不可 広範囲化&複数対象可
奇蹟ラウダラムス精神汚染を浄化する効果
状態異常の中でも精神に作用するものを浄化する
毒など肉体に作用する状態異常には無意味
聖句及び祈りの姿勢省略不可 広範囲化&複数対象可
奇蹟エピクレシス魔石を消費して健康を齎す生命の木を召喚する
木の周辺は浄化され、魔族には動きを阻害する効果を与え、ヒトには継続的に体力とマナを回復させる
聖句及び祈りの姿勢省略可
奇蹟Salone AlbertinaSalone Albertinaへの入り口を開く
任意のタイミングで任意の場所からサロンへの入り口を開くことができる
加護守護天使アルベルティーナが危険にさらされたとき自動で発動する防御及び反撃
アルベルティーナの意思に関係なく発動し、制御不可、能動発動不可
防御の一例としてプロテクション、反撃の一例としてホーリーライトがある
反撃はヒトには威嚇程度の威力しかない(当たってもちょっと熱い程度)
装備品簡素な杖先端に透明な石がついた普通の杖
女神への祈りを届けやすくし、奇蹟の発動を助けるもの
装備品変性魔導合金(ミオルティア)の両手杖オリハルコンとミスリルとアルベルティーナのマナから作られた合金でできた両手で持つタイプの杖
装着する宝石によって発動させる魔術の属性を変えることができる
火:ルビー 水:アクアマリン 風:エメラルド 土:トパーズ 光:ダイヤ 闇:黒真珠
マナ含有量が多いくせにマナ制御ガバガバのアルベルティーナに合わせて作られており、アルベルティーナがマナを全力で込めても何分かは壊れずに済むように強化されている
アルベルティーナの変性も併せ持つため、ライブラが調整すればある程度の簡易修復も可能
補佐ライブラかつて自発的にプロテクションを発動させるときにアルベルティーナから切り離されたマナの塊
バルターによってライブラと命名され、その役割をアルベルティーナの今を測り観測すること、守護することと定めた
アルベルティーナの傍に控え、主に防御を担当する









相談/雑談欄
お名前:
  • ✨ -- 2022-07-01 (金) 23:31:43

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照



+  過去イベント:冬の祝祭


+  過去イベント:模倣のケモノ

Last-modified: 2022-06-28 Tue 00:05:13 JST (655d)